★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93 > 561.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
開かれた代表選を封殺しようとする悪徳の人々 (植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/561.html
投稿者 明るい憂国の士 日時 2010 年 8 月 31 日 07:35:04: qr553ZDJ.dzsc
 

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-4fa2.html
2010年8月31日 (火)

 開かれた代表選を封殺しようとする悪徳の人々 


 悪徳の小泉竹中政治に道を開いた2001年4月の自民党総裁選。

 亀井静香氏は本選への出馬を辞退し、小泉政権樹立支持に回った。
 

 亀井氏の要職での起用と、人事への参画が、本選辞退の条件だった。
 

 亀井氏は本選出馬を辞退し、小泉氏は自民党総裁に選出され、内閣総理大臣に就任した。
 

 ところが、選挙での当選を決めた瞬間、協定は一方的に破棄された。小泉首相は亀井静香氏を切り捨てた。伝令役を務めた安倍晋三氏も驚く対応だった。

 9月14日の民主党代表選。圧倒的に有利な状況にあるのは小沢一郎氏(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-0528.html)である。本当の世論は小沢一郎氏支持である。
 

 普天間問題があり、米国が総力をあげて菅氏続投に動いている。米国に支配されるマスゴミは、世論調詐をねつ造し、小沢一郎政権阻止に向けて、総力を結集している。
 

 第二次世界大戦下の報道と同格である。

 小沢政権が樹立されると、日本の二大政党は、対米隷属派と自主独立派が対立する二大政党になる。時間が経過するごとに、自主独立派が勢力を増す。
 
 日本を支配する米国にとっては、いかなる手段を用いてでも、阻止しなければならない事態である。
 

 米国が容認する二大政党は、二大対米隷属勢力による二大政党なのである。


人気ブログランキングへ
http://blog.with2.net/rank1510-0.html


稲盛和夫氏は小沢一郎氏を支持すると同時に、前原誠司氏を支持している。稲盛氏自身が対米隷属から抜けられないのである。
 

 晩節を汚す行動を取らねばならない、特殊な事情があるのだと思われる。
 

 突然、菅直人応援団長になった石井一氏。(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-a8cc.html)何があったのかを究明する必要がある。
 

 悪の手口を甘く考えてはならない。命乞いをして、助命した途端に、反旗を翻すのが悪の常道(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-0178.html)である。マスゴミは無投票が決まった瞬間から、談合に進んだとして小沢氏総攻撃に転じるはずである。罠に嵌められてはならない。
 

 菅首相は、はじめは恭順の意を示すふりをするかも知れない。しかし、必ず、時間をかけて裏切りの行動に進むはずである。けじめをつけるべきときにけじめをつけなければ、将来に必ず重大な禍根を残す。主権者国民を愚弄してはいけない。火種を完全に消さなければ、大火を引き起こす元になる。
 

 菅氏が恭順の意を示すのなら、仙谷官房長官、岡田外相、野田財務相、前原国交相、玄葉国務相、枝野幹事長、蓮舫行刷相、安住選対委員長のすべてを更迭する必要がある。これを確約しない限り、菅直人氏の助命はありえない。
 

 なぜ、堂々と開かれた代表選を実施しないのか。(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-c928.html)一番疑われる本尊は鳩山由紀夫氏ということになるのではないか。


─────────────────────────

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4838721560/nifty05-nif125427-22/ref=nosim


売国者たちの末路
著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396613342/nifty05-nif125427-22/ref=nosim 


知られざる真実―勾留地にて―
著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
楽天市場で詳細を確認する
http://books.rakuten.co.jp/rb/%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%96%E3%82%8B%E7%9C%9F%E5%AE%9F-%E5%8B%BE%E7%95%99%E5%9C%B0%E3%81%AB%E3%81%A6-%E6%A4%8D%E8%8D%89%E4%B8%80%E7%A7%80-9784903145280/item/4481882/

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月31日 07:44:05: JQq5drYsDE
なんか、いよいよ工作員増えてますよね?
同じフレーズの連呼
と、カルト扱いとかで、2chではすぐ認定されてしまう類の。

それも最近参入したものだから、いまさらのフレーズが多い。
もっと勉強してほしい。

私はある程度まで、文章表現の豊かさが、人への信頼を作るとも思う。
たくさん語っても、ぼろが出ない、ということだ。
阿修羅にはそれがあるので、皆さんが疑いあって潰しあったら元も子もない、と知る人たちの場だと感じています。


02. 2010年8月31日 07:48:22: u4bMvdSuzk
>悪の手口を甘く考えてはならない。命乞いをして、助命した途端に、反旗を翻すのが悪の常道(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-0178.html)である。マスゴミは無投票が決まった瞬間から、談合に進んだとして小沢氏総攻撃に転じるはずである。罠に嵌められてはならない。

以上の植草氏の見方に、強く同意します。

亀井氏は小泉に裏切られ、今回また郵政法案でも菅に裏切られそうな気配があった。
「友垣と 呼ばわる声は 届かねど なお友垣と 叫び続ける」
(亀井静香作)

裏切られても人を信じたい、というところがあるのだろう。
さて、小沢氏はどうであろうか。


03. 2010年8月31日 08:44:08: klNAK4gObs
いくさには、謀略・権謀術数は当然つきものである。
天下分け目の戦であれば、なおさらのこと。
敵の謀略を読み切り、その裏をかいてはじめて勝利が得られ、敵をも飲み込める
知将となれる。
総大将は戦闘が始まる前から、すべての謀略を読み切り、いち早く先手を打ち、
戦後の処理が戦略通り進むように、絵図を描き伏線を張り、その次の戦に備える
布陣まで絵図上で敷いた上で、戦闘に臨まなければならない。

そうした局面で、最も恐れるのは敵ではない。
すでに敵側に乗っ取られている・・いや、もともと敵側である間諜たちの組織、宣伝広報部隊による、嘘、捏造、詐欺の攪乱・洗脳作戦である。
あらゆる面にわたる、デマ洗脳攻撃から味方の部隊を守り、強大な敵に勝利するための一番大事な要は、総大将への信義とまた総大将からの信義である。
いかなるときも揺るがぬ信義があれば、敵の謀略を打ち砕き勝利ができる。
しかし、敵はあまりにも狡猾で、また強いために味方部隊のほんの一角が
崩れると・・総崩れとなり・・敗北となる。
まず、ここは後にも先にも二度とはない、(主戦場)であるという認識が部隊で
共有・共振できるかどうかに戦局の行方はかかっている。


04. 2010年8月31日 08:56:28: Nm0I6ZWtzA
小泉は、冷酷無比な男だった。

菅は、ずる賢い男である。

二人とも人望は、無いに等しい。

信ずる者は、裏切られる。

小沢氏が、第二の亀井氏にならねば、良いのだが。


05. 2010年8月31日 09:05:37: faYR0ejsDE
植草氏、ついに昨年以来の政権交代破綻の真相の核心、綺麗な世間体づくりの神さま鳩山由紀夫のどす黒く濁った心の闇に迫ってきましたな。と言うよりも、ずいぶん前からうすうす気づいていたが、小沢との二人三脚を信じ、これまでは敢えて鳩山批判を封印してきたということか。

阿修羅にも大勢の愚かな「鳩さん信者」にまぎれて、何人かの賢者が2週間も前からすでにはっきりと見抜いていたが、昨晩明らかになったように、またも引退したはずの鳩山が奔走し、自分の政界財界とのコネを水面下で駆使して、米国従属官僚制を死守する方向に流れを変えていった。植草氏の指摘する、石井一の寝返り、稲盛和夫による小沢への圧力、など。

確かにゴッドファーザーの「初めに現れる仲介者が裏切り者だ」 のせりふは、感心するほどぴたりと当てはまる。鳩山は内なる敵として、今後も政治主導・脱官僚の災いの種となるだろう。友愛は、常に彼の愛する法務官僚・財務官僚に向けられている。


06. 2010年8月31日 09:12:18: BjhxGH1lHI
民主党で確信をもって国民の側にたつ人間は小沢さんと信頼する仲間達だけだろう。仲間のような振りをして近づいてきている人物も何かしらボロを出しているものである。よく見分けようではないか。

07. 2010年8月31日 09:14:33: ebLu6MQwUM
もし小沢氏が代表選の出馬を辞退したら、小沢氏の政治生命は絶たれるだろう。
マスコミはいっせいに小沢氏を非難し、小沢氏はやはり薄汚い政治家であった
との世論が大勢になるだろう。

小沢氏よ、ここで辞退したらもはや終わりだよ。
私はずっと小沢氏を支持してきたが、もし辞退するようなら、それだけの
政治家であったとして小沢氏を見限るしかない。
それは、大多数の民主党サポーターの意見だと思う。


08. 2010年8月31日 09:26:43: DtdutbwPRY
再選されたら菅が手のひらを返したように、
小沢さんを裏切る可能性が高いという
意見を否定するだけの根拠は全くない。
菅が今までにやってきたことから推量すれば、
いくら今後こうしますと言ってみても
信用する人はいないからだ。

菅には過去の言動と辻褄の合わない事を平気でのたまう癖がある。
虚言癖というか「場当たり発言癖」だ。
ほとんど病気だ。マジにそう思う。
一度精神科医に診て貰った方が良いかもしれない。
斎藤学さんなんかどうでしょう。

もっとも幼児は悪い事をしているのを、誰かに窘められると
場当たり的に言い訳したり、嘘をついたりするが、
菅や支持グループは正に幼児がそのまま大人に
なってしまったかのようだ。

菅の言動に違和感を感じない人達、マスゴミもまた
「場当たり発言許容症候群」という病に
侵されているのかも知れない。

こんな連中に国家の運営を任せるわけにはいかない。
日本中が「場当たり発言」に溢れ、誰も咎めないような
幼稚で下品な国になったら取り返しがつかない。

小沢さんは断固、武士に二言無きよう、出馬表明を反故にすることなく
出馬して欲しい。切に願う次第です。
小沢さんが、たとえ妨害工作にあっても、それに負けることなく出馬する事は、
人づくりに大いに役立つものとも思います。


09. 2010年8月31日 09:51:35: LrOERLip2k
07 様

強く同意。

ここで妥協すれば 小沢が今後何を言っても。支持者 とりわけコア支持者から離れていくと思う。
もちろん私も。

小沢周辺の議員さんよ 
こういうネット世界の情報を きちんと小沢氏に届けているんだろうね。
自分じゃ無理でも、秘書にやらせろ! 税金から高い給与を払ってるんだから。


10. 2010年8月31日 11:36:50: pz7x0tnLUU
 京セラは、電波吸収体セラミックなど米国軍需産業に直接間接に納品しているので、稲盛氏の態度は、明らかであろう。また、鳩山氏だって、ブリヂストンあっての鳩山でなので、彼らの結論は、明々白々だろう。そういうしがらみの中で、小沢さんが、どうするかだ。出馬を止めれば、求心力は一気になくなるし、出馬すれば、利権勢力からの非難の嵐が吹き荒れるであろう。世界一流の政治家になるかどうかの分水嶺である。日本では、一流の政治家であることは間違いないのですが、日本が普通の独立国になれるかどうかの境目でもある。

11. 2010年8月31日 13:31:38: ggTr5cZ0Bc
何か腑に落ちない!

今回の代表戦。 これはデキレースでは?


12. 2010年8月31日 15:50:49: 8spuD3VWiQ
植草さんの言うとうりだ。敵《党内反小澤派。、日本の対米隷属派。既得権益勢力「メデイアなど」には一片の良心も無い、かんねい狡猾で、残忍、残虐な連中である。トロイカとか何とかでごまかされ、うまい話にのり、総裁選を降りることは敵の仕掛けたワナに落ちることになる。談合と非難されるのみならず、あの手此の手で攻撃されて息の根を止められるだけだ。。小澤さんは断固として戦い抜き敵を倒し総理となり、《検察権力を悪用し政治謀略に利用した〉悪党たち「メデイアなどの既得権益勢力の全既得権益を即時全面的に剥脱すべきだ。敵と内応した党内の裏切り者《渡部。牧野。ら」を即時除名すべきだ。改革の意思を枉げて妥協してはダメだ。妥協はワナに嵌ることとなろ。国民に表明した反撃の決意を貫くべきだ。

13. 2010年8月31日 16:39:06: tXeRGquu5w
小沢信者は妄想しすぎ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧