★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90 > 489.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
憂国の大宰相・小沢一郎 一新会講演 動画 講演「どうやって日本を立て直すか」
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/489.html
投稿者 gikou89 日時 2010 年 7 月 13 日 12:13:47: xbuVR8gI6Txyk
 

憂国の大宰相・小沢一郎 一新会講演(1/5)

http://www.youtube.com/watch?v=Te6Iihzc-tg


憂国の大宰相・小沢一郎 一新会講演(2/5)

http://www.youtube.com/watch?v=ukWmM5hqnJ8&feature=related

憂国の大宰相・小沢一郎 一新会講演(3/5)

http://www.youtube.com/watch?v=_MORrxyQ6Vc&feature=related

憂国の大宰相・小沢一郎 一新会講演4

http://www.youtube.com/watch?v=AtS0HmFyusY&feature=related

憂国の大宰相・小沢一郎 一新会講演(5/5)

http://www.youtube.com/watch?v=X29ztPu0VXk&feature=related

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月13日 14:32:40: DLlLzQBs2w
Uチューブの持ち時間の関係から連続視聴が必要なのですね!!
 日本は、世界の中でたぐいまれな争いのない社会を聖徳太子の時代から「和を持って尊し}とされ、争わなくても、気候風土が良く豊かな農業生産と海産物が得られる国だから、リーダーの必要のない、また、誰も責任を取らなくても良いコンセンサス社会が今日の日本。
 自己主張出来ない国民性と教育方法が創造社会適応人材を育てない状況にある
 独創的考えを日本社会が認めない風土にある。
 政治家も国民も独創性を大切に育てる必要がある時代に入っている。
 シナリオ政治はもうやめよう。
   We must chenge(私たちはchengeしなければなりません。
           ですね)
お時間のないかたは1/5に分けて見られても・・本当にいい内容です。

02. 2010年7月13日 15:29:50: FfYrDONfcA
我々はマスコミの報道、批評によって本当の「小沢一郎像」に接する事が出来なかった。今日この『憂国の大宰相・小沢一郎 一新会講演 動画 講演「どうやって日本を立て直すか」』を見て、小沢一郎を見る目が変わった。
問題は別になるが、「小沢一郎に対して不当な検察の権力行使が何故行われるのか」の理由も守旧的な官僚組織が「チェンジ」しようとしない古い体質に「がんじがらめ」になっている事にあると思う。
検事総長の任官の国会承認。そして司法では最高裁判所長官の内閣の指名によって天皇が任命する、実質行政による司法の支配(憲法第6条の規定)を改正しなければならないと思う。

03. 2010年7月13日 16:52:04: 3w3vKRJ5aQ
マスコミ相手に話す時とは違う小沢さんを見たような気がします。決して話すのが不得意とは思えません。如何にマスコミはテレビ等で、小沢さんのイメージを悪くする為に、自分達に都合よく摘んで放送しているかわかります。ネットのお陰で、こうして小沢さんの講演を聴けて嬉しいです、投稿者様、有難うございます。

04. 2010年7月13日 18:24:51: XRSC28js9w
これまでの動画では最高のものではないでしょうか。
しかしよく見つけてこられましたね〜。

05. 2010年7月13日 18:26:07: yPMT31v04Q
みなさんと同様の感想です。この動画の提供者に感謝します。

小沢一郎こそグローバルな政治家

小沢一郎こそ私達が求める新しい政治家

小沢一郎こそが日本のトップリーダー

この動画を地上波で流せば日本は変わる

小沢一郎が総理大臣をやらなければ罪になります。


06. 2010年7月13日 19:27:58: Beoo1IbRyo
最高の投稿です。gikou89様に拍手!

07. 2010年7月13日 21:52:45: 4jIBOnPUTw
これをみると、小沢さんが、菅・仙谷・岡田・枝野・玄葉・恒三・・・らと付き合う事の大変さがわかります。
さらに、政局だけしか語れない田原・星・岸井・橋本・萩谷・辛坊・・・ら、僅かな金で動いている薄汚い政治ジャーナリストやマスコミの記者達と小沢さんが本気で話し出来ないのが理解できます。

一新会、小沢さんグループの方達に期待します。


08. 2010年7月13日 22:28:54: ClP2GhBMCs
全編通じ拝聴しました。
小沢総理に期待したい。
万人が見るべき内容です。

09. 2010年7月13日 22:55:44: yPMT31v04Q
この動画を見て感じました。

反小沢と言われる政治家や評論家に期待が出来ないと言う事を・・・。


10. 2010年7月13日 23:36:28: QdhSV1pZ6I
政党、政権、個人的損得と無縁なる憂国・愛国の心情。
現下日本における最後の政治家だ。
この高潔さが分からない連中は、心象が曇っているとしか言いようがない。
誰もが分かる表現で、様々な意見の聞き手を意識しながら語る虚心さ。
「オザワという鏡」によって、小沢を評価する者たちそれぞれが映し出されているのだと思う。

11. 2010年7月14日 00:11:45: rQCSDtIxBY
小沢氏の最後の好きな言葉は、いわゆる「赤の女王仮説」で遺伝理論でも有名ですよね。元々は「鏡の国のアリス」からの出展のはずで、自己改革の必要性を訴えるための言葉としてさまざまな場面において使われていますね。
この講演は非常にわかりやすく、小沢氏のあらゆる政治行動の理解を助けますが、マスコミに小沢氏のこのような政治姿勢が取り上げられることはほとんどないですね。広く一般に知れ渡れば、小沢氏の世間からの評判は180度変わるからでしょうけれども。

12. 2010年7月14日 00:36:50: oEQ6cSJvwQ
やっぱり小沢さんってすごいなぁ!!!
この動画は、これからの日本・国民・あるいは子育てにもためになるお話で
見つけてくださった投稿者のgikou89さん、本当にありがとうございます。

参院選の結果でささくれ立った気持ちを和らげる事が出来ました。
動画を見ている時は、糞菅や枯れ枝や千葉の婆の事は全く忘れ、小沢さんの一語一語無心で聞いてました。

小沢さんこそリーダーだ!!!
今まで以上に、そう感じました。


13. 2010年7月14日 01:03:16: H04xHKlNYM
すばらしいの一言につきます。阿修羅は全部に眼を通すことができないので、飛ばしてしまっていました。

ジャーナルにコメントしてくださったかたがいらして、そのおかげでみることができました。感謝!

もっと色々な人にぜひみてもらいたい動画ですね。


14. 2010年7月14日 02:28:21: 47IvVDMic6
いい話だった。
自覚と責任、今回の選挙での大惨敗の原因を誤魔化し、執行部の責任回避に躍起になっている菅、仙谷、枝野、安住、小宮山らに聞かせたい。

単独過半数となる60議席以上獲得が今回の選挙の最大のポイントだったと思うが、幼稚な連中のおかげで44議席という惨憺たる結果。残念ながら、参院で16議席以上持つところと新たなスキームを構築せざるを得ない状況になってしまった。旧民主党が主張していた政策を100%実行することは困難となろう。

しかしながら、世界的な不況の中、このまま日本が3年間何の政策・施策も実行できなかったら確実に滅ぶだろう。今こそ平成維新を成就しなければならない。

官僚、検察、記者クラブメディア、どのみち叩き潰さなければいけない敵。ど素人の検察審査会の決議など気にせず、先手必勝で小沢総理だ。一国の総理を帳簿の書き間違い程度で告発できるものならやってみろ。日本の司法制度の恥を世界に晒すことになる。

9月5日に小沢総理が誕生することを期待する。連立スキームはその後だ。


15. 2010年7月14日 02:41:14: wx20Zuvvcs
PCの調子が悪く、故障がこわくて見られません。完全文字おこしとは言いませんが、どなたか、いくつかのフレーズを紹介してもらえたら幸いです。「・・・」の言葉がよかった、なんてコメントとして。

16. 2010年7月14日 02:47:40: P21DXl0W6c
時代が人を生むということですね。たまたま、行き詰って閉塞した今の日本社会で、政界に小沢さんと言う革命家が産まれた。

目的地に行くには、現在の自分の位置をはっきり知らないと、どっちに行ったらいいか迷ってしまいますよね。時代も同じで、小沢さんの言う自分が変わらなければということは、新しい日本社会を構築するには、現在の日本社会の現状をよく知らなければいけないということですね。新しい日本社会を一人一人が作っていく、わくわくしますね。

既得権益で成功してる人も時代の変化に適応すれば、また新たな成功も可能だということです。マスコミの方も怖がらないで変革を受け入れましょう^^。日本バージョンアップ。すぐそこまで来てますよ、新しい日本が。
http://bit.ly/53pmaz


17. 2010年7月14日 07:36:13: 4IKgC5s4kI
この動画を、お気に入りに永久保存して、孫たちへのプレゼントにします。

18. 2010年7月14日 11:15:52: ZyIAFgsdHc
いつ見ても、何度見ても、この講演には感銘する。
小沢さんの総理就任を待ちわびています。

19. 2010年7月14日 12:53:19: opYQOy2g0Y
 動画を見せていただき、小沢さんの思想の一班を知ることができました。ありがとうございます。

 "We must change to remain the same."

 という、保守の思想は、明治維新の和魂洋才的欧化主義とよく似た考えであると思います。

 小沢さんが、アメリカ的グローバリズムに対抗しようとしていることは確かなように思います。

 ただし、小沢さんが、日本の何を守ろうとしているのか、公演を聞いただけでは分かりませんでした。したがって、何も批判はできませんが、無批判に小沢さんに同意することもできません。

 例えば現在では、日本の幾つかの多国籍企業が、社内の公用語を英語にしています。日本語は、無くなってもいいのでしょうか。

 日本語というのは、コンセンサス社会には適しているように思いますが、自己主張するには、あまり適していないように思えます。

 次に、国益という問題があります。
 これまで日本は米国債を買い支えてきました。それを売却すれば、米国債は暴落し、売却できなかった分については巨額の損が発生するでしょう。
 また、ドルが暴落すれば、米国市場への輸出が立ち行かなくなり、日本の経済は破たんするのではないかと思います。その時日本はどうするのか、対応策はあるでしょうか。おそらく日本も、かなりの悲惨な状況に陥るのではないでしょうか。

 米国への隷従からは脱却しなければなりませんが、なるべくダメージを小さくする方法を取るべきでしょう。

 小沢さんの講演、もっと聴きたいですね。

               Mr.B


20. 2010年7月14日 12:55:27: FSyPN1ESQM
15氏のようにPCの調子が悪い方、そして耳の不自由な方に…

◆全体的な主張
日本は、特殊な国民性と国の仕組みをもっているが、激動の時代には、「普通の国」になる(変化する)べきである。

◆日本、日本人の特殊性を育んできた背景
 日本は周りを海で囲まれています。そこにいろいろな民族が渡来しているけれど、血なまぐさい争いは起きていません。それは非常に温暖な気候をもち、豊かな自然がある国だったからです。
 そのような環境の中で人々は、意見の対立を少なくすることを心がけました。なるべく「自己主張はおさえる」。日本的コンセンサス社会では、個人の意見を言う習慣ができませんでした。聖徳太子の「和をもって尊し」の社会では、リーダーが必要なかったのです。

◆日本的コンセンサス社会では、激動の今日の世界はのりきれない
 この、日本的コンセンサス社会「自己主張をおさえる」「リーダーがいらない」は、うまくいっているときはベストなやりかたでした。でも、うまくいかなくなると、誰も責任をとらなくなり、どうしようもなくなります。これが今日の日本の混迷の根底にあるものだと思います。
 本来、多数決をとるべきところを、日本の社会では(会社なども)、多数決をとらずに「地下」での合意によって物事を決めてきました。自民党と社会党で政権ができたことでも分かるとおり、本来イデオロギーが違う者どうしがくっつけるのは、両方が「何事も地下で決める」というやりかたが同じだからです。これではだめです。対立はあっていい。主張しあって最後は多数決で決めればいいのです。

◆混迷を抜け出すことに必要なものは、一人ひとりの「意識革命」
 この状況を脱却するには「自分で考え、自分で主張し、自分で行動する」必要があります。つきつめれば、日本人の「意識改革」「意識革命」が必要となってきています。
 どのように変えればいいかと言うと…
 ・アメリカのグランドキャニオンには柵がない…「自律性を身につける」
 ・アメリカのテストでは先生の言ったことをそのまま答案用紙に書いたら0点。テストは、自分の考えを書くもの。…「独創性を大事にする」
 日本人は優秀だが、勇気と決断が足りません。

最後に、私の好きなことば、映画「山猫」より、(革命家を支援する大地主に向かって発せられた「自分に利のある現在の社会をなぜ変えようとするのか?」という質問に対する、大地主の答え)「変わらずに残るためには、変わらなければならない」


21. 2010年7月14日 13:16:11: 43PT2w1y8E
この動画は、大いに広めたいですね。小澤一郎前幹事長を誤解している、多くの国民に、知らせたいですね。
見せて頂いて、ありがとうございました。

22. 2010年7月14日 17:00:36: czMCv73skg
I trust Sir Ichiro Ozawa.

23. 2010年7月14日 17:26:57: wBIc7ZRQLw
小沢一郎ウェブサイト 
ビデオライブラリ に オリジナル版 があります。

このビデオは2004年度に録画されたものです。昨年2009年3月3日西松事件より小沢氏の窮状を知り、初めて小沢一郎に関心を持ちネットを調べ、ビデオライブラリへ辿り着きました。

しかし果たしてどんな人物か全く想像がつきませんから、このビデオの視聴にあたって、ハラハラドキドキものでした。でも聞いてみると実に自然で普通な分かり易い口調と内容で、結構長い時間でしたが苦になりませんでした。

感想としては、初めて「政治家」とはこう言う人のことなんだ。これが「政治家の言葉なんだ。」と思いました。それまでは政治家先生は、横柄で威張って何か怒鳴って喋っているようなイメージしかなく、嫌いでした。

また、小沢は口下手なんてとんでもない。心に響く自分の言葉(信念)を持っています。だから国民に語りかければ、理解されるはずだと思います。(小沢さんはアジ演説が嫌いなのです。)

そして小沢さんを支持することに決めました。

最初にも書きましたが、これは2004年度のビデオです。2009年3月に視聴した時、8月の衆議院選挙に向けて自民党との戦いにどうしたら勝てるかの苦境に立たされている最中でしたが、このビデオは古びることのない内容でした。

小沢一郎ウェブサイト http://www.ozawa-ichiro.jp/index.php

ビデオライブラリ http://www.ozawa-ichiro.jp/video/index.htm

2004年9月4日〜6日 一新会 第1回全国研修会

第一部 講演
「どうやって日本を立て直すか」 42分04秒 56kbps 280kbps

第一部 質疑応答 44分14秒 56kbps 280kbps

第二部 講演
「どうすれば自民党に勝てるか」 32分51秒 56kbps 280kbps

第二部 質疑応答 43分22秒 56kbps 280kbps


24. 2010年7月14日 19:06:50: jBqqcNShwU
ある意味小沢氏を寡黙にさせたのはマスコミですね。

これだけ心に訴える演説をされるのに、全く違う人格で紹介してしまうマスメディア。

このような投稿が無ければ真実を知ることが出来ない国民は不幸です。

誰しも自分の発言を歪曲して報道されれば、話しをしても仕方が無いと思うのは当たり前。

だからこそ人里離れた山間地で、マイクも使わず高台に乗ることも無くひとりひとりに話しかけるように演説をするのですね。

やはり小沢氏こそ海外に自慢出来る日本のリーダーです。


25. 2010年7月14日 20:55:38: nZIe4X8gmA
『小沢一郎氏の悩みは夏目漱石氏の懊悩と軌を一にする。』
漱石の作品の殆どは、明治維新以来、日本人全体(漱石氏御本人を含めて)が近代的な自我(個)意識を形成するために悪戦苦闘してきた経緯を物語っている…と私は解釈している。中でも「草枕」は文芸家の本質である“詩”を切り口に、山家や市井の人々の思わぬ“オブジェクション”を受けつつ、当時の日本人の“心”を探訪し彷徨ったセミドキュメンタリーである。
小沢氏が今、摸索しているのはこの日本人の“心”なのだと言うことが、心に染みて理解…というよりは痛感させられた。
勿論、小沢氏は文芸家でもないし詩人でもない…が、氏の朴訥な修辞を排した言葉の本源こそが、詩の“魂”なのだと、私は思う。

26. 2010年7月14日 21:20:55: 0W5m5gqZ2g
日本は確かに特殊な国だと実感されます。
例えば、災害が起きても略奪が起きないのは世界では稀有な事です。
礼節が生きている文明国です。
強いリーダーが居なくてもやっていける国、という事でしょうか。
それにしても、小泉純一郎のような人物に熱狂した日本人を見ると、
バブル崩壊で魂を抜かれて以来立ち直れていないのを感じます。
幸い、若者達の中には自分で考え行動し始めている人達もいるらし
い事が希望です。
この小沢一郎氏の演説は格調高く明快で説得力があります。
オバマ大統領のような空疎の演説では無い気がします。
(在外邦人より)



27. 2010年7月14日 21:34:33: yPMT31v04Q
26さんに同意です。

オバマ演説よりよっぽど心にしみました。

日本人は英語コンプレックスかな?

オバマより小沢一郎の演説がずっと良い!


28. 2010年7月14日 21:55:39: 821LjrShIE
あんたら、正気か。

小沢狂徒=ナチス突撃隊

実は小沢もあんたらを切りたいんだよ。それこそ、ヒトラーと突撃隊と同じ関係だ。

まあ、すでに一般のネットサーファーも君らをギョウチュウの標本を見るような珍奇な目で見てるんだよ。

面白いからもっと暴走して、世間からずれてってくれ。かつてのネット右翼のようにな。


29. 2010年7月14日 21:56:54: DZE9wzWark
なんと言っても自分的に汚沢ちゃんの名演説は次の5つだな

http://www.youtube.com/watch?v=xOhxYH9Uyuc 
http://www.youtube.com/watch?v=YPLj86CyUkQ
http://www.youtube.com/watch?v=mDBXwgOTLGg
http://www.youtube.com/watch?v=i5wiTy7OsE8
http://www.youtube.com/watch?v=R8T_eSSKPi8

もうこの5つの動画を見ずして汚沢ちゃんを語るべきにあらずと思えるほど名演説

あと下の動画も西村眞悟先生が汚沢ちゃんを大絶賛しているし

http://www.youtube.com/watch?v=PYCAPsdx6rE

さらに言えば、あの石原慎太郎すら汚沢ちゃんを超リスペクトしてる動画が下のだ

http://www.youtube.com/watch?v=Vo5WGwQe3eE


さすが汚沢ちゃん!!


30. 2010年7月14日 23:42:07: DCHDReL3A2
中身の濃い話なのでした。
どうすれば小沢さんのいうような日本になるのか。
現在の小学校教育から大学まで、骨格を代えないといけませんね。
僕も、自分と同じ考えの人たちと一緒にいると安心感があります。
会議で違う意見を発するのは、勇気がいります。

31. 2010年7月15日 00:12:02: J9xQ4kF7tg
>>29

見たけど、韓国へのただのリップサービスの公演なんじゃないの?
内容の正確さなんかもはっきり言って、どーでも良いようなレベル。

ていうか、小沢一郎氏が朝鮮人の血を引いてるとか、いないとか、どうでも良いんじゃない?

小沢一郎氏は、「日本国籍」を有しているんだからさ。
そもそも、本題の公演とアンタが挙げた公演との内容の矛盾とか、関連性を全く感じないんだけど?

低レベルな煽りは無意味だよ?


32. SOBA 2010年7月15日 00:18:53: LVbi13XrOLj/s: TKK3CPQI6h
この第1回一新会全国研修会は(2004年9月5日、箱根)です。

憂国の大宰相・小沢一郎 一新会講演(2004年9月5日、箱根)阿修羅投稿者へ、日付と場所紹介はすべきだろう。
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/550.html
投稿者 SOBA 日時 2010 年 7 月 14 日 10:22:16: LVbi13XrOLj/s

↑こちらでは、講演後の「質疑応答 44分14秒」なども紹介しておきました。


33. 2010年7月15日 00:29:59: J9xQ4kF7tg
>>28

ここに書き込みしている人達は、民主主義の選挙その他のルールに従って、

「小沢一郎にリーディングを委ねようと判断済みの人達だ」

基本的には、「誰かにリーダーになってもらうしかない。」
「選択決定」をしている集団な訳を、アンタがそれに反対なら、他の誰かか、自分自身を提示するのが、

「最低でもやらなきゃいけないのよ」

でも、アンタの対案に他の人達は、付き合う義務などない。

不毛でしょ?

不毛な事をあえてやる方が、「正気」じゃないと思うけど?



34. 2010年7月15日 00:33:48: J9xQ4kF7tg
33の訂正。

「選択決定」をしている集団な訳を→「選択決定」をしている集団な訳よ


35. 2010年7月15日 02:22:03: OjtiKlTWlM
この公演動画を見て、いかにTVが小沢さんを
歪めた姿に貶めて報道しているかが分かりました。

ある程度の人生経験を経て、人間を見る目を養った方々には、
この表情や声が醸し出す、小沢さんの善なる人間性を
理解出来るのではないかと思います。

フリーメ○ソンだとか済州島出身だとかの噂は、どうでもいいです。
むしろそういう「レッテル張り」をしている人たちは、
レッテル張りお家芸としている、いつものあの人たちなのでしょうね。


36. 2010年7月15日 03:31:35: DLlLzQBs2w
 小沢さんは、日本が日本であり続けるためには
>>22. 2010年7月14日 17:00:36: czMCv73skgさんの言葉
   I trust Sir Ichiro Ozawa が必要であり、個人生活上は
>>19. 2010年7月14日 12:53:19: opYQOy2g0Yさんの言葉   
   "We must change to remain the same." 変わること
が必要なのかな。個人も努力が必要、みんなさん、それぞれが成長しましょう。
 その結果を小沢さんが集約して全体としての旗振りをしてくれるでしょう。
 彼が何を考えているかでなく、彼に何を提案するかです。

37. 2010年7月15日 04:16:55: IErjD6DH0Q
ほんとうに、良いものを見せていただきありがとうございました。
小沢さんの言葉一つ一つが胸に響きました。なんという包容力と温かさ・・・。私はここへは新参者で、経済などにはド素人ですけど、真実や人間性の確かさやそうでなさだけは鼻がクンクンきいてしまう人間です。(自分で言ってりゃ世話ないですね)
小沢さんのことは前から好きで、それを公言すると「君は小沢が好きなんだね」と皮肉る人までいました。でもそんなとき、「以前、京都で稲森氏と対談をされていたお話を伺ってこの人なら信頼できる人って思ったから」とはっきりと言ってきました。そして今日またこのように力強いお話を伺う事ができて、その思いをあらたにしました。意識改革!ですね。

38. 2010年7月15日 04:17:47: DCHDReL3A2
とりあえず、選挙が終わったからいういけど

これまでの小沢さんの主要行動のなかで
マニュフェストに記載しなかった外国人参政権付与法案に積極的なのは、
まだ納得していませんよ。

憲法とか、不況とか、日本の労働者の雇用問題とかを考慮すると
中国人がバンバン日本に移民してきて国籍得るのは、大問題と思います。

あなたが言われるように、
まあまあと、和の精神で、黙ってしまう日本人には、なりたくありません。
これは大問題です。



39. 2010年7月15日 04:19:29: DCHDReL3A2
38は、「国籍」→「参政権」の間違いでした。

40. 2010年7月15日 08:14:38: 1ReFbxv7SA
当該小沢さんの講演を、ぜひTVで放映してほしい。

コメンテータの馬鹿評論、聞きたくない。

B層も催眠術から覚めること、請け合い。

久しぶりに、いや、初めて格調の高い本格的講演を、聞かせて頂いた。

永久保存し、大切な人に聞かせます。


41. 2010年7月15日 10:47:10: XFTwlsBtxw
言っていることとやっていること(マニフェスト)の矛盾。
かっての日本改造計画を読み、小沢ファンになった。しかし近年支持をやめた。

このビデオもその時:改造計画の時の発想を述べている。
しかし今の政策、子ども手当・農家の個別所得保障などはグランドキャニオンに柵を作ることではないのですか?演説で批判していた国が面倒を見てやることでは。
つまり小沢氏は変わってしまったと思う。
国の財政破綻への危機感も感じられないし(消費税批判)。


42. 2010年7月15日 11:33:48: DLlLzQBs2w
>>中国人がバンバン日本に移民してきて国籍得るのは、大問題と思います?

   思いませんよ、この国は、外国人管理も出来ないバカな国なのかな。


43. 2010年7月15日 14:33:57: ukiFyXYzik
改めてマスゴミに色づけされた小沢さんと現実の小沢さんとの大きなギャップを感じます。 
やはり見ている未来が違う。スケールの大きさを感じます。
かれが総理にならなくて誰がこの日本を背負って立つというのだろう。
マスゴミ関係者これでも悪党だの金にまみれているだので国民をごまかしますか?
われわれは小沢さんという類まれな人材をまだ総理という場に送ることができていません。 日本の国益にとってもどれだけの損失でしょう。

一人でも多くの方に視聴お願いします。 投稿に感謝致します。


44. 2010年7月15日 14:49:45: J9xQ4kF7tg
>>38

先ず、小沢氏の「外国人参政権」賛成の趣旨、そして、その「範囲」を小沢氏のホムペで確認してみて下さい。
彼は、「在日朝鮮人オールドカマー」を「範囲」として、その立法の主旨を「歴史的見地(日韓併合)」としています。

この主旨に関しては、意見の相違はあれど、「論理的論駁」は、賛成、反対派とも、不可能だと思いますよ。

で、推測も入りますが、「政治戦術」として、「外国人参政権」をカードに使っているような雰囲気がある、「公明」とか、「社民」とかの「左翼政治勢力」を「釣る為の餌」のような使い方。

「範囲」を広げようとしているのは、「小沢氏ではなくて、もっと左翼寄りの勢力」でしょうね。

小沢氏は、様々なイッシューの実現の為に、多数派工作をする、政治家として当然の努力、その中の、「カードの一つ」という程度の認識しかないようの思いますね。


>>41

確かに、小沢氏は、「民主党との合流」で、政策を「転向」している事は事実です。
新自由主義から、セーフティネット重視というか、左翼的方向へシフトしています。
小泉竹中路線の結果を見て、当人の中で、「自論の変更」があったのかもしれませんね。

ただ、

>子ども手当・農家の個別所得保障などはグランドキャニオンに柵を作ることではないのですか?演説で批判していた国が面倒を見てやることでは。

これは、余りにも粗雑な考え方だと思いますよ。
演説の主旨は、「日本人とは?」です。
グランドキャニオンに柵を必要としない、「日本人という主体」の有り方について語っているのであって、「国が柵を設ける」というのは重要な問題ではないんですよ。大事なのは、

「国の側の対策ではなくて、グランドキャニオンに立つ「人間」を問題にしている」

んだと思いますよ、この演説は。

子供手当ては、「少子高齢化への対策」です。
子供を作る人と、作らない人との「経済的格差」を解消して、子供を作る事は損ではないという方向付けをし、子供を作る事への価値への動機付けの為の、「国家側からの経済的フォローアップ」というだけの事です、それが少子高齢化への歯止めの一助となる、「甘やかし」なんて単純なものではありません。

農家の個別所得保障も「甘やかし」なんて単純なものではありません。
日本の農産物の質を維持し、生産物価格の暴落による、農家の「生産コストよりも下がった場合のマイナス」を補填し、生産物価格がコストを上回った場合は、農家の利潤になり、生産のモーティベーションがあがる。
しかもこのシステムだと、『貿易自由化を阻害しない、農業生産物の保護化なんていう手法を採る必要が無い』
農業というのは、「ギャンブル」なんですよ、しかし、「ギャンブル状態」を放置しておくと、農家はどんどん離散して、日本の「高品質農業」は失われる。
結果、自給率が下がり、「国の安全の根幹部分が失われる」。
農水省の意見に、「農家の大規模化、法人化」という手法もあるんですが、それをやると、「生産コストは下がっても、『日本農産物の品質』は下がる、しまも、原理的に、『海外農産物の価格競争にはとても勝てない』、地方が、『大地主だけ』になり、零細ながらも良い農産物を作ってきた人々がいなくなる、農村地帯の崩壊につながるんですよ。
小沢氏の主張は、そういうものです、別に『甘やかして』いるんじゃないんですよ、

『海外農産物の安さに対抗する為には、『質』で日本農産物は勝負すべき、そのための『農業経営が持つ構造的問題』をフォローアップする』

という主張です。

>国の財政破綻への危機感も感じられないし(消費税批判)。

そもそも『財政破綻の危機があるのか?』という根本的問題があります。
亀井氏の主張する、『積極財政派』の主張の論拠を調べてみて下さい、『財政危機派』よりも、よっぽど、論理的だと思いますよ。
マスコミや財務官僚なんかの主張も、危機を煽るだけから、『積極財政派のデータによる論理的主張』によって、どんどん、『危機一辺倒から修正を余儀なくされてきている』という事実があります。
全く危機は無いとまでは言い切れませんが、『世間で騒がれるほどには危機の可能性は薄い』とだけは言えると思いますね。
デフレや不況の状況においては、消費税上げるなんてそれこそ『自殺行為』、
物事には、

『今、真っ先にやるべき事と、長期的に『タイミングを見て』やるべき事』

の二つがあります。
小沢氏が、亀井氏のような立場にたっているかどうかは、当人が語っていないので何とも言えませんが、小沢氏の主張する『経済政策の順序』は正当ですし、特別おかしな事は言ってませんよ。



45. 2010年7月15日 15:24:05: P21DXl0W6c
みんなの党、清和会・中川派。政策の蜜の中に毒を含ませてる。騙されないように気

をつけてください。

http://bit.ly/btDTNh


46. 2010年7月15日 18:49:58: 4g816eE6zM
私は日系アメリカ人ですが、小沢氏のこのスピーチはすばらしいと思いました。確かに毎年グランドキャニオンから人が落ちてたら日本だと大問題になって、国民が政府や役所に対応を求めると思いますが、この日本人的な考え方が多くの問題の原因だと思います。

国に何かを求めるということは、自分の権利を少しずつ国にあげると事です。結果的にそれは自分を縛り、自由と権利を少しずつ失うことになります。ルールが増えれば自由は少なくなります。

日本人はルールを守るのが好きですが、あまりルールを増やしすぎると国が強くなりすぎて本当に自由が無くなってしまいます。

日本人の意識改革をして"お上に守ってもらう"という考えをやめて、みんなもっと自由な社会を求めれば、官僚の権力も減って、日本人のクリエイティビティーが最大限に発揮され、またすごい国に戻ると思います。


47. 2010年7月15日 21:37:20: G3L4JVzqQM
>>31
さすが都合の悪いものは見ない。焦点のすり替えを行なおうとする。
小沢信者の特徴だね。

自分の見たいものしか見ないことこそ、愚か者のすることですよ。


48. 2010年7月15日 23:17:34: J9xQ4kF7tg
>47

俺は、「小沢が韓国に媚売ろうが、朝鮮の血を引いていようが構わない」
いう事を言いたかっただけなんだが?

そんな事は「都合の悪い」事でもなんでも無い。

「都合が悪い」というのは、お前がそう思ってるだけだろ?
とことん、

「頭の悪い奴だなw」


49. 2010年7月15日 23:32:31: J9xQ4kF7tg
>自分の見たいものしか見ないことこそ、愚か者のすることですよ。

お前が挙げた動画とかさ、皆見てるんだよ、ファンなら誰でも知ってるレベルの動画。んで、その動画も「見たいのよ」、ファンだから。
んで、「笑い飛ばしてる」のよ。

小沢氏も中国や韓国への親善外交、頑張ってるなあ、ご苦労様、位の認識しかないのよ。

お前等が、「勝手に『売国奴』と妄想こいてる」面もあるんじゃないの?
そこら辺の判断なんて、「人まちまち」。

どうせならさ、小沢氏って、ホテルマンの噂で、「スカトロ趣味」だっていう都市伝説がある、その動画ぐらい引っ張ってこいよ。それ位じゃないと、「ファンは納得しないよw」

つまらないんだよ、お前の挙げた動画とか言いたい事ってさあ、類型の塊でさw


50. 2010年7月16日 01:20:42: DONzdoFnTQ
小沢一郎の中に現代の福沢諭吉を見る思いがした。

「この国際的変動と、国際化の波とを乗り越えてゆくだけの「資質」と「能力」は、十分に、日本人は持っている。足りないのは何か。「勇気」と「決断」です」

「そういう意味で、本当に、一歩、一歩、国民全体の人がもう一歩、世直しのために勇気をもって踏み出すことによって、大きく、日本の政治も日本の社会も変わることができるのではないかと、私は思っています」

「そして日本がもし、そういう自己改革ができるのならば、この21世紀、日本は、アズ・ナンバーワンの地位をまた確立することができるのではないかと、私は思っております」

国民一人ひとりに向けられた真実の教育が、ここにはある。私たちは上の一語一語を噛みしめる必要があると思う。



51. 2010年7月16日 05:45:57: DCHDReL3A2
>>44
>彼は、「在日朝鮮人オールドカマー」を「範囲」として、その立法の主旨を「歴史的見地(日韓併合)」としています。


40万人ほどの戦前からの在日朝鮮人だけならば、私も小沢氏の意見と同じです。

つまり、特別永住者(平和条約国籍離脱者およびその子孫)に限定するのならばOKです。

 しかし、それならば、この法案はそれほど大きな問題ではないのです。
 反対者の反対理由はそういうことではないのです。
 小沢や民主党の法案とは、オールドカマーだけでなくニューカマーも含めていて、さらには韓国人だけでなく中国人も含めていることです。

 保守右翼系が、なぜこの法案に反対しているかといえば、今後、新しくどんどん1000万人に向かって増加するであろう中国人(や新しく移民する韓国人)などの、一定期間滞在して「一般永住者」の資格を得た人も、地方参政権を付与されることを狙いとした法案、であるということだからです。これは大変、危険であるともともに考えればわかることです。

その事例に、沖縄や対馬など日本の人口の少ない自治体に、既に日本に長年滞在している中国人が、大量に組織的に引っ越してきて(住民票を大量移動した上で)、その自治体市長選で立候補した帰化中国人候補に投票して、多数決を制し、市長を選出させるという話があります。

全国各地の過疎地で、そのような中国人市長や新移民の朝鮮人市長がゾクゾク誕生する危険が上げられています。特に心配されているのが、防衛拠点や水や資源のある自治体です。

小沢さんは、そこらへんの話をあいまいにしているからこそ、保守右翼系(平沼、城内実など)が小沢さんを徹底的に攻撃しています。しいてあげれば亀井さんも反対です。
亀井さんも、日本国籍でないものが、選挙権を得たら、政治的な利害をめぐって権力闘争がおき、民族対立にまで発展する、それはよくないと明確に、心配しています。つまり特別永住者だけでなく一般永住者への選挙権付与に対しての反対を表明しているのです。
(その点についてあなた様は触れられていませんが、どのようなお考えですか?)

よって、日本の将来を心配するひとたちにとって、そのような小沢さんが、「天皇の祖先は朝鮮人」発言をしたことは、さらに感情的な反発を引き起こしました。

ちなみに、私は、参院選は、比例、国民新党、選挙区、小沢派民主に投票しました。郵政民営化ストップは最優先事項だと思うからです。

 外国人参政権以外の政策については、小沢さんの政策をほぼ支持していますが、衆院選のマニュフェストから削除したばかりの外国人参政権(ニューカマーにも参政権付与)を保守の心配を平然と無視し、法案としてプッシュしたことからも、根本的には、小沢さんは政治家として信用でない人だと思われます。



52. 2010年7月16日 13:44:36: G3L4JVzqQM
>>49
???

まず動画自体、私自身は上げていないんだが。
貴方は何を言っているんだ?
そもそも私が動画上げてるなんて一言も言ってないんだが。

妄想と憶測ばかり考えてるから、ついに虚構の現実まで頭に浮かび始めたのかな?

さすが阿修羅板の住人。基地外っぷりが半端じゃないな。


53. 2010年7月16日 15:23:43: J9xQ4kF7tg
>>52

ああ、すまんすまん、29とと同一人物と勘違いしてしまった。
俺の主旨は理解してくれたんだね?ならばオッケー。

>>51

>。ハその点についてあなた様は触れられていませんが、どのようなお考えですか?)

名無しの私の意見なんか、正直って、どうでも良いような気がしますが、訊かれたので、個人的意見を書きますね。

私も、「オールドカマー」以上の範囲拡大には、「反対」です。しかし、その反対の「論理的正当性、正統性を確実に論証」までは出来ません。

で、外国人参政権に関して、民主党内では、賛成と反対の両論があって、小沢前幹事長は、「両論併記」の形で取りまとめたんじゃなかったかな?そして、前国会では「棚上げ」にされた形で決着してましたよね?
総合的に見て、

「民主党の、執行部や政権の立場としては、(その執行部や政権が『極端な連中で固まらない限り』)、『建前がどうであれ』、真面目に法案として出す気なんか無い」

ような気がしますね。

長期低落傾向の、「社民、共産、公明」は、支持層のこれ以上の拡大が「日本国民」には望めないので、マジなんでしょうけれども。

ただ、「ねじれ国会」となった今、

「民主党が、本当に通したい法案の為に、上に書いたような政党(共産除く)に、外国人参政権法案と引き換えに、『バーター交換』する」

危険性は出てきましたね。

後、外国人参政権は、「小さい地方議会の構図を変える」、これは、

「地方議員を国政選挙運動の兵隊として使っている自民党の選挙戦体制」

に打撃を与える。小沢氏の本音の狙いはそこにもあると思われます。

何れにせよ、

「外国人参政権法案は、「政党の党利党略の為の法案」であって、『国益云々は大げさな意見』」
というのが、私の見解ですね。
逆の立場の自民党も、同じようなもんだと思いますよ。
自民党が、かつて党内若手から出た、「在日朝鮮人無条件帰化法案」を潰したのも、「国益云々」より、「党の存在基盤にデメリットしかない」というのが本音だったと思いますしね。

その程度のモンなんだと思います。


54. 2010年7月16日 15:40:13: J9xQ4kF7tg
外国人参政権法案というのは、「憲法9条」みたいなもんだと思うんですよね、9条改正よりは実現可能性が高いだけで、「神棚に飾るだけで、使用はしない」みたいなね。

ただ、上で私が書いたような危険性があって、「実現」する場合も否定出来なくなってきた。

「一部の人しか望んでいないのに、国会運営の都合で実現してしまう」

その責任は、民主党にも、自民党にも、無い、敢えて言えば、そのような国会勢力図を選んでしまった、「国民に責任」があると思いますね。

外国人参政権が、「範囲が拡大されたままで」実現した場合、日本の様子はどうなるか?悪くなるのか?良くなるのか?

未来の事なので、「全く解りませんね」。
通ってしまったらしまったで、問題がおこったら、その時に何とか処理するしかないしね。

無責任かもしれませんが、私にはそれくらいしか言えませんね。


55. 2010年7月16日 22:11:25: DCHDReL3A2
>>53
>私も、「オールドカマー」以上の範囲拡大には、「反対」です。しかし、その反
>対の「論理的正当性、正統性を確実に論証」までは出来ません。

日本社会の政策は日本人が決める、ということに正当性があるのでは?
一方、成立すれば、在日韓国朝鮮人は2重参政権を得られます。明らかに正当性がありません。

参政権付与は棚上げになりましたが、そもそも、マニュフェストに書かれていない政策です。つまり、国の根幹に関わるこの政策を小沢さんが密かに積極的に推進すること自体が異常です。

>。ヨ民主党の、執行部や政権の立場としては、(その執行部や政権が『極端な連中で
>固まらない限り』)、『建前がどうであれ』、真面目に法案として出す気なんか無
>い」ような気がしますね。

仮に、本当は真面目に法案として出すつもりがないのなら、平沼さんとか城内さんや保守系とその支持者をわざわざ無理矢理激怒させてしまったことは、選挙において大失敗だったと思います。いくら在日票を集めても、マイナス票がもっと増えたと思います。ダミー行為だとしてしても、そのマイナスははかりしれない。

>長期低落傾向の、「社民、共産、公明」は、支持層のこれ以上の拡大が「日本国
>民」には望めないので、マジなんでしょうけれども。

共産党や公明党の支持基盤が在日朝鮮人なので変更しようがないのでしょう(在日朝鮮人は反対しているという変な状態ですが)
社民党は、昔と変わらないままでは、今後もどうしようもないですね。

>ただ、「ねじれ国会」となった今、「民主党が、本当に通したい法案の為に、上
>に書いたような政党(共産除く)に、外国人参政権法案と引き換えに、『バー
>ター交換』する」危険性は出てきましたね。後、外国人参政権は、「小さい地方
>議会の構図を変える」、これは、「地方議員を国政選挙運動の兵隊として使って
>いる自民党の選挙戦体制」に打撃を与える。小沢氏の本音の狙いはそこにもある
>と思われます。何れにせよ、「外国人参政権法案は、「政党の党利党略の為の法
>案」であって、『国益云々は大げさな意見』」
>というのが、私の見解ですね。逆の立場の自民党も、同じようなもんだと思いま
>すよ。

結局、自民党も民主党(この法案を推進した小沢も鳩山も)も、日本国家や日本人のためではなく、党利党略が大事なのですね。

国益を優先させて動いている政治家は、とても少ないと感じます。国民新党については、再選するためには郵政票が必要であることももちろんあるでしょうが、これまでの行動を見ていると、日本の国益とマッチした数少ない人たちだと思います。その人たちが惨敗(当選者ゼロ)するのが今の日本です。選挙制度に致命的な欠陥があるのでしょう。

>ただ、上で私が書いたような危険性があって、「実現」する場合も否定出来なく
>なってきた。「一部の人しか望んでいないのに、国会運営の都合で実現してしま
>う」その責任は、民主党にも、自民党にも、無い、敢えて言えば、そのような国
>会勢力図を選んでしまった、「国民に責任」があると思いますね。

ほとんどの国民は、外国人参政権のことなど、ほとんど意識していないと思います。民主党はマニュフェストにのせませんでしたので判断しようがありませんでした。鶏が先か玉が先か。の話かもしれませんが。

通されたらそれはそれで仕方がないですが、今後、中国人1000万人移民(一般永住者)に参政権与えて、いったいどうしようというのでしょうか。
すでに、水資源のある自治体の土地を中国の兆万長者が買いあさっているといいます。日本は安全保障など考えない国でいいのでしょうか。2050年には、私も生きているかどうかわかりませんが、おそらく、都会はアメリカの1州になり、地方は中国の1省になるのかもしれません。

>名無しの私の意見なんか、正直って、どうでも良いような気がしますが、訊かれ
>たので、個人的意見を書きますね。

掲示板に書き込んでいる方はみな個人的な意見書き込みをしているのだと思います。返信ありがとうございました。


56. 2010年7月17日 16:52:13: J9xQ4kF7tg
>55

>日本社会の政策は日本人が決める、ということに正当性があるのでは?
一方、成立すれば、在日韓国朝鮮人は2重参政権を得られます。明らかに正当性がありません。

ここら辺の「各論の正当性」について、反論しようと思えば出来るだろうという事は、貴方も解りますよね?

「歴史的経緯からの「正統性」の観点による『特例的』政策』な訳で、原則論を持ち出せばそりゃあ、「正当性」はありまんよ。

「正当性」に拘るなら、自民若手の「無条件帰化」の方が良い、ですが、「国政にまで、参加させる」というのは、どうなのか?という「現実的問題点」がある。

じゃあ、「参政権も無条件帰化も認めない」という自民党右派の主張であれば、
「日韓併合自体が合法的であって、『主権侵奪』などではない」という前提にたたないと、「在日朝鮮人オールドカマーの現実を無視する」という事にしかならない。
まあ、事実として、そのようにされてきたし、「そのように放置したまま、彼らの子孫に『帰化という手段を取って貰って』、先送りして『問題消滅』して貰う』
というのが「現実的な解決法」なのかな?とは思います。だが、この解決法には「正当性も正統性」も無いというのは解りますよね?

要するに、

「ベストな解決法も無いし、ベターな解決法も無いが、どれかを選ぶしかない」

種類の問題なんですよ、「在日朝鮮人オールドカマーをどう扱うか?」についてはね。

二重参政権については、一見、不公平感がありますね、ただ、在日朝鮮人は、「本国の参政権」に関しては、数的な意味でも現実的なメリットは無いだろうし(妄想を働かせば幾らでもメリットありますがw)、日本での参政権の方が当人達にとっては、重要でしょうね、「現実に日本に住んで、これからも住んでいくでしょうからね」、事実として、在日は、「本国の参政権」に関心が薄いという現実があります。そして、二重参政権というのは、「韓国の意思」の問題であって、「韓国が在日の参政権を認めているから、それを理由として、日本では在日に参政権を認めない」というのは、筋が通らないでしょう。
在日の参政権というのは、あくまで、

「在日と日本という二者の問題として」

考えるべきだと、私は思います。

私個人は、どれもベストな解では無いのだから、「基本的には、どれでも良い」、だから、小沢氏が「在日朝鮮人オールドカマーに対する参政権」を主張しているのなら、

「まー、良いんじゃないの?」

程度のスタンスです。
以前は、「無条件帰化」が良いと思っていた(憲法違反にならない)んですが、

@国政まではちょっと・・・・・
A帰化を認めると、後で、「撤回」出来ない

という欠点がある、「地方参政権」なら、問題が起こったとき、「法律改正」で、撤回出来るという利点があるから、

「『認めるのであれば』、無条件帰化よりは参政権の方が良い」

と主張を転換しました。

>仮に、本当は真面目に法案として出すつもりがないのなら、平沼さんとか城内さんや保守系とその支持者をわざわざ無理矢理激怒させてしまったことは、選挙において大失敗だったと思います。いくら在日票を集めても、マイナス票がもっと増えたと思います。ダミー行為だとしてしても、そのマイナスははかりしれない。

逆に、革新票は取り込める、損得勘定で、民主党は、「賛成のポーズの方が得」と判断してるんでしょうね。

>結局、自民党も民主党(この法案を推進した小沢も鳩山も)も、日本国家や日本人のためではなく、党利党略が大事なのですね。

良く、そういう言い方される方多いんですけど、

「党としての政策が日本国家や日本人の為にベストであると、彼らは前提で動いている、だから、その党利党略は当然である」

という部分もあるんですよ、党利党略を安易に否定するのは、軽率だと思いますよ。
まあ、公明党とかね、あそこまで行けばね、「党利党略として批判」もしたくなりますけどねw
彼らは、「創価学会の利益の保護」が本音なんだからw

>国民新党については、再選するためには郵政票が必要であることももちろんあるでしょうが、これまでの行動を見ていると、日本の国益とマッチした数少ない人たちだと思います。その人たちが惨敗(当選者ゼロ)するのが今の日本です。

同感ですね。
個人的には、「もう、日本には、小沢氏と亀井氏ぐらいしか、実力も含めて、残されていない」と思ってますから。

>今後、中国人1000万人移民(一般永住者)に参政権与えて、いったいどうしようというのでしょうか。すでに、水資源のある自治体の土地を中国の兆万長者が買いあさっているといいます。日本は安全保障など考えない国でいいのでしょうか。

これも同感です。
「今の中国人」だけは、「ヤバイ」。これは、論理じゃなくて、私個人の「直感」です。私は、論理より直感を重視する人間なんで、「マジ、ヤバイ」と思ってます。

>2050年には、私も生きているかどうかわかりませんが、おそらく、都会はアメリカの1州になり、地方は中国の1省になるのかもしれません。

大体、そんな感じになるんじゃないですか?
今のところ、悲観的観測しか浮かびません。
「小沢も亀井も歳、んで、後継者がいない」ですから。
嫌だ嫌だ・・・・俺は、「色んな意味で、『逃げます』」

さよなら、日本!


57. 2010年7月17日 23:14:55: KVupSxtwQc
小沢の言う日本型コンセンサスは「空気」を読むコンセンサス。決して「和」ではない。基準なく何も考えずに状況で判断するのが「空」。「空」と「和」は似ているようで違う。小沢がやろうとしている政策は「和」を基準にした政策だ。「国民の生活が第一」とは「和」の思想そのものだ。

基準がなく何も考えずに状況で判断する「空」に支配されている日本だが、モノを考える人間には「空」には耐えられない。だから、ネトウヨなどが「正」を基準に考え、小沢派などのネット言論は「和」を基準に考えるようになった。

私は「和」の思想を支持する立場だが、「正」の思想は否定はしない。だが、今のネトウヨなどの「正」の思想は劣化した「正」の思想だ。私はそれに対して怒りを覚える。敗戦により否定された「正」の思想だが、正統なる本物の「正」の思想の復活を願う。

ちなみに東洋思想である「和」の思想を西洋思想に置き換えるなら、それは「隣人愛(チャリティー)」であり、それを政治思想へと昇華したら、本物の下からのファシズムでもある。

ちなみに東洋思想である「正」の思想を西洋思想に置き換えるなら、それは「愛国心(パトリオット)」であり、それを政治思想へと昇華したら、本物の下からのナショナリズムである。


58. 2010年7月19日 03:57:06: DCHDReL3A2
>>56
>私個人は、どれもベストな解では無いのだから、「基本的には、どれでも良
>い」、だから、小沢氏が「在日朝鮮人オールドカマーに対する参政権」を主張し
>ているのなら


話がかみ合わないのは、この点です。

小沢氏も民主党も「永住外国人地方参政権」付与をいっているのです。
これには「オールドカマー」だけでなく「ニューカマー」も含められます。
(オールドカマーだけなら私も参政権付与OKです。彼らは元日本人ですし。
 ですが、ニューカマーには反対だ、といっていいたいのです)

これは、今後やってくる、新しい中国人や韓国人移民に対しても10年日本に住めば。地方参政権を与える制度ということです。
(社民とつるためのダミーかどうかは判断しようがありません)

だから、こんなビデオで口先でいいこといっているからといって、小沢一郎を盲信するな、信者になるな、といいたいわけです。

ただ、小沢の長所もあって、「自分の頭で考えろ」、「洗脳されるな」といっている点です。

実力と根性を兼ね備えた政治家が、日本には亀井と小沢しかいないのは同意です


59. 2010年7月19日 05:15:37: KVupSxtwQc
ある種の帝国主義的な考えを基準に考えれば、外人を日本人化して逆輸送するのも手だとは思うけどね。どうせ日本人は島国根性で外国語が喋れないのだから、日本語を世界、少なくてもアジアに普及するしか手はないと思う。

60. 2010年7月19日 09:27:21: UM46Hl13gg
>>41、44さん

子ども手当ては、もうひとつ年金問題との関連も考えるべきだと思う。
年金制度を一元化して、税金を投入するのなら、これまでの自分の拠出金と言う前提が崩れて(実態そうだけど)、どこの誰とも分からない人が支えることになる。
とすれば、若い世代を支えるのも、これまでの世帯ではなく社会が担い手とならないと合理性がない。また将来的に高卒者の職業機会が増える産業構造でもないからその点も考えなければならない。

農家の個別所得補償については、貿易自由化との絡みも重要。どのような理屈をこねても、いずれ米は自由化しなければならなくなる。その時にアメリカなどが、実質農業保護政策である個別所得保障を社会保障として既に実施し、WTOでも認められているのだから、日本が同様の政策を取ったとしても圧力をかけられたり批判されることはない。

あとオールドカマー、ニューカマーや国籍などさまざまな意見があるが、実際法律上で差別はできないし(国連人権規約にも抵触する)、小沢氏個人の意見がそのまま通るわけでもないし、そもそも小沢は「永住外国人の地方参政権」を言っている。
まずはhttp://www.ozawa-ichiro.jp/policy/05.htmを読んでみてはどうか?
それと先国会への提出は、小沢一郎は鳩山政権にノータッチだったんだから、推進しようとしたのは小沢一郎じゃなく、鳩山政権だ。何でもかんでも小沢のせいにするのはいい加減止めてはどうか。


61. 2010年7月20日 00:20:48: J9xQ4kF7tg

>60さん

>実際法律上で差別はできないし(国連人権規約にも抵触する)

そのまま、「外国人の国籍」を条件にすれば差別になりますね。
要は、

「在日期間という条件をどれくらいにするか?」

という事に尽きるんですよね。
これを、「60年以上の期間およびその子孫」と言う風に規定してしまえば良い。
「期間をどれくらいにするか?」は合理的な主権の範囲内として問題ない。
ここでの、「オールドカマー」の話は、「本音」の話であって、法律上の文言の話ではないんですよ。
リンク先の文章は勿論読んでます。
小沢氏の意見は、完全ではないにしろ、かなり「正統性」があると思っています。
「永住外国人≠永住資格者」という事もね。
「『地方』参政権」というのは、議論の前提になっていると思います。

>58さん

そもそも、「永住資格年数」が十年なんですが、その「期間」の検討も問題点になっているんじゃないんですかね?
社民党なんかは、「期間を短く」と主張している、逆に、小沢氏の主張から判断するに、「期間はオールドカマー限定に近いくらいに長く採るべし」としか読めないでしょう?法律にする時にはそのような手法になる。
上に書いたように、「地方」参政権というのは、そもそも「前提事項」です。
国政権なんて、「憲法違反が決定的」なんだからw

もし、法案を通すなんて事になったら、

「期間」

が一番の攻防点になるんですよね。
勿論、よく言われる「潜り10年」なんて抜け穴等は当然ふさぐべき事だろうしね。

でもまあ、政治を長く見てますが、「リアリティが無い」ですねえ・・・この法案。

通すデメリットに比べて、メリットが少ないんですよね。

デメリットと言っても、「右系の人達が騒ぐような妄想」じゃないですよ、「妄想的結果」というより、「通す」と、非難とか来るでしょう?非難もそうだけど、

「大方の日本人にはメリット無い」

これですね。

小沢氏も、筋論という部分と「民団の応援というメリット」があるにせよ、そこら辺の「メリットの無さ」は解ってる、だから、

「一応、ぶち上げてるだけ」

のような気がするんです。
勿論、俺個人の判断なんで、充てにはなりませんが・・・。



62. 2010年7月20日 00:57:19: J9xQ4kF7tg
んで、今までは、

「どうせ、民主党も本気で通す気なんかねーよ♪、右巻きの連中、騒いでご苦労様なこったw」

みたいな認識だったんですが、こんな「ネジレ国会」になるとね・・・・。
上に書いたような、「バーター」の可能性も出てきたし、水面下で、

「バーターするにせよ、実際、『期間』どうする?自民と立ち上がれ日本と国民新党、五月蝿いぜ?どうやって納得させる?社民を切って、『期間長くして』、右巻きの連中を納得させる?」

みたいな話も出てくると思うんですよね。
それが、「政治」ってもんだしね。

実際、原口なんて、「参政権は、外国人の『範囲と量』の問題だ」なんて発言してるでしょう?



63. 2010年8月30日 22:32:12: DUvzIdpQCw
ま、どんな名演説も公明党と組む算段を実行したら
民主党ともども終わりだな

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧