★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK91 > 269.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「週刊大阪日日新聞」 が止まらない 〜「官房機密費問題」 最新記事〜 (暗黒夜考〜崩壊しつつある日本を考える〜)
http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/269.html
投稿者 純一 日時 2010 年 7 月 24 日 17:58:53: MazZZFZM0AbbM
 

http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/231f262d877a4c503fc644393f6bbd33


2010年07月23日

先日のエントリー(http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/d/20100718)にて紹介した「週刊大阪日日新聞」の最新記事が公式HPにてUPされたので、以下に転載する。

(転載開始)


◆官房機密費の闇 ・・・ マスコミと政治家の癒着

 特大号特別企画 「大手マスコミが伝えない真実」 第1弾
 2010/7/17

【元大手紙政治部キャップ 霞泰介氏 自身の癒着の実像を告白】


第4の権力≠ニ呼ばれる新聞をはじめ大手マスコミは、取材対象の政治家とは常に緊張関係にあるべきだ。ところが、直撃インタビューした元大手政治部キャップの口から飛び出す言葉は、公然たる政治家と記者のなれ合い体質だった。相撲協会では不祥事が続発しているが、マスコミの世界でも相撲の世界と同じようなごっつあん体質≠ェまかり通っていた。

―どういった状況で政治家からカネを受け取ったのか。

 中曽根内閣のころに、参院自民党の大幹部で宗教系議員らのグループを束ねていた大物議員から「いつも夜討ち、朝駆けで大変だね。君の奥さんも苦労しているだろう。これは、ボクから奥さんへの慰労だ。受け取ってくれ」と事務所で白い封筒を手渡された。

―封筒の中身は。

 現金10万円だ。驚いて返そうとしたが、「一度渡したものだから」と拒まれた。国会議員、とりわけ派閥の幹部クラスから直に現金をプレゼントされたのは初めての経験だったし、まして当時のわたしは自民党担当記者としては中堅だった。

―ジャーナリストとしての良心の呵責(かしゃく)は。

 当然あった。上司に相談すると派閥担当記者にはよくあることだと指摘され、「何かの機会にそのまま返すか、別のかたちで返せばいい」とアドバイスされた。その幹部の母親の葬儀の際にそっくり香典にして返した。

―こうしたことは頻繁にあるのか。

 派閥政治全盛期の自民党では、新聞やテレビの政治記者と政治家の癒着は半ば公然。盆暮れになると、派閥のボスや幹部から担当記者に現金や背広仕立て券などが贈られた。出張取材では、同行する記者には豪華なお土産がプレゼントされた。

 先輩記者からは「代々受け継がれてきた慣行」だと。わたしも次第に慣れっこになった。マスコミの給料は他企業の会社員に比べれば高い方で、別に貧しかったわけではない。

―派閥担当の政治記者が一種のカネまみれになってしまうのはなぜか?

 「みんなで渡れば怖くない」という横並びの共犯者意識があり、日本人特有の村八分≠恐れる気持ちがある。わたし自身、金品の贈与を拒否すると、他社の記者たちが「何だ、一人だけいい子になるのか」と非難されたし、派閥幹部は「君のところの先輩はみな受け取っていたよ」としらけた表情をしたものだ。

○官庁でも慣れ合い

―慣れ合いは政治家だけか?

 いや、高級官僚もだ。

―どんな経験が?

 取材名目でよく食事をしたり、一緒にゴルフや麻雀を楽しんだ。その際は、申し訳程度のカネを会費として負担したが、費用の大半は官僚持ちだった。

 ほかにも、世話を焼いてくれた報道課では、こちらが要求すると白紙の領収書を出す便宜を図ってくれた。会社から出た取材費に上乗せして、小遣いの足しにした。

―そのカネはどこから。

 こうしたカネは政治家や高級官僚が自腹を切るのかといえば、決してそうではない。マスコミ対策費として、派閥のボスや官庁の予算から出ている。当然、そこには官房機密費の一部が流用されていたのは間違いない。

―機密費の使途は明らかにされないのか。

 取り扱いは内閣官房長官の裁量に委ねられており、領収書が不要で、使途は一切明らかにされない。会計検査院のチェックも形式的なものだ。野党を懐柔するための費用として使われることが多かったし、マスコミ向けには、政権与党に都合の悪い記事や放送を防ぐため、普段から友好、協力関係をつくる狙いがある。

―「不遍、不党」や「公正、中立」を掲げていながら、権力をもつ政府与党の言いなりになってはいけないのでは?

 客観的な報道を歪めることになれば、読者、視聴者への裏切りで、明白な倫理的破たん、モラルの崩壊につながる。民主主義の敵にもなりかねない。わたし自身の体験も恥ずべきことであり、心から反省している。

○利益供与に感覚マヒ

―現金の供与以外の政治家との癒着はあったか?

 田中(角栄元総理)派を担当していた先輩記者から「NTT株でいい小遣い稼ぎができたよ」と聞いたとき、一瞬耳を疑った。1987年2月、日本電信電話公社(NTT)が中曽根内閣の民活路線で民営化したときのことだ。株式公開で初値160万円が2カ月後には318万円に高騰。先輩記者は派閥幹部のコネで1株を手に入れ、高値で売り抜けた。

 「うらやましい」と思った反面、「政治記者がそんな利益供与を受けていいのか」と思ったことを覚えている。

―自民党以外の野党は?

 一部の野党でも、担当記者を接待して金品を配る慣習は変わらなかった。

―「朱に交われば赤くなる」か。

 派閥担当の政治記者がカネに対する感覚をマヒさせていくのは、大手マスコミが置かれている現実と無関係ではない。

 なぜなら、今東京に本社がある大手紙のほとんどが国有地を安価に払い下げてもらっているからだ。マスコミは、立法、司法、行政に並ぶ「第四の権力」といわれるが、何のことはない、最初から国家に面倒をみてもらっている。これで本当に「報道の自由」を貫けるのか、心もとないところがあるのは紛れもない事実だ。


○ザル法の政治資金規正法

―以前と比べ、派閥のたががゆるんだと聞いているが。

 そうだ。政治とカネをめぐる環境は、派閥全盛のときから様変わりした。きっかけは、政党助成金(注1)だ。94年に選挙制度が中選挙区制から小選挙区比例代表並立制に変わった際、同時につくられたもので、国民一人あたりがコーヒー一杯分の250円を負担し、各政党に交付される。

だが、2000年1月から政治家個人への企業献金と団体(日教組など)献金が禁止されるまでの5年間は、政党助成金と企業献金の「二重取り」が行われていた。たとえば、1998年当時、自民党は152億円の政党助成金のほかに企業献金74億円を受けていた。

―民主党はどうか?

 意外に知られていないが、民主党の場合、野党のときから政治運営のカネは大半が政党助成金、つまりわたしたちの税金でまかなわれていたのだ。現に2010年分の政党助成金は172億9700万円で、党の収入の実に85%近くを占めている。ちなみに自民党の場合は103億7500万円で、党収入に占める割合は50%強だ。

―政治とカネのあり方が問題になるたびに政治資金規正法(注2)が問われているが。

 議員立法でつくられた法律のため、基本的に政治家の首を絞めるような厳しい規制は排除されているからだ。ザル法≠ニいわれるゆえんだ。政治家には3つの財布≠ェある。政治資金管理団体と政党支部、政治団体という受け皿である。個人向けは禁止されている企業・団体献金も政党本部を経由して流される「迂回(うかい)献金」がその例の一つだ。

―週刊ポストや東京新聞は官房機密費の報道に熱心だが狙いは?

 ほとんどのメディア、なかでも大手マスコミが官房機密費について完全に無視し、まったく報じていない中で、「週刊ポスト」(小学館発行)がフリーのジャーナリスト、上杉隆氏を通じて精力的に報道しているのは大いに評価に値する。
特に、元NHKの官邸キャップと元産経新聞政治記者の証言を引き出したことは、真相の一端を明るみに出したスクープといえる。

 また、地域ブロック紙として独自の存在感を持つ「東京新聞」だけが先んじて官房機密費の報道をしたのは、大手紙への対抗意識が背景。シビアな競争に直面している新聞界で、より読者のニーズに応えることで生き残りを図るしたたかな狙いが読み取れる。

 しかし、ほかの著名な記者や各マスコミはそろって口をぬぐったままだ。同じころに現役の政治記者だったわたしには「間違いなくあったこと」と分かっており、彼らはいずれも恥をさらすことへの恐怖と体面を保つために全否定しているものと理解している。

染みついた悪習をなくすためにも、また、「社会の木鐸(ぼくたく)」を任じる記者ならば、今こそ重い口を開くべきときだ。

----------------------------------------------------------

(注1)政党助成金 政党助成金は、国勢調査人口に250円をかけた総額を、議員数割と得票数割に応じて、各政党に交付される。ただ共産党だけは制度に反対して受け取っていない。なお、政党の要件は、(1)所属する国会議員が5人以上、(2)所属する国会議員がおり、直近の国政選挙で全国の得票率が2%以上―のいずれかを満たす必要がある。

(注2)政治資金規正法 政治資金の収支を明らかにすることで、政治活動におけるカネの流れの透明性を確保するとともに、政治腐敗をなくす狙いから1948年、議員立法で成立。政治とカネにからむ腐敗事件が起きるたび、大きな制度改正が行われた。最近では、2008年に1円以上の領収書の公開や、第三者による監査の義務付けを柱とした改正をした。

(転載終了)


早い話、我々の血税が原資である「官房機密費」は、政治家・官僚・マスゴミといったアメリカに隷属する売国奴連中に好き勝手に使われてきたということである。

同様の話は、一部の新聞・週刊誌のほか、ネット上のいたる所でも目にすることが可能であり、本ブログでも何度も繰り返しコメントさせて頂いている。

それでも尚、今の国家権力に怒りを覚えないというなら、あなたは、立派な「愚民」「B層」である。いい加減、国家権力による”催眠術”から目を覚まして方がいいであろう
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月24日 19:47:04: JiuafC5wMQ
ギリシャは海外からの旅行者に頼る官僚国家,消費税増税,法人税を減税して財税破綻した。日本は官僚国家で天下り王国,既得権益のドロ塗れ,マスコミとカネ,マスコミと女,消えた官房機密費と女,影武者亡霊に怯え,責任をとることがない大マスコミ。おまけに菅政権Gが民主党の公約を無視して国民への裏切りをした。基本政策を次々に変更するという「暴挙」に出た。その基本理念は日本滅亡,「対米隷属・日米同盟最優先」「財政再建という大嘘増税」「ケインズ理論を無視した新自由主義」だ。政治的配慮で利用した官房機密費を追及して改めなければならない。社会の木鐸(ぼくたく)なんて捨てててしまったいるマスメディアは国民の敵であろう。

02. 2010年7月25日 02:22:42: GJ16grvwyc

マスゴミは、 国民だましの バイコクド
国が死んでも ケセラのケセラ

03. 2010年7月25日 07:38:03: dFQfn0xMh2
自民党への政治献金を官報のPDFで見たが、そりゃすごい
他の政党が個人や親族のみの献金に対して、自民は土建やパチンコ屋
高利貸しなどの金を持ってる企業からのリストがズラリならんでいた。
中川なんか物凄い。

04. 2010年7月25日 10:07:14: i37fD8kRRc
>>02殿。見事なお手前でござる。拙者も一首詠みまするぞ…
小沢バッシングをし続けるマスゴミに捧げる歌

  毒饅頭 たらふく食ひて 口ぬぐい 発した言葉が 説明責任


05. 2010年7月25日 10:19:52: i37fD8kRRc
更に2連チャンいきます。天声人語&毒饅頭ネタが詠みやすいですね...笑

  毒饅頭 みんなで食えば 怖くない 口をぬぐって 天声人語

  毒饅頭 たらふく食へば 毒回り 割舌悪し 天声人語


06. 2010年7月25日 10:29:40: i37fD8kRRc
最後は俳句で〆ます。お邪魔しました。
  
 毒食へば 筆が立つなり 御用記事

07. 2010年7月25日 16:56:45: kbjD6Oqr1Y

マスコミは、偽善的なガス抜きをして大衆を騙していただけです。

本心は、体制維持。

体制内で、美味しい思いをしていた。

所詮、ただの優等生のサラリーマン。

先進国の志あるジャーナリストとは、雲泥の差です。

ガス抜き担当の朝日と毎日は、罪が重い。


08. 2010年7月25日 18:08:49: 6i9UrJsHdU
だから、B層という言葉は使わない方がいいと思うんですよね。
ネット住民の方が一般有権者よりも正しい判断が出来ているかは疑問だし。
「自分たちは判っている、一般人は判らない」というのは思い上がりが過ぎる。

マスコミによる洗脳操作の多くは、一般有権者よりもむしろ政治家や各党の
構成員に向けられている気がするし。
政治家がものすごくマスコミに騙されやすい。


09. 2010年7月25日 19:51:42: ZfQwgzp9A2
マスゴミといわれるマスメデアの体質も、大阪から変えてほしい。
東京の権力べったりのマスメデアの体質をかえられるのは、大阪からである。

10. 2010年7月25日 20:13:52: dlp5rHUhkk
大新聞、テレビだけで情報を得ている人は正しい判断はできません。以前の私です。この様な人はB層です。自らインターネット、総合雑誌、週間誌、日刊ゲンダイ、本等を読んで出来るだけ正確な情報収集に努めないとB層から抜け出すことはできません。新聞テレビはほとんどどこの社もおなじになっています。極めて危険な状態です。だからインターネットは重要です。ここから正確な情報得るように多くの国民が努めることが大切です。真の民主主義確立のために。マスコミは誰かにコントロ−ルされているのです。権力からの金で。だから大本営発表になっているのです。小沢さんの件が良い例です。私は西松問題からB層を脱しました。全ての報道を疑うのです。真実を求めて。だから阿修羅は大変良い情報源です。阿修羅ありがとう。これに健全な情報を提供されている人々に感謝しています。

11. 2010年7月25日 21:51:18: DazSTNcV0s
江戸時代に日本を侵略しようとして侵入した偵察部隊(キリスト教宣教師)が日本の社会は金で動いているのではないので、中国とは異なり金による政治家の買収による侵略は難しいと判断した。

たった200年で日本は堕落し、180度異なる価値基準である拝金主義者が国を動かす傀儡国家になってしまった。世の政りごとを司ってゆけるのは、金には全く動かされない武士階級の中でも選別された国に忠誠を誓える極少数の人間のみだったはず。日本の政ごとの原点を見直し、金が第一義的でない社会基準を取り戻せ。もともと日本には武士道があったはずだ。


12. 2010年7月26日 00:34:35: dFQfn0xMh2
>金には全く動かされない武士階級の中でも選別された国に忠誠を
>誓える極少数の
大間違い。江戸期の武士は誰でも仕官出来た。つまり、江戸期の武士
というのは、朝鮮の科挙の様なものでなれるかなれないか決まった。
所謂、山を根城にしていた博徒(ヤクザの原型)というのがあるが、彼らは
この様な武士仕官が適わなかった屈強な町民達であった。国に忠誠を
誓うから武士になれるというわけではない。それに、新渡戸稲造の武士道
というのは、昨今の膨大な資料からすれば現実から相当かけ離れたもので
ある事がわかっている。江戸期の武士は大名ですら、借金をしなければ
ならず、その穴埋めで米の接収で犠牲になった農民であった。大名ですら
この様な状況であったので、下級士族は悲惨を極めた。食う物もろくになく、
門の構えは質素でなければならないなどや町の外れに住まわされるなどの
厳しい取り決めがあった。

13. 2010年7月26日 13:30:56: nexf0UMGTk
諸問題の背景には日本そのものがアメリカに「軍事。外交。政治。金融経済。文化。科学技術。」などすべてで支配権を握られている属国だという厳しい現実があります。各大メデイアの仕事も「アメリカの要望に逆らわない範囲においての表現の自由」しかないので、官房機密費、記者クラブ問題含めて、真のジャーナリズムが日本に存在しない「上杉さんなど少数のジャーナリストを除き」大きな理由だと思います。日本の総理大臣でも「アメリカ側からは属国の代官ぐらいの扱い」です。すこしでもアメリカの要望に逆らう気配があればば「たわけもの。控えろ。眼どうり叶わぬ下がりをろう。上様「アメリカ」の要望を何と心得る。無礼者らを切り捨てい」となります。極め付きの決め手は「敵からの侵攻が近いぞよ」総理の耳元へ手先の外務。防衛官僚に吹き込ませれば総理は震え上がり基地でも何でも言いなりに従属させることができるという寸法です。こうして属国派のメデイア。官僚。既得権益勢力らの謀略で小澤さんや鳩山さんは、追い落とされましたと見ます。

14. 2010年7月26日 15:32:22: 5YD7OnLqxM

>>2・4・5・6様

何れ劣らぬ傑作集ばかり

余りの見事さに笑ってしまいました、 失礼

大手新聞・マスコミの輩に投書したいが

年老いた私には悔しいかな 成す術も知らず

何方か代行お願いします m(__)m



15. 2010年7月26日 16:26:13: PMdrnQmxwE
マスコミに良心はないのですね。

7の方の意見通りと思います。

電通を軸に、体制維持、縁故入社ばかり。

大マスコミは、根から腐っている。


16. 2010年7月26日 21:08:22: DWwRgvjK9E
15の方に同意。
マスコミは縁故社員ばかりで思考停止状態。

朝日新聞編集委員、
星浩など、紙面を使いやりたい放題。
マスコミ改革をしない限り、
日本に民主主義はこないだろう。


17. 2010年8月07日 07:50:11: xw3JnaZk6M
政治資金法等のザル法は、盗人が法律を作るんだから、仕方がないわなー。
まあー今の政治屋を一掃せな!

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK91掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK91掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧