★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK87 > 331.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
この期に及んでも 「鳩山首相をこき下ろすのはまだ早い」 と言わせていただく (世に噛む日日)
http://www.asyura2.com/10/senkyo87/msg/331.html
投稿者 純一 日時 2010 年 5 月 30 日 11:20:01: MazZZFZM0AbbM
 

http://eiji008.blog19.fc2.com/

2010.05/30 [Sun]

昨日の続きみたいになるかもしれないが・・。

今日のtwitterのタイムラインを見ていると、鳩山首相に失望した支持者のガッカリ感に溢れていたような気がする。
某有名女ブロガーは口を極めて首相を罵り、あまりにその言葉が汚く下品なのでみんなドン引きしていた。
みずほ党首に対しても、非難するひとがちらほら・・・。
みんな、混乱しているんだなあ、これは敵の思う壷かな?と、すこし、危惧を抱いた。

旧権力が一番喜ぶのは、現政権内部や支持者の仲違いだろう。
野球でよく言われるのは「相手の嫌がることをしろ」だが、裏をかえせば、「相手の喜ぶことはするな」ということだ。

敵を見失ってはいけない。


僕は、この期に及んでもまだ、鳩山首相には深謀遠慮があるとみている。
一見、「迷走」に見える言動も、なにか重要なこと、肝心なことを明らかに出来ないからではないかと思ってきた。
ただ、それは希望的観測のようなものなので、発言することを控えてきたのだが。


しかし、ある方からの以下のような意見をお寄せいただき、とても意を強くするものを感じた。
この方は、さる大手企業の海外駐在員で、契約関係のお仕事をされているという。


今回の普天間移転の問題に関して、これまであまり注目されていない点として、これまでの自民党がアメリカ合衆国と合意した協議書があると思います。

具体的に言うと2009年2月19日に締結された俗称『グアム協定』と2006年5月1日に締結された俗称『ロードマップ』です。
これらの書類は日本とアメリカ合衆国の両国間で正式に合意された書類です。
たとえ前政権が締結した書類でも、現政権として簡単に反故にできるものではないと思います。

しかし、鳩山総理はご自身の公約として誠意を持ってこれらの合意書を反故にするために努力されたと思います。
アメリカからは強い反対・恫喝があったと想像できます。
国民や瑞穂党首に説明できないような事があったのではないでしょうか?
そこで、書類上は過去の協議書・合意書に従って、かつ国外に移転するしたたかな戦略が必要になったのではないかと類推します。
それが今回の結末ではないでしょうか?


では、今後どうすればよいのか?

まず、グアム協定2条・9条2項に基づきグアム移転基地の建設を開始し、8000人の海兵隊がグアムに移転する。
これが実行されないと普天間の危険性は減少しません(第1歩)。

さらに、基地候補地地元の反対運動や環境アセスメントに基づき基地移転候補地が不適切・不可能な状況にする(これらの条件は今回の合意に入っています)。

国民新党の亀井さんも実現できないと言っていますよね。
国民の声が大きく強くなれば、アメリカ合衆国も方向変更しなければならなくなると思います。

また、鳩山総理を責めるのであれば、過去にこのような合意をした自民党を責めるのが本質的ではないでしょうか?


こういうことから、昨日のみずほ党首の決断は、理に適ったことだったのではないかと、僕も思う。
連立政権のパートナーの罷免という事態を惹起させてしまうほど、沖縄、日本にとって、普天間県内移設という問題が重大事であることを、交渉相手のアメリカに示すことができたからだ。

社民党は、基地反対の国民的大運動を巻き起こすことをこそ、追及すべきではないか。
むしろ、そういう愚直さを示すことが、かえって新鮮さを感じさせるということもあるのではないか。

かつての「べ平連」のような、大規模な市民運動が、また高揚しないものだろうか。
あのころは、沖縄を飛び立つ爆撃機が、当時の北ベトナムを空爆し、民衆を殺戮している現実を重く受け止め、それを許している日本人としての姿勢を、たくさんの人たちが自己に問い続けた時代だった。

自分たちは決して動かず、安全な場所にいて、政治家たちに問題解決をおっかぶせ、うまくコトが運ばなければ批判し、冷笑し、揶揄し、ひたすら貶める。
どうも、観客席に身を置きたがる人や、はるか天上から見下ろす「神の目」になりたがる人が多くなったような気がする今から思えば、あの時代、「人のことより、自分はどうなんだ?」と、まず自己に問いかけながら、行動する人ばかりだったと思う。

「本土」に住む人々は、なんだかんだ言っても、普天間問題を政局がらみでしか捉えていない、「他人事」に過ぎない。
先日の「知事会議」で、「沖縄の火の粉を全国に飛び火させるつもりか」とのたまった、名前は伏せるが、ある千葉県知事がいた。
「本土」の人間の、ある種の「傍観者的気分」を代表するような言葉だと思う。


僕らに出来ること、やるべきことは、こういう「傍観者」たちに、沖縄の問題を日本人ぜんたいの問題として提起しつづける、そのことのみではないかと思っている。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年5月30日 11:25:37: APCn5sYjMs
小沢幹事長も鳩山を見限ったようだし、潔く辞任したほうが鳩山にとってもいいだろう。
ボロボロになって辞めるより、いま、辞めたほうがマシ。

02. 2010年5月30日 11:32:37: Ii0CnH6z3w
全部白紙に戻したほうがいい。

実際、毎日は普天間縮小維持をにおわせた社説を載せている。

しかし、化石左翼社民には二度と政権に戻ってきてほしくない。


03. 2010年5月30日 12:00:26: QcFtJC79Jg
鳩山さんんが、真の政治家を自負するなら「議員辞職」すべき!

外野が勝手な妄想で、「敵」の思う壺だの、何だのと、擁護する

のも、嘆かわしい!

政治家らしい政治家が、殆どいなくなった日本の危機こそが、

心配だ!

                    


04. 2010年5月30日 12:06:48: mFOsRx9kQ6
諸氏のコメントに共感。
この期に及んでの鳩山擁護は、鳩山自身、民主党、めぐりめぐって国民のためならず。

05. 2010年5月30日 12:08:59: aPMkzI6zm6
そもそも論ですけど、連立合意に拠り成立した鳩山内閣なので、連立与党の党首を罷免したからには、鳩山内閣はすでにその存立意義を無くしているのじゃないでしょうか?

06. 2010年5月30日 12:18:56: tt25BNLgqg
そんなに鳩山が下らない男で、他に適切な政治家がいないなら、自分で政治活動すればいいじゃないか。選挙で投票は誰だって出来るだろうが・・

07. 2010年5月30日 12:51:33: hf30gMt3v6
本文は、おそらくその通りだと思います。
日米が合意した直後に、米下院でグアム移転関係の予算が可決されました。
とどめに、この問題(普天間)が日本で重大な問題かを米国民に知らしめる為に、内閣総辞職をするのも良いと思います。

08. 地には平和を 2010年5月30日 13:39:18: inzCOfyMQ6IpM: EQzsvUfKbQ
鳩山がアメリカから何等かの恫喝を受けているのなら辞任や総辞職はするなと言われているだろう。辺野古への移設の合意を取り付ける事こそが鳩山に命じられた使命のハズである。鳩山民主党の沖縄県民に対する裏切りによって民主党が参議院選挙で大敗してもアメリカは次の手を考えるだろう。辺野古への移転に賛成する政党の連立政権である。自民党も含まれるだろう。小沢は既にその準備に着手しているに違いない。鳩山がどうなろうとそうするだろう。

09. 2010年5月30日 14:11:32: Ii0CnH6z3w
小沢!洞ヶ峠を決め込んでるこいつには策謀がある!


小沢に見限られた鳩山は、細川と同じ使い捨て総理だった。それも汚い役を押し付けられて。

第7艦隊だけでいいなんていったのは誰だったか。

この政権は宇宙人・土偶(小沢)政権だ。

国民は今度こそこの男の正体をしるだろう。


10. 2010年5月30日 17:25:39: ZHscU6drcQ
鳩山総理はダメな男だ《最低でも県外」をなぜ捨てた?。沖縄県民への信義に生きた、やまとなでしこ。福島瑞穂大臣を罷免した。福島瑞穂はさくら花のように美しく大義に散つた。《海ゆかば」で沖縄戦で散華した幾十万人の死者たちに捧げる鎮魂にもなる見事な生き方だ。鳩山より、福島瑞穂さんが余ほど将たる器だ。国民は間もなく鳩山総理を罷免するだろう。誰かに恫喝されて、変節しアメリカのポチに成り下がつた鳩山総理は日本人の恥だ。武士に二言なし。を忘れるな。

11. 2010年5月30日 18:46:49: qfscJScdWc
名実ともに政治主導が夢物語であったことを世間に知らしめた責任はでかいだろ。

12. 2010年5月30日 22:27:53: vD9WYa3O82
今回の日米合意文章をしっかり読むと辺野古または、県外とか、、、曖昧にして場所設定に関して今後検討の余地を残してある。これは旧政権原行案から、わずかであるが一歩進展している内容である。

大手マスコミは現政権の追い落とし恣意的にTV、新聞で鳩山迷走、閣内まとめできず等の報道が氾濫して鳩山内閣の責任を問う声として醸造して来た。
この大手マスコミの作戦にわざわざ乗ることはない。日本側が県外もしくは海外に今すぐに決めることは相手に無礼だし交渉に入れない。この論文の通り相手には前政権案が日本の締結した案であることを認めえてから交渉に入るのが正しい外交の交渉である。

従って、2+2の政府間協定で旧政権案に近い案で再締結することは順序として正しいと思う。
米国と日本の地位についても国民は十分植民地までは感じなくても難しい問題と意識した人も多いだろう。そうなんです。日米国家間は平等でなかったのですよ。
サッカーでも格上のEUチームに日本チームの善戦を期待しても勝つことは無理じゃないかと理解できるでしょう。
小生も遥かに格上との国との交渉とは知らず鳩山首相に必勝の期待をしたに過ぎない。これから交渉の一歩としてスタートしたと考えればなんら頭にきません。
沖縄住民の強い反対、米国議会での海兵隊移転予算410億円の決定したことや環境アセスメント裁判結果をみても今後の経緯によって県外、海外に期待が持てるからです。

NHKの大河ドラマ坂本龍馬から土佐の国内で下級武士が攘夷を唱えて勤皇党を作り大殿様(大内容堂)の為に義臣のつもりで朝廷を画策するが大殿様は下級武士を差別しもともと認めていなかった。そして土佐勤皇党は逆臣として大殿様から虐待される。

米国にとって今の日本、現政権は下級武士までは行かなくてもそのように見られていると理解してます。
米国から真の独立をするには米従大手マスコミの画策や風評に躍らせず意識を忘れないで一歩ずつ進めなければいけません。


13. 2010年5月30日 23:50:24: rdsF2pF2Es
>野球でよく言われるのは「相手の嫌がることをしろ」<

これは「小沢政権誕生」じゃないかな。

>沖縄の問題を日本人ぜんたいの問題として提起しつづける<

これこそが、今一番大事な事じゃないかな。
本土の国民の多くは、この事が判っていないから。


14. 2010年5月31日 01:21:56: o8FFQyW2Lk
アメリカのグアム移転は米軍の世界戦略の中で決定したこと。そして5月27日に米上院軍事委員会で移転予算を可決したこと。これが現実である。
「辺野古」へ代替基地は出来ない。自民党が13年間出来なかった。さらに反対は一層強固となった。これも事実である。

 日本の政局がどうあれ現実は動いている。首相が「抑止力」を急に言い出したことは不自然である。これは言い訳にはならないことも明白である。あまりに説得力がない。

 しかし、問題、課題は残された。事実に基づいた報道を、報道されない事実や情報を広げるのがネットワーカーの役目です。あまり期待願望的な記事でなく、真実を究明する場となることを願う。(レッテル張りは思考停止の証左である。)


15. 2010年5月31日 07:00:05: i37fD8kRRc
>たとえ前政権が締結した書類でも、現政権として簡単に反故にできるものではないと思います。

>しかし、鳩山総理はご自身の公約として誠意を持ってこれらの合意書を反故にするために努力されたと思います。

>また、鳩山総理を責めるのであれば、過去にこのような合意をした自民党を責めるのが本質的ではないでしょうか?

つまり、今回の混乱の根源は全て自民党&米傀儡官僚の過去の悪行にあるということです。

ところが、それをポダム・ポハイク&官房機密費汚染メディア同盟は鳩山政権の責任にすり替え、さも新しい問題で国中が混乱したように演出することで、退陣論を張る。
そして、犯人である自民党は批判の矢面から隠遁し、さらには厚かましくも批判する側に立とうという体たらくです。

国民は、自民党こそ厳しく断罪しなければならない。
少なくとも今回の件で鳩山政権を批判するなら、それ以上に自民党を批判しなければならない。
鳩山退陣を論じるときは、それ以上に自民党&米傀儡官僚の責任を追及し、解党・議員辞職をも求めていく位でやっと整合性が取れます。

今回の問題は全て旧政権によって仕掛けられた遺棄された地雷を、
鳩山政権が処理中にハプニングに見舞われたと考えるべきではないかと思います。

>この期に及んでも 「鳩山首相をこき下ろすのはまだ早い」 と言わせていただく
>この期に及んでも 「小鳩民主党をブレずに支持するべき」 と言わせていただく


16. 2010年5月31日 08:13:34: tI9P2AtJsI
「自民が敵」のホラがまかりとおっているが
現内閣は自民の引継ぎを結構やってるな。
自民よりサッサとやってる。
脱官僚って自分が官僚的にやりたいだけみたいな内閣。

その責任は鳩山にあるわけで。

それと選挙戦術等も失敗して自民が勝ちそうだし。
「自民が敵」なんてのはもう目くらまし発言の類だよ。

鳩山の深謀遠慮ってロクなもんじゃないよ。
まずはサミットで格好つけたいというのはあると思う。
その為に国内にスケープゴートを作る。


17. 2010年5月31日 10:00:34: IlhlfnPQ2w
湯浅誠さんのツイッターに雁屋哲氏のブログが紹介されていました。大変共感できる内容です。
http://kariyatetsu.com/nikki/1240.php

18. 2010年5月31日 13:23:11: i37fD8kRRc
17さん。コメントありがとうございます。
非常に優れた内容で、私も強く心を動かされました。
是非お読みになることをお勧めします。

19. 2010年5月31日 22:09:04: V9UEXgbTo6
俺は、鳩山を信じたい。その力はある。バカだと言われてもいい。政権交代最初の総理。我らの知らぬところの苦労があり、また、それを乗り越える男。です。

参議院回線議員 改選議員 力をつけていないからこの期に及んで、人気者の総理・風の選挙を当てにしているやつが悪い。


腹を決めてやれ。腹を!!!!!!!! 



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK87掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK87掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧