★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93 > 306.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
菅総理も小沢一郎も既に60代半ばであり、欧米の40代50代の政治家に比べると高齢化が目立ちます。
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/306.html
投稿者 TORA 日時 2010 年 8 月 27 日 15:43:32: GZSz.C7aK2zXo
 

株式日記と経済展望
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu222.htm
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/
--------------------------------------------------------------------------------
新卒一括採用された者は無垢の状態で採用されるから企業に対する忠誠
心が生まれ、先輩・後輩、年令による上下の関係から秩序が維持される

2010年8月27日 金曜日

◆英国にディビッド・キャメロンが現れた訳。  8月11日 かみぽこぽこ
http://plaza.rakuten.co.jp/kingofartscentre/diary/201008110000/

英国では基本的に、
民間企業や官庁などが
新卒を一斉に採用する慣行がない。

新卒でも企業や官庁のポジションに
空きが出た時に、
それに合った能力を示せれば
採用される。

そして、人事は公募で決められる。

年功序列による内部昇格ではなく、
外部に人材を募集して、
オープンな審査を行う。

最終的に内部昇格となることはあるが、
あくまでもオープンな審査で、
内部の人材の能力と実績が認められた場合だ。

英国では公募が多用されることで、
さまざまな人材が
常にキャリア・アップのために
自分を磨くようになっている。

政界でも、新人を発掘する時、
公募が行われる。

公認候補者は政党の地方組織で
決定されるが、その公募には
地方議員、主婦、弁護士、医師など
1つの選挙区で100名近くが
応募することがある。

候補者の資質として
最も重視されるのは、
政策に関する見識と弁論能力だ。

英国の選挙が「マニフェスト」による
政策中心の選挙であるからだ。

いかに説得力を持って
政策を訴えられるかが、
候補者に要求されるのだ。

この候補者公募には、
現職の国会議員も
参加しなければならない。

たとえ現職でも、
能力が劣ると判断されれば
公認を取り消される。

政治家は選挙のたびに、
その資質を審査され続けるのだ。

政治家となった後も、
政界でのキャリア・アップを
目指したければ、
政策理解力と説得力を
磨き続けなければならない。

英国の政党指導者に
最も必要とされる
資質の1つが

「クエスチュンタイム(党首討論)に勝つこと」

だからだ。

英国の党首討論では、
官僚の書いたメモなしに
財政、社会保障、外交、教育、医療など
幅広い問題について
反対党の党首と
議論しなければならない。

政策の細部やデータも
頭に入ってないといけないし、
一般国民にもわかりやすく
話さなければならない。

相手の批判に感情的にならず、
ユーモアで返す余裕も
なければならない。

相当高いレベルの知性と
人間的な成熟が求められるのだ。

私には、絶対無理だね。。。(苦笑)


◆新卒一括採用は日本を蝕む (1/2) 8月25日 エグゼクティブ
http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/1008/25/news026.html

大学新卒者の一括採用は、日本に長く続いている慣習である。これが、「青田買い」とか「早苗買い」という悪習を生んだ。そもそも終身雇用や年功序列処遇という日本的経営システムを支える1つが、新卒一括採用制度と言われる。企業は、新卒者を一括採用することを長年続け、彼らを定年まで抱えることによって、社内の年功序列を維持することができる。

 そこでは、中途採用者は見事に排除される。新卒同期会に入れてもらえない中途採用者たちは、対抗策として中採者の会を作って慰めあう。哀れでさえある。完全な差別の結果である。その辺の事情は、社内の日常会話にも如実に現れている。「彼は、何年入社だ?」「ああ、彼は中途」「あっ、そうか」。これで「彼」の全てが決まる。まるで、人格さえも。

 新卒一括採用された者は無垢の状態で採用されるから企業に対する忠誠心が生まれ、長年にわたって構築される先輩・後輩、年令による上下の関係から社内秩序が維持され、家族ぐるみで社内の結束力が高まる。この点だけからでも、新卒一括採用がすでに時代の流れに遅れていることが分かるというものだ。

 さらに、ある時期集中的に行われる採用によって採用や教育のコストが節約できるとも考えられているが、逆に変化の激しいグローバル時代に、画一的にして硬直化した人材しか採用できないし、教育できないという弊害を生み、あるいは創造力と活力を削ぐことになってきている。

 採用される側から見たとき、景気や病気などの何らかの理由で新卒一括採用に漏れた者は、本人の力量とは無関係に、冒頭に触れたように社会にそのまま滞留することになり、あるいはやり直しができないまま、中途採用どころか派遣労働者・フリーターなどの差別された人生を選ばなければならないことになる。

 新卒一括採用という現象の中で、企業はできるだけ有利に人材確保を進めようとする余り、卒業予定の学生の採用を早くから内定しようとする。「青田買い」である。事実、レジェンダ・コーポレーションが2011年4月入社希望の学生の就職活動について調査した結果、説明会・面接は2・3月にピーク、内々定は4月に集中している。内々定を受けられなかった者は、5月以降に内々定を受ける機会が激減した厳しい状況下で就職活動を続けなければならない。「青田買い」は、弊害が大きすぎる。

(私のコメント)
小沢一郎が代表選に出馬宣言した事で民主党はてんやわんやですが、私自身は菅総理も小沢一郎も支持しているわけではないから関心が無い。どちらが首相になっても日本が良くなるわけではない。どうせなら小沢一郎が民主党代表になり亀井静香が総理になれば話は違ってくる。しかしアメリカとそれに従うマスコミがネガティブキャンペーンを張ってグダグダになるだけだろう。

結局のところ日本の政界に人材がいなくなってしまったのは、1年生議員とか2年生議員とか言う言い方があるように年功序列社会であり、総理になるためには10回ぐらい当選を重ねないと総理になれない。有能な1年生議員がいたとしても使い走りであり有能な人材を腐らせてしまう。20年もやっていれば時代感覚もずれてきて政局の事しか分からなくなる。

欧米などでも長年国会議員をしてきて首相に選ばれる事もありますが、年功序列で長い間やっていたからなれるわけではない。今回の民主党のような事態になれば若手が一気に代表になれるチャンスでもあるのですが、若手では代表選挙にも出られない。ところが「かみぽこぽこ」に書かれていおるようにイギリスでは40歳そこそこの首相が次々と出てくる。

それだけ大臣に抜擢される事も早くて有能な若手が次々と抜擢される。日本では国会議員になるには資金力がいるから中年になってから政界に入ってくる人が多い。世襲議員は若くして国会議員になるから安倍晋三のように若くして総理になる場合もあるが、政界では50代でも若手だから政治がやりにくい。

このように選挙で選ばれる政界でも当選回数がものを言う年功序列社会だから、公務員も大企業でも新卒一括採用で年功序列社会になっている。そのような社会では中途採用の人材を組織にはめ込む事は非常に難しい。日本の会社では純粋無垢の新卒を採用して忠誠心から叩き込むのが普通だ。

中途採用の人材ではその会社に対する忠誠心も疑われるから排除される。有能か無能かであることよりも会社に対して忠誠である事が出世の基準であり、有能でも社風に馴染まない人材は排除されていく。だから新卒で採用されなければ正社員として出世の階段を上れない訳であり、退職すれば他の会社に転職する事もままならなくなる。

イギリスでは企業や官庁に空席が出来れば公募で採用される社会では転職する事でキャリアを上げて行く。政界も同じシステムで選挙区では公募で候補者が選ばれている。現職でも新人で有能な人がいれば落とされるから油断が出来ない。日本では現職優先であり引退でもしない限り新人が選ばれる事はない。

菅総理も小沢一郎も既に60代半ばであり、欧米の40代50代の政治家に比べると高齢化が目立ちます。文化そのものが違うからそのようになるのですが、一年ごとに首相が代わるのも長年勤め上げた論功行賞として首相の地位が与えられるから1年もやれば交代させられても平気なのだろう。

一年の任期を無事に勤め上げれば政治家として功なり名を遂げた事になる。1年では政策が実行できるはずも無く政治は官僚任せになってしまう。年功序列で総理になったのだから実力があってなったのではないから何も出来なくても当然なのですが国民はたまらない。

そのような議員を選ぶ国民が悪いと言われても、候補者は密室で選ばれてどのような能力があるのかも良く分からない。戸別訪問も禁止、立会演説会も禁止、ネットの選挙利用も禁止では何も分からない。先の参院選挙でもネットの選挙利用が禁止のままであり誰がどのような経歴かも良く分からないまま選挙しなければならない。

会社でもいきなり中途採用の若い上司が来たらどうだろうか? 同一労働同一賃金体系が出来ていれば会社間の横の移動も可能ですが、日本の会社では企業文化を大切にしてよそ者を排除する社会だ。日本の会社では転勤や配置換えを頻繁に行なっていますが、同一労働同一賃金体系では配置換えすれば係長や課長でも平からやり直しだ。

しかし年功序列社会では移動のたびごとに出世して行く。一つのポストでずっとやっていたほうが実力は付くのでしょうが、それでは上司がやりにくい。一つのポストを長くやっていればその人物しか分からない事が出来てきて動かせなくなる。だから頻繁に配置換えをして実力が付かないようにして転職するのを防止する。

日本の会社では配置転換で経理課や総務課や営業課や人事課まで、あらゆる事をやらされて行きますが数年で変わるからスペシャリストにはなれない。管理職になれても会社を離れれば何も特技が無いから転職もできなくなります。欧米なら職務で採用されるから移動もない代わりに昇給も無い。実力をつけて会社を変わりながら出世して行く。

しかし何度も言うように年功序列制度も職務給制度も一長一短であるのですが、日本は年功社会に傾きすぎているような気がする。欧米のような有能な人材を他から公募で選ぶような社会にしなければ社会全体が老人支配の社会になってしまう。特に政界は能力本位で選ぶようにしなければ、危機的な状況が来ても思い切ったことが出来なくなる。小沢一郎が総理になったところでスキャンダルの塊だから一年も持たないだろう。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月27日 15:54:18: Nm0I6ZWtzA
>菅総理も小沢一郎も既に60代半ばであり、
>欧米の40代50代の政治家に比べると高齢化が目立ちます

若ければ、良いというものでは、ない。

60代後半になれば、女に惑わされる事も無く、

政治に専念出来る。

欧米のトップのように浮気したりして、女房子供に

馬鹿にされんだけマシだ。


02. 2010年8月27日 16:17:52: zjpr2FBF1I
小沢一郎のこれからの3年間の仕事の大きな一部は、総理になる気構えを持った若手の養成だろう。そして、当人は惜しまれても残らず引退した方がいいのではないか。

03. 2010年8月27日 16:33:01: IvQfvPMbX6
高齢化社会だから首相が高齢でもいいのではなかろうか。
若ければいいと思って、あとさきも考えず前原なんぞを代表にして大失敗した例もあるし。

04. 2010年8月27日 16:54:47: co8v739Imc
前原誠司や野田佳彦や蓮舫が代表になるのは勘弁してください。多少高齢でもかまいませんから。

05. 2010年8月27日 17:01:10: 3iLSJYns2E
小沢さんの役割は,この国の大掃除と次期総理の育成だよ。

政界財界官界の魑魅魍魎を相手にして戦えるのは,(残念ながら?)小沢さんしかいないだろう。大鉈をふるって産廃連中を片付けてから若手に道を譲るのだ。

私も含めて,小沢氏を支持する人たちが期待しているのはそういうことではないかな?


06. 2010年8月27日 17:01:13: C3HxW4ElPS
 政治の世界での有能なる人材とは、如何なるものか?一般社会では、高度な専門性でよいが、政治では、一義的に決められない。もしも、立法、行政的な専門知識であるなら官僚にとても勝てないと思う。だからこそ「頭」の菅氏は、官僚に取り込まれてしまったのではないか。「心」と言うか、先を見通せる洞察力ではないか。しかし、この能力については、年齢によるものではないと思う。

07. 2010年8月27日 17:04:46: mOqL2L3Brw
実際に”クエスチョン・タイム”を見た意見かな?

野党党首は、あら捜しで喚いているだけ。
首相は首相で、野党党首のわめきを無視して能書きたれているだけ。

全てがこのように行われているとは言わないがね。
単なるガス抜き(国会の)ショーだよ。

何でもかんでも、アメリカではこうだとか、いやイギリスではこうだとかいやいやどこそこではとか引き合いに出すが、国の成り立ち、国民性、歴史が違うんだからそのまま導入して上手くいく分けない。

いいとこを勉強して取り入れるのは大賛成というよりも、しなければいけないと思うが、表面だけをあーだーこうだと褒め、それに比べて我がニッポンはなどと言うのは下らんね。


08. 2010年8月27日 17:41:45: fbFEnYJdv6
こんな欧米へのあこがれだけで表面しか見えない低能ジャップが、悪い白人に身ぐるみはがれて持ってかれるのだ。小泉竹中ブームなど、その最たるものだろう。

年齢ではない、人間の内容が問題なのだ。若いからとバカにして傲慢な年寄りだけで固めるのは愚、しかし年寄りだからと頑固無能と決めつけ未熟な若いのだけで固めるのも同じ愚。こんな簡単な理屈もわからんとは、だからサルの出来そこないと言われるのだよ日本人は。

小沢さんは60代だろうが、たとえ30代だろうが、総理になるべき人物。彼のような人間が本物の大政治家です。人間の中身も見ずに体裁だけでレッテルを貼るこれまでの日本式はすぐやめよう!今後これをやるのは自殺行為です。


09. 2010年8月27日 18:14:54: YR67A0tvpw
今時の60代の体力・腕力は侮れない。まして、経験豊富であり、職務によっては脂が乗っていると言っても過言ではない。

10. 2010年8月27日 18:15:01: gGuDucBbIk
年齢年齢言うが、老害になってる者と誰よりもバイタリティに溢れ
誰よりも若い者とがいる。

亀井さんは73歳
宗雄さんは62歳
小沢さんが68歳

どうだ!この三人この年齢にして誰よりも元気じゃないか。
どの40台50台の年齢の政治家よりもパワーがあり、
どんどん仕事をこなす。

そりゃ明らかによぼよぼで40台50台の政治家より見劣りするならいざ知らず。
鳩山政権で一番働いたのは誰か?
73歳の亀井さんじゃないか。
結局はその理念であり経験であり何より胆力だ。

上記お三方はホント尊敬するわ。


11. 2010年8月27日 18:25:59: ZCu2deOKgg

 小沢もナベツネに比べたら全然若いよ!!

12. 2010年8月27日 19:28:18: b92pvRw1Ck
年齢など外形的なところはあまり気にしない方がいいのでは。
しかし、これが原因かなと言うところはうすうす気がつく。
学生運動、社会活動あるいは堀江モンのような起業家にしろ、社会の完膚ナイほどの痛めつけといった我が社会の病理が関係していると思う。

13. 2010年8月28日 00:44:09: 9o1ZDM579E
民主党もよく代表が替わってきたわけだが、一番すべったのは、ニセメール事件の前原代表時代、続いて総選挙大敗の岡田代表時代。いずれも世代交代で出てきた代表だったが簡単にすってんころりん。処置なし。

まあ、年齢だけを問題にしてもはじまらないわけだが。


14. 2010年8月28日 02:53:35: FA5eUr7tzU
 
 青二才と言う言葉を知っていますか。
 若者が良いか年寄りが良いかとかの二項対立形式のプロパガンダから、目を覚ますように。年齢に関わらず良いものは良いし、駄目なものは駄目なのだから。

15. 2010年8月28日 18:41:36: 9XZxRH6hNs
このトラも醜く汚い!

削除!


16. 2010年8月28日 21:05:17: 4usthbBKME
表に就任しているのは若い人たちだけれども(例えばガイトナー)、舵をきっているのは超高齢者、二重構造というのが少なくとも米国。むろん日本のやり方が全部良いとは思わないけれども、日本以上のコネ社会の米国からみると、TORA氏の論調には違和感を覚える。ただし、若い人が就任しても一度決まれば一生懸命支える米国人と、ひたすら嫌がらせ・足をひっぱる日本人の国民性の違いにはいつも悲しくなる。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧