★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90 > 575.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本に増税を提言へ IMF、早期の実施を求める(asahi)
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/575.html
投稿者 black9 日時 2010 年 7 月 14 日 17:06:01: gWkPHV3D8TzCo
 

http://www.asahi.com/business/update/0714/TKY201007140219.html?ref=rss
2010 年7月14日15時5分 【ワシントン=尾形聡彦】国際通貨基金(IMF)が、日本に対する2010年の年次審査の結果、「日本の財政再建には今後、歳入面の施策が中心にならざるを得ない」として、増税の必要性を週内にも提言する見通しであることが13日、分かった。IMF関係者が朝日新聞の取材に明らかにした。

 提言に拘束力はないが、世界に向けて示されることで、消費税引き上げをはじめとする税制論議に影響を与える可能性がある。

 IMFは加盟国に対して、通常毎年、経済見通しや経済政策について分析・提言する年次審査(4条協議)を実施している。今年は5月半ばにIMF代表団が日本を訪れ、日本側と協議した。

 IMFは近く発表する報告書の中で、日本の今後の財政再建について、歳出削減はすでに一定程度進展していることから、今後は歳入を増やす「増税」が軸にならざるを得ない、と指摘する見通しだという。また、日本政府の中期計画に沿って財政再建を進めるなかで、増税は中期的に段階的に実施する必要があるとも提言するという。

 IMFはさらに、日本経済は今後2、3年の間、成長率が比較的高いと見込まれることから、増税はできるだけ早く実施したほうが経済に与える影響が少ない、とも言及する見込みだという。

 IMF関係者は13日夜、増税を実施すべき時期については、「IMFは各国の政治状況などは勘案しないため、来年度など早い時期を念頭に置いている」と語った。

 IMFは昨年7月に発表した09年の年次審査では、「財政政策は、経済に必要な景気刺激を提供している。景気回復がしっかりした段階で、中期的な財政再建に優先順位を移すべきだ」と指摘。「短期的な財政出動策」と「中期的な財政再建策」の両方に言及していた。
──────────────────────────────────
IMF「日本は消費増税を」 早期の財政再建を提言2010年5月19日21時45分
http://www.asahi.com/international/update/0519/TKY201005190380.html?ref=reca

 国際通貨基金(IMF)は19日、ギリシャの財政危機をきっかけに各国の財政赤字に注目が集まっているとして、日本に対し「2011年度には財政再建を開始し、消費税を徐々に引き上げていく必要がある」と提言した。IMF代表団が財務省や日本銀行との定期協議で示した。

 提言では「公的債務の比率を減らすには、歳出増を抑制する対策を取らなければならない」とも指摘した。IMFのジェームズ・ゴードン・アジア太平洋局シニア・アドバイザーは記者会見で、財政再建に必要な消費税率の目安として、「15%ぐらいまで上げないと間に合わないのではないか」との見方を示した。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月14日 17:15:33: Ee34p52FAM
IMFの云うことなど聞いていたら,
生き残るのは高利貸しと博打打ちと手配師だけだぞ。

02. 2010年7月14日 17:20:08: DtdutbwPRY
デフレ脱却をしっかりやれとは言わないのか?
どうせ財務省が米経由で言わせたんでしょ。

03. 2010年7月14日 17:34:23: Qos5b6UPKo
IMFなどアメリカの道具でしかない! IMFに超多額の資金を出資している日本に対してふざけるな! 内政干渉は止めよ!

04. 2010年7月14日 17:39:28: a3foSY19sk
IMF、FRB、WorldBankは全てユダヤ系金融機関が握っている。増税を押し付け、国を滅ぼしてきた。カリフォルニアは増税で、鼻血も出なくなり、破産状態。結局は国を破産させ、優良な企業を安く買い取るシステムの悪徳中枢機関。グローバリストとも呼ぶ、吸血機関である。

05. 2010年7月14日 17:52:01: 5FhufSYmmI
IMF関係者を射殺しろ。

06. 2010年7月14日 17:53:39: 3NT6shbjq2
朝日は必死すぎる

07. 2010年7月14日 18:01:44: a3foSY19sk
ギリシャはサブプライムローンを買わされ、ゴールドマンなどから借金をし、破産に追い込まれ、今度はIMFから、増税、首切りを言い渡され、結局美しい島々をユダヤにとられたかわいそうな国。スペインも後に続く。サッカーなどにウツツを抜かしていると、尻の毛まで抜かれますよ。みなさん!

08. 2010年7月14日 18:11:36: W1Gc3q17ek
日本国民が決める事じゃーユダが言うな!

09. 2010年7月14日 18:14:54: ibwFfuuFfU
その通り!累進課税で所得税率をすぐに90%に増税すること、法人税については先進国で談合して一律に60%まで引き上げれば問題は即座に解決する。

10. 2010年7月14日 18:15:14: 5FhufSYmmI
IMF、ユダヤ人の巣窟じゃねえの?

11. 2010年7月14日 18:20:45: a3foSY19sk
銀行にも課税、空売りの禁止、デリバティブの海外取引禁止、コンピューターによる株取引の課税。もう銀行と国際企業の支配はたくさんだ。

12. 2010年7月14日 18:21:11: FSyPN1ESQM
「歳出削減はすでに一定程度進展している」
公務員の給料は20%アップですが…
「一定程度」とは何パーセントなんでしょうか。IMFさま。

「日本経済は今後2、3年の間、成長率が比較的高いと見込まれる」
みんなの党の「名目4%」でもムリだとの声が高いのですが…
「比較的」とはどこと比較されているのでしょうか。IMFさま。

「増税はできるだけ早く実施したほうが経済に与える影響が少ない」
どの国の経済の教科書に、そのようなことが書かれているか、知りたいもんですな。IMFさま。

それにしても日銀は、きちんと反論したんだろうか。

ちなみに、「日本にはIMFの出番はない」とする論文もありますよ。
http://jp.fujitsu.com/group/fri/column/opinion/201006/2010-6-3.html


13. 2010年7月14日 18:36:28: odRkyI2qRw
IMFの悪意に満ちた提言は無視すること。 今の情況での増税など自殺に等しい愚策である。 逆に消費税を廃止することのほうが消費を増やす。 円高対策なら通貨供給を増やして円安誘導をやっても良い。 政府発行通貨も一つの方法だろうと思う。 世界的に供給能力が過剰な状態だから、ハイパー・インフレになることはない。 N.T

14. 2010年7月14日 18:44:15: DtdutbwPRY
12さん、根津 利三郎「日本にはIMFの出番はない」読みました。
素人にも分り易く納得。なんで空き缶はこんなことも分らずに焦ったのだろうか?

15. 2010年7月14日 18:54:06: KFLkVokbuA
日本を独立国たらんとする政治家は数人を除けば皆無だ。

アメリカに蹂躙されて喜んでいるマゾヒスト議員・高級官僚ばかりだ。
アメリカに調教されてしまって、蹂躙されていることすらもわからない。


16. 2010年7月14日 19:03:14: aHFuO1Qbu2
木村が逮捕されたが、竹中、小泉はまだかな?

17. 2010年7月14日 19:16:16: Grfsl8zEwQ
アメリカには、提言しなくてもいいんですか?
アメリカは、
10会計年度(09年10月〜10年9月)に入ってからの累積赤字は9カ月間で1兆40億2800万ドルまで膨らみ、過去最大の赤字となった09年度に続き、2年連続で1兆ドルを突破した。
とすでに100兆円の財政赤字ですよね。
大統領も「11年度まで3年連続で財政赤字が1兆ドルを超えると予想」と、来年度も赤字の予定でしょ。
IMFにアメリカが介入してもらったほうがいいんじゃない?
参考ニュース:米国:財政赤字、2年連続で1兆ドルを突破(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/world/news/20100714k0000e020019000c.html

18. 2010年7月14日 19:47:19: dE2cIQEnYc
そうだ。アメリカにこそ介入せよ。
もっとも、今アメリカをいじったら、即破たんだが。

19. 2010年7月14日 20:59:41: 5FhufSYmmI
「朝日新聞の要求通りに明らかにした」の間違いですな。

20. 2010年7月14日 22:21:51: zwoYRL8emQ
民主的な責任を負わないような無責任機関が何をいう。
構造改革プログラムとやらを債務国に押し付けて、優良資産をタダ同然で国際的過剰資本に買い取らせる手口、百も承知しておるわい。

21. 2010年7月14日 23:02:09: 0TktwLC3jk
コメント者の多くはよくわかっている。IMF,WTO,世界銀行、の政策をまともに受け入れてきたところ、アフリカ、中南米では通貨危機、財政破綻がしばしば起こり弱者はひどい目にあってきた、経済が離陸する前に自由貿易の錦の御旗(星条旗か)に追い込まれ国内産業は育たなかった。農産物は買いたたかれた。権益を持つ国内の一部の人間と欧米資本のふところに資源算出国の利益の大半が入ることになった。勿論現在も続いている。国連の慈善活動やアーティストのアフリカ救済キャンペーンは目くらましの役割を果たしている。

日本が戦後、産業が再興し高度成長をとげたのは、競争力がつくまで国内産業を保護しその間に技術を採りいれ革新し競争力をつけたことによる。その後は国内市場に加えて輸出により産業が振興することができた。(かなり前の話だが)

その日本に続いた、台湾、韓国も同様の政策により産業はテイクオフできた。現在の中国の成長も日本モデルに共通する部分が多い。IMFのいうとうりにして庶民の生活が底上げされた例はない。


22. 2010年7月14日 23:44:53: hPb9xl2JXU
国民が負った負債とは、税金と言う形で、国民を支配するための方策となる。
イスタブリッシュメントが、己が失敗のツケを救済策と言う形を取って、国民に押し付け、己が既得権益を維持する方法。現在の国家は国民のためではなく、この
イスタブリッシュメントのためにある。そう言う国家の在り方に崩壊の兆しが見える。つまり、イスタブリッシュメントは、国民がいくら頑張っても返済できない失敗をしたと言うわけ。例えば米国のGDPは14兆ドル。しかし公的な債務だけで
100兆ドル(2百何十兆と言う数字もある)を超えている。後の数字では、私的な債務を加えると(私的な債務もサブプライムローンで明らかになったように、公的な救済に頼るざるを得なくなる)5百何十兆ドルになる。先進国はほぼ同じ様な事情にある。
国民は、税金を何のために支払っているのか知るようになってきている。自分がイスタブリッシュメントにますます隷属し、惨めになるために税金を払っていることを理解し始めている。
世界中で緊縮財政が取られる来年以降は、その流れが顕著に見えてくるだろう。

23. 2010年7月15日 11:42:13: 7tdokJUC0c
http://octhan.blog62.fc2.com/blog-category-58.html

電波利権の闇 の記事一覧

バッシングに負けて「電波オークション」政策を引っ込めたら連中の思うツボだ
電波独占を民主党にジャマされたくない
民主党を弱体化し支配下に置きたい
テレビはなぜ朝から晩まで鳩山政権を叩くのか<1>


24. 2010年7月15日 20:41:14: SOJ5SsJLXA
>>22訂正
>100兆ドル(2百何十兆と言う数字もある)
>5百何十兆ドル 
すべて1桁少なく読んで下さい。
500兆は50兆ドルに。
済みませんでした。

25. 2010年7月16日 06:57:44: FfYrDONfcA
IMFから日本の出資している資金を引き上げろ!

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧