★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK92 > 480.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
東京新聞[社説] 終戦の日に考える 歴史は沖縄から変わる
http://www.asyura2.com/10/senkyo92/msg/480.html
投稿者 喫煙者にも権利を! 日時 2010 年 8 月 15 日 16:00:02: U75P.qb8apGDI
 

東京新聞の 8月15日付[社説]は、他紙のお座なりとも言える社説と一線を画し、かなり突っ込んだ内容となっています。是非ご一読を。
─以下 全文転載─

東京新聞 TOKYO WEB [社説] 2010年8月15日
終戦の日に考える 歴史は沖縄から変わる
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2010081502000055.html

「米国に依存しつづける安全保障、これから五十年、百年続けていいとは思わない」。前首相の辞任演説。同感なのですが、いったいこの米国依存の体質はどこからきたのでしょうか。

その疑問に答えてくれたのが岩波現代文庫の「昭和天皇・マッカーサー会見」に収められた豊下楢彦関西学院大学法学部教授の論考で、意外なことに「昭和天皇」というのが回答でした。

◆昭和天皇の至上課題

昭和天皇研究は平成になって飛躍的に発展したとされます。「昭和天皇独白録」や元宮内庁長官の「富田メモ」など重要資料の発見が相次いだからです。膨大な未解明資料を解読した豊下教授の研究は従来の昭和天皇像、戦後史観を根底から覆します。

敗戦で昭和天皇が直面したのは言うまでもなく戦犯としての訴追と憲法改正による天皇制消滅の危機でした。マッカーサー元帥の協力で極東軍事裁判を切り抜け、新憲法で象徴となった天皇が直面した次なる危機が共産主義の脅威。昭和天皇にとり日本を守ることと天皇制を守ることは同義でした。

非武装が日本の最大の安全保障とする理想主義のマッカーサーに対して昭和天皇はリアリストでした。憲法九条や機能不全の国際連合では日本を守れず、米軍依拠の天皇制防衛の結論に至ったといいます。

かくして、「米軍駐留の安全保障体制の構築」が昭和天皇の至上課題となり、象徴天皇になって以降も、なりふり構わぬ「天皇外交」が展開されたというのが豊下説の核心部です。

例えば一九四七年九月、宮内省御用掛寺崎英成を通じてマッカーサーの政治顧問シーボルトに伝えられた有名な天皇の沖縄メッセージは「米国による琉球諸島の軍事占領の継続を望む」「米国による沖縄占領は共産主義の影響を懸念する日本国民の賛同も得られる」などの内容。沖縄の戦後の運命が決定付けられてしまったかもしれません。

◆安保下の新たな国体

五一年締結の安保条約については、吉田茂首相が米国務省顧問のダレスの再軍備要求を断固拒否、軽武装・経済第一の戦後路線を敷いたというのが通説ですが、ダレスの要求は米軍の基地自由使用権だった。その要請は天皇によって満たされたといいます。

豊下教授は、もう一つの戦後史・安保体制という新たな「国体」を描き出しますが、独立国をめざす気概が存在した当時の外務省、もし天皇外交がなければ日本外交は選択肢の幅を広げ、より柔軟なダイナミズムを発揮し得たと想像します。安保の呪縛(じゅばく)は戦後の日本外交から矜持(きょうじ)も気概も奪いました。

沖縄返還は七二年五月でした。ここでも基地負担軽減の県民の悲願は達成されませんでした。

佐藤栄作首相の密約を交わしてまでもの核抜き・本土並みの返還要求でしたが、米側はしたたか。核をカードに狙いは基地の自由使用。懸念された通り基地の固定化になってしまいました。誠実、誠意が手玉に取られた格好でした。

佐藤首相の密使として奔走した国際政治学者若泉敬氏は「他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス」の著書を残して九六年七月、自殺しています。「鋭利な刃で五体を剔(えぐ)られるよう」な自責と結果責任からとされます。無念は引き継がれなければなりません。

挫折したとはいえ鳩山前首相の普天間基地問題への取り組みと挑戦は未来につながったかもしれません。

火が付いた沖縄県民の「県外・国外移設」の要求が消えるとは思えません。冷戦構造が残る東アジアで沖縄の戦略的価値が高いとはいえ、海兵隊の移転が抑止力や日米安保崩壊に至るとも思えないからです。この点について本土の理解も深まっています。

ベルリンの壁崩壊と時を同じくした平成も二十二年。世界は多極化し、対決から共生の時代へ大きく流れを変えようとしています。ゆっくりでも歴史の進歩を信じたいものです。

◆沖縄のこころ世界に

沖縄南部の激戦地、糸満市の摩文仁の丘の平和祈念公園内に九五年に建立された慰霊碑「平和の礎(いしじ)」には二十余万人の犠牲者の名前が刻まれます。

沖縄県内と県外、日本人ばかりでなく米国、英国、台湾、韓国、北朝鮮の人々の名も。敵も味方もなく等しく犠牲者だという共生の思想。紺碧(こんぺき)に盛り上がる太平洋、沖縄の「平和のこころ」は世界に伝わっていくでしょう。深い哀(かな)しみを知る者たちこそ、深い共感を広げられるでしょうから。

─以上 転載終わり─  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月15日 17:11:01: qO8Uc5G3lg
勉強になります。

02. 2010年8月15日 19:33:10: dlp5rHUhkk
多くの国民が沖縄を訪れてあの米軍機の騒音の中考えて下さい。われわれ日本国民が何をしなければならないかを良く考えて下さい。どんな理由があるにせよ沖縄だけにこの米軍基地の負担をこれ以上負わせてはならないのです。北朝鮮の脅威のみを強調しますが北とは過去から現在にいたる問題を同じ土俵で真剣に話し合うことをしたのですか。兎に角周辺諸国と良好な関係を築くために誰に気兼ねすることなく独自であるいは共同であらゆる努力を重ねることをしなけばなりません。東アジアの平和を早急に実現する事が大切です。とりあえず沖縄の基地を本土並みにすることです。鳩山さんは総理という職を賭けて自分の思いをなんとか実現できないかと最大限努力をされました。私は評価します。日本国民は一刻も沖縄のことを忘れてはいけないのです。当面経済問題と沖縄問題が最大の課題です。これを実現する政府を支援しましょう。

03. 2010年8月16日 00:47:15: 4Ekk6eniEs
権力のない天皇、が天皇外交を行うことは不可能。そもそもマッカーサーが承知しない。この説は信じられない。

04. 2010年8月18日 11:15:17: GIEtZlulSU
半藤一利さんの「昭和史」を読めば、この社説はそれほど抵抗なく読めますよ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK92掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK92掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧