★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93 > 314.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「平成の関ヶ原」序盤は小沢優勢 新人議員150人略奪合戦(zakzak)
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/314.html
投稿者 赤かぶ 日時 2010 年 8 月 27 日 18:27:30: igsppGRN/E9PQ
 

 9・14民主党代表選は、「脱小沢」路線を曲げない菅直人首相(63)と、「最後の賭け」に打って出た小沢一郎前幹事長(68)によるガチンコ対決の火ぶたが切られた。すでに、両陣営による死に物狂いの多数派工作が激化しつつある。勝敗のカギを握る新人議員約150人に対する壮絶な強奪合戦。夕刊フジは、政治評論家3氏の分析を踏まえ、「平成の関ヶ原」の行方を探ったところ、「小沢氏やや優位」の情勢のようだ。

 衆参両院議員412人の民主党はおおむね7グループに分かれる。このうち、菅首相を支持するのは、菅グループを筆頭に、前原誠司国交相(48)と野田佳彦財務相(53)の両グループを加え、合計で約120人となる。

 これに対し、小沢氏支持は、党内最大勢力で「鉄の結束」を誇る小沢グループ約150人が中核。これに、鳩山由紀夫前首相(63)が「小沢氏支持」を表明したことで、約50人の鳩山グループも加勢すれば、単純計算で計約200人になる。

 ほかに、旧民社党系と旧社会党系の両グループ計約60人は、現時点で態度を明確にしていない。

 ただ、民主党の各グループは自民党の「派閥」と違い、締め付けが弱いうえ、複数のグループに顔を出す“二重国籍”議員が存在。さらに、地方議員や党員・サポーター票も総得票の中で大きなウエートを占めている。

 それだけに、どちらが優勢なのか「票読み」をしにくいのが実情だが、本紙では、民主党内事情に詳しい3氏に分析を依頼した。

 まず、政治評論家の浅川博忠氏は「現時点で菅首相が有利」としつつ、「告示後まもなく、多数派工作が奏功し始める小沢氏が形勢を逆転する」と読む。

 その結果、「鳩山グループは3分の2が小沢氏支持、残りが菅首相支持と分かれる。模様眺めの旧社会、旧民社両グループも小沢氏が水面下で動けば支持に回る」と指摘する。

 逆転の背景には、「菅首相陣営に比べて小沢氏の戦い上手というのがある。恫喝したりポストの空手形を示したり、自民党時代から政争は百戦錬磨。このキャリアの違いに尽きる」と話す。

 これに対し、「単純計算では小沢氏有利にみえるが、実際は五分五分」とみるのは、政治アナリストの伊藤惇夫氏。浅川氏と同じように、「鳩山グループのかなりの数が小沢氏支持に流れ、小沢氏の盟友、輿石東参院議員会長(74)が動いて、旧社会党系も小沢氏支持に動くだろう」と分析する。

 ただ、検察審査会が強制起訴の是非を審査している小沢氏の「政治とカネ」の問題に対し、「世論から『訴追逃れ』などの批判が噴出し、風向きが急変する可能性もある」と指摘する。

 政治評論家の森田実氏は代表選を、「政治の役割は国民、世界の人が不幸になる要素をいかに少なくするかだ」という首相の政治信条「最小不幸の社会」になぞらえる。

 「要は、支持を決めている議員はいいが、まだ支持を決めていない“無党派層”議員からすれば、自分の選挙や党にとって、マイナスの少ないのはどちらかを基準に選ぶのではないか」としたうえで、こう解説する。

 「菅首相は経済対策など無能な『ドン菅』だが、政治とカネを引きずる『小沢首相』が誕生すれば、世論から党全体が袋だたきにされる。つまり、菅首相よりも小沢氏の方が多くの『不幸』をもたらすと判断すれば、菅首相がやや優位になる。ただ、どちらも五十歩百歩。まさに『究極の負の選択』だ」

 3氏に共通しているのは、総得票数の3分の2を占める“大票田”の国会議員票が当落を左右するとみている点。残る地方議員や党員・サポーター票は「ほぼ五分五分」との見方だ。

 特に、「60人から70人は無党派層」(伊藤氏)という衆参両院の新人議員計約150人が、両陣営による集票合戦の主戦場になるのは必至。菅首相陣営にとって「新人議員の支持を拡大できるかがポイント」(浅川氏)という。

 逆に、小沢氏陣営は「政治とカネ」で痛手を負った小沢氏の再登板を嫌う世論など逆風が予想され、「小沢グループ以外のグループからの支持離れを食い止めることができるかどうかだ」(伊藤氏)という。

 いずれにしても、代表選は両陣営による熾烈な支持固めに加え、水面下で怪文書が飛び交うネガティブキャンペーンの応酬合戦も予想される。

 勝てば官軍。負け組は「粛清の対象となる」(伊藤氏)だけに、「怨念が民主分裂・崩壊の第一歩になる」(森田氏)と断言する。

 代表選まであと18日。一体、どちらに軍配があがるのか−。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100827/plt1008271620003-n2.htm  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月27日 18:35:37: lFtrGPhedw
また、ありもしない世論世論ですか?

02. 2010年8月27日 18:45:26: BElMdD3Sjs
負け組で粛正の対象となるのは、泡の狸とサ行の発音が不明瞭なイオン岡田くらいじゃないかな?
「民主分裂・崩壊の第一歩」ってなに考えているんだか。
「経済対策など無能な『ドン菅』」を選ぶなら、そいつは国民を3年間苦しめることに荷担するんだ。それほど愚か者ばかりじゃないだろう。
森田はそう考えているなら、ドン菅を批判すべきじゃないのかな?
要は、評論家諸氏もふくめマスゴミどもが「流れは俺たちが作るんだぜ」という逆立ち思考を吹聴したいだけだろう。

03. 2010年8月27日 18:47:11: BElMdD3Sjs
zakzakの投稿かよ、マジレスして損した(笑)

04. 2010年8月27日 18:51:55: qpoPzI5FeU
また、こぎたない色つき政治評論家の煽り発言ですか。

05. 2010年8月27日 19:52:24: ZsUNOgGnko
「首相にする」に乗る…ばか言うなと渡辺代表

 みんなの党の渡辺代表は27日、東京・内幸町の日本記者クラブで講演し、民主党の小沢一郎前幹事長が党代表選に出馬意向を表明したことに関連し、「小沢氏が当選し、『渡辺首班(首相)にするからどうだ』と言われたら渡辺は絶対乗る、という話がまことしやかに徘徊(はいかい)しているが、ばか言うんじゃない」と述べ、小沢氏との連携を否定した。

 一方で、「民主党ハルマゲドン、最終戦争が始まった。民主党は必ず壊れる」とし、「菅首相が勝っても、政界再編は必至だ。アジェンダ(政策課題)の下に離合集散が行われるのは大いに結構だ。政界ビッグバンのコア(核)になっていきたい」と強調した。

(2010年8月27日18時36分 読売新聞)


06. 2010年8月27日 20:11:31: YR67A0tvpw
政治ゴロ、森田、伊藤等のご託宣は賞味期限切れ、退場!
御用ダブロイド紙zakzakは芸能人のケツでも追ってろ!

07. 2010年8月27日 20:20:07: YR67A0tvpw
みんながNOと言う政党ですか?キャスティング・ボードを握っているとKY加齢臭男善美の事?この処調子ずいているから、大ボラを吹きたくて仕様が無いのだろう。首相の座?おへそでお茶を沸かす位、有り得ない有り得ない。

08. 2010年8月27日 21:23:19: 2kygrfHAsQ
とは言え、無能だろうが、加齢臭だろうがこの連中が世論とやらを誘導している事に変わり無く、強く影響受ける有権者が多い事も事実、この有権者に動かされる議員先生も多い、1年生の大多数は菅支持のようだが、社会党系、社民系菅へ、鳩山G7割菅へ
最近の菅の強気の背景か。
さあ、小沢氏この後どうするか。

09. 2010年8月27日 21:48:07: dw86X4ySLT
>「民主党内事情に詳しい3氏」

誰かと思えば、浅川、伊藤、森田。
一人もいねえじゃねえか。


10. 2010年8月27日 21:59:57: lVsxvE7RHU
マスゴミを信用していない民主党議員・サポーターにテレビ・新聞がどんなウソを垂れ流しても全く役に立たない。9月14日の開票は小沢圧勝の予感。

11. 2010年8月27日 22:23:13: lFtrGPhedw
>>08
妄想もそこまでで。
そんな大半なら首相との面談の集合率が56%(爆笑)なはずがない。

12. 2010年8月27日 23:05:57: 2kygrfHAsQ
管氏圧勝か、小沢氏辛勝のところか。

サポーター票菅氏圧勝、議員票の様子見が菅に流れている、政権側の強みとメディア受けする

看板議員(腐ってるのもいるが)が多いのも時間と共に有利である。

最大の味方であるメディアが菅の応援をしている事 14日までのこの威力は強い。


13. 2010年8月27日 23:50:32: VoHQXX9kmw
浅川、伊藤に森田。世間知らずの御用マスゴミ3人衆ですか。
小沢氏へ単独インタビューも出来ないクズの分際で偉そうな連中ですね。

14. 2010年8月28日 01:13:39: ZsUNOgGnko
ブレア氏、菅首相を電話で激励 「何でも助言する」

 菅直人首相は27日、英国のブレア元首相と電話で意見交換した。ブレア氏が現職当時に提唱した「第三の道」について、首相が「自分も同じことを唱え、特に雇用を強調している」と語ると、ブレア氏は「変革が困難なことは実感したが、絶対に変革は必要だ」と首相を励ました。

 「菅首相をぜひ励ましたい」というブレア氏側からの申し出で行われたという。ブレア氏は「今後、何かあれば何でも助言する」と述べた。首相は1996年の訪英時、野党・労働党党首だったブレア氏と、当時のメージャー首相との討論を傍聴したほか、98年に首相として来日したブレア氏と会談しており、互いに面識があるという。
http://www.asahi.com/politics/update/0827/TKY201008270515.html


15. 2010年8月28日 01:38:47: nZIe4X8gmA
『言っときますけどねぇ、政治評論家3氏〜浅川博忠氏・森田実氏・伊藤惇夫氏〜の分析って言っても、彼等は民主党の党内事情をナーン二も知らないんですよ?』

「民主党・自由党合併」の経緯や、その後の民主党内の“路線対立”や、選挙事情の鬩ぎ合いや、特に「連合」との連携に関して、3氏は残念ながら“バカメディアレベル”の情報しかもっていない。
だから、3氏には情勢が皆目解らない上に、ご自分の“思い込みや願望”だけで、くっちゃべってるだけのこと。ガセ論調査を乱発する“バカメディア”や浅はか発言を連発する“カンカラカン・お子ちゃま内閣”と同レベルの「何言ってんだかぁ〜」って超無責任路線なのです。

代表戦開始当初の現状では<オザワ氏圧勝>から始まって、<カンカラカン氏・アワ狸氏>がどの程度巻き返せるかっていう前哨戦なんです。だからこそ、バカメディアやアホ官僚は焦りまくってるんです。前記、政治評論家3氏も同じ穴の“バカメディア”です。
重要な鍵は、「連合」がどう動くか、介入せずに様子見をするか…にかかっていると私は思っています。<カンカラカン氏・アワ狸氏>の政治基盤は“官公労・自治労・連合”にしかありません。それこそが“オリジナル民主党”を名乗る面々の拠り所であり弱点なのです。然しながら“組合”には既得権益を確保するだけで、党政を拡大する能力はありませんでした。(頭打ちってヤツです。)
そこで、<オザワ氏>と<ハトヤマ氏>の「政権交代突破戦術」が始まったってこと。となれば、組合は相対的に“影響力”を失います。そうした反動やご不満が溜まり溜まって“カンカラカン政権”に集約しちまったってことです。この<組合ライン>には<エダノ氏>や<アズミ氏>や<コミヤマ女史>…等々が入ります。
こうした<組合派>の面々は、どういう「国の形」を希求しているのかが皆目わからない…っていうか所謂「成り行き派」なのです。

一方で、「松下政経塾派」という人脈があります。<オカダ氏><マエハラ氏><ゲンバ氏><ハラグチ氏>この方々もテンデンバラバラで政治的な方向性を持っている方は、今のところ皆無です。
こうした、政治家としての理念や構想力を持っていない“お子様”を何とか纏め上げ「政権交代」まで引っ張ってきたのが<小沢氏>であり<鳩山氏>であったわけです。
とどのつまり、民主党内部にとっては、<小沢氏><鳩山氏>を必要としないって思うか、必要とするって思うかという、政党としての“根源的”な戦いなのです。

各議員。地方議員・党員。サポーターの皆様の「見識・判断」に委ねるしかありません。
バカメディア始め、“外野”は四の五の言わずに静かに見守っていただきい。


16. 2010年8月28日 01:57:40: fUn2geuEw2
小沢の圧勝だよ。
菅陣営が本当に優勢なら、マスコミ各紙もこんなに狼狽してないよ。

それに、菅じゃ選挙に勝てない事もはっきりしている。
必死すぎて逆に哀れだな。


17. 2010年8月29日 09:25:16: ZOVjLvupxo
浅川博忠という男は日刊ゲンダイでもよくコメントしているが、完全な風見鶏だな。
自分の保身が最優先で、あとはメディアによってコメントをコロコロ変える。
まるで菅直人と一緒だ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧