★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90 > 675.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢一郎前幹事長は、「国家の興亡」を意識して ディビッド・ロックフェラーとの「孤独な戦い」 を続けてきた。(板垣 英憲)
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/675.html
投稿者 純一 日時 2010 年 7 月 16 日 12:07:25: MazZZFZM0AbbM
 

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/11286d0a8e0c5525726374f558a99507?fm=rss


小沢一郎前幹事長は、「国家の興亡」を意識してディビッド・ロックフェラーとの「孤独な戦い」を続けてきた 【板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」】  2010年07月15日 20時27分15秒

◆民主党の小沢一郎前幹事長は、民主党最大派閥(衆院130人、参院37人)を率いていながら、実は、対アメリカ、とくに対ロックフェラー第三世代末子(五男)のディビッド・ロックフェラー(94歳)とその手下たちと熾烈な戦いにおいては、極めて「孤独な戦い」を行っているようである。

それは、日本国内では、小沢前幹事長と政敵との関係が国民の目にも、ある程度視界に入っているからである。これに反して、海外の敵を個々別々、具体的に見分けることは難しい。だから、大雑把に「アメリカ」とか「英国」とかという捉え方で受け止めて、議論するしかない。

しかし、日本が外から攻撃される場合、実際には個々の担当者なり関係者なりが強い目的意識を持って攻め立ててくるのであり、漠然とした勢力が仕掛けてきているわけではない。必ず特定できる敵がいるのである。

小沢前幹事長は、こうした具体的な認識を持って対外政治を行える数少ない政治家の一人である。過去には、岸信介元首相が、相手をよく見極めて、国家の興亡に携わっていた。大変優れた政治家であった。その岸政権下、衆院 衆議院安全保障条約等特別委員長を務めていたのが、小沢前幹事長の実父・小沢佐重喜元運輸相だった。


 そこで、まず、小沢前幹事長が、孤独な戦いを進めてきた経緯をザッと整理しておかなくてはならない。私は、拙著「民主党政変 政界大再編」(ごま書房新社刊)で、以下のようにまとめているので、紹介しておく。

 国家の興亡にかかわる防衛政策は、日本国憲法第九条の改正に踏み切るかどうかによって、大きく分かれる。そこで小沢一郎はいかなる防衛政策を持っているのかを知るには、小沢一郎がこれまでの人生の過程で、アメリカとどう関ってきたかを確認しておく必要がある。

〔1〕太平洋戦争は、日本の総資本(三井、三菱などの財閥)とアメリカの総資本(ロックフェラー、ロスチャイルなどの財閥)の対立を背景とする国家どうしの総力戦であった。日本が戦った真の敵とは、アメリカの総資本であったという戦争の本質を無視してはならない。

〔2〕日本はアメリカの軍門に下り、武装解除・戦争の永久放棄、戦力不保持を核とする日本国憲法を与えられ、アメリカ従属国となった。(終戦時、小沢一郎は三歳)

 〔3〕日本国憲法改正に向けて、小選挙区制度導入への動きに出る。真の独立国への再出発であった昭和三五(一九六〇)年、父・小沢佐重喜(元建設相)は、日米安保改定当時の衆議院日米安保特別委員長で、憲法改正のため小選挙区制度導入に向けて準備中、他界した。小沢一郎は昭和四四年(一九六九)一二月二七日、父の遺志を受け継いで政界入りする。

 〔4〕田中角栄首相は小選挙区制度導入を閣議決定したものの、オール野党の反対に阻まれ、原子力の独自開発に乗り出してアメリカに睨まれ、失脚した。小沢一郎は、その姿を目の当たりにする。

 〔5〕小沢一郎はバブル経済の最中、竹下登首相が東京と大阪の株式市場に新たに導入した「TОPIX日経平均株価」の先物取引(裁定取引)により日本の富が歯止めなくアメリカに流出する状況を見て憤激した。それは、竹下首相がアメリカ資本に強要されて日本の富が収奪されながら放置している姿があったからである。竹下登はアメリカに隷従していた。小沢一郎は金丸信副総裁とともにこれを食い止めようとして新党づくりに乗り出す。だが、金丸副総裁は、志半ばにして失脚した。

 やや古い話のように聞こえるかも知れないが、「日米関係」の歴史を振り返ってみれば、事の本質と重大さがわかるのである。
 アメリカの対日要求に対して、「日本民族」を守るために「めくらまし」してきた政治家は、民主党の「小沢一郎」副代表と、もしかしたら「小泉純一郎」首相かも知れない。

 まず、「小沢一郎」である。バブル経済がピークに差しかかった昭和63年9月3日、竹下政権の下で「TOPIX−日経平均株価を先物で売買」する「裁定取引」が東京と大阪の証券取引所に導入された。平成元年12月29日、ピークとなり以後、下落が始まる。主にソロモン・ブラザーズ証券とメリルリンチ証券とにより、わずか半年で「四〇兆円」もの資金がアメリカに流出した。取引を中止する「サーキット・ブレーカー」がセットされておらず、資金流出を食い止められなかった。バブル経済は平成四年八月一八日に終わる。「TOPIX−日経平均株価を先物で売買」する「裁定取引」は、アメリカ・レーガン政権の圧力で強要されて導入された。

 アメリカは、双子の赤字(財政赤字、貿易赤字)を解消させようとして、日本の株式市場から資金をアメリカに還流させた。
 実は、昭和六〇年九月二二日のプラザ合意により、日米英仏独5か国が、為替市場に協調介入して、一ドル=二三〇円を一気に一〇〇円台に突入させ、日本の資金を為替市場を通じて、アメリカに還流させていた)

 小沢一郎は、「サーキット・ブレーカー」をセットするように竹下首相に要求したが、アメリカからの圧力を恐れた竹下首相は、これを拒否した。小沢一郎は、ここに至って、「自分でセットしなくてはならない」と考え、自民党を出て、新党をつくり、政権を樹立して、自らこれを実現しようとした。

 平成五(一九九三)年六月、自民党を脱党し、「新生党」を結党し、七月一八日の総選挙で自民党を破り、下野させ、細川政権を樹立した。平成六(一九九四)年二月一四日、「サーキット・ブレーカー」に成功する。日本の株式市場から資金が、野放図に還流していくのが食い止められるようになった。
 ここで、小沢一郎は、一応目的を達した。

 だが、アメリカ・クリントン政権は、「対日金融戦争」を仕掛けてきた。保険・証券・銀行に打撃を与え、圧力に屈した橋本政権に「日本版金融のビッグバン」断行を決意し、小渕政権が平成一〇(一九九八)年四月一日から、実行し始める。
日本国民を「貯蓄型民族」から「投資型民族」に改造し、個人金融資産を銀行や郵便局から、株式や投資信託、外貨預金などの投機性の高い金融商品に振り替えて、積極投資させようと誘導したのである。その総仕上げが、「ペイオフ」であった。

 アメリカ・ブッシュ政権は、クリントン政権下にFRB議長に就任したグリン・スパンを引き続いて任用し、「対日金融政策」をさらに強化させた。その中核が「郵政民営化」による「三五〇兆円」の資本市場への解放であった。

 小泉首相は、ライフワークとも言うべき「郵政民営化」に命を賭けていた。首相が言うように「郵政民営化一つができなくて、どうしてほかの改革ができるのか」ということである。

 しかし、小泉首相は、「巧妙」にも「民営化」の実施時期を「一〇年先」に遅らせ、実質的にアメリカの対日要求の受け入れを先延ばしする方策を採用した。一年後には、小泉政権は次の政権にバトンタッチされており、一〇年先にブッシュ政権が存在しているわけではない。ましてや日本には「10年ひと昔」という言葉がある。ひょっとしたら、みんな忘れてしまっているかもしれない。

 その間に、いくらでも「骨抜き」ができる。場合によっては、「民営化」を「一〇〇年先に延ばそう」ということになるかも知れないのである。この結果、日本民族の「虎の子」とも言うべき「個人金融資産三五〇兆円」は、しっかりと守られていくことになる。

 アメリカの対日金融政策の意図をしっかり読み解くには、欠かせない人材である。(ただし、日本がアメリカに放った「内間」=敵国に送り込んだスパイ=のはずの竹中平蔵郵政民営化担当相が実は、アメリカに「反間」=味方のスパイが敵に逆利用されてしまうこと=にされていた疑いがある。「軍鶏のケンカ」のように派手、派手しなくては、アメリカ・ブッシュ大統領への「めくらまし」は成功しなかったのである。

〔6〕小沢一郎は、日本が国際金融資本からの総攻撃を受けるなか、常にアメリカを強烈に意識し、「日米の対等な関係」構築を目指して政権奪取に全精力を傾注した。

〔7〕国民の個人金融資産が国際金融資本に収奪されたため、小沢一郎は、金融機関建て直しに尽力する。

〔8〕小泉純一郎、竹中平蔵ら市場原理主義者に対抗し、ロックフェラー財閥との戦いに打って出て、郵政資産管理権の奪還闘争を繰り広げている。

郵政民営化問題には、「官から民へ」というシステムの変革という一面にのみとらわれていると、「国際金融資本から収奪される危険」を「許容するのか否か」という側面の2つの面があることをしっかりと自覚する必要がある。

小沢一郎が共闘を組んでいるのは、国民新党の亀井静香代表、社会民主党の福島瑞穂党首である。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月16日 13:23:22: D0scwE7Xso
この事実をもっと拡散しなければ!!!!
目を覚ませ!日本国民。

02. 2010年7月16日 18:04:18: KbwsW0bSOU
岸信介はあちら側じゃないの。
A級戦犯で絞首刑になるところを、「これからはロックフェラー様のために働きます」と許してもらった。

03. 2010年7月16日 22:40:53: odRkyI2qRw
確かもう96歳になられたと思うので、日本支配の夢も時間切れになるだろう。 何時までもあると思うな、XXXXXと金ってね。 N.T

04. 2010年7月16日 22:59:05: xTqHxVJ5d2
小沢議員が力を政治で充分に発揮できるようになれば、田中角栄氏が
日本を動かしていた頃のような元気な日本が蘇るんじゃないだろうか。

小沢議員のHPの一心会の講演のビデオメッセージを見て
本気になってやるぞという意気込みが感じられた。

できるだけ、抵抗勢力を兵糧攻めで力の弱体化を狙っているんじゃ
ないだろうか。


05. 2010年7月16日 23:55:47: Qi1P2Q3m4U
大枠は非常に興味深く読ませて頂きました。
全体の流れが掻い摘んで説明されてて読みやすかった。
1つだけ、小泉が善人みたいになってるのが気になるけど。
まぁでも田中派経世会が金権政治と批判されてるけど、
その資金力があったから対抗出来た部分てあるんだろね。
政治と金をことさらに煽り、日本人の潔癖性を利用してるのは
他ならぬアメリカなのだろう。
その資金力さえ取り上げれば確実に愛国派が弱体化するのがわかっていたのだろう。
そりゃ金にクリーンである事はいいことだけど、
全体の構図を眺めてみると、小乗の善でしかないとも思うのは私だけかな?

06. 2010年7月17日 06:14:36: AQqyLULhMc
ヒーローがタイトルにあるような、「孤独な戦い」 を続けて
なんとかなるのはアニメか小説だけです。
仲間を増やすチャンスだった今回の参院選ですが、
民主党にお灸をすえるんだ!とばかりに批判しまくった
人たちが阿修羅にも溢れ、結果として小沢派になるはず
だった立候補者の多くが落選してしまいました。

07. 2010年7月17日 09:22:52: 7RNtjuTJao
小沢派に賛同する企業のモノを買う運動をしましょう

08. 2010年7月17日 09:42:46: i37fD8kRRc
戦後日本は対米従属路線でもそこそこやってこられましたが、今後アジアの時代を迎えるに当たって、アジア圏の覇権の片翼は中国が担うのは自明のこととして、もう一翼をどの国が担うのかということが問題になります。
このような状況の中で日本が対米従属を解消しつつ、中国と対等の立場でアジア圏の盟主の一翼を担っていくためには、中国との確固たる連携が不可欠の要件になるはずです。
現在、中国の内政問題の中で、最も深刻でデリケートな問題がウイグルとチベットの民族問題です。
アメリカによって裏から手を回され、マッチポンプ的に煽られ続けてきた問題であるとも言われています。

さて、参院選大敗に絡んで民主・牧野氏が小沢さんを「万死に値する」と批判し、責任追及する発言をしましたが、これはおそらく以下の私怨が原因ではないかと思います。
当時、牧野氏が代表を務めていた「アジアと中国の民主主義を考える会」が計画していた勉強会を中国訪問を控えた小沢氏が潰したというものです。
その勉強会では、当時来日していたウイグル人、ラビア・カーディル氏が中国・新彊ウイグル自治区での人権侵害の実態について報告をすることになっていて、氏は既に米国に亡命していた人物でした。
会議は中国訪問を直近に控えていた小沢代表(当時)の判断により中止されました。
このとき、中川昭一氏ら自民党議員と無所属の平沼赳夫氏ら約10人が都内のホテルに会場をとって開いた勉強会に出席したそうです。
 
 『 小沢一郎に潰された「ウイグル勉強会」 http://kok2.no-blog.jp/tengri/2007/12/post_9949.html 』


対米従属を解消しつつ、中国と対等の立場でアジア圏の主導的一翼を担っていくためには、中国・韓国の取り込み工作は必要不可欠です。
アメリカが対中戦略上、亡命を認めた人物で、中国を告発し続ける人物との勉強会を、民主党として公式な形で行うことが、一体何を意味するのかが牧野氏には全く見えていなかったわけです。

民主党の今までの執行部の中で、現代の『船中八策』を提示できる人物は果たして小沢さん以外にいるのでしょうか。
これを、小沢さんに対する禍根とし、「万死に値する」と批判するのであれば、牧野氏は『船中無策』を疑われても仕方ありません。

>小沢前幹事長は、こうした具体的な認識を持って対外政治を行える数少ない政治家の一人である。

確かにそのとおりだと思います。


09. 2010年7月17日 11:21:26: PuWHIEn7wU
小沢氏を、買いかぶり過ぎ。

二代目の政治家やないか。

庶民とは、違うんやで。

奥さん大企業の娘さんやないか。

 どこの馬の骨に、大企業の娘を嫁がせるんや。

みんな、いい加減に、目を覚ませ。

アホちゃうか。


 角栄が、偉かったのは、

ど田舎の、貧乏人から、のし上がったからやで。

 土台が、ちゃう。

本当の金持ちは、カネには、こだわらない。


10. 2010年7月17日 11:25:41: PuWHIEn7wU
小沢氏が、国民、庶民の事を心配はしていない。

権力構造の確立のために、わざと、アホな有権者に言っているだけ。


 あの目を、見なさい。

善意の人は、あのような目をしない。

 
 目は、その人を表すのだ。


11. 2010年7月17日 12:57:33: ptLVTwU032
石原慎太郎が「小沢氏の正体はね・・・自民党の幹事長時代、金丸氏と組んで
アメリカにバンバン金を貢いでいたの、アメリカからもチョッと言えば
金をどんどん出すんだ!!!(大笑)と言われていた・・・
そんな人間をあなた信用できますか?(言い回しは改変)・・・」
みたいなこと言ってましたが、小沢氏は変節したんですか?

今の小沢氏を私は嫌いではありませんが、過去については、
よく知らないので、どのような時代の小沢氏でも支持できるのかどうか
私には自信がありません。ただ、変節が悪いことと言う風にも捕えていない
ので(自分の誤りを認め速やかに是正するのは、誤りと知りつつ頑なに
自説にしがみつき、詭弁を弄するよりましだと思うから)この当時の小沢氏
が何を考えておられたのか、お教えいただける方いらっしゃいませんか?


12. 2010年7月17日 13:14:16: SvIFUGaGmg
副島、天木、植草、岩上、みんな小沢支持ですね。

13. 2010年7月17日 18:39:04: Nz0tLUvKJI
小沢さん支持者です。
人間は変わるものでしょう?

私も 911の前あたりまでは アメリカ大好き人間でした。
真実を知りませんでしたから。

真実を知ったら 変わるのは 当然です。
過去の事は もはや関係ありません。

日本には そんな余裕は無いのです。

小沢さん以外に誰かが 日本国民のために戦ってくれれば こんな嬉しい事はないのですが。


14. 2010年7月19日 10:01:39: mMdoBaKEqs
板垣英憲氏とは,どんな方なのですか。
この「マスコミに出ない政治経済の裏話」には事実ではないことが,あちこちに散りばめられているように見える。
たとえば,「岸信介元首相が…大変優れた政治家であった。」
     「田中角栄首相は…原子力の独自開発に乗り出してアメリカに睨まれ,      失脚した。」
こういう文章をなんと呼ぶのでしょうか。
真実を伝えるように見せていて,あちこちにウソを散りばめている文章を!
ベンジャミン・フルフォード氏の著作に似ているような。
ベンジャミン・フルフォード氏は真実を伝えながらも肝心なところでウソをついている。


15. Ddog 2010年7月24日 00:39:33: gb2b4T9TetGkU: lAx02BQws2
板垣英憲とは、元毎日新聞記者で売れない評論家

言っている事が支離滅裂、食う為に平気で変説する男。こいつのブログのつまらんこと・・・直ぐに読むのを止めた。

小沢がアメリカと戦っていると脳内妄想しているのは副島隆彦と同じ病気

笑わせんなよ!田中角栄を裏切った竹下登の七奉行はいったい誰だ!竹下が親米ポチだと非難するなら、小沢は何なんだ?

流石に元毎日新聞記者だけあって、矛盾する論理にまったく平気なようだ。


16. Ddog 2010年7月24日 08:49:04: gb2b4T9TetGkU: lAx02BQws2
板垣英憲のブログに下記文章を投稿しておいた。
承認されるとは思えないのでこちらにも貼っておこう。

貴方は、毎日新聞の記者だったというが、このご自分で書いた記事に矛盾を感じないのか?

竹下登は結果的に米国の走狗となってしまったが、貴殿の言う『竹下登はアメリカに隷従していた』のなら、なぜ田中角栄を裏切り経政会を立ち上げたのだ?金丸信がアメリカと戦った?
飯を噴出してしまった。

『日本国民を「貯蓄型民族」から「投資型民族」に改造し、個人金融資産を銀行や郵便局から、株式や投資信託、外貨預金などの投機性の高い金融商品に振り替えて、積極投資させようと誘導したのである。その総仕上げが、「ペイオフ」であった。』自称経済評論家を名乗るの止めたら?多少株式や投信に資金が回っても現在の個人金融資産の状況をちゃんと把握していたら、絶対にこんな文章は書かないぞ!恥ずかしくないのか?

まあ、貴殿は三流評論家としてまともな知識階級から相手にされないので、食う為とはいえ反米左翼層に自分を売るようなことを書いていて恥ずかしくないのか?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧