★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90 > 122.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「検察審査会」メンバーと補助弁護士の実名を公表し、責任の所在を明らかにせよ。 文藝評論家・山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/122.html
投稿者 行雲流水 日時 2010 年 7 月 07 日 12:51:34: CcbUdNyBAG7Z2
 

http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20100707/1278459557

2010-07-07 08:39
「検察審査会」メンバーと補助弁護士の実名を公表し、責任の所在を明らかにせよ。無責任な匿名集団に「法的審判」に参加する資格なし。


「政治とカネ」とかいう検察やマスコミがでっち上げた擬似問題に振り回されてきた小沢一郎が、「検察審査会」へ異例の上申書を提出し、そのことがまたマスコミの話題になっているようだが、東京地検が二度も不起訴としたものを、法律や政治、あるいは経理事件などにまったくの素人集団にすぎない審査会メンバーが、匿名集団という無責任をいいことに、マスコミや世間の風潮に煽られるがままに、ふたたび「起訴相当」という判断を下さないとも限らないわけで、そういう出鱈目な判断を回避するためにも、上申書は必要であり、同時に、検察審査会メンバーに選ばれている者たちと補助弁護士の実名を公表し、責任を自覚させるべきである、と僕は思う。おそらく、無責任な素人の匿名集団の無知を悪用して、裁判官が責任逃れをしようというのが、「検察審査会」誕生の目的であり趣旨なのだから、不可能ではあるだろうが、しかし、いつまでも無責任な匿名集団のままであることは不可能であろう。いずれ、「検察審査会」のメンバーの実名は、特定のメンバーの告白という形など、何らかの形で公開・暴露され、個人名が、歴史に汚点として書き記されることになるだろう。要するに、小沢一郎サイドが上申書を提出したということは、いずれ、審査会メンバーが、ろくに捜査資料の勉強もせずに、無責任な野次馬気分で面白半分の判断を下すようなら、審査会メンバーの実名探しも、視野に入れるていることかもしれないし、僕は当然、そうするべきだと考える。人を裁く立場に立つ人間が匿名であることは、許されない。どういう判断をくだすにしろ、その判断と結果に、素人集団とはいえ、責任を取るべきであるというのが僕の立場であり、今回の小沢事件の場合のような、日本の将来を左右しかねないような「大事件」「陰謀事件」の場合には、さらに厳格な結果責任、つまり政治責任が発生するのだということを、そして場合によっては、歴史的判断を下した当事者として、歴史の審判を受けることになるのだということを自覚するべきである。とひころで、新聞やテレビは、検察が、何故、二度も「不起訴」にしたか、その理由を知っているはずだが、決して書こうとしない。何故か。新聞やテレビしか見ない人々に「知られたくないこと」があるからであり、それが明らかになれば、新聞やテレビの「情報操作」、つまり「イメージ操作による洗脳工作」の実態が暴露されることになるからだろう。


───


■小沢氏、検審に上申書提出 あらためて関与を否定

 自身の資金管理団体の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記入事件で、起訴相当の議決後に再び不起訴となった小沢一郎民主党前幹事長が5日、2回目の審査をする東京第5検察審査会に対し、事件への関与をあらためて否定する上申書を代理人の弁護士名で提出した。

 審査申し立ての対象となった現職議員が審査会に上申書を提出するのは異例。検察審査会法には、申し立てられた側の上申書提出に関する規定はなく、扱いは審査会長に一任される見通し。

 審査会は4月、小沢氏と衆院議員石川知裕被告(37)ら元秘書3人=政治資金規正法違反の罪で起訴=との共謀が強く推認されるとして、小沢氏を起訴相当と議決。再捜査した東京地検特捜部が5月に再び不起訴とした。審査会が再び「起訴すべき」と議決すれば、小沢氏は東京地裁指定の弁護士に強制起訴される。 

共同通信5日

───

小沢一郎・前民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地取引事件で、小沢氏を起訴すべきかどうか2回目の審査をする東京第五検察審査会に対し、小沢氏の代理人弁護士は5日、小沢氏側の意見をまとめた「上申書」を提出し、骨子を発表し。

 骨子で小沢氏側は「陸山会が2004年に購入した土地代金の支出を05年分の政治資金収支報告書に記載したのは、いわゆる『期ずれ』処理だ。告発事実を冷静に判断すれば、政治家本人の刑事責任を問うような事案ではない」などと主張している。 (以下略)

朝日新聞5日

───

人気ブロムランキング
http://blog.with2.net/rank1510-0.html

政治ブログ
http://politics.blogmura.com/
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月07日 13:30:54: txOhhvpr6Y
そんなことしたらお前らみたいのから恫喝脅迫受けるだろう。そんなこともわからないのか、馬鹿じゃないの。

02. 2010年7月07日 14:47:29: VZPDeVEww2
 義務教育修了の学力があれば、検審における被疑事実で 、11対0と云う議決は、異常である。検察のプロが、「起訴猶予」でなく、証拠がなく、嫌疑不十分とする「不起訴」にした事案を11対0で「起訴相当」としたことに、何らかの悪意のある誘導がなされたと考えるのが普通である。
 結果として、多くの国民から負託を受けた国会議員の活動を妨害しているのであるから、無作為?に選ばれた審査員は、重い責任を負うことは当然であり、国会議員を選んだ選挙民に対しても、顔出しする必要はないが、その議決に至った経緯を各人が説明する必要がある。密室で、かつ、その議決内容に至った経緯も明らかにしないことは、法治国家にあるまじき行為である。また、税金から、審査員に対して、日当および交通費が支払われているのだから、自己責任による議決である旨の説明責任は当然ある。
 要するに、国民の知る権利として、議決に至った経緯を明らかにせよ、という事である。

03. 2010年7月07日 14:52:34: lAAgEyccuk
>01さん
>そんなことしたらお前らみたいのから恫喝脅迫受けるだろう。そんなこともわからないのか、馬鹿じゃないの。

匿名ならば、何をしても責任をとる必要がない。それが良くないのだと、山ア氏は言っているのだ。
責任のある行動をするには、全て公開する必要がある。それで恫喝脅迫の危険があるというのなら、それはそれで、国家が責任を持って守る必要がある。恫喝脅迫の危険と、匿名の問題とは、全然次元の違う話だ。次元の違う話を、(故意か無意識かは知らないが)一緒にしてはいけない。

裁判には、公開の原則、というものがある。起訴をする側も、される側も、裁く側も、全員が全部を公開するのが原則だ。その原則をふまえた上で、どう危険をなくすかを考えなくてはならない。


04. 2010年7月07日 14:55:08: LrOERLip2k
まったく賛成。

仄聞するに、審査会は 補助弁護士も決まらず(引き受けてなし?)いつ決議を出すか未定とか。

一方で 小沢さんの政治行動を牽制する向きは 「もう一度「起訴相当」決議されたら 小沢氏は強制的に起訴される」とか さらには「そうなれば 菅は小沢さんに離党を求める」とか あまりにも無茶苦茶な論法である。

菅が参院選で負けようがどうしようが 9月には代表選がある。(なければならない)
負ければ余計 政界再編を含めて 小沢さんに 奮闘してもらわねばならない。

今のような 国とって ということは国民に取って 死活的に重要な時期に 検察審査会ごとき マスコミ報道に洗脳された(としか思えない 前回の決議)輩が 動くにせよ 動かぬにせよ 政治に過大ともいえる影響を及ぼしてはならない と思う。

「動く」なら 筆者の言われるごとく 「匿名の壁」に隠れることは許されないということ。

「動かぬ」なら 前回決議から最長3ヶ月以内に(3ヶ月というのは、審査会決議後 3ヶ月以内に検察は起訴なり不起訴なりしなければならない規定に準じて)検察審査会は次の決議をすることを求める ということだ。

もたもた ぐずぐず 罪のない人の胸にいつまでも匕首を突きつけることは許さないということではないか。

私は 一市民として このような訴えを始めるつもりだ。


05. 2010年7月07日 17:00:41: DiyPnOze8M
全く同感であり支持する。
マスコミが良く使う「国民の知る権利」を全うするのが当然だ。
司法は公正であり、行政はオープンであるべきだ。
それに関わる人間が匿名でいいはずはない。

06. 2010年7月07日 17:11:40: BAZeGCEiYk
実名公表が怖いなどと、責任の自覚がない者は始めから辞退すればいい。

07. 2010年7月07日 18:09:06: QAhBF8gWAo
国会議員は何万人もの有権者に選ばれ国政に参加している。
僅か11名足らずの名も無き人々により、その前途を左右される事を異常と感じる。
日本はいつから検察国家になったのだ!?

08. 2010年7月07日 18:47:12: zEeNRb22uk
小沢氏が冤罪で起訴されるようなことがあれば、私達国民にとって小沢氏のように政治力があり国民の生命財産を守ってくれる議員を失うことになり、国民の不利益になります。

「起訴相当」となった場合は国民(善良な市民)として検察審査会メンバーと検事役の弁護士を告訴することも考えておかなければなりません。

これは極端なことですが、今後の司法の理不尽な在り方を正す為に荒療治も必要だと思います。

このまま放っておくといつ私達の身にふりかかり、感情論で「冤罪」を被るかわかりませんから。


09. 2010年7月07日 18:48:18: nmoDOb40dg
まずは検察審査会に告発した「市民団体」とやらの構成員、告発人の実名と出自を明らかにすることだろう。
東京第5検察審査会のメンバーは今月末で総入れ替えになるとか。
そもそも前回の答申で「11名全員一致」という結果(数字)が表に出ることすら、守秘義務違反にあたると指摘されたのは郷原氏だったか?

そんな中、東京地検はまだ水谷建設の「裏金5千万円×2」にしがみついている。
こちらは大久保元秘書や石川代議士の裁判だが、これを立証するには水谷の(渡したとする)当事者の証言が必要。
当然裁判では証人尋問の対象になる。
しかし、今以て確たる証言は得られていない。
収監中の水谷元会長以外に、証人が出るのだろうか?


【05年「裏献金」も立証へ 小沢氏団体の虚偽記入事件】

 小沢一郎民主党前幹事長が不起訴となった収支報告書虚偽記入事件の公判前整理手続きで、検察側が、水谷建設(三重県桑名市)から元公設秘書大久保隆規被告(49)=政治資金規正法違反の罪で起訴=に渡ったとみている2005年の「裏献金」5千万円についても立証する意向を固めたことが6日、関係者への取材で分かった。

 水谷建設の「裏献金」の存否をめぐっては、検察側が既に、元私設秘書の衆院議員石川知裕被告(37)=同=が04年に受け取ったとみている5千万円の立証方針を固めている。両被告側はいずれも「受け取ってない」と強く反発、公判で証拠調べの対象になるかどうか焦点となりそうだ。

 関係者によると、水谷建設側は東京・赤坂のホテルで04年10月と05年4月、5千万円ずつ計1億円を渡した、と前社長らが東京地検特捜部に証言。小沢氏の地元である岩手県奥州市で建設中の胆沢ダム工事の下請けに参入する目的だったと説明した。

 公判前整理手続きでは、検察側が公判で証明予定の具体的な内容を示し、その証明に使う証拠を法廷で調べるよう請求。これに対し弁護側は同意か不同意かなどの意見や、公判で予定している主張を明らかにする。

http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010070601001025.html


10. 2010年7月07日 19:00:55: zEeNRb22uk
09さん

「水谷会長以外に証人が出るだろうか」って、今頃出たらデッチ上げ事件を証明するようなものではないでしょうか。

もう佐久間も小沢氏達を利用して出世も出来たし、2年近くの血税も無駄にされたし、今更でしょう。

それにしても国民を舐めています。


11. 2010年7月07日 20:12:44: hcOcGmIJL2
検察審査会とは恐ろしい組織である。検察が有罪にしたものを審査するのは分かるが、検察が不起訴にしたものを強制起訴すのには、審査会メンバーをオープンにしなければ正に魔女狩りである。1人の人間を強制起訴できる審査会に不信が募るばかりである。マスコミはその疑問に応えていない。報道もしてない。最早マスコミは公器ではない。小沢一郎さん憎しの一点だけで論じている。広告だらけの新聞。正義づらした新聞。新聞関係者はそんなに綺麗なのか。賭博にしても新聞関係者は賭け事をやったことがないのか。只酒を飲んだことがないのか。貴方達の給料はどれだけ頂いているのか。多くの国民が反論できないことを言いことにして書き放題である。品格のかけらも感じられない人間の集団。日本の国を悪くした最大の組織である。客観的論調を論じるマスコミは出てこないのか。

今の新聞は読んでも少しも感動もニュースせいも感じられない。新聞、テレビの劣悪さにただ、唖然としている。信頼、信用を失墜した新聞。誠が感じられない。

国民はだまされてはいけない。なんとも虚しくやるせなさを感じるこの頃である。


12. 2010年7月07日 20:19:16: d8foabS19k
共通善という言葉があるそうだ。今の日本の特捜検察が異常な捜査を1年以上やって起訴出来ぬものを何も知らぬ11人の民間人が短い時間で、日本の国にとっての共通善となる判断が出来るとは到底思えない。特捜検察の意向を踏まえた、特殊な判断がなされたと考えるのが真実に近いだろう。一部の意図を持ったグループの利益に合致しても、日本の主権者国民にとって共通善どころかどれだけの害毒を撒き散らしたか、いずれ歴史がはっきりと明らかにするだろう。共通善に添わない行動は、まず本人に良心があればそこに大きなダメージとなるだろう。良心なぞ持ち合わせていない場合で良心の呵責に苛まれない場合は、いずれ大きな力がそれらの人達に加わるだろう。

13. 2010年7月07日 21:04:22: r28cnm3LIM
>>01.
自分のした事が原因で恫喝脅迫されるのを恐れるのなら審査員を辞退すればいいだけのこと。
無理に審査員を引き受ける必要はない。
人を裁判に引っ張り出す決定をするからには、自らの決定について堂々と名乗った上、議論の経過を含め公表するべきだ。
匿名の人間が議事内容も明かさず人を被告人の立場に陥れるようなことは許されてはいけない。


14. 2010年7月07日 21:12:33: U1HaRIt9Fk
数万人の支持を得て国会議員になった者に対して、起訴するかどうかを決めるとてつもない決定それも政権の行方決める人物に対して行うのであれば、補助弁護士の名前、論述内容、過程はすべて公開すべきだ。審査会のメンバーも名前の公表をすべきだしそれがいやなら辞退すればよい。

情報公開は民主主義の基本だし、検察であれ裁判官であれ重要な決定に係わる者はすべて国民の批判から逃れられないのが民主主義というものだ。検察は行政機構の役人の一部門に過ぎない。日本の世論なるものは何か勘違い(勿論、マスコミの歪んだ誘導によるわけだが)をしている。


15. 2010年7月07日 21:48:24: MXTWSaKiZc
まさか検察審査会に告発した「市民団体」とやらに審査会のメンバーの個人情報が渡ってないだろうね。
裁判員同様一般市民には危険すぎる。再考の必要あり。

16. 2010年7月08日 00:22:23: xgMvJPI7XI
主張には賛同するが、誰に向かって実名を公表しろと迫っているのか。ターゲットを明確にしない主張は単なるヤジと一緒。評論家なんだから我々一般国民を指導してくれなきゃ。
ところでターゲットは誰だ。実名を公表出来る人物誰だ、法務大臣か。という事は民主党であり、ひいては総理大臣ってことになるのか。

そういう事までひっくるめて主張して欲しい。


17. 2010年7月08日 00:23:30: J0o6rialnc
>08さん
>「起訴相当」となった場合は国民(善良な市民)として検察審査会メンバーと検事役の>弁護士を告訴することも考えておかなければなりません。

それは良い考えです。
もし本当にそうなったら、日本中で署名活動をしてでもこんな事やめさせなければなりませんね。
その時は是非この声を大きくしていきましょう。


18. 2010年7月08日 01:54:11: RdXL3A2BeM
 良いお話を伺えました。感謝申し上げます。

 しかし、今の今重要なのは 参院選を余裕(小沢系だけでも過半数)で勝利しなければならない。


 それには

 『事業仕分けの推進』(所得税制を10年前に戻す・100兆円超の特別会計の見直し)等の分かりやすい宣伝を行いたい。

 (検察審査会の問題は見捨てられない。マスコミとその関係者のストーリーは…下記へ)
 @JR西日本と神戸の陸橋事件で“検察審査会”の権威付けを行った。
 A2回の“不起訴不当”で小沢氏の失脚を意図がバレタ。
 B今後は“強制起訴”の強力キャンペーンだナ。
 


19. 2010年7月08日 08:36:54: NoeEju9HuE
良心のある国会議員は、即連名で意見書を出すべきだ。このような無責任な法案を通した責任もあのだから。そして、彼らの立法府としての良心を示してほしい。堂々と恥じることなく、サイン入りの意見書を。

20. 2010年7月08日 08:38:59: z8p34FNGxk
公表する前に、どこからか漏れるでしょう。
世の中ってそんなもの。

21. 2010年7月08日 09:51:43: UIGdljKFIA
いやね、起訴相当の判断が出されたときの その内容が不気味だった
事を憶えている。
断片的な記憶でしか無いのだが、例えば「絶対的権力者であった小沢氏の
影響が及ばなかったという事は不自然であって・・」みたいな内容で
あったと思う。
何故不気味と感じたかと言うと、そういう表現は全く客観性に欠いた、正に
思想集団の書き方であって、それが本当に無作為に選任された一般人だけで
まとめられたのか?じゃなけりゃ・・という、空恐ろしいものを感じたからだ。

22. 2010年7月08日 10:32:27: HB4YnIxAKU
 山ちゃん、いいぞいいぞ。01のようなピンボケのたわごとには耳を傾けず、これからもあなたの主張を貫いてください。

23. 2010年7月08日 11:25:37: ZsUNOgGnko
小沢氏の07年分虚偽記載容疑、7月議決へ 検察審
2010年7月8日9時31分

 小沢一郎・前民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地取引事件で、東京第一検察審査会は7日までに、2007年分の政治資金収支報告書をめぐる小沢氏の政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑を不起訴とした東京地検特捜部の処分について、担当検事を呼んで意見を聴いた。不起訴の理由などについて説明を求めた模様だ。審査は大詰めを迎え、7月中に1回目の議決を出すとみられる。

 小沢氏については、04、05年分の同容疑について別の市民で構成される東京第五検察審査会が先に審査し、4月末に「起訴相当」と議決。再捜査した特捜部が5月に再び不起訴としたため、2回目の審査中。次も起訴すべきだという「起訴議決」が出れば、小沢氏は強制的に起訴される。

 告発されたのは、陸山会が04年に約3億5千万円の宅地を購入した際に原資となった小沢氏からの借入金4億円を07年に返済した事実を記載せず、登記も05年にずらすなどした一連の容疑。

 04、05年分と07年分に分けて市民団体が告発したため特捜部もそれぞれ判断し、いずれも小沢氏を不起訴とした。
http://www.asahi.com/national/update/0707/TKY201007070547.html


24. 2010年7月08日 12:01:29: DtdutbwPRY
上申書を出す事によって、仮にその内容を否定してまで起訴するなら、その裁判結果が無罪となれば、起訴理由と公判経過を踏まえて、最終的には補助弁護士に対して刑事告訴または少なくとも民事訴訟を行うのではないか?その際、検察審査会メンバーの氏名は小沢さんの側からの請求で開示される必要があるのではないか?そうでなければ補助弁護士がどのような情報提供や説明をしたのか立証しようがなく、小沢さんの人権が全く守られないという事にならないか?その意味で検察審査会メンバーの氏名は断固開示されるべきではないのか?
ところで民事訴訟なら損害賠償額はとんでもない額になるのではないのか?今後成就するかも知れないが、過去に於いては、少なくとも総理になる機会を逸したわけだし、そのことで国家の損失も生じたのだから・・・。

25. 2010年7月08日 12:04:55: ZsUNOgGnko
小沢は自業自得ですね・・・

26. 2010年7月08日 13:06:15: EfscEI3NIV
きたよZsUNOgGnko!

27. 2010年7月08日 13:53:09: ZsUNOgGnko
小沢の07年分虚偽記載容疑で、東京第一検察審査会も7月には起訴相当議決でしょうね〜♪
続いて、東京第五検察審査会は起訴議決をするでしょうね〜♪

28. 2010年7月08日 14:03:02: CQKOajRim6
万が一小沢さんが強制起訴されるようなことがあれば「検察審査会」の正体をあばくための国民運動を起こすべきだし参加する用意はある。しかし小沢さんが「強制起訴」されると政治生命があぶないのでそうさせないためにも事前に「検察審査会」の不当性について世論の広がりが必要です。小沢支持者一人ひとりは微力でも一つでも多くの投稿活動を通して「検察審査会」が暴走しないようあらゆる場面でプレッシャーをかけなくてないけない。時間がない!投稿、頑張りましょう!

29. 2010年7月08日 16:07:56: lBpV9I7k8M

>27、こんな奴がまだいたのか?
お前大馬鹿か?
犬殺の腰抜けどもの筋書き(出来レース)なんざぁもうバレバレよ。
ソンナモンもう通用しねえよ!
PCがない時代ならゴロツキどもも正義の味方で通用しただろうが、
今は直ぐにバレバレよ、時代は変わったのよ。
犬殺なんかのクズ、犯罪者の集団、誰も信用してねえよ。

30. 2010年7月08日 17:27:07: GHzsq1HqN6
そもそも、検察審査会とは、司法が行政の介入ではないかとおもうのだが、

今回いのような、政治事件に関するもの、しかも検察が「不起訴に」したもの

なぜ検察審査会が取り上げねばならないのか。

審査会委員の姓名発表は至極当然である。死刑の判決を下す裁判官の姓名をかくすに等しい。

また、告発人の氏名を伏している。これもおかしいことだ。

このような検察審査会は法の改正を始めるべきだ。ひとつの冤罪を防ぐために

100の冤罪を生んでは虻蜂取らずということではないか。

もし、検察がいったん「不起訴」になったものを二度にわたって「起訴相当」とした場合裁判の結果無罪になったら、刑事被告人たる小沢一郎は対抗措置として

「名誉毀損」「政治活動妨害」などで告訴できるのだろうか。

マスコミもそうだ、小沢氏はあらゆる証拠を集めていなければならない。

今回の小沢問題でその策定に関係した官僚は厳罰に所去るべきだ。


31. 2010年7月08日 20:56:41: No5V76ZEFk
「推定無罪」の原則は、本当は有罪の人を鳥逃すことがあっても、無罪の人を間違えても有罪にしてはいけないという制度である。アメリカの陪審制度は陪審員が一人でも有罪を認めないと、有罪にはできない制度で、根幹には国に勝手に人民を差泣かせないという制度である。日本の場合には裁判員制度もそうだけど、多数決で有罪か無罪を決める制度でこのままで行けばえん罪が今後は相当発生することになる。検察審査記の制度でも、検察が起訴した事件について、被告が検察審査会に申立をして検察審査会にかけられる用にしないと、不起訴のなったものを検察審査会で強制的に起訴にすると言うことは、本質的に集団リンチ的な状況になってしまいかねない。しかも、合議内容が全く秘密で外にあかされないとすると、検察審査会に対するチェック機能が働かない。まして、審査員の氏名も秘密で有れば、審査員が時の権力の都合の良い人間を、思想調査等して選べば全く権力に対するチェックがぢきなくなる。
 小沢さんの問題に限らず、このままでは、誰でも無理矢理犯罪者にされてしまう危険が大きい。国民にとって非常に危険な制度。私はこうした仕組を今まで知らなかったが、どうしてこのような法律が取ってしまったのだろう。
 日本のマスコミは本当に社会の木鐸たる役目を果していない。背景には、日本人の意識レベルの低さがあるのだろうか。小泉劇場に熱狂してみたり、総代人が変ったとたんに何もしていないのに支持率が急にアップしたり、日本人は本当にどうかしている。

32. 2010年7月08日 21:12:46: HB4YnIxAKU
28さんに大賛成です。

33. 2010年7月08日 23:42:41: mp6fw9MOwA
小沢さんの件で大きな問題は、検察が長期の捜査で証拠を見つけられなかったにもかかわらず、見つけた証拠を小出しにするとのスタンスをとっている事である。
(無いものを然もあるように振る舞う)
しかも、議員を逮捕するに値しない微罪で時間稼ぎをする起訴を行ったことは許されるものではない。
水谷からの裏金の証拠があるとのガセネタを流すことは絶対に許されないし、このようなつまらない冤罪問題を長期化させてはいけない。
検察の裏金を告発しようとした三井さんの裁判での判決が、明らかに異常であり、これを放置している事が問題である。
検察・裁判所がつるんでいる事態が鮮明なこれらの裁判が、何故成立するのかとの観点からの見直しが不可避である。
何故なら、検察・裁判所が正義ではないとの証拠があまりに多く出過ぎているので。

34. 2010年7月09日 00:13:46: 381phtC4kw
 法の下での平等、司法の公正、根幹が揺れていては健全な社会が築けない。
 社会のために存在する行政機関が社会に牙を立てる時は、それなりの大きな意図があると考えられる。いづれにしても当記事の問題は小さくはない。
 
 健全な市民は健全な社会を望む。不健全な司法制度は不健全な社会を育んでいく。
 神様は許さないとおもう。司法関係の方々の良心は何処へ行ったのか。ちゃんと帰ってきてほしい。私は許すから・・

35. 2010年7月09日 01:49:31: czMCv73skg
匿名の検察審査会メンバー?
こんなアホは法律は何処の国にあるの?
中世の魔女狩りみたいなおかしな事をする検察は解体せよ。
21世紀の日本はバカか、日本人、いつにんあったら検察審査会の法律を無効化しないの? 阿呆な日本人よ超阿呆な国よ!

36. 2010年7月09日 02:23:52: LAbn18y8Mw

以下の書き込みをした、≪ZsUNOgGnko≫(ズノウンコ)
というヤツ、ナニモノなんでしょうね?
≪図(ズ)のウンコ? Ѿ≫と、憶えておきましょう。
どうやら、阿修羅荒らしの「変質者」のようです。

25. 2010年7月08日 12:04:55: ZsUNOgGnko
小沢は自業自得ですね・・・

27. 2010年7月08日 13:53:09: ZsUNOgGnko
小沢の07年分虚偽記載容疑で、東京第一検察審査会も7月には起訴相当議決でしょうね〜



37. 2010年7月09日 11:26:03: 8s5wt4AQMB
>11 マスコミはその疑問に応えていない。

以下のような、朝日新聞の記事が有りましたが。

朝日新聞、耕論、7・3

○ 元検察官、高井康行さん。嫌疑不十分は対象から外せ。嫌疑不十分と起訴猶予は違う。起訴猶予は証拠有り有罪は間違いない。嫌疑不十分は有罪とする証拠無し。嫌疑不十分の小沢氏を、「市民目線で見れば証拠は有る」「有罪の疑いが有る、裁判で明らかにすべき」は人権侵害。

○ 検察審査会は冤罪を防ぐために。元裁判官、秋山賢三さん。検察官が起訴しない事件を起訴させるのでなく、検察官が起訴すべきでない事件を起訴させないことが求められている。審査員は法律に詳しくない、証拠を精査できない、予断と偏見を持つ、被害者感情に同調し易い。

以上、一部コピー等ですが。


38. 2010年7月09日 14:47:57: ROzUCQFW7s
起訴相当と審査した検察審査会のメンバーは、

無罪という結果になった時は、全員がん首揃えて

謝罪会見をするだろう。

彼等もそれくらいの覚悟は、しているだろう。


39. 2010年7月09日 14:57:41: GhA73ALjnM
検察審査会というのはまさに現代のオストラシズム、衆愚政治の象徴とも言える制度だね。
苛斂誅求のプロでさえ歯が立たなかった相手に、国民目線という不明朗な情動を御旗に立てて追い落としをかけようという姑息な手法だ。
しかも明石歩道橋事件で検審による責任者の起訴をもって、飽くまでその正当性をアピールするというお膳立てまでして。
まさに小沢疑惑と明石事件とを同列で論じて愧じない厚顔ぶりだ。
法を執行する立場の組織が犯罪を行った場合、私たちがその憤懣をぶつける場所はどこにもない。
検察が絵を描き、マスコミが旗を振り、国民が目くじらを立てる。この国の総白痴化計画はいままさに完成の域に至ったということか。

40. 2010年7月09日 15:13:09: J0o6rialnc
>38さん
謝罪だけでいいんですかね〜。
起訴相当と審査した検察審査会のメンバーには、小沢氏が受けた精神的苦痛、総理になれなかった損害、小沢総理を切望した国民の願いが踏みにじられた事への精神的苦痛に対する損害賠償なんて〜のはないですかね。

41. 2010年7月09日 15:38:22: FYfIaFfxnc
検察を国民の力で解体再構築の方向で案を詰めて行く

必要があるのは確実でしょうね。

巨悪を温存するためのただの悪党にすぎさせんからね。


42. 2010年7月09日 16:32:47: lBpV9I7k8M
37さま、正論ですね、朝日の記事ですか?信じられないね。 

検察審査会は冤罪を防ぐために。元裁判官、秋山賢三さん。検察官が起訴しない事件を起訴させるのでなく、検察官が起訴すべきでない事件を起訴させないことが求められている。審査員は法律に詳しくない、証拠を精査できない、予断と偏見を持つ、被害者感情に同調し易い。→このような正義の人は日本では出世しないのだろうな。

朝日珍文は何をしてるのか?犬察の御用聞きはもう止めたらどうなのか!


43. 2010年7月10日 13:04:17: MMX7KpF6Cc
山崎さんの提案に大賛成です。検察審査会の市民11人と補助弁護士の氏名の公表は義務付けるべきです。残忍でパラノイア的な連中が、政治謀略で、ターゲツトにした政治家を抹殺するための道具にされている審査会は、解体すべきです。いきなり素人にメスを持たせて大手術させるのと同じです。市民?にリンチ殺人の権限を与えて居るようなもので、残忍、残虐で奸寧,狡智に長けたやり方です。審査会の審査は殺人事件などに限定し政治関係は除外すべきです。

44. 2010年7月10日 14:53:09: yQ8bFJLCLw
>01
バカはお前だ。人を(社会的に)葬り去ろうとしているのに責任が生じるのは当たり前。無責任な匿名なんぞ、どんな恣意的な事も可能だ。そんな事許されるわけがない。

45. 2010年7月10日 16:12:37: iIP9fvZjrk
自民党清和会には、絶対に操作の手が伸びないという事実が
全てを物語っている。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧