★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK89 > 614.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
あのジェラルド・カーティスの正体はCIAへの情報提供者だった!そのカーティスが菅首相を操ろうとしている。そして「参院選選
http://www.asyura2.com/10/senkyo89/msg/614.html
投稿者 SOBA 日時 2010 年 7 月 01 日 15:15:24: LVbi13XrOLj/s
 

「1138」 あのジェラルド・カーティスの正体はCIAへの情報提供者だった!そのカーティスが菅首相を操ろうとしている。そして「参院選選挙区事情」を分析する。2010年7月1日
http://www.snsi.jp/tops/kouhou

 アルルの男・ヒロシです。今日は2010年7月1日です。
 今日は11日に投票日が迫った参院選について考えていきたい。


 菅直人新政権が消費税増税を自ら争点に上げたこの参院選の後、日本の政治はどのように動いていくのか。このテーマについて、主に選挙区ベースでみた情勢分析を行い、どの候補者に注目することで結果的に日本のために働くかという情勢分析である。(なお、この情勢分析に基づいてどのような投票行動を決められるかは個人の判断です。)

 まず、大きな動きの話からしなければならない。直近のこの参院選の期間内に起きている米国側の「選挙介入」ともとれる動きについて述べなければならない。6月21日に首相官邸にあのコロンビア大学教授のジェラルド・カーティス教授が菅直人首相を訪問している。これは21日づけの「首相動静」である。記事は『産経新聞』からの引用である。

(引用開始)

 【菅日誌】21日
 【午前】9時49分、公邸発。50分、官邸着。執務室。10時10分から38分、内閣府の大島敦副大臣、田村謙治政務官。39分から11時6分、植松信一内閣情報官。7分から34分、荒井聡国家戦略担当相、平岡秀夫内閣府副大臣。44分、首相会議室。45分、白川方明日銀総裁、仙谷由人官房長官が入った。
 【午後】0時22分、白川、仙谷両氏が出た。23分、執務室。3時3分、仙谷官房長官、古川元久、福山哲郎両官房副長官、阿久津幸彦、寺田学両首相補佐官が入った。49分、寺田氏が出た。52分、阿久津氏が出た。4時8分、古川氏が出た。10分、仙谷、福山両氏が出た。5時から43分、記者会見室で記者会見。44分、執務室。6時1分、小ホール。国と地方の協議に出席し、あいさつ。9分、執務室。32分、大会議室。地域主権戦略会議開始。7時2分、同会議終了。3分、執務室。7分から40分、福山官房副長官。57分、官邸発。59分、公邸着。8時、ジェラルド・カーティス米コロンビア大教授が入った。9時16分、カーティス氏が出た。

『産経新聞』(2010年6月21日)
(引用終わり)

 ごらんの通り、あのジェラルド・カーティスが首相官邸に直接乗り込んできて、午後8時から9時15分まで菅首相と話し込んでいる。

あ
ジェラルド・L・カーティス コロンビア大学教授

 また、カーティスはこの前後に米「ウォールストリート・ジャーナル」のウェブサイトの動画インタビューに出演し、日本にとって良いシナリオとして「一つの政党が両院で過半数を持っていることで国民が次の選挙の時にその政党が何をやったのか分かる」と言っている。「民主党の過半数越えが良い」としながらも、それでも「10議席くらい足りなければ、みんなの党という、リベラルな政党があるが、それと組むことでより市場経済を重視する政権になればセカンドベストだと思う」と述べている。(動画:http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_74604

 そして、カーティスがこの発言をしたとたん、民主党の現在の執行部が次々とみんなの党との連携を臭わせるようになった。27日に衛星放送での番組の発言として、枝野幸男幹事長は次のように発言している。読売新聞の記事から。

(貼り付け開始)

民主・枝野幹事長、みんなの党との連携に意欲

 民主党の枝野幹事長は27日夕、都内で記者団に、参院選後のみんなの党との連携について「行政改革などかなりの部分、一致している。政策的判断としては一緒にやっていただけると思う」と意欲を示した。

 27日のNHK番組でも「(衆院の比例定数80削減を)早期に実現したい。みんなの党にも協力いただければ」と述べた。

 一方、みんなの党の江田幹事長は記者団に「公務員制度改革や国会議員の定数削減の各党協議をやるならいいが、それなしでは本気度があると言えない」と述べ、民主党との単独協議に慎重な姿勢を示した。
(2010年6月27日20時16分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2010/news2/20100627-OYT1T00551.htm
(貼り付け終わり)

 これに対して、「みんなの党」の渡辺喜美党首は街頭演説で「顔を洗って出直してきなさい」と、痛烈に批判している。渡辺喜美は、おそらく自分がアメリカの口車に乗せられてコーポラティズム(大企業と組合重視)の菅政権に取り込まれると警戒したのだろう。(渡辺発言:http://sankei.jp.msn.com/politics/election/100628/elc1006281754005-n1.htm


 また、先ほど調べて気が付いたのだが、麻生・鳩山・安倍の元首相は官邸にジェラルド・カーティスを呼んだことがない。産経新聞の首相動静の過去記事検索をすると、先日21日のカーティス訪問の一つ前の「首相動静」の記事は福田康夫内閣のときになっている。ジェラルド・カーティスというのは元々日本の選挙区事情をアメリカに紹介した男で、その後、山本正の三極委員会の姉妹組織である下田会議などに参加してきた。日本の政治を長年、監視し続けた大学教授だ。

あ

 ただ、それだけならまだ良くある話なのだが、カーティス教授はじつは「CIAに対する情報提供者」のリストに名前が載っている人物である。かつてのCIA上級オフィサーだった、ロバート・クロウリーという人物が2000年に死去したときに残していったものだ。(このリストをウェブサイトに掲示しているグレゴリー・ダグラス氏によれば、情報の更新は1996年で止まっているという)

クロウリー・ファイル:http://cryptome.org/cia-2619.htm

あ

 上にリンク先を示したこのリストはアルファベット順に2619人の「CIAの情報源」とされる人物の名前をリストアップしているが、 この中の「C」の項をみると、この中にジェラルド・カーティス(Curtis, Gerald L. :Columbia University, New York, NY 10027)の名前がある。つまり、カーティスはCIAにきわめて近い人物だったということだ。(写真上)

 そのような不穏な人物が定期的に首相官邸に出入りしたり、「時事放談」というTBSの番組に出演して、小沢一郎批判を展開していた、ということなのだ。


あ
TBS番組に毎月のように出演し情報工作を行うジェラルド・カーティス教授


 だから、うがった見方をすれば、カトリック教徒の麻生太郎、特殊な右翼というか原理主義者の安倍晋三と、そして欧州統合論者を祖父に持つ鳩山由紀夫の二人の首相が在任中は官邸に近づけなかったのではないかと思う。またコロンビア大学のカーティスの教え子には小泉進次郎衆院議員や中曽根博文元外相の息子(http://nakasone-family.blog.so-net.ne.jp/2010-04-28-2)などもいる。


 まさに継続的に日本を「スパイ」するように育成されてきた人材だ。最近、アメリカではロシアのスパイを芋づる式に逮捕したようだが、日本ではカーティスのような「スパイ」はなぜか野放しになっている。

 ともかく、CIAのカーティスが首相官邸に直接乗り込んできて、日本の選挙や政治に手を突っ込んでいるということをメディアはまったく報じない。だから、でここで書いておかなければならない。私は、カーティスの講演会を何度か聞きに言ったが、いつも眼は鈍く光り、笑っていなかった。諜報組織の息のかかった人間だとすればそれも納得である。


<前のめりの菅政権>


 ただ、何よりも問題は、菅・民主党が「前のめり」で参院選の争点にしてしまった、消費税率引き上げの動きだ。これについても、おかしなことが起きている。松下政経塾出身の野田佳彦財務大臣は先週のG8サミット前にアメリカのジョン・ルース大使の前で次のような発言をしている。産経新聞の記事。

(引用開始)

 消費税増税論議「国民も理解」 野田財務相、米駐日大使に説明
2010.6.25 13:14

 野田佳彦財務相は25日午前、都内で、ルース米駐日大使と会談した。野田財務相は参院選の争点となっている消費税率引き上げの議論について、「国民もだんだん理解し始めている」と述べた。

 会談は、ルース大使が要望した。同大使は消費税のほか、日本経済の現状や成長戦略について質問した。(以下略)

『産経新聞』(2010年6月25日)
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100625/fnc1006251315007-n1.htm
(引用終わり)

 これは、野田財務大臣がルース大使に消費税率アップの世論形成の報告をしているご説明である。

 もともと菅直人は鳩山政権の財務大臣の時代、消費税増税の条件として、「逆立ちしても鼻血も出ないほど、完全に無駄をなくしたと言えるまで来たとき、必要であれば措置をとる」としていたにも関わらず、しだいに財務官僚に取り込まれていった。

 そもそも、消費税は逆進性も強い上、これを法人税減税のセットで行うことは結果的に法人減税のコストを消費税が担うこととなるだけで、果たして強い財政が実現できるかかなり疑問だ。何より手順が乱暴だ。


 ただ、野田大臣がわざわざルース大使に「世論形成」の成果を「ご報告」に向かっていることで、この政権が国民ではなくアメリカの方を向いていることがいよいよはっきりしたといえる。


 そもそも菅直人首相の言う「強い経済、強い財政、強い社会保障という、いわゆるよく分からない「第3の道」はまず税率アップありきの政策である。国民はそれに本気で怒らなければならない。


 読売の世論調査(2010年6月12-13日)が消費税増税容認66%という数字を無理矢理にはじき出したようだ。この調査手法にはきわめて問題がある。正しい世論調査のやり方としては「あなたは消費税率の引き上げが必要だと思いますか」と単純に聞かなければならない。(読売の調査結果:http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe6100/koumoku/20100614.htm


 ところが、この世論調査では前段に「財政再建や、社会保障制度を維持するために・・・・」と回答者を誘導する文言が入っている。このような世論調査は信用できない。いくらでも設問の作り方で世論が誘導できる。


 だから、例えば、「菅新政権は無駄の削減や公務員制度改革よりも消費税の議論を参院選の争点に打ち出しましたが、あなたはこの姿勢に賛成ですか、反対ですか」という設問を使えば、8割は反対と出るのではないか。

 おそらく大新聞は、都合の悪い調査結果の回の結果数字は発表せず、再度調査を行うなどのこともやってきていると思う。

 世論調査の研究書を出している谷岡一郎という学者は「自分はどんな世論調査でも思い通りの結果を出す自信がある」と『社会調査のウソ』(文春新書)でに書いていた。だから、私は現在の世論調査(電話世論調査)はまったく信用のできないと思う。安易な電話世論調査を紙面を埋めるための手段として使っている大新聞が多い。これは新聞の堕落である。
  

<小沢戦略にとってベストはあるのか>


 この参院選、小沢一郎・前民主党幹事長にとってのベストシナリオは何か。それは自分のグループに所属する新人候補を次々と当選させていくことである。これはきわめて単純だ。鍵となるのが小沢一郎が幹事長時代に、12ある2人当選区に現職やすでに公認されていた新人とは別に擁立した独自の新人候補(10選挙区に擁立)たちである。なお、選挙区で1人しか当選しない「1人区」は全部で29ある。それ以外には大都市圏で当選者数3とか5の複数区もある。(http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2010/news2/20100625-OYT1T00205.htm


あ
山梨県を訪れた小沢一郎・前幹事長


 当初の小沢戦略としては、鳩山政権なり、自分が主導権を握って樹立した菅政権のもとで、自分は選挙対策本部長か何かについて表舞台からは引っ込み、細野豪志あたりを幹事長に据えて選挙戦に突入するというシナリオだっただろう。ところが、ご存じのように6月2日以降の「反小沢クーデター」が起きてしまった。私はシナリオがここで崩れたのではないかとみている。そして、菅首相が消費税を争点に選挙を始めてしまった。これで相当に小沢は怒っている。朝日新聞の6月28日記事。

(貼り付け開始)

「約束、実行しなきゃ駄目」 小沢氏、菅執行部を批判
2010年6月28日22時2分

 民主党の小沢一郎前幹事長は28日、党が子ども手当の満額支給断念など昨年の衆院選マニフェストを見直したことについて「約束は実行しなきゃ駄目だ。政権取ったら、カネがないからできません、そんな馬鹿なことがあるか」と述べ、菅執行部の対応を批判した。愛媛県今治市での会合で語った。

 小沢氏は公示日の24日は山梨、25日は青森と1人区を中心に選挙遊説を続けている。新執行部が人事や政策で「脱小沢」路線を進めたことに対し、様子見の姿勢を示していた小沢氏だが、選挙戦が始まってからは執行部批判を鮮明にした。

 この日の会合で、小沢氏は「公然と政党が約束し、政権を与えられたのだから、やればできる。必ず私が微力を尽くし、約束通り実現できるよう頑張りたい」と強調。菅直人首相の「消費税10%」発言についても「一生懸命無駄を省き、最終的に4年たって、社会保障費などがどうしても足りないという場合は検討しなければならないが、(昨年の衆院選で)上げないと言ったんだから約束は守るべきだ」と訴えた。

 会合後も収まりがつかない様子で、小沢氏は記者団に「国民の皆さんと約束したことは、何としても守らなければ社会は成り立たない。これでは結果としてうそをついたことになる」と述べた。

「朝日新聞」(2010年6月28日)

http://www2.asahi.com/senkyo2010/news/TKY201006280409.html

(貼り付け終わり)

 このような小沢一郎が抱いた「怒り」を、実際のところは国民の多くが共有していると思う。


 ところで、選挙では地上戦と空中戦がある。参院選というのは本来ならば、労働組合とかゼネコン、農業団体とかの組織票を奪い合う「地上戦」である。だから、消費税発言によって一番影響を受けるのはこの組織票ではなく、組織ではなく個人の人気や勢いといった要素に左右される「空中戦」で得られる浮動票でなのである。

 逆に言えば「2人区」では黙っていても民主党は1人は当選する。みんなの党などに有力な候補がいない限り、民主は1人は確保できる。

 今の組織を握っているのは今は小沢一郎ではなく、新幹事長の枝野幸男であるということになっている。選挙対策本部長の安住淳が枝野の「みんな」との連携発言を注意したと報じられた。

 安住は、「ここで増税路線を打ち出した現執行部にそっぽを向いて民主党の組織が小沢側に転ばれてしまうと、小沢系の新人候補は浮動票ではなく組織票で当選する可能性が出てくる。選挙後も何が起きるか分からない」と警戒したのだろう。消費税を巡っては、玄葉光一郎政調会長や小沢との間でもすでに「つばぜり合い」が起きてもいる。

 ここまでの話をまとめると、参院選というのは基本的には組織票の選挙であり、今回は「2人区」の二人目の新人候補は基本的には「民主党」の風が無ければ当選が難しい例がかなりある、ということになる。

 以下で各選挙区を見ていく。参院選は、「現職」の議員は経歴を見るだけで、どういった組織が付いているか分かる人が多い。そういう候補はガチガチに固めた組織票の奪い合いを自民党とやる。

 だから浮動票である一般有権者の出る幕はない。実際には相当難しいだろうが、2人区新人の「小沢系候補」が10人、それと複数区の小沢系と言われる候補が、世論の支持を得て全て当選していけば、小沢としては満足のいく結果のはずだ。今の選挙情勢を見ると新執行部と旧執行部の大物が公然と論争する事態になっている。これはもう分裂選挙だ。

※明日には「選挙区個別分析」を載せます。
 

副島隆彦X佐藤優の新刊『小沢革命政権で日本を救え』(日本文芸社)好評発売中です。

http://snsi.jp/shops/index#book

あ

アルルの男・ヒロシ拝
 
 
 
関連:
なぜ、小沢氏は検察に目の敵にされ執拗に検察に攻撃されるのか、その理由はこれ
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2010/06/post-2d28-1.html#z20100608

菅民主党政権のマニフェストにはあきれた。「2009年 マニフェスト」にあった「可視化」の文言を消しました
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2010/06/2009-07e5.html#Z20100619

断固としてネット選挙戦を闘い抜こう。
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2009/08/twitter-b228.html#z20090818

↓クリックするとそれぞれ雑談日記。
あ

あ

↓クリックすると大きなサイズ。
国民の負担が第一?(生活が第一じゃなくて?)う〜む、馬鹿者〜ッ、この腐れ隷米バナー


 8・30勝利 7・11天王山決戦勝利!
断固戦闘モードに入る⇒、右バナーはモルダウ(我が祖国)スメタナ。
↓植草さんのココログへ
8・30勝利記念バナー


↓クリックで【本家】と【遊撃板】の愛、そして生きる 主権者は私たちですBBS。
主権者は私たち国民レジスタンスバナー 主権者は私たち国民レジスタンスバナー


↓植草さんの主権者国民レジスタンス戦線結成呼びかけエントリー(関連
主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月01日 16:07:30: l6noNJ7jCA
なるほど。

自民の小泉進次郎はコロンビア大ジェラルド・カーティス教授のもとでロンダリングを図り、
その後はもう一人の重要な対日工作員であるマイケルグリーンのCSISで研究業務をしたという
触れ込みで日本に帰国したわけですね。

さらにその同じジェラルドカーティスが今回の菅政権の黒子でもある。と。

民主党内の新自由主義者を束ね、一方で自民側の小泉進次郎をスターに育てて両積みを図る。
子飼いのみんなの党に連立の決定権を持たせるためには民主が大勝しない状態が一番良いわけだ。

アホ菅のブレも当然想定の範囲で、このまま迷走してくれれば、民主が大勝して、9月に小沢に与党の実権を握られる状態は避ける事が出来る。

民主の分裂を誘い、若い新自由主義者を中心に結集させ、金に汚い年を取った抵抗勢力のイメージで
小沢、亀井、はたまた役立たずの旧自民の老人どもを駆逐し、幼稚園状態の日本をコントロールする。

ジェラルド・カーティス /マイケル・グリーンの描く画はこんなところでしょうか。


02. 2010年7月01日 17:39:56: OR10WtgG7k
カーティスといえば、昔、筑紫哲也のニュース23によく出てました
よね。ぼくは筑紫に権威主義的な臭いを感じてあまり好きでなかった
からそれほど熱心に23をみてたわけじゃないけど、カーティスは筑
紫人脈あたりもフルに使って相当前から日本のいわゆるリベラル陣営
には食いこんでいたのかもしれんですね。
ほんとに「CIA」なら神罰よ下れ。
おん●●そわかw

03. 2010年7月01日 18:10:40: RtPyX7TGyw
副島さんのサイトは、こういう重要記事をドカンとぶつけてくるので、
チェックを欠かせませんね。

カーティスさんは、顔にそのままユダヤですと書いてあるような、
典型的ユダヤ鼻の学者さん(東欧系・NY生まれとか)。

それにしても事態は段々はっきりしてきましたね。
カーティスさんが菅首相を訪問し、

>日本にとって良いシナリオとして「一つの政党が両院で過半数を持っていることで国民が次の選挙の時にその政党が何をやったのか分かる」
>。ヨ民主党の過半数越えが良い」としながらも、それでも「10議席くらい足りなければ、みんなの党という、リベラルな政党があるが、それと組むことでより市場経済を重視する政権になればセカンドベストだと思う」と述べている

と言ったら、枝野がみんなの党との連携に意欲を示す発言をした。

阿修羅の以前からの読者の皆さんが懸念していたであろう、
「菅内閣はアメリカに取り込まれたのか?」は、
取り込まれるどころか「喜んで自ら魂を売った」に近いのではないか。

子どもの頃、「か〜み〜さ〜ま〜の いうと〜おり〜」
と言って物事を決める遊びがあったが、菅内閣は
「アメリカの言うとおり」を率先して選択したのですね。

雰囲気や匂いに滲み出る事、というものもある。
少し前から枝野や野田の雰囲気が変わり、傲慢さが目立つようになった。
これは、後ろ盾というものを得た人間にありがちな、嫌な変化なので、
アメリカ様が背後霊として後ろについたかな、と睨んでいた。
わかりやすすぎるところもすごい。

しょせん、虎の威を借るブー、ではあるが、
消極的にシブシブ、アメリカ様の言うことをきくのではなく、
もう、積極的にアメリカ様のポチを買って出ていく。すごい。
鳩さんの失敗を教訓にすると、おりこうワンちゃん(否、おりこうブーちゃん)
に徹するのが一番良いと思った、とかなんとか。

いやいや。きっと元来、彼らはおりこうブーちゃんだったのだ。
やってらんね。小沢さん、頑張って下さい。


04. 2010年7月01日 20:04:56: w4tTurB9uQ
流石、趣味がパチンコなことだけあるw

05. 2010年7月01日 20:31:27: 0HYk0A3CLI
第一次事業仕分けの際に、モルガン・スタンレーのロバート・フェルドマンがいて
当時の鳩山政権への期待とそぐわない、大変奇妙な感じを受けましたが、やはりあれは
仙谷の導きだったのですね。
ロバート・フェルドマンは民主党事業仕分けをパージされた後に
自民党の河野太郎が行った自民党事業仕分けパフォーマンスで主役を務めていました。
その時やはりと思った人も多かったでしょうが、官邸に出入りするジェラルド・カーティスの情報を聞いて、もやもやとしたものが氷解しました。

自民党内新自由主義派と民主党仙谷一派は同じバックによって繰られている分かり易い一例だと思います。

参院選後は、戦犯菅直人は簡単に捨てられ、今潜んでいる仙谷や前原が民主側の前面に出てくるのでしょう。
菅は裏切り者の汚名を一手に背負い、鉄砲玉としてキャリアを終えるのでしょうね。

消費税ミッションは自分の運命を知っている菅の一点突破の唯一の武器とかんがえると、
自爆テロの様な、唐突な展開もよく理解できるのではないでしょうか。


06. 2010年7月02日 01:07:35: 1cAXCzFT7A
偏差値45の次はニートがコロンビア大学院ですか?

07. 2010年7月02日 08:23:51: suFlC4F39A
これで事態が明らかになりました。
菅はアメリカに操られているというわけですね。
臭い!と思ったとおりでしたね。
過去からこんなことがずっとまかり通ってきたわけですか。
許せない。



08. 2010年7月02日 09:13:17: Prl9Y3GHL2
この人が総理大臣になったというその日に「私はこの菅という人物全く信用していない」と書き込んだ、あまりにもそう言ったとおりになるので自分でも動揺を感じる、お金を拝む(拝金主義)輩がおおでをふって政権の座にある、天に向かって手を合わせる小沢の姿こそ政権の座に相応しい。

09. 2010年7月02日 14:02:08: jEZ59O1bok
IMFが日本に消費税10%を命令したのをいつだったかNHKが報道したな。。。うろ覚え。

10. 2010年7月02日 14:19:44: ni7q8xmoUs
>>09
ちょうど同じころ(菅が民主代表となった前後)、WTOも日本の郵政民営化を命令していましたよ。IMFもWTOも、中立な国際機関というのはまっかなウソだったんですかね。ひどい話です。

11. SOBA 2010年7月02日 16:11:24: LVbi13XrOLj/s: TKK3CPQI6h
>>09

↓この記事でしょ。僕も最初見た時には目が点、IMFが中立なんてこれっぽっちも思ってないですけれど、それにしてもすげー露骨。大人しくしていたら国富をごっそり持って行かれる。若い人はノー天気にW杯に浮かれてばかりいると大変な事になります。経済徴兵制(貧困徴兵制)で行きたくもない戦場に行かされるのもうすぐかもネ。


「日本は消費税引き上げ必要」IMFが声明【読売】
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100519-OYT1T01336.htm

 国際通貨基金(IMF)は19日、日本経済に関する定例の報告書を今夏にまとめるための調査を終え、声明を発表した。

 声明では「日本の公的債務は前例のないレベルに膨らんだ。2011年度に財政再建を開始し、消費税を徐々に引き上げていく必要がある」と、財政健全化の必要性を強調した。

 同日、都内で記者会見したIMFアジア太平洋局シニア・アドバイザーのジェームズ・ゴードン氏は「財政問題への対応は非常に緊急性が高まっている」と強調した。政策を行う財源を税収など本来の収入で賄えているかを示す指標である基礎的財政収支(プライマリーバランス)を10年間で黒字化するには、消費税率を15%に上げる必要が出てくる可能性もあると指摘した。
(2010年5月19日23時58分 読売新聞)


12. 2010年7月02日 16:50:32: sXstPkEI9Q
管総理は使い捨て、みんなの党の枝野に対する「顔を洗って出直して来い」は完全な

猿芝居、選挙後のみんなの党との連合は手内式済み。

郵政法案の廃案を企む、小泉、はかなりの謀略を仕込み中。

前原のニンマリ顔が見えてくる。

小澤氏は生命の危機を賭けて、日本独立の為、命を投げ出した。

神よ!しばらく、日本が独立国家となるまで、時間を与えたまえ!彼の生命を。


13. 2010年7月02日 17:46:21: 4t3nZIajDg
これで、菅政権は「米従属=売国」政権であることがはっきりした。それにしても、米国の手先になって、みんな野盗と連立しろといわれれば、枝野のようにそれをそのままいってしまう底の浅さはなんなのだ。これほど性格がはっきりしている政権も珍しいが、心ある国民にはすっかりその正体がばれてしまっている。

米国のねらいの1つは、やはり郵政資産の強奪なのであろう。これにはみんな野盗もそのつもりらしいので、米国には心強い味方である。ここに勝たせてはならない。

しかし、米国はいつまでもつのだろうか。連邦政府のみならず各州政府の赤字は酷いらしい。おまけにメキシコ湾での原油流出は止まらない。後者は最近あまり報道されないが、汚染が拡大すると世界中から米国に対する怨嗟の声がわきあがり、米国のとどめを刺す出来事となるかもしれない。


14. 2010年7月02日 18:19:50: JNEhtTfOHE
《的確に洞察」しておられるとうりだと思います。アメリカは《抑止力」云々のひと言で日本人を思考停止にして、思うままに《軍事。外交。政治。金融経済。科学技術など」すべての面で日本を恣意に事実上、らくらくと支配していますが、抑止力《基地や駐留軍〉は実は日本と日本人に対して支配のための抑止力では無いか?と言う疑問が最近強く成りました。「小澤革命政権で日本を救え」という副島、佐藤さんの著書買つて読みたい。漂流する日本を救国できるのは小澤さん以外に居ないと私も確信しています。小澤さんは現代の西郷隆盛か、フランスを救国したドゴール将軍に匹適する志を持つ100年にひとりの政治家だと見ます。終生を救国のために捧げて欲しいと思います。

15. 2010年7月02日 21:19:17: FMBHaPJyb2
 日本はスパイ天国らしい・・・。
今回、○○新聞の「首相動静」を信用できるとすれば、カーティス氏は、スパイ兼超能力者だったりして、元総理(突然辞めた福田氏)と菅総理に《催眠術》をかけたのかもしれん。
 何もかも疑わしい、最近。
(じつは、日本の歴史教育、そのものも疑わしい。日本史で、第二次大戦まで教えることがない)
 なにがなんだか分からないように、又そのこと自体にも反応を示さない衆愚・大衆を生産し続けているようにも思える。

16. 2010年7月02日 21:30:37: DCHDReL3A2
 このままでは、郵政民営化の小泉の工作を暴いて、小泉竹中逮捕どころの話ではないな。
 日本国民が、民主党を過半数割れにして、その代わりの投票先に、「国民新党」ではなく「みんなの党」により多く投票するということは、日本国民が、郵政民営化の続行を支持すること、と同じ。
 小泉・竹中・ジェラルドカーチス・アメリカCIAの高笑いが聞こえてくる。


【選挙結果が国民の意思表示であるのは民主主義のルール】

 ・国民新党の得票数=郵政民営化反対する日本人の数
 ・みんなの党の投票数=郵政民営化推進
        (=アメリカに350兆円強奪させることに賛成の日本人の数)


17. 2010年7月02日 21:42:03: Wl5cFReOrE
長い間、仕事で米国人と付き合ってたんで判るんだけど、日本にいる米国人は、最初、日本よりヨーロッパで仕事をしたいと思っていたんだけど、成績が悪いから、落ちこぼれて日本に来た連中ばかりなんだよ。それでも、しかたなく、多少の努力もあり日本語は話せるようになったんだけど、連中同志で日本人について話しているときは、日本人はアホだとか騙しやすいとかボロクソに言っているよ。なのに、日本人の多くは、日本語を話す欧米人というだけで、良い人と思いこんじゃうんだなぁ。まあ、自分も仕事の経験でタマタマ米国人の性格が判るようになったんだが、ジェラルド・カーティスは典型的な裏と表がある人間だよ。菅もこんな詐欺師まがいに簡単に引っかかるなんて日本の恥さらしだよなあ。鳩山の方がその辺のことは判っていて、連中には扱いにくかったから、逆に引きずり降ろされたのだ。本当は、米国人に嫌われた方が日本に役立つ人なんだけど、中々、一般の人には判らないんだろうなぁ。

18. 管理人さん 2010年7月02日 23:28:50: Master
2重投稿削除にともない、コメント移動

02. 2010年7月01日 23:59:21: 0i2SWzX4dM
奸-仙谷-枝野はあのヒキガエルーのだに変えてジェラルドカーチスを財務省に、堅物-岡田に変えてアサヒ-舟橋を外務相にして日本のネオコン内閣をつく切り上げようとしているのか。堅物-岡田の抵抗が激しければ、舟橋は駐米大使とくるのか。
マスゴミ-ポダム-ポハイクのゴミ売りが消費税増税への圧倒的反対を前にして、菅がウロタエ、壊れたぜんまい仕掛けの人形のように手をがたつかせ、首を振り回して、支離滅裂な言辞を有権者の前で吐き、場所を買えれば前のところ死は全く違うことを言い並べているザマに、あらん限りの援護射撃をしている。提灯や、旗フリだけでなく、今度は楽隊付きだ。
「消費税増税」の社会化実験をばら売り20円値上げでやっているアサヒは、舟橋ーマイケルグリーン-竹中「東京財団」をバックにしてネオコン屈服外交路線-吉田茂の日米パン助同盟路線の拡大を狙っているのか。
しかし、「消費税増税の社会化実験」でアサヒのWEBは「青くなったり、白くなったり」の「蒼白路線」。いま、この日本の状況で「消費税値上げ」をしたらどうなるのか。
菅が「国家戦略相」なる偉そうな大臣に就任しても、どんな国家戦略を描いたのか、何もしないで財務省になったら財務官僚のオルグ゜にひっかかってこのざまだ。
財務官僚にあごで使われて「賽の河原の石積み」でやっていればいい。西欧の消費税率をあげつらうが、あそこはこうなってていというのなら、体系的に国民に提示し、討議すべきことなのだが、落っこちそうな総理大臣雛の首ガクガクさせて「ねえ、みなさんどうでしょうか」などといったって、そんなそっ首でよかったら浅草にもっといい首が売っている。ふざけるんじゃねえよ。
二重投稿のチンコロはいいが、こんな問題はくどくどしくやったほうがいいんだ。

03. 2010年7月02日 00:56:17: q3L2Y7vVIk
感がいいですね。

04. 2010年7月02日 02:58:07: 6ZaxQATaaU
現代は世界金融戦争の真っただ中にあり、アジア特に中国・日本の国富をどの様に収奪するかは、破綻の瀬戸際を綱渡りしているアメリカ・EUの大事な課題である。

中でも、日本の富は無防備な木造家屋保管状態にある為、爆窃団ならずとも、安易に忍び入る事が可能な例として知られている。

この富の還流は、即効性のある武器補給方法として世界戦略上きわめて上位に位置しているが、
奇妙な事に、喜んで強盗に現金を差し出すのが立身出世の近道と考えている日本人は、我先にと、丁重に、かつあげ犯をドアに招き入れるのである。

ジェラルド・カーティスは分かり安い言い方でいえば、米国一勢力のスパイと定義できる。、
厳重にインテリジェンスを守らねばならぬ官邸に喜んで外国のスパイを招き入れるなどは、まさに魂を売り渡した売国奴同然の行為といってよい。

我々は、強盗に入口のIDカードを喜んで渡す管理人を選んだマンションの住人なのである。

本投稿指摘によれば、カソリックの麻生や極右の安倍、前任の鳩山にはジェラルド・カーティスは入り込む余地が無かったようである。鳩山政権のアジア一元化構想は極めてEU統一の手法に似ているので、このような米国の勢力にとって鳩山は直接の手先ではなかったのだろう。

この3政権ともきわめて短命な特徴は偶然ではないと思われる。
特に、麻生政権時の中川昭一の死については偶然の事故死と納得していない
ワッチャーは多く、不自然な人為的工作が示唆される。

この教訓だけはいち早く学習した仙石が仕込み、菅が特攻役を志願し、枝野・野田・玄バらがバシリをやっているのが今回の菅政権の性格であろう。

これは今回のクーデターの人的配置のモヤモヤ感を払拭する好投稿である。

05. 2010年7月02日 10:30:45: vD9WYa3O82
カンはもうアカン!売国奴になり下がった。

06. 2010年7月02日 17:36:13: l2TLGjxuFY
CIA=ユダヤ国際金融=ロックフェラー=ロスチャイルド。
一番裏で指令を出してるのは「ロスチャイルド一番」です。
明治維新(ユダヤ統治維新)以来、変わってません。
グラバー
ヤコブ・シフ


ロックフェラーが現在、日本統治担当のようです。

07. 2010年7月02日 22:15:12: EMzXytPluA
「沖縄の慰霊の日」のあいさつや、カナダでのオバマとの会談のセリフをみるとこっちの方の警戒も必要だと思います。

【識者が語る 日本のアジェンダ】
◆普天間よりも東アジアの安全保障を重視せよ!
「新しい中世」を迎える日本が果たすべき使命
 ――東京大学 田中明彦教授インタビュー
民主党最大の懸案事項である普天間基地問題。現行案で一応の決着は見たものの、
日米同盟を基軸とする日本の安全保障体制に火種を残した。菅政権が目指すべき
安全保障のあり方を、田中明彦・東京大学教授が説く。
http://web.diamond.jp/rd/m771382


19. 2010年7月03日 01:35:01: 4IKgC5s4kI
この投稿内容(文章、絵)秀逸!「お気に入り」に保存しときます。

20. 2010年7月03日 01:43:11: DONzdoFnTQ
日本はこうやって米国にうまく洗脳され操られてきたのだ、と身震いする思いで聞いた。5年10年の話ではない。実に65年間だ。
しかしそれにしてもこのカーティスという学者、よく見るとほら、真っ裸じゃないか!

21. 2010年7月03日 02:23:02: WFDuNtJUgg
ヒトラーがユダヤ人を虐殺した意味が分かった気がする・・・

22. 2010年7月03日 05:35:19: DCHDReL3A2
日本人は、だれもアメリカのCIA工作員には逆らえない
首相だって、ダニ扱いされる

カーチスは、日本中、どこでもフリーパスで入れる



23. 2010年7月03日 08:42:51: 1Z2PiyktOM
C★A様は、麻薬ビジネスが本業の一つとどんどんばれてきてしまったので、日本にちょっかいをかけている場合ではないでしょ? 先月のビルダーバーグ会議でも、オバマのアドバイザーであるブレジンスキーが、彼らの最終ゴールであるニューワールドオーダーは達成できないかもしれないとおっしゃってましたよね? イルミナティ様、もういい加減に諦めてみんなで仲良くやっていきましょう。何事もバランスと調和が必要です。あなたたちは、やり過ぎちゃったのね。


これはRicky Ross という元ドラッグディーラーの証言です(英語)。毎日何億円と稼いでいたそうです(最近、刑務所から出所されました)。

http://www.youtube.com/watch?v=DBU7P5y4PsQ


24. 2010年7月03日 11:18:32: TftJcWIpss
クソアメリカの正体が、やっと一般の日本人にも暴かれ、
見えるようになってきて、本当によかったと思う。
しかし奴らは、やり放題とはいっても、自国が既に破綻していて
崩壊が目に見えているんだから、まったくみじめよのぅ。

破産するなら自分だけすりゃいいのに、なんでここまで日本を
巻き込もうとするのか。それだけ長年「いいカモ」だったからな
んだろーが、いい加減こんなポジションは、もう脱しましょう!!!

今の政権やみんなのなんとかが、昔からのやり方で「権力」や「出世」に
執着しているようだが、こんな愛国心のかけらもないクズ人間どもの、
ちんけな欲望なんか、どーでもいいわいっ!!
日本を大切に思う日本人たちで、この国の主権を取り戻しましょう!!!
何年かかっても、自分の命が尽きた後でもいいから、絶対に取り戻し、
将来のより良い日本を、子孫に残したいですね。

なにがかーちすだ、なにがまいける・ぐりーんだ、しふぁーだ、
どいつもこいつも、うす気持ち悪い顔しやがって、
「知日派」なんてウソウソ!!
ただのコンプレックスの塊で、ひどくわがままで、こいつらも誰だか
わかんない親分の使い駒にすぎんのだから。
(個人的には、かーちすより、だぶるまいけるの顔の方がキライですね。
「世界権力者図鑑」や副島さんのサイトで、いろいろ勉強しましたら、
このだぶるまいけるは、写真見るだけで、本当にゲロがこみ上げてくる。
魂の世界で、最下層に属するゴミだ。)

17さんのおっしゃる通りです。
しょせんアメリカでもヨーロッパでも、白人が日本人のことを話す時は、
そんなもんですよ。まともに翻訳したらそっとーしそうなこと、
言いまくってますから。知日派とか、親日家ということになってる奴ほど、
実は日本を見下してるケースが多いし、実は日本操りの実行犯たちなんです。
「日本語ちょっとできる程度」で、奴らを信用なんかしちゃいかん!!

白人は、本当にかわいそうな生き物で、肌の下に流れる血液や骨は、
人類皆同じだというのに、これだけ生物化学が発達して、そんなこと小学生
でも知ってるっつーのに、表面の「肌が白い」ことがエラいと思ってるざんす。
遺伝子の中に、叩き込まれてるのかと思うほど、意味のない差別意識で
凝り固まってマス。そんな差別思想に支配されてる時点で、「愚かな神様」
(←そんなの、いるのか知らんが)の奴隷なんです。よく悪魔とか表現されて
ますけど、わかりやすくいやぁそうですわな。
よくもまぁ、こんなくだらない信念のもと、この500年ぐらい世界中から
富を収奪して、いばってきたもんだ。
そのうち、絶滅する生き物なんじゃないか???


25. 2010年7月03日 12:06:42: 2162A8ifdA
日テレに青山和弘という政治部国会・官邸キャップがいて、在職中にコロンビア大学
大学院に留学し、ジェラルド・カーチスに師事していたことがある。(詳細はググられたい)日テレの報道番組でちょくちょく顔を出しているので、彼の報道基調に注目すると、ジェラルド・カーチス及びその背後にある策謀集団が何を企んでいるのかが浮き彫りになる。青山は当然ながら小沢前幹事長に対して、その法的責任のみならず、政治的・道義的・倫理的責任を一貫して追及し、小沢氏を【悪の権化】のように吹聴し続けている。日テレの政治部国会・官邸キャップである以上、鍋常ー橋本五郎らと縦のラインで、仙谷とは横のラインでつながっていると考えて間違いない。



26. 2010年7月03日 15:54:33: Y3yb6bhYGk

こんなんだったら沖縄より先に日本の独立だろう。

独立運動の指揮は全面的に、小沢一郎に託す。


27. 2010年7月03日 18:26:48: AH0kaTUqlE
アルルです。田中明彦氏も三極委員会だよ。
http://publicintelligence.net/trilateral-commission-complete-membership-list-may-2010/

Akihiko Tanaka, Managing Director and Executive Vice-President, University of Tokyo


28. 2010年7月03日 18:53:02: DCHDReL3A2
>>27
おおざっぱにいえば
東京大学副学長が、CIAの一員ってことか?


29. 2010年7月03日 19:08:58: OPTHXUBMAI
>  カーティスさんは、顔にそのままユダヤですと書いてあるような、
典型的ユダヤ鼻の学者さん(東欧系・NY生まれとか)。

ユダヤ人は非常に劣等感を持っている民族である。かの心理学者のフロイトもユダヤ人であることを非常に恐れていた。スイス人のユングと決裂したのも原因の一端である。ヒットラーは自らがユダヤ人であることを、迫害し過ぎて暴露してしまった。カーティスも売国奴小泉の朝鮮人と同じムジナの穴で蠢く売国奴、いや買い国奴ヤロウか。


30. 2010年7月03日 21:28:58: AgWxraVBdY
対日工作員の大御所ハーバ−ド大学のジョセフ・ナイ教授が菅内閣を大絶賛しているという大変分かり易い援護がアメリカサイドから届いている様ですが、

阿修羅昼休みにこのような投稿があるのを見逃していました。

菅の元秘書のドラエモンは、小泉ハゲイタカ一派の飼主のパシリだったようで、菅政権はダメかもしれません。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak39/msg/297.html

この松田とかいうお方、このところ株価が連日ストップ安を続けている原因がわかりました。


31. 天平の甍 2010年7月03日 22:07:12: XgzukvJGTSJuA: waFUJ0hroY
>>31
マツダどざえもんは最初のころは、ましな人だと思っていましたが、
空缶クーデターの頃から、正体を現してきた。
空缶の卑劣なクーデター頃から大変きらいになった。
NO30を読んでなるほどと思った。
  ↓

30. 2010年7月03日 21:28:58: AgWxraVBdY
対日工作員の大御所ハーバ−ド大学のジョセフ・ナイ教授が菅内閣を大絶賛しているという大変分かり易い援護がアメリカサイドから届いている様ですが、

阿修羅昼休みにこのような投稿があるのを見逃していました。

菅の元秘書のドラエモンは、小泉ハゲイタカ一派の飼主のパシリだったようで、菅政権はダメかもしれません。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak39/msg/297.html

この松田とかいうお方、このところ株価が連日ストップ安を続けている原因がわかりました。


32. 2010年7月04日 01:02:46: Ed7VRLz1JU
他国のスパイに出入り許してるような内閣なんか、毛唐にやはり馬鹿にされているのだな。白人等の利己主義には、日本人は、合わないわね。日本人としてもっと誇りもて、脳梗塞気味管直人。本当に脳梗塞にされるぞ。周りの外人に注意しろ。

33. 2010年7月04日 06:02:51: DCHDReL3A2
事業仕分けの時は、ロバートフェルドマンが仕分け人していたのも不思議だった

菅内閣では、ジェラルドカーチスとかいう鼻のでかいユダヤ人が首相官邸に出入りする、こんな人物は首相が直接あうべき人ではない。秘書で十分。

いかに日本がアメリカの支配下におあるかが、よくわかる。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK89掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK89掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧