★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93 > 188.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
民主党代表選挙に絡む不穏な談合!飄(つむじ風)
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/188.html
投稿者 判官びいき 日時 2010 年 8 月 25 日 21:58:46: wiJQFJOyM8OJo
 

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2010/08/post_70f6.html
代表選告示間近になって、談合気配が濃厚になってきた!メディア等外野席がなんと言おうと勝手だが正々堂々と理念を以て、戦うことが望まれる!!

民主主義とは、理念の相克を選挙で、正々堂々と戦わすこと認識している。決して、談合を行うことではない。談合は、伯仲して決めようがないから行う場合もあろうが、それ以外はあり得ない。それを、為さずして、どうなるこうなるもあったものではない。選挙すれば、党が割れると言うなら、そんなのは党ではなく、単なる談合組織だ。

談合組織自民党は、それ故、腐敗し潰えた。それを繰り返すというのか?理念なき代表をたらい回しするというのか?菅総理がそう考えるのは、理解できる。理念なき代表だからである。魂を簡単に売り渡す人間だからである。

しかし、鳩山さん、それを助長してはお仕舞いだ。小沢一郎は、この際、理念を選挙にぶつけるべきだ。国民はそれを望んでいる。小沢さんには限らない。小沢主義を理念として標榜する人間でも良い。選挙は正々堂々と錦の御旗を立てるべきだ。そして、それを国民の前に問うべきだ。民主党内の選挙であれ、それは同じである。

多くの民主党支持者は、菅代表によって騙された。その落とし前ははっきりしなければならない。負けても良いではないか。その時は党を割っても良いではないか。その方がすっきりすると、少なからず人々は思っている。

民主主義は、談合ではない。民主党以外の勢力は、否、小沢一郎を誤解する勢力は小沢一郎憎しの洗脳故に、スッカラカンの官代表を擁護しているにすぎない。裏を返せば、菅さんが与しやすいからに他ならない。外野席がうるさいのは、小沢一郎を単に恐れているからだ。

与しやすい菅代表が、民主党を根性なしの乗っ取りを許したことは、明々白々の事実である。枝野、野田、仙石、玄葉といった宦官共を引き寄せたのである。おまけに村田蓮舫なる意味不明の珍論居士を増長させたのだ。女だから、居士というのは当たらないかも知れないが、それはどうでも良い。他にも、数多くいる。

お陰で、旗幟が鮮明になったのだから、今ほどのチャンスはない。正々堂々、論戦して戦うべきである。それが後世に禍根を残さない天王山の戦いとなる。それなくして、寄せ集め所帯民主党の払拭は出来ない。今が、その千載一遇のチャンスである。

【転載開始】メールマガジンより
◎「日本一新運動」の原点―12(臨時増刊) 日本一新の会・代表 平野貞夫

民主党代表選挙に小沢一郎氏が出馬する可能性が強まるにつれ、党内外から暴論・珍論が噴出している。「検察審査会の結論が出る前に出馬すべきでない」という意見だが、これがマスメディアも交えて「小沢排除」の世論づくりに利用されている。そこで、坂本龍馬の「四観三元論」を活用して、西松・陸山会問題を私の立場で総括しておく。

(西松・陸山会問題の真相)
今年4月、私は『小沢一郎完全無罪』(講談社刊)を緊急出版した。その目的に、自民党政権と特捜検察、そして巨大メディアがタッグを組んだ「検察ファッショ」であり、これでは日本の議会民主政治は崩壊すると警告しておいた。特捜検察は、西松事件で一年間にわたり10億円を超えると言われる税金を使い、総力を挙げて小沢一郎を逮捕起訴すべく捜査を行った。結果は、逮捕起訴できず、政治団体「陸山会」の収支報告書の虚偽記載で、秘書を逮捕起訴した。従来の政治資金規正法の運用では、問題にされなかったことだ。起訴となった案件について総務省の担当から何の注意も行政指導もなかった問題である。

しかし、敢えて強制捜査を行ったのは、特捜青年将校の暴走である。官僚支配政治を改革し、察の特権を縮小しようとする小沢一郎を葬ろうとする政治的謀略であった。さらに、麻生元首相らが、政権交代を阻止するために「指揮権発動的」なことを行ったが、それでも賢明な国民は、昨年8月の総選挙で、政権交代の民意を明確に表明した。そして本年1月、特捜は水谷建設がらみで石川知裕衆議院議員(元秘書)を逮捕し、小沢の「政治とカネ」は新しい事態を迎える。月が変わった2月4日、特捜は「小沢不起訴」を決定した。これで一段落かと思いきや、翌5日には、ある人物たちが地検判断を不服とし、東京第五検察審査会に「審理の申立て」を行ったが、あまりにもその手際の良さというべきか、事前に謀られたと邪推すべきか、胃の腑に落ちない思いをするのも私一人ではないだろう。

そして4月27日、「起訴相当」を全会一致で議決し、小沢を「絶対的独裁者」と、その理由書に書いたことが話題となり、小沢の「政治とカネ」が再びメディアからの攻撃の標的となる。 私は「指揮権発動的行動」の傍証を得ており、5月22日、高野孟氏が主宰する、「The JOURNAL」に『西松事件・大久保秘書逮捕の真相を究明すべし!』を寄稿した。これはネット上で大反響を呼び、その余韻は今でも残っていて、グーグルで検索すると、3万件強もヒットするとのことである。実はこの問題に関して、6月2日は民主党の「司法を考える会」に招請され、詳細な説明を行う手筈になっていたが、折悪しく、鳩山首相の辞意表明で会合は中止となった。話題の中心は「第五検察審査会」の奇っ怪な動きである。いずれ真相は明らかになろうが、専門家が現在問題にしていることを紹介しておく。

1、「申立て」を行った人物は、反社会的活動団体所属で、受理したことそのものに問題があったこと。
2、市民代表の審理補助員に、米澤俊雄弁護士という人物を選任した経緯や行動に問題があるといわれている。漏れ聞くところによると、関係当局は検察審査会のあり方を含め、小沢問題の処理に困惑しているとのことである。

以上が「西松・陸山会問題の真相」であり、「検察審査会の実体」である。

小沢一郎の代表選出馬について、渡部恒三前顧問、岡田外相、蓮舫大臣らが検察審査会がらみで、小沢氏の出馬を妨害・阻止する発言を繰り返しているが、じつに滑稽である。さすがに原口総務大臣が「推定無罪の原則が民主主義の鉄則だ」として、検察審査会の政治利用を批判している。認知症が心配されている渡部老人の発言は評の外に置くとして、岡田外相と蓮舫大臣の発言は憲法に違反する。このことは、彼らよりも数倍の年月、そして、彼らよりも深く、強く憲法と向き合ってきた私からの警告でもあることを明記しておこう。国民から多数の負託を受け、聡明であるべき民主党国会議員が、これらの讒言に影響されるようでは近代政党とはいえないし、負託された国民への裏切りであることも明確に指摘しておく。

(小沢氏が「政治とカネ」で追求される理由)
小沢氏は、田中角栄、金丸信、竹下登の後継者といわれる負の遺産を背負いながら、自民党政治を崩壊させてきた。その恨み・辛みと、嫉妬の固まりが虚像となって、いわれなき攻撃を受けているのが、「小沢攻撃」の本質である。小沢一郎の政治資金についての考え方は、父親・小沢佐重喜氏の信念に基づいており、誠実に法を守っている。政敵やメディアが報道するのは断じて事実ではない。政治団体が不動産を購入することも、法に基づいた浄財の有効活用のためであり、俗説に惑わされるべきではない。「政治とカネ」で小沢氏が批判される切っ掛けとなったのは、平成12年4月、自由党が保守党と分裂した時である。

政党助成金を含む党の資金を保守党にも分配するという小沢党首の意向に、私が強く反対して分配できなかったことがその要因である。強い批判を受けたが、すべて自分の責任として一切弁解しない。こういうことが誤解されて、メディアの標的になり続けているのである。

(民主政治を危うくする情報操作)
8月23日の夜から、小沢一郎の代表選出馬はないとの情報が流され始めた。菅支持派からのもので、鉢呂氏を入閣がらみで選対本部長にすることで旧社会党を取り込んだ。仙石官房長官と川端氏の関係で旧民社党の支持を取り付けたというものだ。これに影響されて、各メディアも口を揃えて「小沢の出馬はない」とのコメントを始めるようになったが、これほど議会制民主政治を冒涜するものはない。このメルマガで幾度も述べてきたが、代表選挙は理念・政策で争うべきであり、旧来の手法である人事で離合集散をくり返せば、これこそ官僚支配に終始した自民党政治の復活でしかない。菅民主党政権が発足して約3ヶ月、この間、政権交代の党是を放棄し、官僚支配の自民党政治より一層悪質化した。代表選挙は菅政権のままで、国家と国民の存立ができるか否かを問う唯一の機会である。
【転載終了】
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月25日 22:14:41: GHzsq1HqN6
もともと、鳩山、小沢会談は「小沢さんのしょぐうについてよく考慮させます。」と鳩山は小沢に言ったと思う。その代わりに菅を支持してくれないか。ということではなかったのか。そしたら鳩山、菅の会談で菅は『壮肺っても小沢氏の処遇は難しいよね。』といったそうだから。仰せのとおり談合というよりデッキレースの気がする。小沢さんさえいなければ民主党はスカッとしてクリーンな政党になると思っている馬鹿がいる。小沢さんは結局民主党の外様だったわけだ。まあそれにしても汚い党大会になりそうだ。参謀は仙石だろう。

02. 2010年8月25日 22:39:04: BDDFeQHT6I
小沢氏は代表選に出馬して自分の思うところを堂々と主張すれば良い、それで負けたら堂々と民主党を離脱して新自由党を結成し広く政界に同志を募れば良い。
今回のごたごたは明らかに菅内閣が民主党の政権公約である2009年衆院選マニフェストの破棄と2010年参院選大敗の責任の回避にあるのであり、小沢氏には何等やましい所は無いのだから、代表選の結果がどの様であろうともかならず小沢政治を実現する道は開けるはずだ。
正義は小沢氏にあり、例え政界再編になろうとも必ず「国民の生活が第一」の理念を実現する機会が遠からず有ると思う。
ここで引いたら小沢氏を支持して来た党員・サポーター・陸山会などの支持者の小沢氏に書ける期待を裏切ることになる、今回は民主党内の一部反小沢グループのクーデターであり、マスコミがどんな捏造記事を流そうが大部分の民主党支持者の小沢氏に賭ける期待は変わらない。

03. 2010年8月25日 22:44:43: iQApXOBKNw
代表戦で戦うしか、国民に自分の考えを伝える場はないだろう
鳩山なんかに言いくるめられれば、まただまされるのが目に見えている

04. 2010年8月25日 23:02:27: XAeO62Xygw
菅の代表再選で、「反国民主権」の第2自民党と化したとしたら、民主党になんの存在価値もないし、「国民の生活が第一」を願う人々にとっては最悪の事態だ。

小沢さんが代表選で勝利し、民主党から少数の脱落(離党や造反)があっても、首班指名で総理になればベスト。

小沢さんが代表選で勝利しても、民主党内の「反国民主権者」が大量に離党して自民党などと組み首班指名で負けることも想定されるが、国民主権を目指す健全な野党としての民主党が残る。その場合は、「国民の主権が第一」を目指す人たちはもう一度09衆院選の再来を目指そうではないか!

なんとしても、小沢さんの出馬と勝利を応援し、菅一派による民主党の第2自民化は阻止しなければならない。


05. 2010年8月25日 23:06:11: XAeO62Xygw
04 追加

02さんに同意。


06. 2010年8月25日 23:25:56: iQApXOBKNw
小沢、亀井で一度内閣を作ってほしい

07. 2010年8月25日 23:46:39: NIZoPdy4EQ
マスコミが必死の工作活動を展開中だから、それとの闘いが重要です。
反小沢勢力の武器はマスコミそのものです。
マスコミの「いわゆる報道」のウソをできる限り早急に暴露し続ける活動(ジャーナリズム)が今の日本に最も必要です。
日本にジャーナリズムを実現する本当のジャーナリストの奮起に期待したいと思います。

マスコミは
国民みんなの
アイマスク


08. 2010年8月26日 01:21:03: y2SPy6IwBg
とにかく立候補してほしい。
すっきりさせて欲しい。
このままでは、マスゴミの思う壺です。

09. 2010年8月26日 07:43:04: mPIqFegdZA
>>01さん 小沢氏は処遇なんて言ってない。09年の選挙公約に戻すのが筋と言う事を言った。報道に騙されてはいけません。。例え幹事長の職を与えられてもねじれで解散。総辞職です。。小沢氏は馬鹿ではありません。

10. 2010年8月26日 22:48:59: kbjD6Oqr1Y
07>>
マスコミが必死の工作活動を展開中だから、それとの闘いが重要です。
反小沢勢力の武器はマスコミそのものです。
マスコミの「いわゆる報道」のウソをできる限り早急に暴露し続ける活動(ジャーナリズム)が今の日本に最も必要です。


電通・マスコミの小沢出馬報道の談合は、酷い。
利権確保の為に、異様な情報統制だ。

電通は、問題が多すぎる。
国賊企業に鉄槌を下して欲しい。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧