★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93 > 133.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
首相と小沢氏の対決回避を=鳩山グループ
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/133.html
投稿者 hii8765 日時 2010 年 8 月 24 日 23:41:28: SUvgBP5/fSaow
 

首相と小沢氏の対決回避を=鳩山グループ
民主党の鳩山由紀夫前首相を中心とするグループは24日夜、都内で幹部会を開き、9月の代表選で、菅直人首相と小沢一郎前幹事長の対決を避けるべきだとの認識で大筋一致した。 
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010082400997  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月24日 23:46:30: u4bMvdSuzk
同じニュースが、いまテレビでも流れたところです。


02. 2010年8月24日 23:54:43: WDb4oK7nnk

 ああやっぱ鳩山って詐欺師なんだな

 なんとなく分かってきたような気がする。

 俺の思い込みでなければいいけど。。。


03. 地には平和を 2010年8月24日 23:58:38: inzCOfyMQ6IpM: F5sDIWQrsk
この期に及んで対決回避とは?やはり鳩山は怪しいのではないか?対決をすれば小沢が勝つと分かっているから回避なのでは?小沢が勝てば菅一派は民主党から出ていく事になるだろう。その形はよく無いと思う者の意向を受けての事だろう。鳩山は昨年と今年の2回に渡って示された国民の総意を無視している。やはり、こやつは怪しい。

04. 2010年8月25日 00:00:12: ddWVzRN192
本当だとすれば
呆れてしまう
堂々と路線対決すればいいのに
民主党さよなら だ

05. 2010年8月25日 00:09:53: awUrc1MVGI
鳩山さんは菅、枝野等と同じさきがけ!
鳩山政権でも小沢幹事長に政策には関与させないようにした。
菅氏と鳩山氏はつながってる。国民の生活は第二以下。
小沢さん頑張って!!!

06. 2010年8月25日 00:10:01: uC8DKpjnU6
どっちにしても代表選はやるんだろうし鳩山グループにキャスティングボード
は無いと思う。小沢さんが勝つにしても負けるにしても代表戦はやらなきゃ
しょうがない。

07. 2010年8月25日 00:10:20: tPJUsi3dMY
菅が白旗をあげて鳩山に相談かと思っていたが
WBSでは小沢と鳩山の会談があって代表選での対決を
避け・・・と

代表戦に勝って小沢の力が決定的につくことを避けるのか鳩山?
円高が来るまでに明日にでも小沢総理があるのか!!


08. 2010年8月25日 00:27:54: hYcs8D10NQ
普天間の時と同じムカツキを感じる。

09. 2010年8月25日 00:39:32: lFtrGPhedw
これで怒ったのか平野前官房長官が新グループ作って鳩山派分裂気味。

10. 2010年8月25日 00:43:31: 6gE4ERsN8A
総理を辞めて総理不逮捕特権がもうない鳩山はどちらにも恨まれたくない。

主流派でいたいのも当然ある。


11. 2010年8月25日 00:56:39: 9p1lQ9ujuk
何がしたいのか?サッパリ解らない?
優柔不断 八方美人? いい人を演じたいのか?
アホ ボケ カス ポアしたろか!
鳩は、既に賞味期限切れやろ! もうエエで!
甘ちゃんのチンカスが! とっとと失せろ!

12. 2010年8月25日 01:37:17: tPJUsi3dMY

鳩山幹部会の出席者は?

13. 2010年8月25日 02:27:16: gGuDucBbIk
鳩山グループの川内さんも主戦論ぽいですね。
家が大火事で燃えてるのに家族の不和の問題を友愛で解決しようと
してるようなもんだ鳩山さんは。

14. 2010年8月25日 02:28:22: DyCLDuoSro
菅でも小沢でもない、若い世代を代表(首相)に!
もうハトカン小沢が代表をたらいまわしにする時代は終わった。

原口だろうと、海江田だろうと、小沢鋭仁だろうと、
誰でもいいから、
とにかく、どんどん手を挙げて代表選に出馬し、国民の前で、政策論争してほしい。(とくにマクロ経済政策ね)


15. 2010年8月25日 02:34:12: EJj3Xw6yF2
鳩山さんは本当に何を考えているのか、さっぱり分からん。
鳩山グループが割れる事だけは確か。

16. 2010年8月25日 02:49:00: yyvKbZKFyI
>14
あちこちで貼り付けているようだが、「マクロ経済政策」の意味知ってるのか?

> とにかく、どんどん手を挙げて代表選に出馬し、

そんなお利口さンがこんなアホなこと言うわけないか。自称民主サポーター最後の悪あがき、いろんなムシがわくね。


17. matuoka yuuji 2010年8月25日 03:17:32: noT716RWWrvIk: NWlIlvLQCY
【出展リンク】:
http://ameblo.jp/global7ocean/entry-10629318538.html

今まで散々と一般の国民を巻き込んで騒ぎ、ようやく小沢氏が立候補すれば、勝つ形成になった後において、民主党内での三方譲り会いをすれば、この鳩山氏の収拾策で党内が収まるかもしれないが、肝心の民主党の党員の意思を参加させないような偽的な詐欺同然のようなこのような処置では、党員は納得しないであろうということは、明々白々である。

小沢氏も小沢支持グループも主権者国民も、現在の菅政権の運営に口を出さない訳には行かない状況にあるのである。

党選挙は、これは、民主党の旗印を明確にするための政治政権と議員の命運を賭けるべき政権運営路線を賭けた正当な機会であり。これを決着させるべき正当なる公的な機会であり、公的な場なのである。

以上のことを考慮するならば、この鳩山氏のこの策は、欺瞞性を表すものでしかないと判断せざるを得ないのである。

党の規約通りに党選挙を実施したからといって、その結果で、簡単に民主党を分裂させて、立ち去るような非常識で、無責任な議員は、一人もいないであろう。

党選挙後において、民主党の政権のありようを再構築すればすむことである。

一歩ゆずって、鳩山氏の収拾策においては、党選挙後において、党の分裂を回避させる目的として、有効に生かすことができる可能性はある。

党選挙後において、この分裂回避の収拾は十分に間に合うことである。

鳩山グループが、この党選挙において、どちらにも加担しなければ、この中立的な位置を武器にすることには、少しの可能性がある。

鳩山グループは、この鳩山氏のこの意思を尊重するのであれば、白紙投票をすれば良いことである。

この民主党の分裂を助長した最大の原因は、新聞、TVを使って、小沢氏を排除するコメントを繰り返す議員がいたことなのである。

小沢氏は主権者から支持された有望な存在なのである。このことを誰もが無視をできないはずである。

この一般常識を持たぬしたい放題の者達に対して、その言行を秩序あるものにするために、規制・制限させることが必要なのである。

悪く解釈するならば、自民党・公明党や外部の勢力に内通して、その工作としてそのような撹乱的・分断なる言行を繰り返すこともあり得ることなのである。このような欺瞞性を防ぐための方策として、党の規約によって、制限し、除名処分等を可能とさせることによって、その欺瞞的な工作に順応や反応をしてしまう可能性を防ぎ、相互不信を少なくすることになる。

相互の不信を助長するようなことを防ぐために、党内の規律を確立させることが必要なのである。このような党内の分裂・分断的な相互不信の状態を除去し、排除すべきことなのである。

まるで、幼児の言い草のような判断力のない幼稚・未熟なものがするような小沢排除の仕方であったのである。

これに対して、主権者国民が信認する小沢氏排除に対して、黙視・黙認できなくなってしまったのである。

党選挙の前において、今後においての党内を分裂・策動をすることを未然に防ぐ紳士的な協定を各議員に対して党規約として、誓約させ、署名させ、その後において党規約違反の場合には、党除名処分を決定できるような方策が必要であり、その構築は、可能なのではないのか。

このような紳士協定を各議員が誓約して署名すれば相互の不信を助長することを防ぐ有効な方策となるはずである。


振り返るならば、党内の相互の不信を増幅させた本人が鳩山氏ではないのか。小沢氏を排除する原因を作り出した正本人は鳩山氏ではなかったのか。その反省も必要なことである。

党内の調整を怠って、回避・逃避していたのではないのか。

鳩山氏も、今後においても、リーダーを望むならば、もっと人の心理を掴む努力を惜しんではならないことであり、反省をしなければならないことである。

鳩山氏が民主党を纏(まと)め上記の誓約を成立させることができるのか。否かである。

闘争の最中に、第三者・中立者として、両者の闘争を止めさせることは、非常に困難であることを認識すべきことである。

闘争を終えるためには、相互において、その闘争の勝敗の結果を明白にする過程が必要なのである。

両者の調停がなされるのべきはその時なのである。

その中立的公平な調停がなされなければ、あるいは、中途で失敗するようなことがあれば、今度は主権者である国民が黙視しなくなり、収拾させることが不可能な状態が生まれてくるであろう。

鳩山氏は、両者から投げ出される泥をかぶり、それに耐えて、その両者にある相互不信の本体を排除しなければならないのである。相互の不信を除去すべき方策を確信をもって、確立させるために政治生命を賭ける覚悟を持ってすべきことである。

この難事を乗り越えることができるならば、主権者国民は納得して、支持を続けることが可能となるのである。

党選挙の結果として、小沢氏は、勝ち残ることであろう。

そのときに反小沢グループの議員を許して相互の信頼をもって、小沢グループが向かえることが可能となる方策が必要なのである。

主権者国民は小沢氏に対する欺瞞性のある検察審査会など気にしていないのである。

不当圧力的な検察審査会や検察庁の不当捜査に対しても、党として、戦わねばならないことなのである。

すでに、その検察審査会の偽善を画策して実行しているものの正体とその欺瞞的な謀略的な策動は明らかになっているのである。

そのような撹乱・誘導にだまされてはならないことである。


18. 2010年8月25日 07:21:10: y2SPy6IwBg
鳩山氏の言ってることと反対の方向へ進むとおもう。
言って、そのとおり行ったためしはない。

19. 2010年8月25日 07:52:49: BDDFeQHT6I
この期に及んで和解して菅内閣続投なんて言ったら、党員・サポータが黙っていないだろう、代表選出が出来なくなって民主党は政権を投げ出すか任期切れの菅代表が居座ってマスコミ、野党、党内から総突き上げを受け内閣不信任案や首相問責決議案が出される。
参院の問責決議案は可決される事が必至で法案はすべて参院で廃案にされ、結局年末に近づいてから解散総選挙となり予算は店晒しで日本経済は二番底へまっしぐら、この責任を鳩山さんが取れるのか、今や民主党は政権与党なのだから旧さきがけ仲間の庇いあいなどもはや通用しない。

20. 2010年8月25日 09:11:46: rQy8dKVaPY
管内閣続投不要。
前原、枝野、岡田 各氏の過去の経歴を見ればその延長線上にしか未来はないのだから、日本の未来は暗黒である。

とにかく、この経済危機を一刻も早く回避してくれ。

企業、金融機関がすでにやり終えた大リストラを日本全体が行う段階にきている。


21. 2010年8月25日 14:16:29: uojzPidB7o
>04さん

小沢氏は「総選挙の時に原点回帰する」と言っていますので政策はしっかりしていると思いますが、菅氏は「代表に再選されたらこれをやる」という政策も無く、自身の保身一点張りです。
ここ最近は姑息な取り込み工作ばっかで、挙句には「3年間解散はしない」という致命傷とも言える大馬鹿発言をしました。
これで解散権行使という伝家の宝刀は使えません。
こんなアホ総理にまともに政策論争など無理です。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧