★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK91 > 391.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ささやかれる「民主分裂Xデー」
http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/391.html
投稿者 gikou89 日時 2010 年 7 月 26 日 17:09:20: xbuVR8gI6Txyk
 

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100722/215539/

参院選大敗のショックに揺れ動く民主党。9月の代表選に向け党内の綱引きは激化し、党分裂の危機さえささやかれ始めた。「内憂外患」の菅直人首相に次の一手はあるのか。

 昨年9月の衆院選による政権交代直後、茫然自失のある自民党幹部はこううめいた。「自民党はこれで終わった。後は、大所帯になった民主党が党内抗争で分裂するのを期待するしかない」。

 あれから10カ月。参院選での民主党大敗を機に、菅直人政権を支えるはずの現職閣僚の間でも9月に迫る党代表選に出馬見込みの候補者の実名が語られ始めた。自民党幹部が漏らした言葉がにわかに現実味を帯びてきた。


「脱・小沢路線は変えない」

 「小沢一郎外し」を鮮明にすることで民主党の支持率をV字回復させたまでは良かったが、唐突な「消費税率10%発言」などで失速した菅首相。敗戦処理策として選んだのは、枝野幸男幹事長ら執行部を留任させ、内閣改造も行わずに嵐が過ぎ去るのを待つ「穴熊戦術」だった。

 「鳩山由紀夫前首相、小沢前幹事長の体制のままで選挙を行うより盛り返したのだから、誰も責任を取る必要はない」。首相に近い民主党議員は首相を擁護したうえで、こうつけ加える。

 「幹事長に小沢さんの意中の人物を充てるなど『挙党一致体制』を演出する選択を首相は取らなかった。選挙戦中の(消費増税に反対する)小沢さんの発言にムッとしていたし『脱小沢』路線を変える気はないということだ」

 小沢氏は例えば6月25日に「地方経済は都会以上に深刻。消費税が10%になると非常に心配だ」と語り、眉間にしわを寄せてみせた。「民主党内はバラバラ」とのマイナスイメージを有権者に与えるのに十分だった。

 民主党内では、小沢氏の「党内不一致工作」は計算ずくとの見方が広がる。参院選で民主党が大勝すれば、9月の代表選で首相の再選は確実。小沢氏の資金管理団体の土地取引を巡る政治資金規正法違反事件に絡み、今秋にも検察審査会で起訴相当との議決が出れば、小沢氏は強制起訴となる。首相は小沢氏に離党勧告をし、小沢氏は政治生命を絶たれる――。 

 小沢氏にとっては「参院敗戦」で菅首相の影響力をそぐことが自らの基盤維持に必要だったとも言える。菅首相も頭を下げる気にはならないだろう。

「壊し屋」再び?

 民主党内の主導権争い、参院でのねじれ国会運営という「内憂外患」に直面する首相は、まず9月の代表選をクリアしなければいけない。小沢氏との関係修復が図られない中、最大のポイントは小沢氏自らが出馬するかどうか。だが、「強制起訴の可能性がくすぶる中、被告人になるかもしれない人物を次期衆院選の顔に選ぶわけにはいかない」(菅グループの議員)といった指摘は根強い。

 そこで小沢氏は首相の主張に対抗し、「消費増税論議の凍結」などを掲げる対立候補を立てる可能性がある。対立候補の名前が、菅政権を支えるはずの現職閣僚からも聞かれ始めた。

 「小沢さんに近い筋からは、原口一博総務相が出る可能性がありますね」

 確かに原口氏はここにきて、菅首相への批判とも取れる発言を始めている。消費税率の引き上げに関しテレビ番組で、「増税をして景気が良くなるなんてあり得ない」と語ったのだ。「鳩山前首相サイドから小沢鋭仁環境相が出る可能性もある。菅さんも含め、3人以上の争いになるのではないか」というのが、この閣僚の見立てだ。

 鳩山前首相の突然の辞任に伴い6月4日に行った代表選は、菅首相が樽床伸二・現衆院国会対策委員長を291票対129票で退けた。8年ぶりに党員・サポーターが参加する今回の代表選。全体の約4分の1の重みを持つ党員・サポーター票の取り込みを巡り、党内の各グループ間の綱引きが激化しそうだ。

仮に菅氏が代表選を乗り切っても、「小沢氏にとって本当の勝負は代表選後に訪れる」との声が民主党内外から上がっている。代表選で小沢氏が一敗地にまみれたとしても、菅政権が国会運営で行き詰まるタイミングを見計らい手勢を連れて離党し、政界再編を仕掛けるのでは、との読みだ。

 “壊し屋小沢”再び。決して空論と言えない状況だ。永田町でささやかれ出したシナリオは2つ。民主党政権の「11月危機説」と「3月危機説」である。

迫り来る、11月危機と3月危機

 まずは「11月危機説」。仮に首相が代表選で勝利し、内閣改造を経て9月中にも召集する臨時国会に臨んだとしても、自民党など野党との「部分連合」協議でつまずけば国会は空転する。野党が一致すれば参院に提出した首相問責決議案が可決される。「法的拘束力がないから」と首相が退陣や衆院解散を拒んでも、今度は衆院で野党が内閣不信任案を提出し、小沢氏らがそれに同調。内閣総辞職か総選挙に追い込まれる、というものだ。

 「3月危機説」は、来年1月召集の次期通常国会で立ち往生するシナリオだ。来年度予算案を巡る与野党の審議が折り合わない場合、税制改正などの予算関連法案の扱いが焦点になる。

 予算案は憲法の規定で、衆院で可決し、参院送付後30日が経過すれば自然成立する。予算関連法案は一般の法案と同じ扱いとなり、衆院可決後に参院で否決されると、衆院の3分の2以上の多数での再可決が必要だ。

 ところが、与党は現状では衆院で3分の2の議席がない。追い込まれた政権は、予算案成立と引き換えの「話し合い解散」に応じるしかない、というストーリーだ。

 自民党は未定の衆院小選挙区の支部長について公募の準備を開始した。国会運営次第で、永田町に一気に解散風が吹く可能性は否定できない。

 風圧に押された菅政権は永田町における自らの立ち位置すら見失いつつある。予算編成など政治主導の目玉組織として打ち上げた「国家戦略局」構想をこの段階で断念するというのだ。

 来年度予算の編成作業は財務省、内閣官房、民主党の政策調査会が調整しながら進める。菅首相は予算編成や税財政の調整を担う新組織を立ち上げる意向だが、法的権限を持たない組織となり、どこまで機能するのか未知数だ。

 財務省のある課長は「自民党政権時代のやり方に戻るだけ」と言い切る。来年度予算の概算要求基準を巡り、メリハリを利かすわけでもなく、財務省が各省庁に政策経費の一律カットを求める構図も「いつか見た光景」だ。9月以降、「政権交代可能な2大政党制は幻想」と国民は実感することになるかもしれない
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月26日 18:33:23: g767DHyUvg
さっさと分裂しちゃえよ
小沢以外ど素人の民主じゃもうあかんわ
もうそれしか道はない。
自民も分裂するやろ。

02. 2010年7月26日 19:29:50: CHUHCA6muA
 カンカラ缶の空菅内閣って
 欲求不満のガキが揃った学生運動の分派騒ぎを見てるみたいだな。
あいつはどう言った、これは帝国主義だ、スパイだって分裂を繰り返していく。

03. 2010年7月26日 19:58:50: BDDFeQHT6I
その内、内ゲバで殺し合いを始める前に菅内閣は退陣した方が良い。
昔の学生運動の様な政権運営をやっていては日本の将来は無い。

04. 2010年7月26日 20:37:18: eGCQ4OY5M6
>「鳩山由紀夫前首相、小沢前幹事長の体制のままで選挙を行うより盛り返したのだから、誰も責任を取る必要はない」。首相に近い民主党議員は首相を擁護

こういうバカしか取り巻きにいないから菅はダメ。
もっとも菅がバカだからこういうのしか寄ってこないわけだがw


05. 2010年7月27日 01:25:17: 4Ekk6eniEs
10%一律削減なら自民と同じ、民主はいらない、民主消えな!

06. 2010年7月27日 01:29:43: 4Ekk6eniEs
民主党政権は満州の皇帝と同じ。名前は皇帝でも実際すべての業務は官僚(関東軍)がやっている。民主あんたらはかざりのお雛さまで並んでいるだけ。

07. 2010年7月27日 07:12:51: pSAxmS89KY
市民派政治家だろうと思い込んで菅直人さんを支持していた人は裏切りと感じている。

薬害エイズ問題でウッカリと私は菅直人さん良い政治家だと思っていた。
今度の政変で騙されていたと気が付きました。

そう感じている元菅直人支持者が多いのではないか?
連舫さんは財務省が持ち上げた人だと最初から見えているから
人気は長続きしない


08. 2010年7月27日 10:54:38: 9PUFJCjeb6
日本終わったな。

09. 2010年7月27日 15:28:32: PMdrnQmxwE

空き缶と汚物頭の仙石は、

国賊として、歴史に

名を残す。


10. 2010年7月27日 20:56:07: gNYXxACz8s
分裂を望んでいるのは、01のような自民党信者など野党信者だけ。

9月の代表選で挙党一致できる代表を選出するべきだ。


11. 2010年7月27日 23:16:01: kbjD6Oqr1Y

空き缶は、自己の党内での立場確保に走る。
小沢さんに頭下げる。
汚物は、切り捨てられる。

空き缶も最後は、屑かご。


12. 2010年7月28日 00:06:06: fGLN1b0dUo
>10さん、9月の代表選で挙党一致できる代表を選出するべきだ。
そんな人、今の民主にいますか?
遅かれ早かれ小沢派対反小沢になるのは時間の問題で避けられないと思いますが。

13. 2010年7月28日 10:53:16: btz7VpjWh2
権力闘争というよりは政治理念が違い過ぎる。今の菅政権は政権奪取に小沢の理念を利用してだけの最低の変節漢野郎。分裂の方がすっきりする。今回の参議院選挙で誰に投票するかでどれだけ混乱したかを思い出して欲しい。

14. 2010年7月28日 23:37:44: 0hdRHbvQ6o
拍手できません。日経週刊誌系の評論記事は(そういや、かのミスター年金氏もかつてはここの記者だったんだよね)、日経ビジネスに限ったことじゃないけど、主観と客観がモノの見事に融合して、物語として読むには面白いけど違和感を覚えます。雑誌の性格上、仕方ないかも知れん。ま、秋風が吹く前には真偽のほどがハッキリするでしょう。

15. 2010年11月17日 13:28:32: GgRoFUrnM2
今の民主党もダメだが、それを自民・公明党の議員連中らが非難することはもっとおかしい。お前ら半世紀以上かけて日本をボロボロにしたくせに、自分らが今までしてきた行いを全く無視してわずか1年たらずの政権を批判する。自民党が野党になったから、ああだこうだ理由をつけてバカ新党を結成して、これまた自分らがしてきた行いを無視して批判する。私は別にいまの民主党政権の行いがいいとは言わないけど、今のマスコミ報道などを見てるとどうしても視聴率稼ぎたい為におもしろ半分にゴタゴタなどを報道する。…て言いたいことは山とあるが、結論をいえば「そんな無能の政治家を選んだのは国民ですよ。私を含めてここに投稿している皆さんですよ。反省すべきは私たちなんですよ。そんな私たちが出来ることは反省して、いまのバライティー化したマスコミの情報だけでなくまじめに書いている記事などを数多く仕入れて選挙で選ぶことです。投票に行かないのは論外。自分の地域だけの利益を訴える政治家はいらない。それに乗っかる国民は罪です。いままでの自民党政権がそうだったんだから。国民も自分がよければ他人なんてどうでもいい考えあらためませんか(特に年配の方)。私の意見に批判があればどうぞ言ってください。その結果が今の日本なんですから。」

 「国民が一番の責任者で、反省していかないとどの国も変わりませんよ」


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK91掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK91掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧