★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93 > 503.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
民主党代表選 我々が理解すべきことの要点整理 (暗黒夜考〜崩壊しつつある日本を考える〜)
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/503.html
投稿者 明るい憂国の士 日時 2010 年 8 月 30 日 08:36:23: qr553ZDJ.dzsc
 

http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/e0d78d97a5413ce42bb61278352cfe3c
暗黒夜考〜崩壊しつつある日本を考える〜
2010年08月29日

民主党代表選 我々が理解すべきことの要点整理


昨日のエントリーにて、民主党代表選については「果報は寝て待て」ということで、我々国民は冷静かつ淡々と結果を待てばよいとの主旨のコメントをさせていただいた。

しかし、小沢前幹事長の正式出馬表明以降、あまりにも偏向に満ちた情報・報道で溢れ返っているので、改めて要点の整理をしたいと思う。

ブログ「Nothing Ventured, Nothing Gained.」(http://esquire.air-nifty.com/blog/blog_index.html)にて、冷静かつニュートラルな立ち位置に立ったコメントがなされているので以下に転載する。

(転載開始)

◆小沢氏の出馬表明を冷静に受け止められないメディアと踊らされる国民
2010年08月27日

今日の話題はメディアの飯のタネとしては、格好のネタである小沢氏の代表選出馬表明について、メディアのようなドンチャン騒ぎとは一線を画して、つとめて冷静な視点で、これを評価してみようと思う。

次の首相を選ぶことに直結する民主党代表選挙の舞台は整ったようである。
そうであっても、私の民主党に対する根深い不信感は消えないし、民主党が失格であるという烙印も消すことはできない。
もっとも、小沢氏の出馬により、今後3年間の日本の国のあり方、昨年の衆議院選挙で掲げたマニフェストの実行という点が再度議論され、マニフェストを反故にしたことへの反省と政権交代の原点回帰がなされるとするならば、これは歓迎すべきことである。

そもそも、私は何度もこのブログを通じていってきているように、民主党のマニフェストについて、賛同しているわけではない。
しかし、民主党は、「公約→政権公約・マニフェスト」と言い変えて、さらに、長妻厚生労働大臣の言葉を借りれば、「マニフェストは民主党議員と有権者との契約である」とまで言い放ったという事実を我々は忘れてはいけない。
そのマニフェストの実行がなされず、普天間問題では、沖縄の有権者との約束を反故にし、期待を裏切った姿を見て、全国の有権者は、鳩山由紀夫氏が率いる民主党政権に愛想を尽かした。

そこで、鳩山路線の継承を掲げた菅直人率いる政権が誕生するも、この政権は何を勘違いしたことか、マニフェストは説明なく反故にするし、しまいには有権者の半分近くが批判的な消費税の増加議論を軽々しく口にし、しかも、今まで散々批判してきた自民党の消費税10%案を飲み込むような発言を選挙期間中にしてしまうのである。
これでは、去年夏の民主党支持者にとっては、「言っていたことが違うだろ?」、「もう無駄は無いと思って増税議論しようという認識か?」、「財務官僚に抱き込まれてるだけだろ!」、「バカなのは官僚じゃなくて菅だろ」と感じたのではないだろうか。

案の定、有権者の支持を失い、参議院議員選挙は民主党の大敗ともいうべき議席数で終わったが、この結果の責任をだれも取ろうとしなかったのが、菅直人率いる現執行部である。
それをごまかすかのように、菅政権は、直ぐに9月の代表選に争点を移し、全く生産性のない反小沢を旗印掲げた権力エゴの現実化に終始して、円高や若い人々の就職難という日本の直面する問題に全く時間を割いていない。

ここにきて、小沢一郎という政治家が代表選に出馬すること自体は、私は大いに歓迎すべきであると考える。
ただし、間違って理解してほしくないのは、私は小沢一郎が代表になれば民主党に希望が持てると言っているわけではないし、私もそうは思っていない。
この出馬表明により、菅直人率いる子ども内閣、子ども執行部の下らない好き嫌いというような幼稚な「脱小沢」の議論から、政策議論に移ると考えられ、ここで改めて、マニフェストへの回帰が検討されることは好ましいと思っているに過ぎない。
この点は、冷静に肯定的に評価すべき点である。

また、小沢氏の出馬について、ここぞとばかりに検察審査会の件を背景として、「違法なことをしたのに首相にするのはおかしい」という見解をもっともらしく主張している人々がいるが、法律的な思考に照らして考えれば、これは全く説得力の無い無知な方の見解であるといわざるをえない。
起訴すらされておらず、有罪の確定もない段階では、刑事責任の関係では、完全な白として扱うべきとするのがルールである。

にもかかわらず、「小沢は疑わしい、説明をしないから黒だ」という前提は、バカなマスメディアの受け売りの主張しかできない人間が、自らが、法律知識において、無知であることを告白する以外の何物でもない。
これに対し、憲法上の規定を理由にそのような人物が首相になるのはふさわしくないという主張がある。既に、ニュース番組や新聞記事などで散々このような論調の主張が公平であるはずのメディアから飛び交っている。
これも、主観的な価値観が先行しており、憲法上の規定の存在意義を解っていない非常にレベルの低い議論である。

憲法75条は、「国務大臣は、その在任中、内閣総理大臣の同意がなければ、訴追されない。但し、これがため、訴追の権利は、害されない。」と規定する。
この趣旨を、「検察行政は、内閣の統括下にあるとはいえ、職務の性質上、ある程度独立性が保障され、政治から中立に職務を遂行すべきものであるため、このことが結果的に内閣の職務遂行を阻害することがありうることに注目しておかれた規定」と通説は解し、他方、多数説は「検察機構の政治的圧迫から内閣を保護するためのもの」と解している(野中、中村、高橋、高見、「憲法U」p176-177)。

いずれにしても、検察審査会で起訴相当決議がでるような人物が総理大臣になるとしても、それ自体を妨げる規定はないし、むしろ、憲法はそうした事態に対応した規定を置いているのであって、ふさわしいかどうかというのは、個々人の主観的価値判断の先行に過ぎず、憲法に照らして考えれば、全く説得力の無い空虚な主張といわざるをえない。

また、「小沢氏は起訴を免れるために、首相になろうとしており、この規定を悪用して、刑事責任を逃れようとしている」という主張も、まったくもって説得力に欠ける。

既に、法的センスのある方はお気づきであろう。
注目すべきすべきは、憲法75条の但書部分である。
「これがため、訴追の権利は害されない。」
日本国憲法が極めて優秀なのは、こうした但書を設けていることで、75条本文の悪用を防ぐことを想定していたのである。

つまり、国務大臣の職から離れれば、起訴されるのである。
通説(前掲野中他 p177)は、「(訴追)のための準備として証拠の保全等必要な措置は、大臣の職務遂行を阻害しない限り、行いうるし、最も重要な点として、公訴時効は停止すると解される」と考えている。

このように、小沢一郎が仮に総理大臣になって、憲法75条の規定を使い、訴追の不同意をしたとしても、国務大臣の職から離れれば、起訴されうるし、有罪が確定すれば、刑に服することになるのであって、刑事責任の回避のために、憲法75条を悪用することは不可能である。

しかし、浅はかなマスメディアはもちろん、小沢一郎に対し、有罪のイメージを植え付けようとしている人々は、憲法75条本文には言及するものの、但書の存在とその意味については全く説明していない。
これは立派な印象操作であるし、いわゆる、洗脳に近いメディアによる事実の歪曲である。

そして、メディアの論調を聞いて知ったかぶりをしたい人々は、ろくに憲法の規定を見ることもなく、「小沢はこの規定を悪用して、刑事責任を逃れようとしている」などと法的センスゼロの主張を恥かしげもなくしてしまうのであろう。

また、こうした主張が民主党執行部の議員、つまり、法律を作る立法者からすら出てくるのであるから、本当に法律のセンスがない無能な立法者が多くの税金を無駄にしていることが良く解る。

以上の理由から、私は小沢一郎が代表選に出馬したこと自体は、政策議論がやっと始まるという点で、肯定的に評価したいし、彼が次の総理大臣にふさわしいか否かは代表選までの彼の言動に注目して、改めてゼロベースで菅首相よりふさわしい人物なのか評価したいと思っている。
私は、扇動政治家や扇動マスメディアに乗せられないように、有権者である個々人が、広く情報を集め、その真偽を常に確かめながら検証することが、主権者としての非常に重要な責務であると改めて感じる。

なお、上記で引用した文献は以下のものです。
・「憲法〈2〉」 野中 俊彦 (著), 高橋 和之 (著), 中村 睦男 (著), 高見 勝利 (著)

(転載終了)

上記ブログについては、正直、個人的には初めて目にしたが、民主党への不信感を持ちながらも、非常に真っ当な分析をなされているように思う。
具体的には、以下の点について的確な指摘をなされているように感じる次第である。

@民主党政権は政権交代時の国民との”契約”であるマニフェスト回帰すべき

Aマニフェスト反故のうえ、参院選にて大敗した菅政権は、国民の「不信任」の声に対して結果責任を負うべき

B小沢氏が「政治とカネ」問題で「刑事責任回避のため憲法75条を悪用しようとしている」との認識は誤り(マスゴミによる印象操作である)

@について、我々国民は、昨年の衆議院選にて民主党が「公約」→「政権公約」「マニフェスト」と言い変え、「マニフェスト」は民主党と有権者との”契約”と言った事実を改めて思い出さねばならない。
そして、小沢一郎は主権者国民との”契約”である「マニフェスト」に基づく政権運営をおこなうべく、捲土重来、出馬を決意したのである。
連日、「党内闘争」に関する報道ばかりが繰り返されているが、本来マスゴミが国民に報道すべきことは「政策論争」である。
その視点に立てば、誰が真っ当なことを言っているかは一目瞭然であろう。
(この点については、植草一秀氏が自身のブログにて重ねてコメントをなされているので目にされている方もいることと思う。)

したがって、Aで述べているように、菅直人政権がその「マニフェスト」を何の説明もなく反故にした政権運営をおこなっていることを許してはならない。
事実、参院選にて、我々有権者は現政権に「No」をつきつけたにも関らず、誰も責任を取らないという行為は、我々有権者を軽んじ、バカにしているといっていい行為である。

そしてBについては、菅”売国奴”政権の閣僚やその取り巻き連中・御用評論家連中が、連日、マスゴミ報道を通じて「犯罪者が総理大臣になってもいいのか?」「有罪を回避するために出馬するなど言語道断」といった”見当違い”なコメントを平然とおこなっている。
憲法75条の解釈としては、上記にあるように、例え小沢一郎が総理大臣になったとしても総理大臣を辞めた後は訴追されるのである。
有罪無罪以前に、総理になったからと言って永遠に罪が消えるかのように偏向したコメントや報道をおこなうなどトンでもない話である。
この事実(解釈)を理解していながら小沢批判をおこなっている連中は”確信犯”であり、理解せずに小沢批判をおこなっている連中は”愚か者””評論家失格”と断言していいであろう。

昨日のエントリーでもコメントしたが、我々国民は、上記@〜Bの事実を理解しつつ、果報を寝て待つこととしたい。
(それ以外のマスゴミ報道は”雑音”と思っていいであろう)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月30日 09:03:51: FVTTKDTmTM
そもそも昨年の政権交代の際に、小沢首相誕生とならなかった事が最大の誤り。

02. 2010年8月30日 09:43:30: dpqa46ZkfQ
 民主党を支持する。自民党に不信感を持ったことは無かったのか。
軽薄野郎元総理鳩山がマスゴミどもの捏造世論にまんまと欺されて、てめえ一人で辞職すればいいものを、小澤さんをも強引に道連れにした。
 組閣メンバーのお粗末さが、この男の政治力・政治勘の欠如を物語っている。空き菅=鳩山内閣のゴミつぶが、財務・防衛・東京出張所(米国務省の)の使い走り官僚どもの言いなりになって、その後の口開け→このざまだ。
 民主党に不信感を持ったって。そうか自民党に不信感を持たなかったのか。

03. 2010年8月30日 09:44:10: QXVaulDOhs
 嘘八百並べてさも犯罪者のように扱ったマスゴミのやり口は選挙の前だから効果があった。しかし時間が経過すると裁判などを通して冤罪がはっきりする。こんどは追求されるのは冤罪で選挙前に秘書逮捕などで政治の行く末に違法に介入した検察とそれを煽ったマスゴミである。
 裁判が決着する前に小沢氏を政治的に完全に抹殺できなかった検察は小沢政権の誕生に恐れおののいていることだろう。少なくとも数人の検察官は具体的な職務行為に対して責任を取らざるを得ない事態を迎えるだろう。上層部には実態的な責任があることは明らかであるが、少なくとも政治的責任、包括的責任を取らざる得なくなるだろう。
 マスゴミはその時その時でいい加減なこと行ってごまかしていれば済むと思っているかもしれないが、長期的には経営基盤が沈下しひいては存在意義が失われていくことだろう。

04. 2010年8月30日 09:57:49: 8w9IkvX012
検察の存在意義に疑問を感じると同時にマスコミには公平性、放送法を厳守するか或いは立ち位置を明らかにした上で多種の観点からの情報を得られるようにするか、何とかしてほしい。今の大メディアに報道の自由などという資格はないし、むしろ世論形成に影響を与える分邪魔!です。

05. 2010年8月30日 10:12:07: DmCC9k6hHM
>小沢前幹事長の正式出馬表明以降、あまりにも偏向に満ちた情報・報道で溢れ返っている

 今朝の毎日新聞の世論調査結果をYahoo!が掲載していた。
菅直人が圧倒的に指示されていると言う「情報操作」である。

>菅氏が78%で、小沢氏の17%を大きく上回った。民主支持層でも78%が「菅氏がふさわしい」と回答。昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)の扱いについても70%が「柔軟に修正すべきだ」と答え、小沢氏陣営が主張する「きちんと実行すべきだ」は27%にとどまった。(毎日新聞)

 本当に、毎日、毎日、情報捏造記事掲載で残暑は消え去らないね!


06. 2010年8月30日 10:23:00: 3iLSJYns2E
結果論だが,今回の代表選を通して民主党内のゴミが掃除できれば,それはそれでいいんじゃないの?

自己保身に汲汲としているマスゴミに公平さなど求めても意味がない。
同時に自分の既得権益(・・・金づるのことだが)とか権力欲にしか関心のない政治屋・小役人連中に公正さを求めることも無駄なことだ。

獅子身中の虫を排除して膂力をためたうえ,返す刀で政官およびマスゴミ業界を有無を云わさず大掃除する。それしかないだろう?
それが出来そうなのは,いまのところ小沢氏しかいない気がする。


07. 2010年8月30日 10:25:55: O7DqlgFQUg
この記事に賛同する。
今回の代表選は政策選択の争いである。
そのことに目をつぶり、権力闘争のように報道するすべてのメディアは、ゴミ以下と断定していいと思う。
政治にせよ、ジャーナリズムにせよ、現在の悲惨な状況を打開するためにも、小沢一郎の勝利を希望する。

08. 2010年8月30日 11:21:27: dDXo59s3zE
マスゴミを動かしているのは官僚機構でしょう。騒がしい時ほど官僚の官の字も出てこない。

09. 2010年8月30日 17:01:11: I1hfGBBXl2
国家とは悪であるというリバタリアンの最小国家を根本において福祉の拡充を図る。これが現在の政治思想では最善だと思う。民主党の2009年マニフェストはあらゆる面でこれに合致していた。小沢さんは自由党時代、負の所得税とかの発言で
先進的考えを持っていた。ただ小沢さんかそのブレーンかは分からないが政治の理論武装がすでに完成されていた。日本においてこの考えで見えてくるのは公務員改革がまず第一番に行わなければいけない。つまり世界の民主主義国家でずば抜けて高い給与なのだ。スエーデンのように職を求めて職のない人はすべて公務員採用をして10年後から始まるであろう大量生活保護世帯の対策を打ちつ生活向上の拡充とサービスを提供する社会を目指す政策のためには必要。これが実現するとスエーデンより10倍の規模がある日本はそれ以上に低税率で機能する。小沢さんなら実現しそうなので官僚とそれ以上の待遇のNHKが必死になって妨害している。マスコミの待遇もNHK由来であるため今日の状況を作っている。馴れ合いになっている仕分けはやめて既得権益を無視して徹底的な無駄の削減と減税が第一歩。なにを間違えたか分からないが菅が第一発目の発言が増税?国民の知識人たちがこの人なにも分かってないと判断した。この人は日本のリーダーとしては能力不足です。目先の小さな事象に迷わされると洗脳されますよ。大局をもって10年20年後の日本の姿をみて判断しましょう。すでに実行している河村、竹原さん応援します。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧