★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90 > 821.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「小沢批判」で、誰が得をするのか。国民か、マスコミか、官僚か、それとも米国のジャパン・ハンドラーたちか? 毒蛇山荘日記
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/821.html
投稿者 行雲流水 日時 2010 年 7 月 19 日 07:13:29: CcbUdNyBAG7Z2
 

http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20100719/1279477651
文藝評論家・山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』
2010-07-19 03:27

「小沢批判」で、誰が得をするのか。国民か、マスコミか、官僚か、それとも米国のジャパン・ハンドラーたちか?


参院選挙惨敗の結果責任を問われるのは、菅直人や枝野幸男等、現民主党執行部であるのは当然なはずなのだが、不思議なことであるが、マスコミも民主党の政治家たちも、早々と続投を決め、ひたすら低姿勢で、民主党惨敗の政治責任から逃げ回っている菅直人や枝野幸男への批判よりも、「小沢一郎批判」という見当違いのゲームに夢中のようで、それを見ていると、彼等が「小沢批判」で、何を隠蔽し、何を狙っているのかが、おぼろげながらも、次第に分かってくるような気がする。彼等の「小沢批判」の背後には、明らかに「アメリカの影」がちらついている。マスコミも官僚も、そして民主党内の反小沢グループの面々も、自覚的か無自覚的かはともかくとして、米国の「ジャパン・ハンドラーズ」たちの影響下というか、支配下にあると見ていい。たとえば、参院選直前に、普通のまともな政治家ならば選挙に不利だということは自明であるにもかかわらず、「唐突に・・・」、「消費税増税」を宣言して選挙に突入した菅直人首相の政治的な「計算」と「自信」の根拠は何処にあったのだろうか。参院選挙に勝利し、九月の代表戦にそのまま勝利し、長期政権を狙っていたはずの菅直人が、何故、あえて危険なバクチを売ったのだろうか。僕は、菅直人が政権を奪取して以後、矢継ぎ早に打ち出した「小沢排除」から「国民新党はずし」へ、そして「消費税増税」の政治的謀略は、すべて関連しており、それらの一連の謀略を振付けたのは、財務省官僚でも、前原等、民主党内の新自由主義グループでもなく、もっと大きな力を有すると思っている勢力だったはずだと考える。おそらく、菅直人は、四月の訪米前後に、「お前を総理にしてやる、その代わりに俺たちの言うことを聞け・・・」と耳打ちされたのであろう。菅直人は、参院選惨敗という現実を突きつけられて、今、生気のない、今にも飛び込み自殺でもしそうな、「うつ病」気味の暗い顔をしているが、それは、おそらく自分が、権力欲にうまく付込まれて、国民や沖縄県民の願望や意思を無視・冒涜するかのように誰かに指図され、その指図どおりに盲目的に突っ走った結果にほかならないということに、気づき始めているからだろう。誰が見ても政権交代の立役者であり、一年前の正月には小沢邸での新年会に出席し、小沢に媚び諂っていた男が、しかも総理・総裁になれたのも間接的には小沢一郎のおかげであることは自明であるにもかかわらず、突然、その小沢一郎に向かって、「日本のためにも、自分のためにも、ししばらく静かにしていろ」という前代未聞の政治的暴言を吐き、「小沢一郎潰し」の勝鬨を挙げたわけだが、ところが、まだ舌の根も乾かないうちに、今度は、泣き顔で、「小沢一郎に会いたい」「小沢一郎に謝りたい」と言いだしたのは、何故か。マスコミや民主党内の反小沢の面々は、参院選の選挙結果という現実に追い詰められたのか、未だに目覚めることを知らないのか、しきりに見当違いの「小沢批判」を繰り返しているが、すべてその手の内は、心ある国民の目には、見えていると言わなければなるまい。


■雲隠れ小沢氏に批判相次ぐ 「大敗に責任、離党勧告を」「代表選不出馬なら引っ込め」
2010.7.16 22:48産経ニュース
このニュースのトピックス:民主党

 今月8日の参院選の遊説以来、公の場に現れずに“雲隠れ”している民主党の小沢一郎前幹事長に対して、同党の反小沢系議員から16日、痛烈な批判が相次いだ。

 同党静岡県連会長の牧野聖修(せいしゅう)衆院議員は党本部で開かれた参院選をめぐるヒアリングで「小沢氏が強引な(複数区での2人擁立の)選挙戦略をやって失敗した。万死に値する。1人区に集中すべきだった。責任をとらないなら離党勧告すべきだ」と主張した。牧野氏は終了後、記者団に「小沢氏は政治とカネの問題でも逃げ回っている」と批判した。

 渡部恒三元衆院副議長も民放テレビ番組で「41年間つきあっているが、彼は都合の悪いときは出てこない」と指摘した。

 さらに、「9月の党代表選に立候補しなさい。自ら出られないなら、もう引っ込みなさい。こそこそ権謀術数をめぐらせるのはやめてください」と述べ、小沢氏に対して、代表選に出馬しないなら政界を引退するよう勧告した。

 前原誠司国土交通相も記者会見で、東京第1検察審査会が小沢氏に対し「不起訴不当」を議決したことについて、「(小沢氏は)自ら『(衆院の)政治倫理審査会に出て説明しても構わない』と言っていた。身の潔白を主張するなら説明責任を果たすべきだ」と述べ、国会で説明するよう促した。

 民主党の反小沢系議員の間では、参院選の敗北と菅政権の迷走に対して、高みの見物を決め込み、検察審査会から厳しい議決を出されても姿を現さない小沢氏への反感が募っているようだ。

 菅直人首相は16日夜、記者団に対し、牧野氏らの発言について「いちいちコメントすることはない」と述べるにとどめた。

人気ブロムランキング
http://blog.with2.net/rank1510-0.html

政治ブログ
http://politics.blogmura.com/

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月19日 07:59:48: h69tTYryng
消費税を上げる前にまずやるべき事がある。
民主党は昨年の衆院選で約束したではないか。まず行政の無駄を省くことから始めるべきだ。特に国家公務員人件費2割削減はどうなったのか。それどころか今後の65歳定年延長で60歳以上の高齢高給取りが激増し、逆に人件費が2割増加するそうではないか。現在でも50歳台の公務員給与は民間に比べ驚くほど高い。
現在の人事院勧告制度では国家を削減すれば地方や独法・公益法人もそれに準じて削減となるので効果は大きく人員1割削減、給与1割カットにより国と地方と独法・公益法人で毎年10兆円の予算が浮いて来る。消費税で4%分だ。これで足りない保育所と特老ホームが多数設置出来る。

菅政権は消費税で社会保障というより高い公務員人件費を守りたいのが本音だろう。
民主党の主要支持組織は公務員労組であり、これに弓を引くことは選挙に負ける事になる。民間平均より5割以上高い公務員人件費を守る事が一番重要なのだ。官僚もこれを応援している。
まさに公務員で財政破綻したギリシャと同じ構造ではないか。


02. 2010年7月19日 08:41:49: PEaUsN8WOA
>>01
>まず行政の無駄を省くことから始めるべきだ。特に国家公務員人件費2割削減はどうなったのか。

そのとおりです。
そして、それを訴えているのはみんなの党です。


03. 2010年7月19日 10:06:32: s8Gfp8ZL6M
>02

民主党にできなくて、ミニ政党みんなの党がどうしてそれができるのか。野党だから民主党の前のマニフェストのように歌でも歌うように簡単に言っていることが理解できないとは、B層レベルの脳天気だ。官僚機構がみんなの党の思い通りにさせると思うのか。


04. 2010年7月19日 10:55:59: PEaUsN8WOA
>>03
>民主党にできなくて、ミニ政党みんなの党がどうしてそれができるのか。

国民新党のように、シッポが犬を振り回せばいいのです。

野党が連立を拒否している以上、民主党は政策ごとの部分連合を組むしかありません。

だから、うまく立ち回れば、シッポが犬を振り回わすことができます。


05. 2010年7月19日 11:24:06: s8Gfp8ZL6M
>04

尻尾が胴体(民主や自民)を振り回しても、霞が関財務・検察官僚グループが撥ねつけると言っているんだ。

尻尾が胴体を振りますことが幻想であることが、民主と組んだ国民新党の郵政見直し法案も社民の普天間県外移転も何一つ実現できていないことを見ればわかる。

バカが渡辺の選挙巧言に乗ってだまされているだけだ。少なくとも、今の段階ではこの国を動かす権力は、国民の選んだ内閣ではない。見かけの政権は内閣にあるが、統治権は霞が関官僚にあるのが実態である。

少なくとも、渡辺のアジェンダはマニフェストより性質が悪いというの大部分のコンセンサスだ。
渡辺のアジェンダには賛成だが、問題はHOW(どうやって)である。渡辺が、キャスティングヴォートを得ても、かりに総理になってもこの国の官僚統制亜民主的中央集権官僚主権国家の国の形を変えない限り絵に描いた餅にすぎない。いずれ、渡辺も検察からお呼びがかかるかもしれない。


06. 2010年7月19日 12:09:52: PEaUsN8WOA
>>05
>霞が関財務・検察官僚グループが撥ねつけると言っているんだ。

霞が関財務・検察官僚など議決権を持っていないのだから関係ありません。
そんなことを言っているから官僚主導をやめさせることができないのです。

郵政見直し法案が通らなかったのは、国会を延長せずに選挙に突入したかった民主党側の都合によるものです。
延長すれば通っていたのだから、官僚の妨害うんぬんとは関係ありません。

普天間はもともと2国間の約束を反故にするというのがムチャな話だっただけです。

つまり、国民新党の郵政国有化ゴリ押しのように、シッポが犬を振らせることはできるということです。


07. 2010年7月19日 13:51:24: s8Gfp8ZL6M
>06

議決権のあった民主党に、なぜ国家戦略局も、マニフェストの沖縄普天間も、公務員改革も国民と約束したことのほとんどができなかったのかな。

>普天間はもともと2国間の約束を反故にするというのがムチャな話だっただけです。

二国間の約束というけれど、政権同志の約束で批准された約束ではありません。政権が代われば、約束は果たしてもらえません。そして、政府間の約束は、自民党政権がそれを破ったときに約束をほごにしたと言います。

鳩山がいくら頭が悪くても君ほどではなく、そんな無茶を公約にすると思いますか、たぶん君は中学生だと思うが。国家間の約束は国会で批准されて初めて約束したことになります。社会で習わなかったかな。

>つまり、国民新党の郵政国有化ゴリ押しのように、シッポが犬を振らせることはできるということです

所詮尻尾の国民新党ゆえに郵政国有化は実現できませんね、本当に尻尾に権力があれば、国民新党の法案を通して参院選をさせる力があったはず。尻尾は尻尾にすぎません。今となっては、国民新党はただの尻尾です。

君がみんなの党に期待するように、民主党が政権を取ったらマニフェストを実現してもらえると思って有権者は政権交代させたけれどできなかった。みんなの党のアジェンダンだも、政権をとる前の民主のマニフェストと同じです。尻尾よりも胴体、胴体よりも頭が強いに決まっていませんか。尻尾が胴体を振り回すことは、不可能というレトリックです。


08. 2010年7月19日 14:01:20: ZHnr9o6Jus
PEaUsN8WOA、またあんたか。
連休に何気なく阿修羅を見に来たみなさん、02.04.06.は温厚な語り口ですが、投稿常習者で本当は下のような語り口です。

好きな言葉。 死ね、工作員、カルト、オウム、低脳、無駄だ、無力、反論しろ、証拠をみせてください
好きなこと。 増税、郵政民営化、みんなの党
攻撃対象。小沢先生、植草先生、副島先生、リチャードコシミズ氏、日本国民

この人は、興味深いことに、6月のクーデターの前はしばらく投稿を控え、電子投票の不正疑惑の投稿にわざわざ否定のコメントをされています。

コメントは投稿者の背景をよく想像してから解釈しましょう。字面だけ追ってはいけません。


[削除理由]:2重投稿
09. 2010年7月19日 14:43:37: PEaUsN8WOA
>>07
>政権が代われば、約束は果たしてもらえません。
まともな国(先進国など)では、そんなことはありません。
外交上、国同士の約束は政権が変わっても守られます。

>所詮尻尾の国民新党ゆえに郵政国有化は実現できませんね
先国会なら実現できたのは事実です。
できなかったのは、民主党が高支持率のまま選挙に突入したくて国会を延長しなかったためです。

野党が連立を拒否している以上、民主党は政策ごとに部分連合を取るしかありません。
みんなの党に期待できるのは事実ですね。


10. 2010年7月19日 15:26:21: s8Gfp8ZL6M

08様へ

07です。PEaUsN8WOAについて、素性を知らず相手にして乗ってしまいました。
”外交上、国同士の約束は政権が変わっても守られます”など
いかにも「外交」「国家」「政権・政府」の概念が整理できていないことからみて、よくわかります。

日本が“まともな国ではない”とか、根拠ない言動からおかしいとは思っていました。ありがとうございました。以後気をつけます。


11. 2010年7月19日 15:58:34: ZHnr9o6Jus
10.様へ

08.です。コメントありがとうございます。
私の感触では、あっくんは非常に学力が高く、「国家」などの概念もその確立の歴史も含め、よく知っています。
知っていて、自分の論に都合の良いように、飴細工のようにねじ曲げます。
10.様のようなきちんとした意見が、ぜひ阿修羅には必要ですので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


12. 2010年7月19日 16:45:55: PEaUsN8WOA
>>10

おやおや、反論できないとわかると退散ですか。
結局>>02>>04のコメントが正しいということですね。
了解です。


13. 2010年7月19日 17:51:22: kgUNTk9AVg
≫またPEaUsN8WOAか、相手にするだけ時間の無駄、無知は無視。

14. 2010年7月19日 19:57:53: WYJ3sjkNx2
おいおいおいおい、耄碌爺渡部恒三!「ボクは小沢氏と41年間つきあっている」?何をホザク、嘘を付くな、友人面すな!小沢さんはとっくのとうに耄碌爺を見放しているし、軽蔑している。菅違いすんなって、クソッタレ!かって「福島のケネディと言われた男」もここまで劣化するとは、人間性考察の見本となる。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧