★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90 > 813.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re:すべての死体に薬物検査=検視官増員、体制強化―犯罪死見逃し防止で警察庁(時事通信) 闇に葬られた事件が何件あるのだ
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/813.html
投稿者 近藤勇 日時 2010 年 7 月 18 日 22:15:32: 4YWyPg6pohsqI
 

(回答先: 自殺偽装犯罪の発覚「氷山の一角」…解剖率4%(読売新聞) 日本は誰かに殺されても発覚しにくい国だった 投稿者 近藤勇 日時 2010 年 7 月 18 日 22:12:49)

すべての死体に薬物検査=検視官増員、体制強化―犯罪死見逃し防止で警察庁
2010年7月15日(木)11:03
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-100715X289.html

 犯罪による死の見逃し防止に向け、警察庁が設置した「死因究明制度のあり方に関する研究会」は15日、中間報告をまとめた。5年後をめどに警察が取り扱うすべての死体に薬物検査を実施するほか、刑事調査官(検視官)を増員し、現場に立ち会う割合を5割に向上させることなどが柱。同庁はこれを踏まえ、資機材の充実や人員確保を通じた検視体制の強化を目指す。

 中間報告では、犯罪死かどうかを見極めるため、解剖できない死体については薬物検査やCT、携帯エコーなどを積極的に活用するように明記。睡眠導入剤を使った殺人事件などが発生したことを踏まえ、簡易キットを配備し、警察が扱うすべての死体に薬物検査を実施するように求めた。

 検視官が現場に立ち会う割合が2割程度にとどまる現状を踏まえ、これを5割程度に引き上げることも目標に掲げた。そのためには、現在220人の検視官を約3倍の約650人に増員する必要があると指摘。将来的に1000人体制にして、すべての現場に立ち会う環境を整えるべきだとした。 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月20日 16:59:09: iUqPWksjJ6

これ自体は一歩前進であるが、取調べ全面可視化を忘れてはならぬ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧