★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90 > 683.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
みんなの党との距離感で閣僚に温度差 公務員制度改革めぐり連合への配慮も
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/683.html
投稿者 gikou89 日時 2010 年 7 月 16 日 14:26:39: xbuVR8gI6Txyk
 

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100714/plc1007142228012-n1.htm

 仙谷由人官房長官は14日の記者会見で、参院での与党過半数割れを受けたみんなの党との連携について「同じ言葉で語り合える部分はあるが、具体化したときに一緒にできるかどうか。楽観的に感じていない」と慎重な姿勢を示した。ただ、玄葉光一郎公務員制度改革担当相は「公務員制度改革の考え方の方向性は一致している。歩み寄れる余地はある」と連携を模索する意向を表明しており、参院の多数派工作をめぐる閣僚間の思惑の違いが露呈している。

 政府は先の通常国会に、中央省庁の幹部人事を一元管理する「内閣人事局」新設を柱とした国家公務員法改正案を提出。これに対し、みんなの党は「偽装改革だ」(渡辺喜美代表)と批判して対立した経緯がある。

 結局、政府案は廃案になったが、参院選の敗北を受けて政府・民主党がみんなの党に譲歩すれば「当時、公務員制度改革を担当していた仙谷氏のメンツが丸つぶれになる」(政府筋)との見方も出ている。

 民主党には、公務員制度改革で譲歩できない事情がもう一つある。民主党は国家公務員人件費2割削減を掲げているのに対し、みんなの党は地方公務員も含めた「総人件費2割以上削減」策を打ち出している。これに、民主党の有力支援組織で、地方公務員労組の自治労を抱える連合から「やみくもな地方公務員削減はのめない」(幹部)と、不快感が示されているからだ。

 菅直人首相は14日、都内の連合本部を訪れ、古賀伸明会長と会談し、参院選の敗北を謝罪した。

 首相は会談で、野党時代の民主党が参院で多数を占めた前回の「ねじれ国会」と、衆院で与党が3分の2の議席を持たない今回のねじれは事情が異なるとの認識を示した上で、「それぞれの政策について、共通点がある項目もあるはずだ」と、政策ごとに連携するパーシャル(部分)連合の構築を示唆した
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月16日 15:51:03: FRONV22raU
国会議員全員が入党して 初めてみんなの党

今はまだ 少しの党だと思います。


02. 2010年7月16日 15:58:48: v3zhkFwr09
パーシャル(部分)連合なんて無理。
安定政権のためには、公明党と連立するしかない。

原口大臣を総理大臣にしましょう。それしか、もう手は残っていないでしょう。
自民党内にも、良識のある人もいる事でしょうから。
引っこ抜き作戦か、公明党との連立か、
政策ごとのごとの合意は難しいでしょうね党利党略に走るでしょうからね。
http://twitter.com/Asagaokunn/status/18428418336


03. 2010年7月16日 16:16:57: h69tTYryng


[削除理由]:意味のない投稿
04. 最大多数の最大幸福 2010年7月16日 19:43:24: d1qFhv8SE.fbw: QuVXQrYy3o
>仙谷氏のメンツが丸つぶれになる

 仙谷のメンツなど、どうでも良いから
 ちゃんと、やるべきことをやってくれ!


05. 2010年7月16日 20:06:08: WYJ3sjkNx2
民主党の政権運営は二っちも三っちも行かない閉塞状態。
公明党や痔滅党、みんながNOと言う党との連携は悪魔の選択。
これでは”国民生活が第一”の看板が泣く、これも無知で移り気の国民選択が蒔いた種、自業自得。残された道は小異を捨てて大同に付く政界再編が望まれるが、反社会的勢力(利権政治屋・官僚・マスゴミ・米国・評論屋等々)の壁を乗り越えるは至難の業。この難題の解決には小沢一郎氏以外いないが周知の認める処。気になるのは、身内(民主党)の小沢一郎氏批判にご本人のモチベーション減退である。重箱の隅を突っつく小沢氏の政治と金の問題を何時までも持ち出す与野党の屑議員に”喝”を入れないと前進しないと心得よ、無知で移り気の国民さんよ。
小沢一郎氏の後継者は原口氏で決まり。細野氏も女遊びを卒業すれば総理射程距離範囲内。(鬼畜米国J・F・ケネディの演説を引用して)無知で移り気の国民も政府が自分達に何をしてくれるのかを求めるより国民が政府に何が出来るかを問えよ。

06. 2010年7月17日 15:17:04: ZsUNOgGnko
“空き菅”蹴り上げカンカラカン!渡辺代表、独占激白
2010.07.16 ZAKZAK


国内海外政治フォト一覧ホーム政治・社会政治ニュース詳細
.“空き菅”蹴り上げカンカラカン!渡辺代表、独占激白2010.07.16
印刷する.

選挙後、メディアに引っ張りだこの渡辺代表。政局のキーマンになるか(栗橋隆悦撮影)【拡大】
 初陣の参院選で躍進した「みんなの党」の渡辺喜美代表が夕刊フジのインタビューに応じ、「ブレないアジェンダ(政策課題)が支持された」と改めて勝利宣言。一方、消費税発言で迷走した菅直人首相との連立を重ねて否定し、経済政策の分からない「空き菅総理」と切り捨てた。父親譲りの歯にきぬ着せぬヨッシー節が炸裂した。

 −−「民主敗北、みんなの党躍進」となった参院選の総括を

 「首相が交代して消費税論議を打ち出したにもかかわらず、発言がブレにブレまくった。『これじゃあ、この人、信用できない』と有権者に思われたことが大きい。それに対して、みんなの党は反民主、反自民の受け皿としてブレないアジェンダを主張し続けた。ここに支持が集まった」

 −−首相はなぜブレるのか

 「簡単なことだ。役人路線に乗せられちゃったからブレる。みんなの党のように官僚主導から政治主導へというブレないアジェンダをもっていれば当然、官僚の口車に乗せられることはない」

 −−首相の姿勢について、渡辺氏は選挙中「イラ菅、逃げ菅、こりゃあかん(菅)」と皮肉った。どこがアカンのか

 「経済の二番底懸念が現実味を帯びているときに、臨時国会の開会を党内事情最優先で党代表選後に先送りしようとしている。民のかまどの分からない、経済情勢の分からない、まさに空き菅総理だ。その総理が今度の選挙では国民に総スカンで蹴飛ばされ、『カンカラカン』っていう音がしたわけだ」

 −−焦点の民主党との連立や連携はあるのか

 「連立の可能性はない。みんなの党のアジェンダを100%丸飲みすればいいが、それは民主党が消滅することを意味する」

 −−実際、仙谷由人官房長官が公務員制度改革で連携は難しいとの認識を示した

 「(みんなの党が要求する公務員給与削減に)仙谷さんは行政刷新担当大臣当時、『給与下げればいいってもんじゃないでしょ』という答弁をしている張本人。本人自身が労組の代弁者として大臣になっているんだから、両党の埋めがたい溝や民主党の限界をよく分かっている」

 −−やはり菅・仙谷政権とは一緒にできない

 「組合の代弁者みたいな人たちとは組めない。だから『顔を洗って出直してこい』と言ったんだ」

 −−菅・仙谷政権が代わればいいのか

 「人の問題ではなく、アジェンダの問題。みんなの党はこの人が好き、嫌いという『好きだ、嫌いだ、コンチクショ−』で政治をやっているわけではない。アジェンダがすべてだ」

 −−一方、たちあがれ日本の与謝野馨元財務相は、みんなの党を「デマゴーグ(扇動的指導者)政党」と批判した

 「(与謝野氏は)霞が関の代弁人として霞が関の認識で話している。霞が関にとっては路線の違う人たちはまさにデマゴーグであり、筋の悪い路線ということになる」

 「われわれは官僚統制、中央集権打破を目標に掲げ、霞が関の既得権益にメスを入れる。霞が関や代弁者から罵詈(ばり)雑言を浴びるのは、百も承知でやっている」

 −−注目の参院議長では野党共闘が瓦解しつつある

 「私が参院議長交代を唱え、野党統一候補を出そうじゃないかと呼びかけたが、参院自民党は非常に後ろ向きだ。相変わらず与党ボケがとれず、せっかくのチャンスを逃している。公明党も議長は第1党(民主党)から出すという理屈を持ち出し、民主にシッポをふってすり寄っていった。その後、言い分を変えたが、腰砕けだ」

 −−政策面ではどこから着手するのか

 「まず議員歳費カット法案。日銀法改正を伴うデフレ脱却法案も。具体的には、日銀と政府が手を結んで物価安定目標を設定し、日銀にさらなるマネー供給をやってもらうという内容だ。これは近く与野党に呼びかけたい」

 −−民主政権のムダ削減は不発。みんなの党も埋蔵金30兆円発掘などを掲げている。可能なのか

 「民主党は官僚に使いこなされたちゃっただけだ。つまり、自民党を支えてきた『できない理屈の大天才』の官僚を居抜きで使えば『あれはできない』『これはできない』のオンパレード。無駄削減や埋蔵金発掘もできなくなるのは目に見えている」

 「だから、政権の意向に従うような改革派官僚を配置する人事を先にやらなければ、改革は前に進まない。みんなの党ならば、改革派官僚を国家戦略スタッフとして官邸に配置したりして幹部公務員を入れ替える」

 −−大阪府の橋下徹知事が参院選後、みんなの党の考えに「1から100まで賛成」と明言した

 「参院選の前にいってほしかったが…。まあ参院選がホップとすれば、統一地方選はステップ。みんなの党の公認・推薦候補を全国で擁立するつもりだが、大阪では知事の『大阪維新の会』と一緒に推薦候補を擁立することはあり得る」

 −−次期衆院選が「ジャンプ」になる

 「そうだ。まずねじれをテコにして国会でアジェンダを突きつける。国民の支持があれば、民主党でもビビる人が出てくる。民主党はすでに分解過程に突入し、これを促進することはできる。自民党からも、こぼれてくる人たちがいる。こうしたミニ政界再編をやり続けて統一地方選、そして衆院選になだれ込む」

 −−17日は参院選後初めて地元入り。「ミッチー」こと父・美智雄氏の墓参りもするが

 「父は『派閥の前に党がある、党の前に国家・国民がある』とよく口にしていた。このミッチー語録をもとに私の政治行動があったわけだから、その中間報告を墓前で父に伝えたい」

■みんなの党 昨年8月、渡辺喜美代表や江田憲司幹事長ら5人が、民主や自民両党の批判票の受け皿政党として結党。今回の参院選では改選ゼロから一気に10議席を獲得。現在は衆参計16人。党首討論参加や予算の絡まない法案提出ができるようになった。


07. 2010年7月18日 22:42:15: FTsXsV0ndw
みんなの党なんて、小泉継承の詐欺政党ですよ。
名前からしても、怪しげでしょう。
2度騙されるのは馬鹿。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧