★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90 > 674.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「一粒で二度美味しい・利子課税と消費税」
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/674.html
投稿者 カッサンドラ 日時 2010 年 7 月 16 日 11:39:19: Ais6UB4YIFV7c
 

 キャラメルの話ではなく税金の話だ。「入り口」である定期預金の利息から掠め取られる国税+地方税と、「出口」でふんだくられる消費税のことだ。もちろん私とて憲法は読んだことがあるから「国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ(第30条)」ぐらいは知っている。現に両方の税金が取られ続けているのだから、法律に不備も矛盾もないのだろう。ただ法律とは「行政行為を正当化する」ものだと知っておきたい。


 一年定期で0.1パーセントつまり1000分の1しか利息が付かないことは、嘆いてもしょうがない。低金利のおかげで借金をしている人は、一息付けるだろうから。ローンが組める人を羨んだりなんて、勿論しない。しかし「同じお金」で入り口と出口で二度も税金を取ってしまうことは、たとえ法律上は可能であっても釈然としない。


 確かに「儲け」に課税するのは、法人税や所得税でもやっている。それが重要な財源であることもわかっている。外国でも同様に徴収しているのだから、「だから日本でも」というわけだろう。しかし納税の義務を負うとはいっても、国民を納税でがんじがらめにしてはいまいか? 国民健康保険も国民年金もNHK聴取料さえ、ある意味で「税金」なのだ。それがあまりに多岐にわたっているため、国民自身が忘れているぐらい「項目」が多すぎるのだ。


 税金徴収側も「入り口」を統合したほうが、国民の不信を招かないと思うのだがいかがだろう。それぞれの省庁が徴税をして特別会計の中へ消えるような事をしていては、いいも悪いも一まとめにして国民から「レッドカード」を突きつけられるぞ。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月16日 15:37:51: eJpJR4SFmM

下記のレポートに財政の原則が書かれています。

日本では財政の原則が歪められているし、そもそも財政原則を共通認識にしていない。
参考 有効に機能する財政を築くために
http://www.nikkeicho.or.jp/report/2003/nara_teigen.pdf

その中に書かれていることを抜粋ます。

特別会計や特殊法人の数が多いということは、財政操作によって国民から財
政の実態を覆い隠すということだけを意味しない。財政が本来、市場経済に委
ねるべき、「お金儲けをしてもよい」領域に進出していくことを意味する。

そもそも財政は、「お金儲け」をしてはならない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧