★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90 > 848.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
有権者はこれまで『責任を取らない政治』に不信感を抱いてきた。菅さんは党と有権者に何らかの責任を取る必要があります。
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/848.html
投稿者 TORA 日時 2010 年 7 月 19 日 15:29:05: CP1Vgnax47n1s
 

株式日記と経済展望
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu220.htm
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/
--------------------------------------------------------------------------------
有権者はこれまで『責任を取らない政治』に不信感を抱いてきた。
菅さんは党と有権者に何らかの責任を取る必要があります。

2010年7月19日 月曜日

夕刊紙日刊ゲンダイが一面の見出しで堂々と「民主党への投票呼びかけ」
現代が何を書こうと自由だが選挙情勢分析も間違っているようじゃお終いだ


◆今度の選挙でハッキリしたのは、「脱小沢路線」が大失敗だったということ 7月15日 日刊ゲンダイ
http://gendai.net/articles/view/syakai/125231

参院選で世紀の大惨敗を喫した菅民主党は、執行部の責任回避に躍起だ。しかし、今度の選挙でハッキリしたのは、「脱小沢路線」が大失敗だったということだ。
「小沢さんにはしばらく休んでもらう」と言い、クーデターのごとく、小沢切りを断行した菅政権。その主役は菅であり、知恵を授けたのが仙谷官房長官や枝野幹事長であるのは言うまでもないが、その結果が、このザマだ。脱小沢でいい気になったのは一瞬で、あとは国民も呆れ返る迷走の連続だった。
 しょせん、小沢がいなければ何もできないじゃないか。菅らの“幼稚さ”をまざまざと見せ付けられた選挙戦だったのである。
 政治ジャーナリストの角谷浩一氏はこう言う。
「就任後、菅首相がやったのは、唐突な消費税増税論議と、昨年、国民と約束したマニフェストを骨抜きにすること。さらに民主党の売り物だった透明性に逆行する取材拒否と、選挙終盤にはメッセージを伝えるために取材に応じるという自分勝手でした。これだけ裏切りを続ければ、この選挙結果になりますよ。総理は改めてスタートラインに立ちたいとか言っていましたが、スタートからズッコケ、この結果を招いたのです」
 菅が打ち出したことは消費税を筆頭にすべて、小沢流の逆張りだ。この間、小沢は「国民との約束は果たさなければいけない」と再三、メッセージを発したが無視された。
 その結果が比例で1845万票、選挙区で2275万票と、自民党をはるかにしのぐ票を集めながら、第1党の座を自民に譲るという世紀のマヌケ選挙だったのである。

「1人区でなぜ、これだけ負けたのか。私は菅首相や枝野幹事長の物言いが、野党やその支持者を怒らせ、燃え上がらせたのだと思います。与党なのに野党の過去の失政の揚げ足を取り、バカにするような言動です。これで自公の選挙協力がかつてないほど強固になった。菅首相や枝野幹事長を見ていると、その言葉が議論ではなく、相手を傷つける武器になっている。それが有権者の拒否反応を招く。私は小沢切りにも共通の怖さ、冷たさを感じました」(元参院議員・平野貞夫氏)
 頭デッカチで、人の痛みも分からず衝突ばかりしている子供がいるが、よく似ている。それをいさめる小沢がいなければ、民主党はどうにもならない。

「50議席を割ることはないよ」
 朝日や読売が民主党の50議席割れの可能性を伝えた日。番記者の前でこう言い放ったのが、安住選対委員長だ。
「枝野幹事長も同じように楽観的でした。さすがに『大丈夫か』と騒ぎになりましたよ」(全国紙記者)
 根拠なき楽観論に支配されていた民主党執行部。これぞ、ダメな組織の典型だが、それ以外でも、民主党は負けるべくして負けた。菅、枝野、仙谷の3人は、脱小沢で世論の支持率がV字回復したことで、すっかりテングになったのである。
 いい気になっている3人は、シロウト感覚で小沢から引き継いだ選挙体制をことごとく壊した。これが傷口を広げていく。
「例えば、選挙資金の配り方ひとつとっても、小沢さんは緻密でした。選挙区によって、渡す相手を本人、選対、県連と変える。常におカネを効果的に流す方法を考えていました。しかし、菅体制になって、選挙資金は公平配分が原則。あと一歩で通りそうなのも、てんでダメなのも一緒にしたのです。揚げ句が1人区の大惨敗。カネの使い方を知らなすぎる」(小沢に近い関係者)
 組織票もみすみす逃した。小沢は、連合幹部と一緒に全国行脚して、組織を固めた。頭を下げ、酒を酌み交わし、血の通った人間関係を築くことで、組織票を一票一票積み上げてきたのである。枝野は連合任せでほったらかし。それじゃあ下部組織は動かない。
 その一方で、連日、激戦が続く選挙区に大勢の幹部が入り、駅前で応援演説をやる空中戦が目立った。代表、幹事長、政調会長、選対委員長、財務委員長、組織委員長、大臣、副大臣、政務官……と、じゅうたん爆撃みたいだが、「受け入れ体制づくりに人手を取られたり、動員疲れで逆効果のところもあった」(県連関係者)という。これでは勝てない。選挙のイロハも知らない青二才が選挙を仕切ったことが、大間違いだったのである。

 投票日前日の新聞広告で「説明不足」を陳謝するぐらいだ。菅首相は、自らの「消費税発言」が、選挙で足を引っ張ったことをよく分かっているのだろう。だったらなぜ、そんな不用意な発言をしてしまったのか。
「菅さんは元来、政局オンチなのです。党内手続きも踏まず消費税増税を言い出したらどうなるか、全く分かっていなかった。案の定、選挙戦では民主党の候補者が消費税増税に『賛成』『反対』バラバラで、有権者が失望し離れてしまった。菅さんの周辺に、『総理、それはおかしいですよ』と進言する人もいない。裸の王様なのです」(民主党中堅議員)
 選挙後の判断でも、菅首相は世論を読み違えている。
 大勢判明の深夜に、早々と執行部の続投まで宣言。仙谷もきのう(12日)の記者会見で、「大変もだえ苦しむことになると思うが、それをくぐり抜けてこそ日本の政治が成熟する」と、自分たちの続投を正当化した。ホンネは政権にしがみつきたいだけだろう。
 落選した千葉法相のクビも切らない。閣僚をひとり動かすことで「だったら内閣改造を」の声が高まり、「執行部も交代しろ」に拡大するのを恐れてのことだ。奇策まで繰り出して逃げる政権を有権者が支持するわけがない。
 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏はこう言う。
「有権者はこれまで『責任を取らない政治』に不信感を抱いてきた。参院選の民意を反映すれば、菅さんは党と有権者に何らかの責任を取る必要があります。菅さんが続投なら、選挙を仕切った幹事長が責任をとるのが筋です。民主党の良さは、何事にも逃げないで議論していくところでしたが、今は政権病にかかってしまっています」
 菅首相と民主党の支持率続落は必至だ。逃げてばかりでは、巻き返しなどできない。

 民主党惨敗の大きな要因のひとつが、菅政権になって“民主党らしさ”が急速に失われたことだ。限りなく自民党に近づいたのである。
 普天間問題では辺野古案での合意をオバマ米政府と約束。「生活第一」は後退し、法人税の引き下げなど大企業優遇が鮮明になり、マニフェストは骨抜きにされた。その結果、財務官僚の言いなりで消費税増税に突っ走ったのだ。
 思い返せば昨年の政権交代、国民が熱狂したのは、民主党の理念に対してだった。政治主導、対等な日米関係、国民の生活が第一??。50年続いた自民党のデタラメ政治にホトホト嫌気がさした有権者は、民主党が掲げる理念に熱狂し、政権を託したのだ。それが、ことごとく裏切られてしまった。
「民主党政権が支持されてきたのは、戦後ずっと続く官僚支配、対米従属関係を政治主導で改革すると訴えてきたからです。鳩山政権には稚拙な面もあったが、志はあった。挑戦もしてきました。しかし、菅首相はその理念をアッサリ捨て去ったように見えます。消費税増税は、どう釈明しようが、官僚や財界、大マスコミに媚びようとしたのは明らか。財源問題をつつかれた鳩山失脚を目の当たりにし、保身のためにスリ寄ったのでしょうが、民主党らしさの喪失に有権者は敏感に反応した。それがこの選挙結果です」(筑波大名誉教授・小林弥六氏=経済学)
 こうなると、民主党が支持を取り戻すのは難しい。苦しい生活を強いられている国民が政治に期待するものは何なのか、もう一度、じっくり考えることだ。自民党と変わらない政治なら、本家に一日の長がある。自民党に任せておけば済む話だ。民主党はもう一度、原点に立ち戻るしかない。(後略)


(私のコメント)
9日の株式日記で民主党は一人区で苦戦している事を伝えましたが、選挙結果はその通りになった。「自民党も信用を失ってしまったし、民主党も信用を失った。やって欲しいと票を入れたのに民主党がやらないのなら政権から叩き落すしかありません。」と書きましたが、国民世論の受け皿になる政権政党が無くなってしまった。

自民党の改革も進まず自民党が生まれかわるには数年かかるだろう。政党が生まれ変わるには議員が総入れ替えするしかありませんが自民党には古狸がまだ生き残っている。民主党も菅、枝野、仙石の三人は脱小沢路線を突っ走ってしまって自滅した。選挙で大敗したにもかかわらず民主党は誰も責任を取らない。

それだけ政党組織が機能不全に陥ってしまっているのですが、信賞必罰をきちんとししければ政党としての信用すら失ってしまう。路線が間違っていて選挙で大敗すれば路線を正さねばなりません。民主党が政権を取れたのは「国民の生活が第一」と訴えてきたからだ。しかし菅首相は国民に増税を求めた。政府の無駄をカットして財源を出すと言う政策から消費税で財政再建しようとした。これでは自民党と同じだ。

枝野幹事長は連合任せ出ほったらかしと言う事だったそうですが、小沢一郎がドブ板戦術で票を積み上げてきた支持組織をぶち壊してしまった。「選挙のイロハも知らない青二才が選挙を仕切ったことが、大間違いだったのである。」とゲンダイは指摘していますが、与党と野党とでは選挙のやり方も違ってくる。それを知っているのは小沢一郎くらいだ。

菅総理は野党ボケが酷くて消費税発言をすればそれが票に響く事を認識していなかった。増税して景気回復するという「第三の道」にしても説明不足で理解不能なのですが、減税して景気回復しか道はないだろう。「菅さんは元来、政局オンチなのです。党内手続きも踏まず消費税増税を言い出したらどうなるか、全く分かっていなかった。」ということですが、市民活動家だったことも忘れてしまったらしい。

結局政権が交代しても霞ヶ関、マスコミ、横田幕府のトライアングル体制は変わらず、これでは選挙に何の意味もなくなってしまう。国会は最高権力機関のはずですが、最高権力は霞ヶ関とマスコミと横田幕府にある。この三者は鳩山、小沢体制に政治とカネで攻撃して退陣に追い込みましたが、安倍、福田、麻生の自民党政権でも短命政権に終わらせた。

退陣に追い込んだのは横田幕府であり霞ヶ関とマスコミを操っている。なぜそこまで追い込められてしまうのかと言うと横田幕府から絶えず御用金の請求が回ってくるからだ。御用金の標的になっているのが郵貯簡保のカネであり消費税で巻き上げた税金で米国債を買う仕組みだ。これに協力しているのが財務省の官僚でありマスコミだ。マスコミは総力で郵政民営化に協力して9・11総選挙で小泉自民党を大勝させた。

鳩山民主党政権が誕生したのもこのような仕組みが国民に理解されてきたからであり、亀井氏が郵政担当大臣となり行き過ぎた民営化にストップがかけられた。沖縄の普天間基地問題も見直しが進められるようになり脱アメリカの風が吹き始めた。それに対して危機感を持った横田幕府は政治とカネで鳩山・小沢を追い落とす事に成功した。


◆アメリカに従う者は必ず報われる。しかし逆らえば・・・ 7月7日 世界の真実の姿を求めて!
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-1011.html

参議院選挙にはアメリカが関わっている。
アメリカの為に動いた人間は報われ、逆らう者には罰が下される。

16年半におよぶ米国組織の経験から、彼らは常に極めて律儀に論功行賞人事を実践します。これだけは感心するほど。それだけに、その逆に期待に沿わなかったら、信賞必罰も徹底。

米国の論功行賞は与党も野党も知っている?

そうだとすると参議院選挙後は恐らくアメリカの意向に沿った、郵政民営化を加速する動きが始まる?

与野党の国会議員、財務官僚にはアメとして地位やお金がぶら下げられ、逆らえば、弱みを暴露され抹殺される。

ただ公然とアメリカに逆らう人もいる。

かって、亀井静香氏は、「新政権になれば、冷戦時代のようにはいかない。日本はアメリカが決めたことには従属しない。亀井静香がCIAに暗殺でもされないかぎり、アメリカに従属することはない」ときっぱりと言い切った。

故中川氏に関連した一連の米国流の信賞必罰行動は、アンチCIAの日本人にはそれなりの“みせしめ”効果となった?

竹中氏が日本国の郵政民営化なのに、どういうわけか、郵政民営化に関して当時のゼーリック米通商代表と密な交信をしている。

ゼーリックは日本の郵貯・簡保米営化という“大手柄”(米国寡頭勢力サイドから見て)の見返りに、世界銀行総裁(ネオコン論客、ポール・ウォルフォヴィッツの後釜)に抜擢。

ローマにてゼーリック世界銀行総裁の執拗な残り90兆円の追加要求を中川氏が最後まで拒否したと思われます。このことは、ローマG7の開催中にゼーリックと中川氏が個別会談している事実から容易に推察できます。

そしてローマでの中川氏のもうろう会見と大臣辞任。

もうろう会見に同席していた篠原尚之財務官と玉木林太郎国際局長は何ら処分を受けず。

中川氏の突然の死去の2日後に、篠原尚之財務官と玉木林太郎国際局長はそれぞれ栄転する。

日本の大手銀行の幹部だった人物から、金融庁(日本の民間銀行の監督官庁)のトップ人事は完全に米国に握られていると非公式に聞いています。日本の大手銀行幹部はみんな、そのことを知っているはずです。(後略)

(私のコメント)
アメリカはいう事を聞かなくなった自民党に見切りをつけて民主党政権を誕生させてコントロールしようとした。しかし鳩山、小沢、亀井氏らの自民党出身の古手の政治家はアメリカの暗黒面を知っているから脱アメリカ政治を目指した。中川昭一財務大臣は「世界の真実を求めて」に書かれているように篠原尚之財務官と玉木林太郎国際局長と白川日銀総裁によって抹殺冴えれましたが、彼らはその後出世している。

アメリカン逆らうものは病死か不慮の事故死かスキャンダルによる失脚が待っている。CIAのやり方はますます露骨になり、日本の政治家幹部はその恐怖に怯えている。大手マスコミもこのような事は書きませんが、ネットまでには口は封ずる事は出来ない。菅首相はアメリカの言いなりになって選挙で大敗しましたが、もはやマスコミは国民世論を誘導できなくなっている。

民主党も自民党も同じ穴のムジナであり、霞ヶ関とマスコミと横田幕府の操り人形でしかない。竹中平蔵の僚友である木村剛が先日逮捕されましたが、亀井金融担当大臣の置きみあげだろう。これでMHKの堀江、村上、木村剛の三人が逮捕されましたが、彼らはアメリカの手先でありITヤクザだ。


◆M=村上ファンド、H=堀江貴文、K=木村剛 MHKというのは地検が狙う次のターゲット 2006年1月25日 株式日記
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/164c173dff104e437e318a10829fd040

株式日記ではライブドアや楽天や村上ファンドなどはITヤクザだと書いてきましたが、彼らは闇社会と外資系金融と手を組んで、日本の経済社会全体を支配しようとしている。小泉竹中内閣とはそういう内閣であり、小泉首相の靖国参拝などは日本の右翼や保守を騙す隠れ蓑に過ぎない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月19日 15:34:53: 9Q20QtBg7k
 TORAさん
それを言っちゃシシマイダ。
総理をたらしこんだクソゴミ官僚も
センゴク、エダノの弁護士コンビも
責任取るのが一番嫌い。

オトシマエと聞いただけで震える人種だ。
”私は皆さんの権利を守るのが仕事でして”


02. 2010年7月19日 16:58:13: AQqyLULhMc
小泉は責任とらないでいいのかよ!?

03. 2010年7月19日 19:07:20: JiuafC5wMQ
鳩山氏,小沢氏の辞任でV字回復の恩を受けたのに,お返しにひどい仕打ちをした菅総理。恩を仇で返すとは,往生際が悪い菅総理辞めてすっきりしましょう。政治家や経営者は火の粉をかぶれが今はなくなってしまった、昔の政治家や経営者は、”トップが責任を取る”という、(武士的な日本良さ)があった、今は責任を取るという概念がまるでない。呆れ果てる状態である、

デフレを解消しないで三途の川の船に乗車した菅総理G。明らかに「国民からカネを吸い上げ、官僚が使う」という自民党が失敗した大きな政府路線,惨敗をしたのに責任もとらないで、居座りする菅総理,恩を受けたのに恩を仇で返す,お返しにひどい仕打ちをする薄情な指導者でもある。下記理由から辞任は当然である。

@消費税率15%に引き上げと法人税減税(金持ち救済・弱者は自己責任)の丸呑み
A国家戦略局構想の挫折,天下国家のビジョンの放棄(財務官僚の操り政権となった)
B高速道路原則無料化に変更による(事実上の無料化撤回)で第二次産業革命が頓挫した
C子ども手当の予算総額(満額支給時の予算)を半減と38万円の扶養控除が廃止される
D郵政改革法案の臨時国会への審議先送りをして廃案にする。米国へ運用金の差し出し
E景気動向指数が14カ月ぶりに悪化に転じデフレがとまらない。デフレータ直滑降
F二大政党制の腐敗,不信によって機能不全。第三党が出現して大躍進。
G恩を受けたのに恩を仇で返す,お返しにひどい仕打ちをする薄情な菅総理G
陰において枝を折る。
H消費税増税議論で日本はじめ世界的信用恐慌の第三,第四の大底は避けられない。
 (ギリシャが消費税増税で破綻した英国も増税に踏み切り沈没する,日本も追従する)
I国民の生活第一から官僚利権政治,天下り重視に方向転換した(第二の自民党を目指す)
J選挙で負けた大臣を留任させ,敗因を小沢氏の政治とカネに押し付けた。
K黙って密かに会えばいいのに会いたいお目にかかりたいとトリックを仕掛けた。

消費税増税で法人税は減税は,猫の首に鈴という,成功する可能性のない企てに最初に着手したことは,天機泄らずすべからずという,天の神や重要な秘密はもらしてはならない,話してはいけないのにべらべらと消費税増税と法人税の減税をもらした責任は重大。天下国家の総理としての資格に欠ける。
治に為すは多言に在らずと言う,政治はいろいろしゃべりたてることではない,実際に善政を行うことが大事である。


04. 2010年7月19日 19:42:20: BZ31Ab9wZQ
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=40207&media_type=wb&lang=j&spkid=19604&time=00:55:16.2
このヴィデオを見る限り、財務金融委員会内部の議員の発言が本会議での各党の発言や国政選挙での時々に示された民意よりも影響力が大きくかつ重視されているようにも見える。このままでは党首討論も子供の遊びにしかならない。本当にクローズドな組織だ。

05. 2010年7月19日 22:09:54: ZsUNOgGnko
<ねじれ国会>歩み寄り請う与党 主導権は野党に
7月19日21時56分配信 毎日新聞

 民主党は衆参両院で多数派が異なる「ねじれ国会」を政策ごとの連携で乗り切るため、野党側に積極的に協力を呼びかけていく構えだ。自民党が大敗した98年参院選後の金融国会で野党案を丸のみした経緯や、07年参院選後のねじれ国会でも与野党の協議で成立した法案があることなどが念頭にある。しかし、主導権が野党に渡り、政権の求心力が急速に落ちた自公政権の例を繰り返さない保証はない。【須藤孝】

 ◇「熟議」呼びかけ

 民主党の細野豪志幹事長代理は18日のフジテレビの番組で「臨時国会でできるだけ議論ができる場を設定したい。互いに歩み寄る努力をしたい」と述べて、30日に召集予定の臨時国会で予算委員会の開催に応じる意向を表明した。今後も野党の協力なしでは国会運営が成り立たないことを踏まえ、政権側から野党に呼びかける場を設定したい考えだ。

 最近、政府・民主党内では「熟議」という言葉がよく使われる。「熟議の民主主義によって、新しい合意形成をはかるのが国会の場」(13日、仙谷由人官房長官)▽「熟議の民主主義的手法で考えた時に、どのような手法、手段も否定しない」(15日、蓮舫行政刷新担当相)−−。法案修正も含め、野党と実質的な議論に政権側も前向きに臨むという意味だ。

 ◇責任の重さ強調

 07年参院選後から昨年の衆院選まで続いた前回の「ねじれ国会」のもと、07年11月に成立した改正被災者生活再建支援法では与野党が別々に法案を提出後に修正協議し、全会一致で可決された。民主党幹部は「金融のような危機対応や弱者救済では野党も責任ある対応をとる」と指摘する。今回の「ねじれ国会」は衆院で再可決に必要な3分の2以上の議席がなく、野党側の反対の影響が大きい分、野党にかかる責任も重いと見ている。金融国会を経験している枝野幸男幹事長は周囲に「これまでのやり方を9割変える」と漏らしている。

 ◇徹底抗戦なら窮地

 だが、子ども手当や農家への戸別所得補償など民主党の主要政策は昨年衆院選、参院選での争点になり、野党側も厳しい対応をとらざるをえない。子ども手当は来年の通常国会で法案が通らなければ、来年度からの支給ができない。政権には子育て支援を重視する公明党に期待する声もあるが、その場合でも相当の譲歩が必要になる。

 そもそも、民主党が日銀総裁人事などで徹底的に反対して自公政権の首相を次々退陣に追い込んだのはつい最近のことだ。野党側の徹底抗戦で菅直人政権が追い込まれないとも限らない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100719-00000046-mai-pol


06. 2010年7月19日 22:39:22: BZ31Ab9wZQ
菅政権が存続しても米国従属の姿勢が変わらない限り、普天間問題や沖縄県知事選の結果などが逆風になって突き刺さってくる。早く辞任して党としてその姿勢を変えれば違ってくるだろうが、居座ると自民党を結果として利することにもなる。こんな政治を国民は望んでいない。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧