★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93 > 274.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
政治生命をかけた小沢の決断 (永田町異聞)
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/274.html
投稿者 行雲流水 日時 2010 年 8 月 26 日 23:50:56: CcbUdNyBAG7Z2
 

http://ameblo.jp/aratakyo/day-20100826.html
2010年08月26日(木)

政治生命をかけた小沢の決断


小沢一郎氏が民主党代表選に出るようだ。


党内がまとまらず、ものごとが決まらない現下の政治状況では仕方がないかもしれない。


そもそもこのままでは、小沢氏を信奉する議員たちの鬱積する不満を抑えきれないだろう。


菅首相と仙谷官房長官は、いったん掲げた「脱小沢」の旗をいまさら降ろせなくなってしまっている。降ろせば、気骨のなさを批判され、ますます評判が落ちる。


小沢氏としても、菅首相の「脱小沢」路線が変わらない以上、中途半端なかたちで握手をするわけにはいかない。


鳩山由紀夫前首相のグループ内にも、鳩山が進めようとした「脱官僚依存」を早々に店じまいしたかのような菅政権への苛立ちがつのっている。


小沢は「政治とカネ」問題に再び火がつくのを承知のうえで、決戦にのぞまざるをえない心境に至ったということになる。


鳩山氏は、菅と小沢の間をとりもつというより、むしろ、挙党態勢をつくるには、二人が戦うしかないと腹をくくっていたはずだ。与党であるかぎり、戦いの果てに党が分裂することは、まずありえない。


軽井沢での集まりに、小沢氏が姿を見せたときに、決戦への流れははっきりしていた。


ここまで書き進めたところで、小沢立候補のニュースが飛び込んできた。鳩山氏の全面支援をとりつけたという趣旨の話を、小沢氏が記者団にしている。


鳩山氏は「私の一存で小沢先生に民主党に入ってもらった経緯からして、応援するのが大義だ」と語る。


鳩山氏の思いは分からぬでもない。自らが掲げた理念は、菅政権ではどこかへすっ飛んでいったかのようだ。


決断と実行、といえば陳腐な言葉だが、いまの菅政権ではその点が不安でもある。官僚を使いこなすどころか、取り込まれつつあるように見える。


枝野幹事長は政策通であっても、清濁あわせ呑む器量を必要とする党務の責任者としては、はなはだ心もとない。


民主党政権が誕生してもうすぐ1年になろうとしているが、この間、功罪は別として、決断と実行を鮮やかに示したのは小沢だった。


たとえば、陳情の幹事長室への一元化だ。各省庁に個別に出向くことを許さないというのだから、自治体、業界団体は反発と困惑で揺れ、官僚や族議員も権限、利権のタネを召し上げられて、面白いわけがない。


「幹事長への権力集中だ」という非難轟々の声をものともせず、さっさとこれをやってのけたのは、小沢流というほかなかった。


かつてさんざん煮え湯を飲まされた野中広務が会長をつとめる全国土地改良事業団体連合会の予算をばっさり切って半減させたのも、小沢ならではの判断だった。


ところが、来年度予算の概算要求で、農水省がこれを復活させる方針だというあたり、やはり現政権の生ぬるさを感じさせる。びしっと、内閣にスジが通っていないのが歯がゆいところだ。


鳩山氏は、小沢復活によって、ねじれ国会における民主党政権の窮状の打開をはかろうと決意したに違いない。


1年に3人も総理が変わるのは世界に対して恥ずかしい、などという常識で、歴史的政権交代後の予想された試行錯誤をコントロールしようという小さな考えは捨てるべきではないか。


この国を変えてほしいという政権交代時の期待を、いま誰に託せばいいのか。その一点で民主党代表、すなわち首相を選ぶべきであろう。


選挙の結果、どちらに決まろうと、民主党員は恨みっこなしで運命に従えばいいのだ。


もしかりに、小沢首相が誕生した場合、「政治とカネ」問題など恐るべき逆風のなかでの政権運営となろうが、国難を救うという気概を失わず、着々と手を打っていけば、自ずから道は開けるはずだ。


菅vs小沢の一騎打ちは、ドラマとしてスリリングである。しかし、小沢氏にとっては政治生命をかけた最終決戦といえるだろう。


 新 恭  (ツイッターアカウント:aratakyo)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月27日 00:39:45: DHocP8jhng
小沢氏が、首相になればテレビで国会で「政治とカネ」の問題で集中砲火を浴びるのは確実だ。
たちまち、国会は動かなくなる。
マスコミや野党を抑えることができない以上、小沢氏を支持できない。
原口氏や小沢鋭仁氏らは、政治生命を賭け立候補を決断するべきだ。

02. 2010年8月27日 00:47:17: kbjD6Oqr1Y

利権談合集団の霞が関や電通・マスコミに与えられている汚名は、
自らの手で晴らしていくしかない。

空き缶・火事場ドロボー内閣は、単なる権力欲だけで、
志の無い国賊集団。

小沢一郎は、日本国民の為に最後の戦いを始めている。


03. 2010年8月27日 01:05:53: FMdMRKf5Fw
「政治と金」の問題は、千葉法務大臣を代えて、郷原氏とか、鈴木議員のような人を据えればカタのつくことです。
現在のような、検察暴走―「警察国家」の流れを変えることが急務です。

04. 2010年8月27日 02:35:13: YR67A0tvpw
流石、クレイジィパパ、非の内処のない、真ともな発信に改めて敬意を表します。

05. 2010年8月27日 03:19:45: dpqa46ZkfQ
国会で集中砲火のマンガを演じて、生き恥をさらして呉れるっちゅうんか。単なる人気取りで偶々寄せ集められた烏合の衆・脳弱ども=国会議員どもが、どんな頭の冴えを示して呉れるというのか。
 アノ日本最高の権力者?ヅラして優秀なる頭脳の持ち主?=特捜検察が何回も調べ上げた結果、小澤さんは完全白、特捜検察は完全黒と何度も結論を下したんだぞ。
 空き缶はリサイクル不可能。軽薄野郎元総理は政治家として落第。これが公衆の面前で既に披露された実態である。
 マスゴミどもの捏造世論調査が今後の負け戦を演じて呉れよう。

 
 


06. 2010年8月27日 03:36:09: DtdutbwPRY
03さんの言われる通りです。
まずは検察、警察、税務当局をしっかり掌握する体制を作る事です。
小沢氏はそんな事は百も承知でしょうし、官僚&OBの中にも小沢シンパがいる筈。
官邸にもチェック体制を構築しないといけませんね。
脛に傷だらけの電通、マスゴミはすぐおとなしくなりますよ。
出来れば国税庁は歳入“省”に変えた方が、官(財務)主導から政治主導への
シフトが進むように思います。

いずれにせよ代表選に勝てば、なんとでもなります。

あと郷原さんは官房副長官という線もありかな?
漆間なんかより筋の通った仕事が期待できますね。


07. 2010年8月27日 04:07:28: DmCC9k6hHM
小沢一郎は何も恐れることはない。マスゴミなど蹴散らし、政治生命を懸けて堂々とやるべきことをやれば良い。そうすれば国民は納得する。政治資金問題は端から捏造≠ウれたものである。

08. 2010年8月27日 05:09:11: GVHiOtJRs9
>>06
まったく正論ですね。まだお上信仰が根強いからか、皆そこを上っ面だけで話しますが誤りです。政治主導の本質は、行政機関全体の単なる一部門に過ぎない検察、警察、国税局の、内閣による完全掌握と綱紀粛正です。ここの思いあがった暴走・腐敗が、何億横領しても逮捕されない年金官僚を生みだしたのです。官房機密費に汚染され放送法を踏みにじるマスコミを生みだしたのです。

まずは小沢総理大臣の実現、次に官僚腐敗と容赦なく闘う布陣で組閣できるか、これがすべて。内閣調査室を大幅に強化した、総理直属の対官僚専門特捜Gメンを組織すれば、仕事がスムーズに行くはずです。

消費税増税など当分必要なし、財源はあらゆる役人のポケットや机の引出し、カバンの中からごっそり出てきます。これが実現したらいったい何兆円浮くことか。事業仕分けは完全にインチキな出来レース。なんせ仕分け人の民間人はほとんど、小泉竹中時代に内閣や財務官僚とコネを作った政商・御用学者。鳩山由紀夫の政治主導が、最初からいかに国民を欺く悪意に満ちたものだったかが端的にわかります。


09. 2010年8月27日 07:26:14: fEYiVE3nvI
<<「政治とカネ」問題など恐るべき逆風のなかでの政権運営となろうが、国難を救うという気概を失わず、着々と手を打っていけば、自ずから道は開けるはずだ。

明るい希望を貰いました。


10. 2010年8月27日 08:32:07: uQ1V0KiHyk
小沢総理大臣が誕生したら、重要になるのは官房長官と法務大臣のポスト。検察の裏金問題と官房機密費を白日もとにさらしてほしい。

11. 2010年8月27日 08:33:37: yctf04LcvI
いまのまま、自公時代に逆戻りするくらいなら
無理筋の政治と金をもっとやりまくって、マスコミと
警察・検察の醜さを露呈させた方がいいだろうね。

やっぱり、膿は出さないとね


12. 2010年8月27日 10:13:34: FvgzSqZvP6
小沢氏が政治生命を賭けた最後の戦いになると言うなら、空き缶だってそうだろう。
小沢氏に政治生命云々と言いながら、自分はこれから先もやって行けるとは思うな。
小沢氏に負けたら、菅は当然、仙石も議員辞職だ。政界を去るのが筋だろう。
TV・新聞などのマスコミも業界を去るのが筋というもの、と言うか小沢総理誕生後は新しいメディアの誕生かな?

13. 2010年8月27日 11:06:14: ii4FTD7wNI
思うに、小澤さん出馬で大きな衝撃を受けたのはお馬鹿マスゴミ(TV.新聞)の下らん連中だろう。既得権益にどっぷりと浸っていた頃がその内懐かしくなるだろう。暫らく小澤さん叩きが続くと思われるが、それを観ている国民も何時までも騙されるとは思われない。代表選の大勢が決まる頃にはマスゴミ共の「良識への転向が」始ると思われる。その時点での猿モンタ・フルタチの行動・発言がどう変るのか今から楽しみである。もっともこの頃にはTV画面から消えているだろう。

14. 2010年8月27日 11:40:33: 4DBlPzeUik
国会で野党に「政治とカネ」の問題で質問されたら、小沢首相は、「ご質問の内容を具体的に、お話し願いたい。貴方がおっしゃる私の「政治とかね」とは、なにを指していらっしゃるのですか?ご説明いただいたことに、一つ一つこちらご説明いたします。」と、切り返せば良い。
そうすれば、野党が自ら、しかも国会で、小沢氏の「政治とカネ」問題が、一月7日に土地登記をしたことだと、説明してくれるよ。
いままで、マスコミや検察がきちんと説明することをせず、ほとんどの国民が知らなかった西松事件と陸山会事件の検察の起訴理由がそこであきらかになる。
いいんじゃないの?
「政治とかね」を野党にじゃんじゃん質問していただけば。
国民は、びっくりするだろうけれどね。

15. 2010年8月27日 18:44:16: YxxjtjSSgc
小沢の案件で検察・マスゴミから受けた被害など、
自民の奴らの疑獄を挙げたら、すぐにひっくり返る。
特に小泉竹中まわりは。

亀井の腕のふるいどころだろう。


16. 2010年8月27日 19:01:19: N9GQFrLrgQ
ちょうど1年遅れたが、やっと「国民の生活が第一」の革命が本格始動する。

17. 2010年8月27日 20:03:31: ZsUNOgGnko
渡辺喜美氏:「渡辺首相?ばか言うな」小沢氏との連携否定

 みんなの党の渡辺喜美代表は27日、日本記者クラブで講演し、民主党代表選に小沢一郎前幹事長が出馬表明したことについて「(小沢氏が)『渡辺首相にするからどうだ』と言われたら、絶対に乗るという話が徘徊(はいかい)しているが、ばかを言うんじゃない」と述べ、小沢氏が代表選に勝利した場合の連携を否定した。

 渡辺氏は「菅直人首相が勝っても、衆参がねじれており、政界再編は必至だ」と指摘。「アジェンダ(政策課題)の下で離合集散が行われるなら大いに結構。民主党はせめて、アジェンダにのっとって分裂してほしい」と述べ、代表選後の政界再編に期待感を示した。【塙和也】
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100828k0000m010033000c.html


18. 2010年8月27日 23:49:43: Pqypt6wx9U
作られた「政治と金」を引き合いに出すのはもう止めませんか?
バカバカしくてお話になりません。
名ばかり法治国家を進化させるだけです。
この表現は政治を危うくすると主張しましょう。
因みに、昨日小沢一郎さんのホームページから応援メッセージを送ろう
としましたが、アクセスが困難で、せっかく書いた応援メッセージも
忘れた頃にエラーでパーになりました。
きっとものすごい反響があったのでしょう。

19. 2010年8月28日 10:14:13: hiOvjnbxe2
小沢さんが勝利し あのうす汚い勘違い連中(渡部 仙石 前原 枝野 野田 蓮呆 他)を掃き出して欲しい。あれら子供会は 見たくないです。単に敵対心 丸出し 仲間を非難するさまは 子供にも劣る。悲願の政権交代を果たせたのに その恩人を中傷し 団結もせず 政治家気取りでいる七悪人たち。見苦しいだけです。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧