★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86 > 927.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「辺野古移転」を携えて鳩山総理、沖縄再訪へ〔追記あり) (保坂展人のどこどこ日記)
http://www.asyura2.com/10/senkyo86/msg/927.html
投稿者 ダイナモ 日時 2010 年 5 月 25 日 19:30:16: mY9T/8MdR98ug
 

http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/58fb3e28cddc07d2367bff58aadbf908

2010年05月23日

 最悪の選択を鳩山総理がとりつつある。今日の新聞報道で昨日日米両政府の実務者協議で「普天間基地の移設は辺野古埋め立てる現行計画を基本とし、また「自衛隊との共同使用」も盛り込むという。この日米協議というのは外務省・防衛省の官僚が、今後開かれる「2ブラス2」(日米安全保障委員会)に向けて行なっている協議のことで、ここには「政治主導」「対等で緊密な日米関係」もない。旧政権下でつくられた常識が「官僚」の血となり、肉となっている以上は、アメリカとの交渉は「対等」ではないのである。

 新聞報道(『西日本新聞』)によると、米軍基地の環境保全・原状回復を図る意味から「環境特別協定」の締結の日本側からの提案は、
米側が拒否。辺野古「杭打ち桟橋方式」や「徳之島一部移転」も拒否。まあ、ゼロ回答だった。「これまでの辺野古の環境アセスのやり直しは認めない」と一点張りで、これは日米協議というよりも「御意向伺い」でしかない。

「辺野古現行計画が実現する可能性はゼロになりました。政権交代論も『県内建設拒否』でまとまっている。これ以上ごり押しすると、沖縄県民の日米政府に対しての不信は大きく高まります。旧政権下での交渉と合意は、もう一度やり直さなければなりません」と政治家が前に出て「日米再協議」をするというシナリオが描けないのは、民主党がマニフェストで描いた「緊密で対等な日米関係」「沖縄県民の基地負担の軽減」は宙に浮いたままになっている。

 最近、読者の皆さんから「評論家のような書き方をするな。与党の政治家なのだから、野党のような言い方をするな」という意見をいただく。ところが、一昨日も阿部知子政策審議会長と話したが、この連立政権の特徴は「重要なことは、与党間でほとんど議論しない」ということにあるようだ。例えば、社民党が「グァム・サイパン・テニアン」に出かけて報告書をまとめても、胸襟を開いて与党間で意見交換をする機会はない。「総理の腹案」については、新聞報道以上に知ることがないというのが現状だ。

 今日の鳩山総理の沖縄再訪は、「県民・住民の声を聞きたい」という気持ちからだと説明されているが、それなら日米の安保官僚たちがまとめた「日米合意」の枠組みを先につくられて、それを説明に行くなどというのはナンセンスの極みだ。鳩山総理の上に日本の外務・防衛の安保官僚がいて、その上にアメリカの安保官僚がいて、雲の上にオバマ大統領がいるということだろうか。

〔追記〕

 今、ニュースが入ってきた。鳩山総理がついに仲井真県知事に対して「辺野古の現行計画」を告げたようだ。仲井真知事は難色を示したという。

〔引用開始〕

首相、普天間移設先「辺野古付近」と明言 沖縄知事に

2010年5月23日11時34分『朝日新聞』

 鳩山由紀夫首相は23日、沖縄を訪問し、仲井真弘多(なかいま・ひろかず)沖縄県知事と県庁舎で会談した。首相は、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題について「代替地そのものは、(名護市)辺野古の付近にお願いせざるを得ないという結論に至った」と伝えた。

 首相が、普天間の移設先として辺野古周辺を明言するのは、今回が初めて。

 首相は、今後の手続きについて「住民のみなさんの暮らしや環境への影響に最大限配慮するのは当然だ。住民のみなさんとしっかりと協議しながら進めていかねばならない。断腸の思いで下した結論だ」と、辺野古移設への理解を求めた。

 さらに「昨今の朝鮮半島の情勢からも分かると思うが、東アジアの安全保障環境に不確実性が残っている中で、海兵隊を含む在日米軍全体の抑止力を低下させてはならないということは、首相として申し上げなければならない」と、県内移設に方針を転換した理由を説明。沖縄での米軍訓練を県外に移すことで、基地負担の軽減をはかる考えを強調した。

 仲井真知事は「大変遺憾だ。極めて厳しいということをお伝えするしかない。県外、国外移設への県民の熱い思いが高まっており、落差が非常に大きい」と述べた。

〔引用終了〕

 鳩山総理がこのような「最悪の結論」を携えて沖縄訪問をしたことについて、沖縄の人たちの「怒り」を共有すると同時に、政権内でぎりぎりまで「県内移設」に踏み込まないように引き戻す最後の努力をしなければならないと感じる。民主党沖縄県連の代表は喜納昌吉さんで、鳩山総理が沖縄を離れる直前に「意見交換」をする予定と聞いている。もちろん、「辺野古現行計画」など容認できないという意志を伝えるのだと考える。沖縄にとって、今日23日は「歴史的な一日」になる。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK86掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧