★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90 > 665.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
説明責任が問われるメディアの姿勢(EJ第2857号)
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/665.html
投稿者 判官びいき 日時 2010 年 7 月 16 日 08:40:53: wiJQFJOyM8OJo
 

http://electronic-journal.seesaa.net/
政治家に「政治とカネ」の問題が起きると、メディアは集中豪雨のように報道します。しかし、そういう報道するメディアの記者たちが政府からカネをもらっているとしたら、報道する内容に大きな疑念が生じます。 民主党の小沢前幹事長の政治とカネを巡る疑惑については検察からのリーク情報に基づき、過剰なほど報道するメディアが、自分たちの問題になると、いっさいだんまりを決め込み、報道しない─こんなバカなことがあってもよいのでしょうか。

この問題で一人頑張っているのが、フリージャーナリストの上杉隆氏です。彼にはメディアサイドから有形無形のさまざまな圧力が今でもあるそうです。その上杉隆氏にまつわる知られざる2つの話題を提供します。

ひとつはテレビ朝日系『ビートたけしのTVタックル』から上杉氏に連絡があり、6月1日に官房機密費の特集を収録するのでゲスト出演して欲しいという依頼があった話です。ところが、直前になっていきなり中止になったというのです。局側に説明を求めると、同番組では野中広務氏をメイン出演者にする予定であったが、野中氏のスケジュールが合わず、VTRにも出たくないということで中止になったというわけです。

上杉氏は、TV局がいったん企画を立てて出演依頼をしておきながら、突然中止になるということはまずないことなので、何か企画を中止せざるを得ない「力」が働いたと思われる─このように述べています。もうひとつは、日本テレビ系『太田光の私が総理大臣になったら・・・』での話です。6月18日のことです。番組側は当初、政治評論家ら10数名に出演を依頼したものの、ほとんどの人に断られてしまったというのです。

結局、出演したのは、政治評論家の有馬晴海氏と上杉隆氏の2人だったのです。しかも上杉氏は米国出張中で、海外からの衛星中継での出演だったのです。したがって、当初の企画とはかなり違う内容になったのですが、とにかく放送されたことは画期的なことだったといえます。爆笑問題の太田光氏は、番組自体には何も働きかけの事実はないとし、次のように述べています。

−マスコミが報道しない、メディアが口をつぐんでいるということになれば、日本のメディアは全部駄目ということになる。俺はその中にいて、どうしてもそうは思えない。いままでに『太田総理』でこういって欲しいといわれたこともない−

しかし、上杉氏が「それなら、なぜいつもは出演するマスコミの人たちが、10数人も出演を断ったのですか」と聞くと、「それはおかしいと思う」と太田氏は認めたというのです。一般的にいえば、人は新聞が書いていることやテレビが報道していることは正しいと思っているし、まして繰り返し報道されれば、ますますそれが正しいと信じてしまいます。

それに検察が誰かを逮捕・起訴すれば、きっとその人は悪いことをしたのだと考えるものです。誰も、検察のやっていることを露ほども疑っていないからです。ましてや検察とメディアが記者クラブを介してつながっているなど考えもしないと思います。

しかし、今回の小沢一郎氏をめぐる検察の取り調べ、逮捕、起訴やそれを無批判に垂れ流すマスコミの報道のウラを探ってみると、こと小沢問題に関する限り、検察や検察審査会、それをめぐるメディアの報道は常軌を逸しています。かくして小沢一郎氏は、政治に絡むカネを集める古いタイプの薄汚い政治屋というイメージを着せられており、多くの国民がそれを信じています。

野党、いや同じ民主党内の反小沢派といわれる人々も、それを政治的に利用して既に幹事長職を降りた小沢氏に対して、その追い落としをはかろうとしています。しかし、事実はまるで違うのです。普通小沢氏を批判する人ほど小沢氏についてよく調べず、自分の感情と世間一般の風評だけで「あいつは悪いヤツだ」とアタマから決めてかかっていますが、それはメディアが作り出した虚像です。

小沢氏にかかわるあらゆる情報を集めて客観的に分析した結果では事実はぜんぜん異なるのです。それはEJの72回の「小沢一郎論」、ここまで61回の「ジャーナリズム論」を読んでいただければわかっていただけると信じます。はっきりしていることは、小沢氏に敵対する人は、小沢氏を強敵と見ており、潰しておかないと、自分たちにとって不利益であると考えているということです。

それは小沢氏が稀有な能力を持つ有能な政治家である証拠であると思います。参院選も終ったことですし、「ジャーナリズム論」は今回で終了し、「新ジャーナリズム論」に引き継ぎます。最後に、副島・佐藤両氏の次の言葉を紹介します。

副島:民主党の若い大臣たち、と言っても私より5歳ぐらい若い政治家ばかりですが、   放っておくとすぐに旧い勢力に取り込まれる。アメリカの手先にも進んでなろう   とする。はっきり申し上げれば、小沢一郎が倒れたら、今の民主党は危機を迎え   ます。小沢一郎の革命路線を守るためには、佐藤さんが言われた「協同戦線党」   的な国民運動をつくるしかない。もっと民衆が民主党政権の存亡に関心を寄せな   ければいけないと思います。
佐藤:そのとおりです。小沢一郎を守ることによって、たとえ一時、経済が苦しい状況   になっても、なんとか持ちこたえることができると私は思っています。もし、こ   こで小沢一郎が敗れれば、どーんと二重底の底が抜けて、恐らく国民の6000   万人から7000万人がその底のほうに落ちて、永遠に這い上がれないという状   況が私には見えます。

─副島隆彦×佐藤優著/日本文芸社刊『小沢革命政権で日本を救え/国家の主人は官僚ではない』[ジャーナリズム論/61]
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月16日 09:35:18: y2SPy6IwBg
おっしゃっていることは良く分かり、僕もそのように思っております。
しかし、言うは易しでその方法論は分かりません。
この問題は、個人一人ひとりが考えて解決を見出せるものではありません。
兎に角、集団で行動を起こす以外に道はありません。
その先頭の旗振り役を民主党議員にお願いしたいのです。
本当に民主党議員は私心を捨て国家のためにがむしゃらに立ち上がって
欲しいのです。
我々、民主党支持者は何処にでもはせ参じます。
お願いします。

02. 2010年7月16日 11:39:21: DmCC9k6hHM
>こと小沢問題に関する限り、検察や検察審査会、それをめぐるメディアの報道は常軌を逸しています。かくして小沢一郎氏は、政治に絡むカネを集める古いタイプの薄汚い政治屋というイメージを着せられており、多くの国民がそれを信じています。

 民主党議員の中には優秀な若者もいるが、その多くが、育ちの良いボッチャマである。自ら血みどろになって、汗をかきながら闘い続けるサムライは少ない。闘いを忘れたサムライは無駄な存在だから「仕分け」すべし。菅直人と枝野は、要領だけで生きてきた人間だ。腹が据わっていないから、脅かされるとどのような形にでも転ぶ。


03. 2010年7月16日 13:54:04: G3L4JVzqQM
衆議院選挙以前の時には麻生政権に対して、「政治と金」どころか「漢字の言い間違い」が政権交代に十分すぎる理由という事でネガティブキャンペーンを展開していましたなぁ。
民主党はそのおかげで勝てたのに、どうしてそれには目を背けるの?
それとも民主党支持者にとっては漢字の言い間違いがそれに足る理由で、小沢の政治と金疑惑は取るに足らないという事かな?
一体どこで物事の良し悪しの線引きをしてるのか疑問でならないね。

メディアが金や権力でフラつくなんてよくある話。
衆議院選挙以前のマスゴミの動向に何時までも目を背けてる以上、世の中の真実なんてみえてくるはず無いよね。何時までも民主党正義!自民党悪!マスゴミを操ってるのは検察!自民!アメリカ!って考えてる以上、それに対する答えが出てくる訳ないよな。

それとも何かな。衆議院選挙以前のマスゴミは正常なマスゴミだったのかな?


04. 2010年7月16日 16:15:10: DmCC9k6hHM
>03

 何をいいたいの全く意味不明でわからね〜ぞ。アル中かね!
「漢字の言い間違い」どころか、日本語を正確に学ぶべし。


05. 2010年7月16日 18:16:13: EyogUPdbyw
03様
で、達観しておられる貴方の答えは何ですか?

06. 2010年7月16日 20:33:29: vD9WYa3O82
03さま
勿論、戦後正力ゴミウリが発足以来マスコミははジャパンハンドラーのプロパガンダ
であります。到底まともではありません。
麻生首相は財政難の為に影で財務官僚を使いEUで20兆円規模も米国債を売ろうとしたり、私は実は郵政民営化には反対だった発言をマスコミにしてから、大手マスコミから一斉に非常なパッシングを受け始め退陣した。御主人様の指令に大手マスコミは正常に機能したということ。

07. 2010年7月16日 20:36:29: WYJ3sjkNx2
03さん、理解出来る部分と偏見(矛盾)のコメントに04,05さんが反発。

マスゴミは古今東西駄目ディア(反社会的勢力)、歴史が証明。説明責任義務不要の特権階級意識が根底にある。問題はその正体を知らない国民が問題。
麻生太郎(学習院大卒)自体が漢字もろくすぽ読めないのを総理にさせた国民的不名誉は永久に脳裏から消えない。


08. 2010年7月17日 12:09:47: J0o6rialnc
>03. 2010年7月16日 13:54:04: G3L4JVzqQM さん

>衆議院選挙以前の時には麻生政権に対して、「政治と金」どころか
>「漢字の言い間違い」が政権交代に十分すぎる理由という事で
>ネガティブキャンペーンを展開していましたなぁ。


麻生氏が漢字が読めない事が総理として不適格だと言っているのでは無い。
麻生氏だけでは無い、自民党は自分達で政策立案をしていなかった事が、麻生氏のあまりの字の読めなさで国民みんなに露見てしまったのだよ。
自分で考えた答弁書が読めない筈は無いだろ。
麻生氏が中学生の必須漢字も読めなかったと言う事は政策立案も。答弁書もみんな官僚がやっていたという、証左になると言っているんだよ。

>それとも民主党支持者にとっては漢字の言い間違いがそれに足る理由で、
>小沢の政治と金疑惑は取るに足らないという事かな?

あなたの言う小沢氏の政治とカネ疑惑って何?
何が小沢氏の政治と金疑惑なんだかみんな分からないよ。
どこに不正があるんだかそこのところをはっきり説明してください。
マスコミの作り上げた「政治とかね疑惑」と言う言葉のみを吐くだけで、本当は何の疑惑なんだか自分でも分からないんだろうないんだろう?
政治と金疑惑って、何の疑惑?
説明をしないと、説得力に欠けるよ。

>それとも何かな。衆議院選挙以前のマスゴミは正常なマスゴミだったのかな?

バカ言てんじゃないよ。
マスコミなんて、大本営からずっと、正常なはず無いじゃないか。
ずっと65年の自民党独裁政権の中で、少し批判する記事があったとしても、自民党続投を支持してきた事はみんなの周知する所だよ。
今回政権交代で民主党政権になってしまったから、何とか再び自民党政権に転覆させようと必死にデマ論陣張ってるだけじゃないか。
それにまんまとひっかっかっているバカがあんただよ。



09. 2010年7月17日 19:23:38: HZ2KLy0UzI
>>08サン

私の言いたい事を全部馬鹿に言ってくれてありがとう。


10. 2010年7月17日 22:19:43: 1ReFbxv7SA
投稿者 判官びいき さん

「説明責任が問われるメディアの姿勢」はそのとおりですが。

原口総務大臣は、旧郵政大臣も兼ねており、放送法執行の権限を持っています。

また、2月クロスオーナシップ禁止も提案していたのに、未だなしのつぶて、
ここにこの問題があります。

放送法では、「政治的に中立な報道しか出来ない」ことになっており、この法律で規制しない方がおかしいのです。
違反評論家は、即放送法違反で、処罰すればよいことだ。
政治的には、評論などいらぬお世話、偏向報道するとB層は、催眠術にかかる。

千葉法相も検察暴走を押さえる権限があるのに、行使しない。

これら含めて、現民主党閣僚に、職務執行上、怠惰があるのです。

ここのところを、ご指摘願えませんか?。

巷間指摘の金の力で、マスコミは、放っておけば現状のようになるのは当然、裏で操る既得権益者は、敢えて放送法違反を、黙認する、ここに政治主導があるはずだが、菅内閣は、赤子のように、これらに取り込まれ、右往左往、小沢さんの「国民の生活が第一」を、どこかに置き忘れてしまった。


11. 2010年7月18日 00:45:48: kEBL7qT5og
ジョン・ピルジャー「リベラルな報道機関によるプロパガンダと沈黙、民主主義の圧殺」
http://democracynow.jp/submov/20070807-1

ソマリアへ自衛隊、めちゃくちゃ違憲!伊勢崎賢治
http://www.youtube.com/watch?v=siOuDEmLN_s&feature=related

人類は強くなければなりません。自然法に対してです。人類同士、政党同士、宗派同士・・・の闘争は、非倫理、不道徳、荒んだ自然法無き世界です。法は、自然法が土台です。各地のそれぞれの小さきものの共生共存は自然法です。政党は、闇や密室がなくなれば、同時に無くなります。政党政治は、ゴマカシ・捏造の違法の似非民主主義です。

民主党は小沢派が最大だというのを信じれば、小沢の追い落としなどこそデタラメです。盗人政界はメディアと一体です。国民や庶民は政界や官僚や軍隊や世界資本等々の権力外にあります。小沢崇拝は、宗教です。ここは、本当のことを語ればよいのです。本当といっても、泥棒・殺人・詐欺・帝国主義・似非民主主義・権力側・カルト教義の立場で語るか、そうでないかで異なります。


12. 2010年7月19日 00:07:54: DCHDReL3A2
小沢さん含めて旧自民党時代の政治家が金まみれっていうのは、
昔から言われていることですよね。
社会党も自民党も、みな金まみれ。って告白している人がいるじゃん。

そうしないと、当選できない仕組みだったんだから。
当選できないと、政治家になれない。

戦後も、岸はCIAから巨額の金を受け取って、買収工作してきたし、金があるほうが強い。
検察もマスコミも全部買収できる。
それが、戦後60年続いてきた。

政治家に限らず、実業界も、どこでも日本社会というのは、買収合戦でしょ。
もともとは贈答文化のアジア全体がそういうもんだときく。

買収をやめさせることは不可能に近い。
上杉氏のいう欧米ではマスコミ買収はありません
というのは、贈答文化があまりないからではないですか?

そこらへん、日本人は日本文化を否定したくないから、誰もいいません。
おみやげもらって、みなうれしいのが人間の感情です。

問題は、誰もがやっていることを、日本社会は建前では否定して悪といること
だから、中立の議論なんてありえないのではないか
ようは、政治は、金と金の対決、力と力の対決 ってこと

日本は金持ちのはずだから金はあるが、それ以外の力がないから、アメリカに占領されているから、アメリカ側には勝てないよなあ

アメリカは法律だろうと正義だろうと関係なく、日本を屈服させるためには、いかなる手段もいとわない。国連もIMFもあらゆる国際機関は全てアメリカの手下だから、究極的には日本に戦争の脅しをかけてくる。

日本は、アメリカとライバル関係にある中国やロシア
あるいはインド、東南アジアの味方を作って、
見えない戦争に勝てるパワーゲームのできる人材を養成しないといけないのではないか。。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧