★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93 > 273.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
民主代表選:激化する多数派工作(毎日jp)
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/273.html
投稿者 赤かぶ 日時 2010 年 8 月 26 日 23:26:12: igsppGRN/E9PQ
 

民主党の代表選は26日、小沢一郎前幹事長の出馬表明で菅直人首相と小沢氏の一騎打ちの対決構図が事実上固まり、対応未定のグループや所属グループを決めていない中間層・新人議員の支持を取りつけようと双方の陣営が多数派工作を激化させた。【坂口裕彦、影山哲也】

 ◇小沢氏「挙党態勢」アピール 鳩山氏、グループ結束指示
 党内最大勢力の小沢グループ(約150人)を率いる小沢氏の動きは早かった。鳩山由紀夫前首相の支持を取りつけたうえで3グループの有力者を訪ね、「挙党態勢」を重視する姿勢をアピール。菅首相の陣営は後手に回る形となった。

 412人の国会議員票を巡り、大きなカギを握るのが鳩山前首相のグループ(約50人)の動向だ。鳩山氏は26日、小沢氏支持を表明したが、同日の小沢氏との会談では「鳩山グループ全員が一丸となってはできないかもしれない」と伝えた。

 鳩山氏が菅首相と小沢氏の仲介に動いたのは党分裂回避のためだった。「脱小沢」を掲げた菅首相が再選されれば「小沢氏は100人連れて党を割る」と分裂を公言する小沢氏側近もいる。このため鳩山氏は「首相が挙党態勢を受け入れて『脱小沢』路線を修正し、小沢氏が出馬を回避する」とのシナリオを描いていた。これを首相が拒んだからには、「挙党」を掲げる小沢氏を支援することが分裂回避につながるというのが鳩山氏の論理だ。

 26日の小沢氏との会談後、鳩山氏はロシアに出発した。帰国予定は29日で、鳩山氏はグループ幹部の大畠章宏衆院国家基本政策委員長と中山義活前首相補佐官に電話で「帰国までにグループをまとめておいてほしい」と指示した。それでも鳩山シナリオに沿って小沢氏出馬への慎重論が大勢を占めていた鳩山グループは、小沢氏の出馬に動揺を隠せない。

 中山氏は記者団に「まだ激突を避けるべしという人がたくさんいる。鳩山さんの言う通りにこれからやっていきたいと思うが、態勢を整えるのにちょっと時間がかかる」と小沢氏支持で意思統一を図る考えを表明。「党内で抵抗勢力をつくって自分たちの人気を高める方法をとると、いずれ党が分裂してしまう」と菅首相の「脱小沢」路線を批判した。小沢氏支持のメンバーは「7、8割はまとまれると思う」との見通しを示した。

 ◇旧民社、旧社会党系 「二者択一」に苦渋
 「最悪の事態になった」。旧民社党系グループ(約30人)の幹部は苦しい表情を浮かべた。同グループは独自候補を擁立する構えもみせていたが、小沢氏不出馬−菅首相続投を前提に存在感を示す戦術だった。しかし、小沢氏の出馬表明で二者択一を迫られることになった。

 小沢氏は出馬表明後、羽田孜元首相を訪ね支持を要請。羽田氏は支持する方向でグループ(約15人)の意思統一を図る意向を示した。旧民社党系グループの田中慶秋衆院議員にも「挙党態勢が受け入れられない状態だったので決断した」と説明した。同グループは鳩山グループと掛け持ちしているメンバーが多く、「党分裂を避けるための挙党態勢」を前面に押し出した。

 旧社会党系グループ(約30人)も複雑だ。「親小沢」の赤松広隆前農相と、菅首相支持の鉢呂吉雄衆院厚生労働委員長の対立が表面化。小沢氏の訪問を受けた赤松氏は「挙党態勢を取ってください。それが支持の条件です」と述べ、小沢氏は「分かりました。それは必ず守ります」と応じてみせた。赤松氏はグループ内への働きかけも約束したが、旧社会党系は菅グループとの掛け持ちが多く、対応は分かれそうだ。

 ◇前原・野田両グループ 首相の対決姿勢後押し
 菅首相の陣営からみると、小沢グループの手法は自分たちで「菅首相再選なら分裂」と脅しをかけて「挙党態勢をつくれるのは小沢氏」と訴えていると映る。小沢、鳩山両グループから仙谷由人官房長官と枝野幸男幹事長の交代を求める声があがったことで、両氏が所属する前原誠司国土交通相のグループ(約40人)は強く反発し、野田佳彦財務相のグループ(約30人)も「脱小沢」路線の堅持を求め、菅首相の対決姿勢を後押しした。

 両グループには「小鳩」体制下で冷遇されたメンバーも多く、今回の代表選では「選挙をやってすっきりさせた方がいい」との主戦論が大勢を占める。「政治とカネ」問題を抱える小沢氏との対決で「クリーン」「改革」イメージをアピールし、世論の支持を背景に再選を目指す作戦だ。野田グループの蓮舫行政刷新担当相は26日の記者会見で「選挙になるのはいいこと。民意には最も敏感でなくてはならない党だと思っている」と語った。

 ただ、前原、野田グループのこうした姿勢は「党分裂も辞さず」と受け取られ、菅首相のグループ(約40人)からは「大きな亀裂になることだけはぜひ避けたい」(荒井聡国家戦略担当相)と懸念の声も上がっている。菅グループは小沢氏不出馬による無投票再選を狙っていただけに、幹部の一人は「小沢さんに親しい議員から『小沢さんを追い詰めようとした仙谷官房長官が悪い』と言われた」と不満を漏らした。

 菅首相は26日夜、記者団に「まず経済対策の基本方針を作り上げたうえで正式な出馬の会見を開きたい」と政策論争をしかける考えを強調。仙谷氏の周辺は「挙党一致かどうかを争点にしたら国民に笑われる」と語る。
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100827k0000m010105000c.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月26日 23:36:43: PZMCUFxEH6
官房機密費は、センゴクの権力維持のために使うのは止めてくれ。

ホテルのレストランばかりの批判で、居酒屋に行っても、奢った口は元に戻らないから信用できないぞ。これが普通の見方だよ、ガン首相。今、言うことが事実だと
普通の人は思わないぞ。原因と結果だぞ。


02. 2010年8月26日 23:41:45: kbjD6Oqr1Y

小沢様の最大の敵は、電通と朝日であります。

国士の小沢様を霞が関の手先となり、悪人に仕立てあげている。

勿論、電通とマスコミの談合利権の維持の為です。

小沢政権樹立後は、官僚と電通を粛清ください。


03. 2010年8月26日 23:47:01: zokTfCwBHE
>菅首相は26日夜、記者団に「まず経済対策の基本方針を作り上げたうえで
>正式な出馬の会見を開きたい」と政策論争をしかける考えを強調

経済用語も知らず、そこを官僚につけ込まれた「大バカ」が
論争で勝てると思っているのなら、それはそれで見上げたもんです。


04. 2010年8月27日 00:41:10: DHocP8jhng
小沢も菅もダメ。適切なマクロ経済政策を持っている小沢鋭仁環境相あたりが立候補するべき。

05. 2010年8月27日 00:41:47: ZsUNOgGnko
民主代表選:「小沢氏敗退なら分裂」 党内懸念強く

 民主党の小沢一郎前幹事長が26日、党代表選への立候補を決めたことで、代表選後に民主党分裂や野党も巻き込んだ政界再編につながるのではないかとの見方が与野党に広がった。「挙党態勢」を求めた鳩山由紀夫前首相の仲介が失敗したことから、菅直人首相と小沢氏のどちらが勝とうとも、脱小沢路線の首相と、小沢氏との溝は埋めがたいと見られているためだ。

 「何回も代表選を繰り返したが、分裂したことは一度もない」。首相は26日午前、首相官邸で新人議員にこう語り、代表選後に挙党態勢を敷けると楽観してみせた。だが、党内での懸念は強く、首相周辺からも「これが党の大きな亀裂になることはぜひ避けたい」(荒井聡国家戦略担当相)との声が漏れる。

 小沢氏は、首相の消費税増税発言など政権運営に強い不満を示してきた。ただ、首相が勝った場合、小沢氏サイドが排除を求めてきた仙谷由人官房長官や枝野幸男幹事長が留任する可能性が高く、小沢氏サイドは党内の実権を取り戻すことはほぼ不可能になる。

 衆院の新人議員は約140人。小沢氏が選挙実務を握っていた時代に初当選しただけに、同氏の影響力が色濃く残る。小沢氏の側近議員は「新人ら100人を率いて離党すれば、民主党は下野することになる」と漏らすなど、代表選に敗れれば政界再編を仕掛けるという見方は根強い。

 このため首相周辺には「小沢氏側には『負けて勝つ』戦略があるのではないか。60人も離党すれば、自民党や公明党との連携が視野に入る」と警戒する声がある。26日の鳩山グループの会合でも「このままでは(分裂した)新進党と同じになる」と、代表選後の結束を絶望視する意見が出た。小沢グループが離脱すれば、国会での多数を押さえるために民主党と「小沢新党」による野党との連立工作が加速し、大規模な政界再編となる可能性もある。

 一方、小沢氏が勝利した場合も、大連立を含めた連立政権の組み替えに動くのではないかとみられている。小沢氏に出馬要請した山岡賢次副代表は26日のテレビ朝日の番組で「野党と健全な連立を組み政策を実現する以外に、民主党が生き残る道はない」と語り、新たな連立を模索する考えを示した。

 首相支持を鮮明にしている前原誠司国土交通相と野田佳彦財務相のグループからは、首相が負ければ小沢政権から排除されることを前提に、「次の選挙は無所属で戦うことを覚悟している」(中堅議員)との声も漏れる。

 ◇野党「好機に」「警戒を」
 こうした民主党内の対立を、一部野党は政界再編のチャンスとにらんでいる。自民党内からは「小沢さんが勝てば大連立か政界再編だろう。与党復帰も遠くない」(中堅議員)といった声も漏れる。たちあがれ日本の幹部は26日、小沢氏支持の民主党議員から面会の申し入れがあったことを明らかにした上で、「次の解散が政界再編の起爆剤となる」と指摘した。一方、自民党の山本一太参院政審会長が「小沢さんの行動パターンや存在感を考えれば、警戒しないといけない」と語るように、小沢氏の「剛腕」による自民党の切り崩しを警戒する声も出た。【竹島一登】
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100827k0000m010128000c.html


06. 2010年8月27日 00:50:02: ZsUNOgGnko
民主代表選、勝敗カギ握る衆参新人票

 民主党代表選は菅直人首相と小沢一郎前幹事長が全面対決の構図となり、党を二分しての争いとなる。両陣営は、態度未定の党所属議員や党員・サポーター票の確保に走り出した。特に、“大票田”の衆参の当選1回生をいかに多く囲い込むかが勝敗のカギを握る見通しだ。

 国会議員票では今のところ、小沢グループが党内最多約150人を数えることもあって、小沢陣営が優勢だ。小沢氏支持を表明した鳩山由紀夫前首相のグループ(60人)を単純に足せば210人になる。

 ただ、鳩山グループ内には「ガチンコ(=本気の)勝負を怖がっている」(鳩山氏側近の中山義活前首相補佐官)空気がある。小沢氏の「政治とカネ」の問題や政治手法に反発する議員もおり、訪露中の鳩山氏が帰国するまで最終的な態度を決められそうにない。

 旧社会党議員らでつくる横路孝弘衆院議長のグループ(約30人)は、同グループ幹部の赤松広隆前農水相が26日、小沢氏に「支持の方向だ」と伝えた。

 対する菅グループは約50人。首相再選支持を表明している前原誠司国土交通相グループ(約40人)と野田佳彦財務相グループ(約30人)を加えた主流3派は計約120人で、数字上では劣勢といえる。

 しかし、民主党の各グループは自民党の以前の派閥と異なり、拘束力が弱く、複数のグループに所属する議員もいる。

 両陣営のターゲットは様子見を決め込む旧民社党系グループ約30人や衆参の当選1回生156人だ。

 特に衆院1回生は、小沢幹事長時代に初当選したため、「小沢チルドレン」とも呼ばれる。小沢グループは「7割は固めた」(若手)としている。

 一方、26日に首相官邸を訪ねて支持を表明した1回生は14人。23〜25日の首相と1回生の懇談会に出席したのは87人にとどまった。

 だが、首相周辺は「若手は選挙基盤が弱い。小沢氏に批判的な世論や支持者の声に従う」とにらむ。首相は26日夜、阿久津幸彦首相補佐官らに「代表選は各グループの足し算ではない」と述べ、個々の議員へ働きかけていく意向を示した。

 2382人の地方議員と、34万2493人の党員・サポーター票も、大きな位置を占める。代表選で争うポイントでは国会議員200人分に相当するため、勝敗を左右する可能性がある。 (佐々木美恵)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100827/stt1008270010001-n1.htm


07. 2010年8月27日 02:21:46: ZsUNOgGnko
要求のめば二重権力=小沢氏との対決「歴史的使命」−菅首相

 菅直人首相は26日夜、都内のホテルで側近の阿久津幸彦、寺田学両首相補佐官と懇談し、民主党代表選での小沢一郎前幹事長との対決に関し、「人事の要求をのんで再選しても、二重権力構造になる。これで良かった。すっきりする」と述べ、選挙戦で決着を付けることの意義を強調した。首相は「歴史的な使命を感じる。大きな時代の節目に立っている」とも語った。
 これに関し、首相周辺は同夜、首相サイドにはこれまで、小沢氏側から複数の人物を介して、小沢氏の幹事長起用や仙谷由人官房長官の交代を求める要求があったと明かし、「首相は対応に悩んでいた」と述べた。
 懇談で首相は、小沢氏について「バイタリティーやさまざまな言動はすごい」とし、代表選では「(党内)グループの足し算でなく、正々堂々と国民に民主党の姿を見せたい」と語った。 (2010/08/27-01:34)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol


08. 2010年8月27日 03:21:22: BDDFeQHT6I
菅・小沢多数派工作?
菅支持派が多数派工作とは笑わせてくれる、多数派工作では無くいかにして負けた形を作れるか否かの状況だろう。
勝ち負けになる形勢ではない、ダブルスコアよりトリプルスコアかの状況では無いか、民主党としては現役の首相があまりに無様な負け方をした場合の影響を考える必要がある、曲がりなりにもたった3ケ月前に自分達で選んだ首相なので惜敗の形にする方が良いのか完膚なきまでに負けさせるのが良いのか悩むところだ。
しかし、どちらにしてもマスコミは批判を続くのだから、小沢派は議論の余地が無いほどの完勝で党内基盤を不動のものにした方が例によって出てくるだろう党内からの雑音を封殺するには良いかもしれない。

09. 2010年8月27日 04:19:46: c9BjGlocHM
むしろこの際、菅、仙谷、枝野、前原を徹底的に叩きのめし、二度と再び立ち上がれないようにするべきだ。国民の希望をないがしろにし、戦争屋の手先になりさがったものの末路を味あわせるべき。

10. 2010年8月27日 06:16:35: VoHQXX9kmw
毎日新聞社らしい偏向に満ちた読むに耐えない代物だね。
貴様らの誘導報道には一切応じるつもりは無いので悪しからず。

11. 2010年8月27日 08:21:05: FSyPN1ESQM
村越祐民氏、発砲開始。
「(小沢氏が)代表選挙に出馬しなければならない特殊事情があるのだろう…」
https://twitter.com/hirotami_m/status/22202417990

「起訴逃れ」とでも言いたいのでしょうが、そんなものはありません。きっと最後の最後まで、小沢氏は幹事長職を希望していたはずです。仙谷氏・枝野氏の頭が固かったから出馬せざるをえなかったのだと思います。

(参考)岩上安身氏「頑として受け入れなかったのは、菅政権の核である、仙谷、枝野の両氏」
http://twitter.com/iwakamiyasumi/status/22178694063


12. 2010年8月27日 09:03:34: F7RW5rxiO6
一旦握った持ち慣れない大金を、誰が手離しますかと必死にしがみついているだけでしょう。官房機密費の仙谷さんと党の政党助成金と献金握る枝野さん。菅さんは、お零れで満足かな。まったく、何が政治とカネだ!と、お天道様が顰め面。

13. 2010年8月27日 10:05:33: fEYiVE3nvI
>>11.さん
貴重な情報ありがとう
やはり、仙谷、枝野でしたね。

14. 2010年8月27日 12:08:05: SHIqVwsqW2
貼り付け魔の赤かぶさん。
いい加減「貼り付けたら役目は終わり」みたいなそういう事はしないで、記事に対する自分の意見を述べませんか?
それとも自分の意見を述べると言う思考が退化してしまったんですか?

15. 管理人さん 2010年8月27日 12:43:31: Master
貼り付けだけでも全く問題なし

16. 2010年8月27日 14:47:55: PfR99B4l1U
■いかに菅達がカンカラ音を発て、マスゴミが如何なるあがきをしようとも
既に 雌雄は決しています。

17. 2010年8月27日 15:30:43: uslAhaHbzf
官から菅、撃滅。加減などいらない。そんなことしても、党員/サポーター票の大差で意味がなくなる。

18. 2010年8月27日 16:09:40: bg0qnYTEr2
選挙に為れば、どの様な結果に成るか?的確な見通しが出来無いのかな?

自分の党内を、的確に管理出来ないのでは、到底、国政を任せるのは無理。

1年生議員の数集めに縋る菅総理。僅かな1年生議員からの握手に感激。

我々国民は、自分達の権力維持を優先するだけの政治家には、宰相としての信頼感も尊敬の念も薄らいでゆく。

政権交代を支持し、民主党を応援したが、今回の代表選挙は、相手側に対するネガティブキャンペーンは、現に慎み、我が国をどの様に再生してゆくかの政策論争を中心にして、潔い選挙を行って戴きたい。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧