★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK91 > 355.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
出て行くのはどちらだ?…オリジナル民主党と小沢民主党の正統性 (政治の季節〔稗史倭人伝〕)
http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/355.html
投稿者 亀ちゃんファン 日時 2010 年 7 月 26 日 05:08:44: GqNtjW4//076U
 

http://blog.goo.ne.jp/yamame1235/e/4f86a9bd41dde32733c0577d329583c1
2010-07-25 22:02:15

出て行くのはどちらだ?…オリジナル民主党と小沢民主党の正統性 


小沢一郎ここまで来ると、小沢一郎が菅直人・前原や仙谷・枝野らと同じ政党でやっていくことは無理だろう。
党内主導権を握った菅直人や仙谷・前原たちはあからさまな小沢排除を続けている。
ここまで反・小沢、非・小沢、脱・小沢、嫌・小沢の連中がはびこっていては、小沢も辛かろう。
彼らはここまでの仕打ちを続けていて、小沢がこのまま民主党にとどまっていると考えているのだろうか?

多分そうではないだろう。
小沢が民主党から出て行くことは想定しているのだろう。
それどころか、彼らの方から、小沢を追い出そうとまで考えているのだろう。
小沢に対する仕打ちは到底、同志に対するものとは考えられない。
彼らは、政権を失うことよりも小沢を追い出すことの方を優先させかねない。

小沢一郎も、こんな連中とこの先も一緒にやっていきたいなどとは思っていまい。

小沢一郎の取るべき道はいくつかある。
一つは、民主党内での主導権を握り、民主党をして自分の理想実現のための集団たらしめることである。
二つめは、というより主導権獲得がならなかった場合は、自分が党を割って出て行くという道である。
多分この可能性が最も高いのだろう。

しかしわたしはここでもう一つの道を考えたい。
民主党から菅や前原や仙谷やらを追い出すことである。

彼らにしてみれば、民主党は元々自分たちのものであると思いこんでいる。
小沢一郎率いる自由党と民主党の合併は2003年のことである。

菅直人内閣の顔ぶれはほとんどが合併以前の旧・民主党議員で締められている。

首相 菅直人(63)
総務(再) 原口一博(50)
法務(再) 千葉景子(62)
外務(再) 岡田克也(56)
財務    野田佳彦(53)
文部科学(再) 川端達夫(65)
厚生労働(再) 長妻昭(49)
農林水産 山田正彦(68)
経済産業(再) 直嶋正行(64)
国土交通(再) 前原誠司(48)
環境(再) 小沢鋭仁(56)
防衛(再) 北沢俊美(72)
官房 仙谷由人(64)
国家公安・拉致問題(再) 中井洽(67)
金融・郵政(再) 亀井静香(73)
国家戦略 荒井聡(64)
行政刷新 蓮舫(42)
公務員制度改革 玄葉光一郎(46)

このうち小沢一郎と共に民主党に合流してきたのは、わずかに中井洽・山田正彦の二人だけである。
しかもあまり力にはなりそうにない顔である。

合併以前・旧民主党の議員数(2000年総選挙後)
衆院 127
参院  59

合併以後・2009年総選挙後(2010年参院選前)
衆院 308
参院 109

現有議席数の半分近くが旧・民主党の持っていた議席である。
菅や前原、仙谷・枝野らが、民主党を我がものと考えるのにも一理ある。

しかし現・民主党政権は前回総選挙でマニフェストを掲げて戦い勝ち取ったものである。
民主党政権の正統性はマニフェストにこそある。

「国民の生活が第一」という標語にこそ、その正統性を求めるべきである。
翻って菅直人政権はどうか?
とうてい、国民との契約を履行しようという意思など見いだすことなどできない。

消費税増税
法人税減税
普天間問題でのアメリカ迎合
国家戦略局構想の放棄
天下り禁止
等々。

民主党の正統性は国民との契約を遂行しようという人たちにこそ受け継がれるべきである。

小沢一郎には、「国民の生活が第一」という国民との契約を民主党に実行させる義務がある。
小沢以外に、その義務と責任を自覚しているものがどれだけいるか!
この契約を放棄する者は、民主党から排除しなければならない。

かと言って、この連中が素直に出て行ってくれるとは思えない。
「出るのは小沢の方だ」と言い張るだろう。

しかし、国民の目には、菅直人や仙石・枝野・前原らの無能は余りにも明らかである。
無能ということでは鳩山由紀夫の名も加えておかねばならないが……。

思えば、あの時の小沢一郎の言葉はまったく正しかった。

2007年11月3日、自由民主党の総裁である福田康夫首相と野党である民主党の小沢一郎代表との間で、大連立構想が話し合われた。小沢は党の役員会に諮ったが反対意見が大勢を占め拒否することとなった。

「民主党には政権担当能力がない」という小沢発言が伝えられたのはこのときである。

小沢は混乱の責任を取り代表の辞任を表明したが、党内の慰留を受けて辞意を撤回した。

民主党も小沢一郎もずいぶん大人になったものだという感想を抱いたのはわたしだけではなかったろう。
しかしこのときの小沢一郎の言葉は正しかったのだ。
皮肉なことに今になってそれが証明されつつある。

今後、菅直人政権は、低支持率にあえぎながら、政権維持だけを目標に、野党にも連立与党にも頭を下げ、尻尾を振って屈辱的且つ恥知らずな政治を進めていくことだろう。
勿論、官僚・マスコミ・経済界・アメリカ相手にも同様の態度を取るほかあるまい。

いまや菅の居座りの唯一の理由が、「頻繁な首相交代は世界から笑われる」ということだけになっている。
馬鹿な理屈である。
既に世界の笑いものになっているのである。
頻繁な首相交代だけではない。
アメリカ追従に官僚天国。
物笑いの種はいくらでもある。
あと一回や二回の首相交代など、どうと言うこともない。
その程度のことが、国民に苦しみを押しつける事への言い訳になるのか!

わたしたちは、笑われることを恐れて不幸を受け入れるのか!
笑われることを恐れるより、国民に不幸を押しつける政治を拒否すべきではないのか!

小沢一郎は正論を主張し続けろ!
そしてその正論に心から同調する同志を増やせ。

菅・前原・仙谷・枝野らは近いうちに行き詰まる。
彼らがいかに足掻いても、小沢が正論を吐き続ける限り、彼らの方が根負けする……かもしれない。
そしてあきらめて出て行ってくれる……かもしれない。

あまり期待できない筋書きだが、世論の後押しがあればどうなるかは分からない。
確かに、9月の代表選は一つの山場かもしれない。
しかし、そこを粘り通すこともまた、一つの戦略でもあろう。

わたしたちは、たとえ9月がだめでもその先に希望を繋ぎたいのだ。


ついでながら、検察審査会についても一言付け加えておきたい。
クジで選ばれたたった11人のシロートに、この国の将来を左右するほどのことを判断させていいはずはない。
検察が掘り出した事件などは、外目には犯罪の事実などは明らかでないものがほとんどである。
法律のシロートに、こんな事件に首を突っ込ませるべきではない。
検察審査会などという存在は、速やかに解消すべきである。
少なくとも検察審査会には、警察が摘発し、送検した事件に対する検察の処理についてのみ判断させるべきである。

検察審査会は今や、反・小沢勢力の最大の拠り所となってしまった。
現在の小沢一郎の、そして日本の将来のための最大の障害になってしまっている。
バカバカしい限りである。


───

民主主義の確立のために!
http://blog.with2.net/rank1510-0.html 
でもクリックを↑


虚像に囚われた政治家 小沢一郎の真実
平野 貞夫
講談社
このアイテムの詳細を見る
http://www.amazon.co.jp/虚像に囚われた政治家-小沢一郎の真実-平野-貞夫/dp/4062135574?SubscriptionId=AKIAIRNYLEHVWKXBWIKA&tag=yamame1235-22%20&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4062135574


政治関連図書へ
http://astore.amazon.co.jp/httpastore.amazon.co.jpyamame12350a-22 


古書 那珂書房
http://www.nakashobo.com/ 
特に歴史書が充実しています
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月26日 05:42:19: lFtrGPhedw
放っておいたらいい。
小沢・鳩山氏はそれがわかっている。
だからこそ鳩山氏は人事を変えろ挙党体制を作れと菅氏に言ってるが保身で何もしない。
そうなれば当然、小沢氏は菅氏に会わない。
鳩山氏は小沢氏に会える土産を用意しろと言ってるそうすれば南妙と連立が組める。

はっきり言って菅氏や現執行部は参院で過半数持たず委員会やが野党に乗っ取られた状態で衆院の3分の2を持たない状態がどう言うのか知らないのだろう。
マスゴミも首相が頻繁に変わるのはよくないと言うが管政権が機能するには参院で過半数握るか衆院で3分の2を持たなければならない。
部分連合でみんなの党とか思ってるだろうがみんなの党では過半数が無い。
参院で問責決議が可決されまくり管は参院に出席出来ない。
菅氏が野党時代散々池田大作を国会に呼べだの邪教だの叩きまくったので仏敵と言われまず南妙はどんな事があっても管には賛成しない。
だが、政策的に近いのが南妙である。

しかも、小沢・鳩山両氏の派閥が内閣不信任案に賛成すれば可決され管政権は終わる。
マスゴミも首相が頻繁に変わるのが良くないと必死で管を擁護するが参院で過半数持たず衆院で3分の2を持たず野党に人脈やパイプを持たない菅氏がどうすればいいのかと聞かれたら潰れるしかないと答えるだろう


02. 2010年7月26日 08:01:07: 5ewtnZ4geY
鳩山・菅の民主党オリジナル政権じゃ無理だってことは、小沢氏には以前から判っていたのだろう。 大連立の話のあった時に、今の民主党では政権を維持できるだけの人材が育っていないと言ったと伝えられていた。 今の菅政権を見ていると、小沢氏の言ったことの意味が良く判る。 前原・仙谷・枝野・北沢・千葉・岡田・平野などの諸閣僚や官房長官・幹事長は、全部落第だった。 総理にしても同じこと。 それなら自民党やみんなの党、公明党なら人材がいるかというと、それもどうかと思う。 アメリカの手先になっているマスコミ・大企業経営者・バンカー・官僚・学者・テレビに出てくる解説者などを除いて、どこかに誰かいないものか。 若くてもいいし年寄りでもいいから、まともな人を探すべきじゃないか。 原口・長妻・天木・植草・副島くらいしかいないということなのだろうか。 小沢さんを首相にしても、その意志を的確に実行する力量のある人を推挙してみてもらえないだろうか。 名古屋の河村氏は、今のポストじゃもったいないような気がする。 特に経済・財政の分野で、官僚を抑えられるような能力ある人が必要ではないかと思うけど。 N.T  

03. 2010年7月26日 11:20:27: 6Gtq8AlNl6
 いまだに(鳩山・小沢)とくくる人が少なくないが、鳩山は風見鶏である。昨今その傾向を更に強め、菅に取り入ろうとしている。鳩の菅詰に自らなって、影響力を誇示しようとしている。愚かな!
 菅(ら)は参院選挙敗北で多少萎れていたが、官僚に励まされて反省修正すべき路線を何事もなかったように、(マスコミ・誤用評論家+検察の後押しも受けて)邁進しようとしている。政権担当能力(対官僚・対アメリカ)の欠如は著しい。
 小沢にしても、策士策に溺れる呈を示していないか?NO.1ではなく、NO.2を目指しているのなら、NO.1足りうる人材を育てていかなければならない。党代表選に誰かを出すにせよ、党を割るにせよ、大多数の国民が知ることのできる方法で、その主義主張を示し続けなければならない。自らの動きを察知させないというのは、戦術としてはあり得るが、巻き添えとなるのは国民であることを努々忘れる事なかれ。

 こんな事にイライラさせられるのは、たまったものではない。


04. 2010年7月26日 18:37:17: lFtrGPhedw
オリジナル民主党って前原代表の偽メールの時に滅んだってかあの時自由党から来た小沢一郎が居なければ既に民主党は存在してるのかわからない。
それぐらい電光石化で立て直した。
こんな事言えば日本がアブナイのブログのnewって奴が怒るかもしれないが。

05. 2010年7月26日 22:07:04: fHc9KbX32I
だらだらと菅さんが居座ったら自公政権と何も変わらない。
不満ばかりがつのる。鳩山さんも菅さんと同類。
ここは何としても小沢一郎総理でしょう。
我々国民の生活にとっては!!

06. 2010年7月27日 07:29:10: DCHDReL3A2
民主党の結党の理念は、新自由主義 だったと記憶している

だから、当時の鳩山代表は、しきりに小泉にむかって「こっちにおいでよ。小泉さん」と繰り返し、発言している。

守旧派から抵抗されて構造改革がやりにくかった小泉を民主党の仲間として誘う発言を繰り返している。

ですので、民主党の本来の正体は、今の菅路線である。

よって、生活が第一の小沢さんは、なんの迷いもなく民主党を捨てて、離党し、新党を欠席してもよい。

しかし、それでは、自民党の思うつぼである。

小沢さんは、民主党を完全にのっとり、再生させて下さい。



07. 2010年7月27日 07:30:32: DCHDReL3A2
×欠席→○結成 でした。訂正します。

08. 2010年7月27日 13:42:13: xFZBo7J2Sc
菅総理は9月代表戦に向かって準備を始めたようだが、
小沢氏は黙して語らず。既に準備完了とは思えないので
現執行部に遅れをとるでしょう。
検察審査会の結論待ち?とすれば弱腰過ぎますね。
検察審査会の結論なんて放っておけばいいでしょうに・・
「脱・官僚」「国民生活が第一」のマニフェストに戻れ!
と声を上げれば戻れる勢力と戻れない勢力がハッキリして
挙党一致か分裂か?が決まるのにね〜・・小沢も情けない。

09. 2010年7月27日 17:09:01: fGLN1b0dUo
どういうわけだか小沢氏はここ一番に弱い。
なぜこんなくだらないアホカン連中の罠にこうも簡単に嵌るのかよくわからん。
今まで散々騙され、いいようにこき使われているのにも関わらず、何度も同じような失敗を繰り返している。人が良いにも程がある。最後までとどめを刺さないから足をすくわれるのだ。
小沢派の連中よ、親分にばかり頼らないで、ここぞという時にこそ親分のために一致団結して役に立て。原口が小沢氏には仲間に対するトラウマがあると言っていたが、お前ら子分がしっかりと小沢氏を守らないからこうなるのだ。しっかりしろ。

10. 2010年7月28日 10:11:16: J0o6rialnc
>01. 2010年7月26日 05:42:19: lFtrGPhedw さん

>鳩山氏は人事を変えろ挙党体制を作れと菅氏に言ってるが保身で何もしない。
>鳩山氏は小沢氏に会える土産を用意しろと言ってるそうすれば南妙と連立が組める。

鳩山氏が今更「人事を変えろ挙党体制を作れ」と言えた義理か?
だったら何で鳩山政権で、こうまで反小沢派ばかりを登用したのだ!
枝野氏に至っては、街頭でマイク持って小沢氏をこき下ろしたご褒美に幹事長に登用したではないか!
公明と組むにしても鳩山氏が指南しては、ろくな事にはならない。
小沢氏か小沢氏側が代表になってから、小沢氏に任せるべきだ、鳩山氏が今更チョロチョロうるさい!

>02. 2010年7月26日 08:01:07: 5ewtnZ4geY さん
 
>若くてもいいし年寄りでもいいから、まともな人を探すべきじゃないか。
>原口・長妻・天木・植草・副島くらいしかいないということなのだろうか。

ン〜?
原口氏は〜どうも?ですね。
こんなの総理にしてしまったら、菅の上塗りだよ。
もうどうにもならなくなっちゃうよ。

天木さんは原口よりは良いけど、ン〜?やっぱりいまいち能力の点で?

田中真紀子氏とか鈴木宗男氏、田中康夫氏海江田さんも良いし、民主党内にも他にたくさん人材はいる。
民間から登用でも良いし。

とりあえず原口氏は自分達がオリジナル党で自分達が歯を食いしばって頑張って、ここまで来たとか言っているし、小沢氏は「改心」して後から入って来たなんて言っている。
小沢氏のおかげで政権が取れたとは米粒ほども思ってはいない人だ。
原口氏が総理では菅氏より更に悪い政権の誕生が予想される。
この期に及んでまだ小沢氏の民主党支持者の絶大なる支持を利用しようと思っている節が原口氏にはうかがえる。

能力能力と言うけど、悪の大物を選ぶより、有能な新人をじっくり育てた方が良いと思うな〜。
小沢氏がいるうちに。
癌の芽はなるべく避けて通るべきと思うが如何に?
癌の芽に権力を持たせたら今度こそ民主党の命取りだからね。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK91掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK91掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧