★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK94 > 895.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
遺恨!報復!もはや“虚党態勢”民主分裂は必至
http://www.asyura2.com/10/senkyo94/msg/895.html
投稿者 スタン反戦 日時 2010 年 9 月 14 日 18:53:19: jgaFEZzEmIsYo
 

2010.09.14 ZAKZAK

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100914/plt1009141653007-n2.htm

 菅直人首相(63)が民主党代表に再選された。2週間の激しい選挙戦は幕を降ろすが、これでノーサイド・挙党一致とはなりそうにない。中傷・スキャンダル合戦などで、所属議員らは疑心暗鬼に陥り、菅陣営と小沢一郎前幹事長(68)の陣営との亀裂は深まるばかりだ。今後、報復や粛正人事が行われるのは必至で、党分裂が現実味を帯びてきた。

 「小沢一郎の息の根を止める。側近らもさらし首だ」(菅陣営中堅)

 「一気に世代交代だ。小鳩(小沢氏と鳩山由紀夫前首相)の時代は終わった」(同若手)

 代表選の最中、菅陣営からはこんな発言が漏れた。選挙後の焦点は「菅首相が挙党態勢を築けるか、否か」だが、とてもそんな雰囲気ではない。

 菅首相は2日の公開討論会で「私は一貫して『適材適所で全員が参加できる態勢』と言ってきた」と述べ、挙党態勢の構築を掲げているが、人事は相当難しい。

 挙党態勢の構築には、小沢氏を要職で起用することが不可欠だが、菅首相は「脱小沢」「反小沢」を掲げる仙谷由人官房長官(64)や野田佳彦財務相(53)、前原誠司国交相(48)らに担がれており、小沢氏を「カネとポスト」を握る幹事長では起用できない。

 一方、小沢氏も実権のない名誉職などを提示されても妥協はできない。

 政策的な違いもある。菅首相は消費税増税も視野に入れた「財政規律」重視を掲げ、小沢氏は円高・株安を意識して「積極財政」で独自姿勢を見せた。

 そして、最大の対立点となりそうなのが、「官僚主導を続けるのか、否か」だ。

 菅首相は就任後から、政権交代の目玉だった国家戦略室を役割縮小させ、来年度予算の概算要求で「一律10%カット」を打ち出した。これらは財務官僚の振り付けとされ、小沢氏は代表選で一貫して「菅政治=官僚主導」と批判し続けた。

 加えて、中傷・スキャンダル暴露が、両陣営に深い亀裂を生んでいる。

 代表選告示(1日)前から、小沢氏が代表・幹事長時代の組織対策費疑惑や、菅首相の軍師である仙谷氏の事務所費疑惑、小沢氏に近い青木愛衆院議員(45)の不倫疑惑などが、続々と炸裂した。

 このため、内閣改造・党役員人事に合わせた「粛正リスト」も、ささやかれ始めている。名前が挙がるのは、小沢氏支持に回った原口一博総務相(50)や山田正彦農水相(68)、樽床伸二国会対策委員長(51)ら。そして、究極の粛正候補は、小沢氏自身だ。

 政治評論家の浅川博忠氏は「ここまで激しい代表選をやると、シコリや亀裂は簡単には解消できない。焦点は、菅首相が人事で挙党態勢を組めるかだ。将来、小沢陣営が党を割ることもあり得る。政党助成金の配分を考えると、年末にもあるかも。自民党や公明党、他の野党も巻き込んだ、政界再編につながる可能性は十分ある」と語っている。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年9月14日 18:57:54: aCOuVot43Q
民主党は当然ばらばらに分裂するだろう。 小沢派が離党して自由党に復帰するとして、行動を共にする議員がどれくらいいるかがポイントになる。 内閣不信任と解散の方向に進むことは間違いないと思う。 N.T

02. 2010年9月14日 19:04:30: 05UhnFBHRM
人事はそのまんま、。菅は内閣を変えるとしたら千葉ぐらい、それもしないかもしれない。何故なら代えたら地獄、代えなくても地獄、あちらを立てれば、こちらが立たず。菅を選んだ206名は地獄を見る。総選挙は今年に行われる。
これで民主党は万年野党!!

03. 2010年9月14日 19:12:25: AQqyLULhMc
解散したところで、アメリカ隷属派が勝利することは、今回の代表選で明らか。
有権者が目覚め、新聞社が2、3社つぶれた後でなければ小沢路線が勝つことはない。

04. 消費税増税反対論者 2010年9月14日 19:17:45: C3.FK5TJzjBNg : uMbTlWO7H6
 やはり小沢氏もアメリカのカンにさわってひきずり下ろされた田中元首相のように、首相へなるチャンスをもぎとられたようですね。アメリカのネオコンがCIAを動かし、検察とマスコミに金権疑惑で叩かせた。民主党の中にも小沢氏支持はもっと多くいたようだが、なにせCIAを敵に回してまで小沢支持をする人が少なかったのでは。
 これから小沢落選に腹を立てた中国が日本に難癖をつけてアキカン一派の引きずり下ろしを始めるだろう。今回の選挙は小沢氏が圧倒的に優勢だったはず。
 民主党は分裂して、消費税増税抜きの党が新党ができてもよさそう。小沢氏を中心とする新党は、自民党の中でもCIAの息のかかってない派閥と組むべきでしょうが、はてさてネオコンの息のかかってない自民党員など少数のようです。
 アメリカ本国でもオバマにかわりネオコン一派が息を吹き返すのでは?

05. 2010年9月14日 19:27:18: Get9aY0xRA
>>04
アメリカはとっくに手を引いている
クリントン女史も今の日本だと全然お話(議論)にならないと、訪日の際も数時間の滞在時間だった

今や検察とマスコミの資金は全部国民の税金。もっと言えば国民の借金。
あいつらを裏で支える勢力は他でもない操り人形の国民の側にいる。
国民の中に巣食う官僚・マスコミ依存体質をひっくり返せれば必ず勝てる闘いだ。「数は力」は小沢の名言にして民主主義の本質論だ。


06. 2010年9月14日 19:29:17: 2kygrfHAsQ
スタン! えらい歓びようじゃのう、

優柔不断なのは別にして、殆どの若手は腹括ってるから心配ご無用、年内党派立ち上げれば良い、主義主張が異なれば致し方ない。

中途半端な年寄り、ベテランが困るだろうな。

皆倒閣に動くだろうネ。


07. 2010年9月14日 19:39:09: OWeK1CnqOA
何が挙党一致じゃ!もう綺麗事は無し!分裂しろ!
そのほうがスキッりする!
小沢新党か自由党の復活しかない!じゃないと選挙で投票できる政党が無い!!

08. 2010年9月14日 19:39:23: FUB7nO5eNL
もう、ごたごた議論する時期やない。
小沢派は離党して、他党と新党をつくるべきや。
国民の目はいま小沢さんに向いている。
新党つくれば第一党はかたい。
もっとも小沢さんも、そればっかりで疲れているだろう。
もうエネルギーはないかもしれない。
それが気になる。

09. 2010年9月14日 19:41:11: TJ2RvmwiCk
管内閣では今後、法案は一本も通らない、内ゲバ・粛清で分裂の空気を作り出して
党を急速に弱体化、野党からは不信任案、基地問題・・・
まぁ年内に管内閣と共に民主党自身が終わりますね。
世代交代だと息巻いてる若手は、小沢のいない民主党なんて選挙にも弱い
素人集団だってことを理解してない。
自民党と同じ主張を繰り返してる今の民主党なら、自民党のほうが安定する。

10. 2010年9月14日 23:30:38: v5tnJ2xPMQ
菅が議会運営に行き詰って自民に擦り寄るタイミングに併せて、国民新党が連立離脱し、それに呼応して小沢グループも離党するのがよい。
ただし一気に政界再編に追い込むためには、小沢氏がどれだけの議員を連れて出られるかがポイントになるであろう。出るからには一気に倒閣までいかなくてはいけない。鳩山さんや羽田さんはついていくのだろうか。離党組が100人以上になれば自民も分裂させ一気に政界再編に持ち込めるだろう。

ただし離党する前に郵政だけはケリをつけておいてほしい。


11. 2010年9月14日 23:40:25: 0hdRHbvQ6o
3Kの記事じゃんか。

12. 2010年9月15日 05:28:45: VOTiBurRnA
分裂を煽っているのは、「小沢支持者」のふりをした自民党信者だな。

反小沢・自民党信者の二階堂が分裂を煽っているしな。


13. 2010年9月15日 20:39:53: DcuMjVImhY
私が小澤さん側の立場なら、菅と一切妥協せず、不倶戴天の敵として菅内閣打倒のため今日から戦い抜く。あんなインチキくさいイカサマ戦術で「勝つた》と言つている反小澤派のクズ議員たちの顔も見たくない。ありとあらゆる卑劣な汚い手を使い「アメリカの属国としての日本を容認する派や大手メデイア11社や官僚。検察。自民党系。既得権益勢力など」の側面からの援護射撃を受けて辛勝《議員票を見よ」した。が本来の敵の支援で勝つと言うヘドロのような反小澤派と即時決別し菅内閣打倒のために今日から戦い抜くべきだ。明日では遅すぎる。うす汚い反小澤派のクズたちと妥協する余地は無いはずだ。総反撃に出なければなめられるだけだ。ギャアと言わせるべきだ。

14. 2010年9月16日 12:27:49: 4vtBxX9srQ
たとえ自民党信者と言われようが、小沢さんには新党を立ち上げてほしい。
その新党で小沢さんが若手を代表にして育てればいい。
今のまま民主党内で一兵卒でいても何も変わらない気がする。
たとえ総理になれなくても、小沢さんの政治主導という理念を若手に引き継いで、遠い未来に第二の小沢が出てくるのを待つのみ。(私は生きていないと思いますが)
小沢さんはここまできたら自分の信念を貫くべきだ。
小沢一郎は小沢一郎としての政治家人生を全うしてほしい。その姿はたとえ目的を達成できなくても、我々国民の心に本物の政治家にして、唯一無二の政治家として刻まれることだろう。
国民は小沢一郎を失ったときに初めてその偉大さに気がつくのであろうが、時すでに遅し・・自業自得というものだ、仕方がない。
本当のものは目には見えないんだよ・・まさしくその通り。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK94掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK94掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧