★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90 > 560.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
巷に蠢く魑魅魍魎 / 『自民さきがけ』と『自由連合新進党』に再編成?  (晴れのち曇り、時々パリ)
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/560.html
投稿者 純一 日時 2010 年 7 月 14 日 12:05:57: MazZZFZM0AbbM
 

http://blog.goo.ne.jp/veritas21/e/ef1b0ddede8e586d866a56e47ce55a15

2010-07-14 05:36:58

やはり、既存の『自由民主党』に対する<対抗軸としての『民主党』>では、二大政党制には成り得ない。


何故なら、と敢えて言わなくとも、今回の参院選の経過が雄弁に物語っている。

皆さん。

今回、<誰に>投票するか。
比例は<どの党>に。


悩みませんでしたか?

民主党の<コア>な支持者達は、『小沢信者』と『自民政治の悪弊を絶ちたい一身派』とに分かれるのでは無いだろうか。

勿論、昨年8月30日には、単に「流れに呑まれて」の浮動票の<風>も大きかったのは事実だが。


落ち着いて考えると、戦後65年の抑圧と搾取とに、ついに氾濫(反乱)を企てた<目覚めた>有権者達は、『民主党』がその可能性を示したから、民主党に投票した訳であった。


誤解を恐れずに言うならば、別に<民主党>でなくとも良かったのでは有るまいか。

例えば、民主党が掲げた<選挙公約>は当然支持された訳であるが、あの時点で『みんなの党』がもし300名の候補者を擁立する力が有ったとしたら、そして、例えば民主党が未だ少数勢力であったなら、民意は『み党』に集まったのでは無いだろうか。

少なくとも、「公務員制度改革」は、受け入れられたのでは無かろうか。


勿論、政策の中身が正しく<理解>出来て、判断出来る有権者は、『み党』の言う中身はデタラメである事は、すぐ解る。


「公務員を20%削減する」と簡単に言うが。

法的に首に出来ない公務員を削減するとなると、所詮は民間で引き取るしか<手>は無い訳だ。
その分一般社員が間引きされる事に成る。
しかも、公務員を引き受けると言う事は、平社員では無い訳で、その分コストが嵩む以上、普通の社員の待遇がさらに圧迫される事に成る。

体のいい<天下り>に過ぎない。

そのようなディテールは、今述べるつもりは無い。


ただ、言いたかった事は、昨年の政権交代は、なるべくして成った訳で、たまたまそれが『民主党』だった、に過ぎないと言えるのでは無かろうか?


だって皆さん。


旧社会党<左派>から、<新自由主義者>まで、あたかも「真左から真右まで」の百花繚乱たる『政治思想の盛り合わせ」ではないですか。


こんな<政党>に、確たる<指針>が示せて、目的に向かってまっしぐらに邁進出来るなどとは、到底考えられない。
それ以前に、本来の意味での<政党>の枠組みを形成していないのではなかろうか?

それでも、国民は支持した。

絶対に<この『民主党』>でなければ成らない、という訳ではなくとも、とにかく民意は民主党に託された。

そこまで、自民党政治=官僚支配のもたらした結果が、我慢の限界を超えてしまっていたからである。

そこに登場した<白馬の騎士>民主党。

そりゃ、雪崩を打って一票入れますわな。

そして、<誰が>引っ張るか、で山車の向かう方角は変わってしまう。

社中の<息が合う>事が、山車が無事奉納先に到達出来る条件であります。


山車の頂上で指揮を執る<代表>は「宇宙人」だった。
引き手達は、同床異夢。
お囃子は、耳をつんざく大音響で、引き手達の三半規管を狂わせ、見物の衆の感覚を麻痺させた。

交通整理の警官達は、行く手を強権でリードして、予定のコースを大きく湾曲させた。

引き手達も勢子達も、徐々に求心力を失って揺れ動く山車を、夫々が<自分の社(やしろ)>へ向かわせようと、テンデンばらばらに引き綱を八方に引っ張り、<社中の親方>の立てた工程表をことごとく無視し始める。


事ここに至ってしまえば、安全に山車を御する事等出来なくなってしまった。

道中で山車が壊れる恐れがでて来て、慌てた社中連中は、代表を入れ替える。
親方も入れ替える。


とたんに山車は、Uターン。

後ろから付き従っていた<見物集>をなぎ倒しながら、逆方向に大暴走。


かくして、お祭り騒ぎは<阿鼻叫喚>の大事故と相成り果てた。
先頭を走る名誉は仇に奪われ、山車は潰れる寸前と言う有様で、無惨な姿をさらしてひっくり返ってしまったのです。

さあ、そこでだ、お立ち会い!

「真左から真右まで」を、改めるべきなのではなかろうか。

そうでなくとも、山車をUターンさせた<新代表>は、息のかかった<引き手>達と、他の町内の社中と合同して、一番槍を競い合っていた<かたき>と手を結んで、押しも押されもせぬ<大型社中>をもくろみ始めた様だから。


<相仇>の中にも、いろんな異なるハッピを纏った連中が寄せ集まっている。


なるべく<仲間割れ>しないで済みそうな相手を、一人でも多く取っ捕まえて味方に引き入れないと、置いてきぼりを喰っちまった日には、目も当てられない程落ちぶれてしまう。


なんて、『真夏の夜の夢』か。
はたまた『テンペスト』か。

離合集散には悲劇は付き物。

誰がマクベスに成り、誰がオイディプス王に成り果てるか。。。


破れかぶれの<ほら噺>はさておくとしても。

『国民の生活が一番』派と

『自分の地位が一番』派とは、

袂を分かつ必要が有る。

絶対に有る。

そして、往々にして『自分の立場が一番』派が、常に先手を取り、巧く立ち回る物である。

数が物を言う民主主義。

バカでもチョ○でも、数のうち。

本気で日本を変えてくれる人達には、遅れをとる事無く、今回ばかりは「機を見るに敏」であって欲しい。


切に望む所です。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月14日 12:13:13: C4EjjZYveA
小沢さんが新進党を結成していらい、小沢さんが所属する政党に投票してきました。この私もこんかいは相当悩みました。しかし、やはり民主に投票しました。今、やはり小沢さんは検察審査会の結果がどうであろうと、民主から離脱して仲間を集めて新しいグループをたちあげるべきです。

02. 2010年7月14日 14:18:19: WjqVLj58KE
>>01
新党なんてつくって一からやり直している余裕は、もはやこの国にはない。
小沢氏の年齢も70近い。それよりも、
小沢派が代表選で勝って、新首相を選出し、公明党などを連立に引き込むなど、
新しい多数派を形成するべきだ。

03. 2010年7月14日 14:42:10: aHFuO1Qbu2
市川雄一氏が役職に復帰していました、新進党以来の一一ライン復活だと思います。
亀井さんや石井一さんはどうするのでしょうか?
いよいよ自民党は壊滅します。

04. 2010年7月14日 16:03:33: sy4SxNTKOI
>>02 の意見と同意です。
小生も小澤さんが自民党を離党してから応援しております。
新党立ち上げてから17年かかり、やっと現在の様な与党を構築出来ました。

再度離党して新党にしたら、12年後に小澤さんでも与党を構築出来るか疑問です。
代表選での勝利と、衆議院で2/3確保の国民新党、社民党との連立と他党からの引き込みを期待しております。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧