★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93 > 307.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢一郎の代表選出馬を歓迎し支持する - 政策軸の対立こそ本質(世に倦む日日)
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/307.html
投稿者 判官びいき 日時 2010 年 8 月 27 日 16:00:38: wiJQFJOyM8OJo
 

http://critic6.blog63.fc2.com/
小沢一郎の代表選出馬に対して、マスコミは大義なき抗争だとか国民不在の権力闘争だと矮小化して貶めているが、これは菅陣営と一体となったマスコミによる根拠のないプロパガンダである。本当は、まさに政策こそが争点になっているのであり、対立は政策路線の相違によって生まれている。

マスコミが政策の対立軸に焦点を当てて代表選を報道しないのは、その本質を隠蔽するために他ならない。小沢一郎を権力の亡者の如く仕立て上げ、小沢一郎への国民の反感をテレビで焚き付け、小沢叩きの世論を燃え上がらせて、1年生議員の票を菅直人に流し込むためだ。実際には、信義を欠く無用な抗争を仕掛けているのは、小沢一郎の方ではなく菅直人の方ではないか。

事実認識を誤ってはならない。代表選を避けようという意思があるのなら、菅直人が人事で挙党態勢を配慮し、政策を昨年の政権交代の原点(鳩山マニフェスト)に戻せばよかった。参院選で大敗した菅体制は権力続行の正統性を失っていて、本来なら代表辞任が当然であり、それができないのなら、官房長官・幹事長・政調会長を一新して責任をとり、新体制で出直すのが道理だったのである。

挙党態勢を拒否し崩壊させているのは菅直人の側で、小沢一郎を屈服か出馬かの選択に追い詰めたのは菅直人の方だ。その狙いは、代表選に小沢一郎を誘き出し、政治生命を断つためで、「国民の生活が第一」の政策を破棄する根拠と前提を得るためである。

菅直人の政策は、小泉・竹中の「構造改革」を引き継ぐ新自由主義の路線であり、財務省中心の官僚主導を基軸とするもので、これは鳩山マニフェストの理念を真っ向から否定するものだ。民主党の議員の多くは、4年前からの「国民の生活が第一」の政策へ支持を国民から受けて当選を果たした者たちであり、彼らが菅直人の背信と変節に不信感を持ち、党の現状に危機感を覚えるのは当然だ。

菅直人は路線を転換した。事前の党機関の調整も経ず、財務官僚と謀って独断で消費税増税に踏みきり、それを議員の頭越しに参院選の選挙公約に据えた。参院選で民主党が負けたのは、昨年の衆院選で国民に約束した4年間増税据え置きの公約を裏切り、国民の怒りを買ったためだが、選挙敗北後も菅直人は消費税増税を撤回していない。

おそらく代表選に勝てば、またぞろ増税を言い始めるだろう。鳩山マニフェストは官僚主導からの決別を強く打ち出していて、天下りの根絶が謳われ、特別会計を含めた予算のトータルな見直しで新財源を捻出する指針が公約されている。しかし、菅直人は天下りを認めて政治主導を骨抜きにする挙に出、予算編成は財務官僚に唯々諾々で丸投げされ、特別会計には指一本触れなかった。

財務官僚とマスコミが振りかざす財政再建の論理ばかりが予算を支配している。その結果、「国民の生活が第一」が後退させられ、政策着手が棚上げされている。自民党時代の官僚支配に逆戻りしていて、政治主導は空文化の極みにある。

先日(8/18)、菅直人は南部靖之ら人材派遣会社の経営者と会食をする一幕があった。この報道には驚嘆させられたが、鳩山由紀夫が首相であれば、このような裏切りの政治はあり得なかっただろう。麻生太郎が首相を続けていても、人材派遣会社の経営陣と親密に会食して報道で発信させるなどという妄動を思いついたかどうか疑わしい。

この行為は、派遣労働者を含む全ての非正規労働者を敵に回す最悪の暴挙だ。昨年の総選挙は雇用問題が争点になった選挙だった。鳩山マニフェストでは、製造業への派遣禁止と日雇・スポット派遣の禁止が公約になっている。菅直人が派遣会社のトップと懇親するということは、マニフェストで公約した派遣労働の規制強化を方針転換し、それを放棄することを態度でメッセージするもので、非正規労働者に対する悪質な裏切り行為に他ならない。

この席で菅直人は、「若者たちが夢を持てるよう頑張りたい」と発言したと言われている。若者たちの夢を奪い、生活と将来を奪い取っているのが、懇親した相手の人材派遣会社ではないか。小沢一郎は4年前に代表に就いた後、経団連など経済団体との接触を断ち、連合との蜜月関係の構築に専念し、民主党が資本ではなく労働寄りの政党である姿勢を強調した。民主党が選挙で連勝して政権を獲得できたのは、その路線のシフトが明確だったからで、「構造改革」で痛めつけられた労働者や地域経済の立場に立ったからである。

普天間問題についても、小沢一郎と菅直人は同じではない。普天間基地の県外国外移設を求めて動いた民主党議員の一団があったが、多くは小沢派所属あるいは小沢支持の面々である。川内博史がそうだ。普天間問題を含む安保外交政策で、党内で最も親米盲従なのが菅直人の一派であり、その次が鳩山由紀夫で、米国との間に距離を持つのが小沢一郎という構図になっている。

この政策事実について、社民党や共産党はもっと注意して内在的に見るべきで、政策だけを純粋に捉えれば、社民党は小沢一郎支持を言っていい立場と思われる。単に「政治とカネ」の世論に迎合する論理で、小沢一郎の出馬を頭から非難する志位和夫の主張は頷けない。端数政党が保身の動機でマスコミに阿っているだけだ。こうした原則論に依拠した小沢批判は、結果的に小沢潰しを図るマスコミに利用され、小沢一郎が包摂する政策の中身までを潰すことになる。

政治倫理は重大な問題だが、小沢一郎と検察の攻防については、政治倫理の問題を超えたところで検察の政治暴走と権力濫用の契機があり、その点を視野に入れて全体を判断する必要がある。同じく、民主党内の旧社会党Gとか江田五月が小沢一郎ではなく菅直人を担ぐのは、政策軸的には明らかに逸脱した本末転倒の行動だろう。政策を吟味した上で菅直人につくのなら、それは横路孝弘ら旧社会党Gの集団転向を意味する。

菅政権の新自由主義路線への旋回に危機感を抱く者、官僚主導政治への回帰に憤懣を覚える者、普天間を始めとする安保外交政策で親米盲従から脱出する必要を感じる者は、小沢一郎の代表選出馬を歓迎して支持するべきだ。菅直人の政治と政策は、基本的に小泉純一郎や麻生太郎と同じで、政権交代の意味を失わせるものだ。

この3か月間の菅直人の政治は、鳩山マニフェストを根本から否定し、党の政策を自民党とコンパチブルに転換させるものである。だからこそ、菅直人は官僚とマスコミに歓迎され、マスコミ報道で「支持率」を回復させてもらっている。われわれが言わなくてはいけないことは、小沢一郎に対する悪感情の多数世論はマスコミによって意図的に作り上げられたもので、検察とマスコミの連携権力によって醸成された政治環境であるという事実である。

その目的は、小沢一郎の政治生命を抹殺することであり、小沢一郎の包摂する政策を殲滅するところにある。鳩山マニフェストを葬り去るために、繰り返し執拗に小沢叩きをテレビで流し、小沢一郎を金正日と同じ悪魔表象に仕立て、国民に小沢一郎への憎悪を扇動しているのである。もしも小沢一郎が新自由主義の政策を掲げ、官僚の特権と省益を保護し、自民党と同じ政策路線の政治家であったなら、マスコミはバッシングせず、検察も捜査をしなかっただろう。小沢一郎が「悪の象徴」なのは、小沢一郎が官僚と財界と米国にとって容認できない政治悪だからだ。

この選挙で菅直人が圧勝するような事態になれば、間違いなく年末の党税調で消費税10%(場合によっては15%)増税が決定される。労働者派遣法改正は現在のままの形では上程すら見送られ、逆に業界の要望を汲んで改悪されて国会で可決されるだろう。仙谷由人と枝野幸男と玄葉光一郎が政策を決めれば、そういう法案になるのは当然で、自民党とみんなの党の賛成票も入る。

道州制、外国人移民、自衛隊海外基地、憲法改正と、自民党政権が積み残した課題を強力に片づける恐怖の政権になるだろう。国民は間違いなく不幸になる。マスコミが報じているとおり、この代表選は総理大臣を選ぶ選挙であり、国民生活が懸かった重要な政治戦に他ならない。党員でない一般国民のわれわれには投票権はないが、この選挙が生活に直結する以上、傍観者でいられるわけがないし、自分自身の生活を守るために積極的に参加を試みる必要がある。

選挙が小沢一郎に有利になるように言論活動してはいけないし、一票でも多くの票が小沢一郎に投じられるべく、ネットの政治世論を喚起しなくてはいけない。マスコミのプロパガンダに反撃し対抗する言論力を作らなくてはいけない。敗北したとしても、小沢派が党内に止まるにせよ、外に出るにせよ、新自由主義に反対する政治勢力を可能な限り大きくして、影響力を行使できるよう結果を出させる必要がある。

党を割る結果になってもよいのだ。なぜなら、今の国会には野党の存在がないから。新自由主義の政策遂行に歯止めをかける野党を創出することを考えれば、小沢一郎の出馬は国民にとって福音だ。4年前、偽メール事件の後の代表選も、小沢一郎と菅直人の一騎打ちだった。そのとき、ブログは3年目に入っていて、私は左派の菅直人を応援する立場だった。あの代表選では、おそらく前原誠司も野田佳彦も、小沢一郎に票を投じたはずである。

まさか4年後に、このように政策的に両者がスイッチした位置と構図になるとは想像もしなかった。小沢一郎は次第に左に寄り、菅直人は劇的に右に転向した。私は、4年前からの「国民の生活が第一」への政策転換は、てっきり代表代行の菅直人が手綱を握っているものと思い込んでいたのである。前原誠司が退けられ、そこから民主党の掲げる政策の標語と性格が変わり、従来の新自由主義色が薄れ、都市型一辺倒だった姿が変容を遂げた。

弱者に政策の手をさしのべる国民政党に変わって行った。しかし、実際には、それを主導していたのは小沢一郎だった。人は変わる。政治家も変わる。亀井静香がこのような政治家に化けるとは、10年前には思いもよらなかったことだ。政治家の出自や来歴は重要で、どのような信念と思想を持ち、過去の場面でどう行動したかの実績は無視できない。

政治家を評価する上での決定的な要素である。だが、それ以上に重要なのは、彼の現在の政策の中身だ。国民の生活と将来に直結する政治要件は、過去ではなく現在の政策なのだから。3年前、小沢一郎が福田康夫と取引して、自民党と大連立に動いたとき、私は他の誰よりも峻厳苛烈に小沢一郎を批判した。それは間違っていたとは思わない。

しかし、小沢一郎の現在が予測できなかったのと同じく、菅直人の現在が予測できなかったことを反省すると、政治の判断としては、過去の事実や情報は、時間の経過の中で相対化されるものだと言わざるを得ない。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月27日 16:15:10: lFtrGPhedw
ってか、鳩山氏がロシアで「菅さんの政治には友愛がない」と切れてるがその通りで、小鳩路線と正反対だからね。
社民党の福島党首が菅内閣成立時に冷たい内閣だと言ったがその通りである。

02. 2010年8月27日 16:17:36: dqzcJZhVIc
今、本当に国民の生活を考えているのは小沢さんと亀井さんぐらいではないか・・もちろん彼らを支持する議員たちにはそれに近い考えの方々はいると思うが、如何なる状況下においても国民を裏切らないと言えるのはこの2人以外には言いきる事ができないだろう。

03. 2010年8月27日 16:34:15: p3PpzE3thw
この方の論理展開力と語彙の使い方は、
投稿の中でも群を抜いている。

お陰様で
久々に“いいもの”読ませていただきました。

ありがとうございます!


04. 2010年8月27日 16:35:28: DmCC9k6hHM
>小沢氏の資金管理団体による土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件は、まだ決着していない。

 これは今朝の毎日新聞の社説だ。「政治資金規正法違反事件」と、検察庁が不起訴にしたことを無視して、以下にも「事件」があったかのごとく情報捏造報道に徹している。この件を絶対見過ごすことはできない。民主党は名誉棄損で告訴すべきだ。このような理不尽な記事を掲載する新聞社に火をつけて燃やしてやりたい。
 日本の新聞・テレビは、どれもこれも「官房機密費」を腹一杯喰らっているから、小沢氏が首相になると、それが食えなくなるので大騒ぎしているだけだ。


05. 2010年8月27日 16:51:47: OeHGISpk1o
 大筋に賛成だが、左・右という言葉は適切ではないと思う。
 官僚・米国・マスコミらの旧支配勢力と対峙する志があるか否かを基準とすべきで、この基準に照らせば、大部分の日本人は小沢支持になるはずである。左・右という冷戦構造時代の基準を持ち出すと、かえってわかり難くなる。

06. 2010年8月27日 16:52:34: HlwakAuqPc

立候補された小沢氏に”ありがとう”を言いたいです。
そしてどうか代表戦に勝って、政権交代したときの公約を推し進めてください。

菅政権のままでは日本国民の生活は奈落の底に向かう、菅氏や仙石氏はそのつもり。


07. 2010年8月27日 17:00:05: NKGBUbkb9A

投稿に大賛成です。
しかし、電通・マスコミは、小沢個人バッシングに終始。


国民生活を蔑にする、空缶火事場ドロボー内閣が、正義???????

国民第一、マニュフェストに戻る小沢が、悪人?????

電通の仕掛けで、マスコミは、金権・悪人と小沢の大連呼。

小沢政権樹立で、大粛清が必要です。


08. 2010年8月27日 18:33:07: ZsUNOgGnko
地方幹部は菅氏12、小沢氏5 民主代表選でアンケート

 共同通信社は、民主党代表選が菅直人首相と小沢一郎前幹事長の一騎打ちとなったことを受け、26、27両日、全国47都道府県連幹部に緊急アンケートを実施した。新代表にふさわしい人に菅首相を挙げたのは青森、長野、宮崎など12都県、小沢氏は岩手、愛知、熊本など5県だった。群馬は前原誠司国土交通相と答えた。

 ただ、約6割の29道府県は未定や無回答で選挙情勢は流動的だ。小沢氏の出馬について「問題はある」としたのは14都県、「問題がない」は10道県だった。地方組織に政治資金問題を抱える小沢氏の出馬への拒否感があることがうかがえる。

 現職首相と党内最大グループを率いる小沢氏の対決で分裂含みの選挙となったことを反映し、12府県が当面取り組むべき課題に「挙党態勢の確立」を挙げた。急速に進む円高対応など早急な景気対策を求める意見も多かった。

 アンケートは都道府県連幹事長ら幹部に実施した。

2010/08/27 18:17 【共同通信】


09. 2010年8月27日 18:42:53: FKLD5wGxok
財界もさっそく菅支持を表明していましたね。
ということは、当然、法人税減税や派遣法改正阻止の口約束をしたんでしょう。


10. 2010年8月27日 22:08:09: bFD34VMgLM

菅氏の変節は著しい。菅氏の政権になって未だ年月も浅いと言う議論も多いが、これほどかっての民主党の理念を次々と変えてしまっては、この先どのようなことになるか予想もつかない。・・・・驚くべき無節操な政権である。

とにかく一度、小澤氏に登板して貰って理念の再構築からやり直してもらわなければならない。

菅民主党は一体どのような政治がしたいのか・・・・・


11. 2010年8月27日 22:30:48: ioUolYXoq6
菅はどうか知らないが、現執行部の中で次の総選挙で政治生命を失うものも出てくるかもしれない。これから粛清が行われていくだろう。自民党内の小泉チルドの残骸もほぼ同じ。それらがいなくなった後日本は立ち直りの段階へ移行するのではないだろうか?

12. 2010年8月27日 23:30:26: kbjD6Oqr1Y

投稿は素晴らしいです。
同意します。

電通・マスコミは、小沢政権だと、よほど困ることがあるのですね。

談合と癒着を監視すべきマスコミが、腐っている。
警察組織も腐っている。

この国は危機です。

小沢さんしかいません。


13. 2010年8月28日 11:19:41: J0o6rialnc
菅氏が一年生議員に自分が続投なら三年間解散は無いなどと言っているが政治が生き物であると言うことさえ分らぬ政治オンチといわざるを得ない。
こんな政治オンチ総理に自分の政治生命を預けるような一年生議員には先を見る目も無いという事に他ならない。
菅氏と一緒に落ち武者になる事を祈っちゃおう。

14. 2010年8月28日 13:42:49: 0ruzAX9hXM
  伸子夫人へ
 「あなたが総理大臣になって日本の何がかわるの」と本をお書きになり、直人ご主人におっしゃっていますが、変わるどころか悪くなる道へと進んでいます。

 そばで見ておられるあなたは、そこのところは分かっていたようですが、いま一、ご主人に対して甘かったようですね。総理大臣管直人をコケにしたときから、あなたは日本国民を馬鹿にしたということに気づかない奢りは、ファーストレディの資格はありません。賢夫人なら、ご主人を諭し、代表選から下りたほうがいいとお勧めしたほうがいいのではないかと思います。

 軽井沢で夏休みというのも、鳩山さんにコンタクトを取りたい一心からでしょ?。あなたの差し金ですか。

 仙石官房長官は、天に唾する人間、必ず自滅します。

 


15. 2010年8月28日 22:14:34: fX8RS6pmAv
今の政治家は一昔前の政治家からすると政治家としての資質が無いのではないか。
自分の出世とお金のためだけでこの国を背負っていくという気概も誇りも何も持ち合わせていない。
小泉時代から誰でもどんな人間でも議員の資質など関係なく議員になっている気がする。
もう一度、小沢総理のもとで政治家とは何かという原点に帰り、一からこの国のあり方を根本から見直すべきである。
小沢総理誕生の際は、国民にも我慢を強いることがあるかもしれないが、この国を立て直すために、政府・国民が一丸となってやっていこうという気持ちが大切なのではないだろうか。
そろそろ子供のお遊びは止めにしていただきたい。
芸能人上がりの(もちろん中には立派な方もおられるかもしれないが)知名度だけで出馬するような軽い気持ちの候補者は公認すべきではない。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧