★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93 > 280.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
『新民主党解剖第8部』トロイカ崩壊(上) 党分裂、政界再編の予兆(産経MSN)
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/280.html
投稿者 赤かぶ 日時 2010 年 8 月 27 日 03:11:39: igsppGRN/E9PQ
 

  ■ようやくここまで…

 あらかじめ周到に準備した上での満を持しての勝負だったのか。それとも進むも地獄、引くも地獄の状況に追いつめられ、乾坤一擲の大バクチに出たのか−。

 民主党前幹事長、小沢一郎が代表選出馬を表明した26日の昼。国会近くのビルの一室で、小沢支持の中堅・若手の議員グループ「一新会」が会合を開いた。

 「ようやく、ここまで来た…」

 約20人が参加したなかで1人涙ぐむ議員がいた。小沢の元秘書で最側近の衆院議員、樋高剛だった。「首相になりたがらない男」と言われた小沢が決断したことで、「小沢首相」が夢だった樋高は高ぶる感情を抑えられなかった。

 26日朝、小沢が前首相、鳩山由紀夫に出馬を伝えた後、小沢と面会した衆院議員、岡島一正は説明した。

 「小沢先生は昨夜まで出るか出ないか決断していなかった。(首相の)菅直人さんが挙党態勢を拒否したこと、鳩山さんが支持すると言ってくれたこと。この2点で出馬を決めた」

 小沢にしてみれば、菅執行部が「脱小沢」の姿勢を改めることが、菅の再選を認める最低条件だった。菅が小沢かその側近を幹事長などの重要ポストで処遇しない限り、党内での小沢の求心力・影響力はじり貧となっていくからだ。

 鳩山が「優しい私が仲介に入る」と間に立って両者の取り持ちを試みたが、菅の態度は硬かった。これには、東アジア共同体構想など自身の路線継承に不熱心に見える菅に対し、かねて不満を抱いていた鳩山の方がキレてしまった。

 「鳩山さんは狂ってしまった」

 鳩山グループ幹部はあきれるが、鳩山は自分のグループの意見集約も行わないまま小沢に支持を伝え、そのままロシアに旅立った。

 この日朝、小沢から電話で出馬の決意を告げられたベテラン議員は語る。

 「小沢さんが、勝てる状況ができていないのに勝負に出たのは初めてじゃないか。最後の最後まで相当悩んでいたようだ」

 ■小沢の秘策

 小沢は「政治とカネ」の問題を抱え、検察審査会が不起訴判断の是非を検討中だ。各種世論調査でも、7〜8割の有権者が「政府や党の要職に就くべきではない」と答えている。

 閣僚からも「起訴される可能性がある方が代表、首相になることには違和感を感じる」(外相の岡田克也)と露骨に牽制されてきた。側近も「もちろん支持率は、小沢政権ができたら低いかもしれない」(国対筆頭副委員長の松木謙公)と冷静に見ている。

 首相に就任すれば、予算委員会などで野党の集中砲火を浴びることも間違いない。メディアの追及もさらに厳しさを増すだろう。

 数多い不利な材料に逡巡していた小沢の背中を押したのは、1時間以上にわたった25日夜の菅と鳩山の会談での菅の一言だった。

 鳩山「小沢さんをしかるべき要職に就けるべきだ」

 菅「それはできない」

 鳩山「党の仕切りはこちらでやらせてほしい」

 菅「それなら、党最高顧問でどうか」

 最高顧問は、長老議員の「名誉職」にすぎず、何ら実権はない。鳩山と小沢はこれに憤った。一新会の中堅議員は強調する。

 「売られたケンカは買うということだ。『出ない、出られっこない』と言って出るように追い込んでいったのは向こうの方だ」

 菅は民主党と小沢率いる自由党が合併した翌年(平成16年)から、毎年小沢邸の新年会に顔を出している。副総理だった今年は乾杯の音頭もとった。手のひら返しが過ぎるというわけだ。

 首相としての理念や、円高・株安、米軍再編など山積する課題よりも、「菅は許せない」(小沢周辺)との私情が優先した格好だ。

 出馬にあたり小沢には「秘策」があるとの観測もある。それは代表に就任しても首相には就かず、自民党やみんなの党などに首相ポストを譲って「大連立」を仕掛けるというものだ。

 この場合、反小沢勢力は党を割って出るかもしれず、政界再編も必至だ。永田町はいま、異様な緊張に包まれている。

 ■仙谷を外せ

 「党分裂かな。(官房長官の)仙谷由人さんが強気でやりすぎた。でも、(前幹事長の)小沢一郎さんに幹事長ポストを渡すわけにはいかないじゃないか」

 政務三役の1人は嘆く。鳩山グループ幹部も「チキンゲームが本当の瀬戸際に来た感じだ。仙谷さんがやりすぎた」と話す。

 仙谷は平成15年に小沢が民主党に合流したときから、一貫して小沢に批判的だった。「挙党態勢」を求める小沢サイドに対し、 20日の記者会見ではこう突き放している。

 「私自身は現時点でも挙党態勢で、みなさんしかるべき部署で頑張っていただいているな、と思う」

 いわばゼロ回答だ。閣僚の1人は「仙谷さんは、『オレを敵役にして菅に対する(小沢勢力からの)風が弱まればいい』と言っていた」と明かすが、逆効果だったのかもしれない。

 25日夜の菅と前首相、鳩山由紀夫の会談では、鳩山は小沢サイドの意向として仙谷の任を解くよう求めたが、菅はこれも拒み、「小鳩」より仙谷を選んだ。

 「出て壊し、戻って壊す小沢流」

 菅は党代表時代の10年11月の党両院議員総会で、小沢が率いた自由党が自民党と連立で合意したことをあてこすりこんな自作の川柳を披露したことがある。

 歴史は繰り返す。菅はそれから5年後、代表としてその「破壊者」を民主党に招き入れ、いま党を壊されかねない状況に陥った。

 ■支持拡大作戦

 民主党代表選は9月1日の告示を待たず、すでに「交戦状態」にある。菅、小沢両陣営による票固めはもう始まっている。

 「小沢グループは根っこは自民党旧田中派だから、大ローラー作戦と大電話作戦で党サポーターを切り崩す。これから2週間、地方で小沢がサポーターに囲まれるシーンがテレビで流れる。得体の知れない盛り上がりで小沢が勝つよ」

 ベテラン秘書はこう予想する。サポーターには菅より小沢に親近感を抱く連合の組合員も多い。

 さらに小沢は26日、元首相の羽田孜(つとむ)、旧社会党系グループ幹部で前農水相の赤松広隆らを回り、支持を取り付けた。ただ、鳩山グループ会長の大畠章宏は面談要請を断っている。

 菅は26日、自らの再選支持を表明している元衆院副議長の渡部恒三や元財務相の藤井裕久らに直接電話し、選挙対策本部の役員就任を要請した。

 「再選させていただいたら、本当に命をかける覚悟で臨んでいきたい」

 菅はこの日、首相官邸を訪れた衆院当選1年生議員14人に表明した。出席者の1人は「戦う菅直人になっていた。菅さんは、敵が生まれて初めてオーラが出てくるな」と語った。

 ■小沢の首相観

 小沢は過去に心臓病を患ったことや、有名な説明嫌い・説明下手ということもあり、周囲に「7〜8時間に及ぶ予算委員会などでの質疑は耐えられないのではないか」とみられてきた。

 また、自分が表に出るよりも裏で実権を握るのを好むとも言われてきた。だが、民主党代表時代の言動を振り返ると、決して首相就任を拒んではいない。

 「国民が選べば仕方がない。天命に従う。そうでなければ代表なんてやっていない」(19年7月の産経新聞のインタビュー)

 「わが党が衆院でも過半数を得れば、私自身がその責任を負わなくてはならないのは当たり前だ」(20年5月の記者会見)

 今回の出馬表明について周辺は「小沢さんは腹くくったね。表に出て決着をつけようっていうことだ。予算委も証人喚問も覚悟したんじゃないか」と語る。

 これに対し、菅は26日夜、記者団に「(25日の会談で)鳩山さんには、『小沢さんの了解がなくしては何も決められないという形はあまり良くない』と申し上げた」と強調した。

 同時に「挙党態勢を拒否するなんてことはあり得ない」と訴えたが、もはや小沢に歩み寄るタイミングは逸している。

 「バイタリティーや言動一つ一つとっても、小沢さんてすごいな…」

 菅は26日夜、都内の寿司店で首相補佐官の寺田学らと会食した際、こうつぶやき、小沢を率直に評価した。一方で、過去20年間にわたり、常に政局の中心にいた小沢が築いた「一つの時代」を乗り越えることに強い意欲を示したという。

 かつて、その独裁的な志向・発想から「左の小沢」ともいわれた菅と、小沢とは、政治家として「両雄並び立たず」という宿命だったのだろう。

    ◇

 40年以上の長きにわたる衆院議員生活の集大成として、民主党前幹事長の小沢一郎が代表選に名乗りを上げた。迎え撃つ首相の菅直人との、政治家生命を賭けた死闘の幕が開いた。党分裂、政界再編の予兆をはらみ、政界は未踏の地平へと向かう。  (敬称略)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100827/stt1008270114005-n1.htm  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月27日 03:22:49: DLlLzQBs2w
 政界再編で自民党復権を狙ってるんだねマスコミ読売グループは。
再編再編と何度も何度もマスコミが繰り返す・・・サブリミナル効果だね
 今では逆効果だと思うけど・・大本営の大勝利と同じ様で気味悪いですね。

02. 2010年8月27日 03:26:22: 9v7ResWgew
サンケイの唱える民主党分析などに誰が興味があるのだろう?

毎日昼夜を問わずサンケイを貼り付け投稿する赤かぶ氏とは
ネット世論誘導の役目を担っている工作員なのではないだろうか。

民主内部抗争を煽っている類の記事を張り付けるのが得意な赤かぶ氏は
ネトウヨとは少し違った新たなタイプの潜入者として
少なからぬウォッチャーの格好の観察対象である。


03. 2010年8月27日 03:30:33: dpqa46ZkfQ
各種世論調査だって?惨傾にそんな力が残っているのかね。

04. 2010年8月27日 04:03:16: EskKvdRDZ6
サンケイが民主に独自のパイプがあるわけ無い。相手にされてないんだ。
そこでどうする。反小沢派に擦り寄る、のだけれども反小沢派だっていつサンケイに手のひら返されるかわからないんでいまひとつ情報が取れない。かくてはならじとあろう事か自民党に取材する。民主党のネタを獲りたいんですよ。ところが相手にされないからこのような仕儀となる。で、自民党の願望がコッテリ入った”取材分析”なるものができあがる。どうせ極右の逝かれた方々はじめかなり特徴のある方々の同人誌なんだからスペース埋まるしま、イイか。

05. 2010年8月27日 06:11:23: iVmvhGqHEQ
>かつて、その独裁的な志向・発想から「左の小沢」ともいわれた菅

似非右翼が左だ右だ五月蝿いよ3K!

小沢には似非右翼と似非左翼(仙谷や菅が代表格)を徹底的に駆逐して頂きたい


06. 2010年8月27日 06:15:15: BDDFeQHT6I
ま、小沢出馬が決まってから産経の記事を出したって意味が無いだろう、大体産経は民主党の中枢で取材なんて出来ないだろうから捏造以外の記事は作れない。

07. 2010年8月27日 06:28:28: 9YFKi8HrzU
また無言で惨軽記事を貼り付け

意味なく小沢氏へのネガキャンを

続ける垢カブ氏

フジサンケイグループは

ここでは一番評価されていない

メディアだけに

それをわかって貼り付け作業をする

コメントの反応を見ているのだろうが

お前のやることは

みなお見通しだ


08. 2010年8月27日 07:56:01: dw86X4ySLT
ドキュメンタリー風の記事は妄想が八割。

09. 2010年8月27日 10:49:20: zjpr2FBF1I
小沢氏と菅を比較するのさえナンセンスだと思う。

菅のブログをみれば、やはり中身のない人だというのは直ぐ分る。政策を期待する方が間違っている。
http://www.n-kan.jp/

それに対して小沢氏は、自らの政策とオピニオンを明確に提示して、法案の形にもしているし、書籍にもしている。
http://www.ozawa-ichiro.jp/policy/index.htm

ブログだからということは理由にならない。はっきりと意見のある人は、あらゆるチャネルを使って、自らの意見を発信したくなるのは、WEBサイト、ブログ、twitterなどを使っている人にはわかるはず。

菅は、中身がないからこそ他の権力者(財務省や仙石)のいいなりになってしまうので、期待する方が酷というもの。


10. 2010年8月27日 11:23:33: tadxK61jy2
他の感情的な記事や社説と比較すると、この記事はマアまともな方です。

配役的には、大久保・菅と西郷・小沢の西南の役という感じです。
明治の西南の役では西郷隆盛の弟従道まで政府側につき大勢が決する中で
負け戦。最後は城山で自刃。
平成の西南の役も政府側つまり大臣連中がどちらに付くのかが結構大きな
ポイントになると思っています。

大臣連中の多くは菅支持反小沢でまとまっていますが、原口とか川端が
はっきりと小沢指示を表明すれば流れができるのではないか?と思って
いますがどうでしょうか?


11. 2010年8月27日 20:03:39: e6KlBCfyno
小沢氏出馬 国の指導者に不適格だ 「政治とカネ」で信頼失った
「とことんクリーンな民主党」を実現すると鳩山由紀夫前首相が、
小沢一郎前幹事長とともに身を引いてから2カ月余りで再び小沢氏を担ぎ出す所業には、
開いた口がふさがらない。(産経社説)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100827/stt1008270317008-n1.htm

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧