★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90 > 385.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
最悪の事態 消費税増税が鬼門の正体を現す。(オリーブの声、7.12)[菅首相の政治生命は終わった]
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/385.html
投稿者 南青山 日時 2010 年 7 月 12 日 05:03:45: ahR4ulk6JJ6HU
 

http://www.olive-x.com/news_ex/newsdisp.php?n=93563

やはり懸念された最悪の事態となった。
菅首相には、退陣頂く。小紙の心には、怒りの炎が煉獄の如く燃え盛っている。
選挙前に小紙が指摘したように、公明もみんなも乗らない。
先がどうなるか分からない執行部と合意をする人はいないからだ。
過半数割れすれば、任期30日以内に開かれる臨時会で、議長を野党自民党に取られる。

したがって民主党の喫緊の選択肢は一つしかない。
菅首相が辞任し、民主・社民・国民新の再連立合意を形成し、まず衆議院での三分の二を回復する以外に、所謂、憲法並びに内閣法に基づく行政権を回復する術は無い。
いわく、民主党の選択肢は一本道しかないのである。
菅のアホウ、おまえはもう死んでいる。
憲法に定める行政権の本質に因り、衆議院で三分の二が無ければ、参議院の議決権を失うと自動的に行政権を失うことになる。

子供みたいに地団駄を踏んでも、やがて野党に追い込まれる。
しかしそれは行政を混乱させ、国民生活に迷惑がかかることとなり、結果、次期衆議院選挙で大敗することになる。
したがって民主党が今取るべき道は一本道であり、それは、菅首相が鬼門に入ってしまった責任を取り辞任し、新たに民主・社民・国民新の三党合意を取り付け、返す刀で参議院を突き崩して行くほかない。
他に選択肢はない。
菅首相の政治生命は終わったのだ。

国民の審判に因って。
だから、潔く責任を取って辞任し、鬼門を振り払い、新代表の下に前述の政治合意を目指すべきである。
外国がどうだとか、こうだとか、そんなこと内政に較べれば二の次である。
俺が言っただろう。
消費税は鬼門だと。

だがあなたは、ここでブレてはいけないとガダルカナルの如く、消費税増税に部下と共に突っ込んで行き、多くの同志を失った。
さような司令官は、速やかに辞するべきである。
それにお前のようなアホウが、これ以上総理や党代表を努めること自体が歴史の汚点である。
あなたは、経済オンチで、政局オンチで、そして選挙に大敗した。所詮、政治家としての器ではないと云うことである。
我々国民は、この国の政治を前へ進めなければならない。

即刻の退陣を要求する。

(南青山コメント)
ここにあるように、「衆議院での三分の二を回復」が喫緊の最大の課題になる。
とすると、民主党に残されているのは1つの道しかない。
9月の代表選まで待つか、千葉法相も落ちたのだから総辞職するか。
しかし、菅はその決断ができるだろうか。
小沢と鳩山はとても軽々とやってのけたのだが。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月12日 05:09:21: h69tTYryng
やはりみんなの党は大躍進した。

民主政権は消費税増税だけを先行し、公務員人件費2割削減は手つかずだ。
民主政権下ではいずれ警察や軍を除く一般公務員に労働基本権が完全に付与されるだろう。これは欧米先進国ではごく普通で公務員労働基本権の完全付与が無いのは日本のみ。これは自民政権(経営者連合)が60年も続いたからだろう。
みんなの党はこの点では民主党と同じ主張で公務員労働基本権の完全付与を唱えている。

今まで公務員の給与や待遇は人事院の官僚が労働基本権制約の代償として民間以上の条件を長年勧告して来たが、この20年のグローバル・デフレ経済ですっかり官民の給与が逆転しまい現在では公務員給与は東証上場企業平均より高くなっている。このように公務員がすでに優遇されている状態の中での労働基本権完全付与だから民主政権の今後は多難だろう。恐らく平成24年度あたりから民主政権下での労使交渉が始まるだろうが、給与面では官公労や自治労は日本で最大の組織だから、日本で最大の民間会社のトヨタや新日鉄より高い給与を要求して来る事になる。また今後の65歳定年延長で60歳以降の高齢高給取りが益々増える。
たとえ日本が財政破綻しても人件費削減など夢のまた夢で民主政権下での労使交渉で公務員人件費はさらに増加する結果となる。

みんなの党の主張が民主党と違うのはこの点だろう。
すなわち労使交渉はもちろんやるが、人件費が下げられないならリストラを断行すると宣言している。これは民間大企業の手法。民間では赤字が膨らむと給与水準を下げ併せてリストラ希望退職を募るのが普通。これで人件費を抑え、組織を活性化させ同時に国際競争力をつけて行く。民間大企業の多い首都圏では大いに賛同を呼ぶ政策。
このまま民主政権が消費税増税だけで公務員人件費削減に手を着けなければ支持率は今後も大きく低下するだろう。

[削除理由]:2重投稿
02. 2010年7月12日 06:31:11: 6kuobrWeYc
>日本で最大の民間会社のトヨタや新日鉄より高い給与を要求して来る事になる。

自動車、電機、一時期不景気だった鉄鋼は給料低い


03. 2010年7月12日 07:00:37: RtPyX7TGyw
>>01
>>h69tTYryng=エッチシックスナインさん
色んな投稿に同じコメントを。マルチポストは削除対象ですよ。

04. 2010年7月12日 07:17:36: NPpUnMb852
みんなの党は自民別働隊。清和会の金で民主失策狙いの棚簿田よ。

05. 2010年7月12日 07:18:23: yXnR3dFb8U
>>03
もういいよしんどい。
僕は一見の価値ある投稿だと思うけど?
意味ある複数投稿ならいいじゃないか。
君のルールで勝手に決めてくれるな。

06. 2010年7月12日 07:27:29: O7DqlgFQUg
>意味ある複数投稿ならいいじゃないか。
意味が感じられないから問題なんではないの。
言っているのは公務員給与の引き下げだけ。
部分の議論にあまり意味はない。
公務員人件費削減に手を付ければ民主党の支持率はさらに下がるだろうし(その意味では既得権益勢力の支援を受けている自民、公明、みんなも同様)、削減して浮いた予算を何に使うのか、その議論をしなければ話にならない。

07. 2010年7月12日 07:45:36: 3NT6shbjq2
個人的には鳩山さんの方がマシだった。
まあ鳩山さんでも負けてただろうけど。

08. 2010年7月12日 09:16:25: GKpyNMsEZ2
 >03。、05氏、同感!!
 この人、ほんとに彼方此方に同じコメントばかり。僕も以前、それほど一所懸命なら、公務員体系の問題点について、持論をまとめて意見として投稿したら、と勧めたんですがね。要するに、この人は、こうしたことをネットで振りまいて、なにがしかのお手当てが見込める人のようですよ。私なんか、不定期の、3Kで、雀の涙ほどの手当もないアルバイトの合間にここに来て、皆さんの貴重な考え方に触れさせて貰い、学ばせて頂いているのに、大事なスペースがもったいないです。

09. 2010年7月12日 11:48:35: kyYwA9hXbA

浮動票も見込めず、<変節菅>では民主党支持者にも反感を持たれ
その結果なるべくして 大惨敗。

菅は一体誰を相手にしていたのか。

夜中に日テレの番組で橋本五郎氏が原口氏に対して
<これからも菅内閣を支えて行きますか?>との質問に
菅が相手にしている正体がよく見えた。


10. 2010年7月12日 13:15:49: fUV5KVkvgQ
菅総理が辞めれば、総理最短記録更新か? なんと短命な日本政界のトップたち。

参院選の結果、
「参院での過半数」を寄せ集めるか、あるいは、
「衆院の3分の2」を集めなければ、いかなる法律も成立せず、

近々、「衆院解散」(自民党・マスメディア報道の攻撃による)の可能性大。

 ただし、小沢氏の2人擁立作戦(挑戦)は、間違ってなかった。民主(選挙区で)の得票数は、他党よりかなり多かった。


11. 2010年7月12日 15:43:49: ZsUNOgGnko
野党“明暗”ワケ…自民第1党、みんな躍進、新党総崩れ
2010.07.12

 改選38議席から一気に51議席獲得−。野党転落後初めての本格的国政選挙で、与党を過半数割れに追い込み、改選第1党に躍進した自民党。第3極勢力では、みんなの党が改選ゼロから11議席に急伸する「ひとり勝ち」となり、衆参両院の多数派が逆転する「ねじれ国会」を再現させた。一方、参院選直前に雨後の竹の子のように誕生した新党は、出遅れや知名度不足が響き、不発に終わった。

 「民主党政権の迷走、暴走。国会運営の審議も普天間、消費税、政治とカネの問題など乱暴だった。そこに有権者から明確な批判があったということだ」

 谷垣禎一総裁は12日未明の記者会見で顔を紅潮させながらこう語り、菅直人首相には早期解散を求めた。当選確実の一報が出た候補者の名前への花付けでは、そのたびに人さし指を立てる「1番ポーズ」を連発し、喜びを爆発させた。

 ただ、警戒するのが与党による野党陣営の切り崩しだ。加藤紘一元幹事長ら党内リベラル派が民主、自民による大連立を視野に、暗躍しているとの見方もくすぶる。だが、自民中堅が「民主にはがされない。そんなことに手を貸したら除名ものだ」といえば、谷垣氏も「切り崩されれば野合批判が出てくる」と語った。

 一方、「元祖・第3極」のみんなの党の渡辺喜美代表も11日夜、与党との連立を否定した。しかし、与党過半数割れで流動化した政局を主導できると判断ですれば、法案ごとに協力する「パーシャル連合」にとどまらず、連立政権入りに舵を切るとの見方もくすぶる。

 対照的に「たちあがれ日本」や舛添要一代表率いる「新党改革」は埋没。比例代表でそれぞれ1議席獲得が精いっぱいだった。今後、民主党から連立参加を呼びかけられる可能性があるが、舛添氏は「(子ども手当などの)バラマキには反対」と静観の構え。一方、たちあがれ日本の平沼赳夫代表は「民主や自民の同じ考え方の人と話し合いたい」と語った。

 政治広報システム研究所の久保田正志代表は「(増税論議で民主と共通する)たちあがれ日本が接着剤になって野党を巻き込む動きになるのでは」とみているが…。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100712/plt1007121255006-n2.htm


12. 2010年7月12日 20:09:32: WjqVLj58KE
>>00
>菅首相が辞任し、民主・社民・国民新の再連立合意を形成し、まず衆議院での三分の二を回復

お言葉ですが、衆院3分の2の回復は無理です。

結論から申し上げれば、公明党と連立するしか活路がない状況になってしまいました。
それほど、参院選は、負けすぎたのです。

んで、公明党を抱き込むには、菅首相の首を公明党に差し出した上で、
親公明派の首相を選出しなければならないでしょう。

そんな芸当ができるのは、小沢前幹事長&小沢派しかいないと思う。


13. 2010年7月12日 20:11:11: WjqVLj58KE
追記。
社民が政権復帰しても、衆院3分の2確保には、数が足らないのです。
民主党から、河上や小林が議員辞職したから。
よって、郵政見直し法案の成立は、絶望的。

民主党が惨敗して、すべてぶち壊しになってしまいました。
野党の賛成がない限り、何の法案も通らない。


14. 2010年7月12日 22:16:39: xtlWVCU5v6
消費税増税を持ち出した菅・民主党への国民の回答が今回の議席数。
っということで、

消費税10%は止めましょう、菅首相。
って、もっても9月までかな。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧