★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90 > 687.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
江田五月参院議長「続投阻止」に反対した公明党「連立への色気」 早くも野党の足並みに乱れ(長谷川幸洋「ニュースの深層」)
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/687.html
投稿者 純一 日時 2010 年 7 月 16 日 15:38:22: MazZZFZM0AbbM
 

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/856


2010年07月16日(金)

民主党が江田五月参院議長を交代させる方針を固めた。後任には14日現在で輿石東参院議員会長や西岡武夫議院運営委員長が候補に浮上している。

 江田議長は先の通常国会終盤で、菅直人首相と荒井聡国家戦略相の問責決議案や議長自身に対する不信任決議案を本会議を開かずに廃案とするなど、慣例に反する強引な国会運営を繰り返した。

 それで自民党やみんなの党が参院選投開票の直後から「江田議長の続投は認められない」と強く反発していた。

 議長は比較第一党が出す慣例があるものの、1993年には野党8党が共闘して第一党の自民党からの選出を阻止し、土井たか子社会党委員長(当時)を選んだ例がある。

 今回も参院で過半数を占めた野党各党が結束して反対すれば、江田議長の続投を阻止できる環境にあった。

 ところが舞台裏では、今後の政局展開を先取りするような興味深い駆け引きが繰り広げられた。野党間の足並みが乱れたのだ。

 自民党やみんなの党が議長交代を求めたのに対して、反対したのは公明党である。同党の山口那津男代表は「党派性を表して議長を取り合うのは避けるべきだ。比較第一党が要職を占めるルールは確立している」と語った。

 これに社民党が同調する。重野安正同党幹事長は「議長は第一党から出すのが常識だ」と公明党と足並みをそろえた。これをみて民主党が議長交代に応じるものの、議長ポストは死守する妥協策で早期収拾を図ったというのが経緯だ。

 今回の動きは、民主党が模索している「政策ごとの連携」構想に直結するかもしれない。公明党が民主党に再接近を図っている気配が濃厚なのだ。

 永田町には「公明党は民主党との対決ムードを演出してきたが、今回の選挙結果を受けて方針転換するつもりではないか。公明党の動き次第で政権のキャスティングボートを握れる、と踏んでいるのだ」(野党幹部)という見方が出ている。


■生き残りを模索する社民党と国民新党

 民主党の議席数は非改選を含めて106、公明党は19。両党合わせて125議席となり、過半数(121)を4議席上回る。ということは民主、公明の連携が実現すると、国民新党(3)も最近まで連立パートナーだった社民党(4)も必要ないことになる。

 社民党が議長交代に反対したのも「連立政権に未練たっぷりということだ」(同)とみられている。


 一方、国民新党の亀井静香代表も動いた。

 亀井は社民党と衆参両院で統一会派結成を呼びかけた。社民党が応じれば、衆院の勢力分布は国民新党・新党日本が4、社民党・市民連合が7で計11議席になる。

 民主党・無所属クラブの307と合わせると318議席になって、欠員の2議席と議長を除くと、衆院での再議決に必要な3分の2をちょうど確保する形になる。

 こちらもまた、衆院再議決の際にキャスティングボートを握ろうとする動きである。

 国民新党は郵政民営化見直し法案の可決成立が最優先だ。参院では民主党、国民新党に社民党を加えても過半数に届かないので、このままでは見直し法案の成立はあきらめるしかない。

 そうであったとしても、国民新党とすれば、もしも民主党が国民新党を見限って公明党との連携に動けば、それで参院は過半数に達してしまい、国民新党の影響力が著しく減じてしまう。そういう事態を少しでも牽制するために、必死で生き残り策を模索している。


 以上をまとめると、やはり公明党の動きが鍵を握る。

 もしも公明党と民主党が連携すれば、参院で過半数を握るうえ、衆院でも再議決に必要な3分の2を確保してしまうのだ (公明党は衆院で21議席)。

 山口代表は「民主党にレッドカードを」と叫んで参院選を戦い、民主党との連立も繰り返し否定してきた。ところが今回の議長人事への対応をみると、本気でレッドカードを突きつけるのかどうか、あやしくなってきた。


■公明党への「イエローカード」

 公明党の看板政策の一つである児童手当の拡充は民主党の子ども手当と重なる部分がある。半面、郵政民営化では民主党の見直し方針に対して、公明党は推進路線だ。
民主党が公明党と連携するなら、郵政民営化見直しが最優先の国民新党を切り捨てる可能性が高まる。

 さらに公明党にとって、民主党との連携は来年4月の統一地方選への思惑も絡んでくるだろう。

 山口代表はその後、「民主党が議長を出すべきと明言をしたことはない」と釈明した。

 とはいえ、公明党が民主党との連携に動くようなら、あれだけ連携を否定した同党に対する信頼度に傷がつくのは避けられない。それこそ、レッドカードが突きつけられる。今回の動きは「一枚目のイエローカード」ではないか。


 加えて、菅首相と緊張関係にある民主党の小沢一郎前幹事長がどう出るか。菅首相を牽制するために、小沢が独自に公明党と手を結ぶ可能性も捨てきれない。


 ここしばらく水面下で合従連衡を図る各党の動きが激しくなりそうだ。おそらく展開は早い。まず週末からの連休が注目である。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月16日 15:55:05: v3zhkFwr09
「何でも反対」の自民党の妨害を跳ね返すには、民主公明連立政権が現実的かもしれない。
http://twitter.com/harukioyamada/status/18582327305
ここは、小沢派の“寝技”に期待するしかない。

02. 2010年7月16日 16:02:14: FRONV22raU
全員 池田君の子分に成るの?皆様で勤行三昧 

国会議事堂が 線香臭くなる・・・ 石井のピンさんが 怒ると思われます。


03. 2010年7月16日 16:50:42: GFmtajcIjw
公明党との連立、ダメ。ゼッタイ。です。
新たな連立・連携を模索するなら、
自民党内の”反新自由主義・反新保守主義”一派、
これが唯一の答えです。
「ネオリベ・ネオコン派」と「カルト勢力」の徹底追放、
これこそが「国民の生活が第一。」の理念に近づく唯一の道です。

04. 2010年7月16日 17:33:36: 3NT6shbjq2
公明は「民主にレッドカード」じゃなくて
「菅にレッドカード」が本音。

05. 2010年7月16日 18:41:55: lFtrGPhedw
>>04
そう、菅と仙谷にレッドカード。
菅が野党時代散々大作を国会に呼べだの邪教だの言ってたし仙谷は反創価の宗教している。

既に公明側は市川雄一常任顧問と小沢一郎氏の一・一ラインのパイプで接触を試みてる。
代表選で菅続投なら連立決まらないが小沢・鳩山が支援する候補なり本人が出れば公明は連立する予定と代表選で言えば求心力大幅UP


06. 2010年7月16日 18:56:20: WYJ3sjkNx2
03さんに同感

07. 2010年7月16日 19:02:41: nbd6Mn7gbo
私も03さんに同意します。

08. 2010年7月16日 19:08:37: ROzUCQFW7s
冷静な頭脳で考えれば、

民主党と公明党が連立を組めば、

自民党は、完全に消滅するのだがな。

悩ましいところだ。


09. 2010年7月16日 20:12:10: v3zhkFwr09
>>08
そのとおりですね。

>>03
残念ながら、自民党はもう大きくは割れない。
勝った側は割れないのだ。

やはり、公明党との連立しかない。

それが唯一の答え。


10. 2010年7月16日 23:04:39: P5EoBf8LJ1
> 今回の動きは、民主党が模索している「政策ごとの連携」構想に直結するかもしれない。公明党が民主党に再接近を図っている気配が濃厚なのだ。

プロレスっていうか、わざとらしいにも程があるね。
民主なんぞ本気で相手にするわけないだろう。
そんな事をするなら自民にあんなに選挙協力するわけがないっての。

上手く行けば食い込んで振り回して民主党ごとバラバラにし、
上手く行かなくても民主党に対して公明と組むのではないかという疑念を植えつけられる。
菅直人に消費税増税を勧めるのと同じで、実に安い賭けだ。

それにしても、自ら身を引く事も知らないネトウヨと違って、自らのダーティーイメージさえ理解し利用しようとする創価の末恐ろしさには戦慄すべきものがある。


11. 2010年7月17日 07:39:24: OWPhPNqF6M
03さんの怒りはごもっともですが、比例区の自民党候補を勝たせた公明創価の票がなにを意味するか、小鳩辞任で60%も支持率をもらった菅内閣がブレブレ消費税発言で急降下し、行く先々で釈明に追われ風向きが一夜にして変わってしまった。

ましてや党幹事長に小沢一郎氏はおらず、屁理屈と言い逃れだけ得意の枝野氏とくれば他党はどれだけ計算できたでしょうか。
みんなの党との連携を目論もうとした民主党執行部は、いち早く公明党の一一ライン復活の動きに気付き、菅内閣とは距離を置き始めたみんなの党の思惑を読めず焦りだした。
菅氏が小沢氏と会談を持ちたいと切に願うのも、こうした政界の連携を組む動きの芯にどこが座るのかという真意を小沢氏に教えを請いたいということでしょう。

石井一氏は確かに公明創価嫌いで有名だが、政治の肝は権力を取ることにあるということと、そのためには妥協も必要だということもよく知っている。
なんといっても自自公連立のときも小沢氏と行動を共にしていたのだし。
そして公明党がこうまでして政権党に色目を使うのも、誰もが気付いておられるように池田喚問への恐れです。
どうこういおうと民主党は与党ですし、反創価の急先鋒がでんと控えている以上枕を高くして寝ていられない。

小沢氏が参院選にあたり石井氏を選対に置いたのは公明党対策であることは間違いないですが、いざの場合に石井氏がネズミの喉笛を噛み潰す猫のように、野党に落ちた自民についても到底池田喚問を免れはしない、いつそれを持ち出されるか考えれば計算は働くと見るのが妥当だと思います。
その意味で言えばまたしても小沢氏に寸でのところで菅氏は助けられたのだといえるのです。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧