★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK95 > 586.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
国策急変 (「日記」 マドモアゼル・愛)
http://www.asyura2.com/10/senkyo95/msg/586.html
投稿者 明るい憂国の士 日時 2010 年 9 月 21 日 18:40:13: qr553ZDJ.dzsc
 

http://www.love-ai.com/diary/diary.cgi?date=20100920
2010年09月20日(MON)

 国策急変


動きは早いものだ。菅になったとたんに、中国問題である。鳩山、小沢を抑えたとたんの出来事。菅は日米中の出来レースだと内心では思っているのだろうが、本当は米中の出来レースだといずれわかるだろう。それまでの使い捨て内閣である。外務大臣が誰か、、、あまりにフィットしすぎ。ここまで露骨なことをしても国民は気づかないのだとしたら、もうこれはいたしかたない。何度も言うように日中の仲を裂こうとする勢力はよくない勢力である。よくないとは、日本人のためを思っているのではないということ。おそらく尖閣諸島問題は大きく発展し、小規模程度の軍事衝突が起きるだろう。そのための内閣が現在用意された内閣。とにかく煽りたてる。アメリカの利益のためである。中国が怒るのもなんだかわかる気さえする。マスコミを信用しているうちはわからないと思うが。この事件はアメリカが仕組み、管や前原もわかっていたはずだ。しかしアメリカと中国が裏で手を結んでいたらどうする。向こうは戦勝国だよ。戦勝国ルールがあり、原爆保持が許されたのは戦勝国だけ。まだそうした特権ルールは続いているよ。本音では中国は日本とは争いたくないと思っているはず。しかし共産党は上海暴落におびえている。なんとかして経済異変から国の統一を守るしかない。危機に乗じて民衆の目をひきつけ、分裂を防ぐのは戦争が一番である。日本はそのために、常に悪く言うことでいつでも使える火薬線として用意されていたわけだ。しかし真の日本人も真の中国人も、ほんとうは日中の争いを望んでなどいない。いつ火ぶたがおとされるかもわりと簡単。上海とニューヨークの株がもう支えられなくなった時である。戦火を演出して暴落を正当化し、それを日本の責任にすり替える。まあ、そんなところだろう。これまで戦争で儲け、支配構造を作ってきた勢力もこれまでのような力はもうなく、目先の金の問題で戦争を起こすしかない状況になっているのだと思う。なので、大きな戦略もないし、つくれない。ただ、目先の崩落を抑えるために戦争をねつ造している。韓国の戦艦沈没の際はうまくいかなかったが、今回はどうやらうまくいくだろう。そのための内閣が用意されているのだから。小沢派や自民党に多少残っているまともな日本人が果たして、こうした国難の前にどうやって出てくるか、、、。時代の流れは実は後者の方が有利だと私は思っている。菅や前原が自己保身のためについた国際勢力は実は負けている方だ。最近のやけっぱちのやり方だからわかる。彼らは一網打尽の終わり方をする可能性がある。しかしそうした反動勢力が巻き返しに成功した際には、日本は世界の嫌われ者となる。これは本当にそうなる。結局、20世紀というのは、白人の時代からアジアが台頭したものの、抑えられてしまったという歴史観が正しい。大きな流れはアジアに来ているが、その起点は日本であった。なので、日本を叩くことがアジアの時代をあいまいなものにし、あわよくば白人の搾取がうまくいく場所に変えることが彼らにとっては大切である。今、アジアは時代の流れの中で白人支配と戦っているわけである。なんていうことはない、大東亜戦争の日本の言い分そのものである。もちろん日本のやり方は間違っていたし、よくなかったが、大義は何も変わってなどいない。だから、とにかく日本をダメにしない限り、白人支配層は安泰とは言えない。だから日本は叩かれ、じゃまされ、さげすまされ、負け戦ばかりとなる。しかしそれでいいのだ。そういうものと違う勝ち方が実はある。武器で動く時代は1999年のグランドクロスによってもう終えている。これを使うものは三日天下で終えていく。日本はだから戦ってはいけない。その日本が唯一やられる方策が、日本を戦いの渦中に沈めること。その政策担当が現内閣である。中国を悪く言うマスコミ、そして大勢の人がそれに乗っていく。中国がおかしなことをやっていることなど、昔から日本はわかっている。商品のコピーにしても契約不履行にしても貪欲さにおいても。そんなことはもうわかりきっていることであるにも関わらず、そうした面をマスコミはこれからいつになくついて来る。そして日本人に、本当に中国はひどい国だ、、、の印象付けを開始。しかしそれは戦争に日本を引き込みたいという本音でのことだ。日本は日ロ戦争において、始めて白人国家に勝った。白人資本家の援助があったこともあるが、それだけでもない。私はトルコに行ったことがあるが、まだ東郷ビールがある。日本海海戦の大将の名前からとったビールがまだ売られている。わがもの顔でトルコのボスポラス海峡を蹂躙していったロシア艦体を、名も知らぬ日本という国が負かした驚きは大変なものだった。白人に虐げられていた民族はみな興奮した。黄色人種が白人に勝った、、もしかしたら私たちにもできるのでは、、、と。それでも列強の植民地は拡大し、ついにアジアにおいて日本が植民地解放を名目に白人と対立。そして戦争となり日本は無条件降伏するが、植民地解放の夢は正しいがゆえに実行せざるを得なかった。日本が世界の植民地を白人から奪還したという歴史観はその通りなのである。どちらが強いとかどちらが正しいという話しではない。時代の流れがこれでわかるのではないか。アジアの時代の到来を白人は邪魔するために日中を裂くのである。これをつなげようとする人はあらゆる手で失脚していく。日本人はどちらをとるにせよ、こうした時代観を理解はしておく必要がある。その上での話しあい、未来観の話しあい、がいま必要になってくる。感情論に走る中国攻撃がこれから始まるが、それは太平洋戦争と同じ構図。もう二度と同じやり方に日本人はだまされてはいけない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年9月21日 19:10:17: wfEkCyjOdm
拍手が回復しました。
本当にすさまじい「カネと狂」の時ですね。
日本が消滅に向かって仕組まれたとも知らず、国民が奴隷になるシナリオが日々、進行しています。(田中宇氏も阿修羅に書いておられます)。

「前原が国交相から外相に転じ、対中包囲網で貢献し、日本首相への道を用意されている」とか。尖閣列島に「燎原の火が燃え広がる」とは変ですが、国民は「司法・立法・行政」すべて狂っている中で、誰が真摯に仕事する公務員かを、どのように見分ければよいのでしょうか。
忙しく働き、税を絞り上げられ、若者には仕事さえない。アホ菅は「1に雇用、2に雇用、3に雇用」と叫ぶだけ。雇用を掘り起こす「経済対策は9800億円」。日本が7月、米国債を買った1兆円超(正確な金額は、阿修羅にでています)、情けない。


02. 2010年9月21日 19:36:21: Es8kyALnPE
戦争まで行くかはわからんが
この騒動で、得する奴等がいることは誰の目にも明らかなのだが
やはりB層は分からんのだろうかねorz

03. 2010年9月21日 19:43:46: GHzsq1HqN6
もう、小手先では通じない時代に突入した。中国だけではない、韓国ともそうだしロシヤとも領土問題を抱えている。
現実に目を背けて未来志向で行こうぜ、といってもほっとけばほっとくほど事態は深刻になってくる。まるで戦前のABCラインを思い起こさせる。こんなことになったのはまったく日本外交の失敗であった。官僚外交の失敗だといっていい。
「紛争解決の手段として」国際司法裁判所に従うしかない。勝ち目はない。それが日本の国際的地位だ。民祖主義者から「売国奴」呼ばわりされても、それなら問う。戦前に会った思想「民族自決」の道もある。さらには憲法改正して再軍備、そして核武装デモするか。という突出した議論になってはいけない。
そもそも、商売人を海千山千の中国大使にしたことから間違っている。また、自民党時代からこの国には危機管理というのが出来ていない。アメリカが何とかしてくれる。そう思い込んでいる。アメリカには中国にまともにはむかう気持ちはさらさらないということに気がついていない。
だから小沢一人がやきもきしているのではないか。どうしても『自立国家』を作らねばならない。彼は最後のご奉公といった。そのことをかんがえている政治家が今いるだろうか。小沢かぶれといわば言え、60年以上もこの『自立国家』を願ってきたが岡田、前原では妻でも尻馬にしかなれない。

04. 2010年9月21日 19:47:38: FxNq6bJgXU
東郷ビール、トルコにも在るの。? フィンランドにも在るよ。4ナンバーで。

05. 2010年9月21日 19:52:55: Es8kyALnPE
>>03
誰でもいいって訳じゃない品
チャイナスクールの中にも中国と対等に渡り合おうという豪傑はいたはずだけど
徹底的に潰されたでしょ
親米派の外交官は、アメリカの国益の為にしか動かんし
元々、人材はいないんだよ

06. 2010年9月22日 07:46:52: DtdutbwPRY
案の定、思いやり予算の大幅増額要求が出て来た。
幾ら思いやっても尖閣には知らんぷりだからね。
何も得るものが無い限り、断るしかないだろう。
正にこの時期に隷米前原がクリントンと会談というのも見え見えだね。

07. 2010年9月22日 11:26:03: esgxpyT56s
うれしそうにアメリカ行ってる前原にはびっくりしたなぁもぅ〜!

日本では無用の長物だから
アメリカで大統領にでもなったら?


08. 2010年9月22日 13:25:17: r7tigk2mVg
夢想。統一教会の安倍、創価の前原。日本のマスコミの目が届かないアメリカで夜の接待を嬉々として受ける?定期的にアメリカへ行って処理?

09. 2010年9月22日 14:50:43: DCHDReL3A2
前原って、京大法学部で売国奴になるように洗脳されたの?

それとも、松下政経塾で洗脳されたのか?

あるいは、そのほか?


10. 2010年9月22日 15:57:48: CexlTZFZjA
>10様
松下政経塾は原口氏を除いて、たてまえ論者ばっかりだね!
お客様第一を貫き通した商売の神様、故、松下幸之助翁は「こんな人間達の養成塾じゃない」と、今頃、草葉の陰で歯軋りをしていると思う。
菅氏と仙谷の表情が、日に日に悪性のウィルスに蝕まれているような顔の表情が気になる。!

11. 2010年9月22日 16:41:19: TuoNVXVrVg
韓国の哨戒船事件といい今回の尖閣諸島の件といいタイミングが露骨で、裏がありそうと考えることが、お陰様でできるようになった今日この頃。今日はほぼ満月だしいろんなことが表面化してくることでしょう。煽られず視点を変え事の成り行きを見守りたい。

12. 2010年9月22日 17:00:47: 4mNS6r97lo
 米国は主犯なのは間違いないです。中国政府がどこまで積極的に関与してるのはわかりませんが、知らないのは日本人B層であるのもいつもの通りです。
 鳩山-小沢-亀井体制であれば、多少安心できたのですが、仙谷-菅-前原体制では、喜んでアメリカの罠に国民を引きずれていくことは間違いありません。
 日本はまたも敗戦国として、中国とアメリカで分割処分されます。仙谷-菅-前原は戦犯から免れて、裏で統治をする約束が、アーミテージ昼食会でできているのでしょうか?
 国民B層が真実を知ること、自分の頭で考えることが大切です。既存の放送既得権益を剥奪して解体しないと、日本はアメリカの思うまま消滅してしまします。

13. 2010年9月22日 17:25:58: WauJnvbifU
舞原政治は小泉の部下もどきだからなあ。
小泉に「次のリーダーは君達だ」と言われ舞上がっていた。

14. 2010年9月22日 18:16:00: IES0S2P136
素晴らしいですね、この投稿者の記事。
現代医療版にもこの様な記事を戴きたいものです。
インフル、口蹄疫版でも不健康版でもけっこうです。

世界最大の宗教は現代医学教だと見抜いた人は極少ないですから。


15. primeira 2010年9月22日 19:36:01: TXW/iExOeOJVI : N89rFv9y6Q
昨日のニュースで解説者が言ってました。 官首相になってアメリカが喜んでますと。 どこの国の人間なのでしょうかね、この解説者?

官首相になって尖閣諸島の海底油田はどんどんアメリカに近づいてゆく。


16. 2010年9月22日 21:31:04: eZJ0d4PrdI
マドモアゼル・愛さんは、真摯な人生相談で著名だが
相場がにっちもさっちも立ち行かなくなった時
戦争がしかけられるという指摘は当たってると思う。


17. 2010年9月22日 21:33:39: 01Q6snftOk
前原・小泉・森 三人仲良く海老蔵の披露宴にいってましたね〜。

18. 2010年9月22日 22:24:03: OU45NNHkXI
>>09
http://ja.wikipedia.org/wiki/前原誠司    より

京大で、「大学院に行くつもりで松下政経塾に行ってこい」と、高坂教授の助言を得て政治家とし
ての道を志すことを決意。坂門下で松下政経塾出身の東京都議会議員だった山田宏(現杉並区長・
後に前原とともに日本新党に参加)を紹介される。その山田に感銘し、1987年、松下政経塾へ第
8期生として入塾する。同期生に玄葉光一郎や勝又恒一郎がいる。

洗脳された時機としては、松下政経塾の可能性が高いように思えます。松下政経塾出身者のほとんど
が似た思想を持っています。(原口氏だけ多少考え方が違うと思われる)松下政経塾は米国べったり
の松下幸之助のつくった塾で、経済界とのつながりが非常に強く(講師はほぼ経済界、最初の塾頭
は松下電器[現パナソニック派遣]です)、親米思想(拝米)に染まる要素が大きいのだと思います。
米国が松下政経塾をうまく利用している(乗っ取っている)と見ることもできるでしょう。


19. 2010年9月23日 00:12:37: soFCmwrdmA
 韓国の哨戒艇事件も危険である。
 今回のショウカク列島の件も国連に於いて、全世界の意見を聞くべきです。

20. 2010年9月23日 00:28:02: K2RcMEo9Bk
中国在住の友人によると、一般国民は経済発展に満足してて、もはや日本は眼中にないそうです。
お陰でデモに行かないから、動員するため中国政府はエスカレート中とか。
中国国内政治事情も絡んでるのかもしれません。
この記事のようにならないため、マスゴミ・親米勢力に乗せられないようにしましょう。

21. 2010年9月23日 00:46:16: qr16htHD6o
うちにテレビは無い(やめた)ので新聞だけですが、ひどいあおり方ですね。
こういうふうに大衆を扇動して戦争へと導いていくのですね。
「上海万博訪問団招待を拒否」というような見出しが出ていましたが、実のところ何かあるといけないので、来ない方が良いかも知れないですよ。というのを新聞で「拒否」という強い表現に書き換えていると思えるフシがあります。

マスコミは国際社会の敵です!!
また日本を戦争に引き込みたいのか!!


22. 2010年9月23日 00:50:22: h02tUnGZVY
日本にこれだけ米軍基地がある状況で戦争や戒厳令がしかれれば
米軍の指揮権のもとに日本が行動させられることになるだろう。
またユダヤ(シオニスト)の思うとおりに戦争を繰り返してはならない。
今回の小沢を選べなかった民主党代表選が取り返しのつかない事にならなければいいが。

23. 2010年9月23日 01:19:55: cINccTMHIY
仙谷・前原・菅のコメントと中国外交部報道官の発言内容を時系列に沿って整理し直すと、3バカトリオが司法・行政・政治の3領域の中で、いかにうろたえ、ブレまくっているのかがわかる。その一方で、中国側の発言は常に冷静であり、貿易実務の商業通信文テキストに記載されているような定番クレーム文の域を越えていない。
例えば;「それにより生じた深刻な結果については、貴社が全責任を負うべきであることに留意されたい。」などである。現段階では、考証学的な歴史観や邪推に満ちた陰謀論などをネットで散布する必要はない。だが、敢えて中国側の真意を読みとくと「第二の小泉を誕生させた場合、国益上好ましい結果をもたらさないので、その芽を早いうちに摘みとっておく。」ということになるだろう。

24. 2010年9月23日 01:23:26: CMBpmtLT2U
地球統治者である国際金融資本家は資本主義を米国で実験し、社会主義をソ連で実験し、両方を中国で実験した

中国共産党は国際金融資本家が支援し大きくした
国際金融資本家の多くは隠れ共産主義者である

日本人も中国人も戦争を望んでいないのに、国際金融マフィアと中国共産党は望んでいる
上海市場とNY市場の崩壊は資本主義崩壊である
来年早々に、米国はヘッジファンド2割削減に舵を切る
資本主義崩壊は目の前まで来ている
米国はイスラエルを支える国力が消え失せ、イスラエル右翼の暴発は避けられない
2012年ゼロイヤー前に、ユダヤ教徒もキリスト教原理主義者も終末戦争を待望している


世界には戦争をしたい連中が溢れ出した
菅政権が戦争誘発内閣なのは自明
日本の権力機構は韓国・統一教会・KCIAに押さえられている
米国・国際金融マフィア・CIAが韓国勢を利用して日本を間接統治している

日中戦争で韓国の漁夫の利だけは絶対阻止しなければならない



25. 2010年9月23日 03:20:37: 7aNeVov3ys
>>18さま

前原って高坂正堯教授の門下生なんですね。
なるほど。
高坂氏にも洗脳されてるはずですよ。
彼はアメリカ重視の国際政治学者で、自民党の御用学者として有名です。
それから松下政経塾でガチガチに仕上げられたんでしょうね。



26. 2010年9月23日 05:59:52: 0JUW9FCSmc
02さん

教えて!

                      Bそう


27. 2010年9月23日 07:58:33: 7VF9bgC3tU
25 へ

高坂教授は前原を落第学生としていた。
前原は大学でも落第だった、だから 政治家志望へ切り替えた、
政治家なら小泉の様に大学卒業でなくても政治家で学卒らしくしていられる。
前原は政治家としても駄目ダメだった。
高坂は前原が足元にも近寄れない崇高な人だった。前原を悪く言っても
高坂を貶してはいけない。


28. true 2010年9月23日 08:13:56: AWkgSufl126Ow : NBICMeCSK2
●このままでは"日本沈没"は近い

仙谷・前原・管トリオは『トリオ・ロス・ジャパン(日本売国トリオ)』だった。

この3人はやはり米国に仕組まれ送り込まれた『トロイの木馬』だったんだ。

米国は雇用創出のため”製造業復活”を狙っている。
そして、製品販売先として当然中国のシェアを拡大したい。
そのためには、中国へ大量に製品を輸出している日本のシェアを落とす必要がある。
中国は中国で、日本よりは米国を手を結んだ方がなにかと安定する。

従って、中国は日本の製品シェアを落とす大義名分作りを始めた。
米国は、仙谷・前原・管の嫌中国トリオとマスゴミを使って反中国感情をあおる。

このままいくと日本沈没が近い。

●小沢さんの世界観の正しさがよくわかる。

こうしてみると、やはり小沢さんの世界観、政治勘は卓越しているとあらためて思う。
中国に300人を引き連れて訪問したことの意味をもう一度振り返ってみる必要がある。
もはや、米国にとって日本はじゃまなだけであり、それが具体的行動となって現れてくるだろう事を予見し、国難を救う目的で満ちを切り開こうとした。

小沢さんをなんとしてでも我々は支えなければならない。

■政治家としての小沢さんの評価
(アムステルダム大学教授カレル・ヴァン・ウオルフレン氏、「中央公論」2010年4月号より引用)

『小沢は今日の国際社会において、もっとも卓越した手腕を持つ政治家のひとりである。
ヨーロッパには彼に比肩し得るリーダーは存在しない。
政治的手腕において、そして権力というダイナミクスをよく理解しているという点でアメリカのオバマ大統領は小沢に及ばない』


29. 2010年9月23日 08:21:39: sb7RTwxLAs
 
創価学会の国際感覚 ― そのご都合主義と謀略性
 
【日中友好を勢力拡大に利用する池田創価学会】
 
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:zmGl8Wf_GrIJ:www.forum21.jp/contents/05-5-15.html+%E4%B8%AD%E5%9B%BD+%22+site:forum21.jp/&cd=1&hl=ja&ct=clnk&inlang=ja
 
【中国人技術者による「大量データ持ち出し事件」】
 
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-3751.html
 

30. 2010年9月23日 10:44:00: DCHDReL3A2
>>18さん
なるほど、そういうことならば、
経済界べったりで当然アメリカの影響を受けている怪しげな団体である松下政経塾への進学を前原にすすめた高坂教授も、今で言うネオコンのグルってことがいえますね。高阪教授が松下政経塾の背景を知らなかったはずがありませんし。
アメリカの支配下にあるネオコン教授のゼミに入った前原の悲劇ですね。
松下政経塾は、なんかスーパー政治エリートのイメージがあるのは怖い



31. 2010年9月23日 10:47:55: cINccTMHIY
 京大高坂教授が前原に対して「落第点」を付けたのではなく「学者に向いていない」との評価だったと記憶している。「学者に向いていない」という評価を与えられたということは、裏返して言えば、前原は自分の進路について、大学院に進んだ後、京大助手として大学に残りたい旨の意思を卒論担当教授に対して表明したものと思われる。学部の卒論を書き終えた段階で担当教授から(大学院コースを経ないで)助手として大学に残るよう要請を受けるのはごく稀な逸材に限られ、大学院終了時点で大学に残るよう言い渡されることもそうたやすいことではない。
 この一週間程の間、前原外務大臣の尖閣発言を整理すると論旨に一貫性を欠き、たとえ学者の道を歩んだとしても、格別な論文を上梓するに至らないであろうことが容易に推測できる。滞米中の現在、尖閣沖衝突事故に関連して、前原外務大臣は「尖閣列島は日本固有の領土であり、何かあった場合には、国内法に基づき粛々と対応する。」旨発言しているが、わずか3日前の19日、NHKの討論番組では「偶発的な事故だ。」と結論づけている。前者の発言が外務省幹部からレクチャーされた色彩が強いが、後者の発言は容疑者の船長が沖縄地検で取調べを受けているさなか、外務大臣としての立場を踏まえて言ったのか、あるいはただの個人的意見を不用意に言ったのかが明確でない。この論旨における不鮮明さというのは学者であったならば、致命的欠陥であり、たとえ学会において意欲的な論文を発表したところで、誰からも評価されないだろう。学会に不出来な論文を提出してみたところで社会的な影響は皆無であるが、かかる場当たり大臣が果たして外交の重責を担えるものであろうか? 甚だ疑問である。

32. 2010年9月23日 11:22:21: DCHDReL3A2
>>31
全く同感です。
それと、松下政経塾ではいったい何が教えられているのか。
正体不明の洗脳団体にゼミ生を送り込んだ、今で言えば売国奴教授である高阪教授の罪は重い。
同様に、慶応大学の竹中教授のゼミ生から第二の前原が出現する可能性が大きい。



33. 2010年9月23日 12:24:59: ya9SIoXCVA
流石に軍事衝突は無いでしょ。妄想が先行しすぎているのでは。

現実に日中関係が悪化しても両国に得る所は無いし。特に財界にとっては
はた迷惑な話でしかない。おそらく、前原外相に強力な圧力がかかるのでは。

どーも、阿修羅住民もマスコミの煽りにとことん弱いんですよねえ。
2ちゃん住人と大差が無い。陰謀論が先行すると簡単に判断を誤る。


34. baka 2010年9月23日 12:25:20: RQJEnV9HbG4Tk : Eqiaeyp1g6
仰ることがよくわからん:

(1)中国は,国内問題から中国人の眼をそらさせるために,反日を煽る.
(2)米国は,日中間が上手く行かない方が米国益にかなう.

ということかかな?

言いがかりを付けているのは,中国だ!
ハイレベルクラスの対話だとか,余計な事云わずに,中国人のやったことを文字通り「粛々と」裁けばよいのだ.


35. 2010年9月23日 12:31:42: ya9SIoXCVA
>>34
米国にとっても、日中関係がこじれるのはあんまし喜ばしく無いですよ。
中国も巨大市場なら、日本も巨大市場なので。

日本人は自覚して無いけど、日本の国内需要は外国にとっても非常に
美味しい。円高で更に重要性が高まってるし。
マイクロソフトなんかも自社のゲーム機を日本で売ろうと必死ですよ。

この件も、マスコミの空騒ぎじゃないんですかね。日本にも中国にも
冷戦構造を続けたい連中は居る。
特に、日本ではそういう防衛利権の連中がマスコミを動かしてるので。


36. 2010年9月23日 13:50:06: CMBpmtLT2U
>共産党は上海暴落におびえている。なんとかして経済異変から国の統一を守るしかない。危機に乗じて民衆の目をひきつけ、分裂を防ぐのは戦争が一番である。

米国の緊急課題は産業復興
産業空洞化でスッカラカンの米国は幾らドル安にしても無駄
最低でも、賃金レベル=生活水準を日本以下にしないとユダヤ外資は戻ってこない
戻ってこないなら、強制的に戻らせるしかない
日中戦争になれば、外資は中国から引き上げるし平和ボケ日本企業も中国・アジアから避難して米国に向かうでしょう

中国と米国の政府は戦争を望んでいる
日本と中国の産業が衰退するのは韓国政府にとっても有り難い

ただ、戦争に入って米国が耐えられるか?
耐えられなければ、キリスト教原理主義者の待望する終末戦争に向かう事になる


37. 2010年9月23日 14:26:13: CMBpmtLT2U
中国共産党は外資撤退になるのに戦争をして得するのか?

失業者が溢れても愛国心を鼓舞して中国共産党が勝てば失業者は敵として向かってこない
中国内陸部は水資源枯渇・砂漠化・環境汚染で年々生活圏が縮小している
西側が住めなくなるので、南側・東側を侵略して住み着くしかない
生活圏確保の為の侵略戦争なんて昔から行われている常套手段
15億人の民族大移動≒全アジア域での民族浄化
これで、アジア共同体は中華帝国として安定した統治が出来る
隠れ共産主義者もそれを望んでいる?


38. 2010年9月23日 14:57:14: FRONV22raU
馬鹿菅 1雇用 2雇用 3雇用 4失業 5失業 6失業 7失業 8失業

9失業 10自殺 これが実態・・・


39. 2010年9月23日 15:47:19: wjem63atP6
心配御無用! 我が沖縄には抑止力となるアメリカ海兵隊様がおられるではありませんか。 思いやり予算も世界のどんな国よりも多額を上納してきたではありませんか。 優秀な外務省や防衛省の官僚様がそうおっしゃって政治主導の民主党政権の鳩山様ですら学べば学ぶほど抑止力として必要とおっしゃっていました。それだけでなく、野党の自民党や国民世論を作られるメディアの皆様もアメリカ様が守って下さるとおっしゃっていたではないですか。
 あれ! 本当は違うんですか? それでは沖縄の犠牲や貢いだ税金は何だったのですか?

40. 2010年9月23日 16:18:10: CMBpmtLT2U
肝心のことを忘れてた
中国共産党は7月に国防動員法を施行済み

戦争になれば、外資撤退は困難
中国にある外資企業もその従業員も中国共産党のモノ
今時中国共産党にいる日本企業は震え上がっている事でしょう

菅は平和ボケ守銭奴企業の抗議なんか受け付けるなよ
船長返しても、船長拷問取調べと捏造して日本を悪者にする算段

日本を悪者にして日本を潰す
終末戦争の初期段階は最終異邦人の日本破壊遂行
その後。666獣vs最終異邦人中国、イスラエルvsイスラムの本番を迎える


41. 2010年9月23日 16:20:12: CMBpmtLT2U
40訂正

今時中国共産党にいる日本企業は震え上がっている事でしょう→今時中国に進出している日本企業


42. 2010年9月23日 18:40:37: DCHDReL3A2
日本には、キッシンジャーとかブレジンスキーとかのような
超優秀な国際戦略ブレーンが全くいないのが悲しいよね。

しいていえば有能な戦略家は小沢ざんだけ。
小沢さん1人で、あっちの国のことも、こっちの国のことも考えることなんて出来るわけがない。
対米自立のことを考えるのがせいいっぱいだから、
妥協して在日外国人参政権をエサにして、中国の力を借りようとした。
それなのに、鳩山は小沢さんを煙たがって閣外においだし、選挙対策だけやらせた。
鳩山は、小沢さんを副首相、兼 国家戦略担当相、兼 法務相 兼 幹事長にすべきだった。
一方、バカ菅は、小沢さんを100%排除し、意見など一切とりいれないだろう。


43. 摘発求む 2010年9月23日 19:40:14: HcdrHTAXm5kNk : dIvUhA8sEs
このままいけば、小さな軍事衝突はありえますが、その時こそ小沢待望論を大いに叫びましょう。この難局は小沢しかいないと。中国世論も同調するはず。誰もこんなことで、戦争なんて真っ平ごめん。馬鹿も休みやすみにせい、前原君!!

44. 本野一言 2010年9月23日 21:37:29: Wf2ZrLP0uKwjM : IWx1Zq3HEI
アメリカ礼賛も中国礼賛も好きではありません。
日本は親米でも親中でもかまいませんが、日本の国益を第一に考えるべきでしょう。
少なくとも尖閣列島の問題は中国がどう主張しようと日本の国内法で処理されるべきです。
中国の対応は国内向けの面はあるにしてもあまりにも滅茶苦茶で外交儀礼も何も無く駄々っ子同然、日本は属国扱いです。
わが国は事実をもう少し世界にアピールすべきです。中国に言われっぱなしでは各国には一方方向の情報しか入りません。
漁船の航路をビデオに撮ってあるとの事ですからそれを大々的に公表すべきです。事実をもって各国を味方につけ堂々と論争し、渡り合う、それが独立国の外交ではないでしょうか。

45. 2010年9月23日 21:47:08: cINccTMHIY
日中の軍事衝突はない。尖閣諸島が反中分子の巣窟というわけでもないし、そもそも自国の領土と見なしている尖閣沖に大艦隊を派遣する理由と大義名分がない。但し、船長が起訴された直後、中国政府はこれに便乗して、「レアメタルの対日輸出封鎖」「多量のドル売り・円買い」くらいのカードは切ってくるだろう。レアメタルの買い手は世界中到るところにあるし、対日制裁後、日本の電気自動車産業は世界競争から振り落とされ、80円割れが輸出産業の海外移転をさらに加速させ、菅の目玉政策たる雇用までもが近い将来決定的に危うくなる。仙谷は今頃になってハイレベルの会談を呼びかけているが、中国政府から一蹴されており、また尖閣問題が経済に与える問題意識が極めて低く、財界はブチ切れ寸前である。中国政府は菅・仙谷のバカップルがトカゲのしっぽ切りをせざるを得なくなるまで徹底的に追い詰めるだろう。

46. 2010年9月24日 00:00:46: Fd0uMF9u9s
NY市場はFEDが買い支えているだけで何時でも崩壊出来る
上海市場もバブル崩壊前夜

資本主義崩壊=米国覇権崩壊=中国共産党体制瓦解=イスラエル体制瓦解=戦争
これは簡単な公式
でも、平和ボケ日本人は理解不能らしい

米国覇権崩壊=米国に変わるアジアの統治者が必要
それは、中国共産党なのか、反中国共産党勢力なのか
隠れ共産主義者の国際金融資本家は中国共産党をアジア共同体の統治者にしたい事でしょう
EUが出来るまで数百年要している
アジア共同体も穏便に築き上げるのはそれ以上の期間を要する
数百年間のアジア混沌化を我慢できる者は居ない
新統治者選びは戦争でしか決着しない

米国覇権崩壊=イスラエル体制瓦解→イスラエル右翼の暴発→中東戦争
前のブッシュ政権時から米国中枢はイスラエルの暴発を誘っている
敬虔な終末教宗徒にとって、この世はかりそめ


47. 2010年9月24日 00:21:41: Fd0uMF9u9s
米軍はグァムまで後退する
つまり、グァムから西は新統治者に権限委譲
中国共産党が張り切るのはやむなし


48. 2010年9月24日 00:50:23: DCHDReL3A2
アメリカが倒した小沢。
もしかして、中国は高等戦術で、小沢と協力してその出番を用意しているのか?
そんなことはないか。そうだったらいいのだが

49. 2010年9月24日 00:52:02: Fwa6MVFrHQ
45様

「日中の軍事衝突はない」と言い切っておられますが、
それを願う勢力がいる以上、それは常に起こりうることです。

誰も、中国人も、日本人も願っていないことでも、
両国をコントロールして利を得ようとする勢力は、
日本のマスゴミを自由に操作し、マスゴミはいとも容易くそれに乗り、
そして、戦争の道をひた走るでしょう。
(過去の日中戦争がそうでした)

日本人一般が、そのような「嘘」を見抜けるほど、
成熟した国民ではないし、B層、C層、D層がほとんどです。
(国際的謀略だらけの世界を、正直バカな日本人が見抜けるわけがない)

日本は、江戸時代に戻るべきです。
アメリカがなくても、中国がなくてもやっていけるだけの、
食糧、エネルギー、国内産業を底辺において確保し、
どうでもいい部分だけ、それらの覇権国と付き合うべきです。

覇権国は、日本の国益や、日本人の生存を考えていません。
むしろ、この国や国民が存在することを、迷惑としか考えていません。

そうでしょう、西洋の人種不平等主義を打ち壊した、最大の敵が
この日本国なのですから。

日本人は、西洋覇権国にとって、抹殺すべき民族でしかありません。

中国にとっては、別な意味で、「利用すべき国」でしかありません。

問題は日本の指導層です。
マスゴミ、役人、司法、全てが、その主流は、売国勢力に魂を売った、
「非国民」以外の何者でもありません。
この糞どもは、国民を売り飛ばして、狭小な自己利益に供することしか
頭にありません。

村木局長がらみの検察官の逮捕など氷山の一角であり、トカゲの尻尾切り
でしょう。真黒な連中が、黒を使って、灰色を切った程度の演出です。

日本国内の売国勢力こそが、国民の敵であり、国外追放すべき輩たちです。
その連中が、官邸に、省庁に、司法権力やマスゴミの中に蠢動し続け、
勢力を振るっているからこそ、国民の幸せは無いのです。

いつか、この者たちの墓を、日本国民は、
「日本国民を売った恥ずべき○○」として、書き換えるべきです。
その者たちの家族や子孫も、「国家反逆罪の一族」として、
三代まで罪を科すべきです。
(中国では、普通にやっている。名誉回復などすべきではない)



50. 2010年9月24日 01:05:02: DCHDReL3A2
日本が食料の自給自足(いまは40%)できないように、長期間で計画的にしてきたのがアメリカ。
それに従ってきたのが自民党と官僚。
だから今後も無理



51. 2010年9月24日 01:06:01: vILN6T3oU6
すばらしい。
分断して統治する、のがアメリカの常套手段だから、誘いに乗ってはいけない。

52. 2010年9月24日 06:40:48: NBICMeCSK2
■仙石・管・前原の国賊トリオの役回りを明かす!
この3人『トリオ・ロス・ジャパン(日本売国トリオ)』のそれぞれの役回りを明かす。

・仙谷:小沢の政治生命を抹殺する。「国民本位」「自立国家」の芽を摘む。
・管:民主党の単独過半数を阻止し米国に国民の財産の献上を続ける
・前原:中国と緊張関係を作り日本の自立を阻む

●管の「消費税増税」発言は意図的だった。
管が突如「消費税増税」をもちだしたのは、参院での民主党単独過半数を阻止するための、意図的な発言だったというわけだ。

実に恐れ入った。

このような反逆行為でこの国賊トリオの得られる利益は、単に個人的な欲望を満たすことだ。そのために国民の『民意』を売った。

●仙石・管・前原はネオコンが送り込んだ『トロイの木馬』だった。


53. 2010年9月24日 10:29:16: cINccTMHIY
>>49さん

>過去の日中戦争もそうでした。

「支那事変の起因と背景」を知った上でそんなことを言っているのですか?
好戦的勢力は当時もいたし、今もいるでしょう。ルーズベルトが石油輸出封鎖の謀略で日本を大東亜戦争に追い込んだのも事実ですし、真珠湾攻撃に狂喜したのはルーズベルトだけではなく、チャーチルもそうでしたし、蒋介石、毛沢東も同様でした。だた、違う条件下で比較してもあまり意味がなく、現況日中間で戦争は起こりません。しかし、沖縄から米軍が完全撤退した場合その限りではありません。
 また、中国が90%のシェアを占めるレアメタルについて、日本向けの船積が通関中に停止されました。一応制裁期限を今月末としていますが、船長が起訴された段階で輸出契約と船積の無期限停止に踏み切るでしょう。これは魚釣島を実効支配されること以上にダメージを受けることになります。そうなると、近い将来新機種携帯の90%が完成品の輸入ということもありえますし、日本の電気自動車産業は半壊します。


54. 2010年9月24日 12:07:43: gJlgaVD3Fc
孫崎享氏Twitterより
http://twitter.com/magosaki_ukeru

私がもし米国の陰謀家なら何故今日本に中国漁船拿捕をさせるか。(1)東アジア共同体など日本に日中緊密化の動き、阻止、(2)防衛大綱見直し検討(3)普天間など米軍存在意義抑止論。中国脅威+(4)自衛隊を米戦略一体化。中国は10月党中央委員会。次期指導体制検討。弱腰出来ず。緊張不可避 6:21 AM Sep 23rd webから

9月16日アーミテージ官房長官訪問。「中国日本を試している」と発言。多分緊張回避でなく日本の毅然とした態度進言。15日記者クラブで講演。防衛費を増強、比沖での海兵隊訓練に自衛隊の参加を提言。私のツイッター「私がもし米国の陰謀家だったら」と全く偶然に方向が一致。不思議なことである。 6:36 AM Sep 23rd webから

尖閣、歴史の教訓(米国の謀で領土問題で踊らされる日本)、マイケル・シャラー:千島列島へのソ連の主張に(日本が)異議を唱えることで、米国政府は日本とソ連の対立をかき立てようとした。うまくいけば、北方領土についての争いが何年間も日ソ関係を険悪なものにするかもしれないと彼等は考えた。 10:34 AM Sep 23rd webから

@momoponzu 中国筋→私:(1)10月党大会は次期指導体制の方向を決める重要な時期(2)中国経済国内福祉重視の潮流が形成され相対的に中国軍部は影響力低下。軍部には緊張好む層あり(3)これを背景に穏健派も強硬路線を取らざるをえない。以上より外交的強行方針は軍部介入阻止意図。 約14時間前 webから momoponzu宛

@Joe2ch 党大会とあるは中央委員会の間違い。訂正します。 約14時間前 webから Joe2ch宛

@kisugekisuge すでに係争。国際的認識はそう。「同盟国」米国ですらそう。政府の「係争はない」という立場はおかしい。繰り返すが主権主張と係争認定は両立可。歴史的に日本は自分の論理が正当と思い込みすぎ。少なくとも対立の存在を客観的に認識し対処考察が国際政治の大前提。 約1時間前 webから kisugekisuge宛

マスコミは中国の対日制裁しか報道しないが、前原「何もできない」大臣・外務「何もしない」省についてもきちんと報道すべきだ。


55. 2010年9月24日 13:01:10: 2vB1qwrN62
>>27さん
25です。

わたしはそれほど高坂氏を評価してません。テレビでみた限りではですが。



56. 2010年9月24日 14:42:22: EsOlLUlA7w
米国のある学者の話では、尖閣は71年沖縄を返還した時に、日中間に埋めた地雷だ。

57. 2010年9月24日 16:40:05: 6YqUSpoSCk
レアメタルで大企業の利益保護優先のため、領海侵犯犯を処分保留で釈放してしまった。
 日本の主権はどうなったのだ。
寸土をも譲れば国家主権全体が危うくなることが分からないのか。
 全世界の笑いもの国家になってしまったことが分からないのか。

 亡国の菅戦国ゲバ政権を終わらさなければ更なる国益を損なう売国隷従国家に成り下がってしまう。


58. 2010年9月24日 17:00:19: Ze58lTfU6Y
ほ〜〜。こんなおっちゃんだったのかあ?層化ラジオでの人生相談の声を聞く限りもっと若い人かと思っていた。
というか、あんな層化ラジオに出演するくらいだからかなり胡散臭い怪しい人間だと思っていたが、これはまともだねぇ。まぁ層化だらけラジオもたまにマトモな人間を出す必要もあるわなあ。
ってかこの人も層化じゃね〜だろなあ?
層化ってな〜んか勘違いして狂祖のソン・テジャクが日中国交回復したとか信じてんだろ?ア〜ンポ〜〜ンタ〜〜〜ンやねシンジャーは(笑)

59. 2010年9月24日 17:11:19: Ze58lTfU6Y
マネシタ整形塾====前薔薇&嫁====利権日中交流====そ〜か瓦解

====ユダ金ダメ〜リカ====統一凶怪====商況連合====キタ朝鮮

====似非ウヨク====極左過激派====痔眠党====蝙蝠党====

在日暴力団====etcetcetc リピ〜ト

いや〜〜〜んニッポ〜〜〜〜ンwwwwww


60. 2010年9月25日 00:32:07: choTLVgknU
>>56.
>米国のある学者の話では、尖閣は71年沖縄を返還した時に、日中間に埋めた地雷だ。

北方領土は日露間に埋めた地雷。竹島は日本と朝鮮の間に埋めた地雷……。


61. 2010年9月25日 13:48:59: 41i5o7rNBk
 レアメタルに関してですが、ほかの国には輸出しているんですよね。全面停止ではないですから。
 ならその国を経由して日本に持ってくればいい話では?
 短期的には輸入が減るかもしれませんが、仕入れルートを確立すればすぐにかつてのように手に入るようになると思いますよ。 携帯電話の製造も出来なくなるというのはおおげさでは?

62. 2010年9月26日 15:05:18: XJ9eMlz9vk
前原なんかを外相にしてるこの国は狂ってる。
まずあんな不必要に脂ぎって、腹黒さが皮膚の毛穴から見えて
しまっているマイケル・グリーンの忠実な僕(しもべ)が、
なんで「大臣」とかいう肩書きを持つのか!?
そこからしておかしい。

いつか日本が正常化した時に、「あんなおかしな時代があった」
と言って振り返る際の象徴的な存在が、前原やセンゴクだと
思っている。
小泉・竹中・飯島に続く、日本を破壊に導く悪魔の手先。魂を
金と自己保身のために、いとも安く売り払い、祖国と祖国民を
地獄に陥れた仲間。所属する党なんぞどーでもいい。あまりにも
同じ志で結ばれた小泉・竹中・飯島、菅・前原・仙谷(その他
もろもろのどーでもいい売国議員どもよ)め。この事実を、もっ
と多くの国民が認識しないと、変化は起こらない。
小沢さん一人に任せておいて、このしぶとい奴らが簡単に消滅
する筈がない。しぶとく、決してあきらめず、日本国を日本人の
手に取り戻しましょう。
いつの日か、この売国の輩を、皆火あぶりにできるように、地道
にがんばりましょう!!!!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK95掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK95掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧