★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK91 > 808.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
異邦人 (小説) …確かに現代は「太陽が眩しい時代」かもしれない。すなわち「真実が眩しい時代」と言えるだろう。
http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/808.html
投稿者 新世紀人 日時 2010 年 8 月 05 日 00:45:00: uj2zhYZWUUp16
 

(回答先: 警察はどう決着をつけるか リチャード・コシミズ氏への殺害予告  (属国離脱への道ブログ) 投稿者 新世紀人 日時 2010 年 8 月 05 日 00:11:27)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%B0%E9%82%A6%E4%BA%BA_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)

異邦人 (小説)

『異邦人』(仏: L'Étranger)は、アルベール・カミュの小説。1942年刊。人間社会に存在する不条理について書かれている。カミュの代表作の一つとして数えられる。カミュが46歳の若さでノーベル文学賞を受賞したのは、この作品によるところが大きいと言われる。

主人公の「太陽のせい」というセリフが有名。邦訳としては、新潮文庫版の窪田啓作訳が広く知られ、冒頭一行目の「きょう、ママンが死んだ。」という訳も有名。

(中略)

あらすじ [編集]
アルジェリアのアルジェに暮らす、主人公ムルソーのもとに、彼の母の死を知らせる電報が養老院から届く。母の葬式に参加したムルソーは涙を流すどころか、特に感情を示さなかった。彼は葬式に参加した後の休みの期間中、遊びに出かけたまたま出会った旧知の女性と情事にふけるなど、普段と変わらない生活を送る。ある晩、友人レエモンのトラブルに巻き込まれ、アラブ人を射殺してしまう。ムルソーは逮捕され、裁判にかけられることになった。裁判では人間味のかけらもない冷酷な人間であると証言される。彼の母親が死んでからの普段と変わらない行動は無関心・無感情と人々から取られたのだ。彼は裁判自体にも関心を示さず、裁判の最後で殺人の動機を問われ「太陽が眩しかったから」と答えた。判決では死刑を宣告され、ムルソーはそれすら関心を示さず、上訴もしなかったため、死刑が確定した。留置場に司祭が訪れ、ムルソーに悔い改めるように諭すが、彼は司祭を追い出す。留置場の中でムルソーは、死刑の瞬間に人々から罵声を浴びせられることを人生最後の希望にする。


(後略)


(新世紀人の感想)
異邦人は若い頃に小説も読み、映画化された作品も見た。
当時抱いた感想と現在ではかなり違ったものがあるが、それはこの作品の優秀性によるものだろう。
現代にピッタリと嵌っているではないか。
犯罪を「太陽が眩しかったから」とし、死刑とされる事を望む。
それは一般人には通じない論理ではあるが、
滅び行く者には通ずる論理である。尤もその自覚の程度は様々である。
彼らが司祭を排除したいのは当然だろう。
「太陽が眩しかったから」…それは、「真実が眩しいから」と言い換えることが出来るのだ。
異邦人の描写にはアルジェリアの暑い太陽が影響しているとは言えるが、今年のような暑い夏では日本でもこの描写が判ろうというものである。
滅び行く金融資本帝国と追随旧勢力の心理的あり方にこの小説に描かれた犯罪者の真理が重なる。
カミュの非リアリズムの鬼才が光っている。


 2 81 +−  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月05日 12:04:07 : zzjImiXid6 : cq8sDv8pYC0[2]

サーティンキュー


石原慎太郎とオウム真理教4 〜 カミュの「異邦人」を勘違いし続けた糞ジジイ!
http://xuzu0911.exblog.jp/21961471/(一部抜粋)


(前略)

3、石原慎太郎の芥川賞受賞作の「太陽の季節」は、カミュの「異邦人」を浅はかに解釈して中身のない暴力作品にした糞小説である!

★1942年に出たカミュの「異邦人」は世界的な大ヒットをした。殺人の動機を「太陽が眩しかったから!」という主人公のムルソーの台詞は世界的に有名になったが、その部分を万引きしたのが石原慎太郎という当時の浅はかな日本の若者であった。カミュの異邦人の主人公のムルソーの台詞〜「太陽が眩しかったから人を殺した」〜から石原慎太郎の「太陽の季節」が生まれ、日本に太陽族というバカな若者たちの群れが誕生したのである。

★カミュは不条理の作家と言われる。彼の言う不条理を鷲のブログでは何度も解説して、そこから囲碁の黒と白の石の意味を書いていたわけだが、人間を殺す力である「黒の力」が存在するのは、『 人間とは獣と神の中間の存在であり、人間を殺す黒の力を克服することで、6である獣から9である太陽神と結びついた神人と成る可能性 』だと鷲は思っている。それがギリシャ語の新約聖書のイエスキリストが正午6時から午後9時に処刑される暗号の意味であり、頭上のINRIという文字の意味は『 火の力による全体的な変容 』である。

★カミュが「異邦人」という作品で描きたかったのは人間を殺す「不条理な黒の力」の問いかけである。しかし1956年頃の石原慎太郎という日本の若者はカミュの「異邦人」を浅はかに解釈して『 不条理な殺人をすることがナウなヤング! 』だと勘違いした。太陽神の二面性が囲碁の黒と白に表現されるが、全くそんなところまで考えがいかず、ひたすら残酷に人を殺すこと、その動機は「太陽が眩しかったから」、それがナウなヤングだと思ったのが石原慎太郎というバカな若者の解釈であったのだ。このカミュの「異邦人」の間違った解釈が、石原慎太郎の女性蔑視、障害者蔑視、反福祉となる。


(略)

★石原慎太郎は、カミュの不条理を価値紊乱に書換え、浅はかにも、良俗に反することが正しい!と思ったまんまの一生を過ごしたwww で和製ケネディのように持て囃されたのは、「目に見える次元」か?「目に見えない次元」か?解からないが、世界権力の力と保護があったためだ。

★石原慎太郎に騙される者はマスコミに騙される者であり、本質的価値観に到達出来ない数字の『 6 』の獣人間である!


★その当時の芥川賞選考委員たちもカミュの「異邦人」の真の意味が解からなかった。小説家は思想家とは違うし、グノーシス(魂と結びついた知識)の者でもないからだ。


★石原慎太郎の最初の間違いはカミュの「異邦人」の真の意味が解からなかったこと。しかしロスチャイルドがマスコミを使って和製ケネディにするべき、石原慎太郎というバカな若者の話題を大騒ぎさせて、若者の英雄に仕立て上げた。それは1850年頃の清で起きた太平天国というカルトの手法であり、明治維新の時の現人神の天皇教というカルトの手法と同じだった。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK91掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK91掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧