★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90 > 400.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
大成功した民主潰しの大陰謀…、負けてたまるか! (ゲンダイ的考察日記)
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/400.html
投稿者 亀ちゃんファン 日時 2010 年 7 月 12 日 10:32:34: GqNtjW4//076U
 

http://octhan.blog62.fc2.com/blog-entry-1542.html
2010/07/12(月) 07:38:18
(日刊ゲンダイ 2010/07/10 掲載)


[政治(菅政権)] 大成功した民主潰しの大陰謀
民主敗北という絶望的予想


絶望的な予想が並んだ。9日の朝刊各紙が伝えた参院選の終盤情勢調査。読売や日経の調査で、民主は獲得議席の50前後で敗北予想。朝日は「民主党は40議席台にとどまる可能性がある」と報じた。いずれの調査でも、単独過半数の60議席には遠く及ばず、国民新党と合わせた与党過半数すら厳しい状況である。

これが本当なら、民主敗北で選挙の翌日から政界の大混乱が始まる。与党過半数割れとなれば、政権安定のため、新たな連立協議が不可避だ。連立交渉は間違いなく難航する。

みんなの党と手を組もうとすれば、郵政見直しで国民新党とぶつかる。みんなの党は消費税増税にも猛反対だ。公明党も、選挙中は連立も閣外協力も否定している。

「これらの発言は、連立協議で自分たちを“高く売る”ためのポーズに過ぎませんが、政党間協議を仕切る民主党の枝野幹事長では、明らかに力量不足。選挙中も同僚議員が戦っている中、みんなの党に連立の秋波を送るなど、政治のシロウトぶりを露呈した。参院選敗北で詰め腹を切らされる恐れもあり、わが身かわいさで、連立交渉どころではなくなるかもしれません。そうなれば、野党は完全に様子見ムード。連立交渉は暗礁に乗り上げます」(政治評論家・本澤二郎氏)

政権安定の見通しが立たなければ、本格的な臨時国会も開けない。参院選後は延々と政治的空白が続きかねないのだ。


分裂抗争で民主政権は一巻の終わり

連立工作の頓挫と同時進行で、民主党内では確実に菅首相の責任論が噴出する。すでに、党内では9月の代表選をにらんだ動きが加速し、抗争は激しさを増している。

小沢グループは「敗北の原因は、菅首相の消費税発言。せっかく、小沢幹事長時代に勝てる準備をしたのに、何だ!」と執行部総退陣を求める。仙谷官房長官や枝野幹事長ら反小沢派にすれば、「小沢氏の消費税批判が党内混乱の印象を与え、有権者を戸惑わせた」と猛反発するだろう。

政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏はこう言った。
「反小沢派には『小・鳩時代は獲得議席30台の予想もあった。オレたちが惨敗を食い止めた』という自負もあります。どちらの意見も大義が立つだけに、両者とも一歩も引かず抗争は激化します。恐らく、小沢氏は選挙直後に内閣改造・党役員人事の実施を要求し、最後の大勝負を仕掛ける。それでも、菅執行部が居座れば、党内分裂含みの一大抗争の勃発です」

だが、最後の勝負に出ようととする小沢だって、手負いの身だ。民主の参院選敗北で勢いを増す野党やマスコミは「政治とカネ」で証人喚問を求めてくる。そうして、小沢の動きを封じ込めるハラだ。

9月の代表選で反転攻勢を仕掛けようにも、代表に担ぐ自前の候補は見当たらない。原口一博総務相や海江田万里衆院議員の名前が挙がるが、本人たちにその気があるかは最後まで分からない。

代表選に候補を送り込めても、小沢嫌いの大マスコミに邪魔されて、反小沢派候補に敗れれば、いよいよ小沢は党内に居場所を失う。
その間に検察審査会が2度目の起訴相当を議決して強制起訴という展開になれば、離党どころか、政界引退に追い込まれるかもしれない。


自民「漁夫の利」という最悪のシナリオ

代表選のシコリを抱えたまま、民主党内は分裂状態。となると、臨時国会を開こうが政権はヨレヨレ。小沢という「重し」を失った民主党は、片翼飛行のままダッチロールを繰り返し、ジリジリと追い込まれていく。前出の鈴木哲夫氏は「菅首相が事態打開のため、11月にも解散・総選挙に踏み切る可能性は高い」と指摘した。

法大教授の五十嵐仁氏(政治学)も、こう言うのだ。
自民党は、この先3年選挙がないとなれば、野党暮らしに耐え切れず、内部崩壊に向かうはずでした。しかし、早期解散の目が出れば、俄然、息を吹き返します。地方議会レベルでは、まだまだ自民は強い。来年4月の統一地方選とワンセットで、地方組織も盛り返すことでしょう。第1党が自滅すれば、第2党が何もしなくても浮上するのが、2大政党制の怖さでもあります。自民党が政権を取り返す可能性だってゼロではないのです」

小沢抜き民主が早期解散に追い込まれれば、なす術(すべ)なし。民主党政権は崩壊に向け、まっしぐらだ。
その結果、再び自民党政権復活となったら、悪夢である。


旧勢力の陰謀に気付かなければ日本は沈む

国民の期待を集めた政権交代から1年足らず。なぜ、新政権はこんな最悪事態を迎えてしまったのか。陰謀の限りを尽くし、大謀略戦を仕掛けた旧体制の悪巧みが、まんまと成功した。

まず、旧勢力は検察と手を組み、小沢を潰した。普天間問題では米国と手を組み、鳩山を潰した。9月に自民党の野中広務・元官房長官は、BS11の番組で「鳩山さんは米国の意図が働いて、小沢さんを道連れにして辞めることになった」と発言した。政治の裏の裏を知る連中は、そうみているのだ。

こうして誕生した菅内閣で内閣支持率はV字回復。民主党の参院選は安泰と思われた。しかし、旧体制の暗躍は続いていた。菅首相は財務官僚や財界に何を吹き込まれたのか、唐突に消費税増税路線に大きく舵を切った。大きなつまずきは、そこから始まった。

「世論調査も、当初は消費税増税の賛否は半々でした。有権者の反応に気を良くしたマスコミは、消費税増税論議を盛んに煽ったのです。それが結果的に菅内閣の増税イメージをクローズアップし、消費税が参院選の一大争点となってしまった。菅民主党はマスコミの消費税報道に足を引っ張られた格好です」(五十嵐仁氏=前出)

最初のうちは民主党の方針を歓迎するフリをして、反対世論を煽り、政権を追い込む。普天間問題でもみられた大マスコミの常套手段だ。それに気付かない菅も愚かだが、朝日は選挙2日前に「首相への失望 民主直撃」「消費税をめぐる対応不評」と書いた。手のひらを返したようなロコツな菅叩きである。

古い自民の復活を本当に望むのか
このまま、民主党潰しの大謀略が続けば、いずれ、自民党とみんなの党とその他の雨後のタケノコ小政党が合体。「古い自民党」が、再び政権の座に返り咲いてしまう。

大マスコミはそっちのほうが利権は維持できるし、政権内にもぐり込めるから全面バックアップだ。しかし、そんな事態になれば、この国はいよいよオシマイだ。せっかくの政権交代が根付かないどころか、この国では二度と政権交代はあり得なくなる。国民の政治不信は頂点に達し、マトモな有権者ほど日本に見切りをつけ、有望な人材の海外流出に歯止めが利かなくなる。「国破れて山河あり」――。
日本国そのものが崩壊へと突き進んでしまう。

有権者は、そんなグチャグチャな無政府状態を本当に望んでいるのか。一度否定された自民党政治が反省もなく復活することを何とも思わないのか。この国の選挙民の政治意識では、それも仕方ないのか。

投票日まであと1日、あとでホゾをかまないように、本気で考えるべきだ。

(日刊ゲンダイ 2010/07/10 掲載)

---------------------------------------------------------------------------

前日の予想記事でしたが、概ねその通り、残念な結果となってしまいました。
小沢さんは、「約束は実行しなきゃ駄目だ。政権取ったら金がないからできませんなんて、そんなバカなことあるかというのが私の主張だ。私が微力を尽くして、約束通り実現できるようにする」と言っていましたが、菅政権、菅執行部の面々にはそんな強い意志は感じられなかった。
また、どうして増税を明言している自民が勝って、議論すると言った民主が負けるのか。選挙ベタにも程がある。
ハッタリでも、「これから日米合意をやり直し、特別会計から20兆円位を必ずひねり出す!」ぐらいを言って欲しかった。
ただ、落胆してても仕方がありません。明治維新という「革命」も一朝一夕で成し遂げられたものではありません。負けてたまるか!―です。
政治が混乱しても、腐敗しても、官僚主導政治が続いても、特権階級・富裕層には痛くも痒くもありません。困るのは、そうでない私たち庶民であることを忘れないように―。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月12日 10:42:51: AQqyLULhMc
全く同感です。
問題は、民主党の惨敗が良かったと勘違いしている人たちが多いこと。
あれほどマスコミを批判していたのに、マスコミに乗せられて
それが正しい方向なのか、先読みすらできない人たち。
そんな人が、ここ阿修羅にも多いんだということが判った選挙でした。
でも、負けてたまるか、です!

02. 2010年7月12日 11:06:51: u8T2aRIP9Y
民主党惨敗は短期的にはマイナスかもしれません。しかし、これにより政界再編が進み、真に意見を同じくする者同士が政党を構成し、政党政治のあるべき姿になることこそが日本には必要と考えます。

03. 2010年7月12日 11:13:12: 1beF1Wtsfu
菅内閣否定という意味では、それなりの判断があったと思います。
惨敗という結果ですが、逆に勝っていた場合の管内閣の暴走もありえます。その意味で有権者も常識的判断をした思います。どっにしてもこのままじゃすまなかったと思う。

04. 2010年7月12日 11:32:37: rNvsmry6mk
政界再編は少なくとも10年以上前に済ませておくべきことで今更遅すぎる。
マスコミは未だにこの政界再編ガラガラポンを期待して記事のネタに目を輝かしているが、これで大いに割を食うのは誰なのか少しは考えたほうがいい。

政権交代が根付くための政界再編なら仕方ないが、本音は自民党崩壊でなんとか生き残りたい我利我利亡者どもが喘いでこしらえたハリボテノの小船が急増されて参院選という海原に出たがほとんどが海中に没している。
なんのことはなく得をしたのは老舗自民党と補完みんなの党であって、参院選の多くの票、有権者はもとよりガラガラポンにも政界再編にもほとんど興味なく、目先の生活に追われる身からすれば旧来政党に馴染みを置くのがかって知ったるナントヤラで無党派層も去年衆院選のみんなの党の余勢をそのまま参院選にも持ち込んだということでお茶を濁す状況だ。

これを民主党がどう受け止めるかだ。
約束したことを反故にすればこうなるというキツイ灸をすえられたと思って死に物狂いで公務員制度改革やマニフェストを実行する以外ない。
衆院任期まで3年、現執行部の大ポカは腹を召すことで責任をとってもらい、最短任期で首という恥辱は避けたい菅総理のカンカラ頭を殴りつけてでも椅子から引き摺り下ろすべし。
まずやるべきはそれ。


05. 2010年7月12日 11:37:00: EyogUPdbyw
昨日から今日、テレビで話しているキャスター達の“どや”顔! 自分たちが右と言えば右を向き、左と言えば左を向く国民を心ある有権者と呼び、厳しい審判を下したと持ち上げ、世論を好きなように誘導できると再確認した俺様状態のマスコミに吐き気を催し、テレビを消す。

06. 2010年7月12日 11:38:48: dLTcaJTEMk
民主は大勝利じゃないですか。
30議席が44議席まで取れたのですから。
評価してやるべきではないでしょうか。
これまで同様、強行採決路線は継続でしょう
から衆議院さえ守っていれば十分ではないでしょうか?

07. 2010年7月12日 12:01:08: iEsDWZb9xk
鳩山も菅も行き過ぎた革命にあわてて、ブレーキをかける確信犯的オウンゴールで支持率を下げる必要があった。それは大臣の顔ぶれを見れば分かる。亀井大臣だけが防衛大臣のはずだったが、土壇場で本人の抵抗で間違ったが、結局社民党切りにつづいて国民新党切りとなる。騙した者勝ちの世相に小沢首相が断を下す。

08. 2010年7月12日 12:30:23: 5PNB2njzTM
菅がどのように誑し込まれたか。
普通の判断力の人間なら乗らなかったろう。菅首相はそろそろボケ初めなのでは。
俯き加減の目線のとき、反論するのにムキになるとき、語尾がはっきりしないとき
ボケたんじゃないかと思います。
 絵だのとかいう人。消費税は選挙にプラスとかいって、この人もムキになる。
これに仙石何がしを加えると学生時代に過激派やって、あっさり転向して議員さん。

 今日から菅首相の会見はうんと少なくなります。理由:老人独特の症状を悟られるのが厭だから。幹事長はますます居丈高になる。虚勢を張り続ける。


09. 2010年7月12日 12:31:44: Pwibog0nBM
民主党が負けたのはヒュンダイのおかげだよ。

ヒュンダイは国民に見透かされている。
ヒュンダイの逆に行っときゃマチガイないとみんな考えている。



10. 2010年7月12日 12:52:29: GsSNjnvANI
どのような政党であれ、その政策が悪く或いは公約を破棄すれば、選挙で信は得られない。当たり前の事がごく当たり前に起っただけじゃないでしょうか。
衆参のねじれで法案一本通らなくなるって見かけますが、では、公務員改革法案・郵政改革法案・取調べ可視化法案・後期高齢者医療制度廃止法案などはなぜ成立させなかったんでしょうか? 
全て官僚の意にそわぬものであり、手先の記者クラブを使って官僚どもが潰させたからでは。従米服米面をして陰で血税をむさぼる特権官僚組織こそ、真の国賊だと思います。法務省、財務省、外務省、厚労省、ほか内閣府にいたるまで一体どこが国民庶民の為の行政をしているというのでしょう。

よって官僚政治の打破に一身をかける 小沢内閣の成立を切望しています。


11. 2010年7月12日 15:05:00: ZsUNOgGnko
「ねじれ国会」大人の議論のチャンスだ―コメンテーター評価

参院選は民主党の大敗と言うべきか惨敗と言うべきか。とにかく、1人区でぼろ負けに負けて、改選の54どころか過半数を大きく割り込む44議席。与野党の総数で、123対118だったものが110対132と逆転した。

菅首相は敗因を「消費税がやや唐突な感じを持って伝わった。事前の説明不足が大きな要因だ」と言ったが、それはいくつかのうちのひとつに過ぎないことはみんなが知っている。

欧米では与野党協議が当たり前
司会のみのもんた「どうなるんです? 菅さんは続投と言ってますが」


岸井成格(毎日新聞主筆)はこう解説した。

「続投しかない。小沢体制で選挙やってたら、もっと惨敗した。歴史的政権交代への期待が大きかっただけに、有権者の失望も大きかった。消費税だけじゃない。10か月の迷走がある。政権運営が拙劣で、消費税の読みが甘かった」
今後の問題は2つ。まず参院のねじれで法案が通らない。これをどうするか。もうひとつが党内で起こる責任論。これは9月の代表選をにらんで、小沢派の巻き返しがあるかどうかと、生臭い話になる。どちらも容易じゃない。

とくに「ねじれ」については、与良正男(毎日新聞社論説副委員長)も早野透(元朝日新聞編集委員)も杉尾秀哉(TBSテレビ報道局解説・専門記者室長)も、政治のプロたちはみな悲観的だ。むしろ、末吉竹二郎(国際金融アナリスト)や三屋裕子(スポーツ評論家)の方がずっと柔軟だ。

三屋「(自民党政権時代のねじれで)小沢さんにやられた福田さん(元首相)が、『(自分は)かわいそうなほどがんばってるんですよ』と言っていた。ああいう状態が続くとは思えない」

末吉「ねじれは政策を練るチャンスだと思う」と踏み込んだ。これは正論だ。「ねじれ」をいう連中は、法案が一語一句変わらずに参院で通ることを考えている。だから数の論理になる。しかし、参院で論議して法案修正を考えればなんてことはない。欧米では普通のことだ。

早野も自民党の石破政調会長らに、「今度はちゃんとやりますよね」と皮肉な突っ込みをいれていた。そう、自民党も少しは利口になってくれないと、面白くない。民主主義は時間がかかるものなのだから。

はっきりしたのは、小沢方式はもう通用しないということ。数の呪縛から解き放たれれば展望は開ける。三屋が「国民は一致団結した民主党を見たいんですよ」と言ったが、この意味を小沢陣営がわかるかどうかだ。

この日の「朝ズバッ!」は延々4時間半。似たような繰り返しの合間に、当選した議員とナマでつなげたり、スタジオに出たり入ったり。おまけに「FIFAワールドカップ、いまスペインが勝ちました」なんてのが入ったりして、まあ落ち着かないことだった。
http://www.j-cast.com/tv/2010/07/12070823.html


12. 2010年7月12日 17:24:08: SCRtlVWYT2
こうなった以上、今の内閣はもう「死に体」なんて言われるんだから、衆議院300議席超えの威力でいままでさんざん検証なしで不公正、不公平な報道に終始した
マスゴミをずたずたにやっつけてほしいね。
機密費問題なんか何もやらなかったのがなめられたね。

国民保険未納問題もガセだったのにマスゴミにやられたんだからね。

菅さんの八つ当たりでも何でもいい。どうせ悪く書かれるんだから、国政調査権でも大臣の行政命令権でも何でも使って、とりあえず明日のTVと新聞を全部ストップさせるとかしてほしいね。そして全マスゴミに税務調査をして1円まで経費を調べ上げてスポンサーまで徹底的に洗う。

それで何社か潰してしまえば支持率アップ間違いなし。

そうだ、各政党や議員に「いまこそ恣意的報道ばかりのマスゴミ潰しを」と依頼しよう。


13. 2010年7月12日 18:55:02: fEYiVE3nvI
いずれにしても、今に見ていろ、負けてたまるか!ですね。

14. 2010年7月12日 19:32:56: Gla0zIUOUT
法務・総務大臣が全く機能しない以上、政権交代は時間の問題だ。

15. 2010年7月12日 19:43:45: HbPDUassgc
選択肢を持たない国民の選択は聡明かな
役者が揃った芝居は官僚、マスコミ、管、自民で
お題は消費税の良識である
脚本も台本も無い唐突な連呼で終わる芝居を
呆れた風景だなと囁きながら観ている
観終わって感想を聞かれても中身が無いので
答えようが無い、無駄な時間が過ぎたが
賢明な人は不毛を理解するだろう
理解できない事は理解しないと
思いながら、次の選択を待つ人々は
三つに分かれた天秤を模索するから

16. 2010年7月12日 22:08:58: 7Fr6I8TbZq
明治維新は断じて革命なんかじゃないよ!江戸幕府から政権をもぎ取るかとを正当化するために天皇を担いだだけ。明治維新こそ究極の皇室の政治利用だよ!それにしても日本人ってバカだなぁー。自分の力で変わろうともしないし、変えようともしない。ペテン師、小泉が登場して10年たったのに未だにアイツを(しかも奴の次男坊まで)救世主として崇めているお目出度い日本人。今度の総選挙ではまず間違いなく自民党が政権復帰しそうだがそうなってしまったらもう選挙に投票するのやめるわ。そうなったら北朝鮮やロシアと同じだもの。

17. 2010年7月12日 22:55:32: 7Fr6I8TbZq
昨日の古館はひどかったが、古館はまだ可愛いほうで田原総一郎と並ぶ小泉の太鼓持ち(広報部長の座を争っている)田勢康弘の「これで下野しないとはどういう神経をしてるんだ」という旨の発言にははらわたが煮えくりかえった(−−〆)!

18. 2010年7月12日 23:02:18: 60oFMlgYaA
>>06
そうじゃないでしょう。だって、首相の首をすげ替える事で、
大多数突破をもくろんでいた訳だし。

少なくとも管氏の消費税は、マイナスになった、
もしこの仮説に反論するなら、論証すべきでしょう、
dLTcaJTEMk様?



19. 2010年7月12日 23:08:00: EJj3Xw6yF2
去年の衆院選直後、私が知人から伝え聞いた時事通信政治部記者の話「小沢はだめだから1年で政権をひっくり返せる」

>「菅首相が事態打開のため、11月にも解散・総選挙に踏み切る可能性は高い」

これだけは、やってはいけない。比例区だけを見ればまだ第1党ですよ。


20. 2010年7月13日 01:38:36: ONVBbMihao
だからさ、この国の一番の問題は官僚支配なんだよ。国民がここまで馬鹿になってしまったのも官僚主導の洗脳教育のせいだ。だからまず最初に、この官僚支配に斬り込んで、官僚の強すぎる実質的影響力を削ぎ落とさなければ、政治家なんか何もやらせてもらえないに決まってるだろうが。ま〜だわからないのかね。
とにかく、早く公務員制度改革をやれ!その点については、みんなの党はかなりマトモなアジェンダを出している。公務員制度改革については、みんなの党のアジェンダ丸呑みでもかまわん!それでも政策協定を結ぶことを拒否するとしたら、みんなの党は大嘘つきということになって支持を失うだけなので、そんなことは出来ないはず。
とにかく、はやく政治家がコントロールできるレベルにまで官僚の力を削ぎ落とさないと、何も出来ないうちにまた旧態依然の売国自民党が復活し、日本沈没に向かって加速してしてゆくことになるだけだ。
それにしても、もし本当に今回の自民大勝が日本国民の民意だとすれば、日本国民は政局の二三手先も読めない信じがたいほどの馬鹿ぞろいだということになるな。本当に滑稽だ。まったく呆れる。

21. 2010年7月13日 02:14:24: P21DXl0W6c
市民政治家(管さん)と国家を背負う政治家(小沢さん)とのスケールの違い。
http://bit.ly/9oiPiv

22. 2010年7月13日 06:33:42: DCHDReL3A2
陰謀による典型的な選挙だったね
1年間の時間をかけて、じっくりと成功させました。

23. 2010年7月13日 08:35:47: PZMCUFxEH6
>>20

その代表はフリだけで実行したことないですよ。


24. 2010年7月13日 09:07:35: 7Fr6I8TbZq
唯一の救いは、「解散総選挙だ(山際澄夫がTVタックル等で吠えまくるだろうな)」とわめいているのは、第二自由新報=産経ぐらいなところといったとこだけ(>_<)。

25. 2010年7月13日 11:53:13: ONVBbMihao
23、
それは政治活動する上での前提条件が、旧態依然の売国自民党政権下の様々な制約の下にあっての話でしょう。事実、彼は当事、官僚に厳しい姿勢をとることで、本来味方であるはずの自民党内からも矢を向けられていた。となると、出来る範囲内でのゆるい改革しか出来なくなるのは当然。しかも、麻生政権が愚かにも官僚服従路線にゆり戻したことに怒って自民を離脱した存在であれば、本当に国民の敵であるかどうかは、その脱官僚主導の政策がスムーズに実行できる状況下になったとき、どうするのか?を見ない限り、判断できない。
また、ある種の取り込み合戦が行われている移ろい易い日本の政界において、売国奴としての過去の断片的な状況証拠があったとしても、それが今現在も売国行為をしていることへの証明にはならない。
とにかく、過去よりも今が大事なので、誰が政治をやろうが、日本が良い方向に向かいさえすればそれでいいということですよ。

26. 2010年7月13日 13:38:10: 15kWYFkVfU
色々な問題の根源には日本が真の独立国では無く、「軍事。外交。政治。金融経済。科学技術。文化思想。など」すべての面でアメリカに間接統治されていると言う實態が有ると思います。だから、対等の日米関係を目指した小澤さんや鳩山さんは「身の程知らずのうつけもの、これら、無礼者を切り捨てい」となりました。検察。メデイア。旧体制が一体化しての、ネガテイブキャンペーンでの、民主党や小澤さんなどへの、追い落とし作戦は露骨で酷いものでした。アメリカは日本など属国の一つとしか見ていない。普天間の基地一つさえ徹去に応じず世界戦略のために要望に従わそうとしています。自民党と民主党などの、日本の総理はアメリカからみて、辺境の地の代官か支所長位にしか考えていないようです。アメリカに逆らう代官はすぐ「切り捨てられてクビになる」のが実情です。大和魂をゴツソリ抜かれた亡国の民としてアメリカの傀儡に成り下がつた日本人の病因については、文春7月号掲載「日本人に告ぐ」。藤原正彦さんの論文の一読を推薦します。民族解放の日が来ることが待望されます。

27. 2010年7月13日 23:31:56: EJj3Xw6yF2
25さんに同意。
今回、みんなの党が躍進したのは、「公務員改革」という言葉があったからです。民主党もマニフェストに書いてあるのだから、これは真摯に受け止めるべきです。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧