★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93 > 615.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
菅首相の変節 「トロイカ」体制ついに破綻(産経新聞)[講釈師見てきたよな嘘をいいとは言うもののまだそこまで行かない]
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/615.html
投稿者 アルカディア 日時 2010 年 9 月 01 日 02:50:41: jjR5cYzLvBZKE
 

今までの小学生高学年の作文から、中学生の綴り方になった程度かな。

--------------------------------------------------------

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100901-00000522-san-pol

「先ほど小沢前幹事長とようやくお会いすることができました。私もこれですっきりと立候補できる。国民一人一人が国政に参加できるように民主党をさらにオープンでクリーンな政党にしなければならない」

 民主党前幹事長、小沢一郎との直接会談を終えた首相、菅直人は31日夜、参院議員会館で開かれた菅陣営の選挙対策会合に駆けつけ、両手でマイクを握りしめ、“戦闘開始”を宣言した。万雷の拍手に久々に笑みを浮かべたが、瞳の奥には後悔の念が見てとれた。

 ここ数日、菅の心は揺れ続けた。党を政権交代に導いた最大の功労者は小沢と前首相、鳩山由紀夫である。その影響力は党内に浸透しており、両氏に多少なりともシンパシーを感じる議員は7割を占める。いかに世論の追い風を受けても勝利を確信できるほど議員票を固める自信はない。

 加えて仮に首相を続投できても小沢、鳩山らの協力を得なければ政権運営はおぼつかない。衆参ねじれ国会に翻弄(ほんろう)され、菅らしい政策を何一つ実現できないまま来春には党分裂、そして解散という最悪のシナリオも十分ありえる。

 これが鳩山の斡旋(あっせん)を一度は受け入れた理由だった。30日夜の鳩山との会談後には、鳩山と並んで記者団の取材に応じ、菅、鳩山、小沢の「トロイカ」体制の原点に戻ることを表明した。

 「トロイカ」体制とは代表、幹事長など党中枢ポストを3人で分け合うという人事構想に等しい。これを菅が受け入れれば、小沢は出馬を見送り、菅は政権の延命が保証される。一方で、小沢は復権し、菅は傀儡(かいらい)と化す公算も大きい。

 それだけに菅の周辺は猛反発した。31日朝から菅の携帯電話は切れ目なく鳴り続けた。菅と親しい参院幹部は電話口で声を荒げた。

 「変な妥協をしたら君は潰れるぞ。国民はそっぽを向く。内閣が持たなくなってもいいのか!」

 菅は「十分気をつけますからご安心ください。そういう話をしてくれるのは先生だけです」と応じたが、なお悩み続けた。

 対決回避に向け工作も続いた。菅の盟友の前参院議長、江田五月は都内の連合本部を訪ね、会長の古賀伸明から「激突するよりも何とか一致結束する体制を作るべきだ」とトロイカ体制への支持を引き出した。

 だが、31日昼過ぎ、一本の電話で菅は態度を硬化させた。

 「政権の骨格は話し合っておきませんか」

 電話の主は鳩山だった。国会内で小沢、参院議員会長の輿石東と会談中に菅から人事構想の言質を取ろうと考えたらしい。「小沢氏が『ポストの内諾がない限り会談に応じられない』と言い出したのか」。そう考えた菅はのらりくらりとかわし続けた。菅の予想通り、小沢は鳩山の正面に座り、仏頂面で会話の内容に耳をそばだてていた。

 午後3時前、菅はようやく決断した。

 「選挙をします」

 菅の側近で首相補佐官の阿久津幸彦は、菅の事務所で待機していた衆院議員、土肥隆一に電話でこう報告した。ほどなくして菅も土肥に電話してきた。

 「制限なしにやりたい」

 半時間後、菅の事務所には、幹事長の枝野幸男、外相の岡田克也ら菅陣営の主力メンバーが続々と結集した。この時点で菅・小沢会談はただのセレモニーと化していた。

 菅「どんな結果になっても協力していきましょう」

 小沢「いかなる場合も力を合わせ頑張ろう」

 午後5時すぎ、党本部8階で行われた会談で両氏は代表選後の「ノーサイド」を誓い合った。だが、真に受ける民主党議員は誰もいない。

 31日午後5時すぎ、民主党本部の記者会見室では、若手・中堅約30人が、首相の菅直人と前幹事長の小沢一郎の会談終了を不安そうな表情で待ち続けた。

 午後5時45分、小沢が姿を見せると入り口近くの約20人は一斉に起立した。

 「菅首相は昨晩は話し合いに積極的だったが、一晩明けて密室批判を受けかねないとの趣旨の話があったということでございます」

 小沢が菅の変節に不快感を示すと議員たちは深くうなずいて拍手。小沢は手短に記者会見を切り上げると参院議員の谷亮子、衆院議員の田中美絵子、青木愛ら「小沢ガールズ」とにこやかに握手して回った。

 「小沢が右と言えば右、左と言えば左」に動く結束を誇る小沢グループだが、31日朝は主戦派の幹部も不安を隠せなかった。小沢はいつも通り、側近に一切何も連絡しなかったからだ。

 「小沢さんは本当に菅さんの妥協を受け入れるのか」。疑心暗鬼になったグループ幹部は都内のホテルに集まってはみたが、「まだ何も分からない」と顔を見合わせるばかりだった。

 勢いを取り戻したのは昼前だった。「出馬の準備も万端進めてくれ」。小沢からのこんな指示が伝わってきたからだ。側近の衆院議員、松木謙公は「基本的に出る方向だ。出馬会見は午後5時半だ」と上気した顔でこう語り、議員や党員・サポーターへの働きかけを早速再開した。

 「向こうは密室は良くないと言うが、2人で会う方がよほど密室じゃないか」

 31日夜、都内の中華料理店。小沢は参院若手の米長晴信、大久保潔重らと食事をとりながら菅をあからさまになじった。

 小沢は積極的に菅との会談を求めてきたわけではないだけに菅のブレにいらだちを募らせてきた。しかも菅は同日午前に前首相の鳩山由紀夫に電話し、「密室談合だと思われるから」と鳩山と参院議員会長の輿石東の会談同席を拒んできた。これは小沢らへの不信表明に等しい。小沢は宣戦布告と受け取った。

 「明日はみんながびっくりするような政策を出すからな!」。会食後、小沢はきっぱりこう言った。

 政治改革を掲げ、自民党を飛び出して17年。つねに政界再編の渦中にいた小沢にとって今回の代表選はその集大成だといえるが、情勢は決して楽観できない。

 小沢は「政治とカネ」の問題を抱え、世論の逆風は強い。代表選で勝利しても国会で「政治とカネ」問題で集中砲火を浴びることは間違いない。体力にも不安がある。低支持率が続けば、自民党などとの合従連衡も進みそうにない。

 党分裂を避けようと鳩山が仲介した菅と小沢の“和平交渉”は結局対立を深刻化させただけだったが、小沢にとっては好材料ともいえる。「ピエロ」となった鳩山は、菅への憎悪を煮えたぎらせているからだ。

 「菅首相にトロイカで一時的にご理解いただき収束を期待したが、そうならなかったのは残念だ…」

 菅−小沢会談後、早々と小沢支持を表明した鳩山は31日夜、東京・芝公園の豆腐料理店で元高知県知事の橋本大二郎ら学習院時代の同級生と夕食をとりながらこうぼやいた。

 「昨夜(30日)のうちに決着をつけておけばよかった。一夜明けたら周りがいろいろ言うから気が変わってしまったんだよ。今日、菅さんはついにトロイカって言わなかったな。激突は避けたかったんだが…」

 政権交代の原動力となってきた菅、小沢、鳩山の「トロイカ」体制はついに破綻(はたん)した。

 =敬称略(榊原智、佐々木美恵)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年9月01日 03:07:03: GdJAMKBIOQ
本格的な権力闘争をやったことのない菅サイド。
どれくらいやれるだろうか。
多分、先週末の小沢サイドの猛烈なスタートダッシュに、すでに気力も萎えていると想像するが。
明日は明日で、小沢の決起集会に集まった議員の数に圧倒されるだろう。
早めに散髪(丸坊主化)とお遍路の日程を決めておいた方がいいかも。

02. 2010年9月01日 03:14:48: 4ZVHnBbFFw
何でもいいから、3軽新聞など、ゴミ溜め新聞の紹介はやめろや! この盗人野郎のアルカディア! 

3kの名前を見るだけで反吐が出そうだ!

夕日もゴミ売りも舞い日もゴロツキ日軽も同じだ!


03. 2010年9月01日 03:22:59: fUn2geuEw2
よくもまあ、ここまで主観的な記事が書けるものですね。呆れを通り越して感心しました。

いっそ「産経新聞」だなんて無理して名乗らなくても、「産経小説」と自分のレベルに相応しい看板に架け替えれば、何でも書き放題になるでしょうに。

書いてる内容がフィクションであることは、今までと何ら変わらないのですから。


04. 2010年9月01日 03:35:30: XrnyCQaWgk
3Kの記事は反吐が出るが
ここまで来ると、内容は小沢さんの圧勝
幕下と横綱。勝負になっていない。
記事を書く3K記者も辛かったろうに、口惜しさがにじみ出ている。

05. 2010年9月01日 03:44:28: MJcavE3XwU
まあ、3Kも朝日も読売も毎日も日経も
そして板垣もw
明確で邪悪な意図が、それぞれにあって(それぞれ微妙に違うのが面白い)
それに向かって一所懸命、情報操作あるいは情報を麻痺させようと必死なんだが
ネット社会では、そううまくいかない

しかしベトナム戦争後、そう思われていた新聞やテレビが乗っ取られた様に
いつか、終わりを迎えるときがくるのだろうか・・・


06. 2010年9月01日 03:59:53: PZMCUFxEH6
安心するのは、止めましょう。

実態は圧勝でも、不正選挙の可能性はある。

また、小沢さんへの直接的な攻撃はありうる。

我々が団結して、戦わないといけません。


07. 2010年9月01日 06:40:25: VoHQXX9kmw
社会の木鐸を自負するのなら、産経といえども事実だけを記せ。
どこぞの某の憶測や妄想記事は2ちゃんねるやブログで垂れ流しておればよい(アビルのように)。

08. 2010年9月01日 06:53:37: YR67A0tvpw
小沢総理の裏政策として、屑マスメディア粛正を断行しよう!
洗脳体質の二ポン国民の体質改善の為に。

09. 2010年9月01日 09:23:11: iENnJCHk5O
そうかなあ?俺は権力闘争肯定派だがね。
いいじゃないの。これくらい見てきたような嘘を言いの記事でもさ、あるでしょうよこんなことくらいは。
大体、権力闘争も起きない公明党や共産党のどこが面白いのかって思うけどな俺は。
権力闘争は党を活発化させるとい利点もあるし、なにより小沢の影に脅える民主党なんてマスゴミのデマが嘘であることがはっきりしていいじゃないの。
国民不在の権力争いってのがマスコミの常套句だけど、なにやったって批判だけしかしないんだから思い切り代表選をやって清清と小沢が菅に引導渡せばいいんだよ。
馬鹿がトップに居座って損するのは国民だからねぇ、んなもんどんどん降ろせばいいんですよ。
小沢は信認を得るための解散をきっと打つと思うよ。小泉がやったようにね。
だからそのためにも総理になったら手次早に大胆な政策を実行すると思う。
支持率が悪いほうがいい。見た目が不味い魚ほど美味というじゃないか。
そのためにも仁義なき戦いはどんどんやってくれればいい。小泉のようなのはお断りだけど手法としては小泉は反面教師だ。
小沢さん期待してますよ。

10. 2010年9月01日 09:46:39: OI4ZrcM6RK
菅・小沢の秘書が書いてるの?と思える詳細な記事ですが、9割は妄想なんだろうな。

11. 2010年9月01日 11:57:19: 2kygrfHAsQ
1年生議員の大半が仙石、前原、野田、枝野、レンホウ、に因って取り込まれているようですよ。

金と現職の強みでしょうか、

流れによっては鳩山グループも ? だね。

左翼はすごいね、手段を選ばんからネ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK93掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧