★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90 > 532.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
森喜朗元首相が小沢一郎前幹事長に和解を持ちかけ、小沢政権樹立に向けての動きが活発化
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/532.html
投稿者 hii8765 日時 2010 年 7 月 14 日 03:36:43: SUvgBP5/fSaow
 

森喜朗元首相が小沢一郎前幹事長に和解を持ちかけ、小沢政権樹立に向けての動きが活発化

以前にも引用したが、西郷隆盛の言葉を収録した「南洲翁遺訓」(財団法人荘内南洲会刊)を再度引用しよう。「十三 租税を薄くして民を裕にするは、即ち国力を養成する也。故に国家多端にして財用の足らざるを苦しむとも、租税の定制を確守し、上を損して下を虐(しい)たげぬもの也。能く古今の事せきを見よ」
 為政者たる者は、経済景気政策により国民生活を裕にしなくてはならない。国家財政が苦しいからと言って、安易に国民に重税をかけてはならない。それよりも、国会議員をはじめ国家公務員が、俸給などを減らして、財政の健全化を図る必要があるという戒めである。明治4年ごろ、荘内藩士が西郷隆盛に直接会って教示された言葉である。民主党が今回の参院選挙で大敗したのは、最高権力者がである菅直人首相が、西郷隆盛の説くような基本的な戒めに反した行為をしたのが、最大の元凶となったということである。菅首相、仙谷由人官房長官、枝野幸男幹事長、玄葉光一郎政策調査会長(公務員制度改革担当相)らは、実に迂闊であり、幼稚だった。
◆さて、「衆参ねじれ現象」という菅首相にとって由々しき事態に陥っているなかで、菅首相から「しばらく静かにしておいて欲しい」と言われている小沢一郎前幹事長は、何をしているのであろうか。最新の取材結果を紹介しておこう。
 まず、自民党の森喜朗元首相が、小沢前幹事長に「昔からの仲間だから仲良くやろうや」と和解を持ちかけてきたという。小沢前幹事長は、参院選挙最終盤、北陸地方にいた。ところが、投票日に雲隠れしていたが、夜遅く東京に帰ってきた。石川県は、森元首相のお膝元である。
◆小沢前幹事長は、選挙結果を見て、菅首相、仙谷由人官房長官、前原誠司国土交通相、枝野幸男幹事長、玄葉光一郎政策調査会長(公務員制度改革担当相)ら「反小沢グループ」を見限り上機嫌、いよいよ水面下で次の一手を打ち始めている。民主党内で小沢前幹事長と行動を共にすることが確実な国会議員は、衆参合わせて180人といい、この180人が民主党を離党したら、菅政権はその瞬間に瓦解する。小沢前幹事長が180人を引き連れて、自民党に合流する。小沢前幹事長にとっては、もはや「大連立」という政党同士の利害を超えて、元の鞘に納まることになり、単純明快な復党である。自民党側は、何が何でも権力の座に返り咲きたいので、大歓迎し、小沢前幹事長を新総裁に選び、国会で新首相に指名する、という筋書きという。「政権を安定させて、国民生活を裕にする」という大義名分により大同団結するのである。
◆渡辺喜美代表の「みんなの党」は、森元首相の別働隊と言われており、自民党に復党する。もちろん、「国民新党」「たちあがれ日本」も揃って自民党に帰る。「たちあがれ日本」の与謝野馨元財務相は、再び財務相に就任する。「新党改革」の舛添要一代表も、この企てに参加させて欲しいと小沢前幹事長に申し込んできているという情報もある
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/6f0a8a041b12a670dd29a82b5a7971a8  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月14日 04:25:03: pp0EWQcIBU
タイトルにソースを明記したほうがいいのでは?
hii8765=itagaki-eiken氏なら不要かもしれませんが。

02. 2010年7月14日 04:30:57: Ee34p52FAM
なんだこの荒唐無稽な「情報」は?

だれがなにを期待してこういう情報を流しているのか知らんが,
万が一(京が一・・・だな。w),んなことになったらその時点で「日本終了」だよ。


03. 2010年7月14日 05:05:40: ei4bs9Dw8U
まあ、こんな記事もあるにはあるんだよ。

http://www.fujisan.co.jp/magazine/25/b/352374
AERA(アエラ)<デジタル>のバックナンバー
2010/07/05発売号

政界
読売・渡辺会長激白「小沢の使者が来たよ」
「新・大連立」で、「与謝野を財務相にするから」と

----------

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/94e86ef20eecd100cb0c6d703011125e
◆「政治は数」は、自由民主主義の鉄則である。この冷厳、冷徹、非情な原理を思い知らされているのは、政策マンを自任してきた菅直人首相、仙谷由人官房長官、枝野幸男幹事長、玄葉光一郎政策調査会長(公務員制度改革担当相)らである。これらの政治家は、政策さえ立派なものを掲げれば、政治をうまく行えると思い込んできたところがある。
 とくに菅首相の勘違いは救いがたい。小沢一郎前幹事長のことを「選挙のプロ」という言い方を通り越して「選挙屋」と揶揄し、ある意味でバカにしてきたけれど、小沢前幹事長が、政治家としての総仕上げと位置づけてきたのは、「参議院での多数確保」であり、多数確保により実行できる「思う存分の政策実現」である。少なくとも過半数が確保できなければ、目指すべき政策、いわんや理想や夢は実現できない。だからこそ、全国の選挙区事情に精通した「選挙のプロ」が必要なのである。もちろん、それだけではない、徹底した選挙指導も不可欠である。この点、菅直人首相、仙谷官房長官、枝野幹事長、玄葉政策調査会長(公務員制度改革担当相)らは、己の選挙に強くても、他人の選挙を物心ともに面倒見ることのできる「器」としては、小さすぎる。
◆菅首相はいま、どう見ても大海に漂流する「ひょっこりひょうたん島」の村長さながらに、もはや政権担当能力を喪失している。民主党代表選挙を9月5日に行う案が浮上しており、それまでの間、落選組の千葉景子法相を留任させることを決めているが、これは、菅首相が、すでに政権の命運が尽き、死に体となっていると自覚している何よりの証拠である。民主党代表選挙で菅首相が再選されると考えているとしたら、それは妄想である。菅政権は、選挙管理内閣から事務管理担当内閣に弱体化してしまっているということである。本来なら、こうした難局を打開できるのは、小沢前幹事長のみであるにもかかわらず、「しばらく静かにしておいて欲しい」と宣言した菅首相やこれを印籠代わりにした枝野幹事長は、いまさら小沢前幹事長に助けを求めることもできない。余計なことを言う必要もなかったのに、自業自得である。
◆それ以上に、菅直人首相、仙谷官房長官、枝野幹事長、玄葉政策調査会長(公務員制度改革担当相)らがバカなのは、小沢前幹事長が何ゆえに東京地検験特捜部に狙われたのかに対する洞察力を持っていなかったことである。気づいていたとしたら、これを民主党内の権力闘争に利用しようとしたということである。東京地検験特捜部は、小沢前幹事長を追い落とそうとする勢力の最先端の手先機関として作動させられたという事実を見逃してはならない。小沢前幹事長追い落としを図る勢力の中心にいるのは、俄かに信じられないかも知れないが、アメリカ最大財閥ロックフェラー第三世代目の末子(五男)、ディビッド・ロックフェラー(シティグループ、エクソンモービルのオーナー)である。この勢力に直結している日本側の政治勢力は、自民党の森喜朗元首相、小泉純一郎元首相、竹中平蔵元総務相の市場原理主義者らであり、米国ネオコンに直結する紺前誠司国土交通相である。これに対抗してきたのが、ロックフェラー第四世代目の嫡男であるジョン・D・ロックフェラー四世(ゴールドマンサックス社オーナー、米民主党上院議員、ウエストバージニア州選出)であり、日本側では、小沢前幹事長、与謝野馨元財務相が親密である。
◆ところが、ディビッド・ロックフェラーとジョン・D・ロックフェラー四世は、同族であり、叔父と甥の間柄でありながら、「本家争い」に明け暮れし、しかも、双璧をなす国際金融機関として激烈な覇権争いを繰り返してきた。これに日本の保守政界も巻き込まれ、翻弄されてきたのである。とりわけ、自民党の森喜朗元首相、小泉純一郎元首相、竹中平蔵元総務相らは、米国政府−在日アメリカ大使館・CIA−東京地検特捜部ルート、あるいは、自民党政権(内閣官房、官房機密費)−日米のマスメディア利用ルートにより、小沢前幹事長を目の仇にし、政治資金源や資金処理をめぐってアラ探しに懸命となり、血道を上げてきた。それがついに、東京検察審査会の審査というところにまで達してきたのである。
 しかし、ここに来て、森喜朗元首相から小沢前幹事長に「もうロックフェラー財閥のお家争いに巻き込まれるのは、止めよう」と「和解」の申し入れがあったというである。もう疲れ果てているのである。それにしてもなぜ森元首相の方から和解を申し込んできたのか。一つには、先月、小沢前幹事長が、読売新聞社グループの渡辺恒雄会長に使いを派遣し「自民党と大連立したいので仲介して欲しい」と依頼したと渡辺会長自身が朝日新聞のアエラのインタビューで明かしているような事情がある。もう一つは、小泉元首相が、ディビッド・ロックフェラー側から受け続けてきた金銭がらみの脅しにもう堪え切れなくなったという事情もあるらしい。小沢前幹事長が、森元首相とうまく和解し、自民党という「元の鞘」に納まることができれば、日本の政界に再び平和が訪れるということになる。


04. 2010年7月14日 05:52:49: KxLjQlsJ42
ブログを見てみると
こいつは田母神系、つまり壺売り系と見て間違いない

しかし小沢が本来、消費税上げ・海外派兵等に積極的だったことや
小泉という存在は本来、清和会のメインストリームではない事
木村剛の現在を考えると、あっさり小泉を切って・・ということもなくは無い

たとえ小沢にその気は無くても、今後控える検察審議会など
四面楚歌なのは菅と同じであり、どちらが先に悪魔に魂を売るか
という事になるかもしれない

小沢の支持基盤がどこにあるかは誰よりも本人が分析できているであろうことが
救いではあるが、それらが余り頼りにならん事は今回の選挙で証明された


清和会と組むこと、とりわけ小沢グループが取り込まれることは重大な事態であり
最悪の事態である


05. 2010年7月14日 06:03:19: KxLjQlsJ42
失礼、審査会

06. 2010年7月14日 07:32:37: odRkyI2qRw
とにかくどんな形でも構わないから政権を奪還したいと言うことで動くだろう。 ただしそんなちゃちな話に小沢氏が乗っかる筈はないと思う。 どうせ読売のナベツネ氏あたりの言いふらしている話じゃないか。 基本的なスタンスが米国追従からの決別というのが小沢氏の主張だから、それに同調できる筈はない。 菅政権は遠からず野垂れ死にする。 これから先が正念場になるのじゃないだろうか。 小沢政権が出来るのが望ましいとしても、その財政・経済についての政策を、いま少し解りやすく説明してもらいたい。 ノーマル・カントリーを目指すと言うのは、外交面での話が中心のようだが、むしろ経済と財政をどうするのかを語って欲しいと思う。 特に財政については、来年度の予算をどのような形で組む心算なのか、安易な消費税の増税はとるべき道ではない。 小沢政権が出来るとしても、誰が財政・経済の舵取り役を引き受けるのだろうか。 そこが知りたい点になるだろう。 N.T 

07. 2010年7月14日 07:35:56: eJpJR4SFmM

減税で国の経済を豊かにするで始まったのに、

最後に、与謝野財務大臣ということでこの話が嘘だとわかった。


08. 2010年7月14日 07:42:49: jNgnyye5Ew
小泉元首相が、ディビッド・ロックフェラー側から受け続けてきた金銭がらみの脅しにもう堪え切れなくなったという事情もあるらしい。

ここが重要です、小泉の悪事が暴露されれば自民党は分裂する。
清和会切捨てが出来れば大連立も可能性がある。


09. 2010年7月14日 09:47:22: SBztI6XWSY
熊本での古賀との会談は、信憑性はあるかと思う。

恐らく9月の代表選での布石を打っているのだろう。
もし小沢派がたてた首相候補が敗れた場合、
小沢・鳩山派でクーデターを起こすのだろう。
どっちが出て行くか残るかは問題ではなく
民主党の分裂、前原菅が追い出された場合は
小沢民主党とでもするか
前原が減った議席・分を自民党の山崎派・古賀派
と組む算段をしているのだろう。
山拓古賀が、清和会を追い出して新自民党になったとして
小沢民主と山拓古賀自民・国民新党の連立政権も一つ
の選択肢として布石を打っているのかもしれない。
ムネオ氏真紀子人脈で額賀派の一部も流れてくるだろう。
これでいよいよ民主を追い出された、前原一派とみんなの党と首長新党・
上げ潮清和会でみんなの新自由主義党でも旗揚げするのだろう。
森・町村は引退、小泉は逮捕。
残った糠ピーと高村派と立ち上がれが合併するのだろう。立ち上がれ保守新党
とかいう名前か。

だいたい新機軸が見えてきたね。

菅は小沢氏に土下座して許しを請うのだろう。
自民・山拓・加藤る・菅・亀井の新YKKKの間柄があって
とりもつから許してくれと。
加藤るの子分の中谷というおっさんも田中真紀子と中がいいみたいだし。
小鼠政権の頃よく一緒に談笑する場面があったから中谷も真紀子が引っ張って
くるかも。


10. 2010年7月14日 10:09:01: DmCC9k6hHM
 今さらの豚男が何を云うかだな。森は自分の出番しか頭にない。森からはじまって奸奈悪徒まで、三流以下のアホが日本をミスリードしてきた。
 高級料亭通いフェチの森は、早く引退して自分の金で支払をしろ。日本中の金持ちとゴルフを繰返し、1回、200万円〜300万円の小遣いを稼いでいるが、税金申告はしていないよな!
この豚やろうは、リップサービスだけは一流だ。中身はないが…。

11. 2010年7月14日 14:55:59: zcK37yX4xl
この様な怪情報が流れるの理由は
民主党への揺さぶり作戦?

菅政権側から自民党に連立を御願いさせる
連立条件を自民党の都合に引き寄せる狙いかな・・・・


12. 2010年7月14日 17:55:11: 5FhufSYmmI
旧田中派軸の再編が怖いんでしょ。

13. 2010年7月14日 19:42:10: SBztI6XWSY
>>12 考えてみると結局今一番信頼できる政治家は
田中派っていうことになるだろう。
小沢氏・田中真紀子・ムネオ氏野中経由の親田中派・
国民新党の元党首綿貫さんも田中派だ。
田中角栄の霊界からの逆襲?
本当は、無実。アメリカに嵌められた。
成り上がるのに多少ムリはした。だから汚い金がないとはいわない。
でも国民のことは考えたっていうのが本音か。
没後改めて庶民宰相が見直されつつあるかもね。

ちょい飛行機ヲタの話させてもらうね。
当時ロッキードのトライスターとダグラスのDC10旅客機は、
ほぼ同じ大きさで性能のライバルだった。
今思えばDC10旅客機は、初期トラブルが多く欠陥機でもあった。
日航が導入した頃は改善されたのだが
当初全日空もダグラスのDC10を導入する予定だった。ダグラスも全日空に
導入する予定の機材を作っていた。
そしたら突然ロッキード事件でトライスターに変更になったわれだが、
実は全日空に売り渡す予定の機材か゛別の会社に売り渡されたのだが
全日空へ売る機材が機体の欠陥で墜落事故を起こしている。
全員死亡だ。日本人も犠牲になった。原因がわからなかったが構造上の問題だったそうだ。
その事故があったから究明された。

もしロッキード事件がなければ、全日空でその事故があって日本人が犠牲になった
ところだ。田中角栄が救ってくれたともいえるんだ。


話は戻ってだったらギャグで
新生小沢民主党の名前
田中新党っていうのはどうだろう。
田中康夫党首・田中真紀子副党首
小沢最高顧問。


14. 2010年7月14日 20:40:57: sYnaEzKBbY
野中と小沢が繋がるわけがない 今度の菅クーデターは野中も絡んでいるのじゃ?
例の野中告白(官房機密費の使途)オリジナル民主党議員に流れているのでは


田中真紀子が小泉と連係したのは野中を潰すため(橋下龍太郎とかも)
経世会で田中派を乗っ取ったので仕返し?
が、自分も切られてしまった。


15. 2010年7月14日 21:35:01: 1ReFbxv7SA
小沢さんが誰とどう組もうが、「国民の生活が第一」を実践出来る環境で、自民党がそれに協力するのなら、何の問題もない。

昨年8月政権が国民側ではなく、アメリカや既得権益側にあるのを阻止すべく、民主党へ、政権交代したからである。

自民党が、国民側に変われるか、変われるのであれば、小沢さん総理大臣で賛同する。

今の民主党、菅内閣では、自民党より官僚側に変質、これでは本末転倒。


16. 2010年7月14日 22:22:06: HKdYuMcKzo
小泉のチョーセン政治が自民の保守の良識をずたずたにしてくれたわけだから
小泉残党と民主のネオコンが合体して自由主義党つくればそれでよし

日本的なるものの真逆のネオリベがのさばったことがそもそもの間違い


17. 2010年7月15日 13:50:31: sKSzW9w7DY
03. 2010年7月14日 05:05:40: ei4bs9Dw8U様
>◆それ以上に、菅直人首相、仙谷官房長官、枝野幹事長、玄葉政策調査会長(公務員制度改革担当相)らがバカなのは、小沢前幹事長が何ゆえに東京地検験特捜部に狙われたのかに対する洞察力を持っていなかったことである。

一般的にB層と揶揄される人達(TVコメンテーターも含む)以外、余程な鈍感でない限り、小沢氏が執拗に狙われ、失脚させられようとしている理由は先刻承知のはず、こう思っています。


15.2010年7月14日 21:35:01: 1ReFbxv7SA 様
同感です。

これまで、「自民なんてとんでもない、民主党が政権を取れば必ずや・・・」と信じてきました。
しかし、もはや見ての通りの民主党の呆れた実態に、政党で括る状況ではないのではないか、と感じますね。


18. 2010年7月15日 19:15:34: ZsUNOgGnko
>最新の取材結果を紹介しておこう。
>まず、自民党の森喜朗元首相が、小沢前幹事長に「昔からの仲間だから仲良く
>やろうや」と和解を持ちかけてきたという。

これは怪情報、いや捏造記事ですね・・・


19. 2010年7月16日 02:19:16: 05UhnFBHRM
14>正解。
野中は民主党の官房機密費の情報をつかんだ気がする。前原か仙石あたりが流したのではないか?私の予想。
それが無ければ、あんな事は口が裂けても言わない。現実に平野は内閣から下ろされてしまった。
3億の行方。川村の2億行方〜誰も追及しない!!

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧