★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK87 > 441.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【インテリジェンス・佐藤優の見方】小沢一郎が『平成の悪党』になる日
http://www.asyura2.com/10/senkyo87/msg/441.html
投稿者 読書中。 日時 2010 年 6 月 01 日 00:12:26: ak3IxOSAEFjas
 

まずは岩上安見氏のツイートを。

続き。鳩山政権の「落城」に落ち込んでいる暇はない。この秋に策定される「防衛大綱」は、「日米同盟の深化」と言う名前の「米国への軍事的隷従の深化」が進む可能性が高い。放送法の改正のような言論統制も、その1ピースをなす。自己統治ができる国へ。やるべきことは山のようにあるはず。
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/15057460531

官僚が着々と進める「日米同盟の深化」を打ち破るため、国民にもできることがたくさんあるはず。
続いて「ムネオ日記」で紹介されていた佐藤優氏の記事です。

http://news.livedoor.com/article/detail/4799091/
《以下全文転載》

【佐藤優の眼光紙背】小沢一郎が『平成の悪党』になる日

2010年05月31日10時00分 / 佐藤優の眼光紙背:第74回

近日中に民主党の小沢一郎幹事長が「平成の悪党」になるような予感がする。ここで筆者が言う「悪党」とは、犯罪者という意味でない。南北朝時代の南朝の忠臣・楠木正成が「悪党」と呼ばれたことを念頭に置いている。手元にある『岩波古語辞典』(1974年版)で「悪党」を引くと、<中世、荘園領主や幕府の権力支配に反抗する地頭・名手などに率いられた集団。>(13頁)と説明されている。「悪党」とは、既成権力に対抗する強い武士の集団のことだ。

南北朝時代、日本国家は南朝と北朝の2つに分裂した。足利尊氏によって代表される武士(軍事官僚)による北朝が、京都に偽王朝を置いていた。これに対して後醍醐天皇によって開始された建武の中興(国家の建て直し)を断固支持する集団は、奈良の吉野に南朝(吉野朝)を置いた。武士では新田義貞が、後醍醐天皇側について戦ったが、足利尊氏によって打ち負かされた。そこで、悪党の楠木正成が登場し、大暴れする。

5月28日、鳩山由紀夫総理は、沖縄の米普天間飛行場の移設先を名護市・辺野古周辺とすることを明記した閣議了解を行った。それに先立ち、日本の外務大臣、防衛大臣、米国の国務長官、国防長官による日米安全保障協議会の共同発表が行われた。鳩山総理は、移設先について「最低でも(沖縄)県外」としていた約束を反故にした。

沖縄のマグマがこれに対して爆発している。このマグマは、これまでと質が異なる。産経新聞の宮本雅史那覇支局長の以下の記事が状況の深刻さを鋭く指摘している。

*********

<ある県会議員は「県民の大半も国外・県外はありえないと感じていたが、鳩山首相は裏付けのないまま期待を持たせ、簡単にほごにした」と指摘した上で「首相が県内移設を言うようになってからは一般県民のマグマをも動かしてしまった」と話した。

約束を守らなかった鳩山首相の“裏切り”が県民の怒りを招いたのだ。

困惑も広がる。「(結果は)基本的には予想通り」とする財界関係者は「本心では賛成だが、県内情勢をみると賛成とは口に出せない」といい、「経済援助の条件闘争という声もあるが、今は条件面の話し合いをできる状態ではない。それをすると、県民から沖縄を売ったと批判される。自分の意見を言えなくなっている」と説明した。

ある革新系議員は過去に一般住民が武装闘争を展開したことをあげ「活動家は排除できても、一般の県民は排除できない。沖縄の保守のマグマは革新よりも過激だ。鳩山首相が議員辞職しても、このマグマを消せない」と語った。

また、保守系議員は鳩山首相の議員辞職を最低条件にあげ、「責任を取ろうともしない民主党政権は言語道断。普天間問題の早期解決には今こそ原点に戻って防衛議論を重ね、県民に理解を求めるべきだ」と訴えた。>(5月29日産経新聞)

*********

沖縄で一般住民による武装闘争が展開されたことに言及し、「沖縄の保守のマグマは革新よりも過激だ」という沖縄の政治エリートの発言に注目した宮本支局長の記事は問題の本質を衝いている。沖縄の地元紙を読むと事態の深刻さがよくわかる。これまで、最終的には基地問題で東京の中央政府の意向を受け入れた沖縄の経済界が次のような反応をしている。

*********

<普天間飛行場移設問題 県内経済界、実現不可能で一致 普天間固定化を懸念

日米両政府が米軍普天間飛行場の移設先を名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部と隣接する海域とする共同声明を発表したことに、県内経済界は高まる県民の反対運動から「実現は不可能」との見方で一致した。基地受け入れの見返りとされる経済振興策については「基地に依存して飯を食おうとは思っていない」など強い調子で否定する声が相次いだ。一方で移設作業停滞による普天間飛行場の固定化への懸念も出た。

県商工会議所連合会の国場幸一会長は「反基地運動は今まで以上に激しくなる。嘉手納基地の返還運動にまで発展する可能性を米国も恐れているはずだ」と指摘。沖縄観光コンベンションビューローの平良哲会長も「9万人が集まった県民大会や名護市長や関係市町村長の反対でも県民の意思は明らか。翻すことは厳しい。日米両政府の進めるこの計画はお先真っ暗だと思う」と話す。

振興策がリンクされることについては、異口同音に強く否定した。

県建設産業団体連合会の呉屋守将会長は「変な経済振興策に妥協すると、現在のウチナーンチュが次世代のウチナーンチュに批判される。県民のプライド、自尊心、自立にかかわる問題で、妥協するわけにはいかない」と強調。国場会長は「以前は北部の土建業者のメリットになるとして工法の話も出たが、今度はどんな工法であっても受け入れとはならない」と拒否の姿勢を強調した。

知念栄治県経営者協会長は「基地に依存して飯を食おうとは思っていない。沖縄は基地依存、財政依存を経て自立経済を考える時期だ。基地建設は一時的には潤うかもしれないが長期的には生産性を落とす」と説明。「嘉手納より南の基地の返還が遅れることのほうが経済損失は大きい」と述べ、「移設先が定まらず普天間が固定化されるのが最も問題だ。政府の認識を問いたい」と懸念を示した。>(5月29日琉球新報電子版)

*********

これはかつてない事態である。それは、沖縄が普天間問題を東京の政治エリート(国会議員・官僚)による沖縄に対する差別を象徴する事案と認識しているからだ。そして、差別に対する怒りと悲しみが沖縄全体に広がっている。この状況を、政治エリートは客観的に認識すべきだ。かつてのような「アメとムチの政策」で、基地問題を軟着陸させる可能性はない。辺野古への基地建設を強行すれば、反対派の住民が座り込みをする。それを強制排除すれば、負傷者が出る。そうなると基地反対派だけでなく、保守派を含め、沖縄のマグマが噴き出す。そして、日本の国家統合が危機に瀕する。

閣議了解には、閣僚の署名が必要だ。福島瑞穂少子化担当大臣が署名を拒否したので、罷免された。この結果を受け、30日、社民党は連立政権から離脱することを決定した。

筆者は、社民党が沖縄のためだけに行動したとは思っていない。もし、社民党が沖縄の負担軽減を真剣に考えているならば、福島氏や辻元清美国土交通副大臣(衆議院議員)らの社民党議員が、普天間の移設先を探すために、死ぬ気で努力したはずだからだ。その形跡は認められない。さらに社民党は、沖縄に対する東京の政治エリートによる差別の問題に言及しない。沖縄の立場を代弁して筋を通したという要因よりも、福島氏が罷免され、連立を離脱した方が参議院選挙で少しでも得票を上乗せできるという計算によってとられた行為と筆者は見ている。社民党は、沖縄のためでなく、自分のために目的合理的に行動しているだけのことだ。

本5月31日から政局が流動化する。この原因を社民党の連立離脱に求めては、事態の本質を見失う。今回、なぜこのようなことになってしまったのか? 筆者の見立てでは、起きている国家権力内部の権力闘争で、鳩山総理が官僚に譲歩しすぎたからだ。
 
現下の日本には、目に見えない2つの国家が存在する。一つは、昨2009年8月30日の衆議院議員選挙(総選挙)で、国民の多数派によって支持された民主党連立政権の長によって国民を代表する国家が存在する。もう一つは、官僚によって代表される国家だ。

内閣総理大臣の職に就いている鳩山由紀夫という1人の人間に、国民の代表という要素と官僚の長という要素が「区別されつつも分離されずに」混在している。官僚と国民の利害相反が起きるときに、総理のアイデンティティー(自己同一性)の危機が生じる。

官僚は、国民を無知蒙昧な有象無象と考えている。有象無象によって選ばれた国会議員は無知蒙昧のエキスのようなものと官僚は見下している。そして、国家公務員試験や司法試験に合格した偏差値秀才型のエリートが国家を支配すべきだと自惚れている。自民党政権時代は、「名目的権力は国会議員、実質的権力は官僚」という実質的な棲み分けができていたのを、民主党連立政権は本気になって破壊し、政治主導を実現しようとしていると官僚は深刻な危機意識を抱いている。この危機意識は、実際は官僚が権力を大幅に削減されることに対する異議申し立てに過ぎないのであるが、官僚の主観的世界では「このような輩が国家を支配するようになると日本が崩壊
する」という「国家の危機」という集合的無意識になっている。

官僚は、現在、2つの戦線を開いている。第1戦線は、検察庁による小沢一郎潰しだ。第2戦線は外務官僚と防衛官僚による普天間問題の強行着陸だ。特に外務官僚は、「アメリカの圧力」を巧みに演出しつつ、自民党政権時代に官僚が定めた辺野古案が最良であることを鳩山総理が認めないならば、政権を潰すという勝負を賭けた。鳩山総理は、現状の力のバランスでは、官僚勢力に譲歩するしかないと判断し、辺野古案に回帰した。鳩山総理の認識では、これは暫定的回答で、段階的に沖縄の負担を軽減し、将来的な沖縄県外もしくは日本国外への模索を実現しようとしているのであろう。しかし、この状況を官僚は「国家の主導権を官僚に取り戻した象徴的事案」と受けとめている。
 
しかし、この象徴的事案は、官僚勢力に対する敗北になり、民主党連立政権が政治生命を喪失する地獄への道を整える危険をはらんでいる。筆者は、小沢幹事長がそのような認識をもっているのではないかと推定している。

小沢幹事長が「鳩山総理が平成の新田義貞になった」という認識をもつならば、自らが悪党になり、政局をつくりだそうとする。小沢氏が直接政権を握ろうとするか、自らの影響下にある政治家を総理に据えようとするかは本質的問題ではない。小沢一郎氏が「平成の悪党」になるという決意を固めることが重要だ。小沢氏が「平成の悪党」になる決意を固めれば、官僚に対する決戦が始まる。参議院選挙はその露払いに過ぎない。今後、天下が大いに乱れる。(2010年5月31日脱稿)

プロフィール:
佐藤優(さとう・まさる)…1960年、東京都生まれ。作家・元外交官。日本の政治・外交問題について、講演・著作活動を通じ、幅広く提言を行っている。
近著に「はじめての宗教論 右巻~見えない世界の逆襲 (生活人新書) (生活人新書 308)」、「日本国家の真髄」など。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年6月01日 00:31:52: tPBwAPtqds
この馬鹿の頭の中では
鳩山がオバマにトラストミーと約束した事や
普天間の移設先を探して交渉していた件
実際は連立を離脱した方が選挙協力を失う可能性があった事も
無かった事になっているようです。

02. 2010年6月01日 00:51:11: l7XOlv5ibw
この件で真っ先にトラストミーとか持ち出すあたり
ネトウヨバレバレだが・・・w

官僚に邪魔されて失敗することも、社民が離脱することも
ある程度予測済みだが
それ以上の失敗は許されない
社民党が共産党レベルに落ちたら、受け皿がなくなる
今は自制せよ


03. 2010年6月01日 01:14:49: jtBDyU1i06
色々な意見があるのは良いが、少なくとも阿修羅ではネトウヨは不要。
02さんの言う通りネトウヨはどういう言葉を使うかで直ぐ分かる。
思考組み立ても単純そのもので、何処かのブログで読んで来た様な、
全く同じ論理の組み立てで意見を書いてくる。
だから新鮮味も無く、ネットの何処かで読んだ使い古された意見しか書けない。
ソースが一緒だからだ。
だからネトウヨは不要。ホントに来なくてよい。

さて佐藤優氏の分析はやはり官僚の世界に居た人の意見として参考になる。
良くも悪くもマグマを噴出させた事は裏を返せば米国が最も恐れている日本の反米感情が吹き荒れる自体そのものである。
その意味では鳩山さんは図らずも(?)大きな国民的ウネリを作り出した。

ただ現在の最大の問題は民主党の危機とセットだという状況。
本当に一寸先は闇なのだろう。
私は色々思うところはあるが、この体制で参院選挑まざるを得ないのなら、
断固支持する以外に道は無いと思っている。

自民の復活なんぞくそ食らえだし、前原首相誕生なんぞも到底受け入れ難い。

鳩山さんへの怒りに悶々としてる人達もぶち切れながらも民主に投票する事を祈るばかりだ。

あとは小沢さんがどう動くかを注視するしかないか。

個人的に多くの人と同様鳩山さんには落胆し怒りも感じたが、
ここ一年を色々思い返せばやはり行き着く先は、
鳩山さんへの反感を生み出した元凶の腐れ大手マスコミと親米官僚共
そして小沢総理の道を潰した特捜だ。
奴等売国奴に腸が煮えくり返る。


04. 2010年6月01日 01:25:43: tPBwAPtqds
都合の悪い事は無かった事にするのがネトウヨ。
鳩のしている事は自民への利敵行為、小泉強権政治の再来ですよ。

05. 2010年6月01日 02:43:52: DLlLzQBs2w
 沖縄県民は、自民党政治を望んでいるのか。県外・国外を模索し、沖縄県民の負担軽減を真摯に考えて努力したが、厚い壁にはね返されれながら、なおも最後まで努力を行う意思を持った総理を擁護せずに、彼らは誰を望むのか。
 小泉や竹中に回帰したいのだろうか。そこが聞きたい。
僕は、日米関係は大事だと思う。しかしアメリカの行動が正しいとは思わない。
 離島・僻地、中央と地方、大企業と中小企業、都市と農山村・漁村、金持ちと貧乏、経営者と労働者・・・これらすべての言葉は、都非の問題であり、その問題解決に取り組み、その基本的構造から複雑な構造まで把握出来ている政治家がいるのだろうか?。沖縄県民に聞く、貴方は自民党が好きですか。・・・僕は嫌いだ!!

06. 2010年6月01日 04:12:01: LCI3D2ohkE
>そして小沢総理の道を潰した特捜だ

小沢信者は盲目?
小沢は答弁が苦手
総理に向かない事を自分で弁えている
だからいつも裏方に居る
小沢を評価するとしたら、アマチュア民主党を利用しつつもアマチュア民主党に全く期待してない所
そして、エリート財務省官僚を従わせている所


民主党議員立法封鎖には拍手喝采してやる
優秀な官僚を有効利用出来る数少ない政治家なので今後も応援してやる
アマチュア民主自治労党なんか断じて応援しないがね


07. 2010年6月01日 06:09:29: Zuo9mHMINl
さすが、佐藤優氏はソフトファシズムの面目躍如だ。
どうしても社民党を抹殺したいらしい。(笑)

まぁ、国策捜査被害者としての戦いは大いに共感するが、三井氏や西山氏などと違い一方でそれを切り売りしている面も感じざる得ない人物ではある。人間性を大きく人種わけすれば、孫崎享、植草一秀、岩上一身、古川利明、内橋克人、鈴木宗男各氏などと違い、本質的に佐藤氏は上杉隆氏や松田某氏などと同類と私は思っている。政治的・売名的あるいはタレント的であり純粋な人物とは言いがたいと見ている。彼の発言姿などを見ていても上杉氏などと共通の自己顕示的な面が端々に現れる人間性に気づく人々もいるだろう。
私はそのような人物は誰であれ基本的には信用しない。いつか手のひらを返したり、目ざとく変節しながら渡り歩く処世術タイプにそういう人が多いからだ。
これは私の想像だが、佐藤氏のような、ある時は保守を担ぎ左派を叩き、ある時は左派を担ぎ保守を叩くなど、時と場所で巧みに言論を使い分ける人物は、おそらく左右どちらの論壇でも引っ張りだこかもしれない。(笑)


08. 2010年6月01日 06:28:15: Yfxy7ql7SE
「鳩山首相は沖縄県民のことを考えて、最後まで最低でも県外・国外と努力を続けた・・」

この民主党の政治は正に口だけ・・つまり詐欺

「沖縄の県民の負担を減らしましょう・・・」こんなことは誰でも言える。自民の時ですらそういう方向でやってきて、それと全く同じ結果になっている。ということは、今出来る最善の方法だと言うことだ。

今回の問題は沖縄の基地負担が基本にあるとしても、「鳩山が選挙対策で沖縄県民に嘘をついた」ことが沖縄県民から反発を受けている。

つまり 鳩山=民主党が 沖縄県民から「ふざけるな嘘つき馬鹿野郎」と言われただけ

沖縄の誰も鳩山の嘘の努力など評価している人はいない。しかも実際は全く努力などしていない・・・


09. 2010年6月01日 09:26:02: tPBwAPtqds
>>08
>今出来る最善の方法だと言うことだ。

野村浩也編 植民者へ――ポストコロニアリズムという挑発

現在、沖縄人がけっして望んでいないにもかかわらず、七五%もの在日米軍基地が押しつけられたままである。
基地を集中的に押しつけられる現実とは、戦闘機や軍用ヘリがいつ頭上に墜ちてもおかしくない日常を強制されることであり、一日として恐怖から解放されることのない生活を強いられることである。
軍事演習や訓練による被害は日常茶飯事である。
さらに、基地が身近に存在するということは、米軍兵士によるレイプ・殺人・強盗など暴力のターゲットにされるということでもある。
この理不尽きわまりない現実を沖縄人に強制することを決定した張本人こそ、ひとりひとりの日本人にほかならない。しかも、その決定は民生主義の手続きを経てなされてきたのだ。日本人は、民主主義によって沖縄人の意志を踏みにじり、七五%もの在日米軍基地負担を暴力的に強制しつづけているのである。

そういえば枝野の馬鹿が「韓国を上等な家畜に躾けてやった日本様に感謝せよ」とほざいていましたね。


10. 2010年6月01日 11:09:26: Zuo9mHMINl
07です。人名を間違え失礼しました。
岩上一身 ×
岩上安身 ○

11. 2010年6月01日 13:21:00: frgHWXHKbY
 沖縄県人には失礼な言い方で悪いが、沖縄を利用して、旧「政官財」連中は今の政権を潰そうとしている。

 そしていつか、彼ら「旧政官財」が復権したとしよう。
彼らは、沖縄の米軍基地をどうするのだろうか?

 民衆の味方(反自民)政権が誕生するたびに、沖縄の米軍基地問題を「踏み絵」に利用するために、沖縄の米軍基地を温存しつづけるのだろうか?

 一体、どうするつもりなのだろうか?
今度(近々)、党首会談があるとしたら、谷垣総裁に聞いてもらってほしい。
 ほんとうに、尋ねてみたいのだ。 公開の場で、最高責任者に。



12. 2010年6月02日 01:18:49: fPDskEDQc2
頭のよい日本の官僚を使いこなせるのはアメリカだけ。アメリカは戦後60年でほぼ完璧な統治体制を敷いている。謀略といえば悪く聞こえるが、これは国家的な戦略を持って、他国を統治しようとする揺るぎない意志がアメリカエリート層に共有されているからです。的を絞って実学を必死で勉強したアメリカエリート官僚に、偏差値エリートの日本の官僚は歯が立ちません。英語も大して出来ないし。今の日本の状態は突き詰めれば教育の問題です。何年かかるか分からないが、本当に優秀な世界レベルの官僚を育ててほしい。東大法学部がんばれ!それから自分の頭で考える国民がもっとたくさん必要でしょう。文部科学省がんばれ!それまで個人で出来ることをこつこつやるだけです。世界のリーダーなんて馬鹿なことは望まないが、せめて孫の代には普通の独立国になっていて欲しいものだ。

13. 2010年6月02日 01:40:22: DLlLzQBs2w
 日本の本当の姿は、庶民の国なのかも知れない。たまたま戦後期にあくどい活躍した者達がこの50年その成果を謳歌しているにすぎないのかも。長い歴史の中で考察すると。

14. 2010年6月02日 03:09:32: FAFODdbMhA

この記事のコメント欄には、「反論」が多いですね。

この記事のようになるのを恐れているのは、誰でしょう?

もちろん、売国勢力です。

それだけ、この記事の意味するところが、
戦々恐々なわけです、この連中には。

日本を支配し続け、国富を簒奪し続けたい理由は何でしょう?

あなた方が、日本と日本人を世界史から葬り去りたいからです。
(あるいは、洗脳され切っているからです)

過去20数年、どれだけの日本人の資産が、奪い尽くされたことか。

この国は、間違いなく滅びに向かっています。

この記事に「反論」を述べているあなた達、
この国をどこへ持って行こうとしているのですか?

民主党政権による政権交代は、疑いもなく、
千載一遇のラストチャンスです。

この政権が頓挫すれば、この国は急な坂を転げ落ちるように、
「東アジアのギリシャ」となるでしょう。

セーフテイネットも無く、年金の保証も無く、
国民は、路上に放り出されてしまうことでしょう。

無責任でデタラメな、愉快犯的な書き込みは、
有害無益です。

もしも、幾ばくかの、日本人の心が残っているのなら、
闇世の中でロウソクを灯し、冷静にこの国の将来について
まじめに考えてください。

お願いいたします。


15. 2010年6月02日 11:59:38: moUdgU0ApI
さすが鋭い分析です。管総理で財務省改革、官僚との決戦が始まるのか期待しています。

16. 2010年6月02日 21:12:16: rau9JpDD1Y
子供(廃止)も箱モノももう一度見直しをしないと大変な事になりそうです。
誰かが日本を奈落の底に落そうと考えている感じ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK87掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK87掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧