★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93 > 103.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
首相、苦肉のダブル選発言 新人取り込みへ解散権封じ(asahi.com)
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/103.html
投稿者 赤かぶ 日時 2010 年 8 月 24 日 06:31:52: igsppGRN/E9PQ
 

 民主党代表選で再選を目指す菅直人首相が23日、「伝家の宝刀」を持ち出した。「脱小沢」戦略に続き、「3年間は解散しない」と明言。選挙基盤が弱い当選1回生議員を安心させ、取り込む狙いからだ。ただ、首相の権力の源泉である「解散権」を自ら封じるかのような発言は、首相の求心力低下を招きかねない。 

 23日午前、衆院議員会館の首相の自室で開かれた民主党の1回生議員18人との懇談会。首相は「縦割り行政を政治主導で変えたい。そのためには3年間は腰を据えて本格的な改革をやりたいんだ」と説明。そして「3年後に参院の任期が来るから、そのときに衆参ダブル選挙でいいじゃないか」と踏み込んだ。

 首相は約40人の議員に自らのインタビューが載る本を贈呈。裏表紙に議員一人ひとりの名前を書き入れるサービスぶりで、1回生議員の支持拡大に躍起だった。

 衆院議員のクビを切る解散権は、首相の最大の武器。首相があっさりそれを封印したような発言をしたのには、訳があった。

 この日、小沢一郎前幹事長に近い山岡賢次副代表は都内で記者団にこう語った。

 「ねじれ国会では予算関連法案が参院で通らない。解散と引き換えに通してもらうことになるのが確実だ」

 小沢氏支持グループの戦略の一つは、菅首相では早晩、政権は行き詰まり、衆院の解散・総選挙に追い込まれると宣伝することだ。選挙基盤が固まっていない1回生の不安をあおり、首相から支持を引きはがすことにある。首相が解散権を封じてみせたのは、1回生のこうした懸念を払拭(ふっしょく)するためだった。

 だが、あえて解散権を封じる戦略は、首相の求心力低下につながる危険もある。

 政府提出の法案の成立がままならない「ねじれ国会」で、首相は解散しないと足元を見られれば、国会で野党との駆け引き材料を失い、国会運営の主導権を完全に失ってしまう。今回、再選されても党内の「反菅」勢力への抑えも利かなくなるのは明白だ。

 山岡氏は首相の発言を聞くや「3年後のダブル選挙なんて無理だ」と記者団を前に切って捨てた。首相は代表選での多数派工作を念頭に、表向き「解散しない」と言い出したに過ぎないとの見立てだ。

 懇談会ではまた、首相が「脱小沢」路線を捨てたのではないかと受け取られかねない場面もあった。

 「小沢さんがいたからこそ、政権交代を成し遂げることができた」。首相は「挙党一致」を求める1回生の問いに、小沢氏をこう持ち上げ、「誰もが、これでやっていこうという形になるよう努めたい」と語り、挙党態勢の必要性を強調した。

 だが、前原誠司国土交通相、野田佳彦財務相、岡田克也外相らは、「脱小沢」を条件に首相への支持を明確にしている。

 解散権を封じたとみられたうえ、小沢氏に融和のサインを送ったと受け取られかねない首相の発言に、首相を支える党幹部の一人は「殴りに行こうかと思った。菅さんはわかっていない。すぐ余計なことを言う」と憤った。

 足元の菅グループの中には、融和路線で代表選を乗り切り、その後の政権運営を安定させたいとの思惑もある。23日の菅グループの会合では、出席者から「無投票が一番安定した挙党一致だ」との声も出たほどだ。

 「脱小沢」と党内融和を求める声の双方に、一定の配慮をせざるを得ない首相の苦しい胸の内ものぞく。首相は同夜、鳩山由紀夫前首相に電話し、「どう振る舞ったらよいだろうか」と相談。鳩山氏は「首相らしく泰然自若としたらいいのではないか」とアドバイスした。
http://www.asahi.com/politics/update/0823/TKY201008230458.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月24日 06:58:30: E7ypjUhkpQ
  菅総理脳乱!
 ご自身が再選されたら、程なく解散か退陣です。再選即ち小沢敗北即ち小沢氏子分、付和雷同する者を引き連れて離党。民主党衆議院で少数派転落、総理ご自身内閣不信任案で沈没退陣。増長のあまり解散で対抗、選挙戦の企画立案実行者不在、かねてからの人心離反惨敗野党転落特別国会で自動的に退陣。

02. 三毛猫 2010年8月24日 07:07:05: lWuSpmpzgbUYM: E7ypjUhkpQ
 以上の予測を覆すために財務省、取り巻きに相談、財務省菅総理退陣後の報復を恐れて余所余所しくなる。落ちぶれて袖に涙のかかるとき人の心の中ぞ知らるる。
取り巻き窮余奇策を思いついて実行、実るはずも無く嘲笑をかう。展望開けずどん詰まり。イライラするも時は流れて代表戦のときいたる。桐一葉落ちて天下の秋を知る。今からでも遅くはありません。

03. 2010年8月24日 07:39:09: KjyKhzIrYQ
勝負はもうついてしまっている。 代表選挙で勝てる見込みは全く無いし、解散総選挙の道は自ら放棄してしまったから、もう行き場所は残っていない。 本当は全面降伏して小沢さんに後はお任せしますと言えば良いだけのこと。 仙谷に乗せられたのか、自らそうなるようにしてしまったかはもう関係ない。 鳩さんの後任になった時に、反小沢じゃなくてその反対にすれば、こんな惨めな結果にはならなかった。 今からでも遅くは無いのだけれど、その度胸もないのだろうか。 案外全面降伏が近いような気もするが、どんなものだろうかね。 N.T 

04. 2010年8月24日 08:55:18: Gudwc1b4iQ
仙石&枝野&岡田&前原&野田、、、等が「小沢さんがいたからこそ、政権交代を成し遂げることができた」。首相は「挙党一致」を求める1回生の問いに、小沢氏をこう持ち上げ、「誰もが、これでやっていこうという形になるよう努めたい」この発言にどう反応するか?
小奴等がカン違いに是正を求めれば、カン違いは正気を取り戻し?戦況分析し出馬辞退の可能性も、それなら仙石を担ぎ出すしか他あるまい。
代表選で負ければ一兵卒に留まらず、離党の可能性もあるようだ。

西岡氏の発言に重みがある。


05. 2010年8月24日 11:23:18: 4DBlPzeUik
すべての国会議員を辞めさせる解散権は、総理大臣の最大の武器だ。それを、党内問題でしかない代表選のために、自ら封じるとは!
彼には、個人的野望と、国家の大義の区別がつかないのであろう。
最大の武器を自ら封じて、無力になった首相は、もはや、完全に死に体だ。
総理大臣の名に値しない。
自分のしていることのの意味さえ、判っていないのであろう。
延命させてはならない。
この愚かに人間に、お引導をわたすことができるのが、代表選だ。
民主党議員諸君、党員サポーター諸君、あなた方の責任は重大だ。
国家国民のために菅氏を排し、小沢氏を代表に!!!!!

06. 2010年8月24日 11:37:52: QgzIySHU66
解散しないことで
菅は党内一新という
大仕事をやることになるのかもしれない
捨て身の戦法ですね

菅とは何か
オウンゴールの空き缶9割
反小沢派をまとめて処分する歴史的役割を担う人1割
買いかぶりすぎか


07. 2010年8月24日 12:37:17: F7RW5rxiO6
昼のニュース。1年3か月ぶりの株の安値だそうな。麻生さんに戻ったということか。首相として、民の為何もせず、己の座を守るため新人取り込みとは、恐れ入る。しかし、自民党に鬼の首を取ったように、言われる覚え無し。君らのしたことを民は忘れてはいない。

08. 2010年8月24日 12:56:34: lQDLBsvyuo
管は泣いて詫びをいれることだ、もう泣き顔が似合っている。

09. 2010年8月24日 13:35:49: J0o6rialnc
>03. 2010年8月24日 07:39:09: KjyKhzIrYQ さん

>案外全面降伏が近いような気もするが、どんなものだろうかね。

私は菅氏が降伏等しないで、小沢氏にコテンパンにのされる所が見てみたい。
私ってそんなにサドだったのか?って自分でもゾクっとしちゃった。
でも楽しみで楽しみで〜!


10. 2010年8月25日 00:52:35: AiebO9ejJQ
菅総理=急病説・・はないでしょうか?自民党のどなたかのように。
これ以外にここまで小沢氏に喧嘩を売った後の始末は出来ないような気がします。
TV出演中とか小沢氏代表選出馬が決まった途端に倒れて入院なんて・・ね。
これなら試合途中棄権で恥をかかなくて済みますし、西岡さんが言われたように離党もせずに済みますが・・どんなもんでしょ?

11. 2010年8月25日 01:50:03: ZsUNOgGnko
・出馬「一両日中に判断」と小沢氏 民主党代表選、鳩山氏と会談

 民主党の小沢一郎前幹事長と鳩山由紀夫前首相が24日夜、都内のホテルで会談、9月の代表選への対応を協議した。小沢氏は、出馬の有無について「一両日中に判断したい」と述べた。鳩山氏は現時点で、菅直人首相の再選を支持する考えを伝えた。鳩山氏は、首相と、首相に批判的で、動向が注目される小沢氏の仲介役を果たす意向を示しており、対立回避へ説得に乗り出したとみられる。党関係者の話で分かった。

 代表選は25日で告示まで1週間。出馬が確実なのは首相だけで、「対決の構図」は未確定だが、小沢氏はこの日、自らが主宰する政治セミナーで講演する予定。出馬の有無について言及するのではないかとの見方があり、これまで模様眺めだったグループの注目が集まる。

 小沢氏との関係について首相は24日夜「近いうちに鳩山氏と直接話してみたい」と述べ、小沢氏を推す勢力との対立回避に向け鳩山氏に仲介役を果たしてもらいたいとの期待感を示した。

 小沢、鳩山両氏の会談には平野博文前官房長官と、小沢氏側近の樋高剛元副幹事長も同席。別の関係者によると、鳩山氏が、小沢氏に出馬見送りを要請し、首相側に求める条件について真意を確かめたという。
http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010082401001077.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧