★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK92 > 167.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
鈴木宗男(元官房副長官)が官房機密費マスコミ汚染問題で重大証言 「うん、確かにあった…」 「週刊ポスト」8/13 小学館
http://www.asyura2.com/10/senkyo92/msg/167.html
投稿者 行雲流水 日時 2010 年 8 月 09 日 18:05:54: CcbUdNyBAG7Z2
 

平成22年8月2日(月)発売
小学館 (通知)

怒りの告発キャンペーン第11弾
 権力中枢にいた「すべてを知る男」がメディア男」がメディアと官邸の腐った関係を暴露する
 鈴木宗男(元官房副長官)が官房機密費マスコミ汚染問題で重大証言
「うん、確かにあった政治評論家を呼んで20万とか30万とか」
上杉隆(ジャーナリスト)と本誌取材班


 野中広務氏が官房長官時代に、官房副長官を務めていた鈴木宗男衆院議員。政治とカネの表とウラを知り尽くす彼が、ついに機密費によるマスコミ対策について語った。

    *

 久々に、野中広務氏が官房機密費についてロを開いた。7月28日、関西テレビ『スーパーニュースアンカー』の生放送に出演し、元共同通信記者で現在、独立総合研究所代表の青山繁晴氏と評論家の宮崎哲弥氏の質問に答えたのだ。「機密費を評論家に配った」「田原総一朗氏だけは受け取りを拒んだ」──4月の証言以降、機密費問題について沈黙を続けてきただけに、発言に注目が集まった。
 しかしその内容はといえば、「個人の名誉を傷つけてはいけませんから」という理由で個人名は挙げず、なんら説明責任を果たすことはなかった。
 その代わりに飛び出したのが、私個人への「名誉毀損」の発言だ。「私はね、上杉さんっていうのはね、無責任だと思うんです。あの人、私にね、いっぺんもですね、インタビューなんかしたことないですよ。(中略)顔をみたこともない。
(中略)だけど、都内の電車のつり革(広告)にはですよ、『野中広務激白』とか、私の名前が出ているんですよ。迷惑至極でしてね」──なぜか野中氏は矛先を私に向けた。
 これは明らかな事実誤認だ。まず、野中氏には『週刊ポスト』を通じて取材依頼をしているし、私自身も直接携帯電話をかけ、あるいは関係者を媒介させるなどして、野中氏に取材に応じるよう呼びかけてきた。それに応じなかったのは野中氏ではないか。しかも、私はこの番組にビデオ出演しているが、それは当日の生出演やスタジオ見学、あるいはサブルームでの待機といった私の要望を関テレ側から拒否されたからだ。 また、中吊り広告の件は、『週刊ポスト』5月28日号の「野中広務氏が暴露した『官房機密費』配布実名リスト公開」というコピーを指すのだろうが、激白という言葉はないし、そもそもこれは編集部がつけたもので、私とは一切関係がないさらに野中氏の指摘する記事は私が書いたものではない。中吊りを読むと混同するが、野中証言を中心に扱った同号の別記事と、私が書いた機密費配布リストの記事は関係がない。つまり野中氏は、書いてもいない記事、無関係の記事で私を攻撃している。
「顔を見たこともない」という発言にいたっては、愕然とする。鳩山邦夫氏の秘書時代から何度も同席しているし、そもそも09年1月21日放送のTBS系『久米宏のテレビってヤツは!?』で共演しているではないか。映像で確認してみれば一目瞭然だ。
 事実を歪めて公共の電波で個人を中傷するのは、それこそ野中氏の嫌う人権侵害に他ならない。野中氏は発言を速やかに訂正し謝罪すべきだ。


 政治部長に10万の車代

 さて、誤情報を出してまで私を批判した野中氏の真意は定かではないが、本題から外れる話はこれぐらいにして、官房機密費マスコミ汚染問題に戻ろう。今回は、野中氏が官房長官時代(小渕恵三政権)に官房副長官を務めた鈴木宗男氏が、インタビュー取材に応じた。
 鈴木氏は、7月21日、22日に放送されたTBS系『NEWS23](クロス)』に登場し、官房機密費に関して踏み込んだ発言をした。「歴代の総理経験者に夏冬1000万円ずつ」「98年の沖縄県知事選で3億円使った」──ところが、肝心のマスコミ対策については、なぜか触れずじまいだった。理由は鈴木氏いわく、「(TBSから)聞かれなかった」からだという。ならば私は当然、マスコミ対策に絞って話を聞いた。


上杉 副長官時代の記憶で、マスコミ側に機密費が渡っていたことがありましたか。
鈴木 私が聞いているのは、例えば、総理と政治部長さん方の懇談だとかなんかが定期的にあるでしょう。そういうときは、お車代、お土産をつける。
上杉 野中さんとは別の官房長官経験者に聞いたら、当時、懇談のあとのお土産代というのは、その店のお土産プラス、封筒のお車代を入れていた。10万とか30万とか、そのぐらいの額でしたか。
鈴木 そうですね。10(万円)だとか、聞いたことはあります。これも、申し送りというか、一つの慣例になっていたと思います。
上杉 政治評論家の場合は個別でしたか。
鈴木 評論家の人でも、何日が空いてますよなんて官房長官にいってくる場合は、要するに、向こうからのサインと受け止める。
上杉 サインというのは?
鈴木 こちら側としては読むわけですよ、向こうが何か希望してるなっていうことを。それはもう、あうんの呼吸ですね、いってみれば。
上杉 これも野中さんではない別の官房長官の経験者がいっていたのは、50万とか、あるいは、100万とか…。
鈴木 それは、人によってですよね。それなりのランクがありますからね。あと、OBの評論家には、例えば後援会の演説会の講師を頼むだとか、ありますね。
上杉 勉強会みたいな形で官邸などに呼んで。
鈴木 よく官邸で、そういった専門家を何人か呼んで、世論の動き、情勢を教えてもらったりすることがあります。
上杉 謝礼は?
鈴木 お車代として謝礼を出すのは慣例ですね。20万とか、30万だとか、そのぐらいではなかったかど聞いております。
上杉 外遊に行ったときに、記者たちに現金が機内で配られたという慣習についてはどうですか?
鈴木 聞いたことがあります。
上杉 それは、具体的には、機内で配るのが一番一般的だったんでしょうか。
鈴木 それもあるし、あと、事務的に(記者団の)幹事さんに渡すとかね。
上杉 それで幹事が各記者に分配する。その額っていうのはどのくらいですかね。
鈴木 金額は聞いていませんが、これも慣例だと思います。
上杉 そういう申し送りは、当時、ノートで。
鈴木 引き継ぎは、私が聞いているところでは、ノートを書き写しして、また、次の政権にもノートに書き写しで引き継ぐということです。
 ただし、私は見てません。これは、官房長官秘書官が行なっていると聞いています。
上杉 前任者はシュレッダーにかけたりするといいますね。その現金配付先を記した引き継ぎノートについて、野中さんは沖縄での講演で「評論家に盆暮れ500万ずつ」といっていました。額についてはちょっと疑問ですけど。
鈴木 私はちょっとわからんですね。それはよっぽど特殊な人でないと、ないでしょうね。
上杉 あと野中さんは、新築祝いで小渕首相(当時)に3000万円を要求してきた政治家出身の評論家がいたと。
鈴木 うん。そういう話はありましたね、当時。けど、首相は出さなかったと聞いております。


 取材メモはグルグル回る

鈴木 ただ、野中先生もちょっと勘違いしてる部分があると聞いてます。
上杉 それは、配った金額にしても。
鈴木 配った金額とか、あるいは、機密費がいくらあったかっていう話なんかでも。
上杉 そうなんですか。勘違いっていうのはどのあたりなんですか。鈴木(野中氏は)月に機密費を5000万から7000万使ったとかっていうふうにいっている。実は、一事務方にお金を金庫に入れて補充させる、これが月に2回なんですよ。だから、7000万が2回だと、月に1億4000万なんですよ、実際には。同じく、国会対策委員長に月に500万といっていかが、これも実は1000万と聞いています。
上杉 ええ、ほんとは1000万だと、別の証言者からも聞きましたが。
鈴木 はい、はい。あと、首相には1000万持って行ってないですね。
上杉 そうなんですか。
鈴木 総理が外遊をしますね。小渕総理のときは大体月1回ですよ。外遊のときに、お土産代とか、あくまで必要経費として1000万持ってったんですね、これは。ちなみに野中先生は私が出演した『NEWS23]』の放送後、電話をかけてきましたよ。私のインタビュー中に野中先生の写真が後ろに写されたらしく、「自分が指示しているような印象を持たれた」と。
上杉 『ポスト』では、現場の取材メモをメディア幹部たちが官邸に「上納」してたという話も書いたんです。
鈴木 メモっていうのはもうグルグル回りますから。
だれでも入ってくるんですよ、それなりの地位にいれば。番記者を通じて全部入ってきますよ。お金も何も要りません。1回、全部、キャップ、デスクにあがるわけですから。
上杉 で、キャップ、デスクの方から官邸側に渡る。だから、どこの社がどういう取材をしてるかっていうのは官邸側は大体‥…。
鈴木 把握してますよね、それは。マスコミは反権力を謳いながら、みんな権力に乗っているんですよ。


 野中氏は『アンカー』で「現職の記者に渡したことはありません」と発言したが、鈴木氏の証言を聞くにつけ、90年代末当時においても、記者クラブ幹部への機密費接待が続いていたことは疑い得ない。ぜひとも野中氏の反論を聞きたいものだ。p-40

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月09日 22:10:04: y2SPy6IwBg
野中自身も、ないないぽっぽしたとも考えられるわなぁ。

野中と仲の悪かった村岡前官房長官に聞いてみれば。
面白いかも。


02. 2010年8月09日 22:55:54: FRiAU2Mpik
俺も毒饅頭食べたい。

03. 2010年8月10日 00:27:11: jBqqcNShwU
自分に恥じない生き方をするために、洗いざらい公表してほしいものだ。

今日もタックルで評論家の福岡が「小沢憎し」で政党助成金の話しをしていたが、つまるところこの男に言う資格はあるのか。

また自民党の塩崎も官房長官の時、機密費バラマキをやっていたのだから「政治とカネ」を口に出せないはずなのに悪びれた様子はみじんも無い、これこそ盗人猛々しいというものだ。

塩崎曰く「小沢と鳩山は金まみれ」だと。

いつか痛い目(正義の鉄槌)にあわさなければ収まらない。

上杉氏に期待する。


04. 2010年8月10日 01:33:43: ocMy6ud3v6
民主政権になってから10か月以上たつが、
この間の機密費(10億?)はどうなってるの?

それを暴く人はまだいないのですか?


05. 2010年8月10日 04:27:16: 0gaPBEHR26
上杉氏には期待している
どんどん「官房機密費とメディア」の記事を書いて下さい
俗に言う政治家の「政治とカネ」とは動くカネは民間のカネですが
官房機密費はれっきとした国民の血と汗の税金である。比較にならないほど
重大であるのに 氏以外の有識者の腰が引けてるのはいかがか

06. 2010年8月10日 07:03:24: mPIqFegdZA
上杉さんのような勇気のある立派なジャーナリストが実在することに感動です。物事の決着を見るまではとことん追求して、名前も公表して下さい。名前の公表なくしては何の改善も期待出来ません、この姿勢を貫かれるように心からお願いするものです。。。鈴木さんもここまで言った以上、知りえる名前だけでも公表して下さい。きっとマスコミは変化するはずです。

07. 2010年8月10日 13:12:00: M7EbKCKm8I
>マスコミは反権力を謳いながら、みんな権力に乗っているんですよ

こうあっさり言われては拍子抜けしないではないが。
国民を覚醒させるために、様々な場面で今後もこのようなコメントを発信していただきたいと切に願います。
でも、説得力ありますね。


08. 2010年8月10日 13:22:29: vw3OGlC8xI
この問題民主党にメールしておりますが、何のアクションもありません。
何か出せない問題でもあるのでしょうか?
もう何もかも信用できない状態ですね。菅は官僚の軍門に入り、また、逆戻り、
昔だったら一揆ですよ。今は法治社会ですからそんな事あり得ないですけど、民主党だったら改革できると思って期待したのですけど、無理でしたね。あと、半世紀掛かるかな? 112歳?

09. 2010年8月10日 14:27:20: XGZguU7CkM
そもそもは「悪を告発する」情報提供者とインターフェィス者という関係であろうに、またぞろ味方同士で足の引っ張り合いかよ、ニホンジン。という感じだ。記事前半の野中・上杉バトル。子供の口喧嘩レベルであまり高次元とも思えないが、気が付く所を書いてみたい。 上杉は「完全に論破した」とでも思っているかのようだが、おかしいよ。野中もちょっとどうかとは思うけど・・・
1.「取材要請」云々、「俺様の働きかけに応じないのはけしからん」か?それこそ「大マスゴミ」の上から目線そのもの。見合いを断った男が「そんな女知らない」というのは当然。逆切れ性悪女。 2.「ビデオ出演」云々。関西テレビと上杉の間で何があったのか、なんて野中の知る由もない。その場に居なかったのは事実。 3.「中吊り広告」云々。野中が出版社に「どういう意味ですか」と尋ねるべきだったとでも言うのか? 「編集部のせい」?ではなぜ自分でそこに抗議しない。4.「顔を見たことも」云々。 アシスタント時代の小池百合子大先生を誰が覚えている? 単なる自意識過剰じゃないの?  結論は目くそ鼻くそを笑う、ですが。
ついで:上杉「信奉者」に告ぐ あなた方が彼を「正義のジャーナリスト」と妄信・応援するのは勝手なので、誰も止めないが、それは「闘鶏の客」としてのメンタリティじゃないの? 「やれっ」「殺せっ」とね。 と、小生には思える。

10. 2010年8月10日 14:40:52: 3FtogOmicU
自民党様様

11. 2010年8月10日 14:52:19: ORYp2VrFPo
評論家、新聞社上層部、大学教授等の言葉は機密費にまぶされた言霊を失ったものである、こんなに、大きな問題が大新聞にも、ワイドショウでも取り上げられずに
いるのが、今の日本の姿である、反面、小沢一郎さんは、もう、一年半以上も、謂われ無き疑いで暗黒のペンタゴンの集中砲火を浴び続けているが民主党議員、の中に検察にたいする疑義の声を挙げる者が一人も居ないのが不思議であり、不満で
ある、 何が怖いのか、議員という身分を失いたくないのか?
全く、情け無い限りである。  上杉さんを見よ!神保さんを見よ!鈴木ムネオ
さんを見よ!  日本国を良くする為に議員になつたのではないか!
起ち上がれ若い議員諸君!  小沢一郎は全身に矢を受けながらも仁王立ちで
卑劣なイジメと戦っているではないか! 自爆テロ級の言動で世論を興せよ!

12. 2010年8月10日 21:45:26: 0qgBuFL86w
民主党政権も当然機密費を使ってるでしょうな。

それは、多分小沢バッシングに使われている。小沢氏や鳩山氏を
攻撃したのはオリジナル民主でしょ。身内を疑うべきだった。


13. 2010年8月10日 21:49:14: HaisAbOiSI
新聞、テレビ報道を信じる米国人は30%、英国人は15%、なんと日本人は70%とか。
国民はもっと、しっかりしなくちゃ。マスコミは民意という新聞購読者数やテレビ支持率の減少を恐れるあまり、世論調査でしか彼らの主張ができないとは情けない。世論調査は世論調査でしかなく、果たしてわが国の将来の正しい道をしめしているのか疑問なのに。これは「政治とカネ」と批判する彼らに、「マスコミとカネ」ということばをお返したい。「マスコミとカネ」けしからん。

14. 2010年8月10日 22:16:42: SkTkXz2dLA
大掃除をしてゴミは全部吐き出したいものです。

15. 2010年8月10日 22:40:23: CkSQyFk882
>青山繁晴
ざっと経歴を読んだだけで、支離滅裂。
しかし趣味の中に、ダビデ像の彫刻がお好みとは、これまた目立つ内容ですね、、
ミカドに由来するお方なのでしょうか。。
今一良く分かりません。

16. 2010年8月11日 00:06:48: lFfo4vxMDc
抹殺を生き延びた方々の証言には本当に感心します。
ぜひ暗部を明らかにして欲しいものです。

それから・・・投稿記事中の「疑い得ない」っていう文章は「疑うことができない」っていう意味なので・・・「疑わざるを得ない」っていいたいのですね。


17. 2010年8月11日 03:49:23: DwNTxbRqhQ
三宅は、自分よりは大物?だと思っていたハマコーがまさかの逮捕で
ガクブルですか?


18. 2010年8月11日 09:15:00: DiDRAewpvo
 「政治とカネ」の本質的問題は、官房機密費ばら撒きにある。マスゴミとエセ評論家・コメンテーターを駆逐するまで追及せよ。

19. 2010年8月11日 09:57:20: vw3OGlC8xI
青山でしょう。確か関西テレに出ていたパラサイト族だと思いますが、山本アナとタッグマッチで小沢批判をしていましたね。共同通信のゲリラ記者上がりで自分で情報会社も経営している。プレゼン映像も関テレで流していましたね。
もともと、金儲けの為にどっちにでも転ぶ人間でしよう。信用できませんね。

20. 2010年8月11日 10:56:50: HlwakAuqPc
鈴木宗男先生ごめんなさい。
以前『疑惑の総合総社』と喚いた”嘘つき”に騙されました、私。

現在は亀井氏と並んで尊敬しています。

そしてどうぞ日本国民を助けてください。


21. 2010年8月11日 18:45:36: IaZ1aotoNs
NHKだけでも
はやく 電波利権を排除してほしい。

メディアが占拠されてるうちは 無力。


22. 2010年8月11日 20:17:57: dwi5WYR4Mw
>>09
私的ではなく、その人が居ない場所での話をする場合、最低限の裏取りをしておくことは、社会人として当然の話だと思いますよ。
ことこの件に関しては、そんなごく常識なことすらしなかった野中を擁護するなんてことは出来ないです。

自分は普通の会社員ですが、正式な場では、裏取りもせずに自分の思い込みだけで話をするなんて、そんな馬鹿げたことは出来ませんよ。

貴方はできます??


23. 2010年8月13日 17:24:04: ER6nr2UcwE
もはや野中を国家に呼ぶべきでしょう
今の民主党中心にその覚悟のある連中はいるのかな?

24. 2010年8月13日 20:47:54: J6wmjLVKsE
刮目せよ!
日本で一番(ということは世界で一番)敬愛され、かつ歴史ある青年コミック誌『ビッグコミック』。
同誌に8月25日号から連載の「憂国のラスプーチン」
原作:佐藤優(鈴木宗男氏も協力)
外務省、検察、裁判所の実態を斬る! 経験者が語る迫真の物語。
http://big-3.jp/bigcomic/tameshiyomi/saisin/01/01.html#tameshiyomi
コミックから日本が変わるかも知れない。小学館の勇気に拍手です。
みなさん、読んで広めてください。
(ネットでは早くも同作品への攻撃が展開されてますね。真実が露わになるのではないかと恐れられているようです。)
阿修羅でもすでにこちらで取り上げられました。
http://www.asyura2.com/10/senkyo92/msg/331.html

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK92掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK92掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧