★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90 > 789.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「検察審査会・構成員の不思議」
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/789.html
投稿者 カッサンドラ 日時 2010 年 7 月 18 日 11:47:39: Ais6UB4YIFV7c
 

 お役人のする事に間違いはない、あるいはレールから逸脱する行為は基本的に行わない。そうだとしても最初からレールが曲がって敷設されているとしたら、まだ黙って見ていられるだろうか? 次の記事を読んでいただきたい。これは第一検察審査会が「不起訴不当」の議決をしたことを受けて、毎日新聞が載せた記事である。


[ 毎日新聞 2010年7月16日 東京朝刊:毎日jp ]
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100716ddm012010069000c.html
 ◇審査員4人以上が「起訴相当」不賛成
 第1審査会はA4判6枚の議決要旨を公表したが、関係者によると、実際の議決書は十数枚あったという。
 審査会事務局によると、第1審査会は男性4人、女性7人で構成され、平均年齢49・81歳。4月に全員一致で起訴相当と議決した第5審査会は男性7人、女性4人で、同34・27歳。不起訴不当は11人中6人以上の賛成で議決されるが、起訴相当は8人以上の賛成が必要で、今回は4人以上が起訴相当に賛成しなかったことになる。

-----------(転載終わり)------------


 いろいろと個人的に不審な点がある。まず最初、審査会が公表した「議決要旨」と実際の「議決書」の量の違いだ。「要旨だから簡潔に書き直したんだろう」ではいったい誰が書き直したのか? 本当に正確に縮小しているのだろうか? 原文を見せていただきたい。お分かりの通り、内容を変えられても検察審査員は異議を申し立てられない。発言が表に出た段階で「即御用」だ。守秘義務が一生続く。


 間を飛ばして最後の部分。私は「不起訴不当」と「起訴相当」を審査員自らが投票の際に選べるのだと思っていた。しかし違ったようだ。「起訴すべき」あるいは「起訴すべきでない」のどちらかだけなのだ。あとは「数の論理」で「不起訴不当」と「起訴相当」が自動的に決まるらしい。こんなのまで「素人の多数決の差」で決めていいのか? 二つの間には「被告となるかもしれない者」にとっては、相当の開きがあると思うのだが。


 最後に真ん中の部分。第1審査会と第5審査会の男女比が50:50になっていないのは目を瞑ろう。裁判員でもきれいに分かれてはいない。次に平均年齢が、第1審査会で約50歳に対して第5審査会は約34歳。ちなみに日本人の平均年齢とは41.4歳で、真ん中の「中位数年齢」も41.5歳だそうだ。無作為に石を投げれば、中位数年齢付近に良く当たるということだ。では平均年齢約50歳の11名と平均年齢約34歳の11名の選抜は「完全の無作為の結果」と呼んで差し支えない範囲なのだろうか?


 熟年と言える平均年齢約50歳の人たちと壮年と言える平均年齢約34歳の人たちが、似たような議題に対して同じ結論を出すと考えるのは難しい。本来ならば人口構成に似た形に審査員を構成すべきではないのか。年齢層ごとに切って「それぞれ何人」と無作為抽出をすべきではないのか。手間は格段に増すだろうが、少なくとも「起訴をされるかもしれない人」にとっては公平に近づくと思うのだがいかがだろう。本当に選抜されているとしての話だが。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月18日 12:16:43: 8HSkskQjYc
ウーム、
>第1審査会は男性4人、女性7人で構成され、平均年齢49・81歳。
第5審査会は男性7人、女性4人で、同34・27歳。

50歳位の女性中心の審査会と、35歳くらいの男性中心の審査会。
これらのグループだったら、だれが審査会長になるのだろう。
4人:7人 不自然な比率と言えよう。

いろいろな可能性を推測してしまうほど不信感に襲われている。


02. 2010年7月18日 12:24:51: P5EZwcpNcU
しかし、検察審査会についてはほとんど何も公開されていないので、11人の審査員が本当にクジで選ばれたのかどうか、審査員、補助弁護士の政治的立場の偏りをどのように排除したのか、本当に会議をしたのかどうか、誰が議決を主導したのか、全く分かりません。
結論だけを示して「こうなったのだからそれに従え」というだけでは今の日本は本当に民主主義の国なのかと疑わざるを得ません。
11人の審査員と補助弁護士は、匿名で非公開の議論だからといって、マスコミ報道にただ流されるだけのいいかげんな態度で審査に臨めば、日本の民主政治を根底から覆すような誤りを犯すことになり、その損害は国民全体に及びます。
もちろん国民全体に及ぶ損害は、無責任な決定をした11人の審査員や補助弁護士にも及んできます。
匿名での非公開会議であるからといって、自らの政治的立場を優先するような無責任な決定をすることは許されません。
審査員、補助弁護士の皆さんは、自分達の行動が日本人全ての生活や権利にかかわる強力な権力の行使であることを自覚することを望みます。

03. 2010年7月18日 14:39:41: RzrMjcjR9M
無作為に選ばれた国民が審査するのであれば、
この事件に詳しくない人もいるでしょうから、
事件についての概要を説明する資料があるのでしょう。
そうした資料を元に、「起訴すべき」「起訴すべきでない」
のどちらかを選択させたのでしょうか。
「わからない」という選択はさせないのであれば、
何か事件について説明があったのでしょう。
その説明内容は国民に公開すべきだと思います。

04. 2010年7月18日 15:53:11: wiWgPSMgF2
>>00カッサンドラさま

 お節介のようですが、検察審査会については、裁判所webに基本的な説明が分かりやすく書いてあるので、まずそこを参照されたら如何ですか。

http://www.courts.go.jp/kensin/kensatu_sinsakai.html
http://www.courts.go.jp/kensin/index.html

 これによると、昭和23年以来約15万件を審査し、うち1400件は検察庁が再捜査して起訴したとのことですから、歴史的な重みはあるというべきでしょう。

 議決書は、審査補助員である弁護士が起草したのでしょう。一般に公開される文書が半分ないし三分の一程度の要約されるのはそう不思議ではないでしょう。要約でも載せた新聞も載せなかった新聞もあります。大事件の裁判の判決文でも我々の目に触れるのは要約で、それで十分だと思います。要約以外の部分は事務的な煩わしいことが書いてあるだけで、何か重要なことが隠されているというものでは無いと思いますよ。


05. 2010年7月18日 17:28:36: lFtrGPhedw
牧野は国民が云々言ってたが起訴すべきでないと答えた人も5人居たから不起訴不当なんだろ?
およそ半数が起訴すべきでないと言っている事実に誰も触れないのはいかがなものか?

06. 2010年7月18日 23:20:26: 1lyXQZvUm6
 検察審査会は、どんな事件でも検察の思い通りになるシステムに見えます。
審査員の選定、審議内容は非公開。説明者は検察が選任。審議内容を他言すれば、逮捕される。検察が不起訴にしたのに、国民が決めたと言って、起訴は国民のせいに出来る。
全く、検察に都合のよいシステムです。こんなシステムは検察とマスコミが結託すれば、国会議員はカラッポになる、恐ろしいシステムに見えます。国民も何時、我が身に降りかかってくるかも知れません。
 検察審査会こそ、テレビ中継などして、可視化すべきです。
国会議員の皆さん、明日はわが身かもしれません。与野党、一致して法律を変えるべきです。今、政治家(与野党とも)が狙われています。

07. 2010年7月19日 01:47:47: DLlLzQBs2w
「不起訴不当」でなく、捜査不正だろ・・検察は自分たちの犯罪を捜査しろよ。

08. 2010年7月19日 07:12:55: 7nvvBR5DTU
07様 本当にね。

きちんと捜査しない事件を、捜査させるようにする審査会を、作らないとなりませんね。


09. 2010年7月19日 23:14:55: J0o6rialnc
>06. 2010年7月18日 23:20:26: 1lyXQZvUm6 さん

>こんなシステムは検察とマスコミが結託すれば、国会議員はカラッポになる

いやこれを国会議員が空っぽになるほど、どの議員にも適用するならまだましです。
自分達の邪魔な議員にだけ使用するから悪質なのです。
政治を国民という隠れ蓑を使って検察の都合でどうにでも左右出来る、トンデモ検察審査会です。

投稿者の指摘に或る
>「議決要旨」と実際の「議決書」の量の違い。
>「要旨だから簡潔に書き直したんだろう」ではいったい誰が書き直したのか?
> 本当に正確に縮小しているのだろうか? 原文を見せていただきたい。
>お分かりの通り、内容を変えられても検察審査員は異議を申し立てられない。
>発言が表に出た段階で「即御用」だ。守秘義務が一生続く。
>「起訴すべき」あるいは「起訴すべきでない」のどちらかだけなのだ。
>あとは「数の論理」で「不起訴不当」と「起訴相当」が自動的に決まるらしい。

確かにこれでは中抜きされていて、その議決が実際出されたものと同じかどうかも疑わしい。
書き直した人によってどうにでも議決はき換えられるだろう。
「起訴すべき」と「起訴すべきでない」を出した本人達にも確かめようが無いのではないのだろうか。
口に出来ない以上誰にも言う事も、聞くことも許されないのだから。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧