★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK95 > 718.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
檀公善:第五検察審査会の審査は着々と進んでいる。捏造犯罪集団=検察の小沢起訴のたくらみを打ち破らなくてはならない。
http://www.asyura2.com/10/senkyo95/msg/718.html
投稿者 檀公善 日時 2010 年 9 月 23 日 12:53:59: 5ahbeaJAdnPAk
 

大阪地検特捜部の前田恒彦検事は、9月21日のニュースを独占しました。検察の信用は地に落ち、検察=捏造犯罪集団であることが証明されました。

日本中が前田、前田で大騒ぎをしている間にも、東京第五検察審査会による小沢氏事件の審査が着々と進んでいることを忘れてはなりません。来月には、間違いなく議決が行われ、ここで起訴相当の議決が出れば、小沢氏の強制起訴が確定します。小沢氏は「逃げずに闘う」としていますし、裁判の結果は当然無罪になるべきものでしょう。

しかし、反小沢巨悪大連合の狙いは、裁判の判決に焦点を絞っているわけではありません。判決がどうなるか、そんなものはどうでもいいのです。

小沢氏に先立って冤罪で起訴された石川氏の場合を振り返ってみましょう。当時、国家戦略・行政刷新担当相だった仙石官房長官は、2月9日の記者会見で、石川氏について「離党もあるんじゃないか。そういう判断をした方がいいと思う。私なら最低限、そうするだろう」と、石川議員に離党を勧告しました。また当時の千葉景子法相も、「本人が判断することだが、起訴されたことは重く受け止める必要がある」と言い、本人は2月11日、ついに離党に追い込まれてしまったのです。

小沢氏が強制起訴ということになれば、自民党をはじめ野党は、ここぞとばかりに議員辞職を叫び、証人喚問の要求などで攻め立ててくるでしょう。政府・民主党の中からも、離党勧告の大合唱が始まるに違いありません。9月19日の「新報道2001」では、民主党の選挙対策委員長に内定した渡辺周総務副大臣が、小沢氏が強制起訴された場合の対応について、「いろいろな可能性は考えていると思う」と述べ、執行部として離党勧告を行う可能性を示唆しました。

マスメディアが一斉に小沢氏に集中砲火を浴びせることは言うまでもないことです。もっとも小沢氏は、辞任も離党も拒否するでしょう。しかしその場合、仙石氏あたりから、除籍というカードが持ち出されてくる可能性も、十分にありうることと考えなければなりません。

裁判の結果がどうこうではなくて、起訴を理由に政治生命を絶ってしまえというのが、反小沢巨悪大連合のどす黒い意思なのです。それほどまでに、反小沢巨悪大連合を構成するそれぞれには、この際小沢一郎という政治家を、二度と立ち上がれないように葬り去りたいという、切実極まりない動機があるわけです。この必死な動機を、絶対に軽視することはできません。

前田恒彦検事による村木局長事件の場合は、物理的な証拠の捏造ということで、冤罪に貶める検察の企図がきわめて分かりやすく、マスメディアも含めて非難轟々轟き渡ったわけですが、小沢氏事件の場合は、検察の手の内をしっかりと暴かないことには、冤罪の構造が簡単には見えにくいという特徴があります。

あらためて第五検察審査会の議決書のいう被疑事実を見ておくと、「陸山会は平成16年10月に代金3億4264万円を払って土地を取得したが、大久保氏と石川氏は共謀し、平成16年の収支報告書に代金支出と資産土地を記載せず、大久保氏と池田氏は共謀し、平成17年の収支報告書に4億1525万4243円を事務所費支出とし、土地を平成17年1月7日に取得したと虚偽記載した。そして小沢氏は、大久保、石川、池田3氏の共謀共同正犯である」というものです。

まず、平成16年10月に陸山会は土地を購入していませんし、代金を支払ってもいません。検察の主張は100%捏造です。代金を支払ったのは小澤氏個人であり、小澤氏個人が対価として取得したのは土地の所有権ではなく、所有権移転請求権です。したがってこの取引が、陸山会の平成16年の収支報告書に記載されていないのは当然であって、不記載こそが正しいのです。これは登記簿謄本を見さえすれば、直ちに分かることです。以下この文章では、小澤一郎氏個人は「小澤一郎」、陸山会代表、小沢一郎等、政治家小沢一郎の場合は「小沢一郎」と表記し、はっきりと使い分けるものとします。

検察の捏造の手口は、個人小澤一郎の取引を、陸山会(代表:小沢一郎)の取引であるかのように意図的、恣意的に誤認し、あくまでも平成16年10月29日に陸山会が土地を購入したという、全く虚構のストーリーをフレームアップしています。

平成16年10月当時、陸山会には、当該代金を支払おうにも、支払能力はありませんでした。収支報告書によれば、平成16年に繰り越された繰越額は151,229,466円です。そしてこの年の収入は580,024,645円、支出は121,202,731円ですから、平成17年へ繰り越した繰越額は610,051,380円ということになります。このうち471,500,000円は定期預金ですから、現金・普通預金は、138,551,380円繰り越されたことが分かります。

3億4264万円という金額を支払おうにも、当時の陸山会には、無い袖は触れないのです。このことは、平成16年分の陸山会の収支報告書を見て計算すれば、小学生でも分かることです。

次に、陸山会は政治資金団体であり、みなし法人、すなわち権利能力なき社団です。ですから不動産を所有し、その所有権を登記することはできません。その陸山会に、仮に3億4264万円のお金があったとしても、代金を支払って土地を取得し、これを登記することは絶対にできません。

また、小澤氏個人が個人の原資をもって代金を支払った土地は農地で、地目は畑でした。したがって農地法5条によって、平成16年10月に小澤氏個人が代金を支払ったとしても、所有権移転登記はできません。事実行われた登記は、所有権移転登記ではなく、所有権移転請求権仮登記です。これも登記簿謄本を見さえすれば、直ちに分かることです。

「陸山会は平成16年10月に代金を払って土地を取得した。」という被疑事実の文章は、「陸山会」という主語も、「代金を払って土地を取得した」という述語も、両方とも間違っている、とんでもない捏造の文章です。

農地法5条の適用は、その農地が市街化区域であるかないかによって変わります。市街化区域でない農地の場合は、譲渡にも、地目の変更にも、知事の許可が必要ですが、市街化区域の場合は、地元の農業委員会に届け出、受理証明書を取得すれば、所有権を譲渡し、それを登記することも、地目を変更し、それを登記することも可能です。

農業委員会は不定期に開催されますから、いつ受理証明書を取得できるかは定かではありませんが、いずれにしろそのような手続きを経て、平成17年1月7日に小澤氏個人を所有者とする所有権移転の本登記をしたことになります。これは登記簿謄本にそう書いてある事実です。

そしてここまでの経過については、主人公は全て小澤一郎氏個人であって、陸山会の出る幕はいっさいありません。またここまでの実務、すなわち所有権移転請求権仮登記、農業委員会への届出、所有権移転登記の実務を行ったのは、餅は餅屋と言いますから、売主である大手不動産会社の東洋アレックス株式会社の側であって、買主である小澤一郎氏個人は、必要に応じて委任状に署名捺印をしたり、印鑑証明書を預けただけであろうことは、容易に推察することができます。小沢氏が「登記がどうして1月7日になったかは、私は分からない」と言っているのも、まことにさもありなんと思われます。

小澤一郎氏個人がこの土地を取得した目的は、もちろん陸山会の事務所(寮)として使うためです。そこで登記上の所有権を小澤一郎氏個人にしたまま、実質上陸山会のものにするために、個人小澤一郎氏と陸山会代表の小沢一郎氏の間で、名義上の所有者は小澤一郎氏、実質的な所有者は陸山会とするという「確認書」を交わして、即日、すなわち1月7日に陸山会に移譲しています。ここではじめて、この土地に関して陸山会の名前が登場するわけです。

そして池田氏は、検察審査会の議決がいうように、「平成17年の収支報告書に、本件土地代金分過大の4億1525万4243円を事務所費として支出した旨、資産として本件土地を平成17年1月7日に取得した旨、それぞれ虚偽の」ではなく、正しく「記入」しています。

検察官も審査補助員の米澤敏雄弁護士も、いやしくも法律のプロであるわけで、農地法5条の存在を知らないということは、絶対に考えられないことです。にもかかわらず、10月29日に所有権移転請求権仮登記、そして1月7日に所有権移転の本登記をしているものを、それも陸山会ではなく、小澤一郎氏個人にかかる取引の登記を、悪質な「期ずれ」であるとの言い掛かりをつけて犯罪であるとし、冤罪を強いているのです。まさしく犯罪の捏造です。

検察審査会が直接的証拠としているのは、収支報告書を提出する前に、石川氏、池田氏が、それぞれ小沢氏に報告・相談・説明し、了承を得たとする供述調書だけであり、この供述調書をもって、小沢氏の共謀共同正犯が成り立つとしています。

以上のことから分かるのは、はじめに大久保、石川、池田3氏の捏造された「犯罪」ありきを前提として、この冤罪に小沢氏が関わったとしているわけです。明らかに3氏の「犯罪」が冤罪である以上、小沢一郎氏を共謀共同正犯であるとするのも、もちろん冤罪の上塗り以外のなにものでもありません。

もともと検察の狙いは、4億円の原資に水谷建設からの裏献金があるというフィクションを描き、そのストーリーをフレームアップすることでした。そしてそのために、長期にわたる強引な捜査を強行してきました。村木事件で証拠改竄をした前田恒彦検事は、陸山会の会計責任者であった大久保隆規氏を、こうした手口で起訴にもちこんだ担当検事だったのです。

どんなに捜査を進めても、裏献金を立証する証拠がないことに狼狽した検察は、でっちあげた収支報告書の不記載、期ずれ、虚偽記載をもって被疑事実とするしか立つ瀬がなくなってしまったのです。

もともと検察は、小沢氏について、裏献金が立証できないばあい、収支報告書だけでは起訴しないという方針を立てており、事実、不起訴を繰り返してきました。

大林宏検事総長が9月7日、日本記者クラブで「小沢氏を有罪にする証拠はない」と断言したのは、この方針に基づくものです。もっとも記者クラブ所属の新聞・テレビは、この大林発言を完全に無視し、一切報道しませんでした。それはともかく、ここにとんでもない検察のダブル・スタンダードがあることを指摘しなければなりません。収支報告書だけで小沢氏を起訴しないとするのであれば、共謀共同正犯関係にある大久保、石川、池田の3氏が収支報告書をもって起訴されていることの意味はいったい何なのでしょうか。

小沢氏を不起訴にしたのであれば、大久保、石川、池田3氏も当然不起訴であるべきだし、3氏が不起訴であれば、共謀共同正犯関係にある小沢氏が起訴相当とされることもナンセンスです。鏡のこちらが白ならば、鏡に映った像も当然白です。白を鏡に映すと黒になる、そんな馬鹿げた鏡があってはなりません。

どうしてこんなおかしな綻びが生じるのかといえば、もともとが、ありもしない冤罪であるからです。冤罪は村木事件だけではありません。一国のトップリーダーにもなるべき偉大な政治家が、検察の冤罪によって葬り去られることを許すとすれば、これほど大きな国民の恥は二つとないでしょう。

4月28日「司法の在り方を考える議員連盟」の勉強会に出席した鈴木宗男氏は、中川氏から聞いた話として、つぎのような恐るべき事実を明らかにしています。

「きのう検察審査会の発表がありましたね。あの検察審査会の説明は検察官がしますね。これみなさん、恣意的、意図的に一つの思い込みで説明されたら、あの審査会のメンバーは一般の人ですよ。法律の専門家じゃないですよ。

わたしきのうの発表を見て、(小沢氏は)絶対的な権力者という表現がありますよ。これみなさん、秘書とわれわれ国会議員の関係は、信頼以外の何ものでもないんじゃないですか。わたしなんかかつて中川一郎秘書やって、全権委任されて、鈴木宗男イコール中川一郎というぐらい信用ありました。

小沢さんの秘書だって、わたし同じだと思いますよ。いまわたしは秘書に全部全権委任していますよ。その実態を知らない人たちが、検察の説明どおりでやられたら、たまったもんじゃないですね。それが一つと、

2月1日、石川代議士は、東京地検特捜部の吉田(正喜)という副部長から、『今回は小沢は起訴できないけども、検察審査会で必ずやられるんだ』。こう言ってるんですよ。みなさん。起訴される3日前ですよ。」

今まさに、法律の専門家ではない一般の11人に対して、捏造犯罪集団である検察が、推定無罪の大久保、石川、池田3氏の捏造された「犯罪」についての小沢氏の共謀共同正犯を捏造する説明がなされている可能性を考えなくてはなりません。また審査補助人である弁護士が、起訴相当という結論に向けて、議決書の作成を「補助」している可能性を考えなくてはなりません。

すでに一度目に起訴相当という議決を出しているわけですから、再度この議決を了とする可能性はきわめて高いと考えられます。そして首尾よく起訴相当という議決にリードすれば、小沢氏は強制起訴ということになります。

反小沢巨悪大連合は、まさにこのときを、てぐすねをひいて待っているのです。そして巻き起こる離党勧告、辞職要求、証人喚問等の大合唱。とにかく小沢氏の政治生命を絶つにはここぞとばかりに攻めてくることは必定です。

最初の第五検察審査会で直接証拠とされたものは、石川氏と池田氏の供述調書のみです。鈴木氏の発言にある吉田正喜特捜部副部長のような検事が、脅迫紛いの取調べによって作成した供述調書の信憑性は、疑われて当然です。

事実、件の土地売買にまつわる実務、すなわち所有権移転請求権仮登記、農業委員会への届出、所有権移転登記の実務を行ったのは、売主である大手不動産会社の東洋アレックス株式会社の側であることは常識的に推定できることです。であれば、実務を売主側に任せた石川氏や池田氏が、何らかの犯意をもって、意図的に「期ずれ」を仕組むなどと考えるには相当の無理があります。

さらに石川氏も池田氏も、個人である小澤一郎氏の秘書でもあり、陸山会代表である小沢一郎氏の秘書でもあるわけです。本件土地の売買や資金の動きに関して、政治資金報告書は、政治資金団体である陸山会にかかる資金の動きを、個人小澤一郎氏にかかる資金の動きと峻別して記載することを求められているわけですが、何年も前に行った記帳の作業について、検察官からの恣意的、意図的な誘導や脅迫が行われる中で、ひょっとしたら記載ミスがあったかもしれないという記憶の混乱を起こすことは十分に考えられます。

ましてこれは日本の検察の常套手段ですが、「認めればすぐにも釈放するが、否認する限り拘留を続けるぞ!」という人権無視の取調べが行われるわけですから、供述調書のみの直接証拠で有罪とすること自体、きわめて一方的な起訴であると断じることができるでしょう。

今回の小沢事件の二度目の検察審査会も、この証拠能力がきわめて乏しい供述調書のみを直接証拠として、一般人11人に判断を迫る形で行われます。しかも小沢氏を共謀共同正犯とする起訴された3人の被疑者の誰一人として、有罪は確定していない、すなわち推定無罪なのです。冤罪ですから当然のことですが……。

しかし、郷原伸郎氏が「あぜんとした」と言う一回目の審査会の議決を読めば、今回も一回目と同様に、「あぜんとする」起訴相当の議決が出る可能性はきわめて高いといわなければなりません。

小沢事件の捏造を徹底的に検証し、客観的な事実に基づく真実を明らかにした「小沢真っ白」チラシの存在意義は、ますます大きくなっています。あらゆる可能性を汲みつくして、このチラシを一人でも多くの人の目に触れるようにしていかなければなりません。この「小沢真っ白」の真実を明らかにしていく行動は、「小沢真っ白」メーリングリスト(ML)の仲間の手で、大きく広がっています。ぜひ「小沢真っ白」メーリングリストに参加してください。

さる9月19日(日)、東京都新宿区で第1回の「小沢真っ白」メーリングリストのオフ会が開かれ、北海道や九州から駆けつけた参加者を含めて、熱心な討議が行われました。オフ会ではMLとして取り組む当面の課題を決めました。朝日新聞等、目に余る偏向報道をする新聞の不買運動や、偏向テレビ番組のスポンサーへの働きかけ等も、共同行動として進めていくことを決めました。

村木事件と小沢事件について、マスメディアは極端極まりないダブルスタンダードをあからさまに振りかざしています。村木事件では検察批判をポジティブに展開しつつ、小沢事件では、検察とぐるになって、執拗なネガティブキャンペーンに狂奔しています。その双方の事件に、前田それがしが関わっていたことは、単なる偶然なのでしょうか。

小沢事件が、大久保、石川、池田3氏への冤罪を含めて、村木事件の冤罪より一段と巧妙に仕組まれた冤罪であることを、徹底的に暴いて行こうではありませんか。

メーリングリストへの参加は、こちらに空メールを。「小沢真っ白」チラシのPDFのダウンロードは、1ページ2ページをクリックしてください。

第五検察審査会が再び冤罪の場にならないよう、クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年9月23日 13:34:39: U04Cnmd1P6
密室で作られた検察の調書なるものが、証拠として採用できないことが、先般明らかになりました。
密室で作られた検察の調書のみで有罪判決となっているすべての事件について、裁判をやり直さなくては、裁判所は国民の信用を失うことになります。裁判所までが検察と一緒に汚辱に見えることは、一日本国民として絶対に望まないところであります。
少なくとも、下級審で密室で作られた検察の調書のみで有罪判決となって控訴または上告された事案に対し、自判または破棄差し戻しを行わない上級審は職務怠慢の何者でもありません。
私は、ムネオ先生の事件のみならず、仙台の筋弛緩剤事件もまったく冤罪ではないかと考えています。仙台の筋弛緩剤事件は、恋人の看護士がかかわっているのではないかと考えそれを守ろうと自白調書にサインしたとのこと。怪しいのはあの院長夫妻でしょ。病院傾いていたという話だから、何かメリットがあったのでは。
防衛庁の守屋はどうかな?前田が指揮したというし怪しい。和歌山の事件も自白調書もなしで有罪確定しているけれど、証拠でるまで刑の執行はしないほうがよいと思うよ。ごめんなさい、間違いでしたではすまない話で、冤罪で死刑にしたら、その裁判官は殺人者ということになるのだから。生きていれば冤罪だったとしても本人に謝罪できるのだから。殺した後ではできません。

02. 檀公善 2010年9月23日 13:59:26: 5ahbeaJAdnPAk : BBikcH7L1k
>>01さま
小沢事件の場合は、上級審ではなく、検察審査会であるという特殊性があります。事実一回目の議決で起訴相当となったときも、直接証拠は石川氏と池田氏の供述調書だけでした。11人の審査員のうち、一人だけでも、供述調書だけでは判断しかねると言い出してくれるといいのですが・・・。
審査員同志は意見を交わすのでしょうから、11人中一人だけでも、「私こんなの読んだんだけど・・・」と「小沢真っ白」チラシのことを話題にしてくれればいいと思っています。私たち「小沢真っ白」メーリングリストのメンバーは、そういう11分の1を確率的に生み出すために活動しているようなものです。一人でも多く参加してくださるよう、あらためて訴えます。空メールください。info@tsuiq.info

03. 2010年9月23日 15:20:16: hTCK7hnHTc
検察審査会なるもの
起訴する権限を有するならば,被疑者の弁明等も聞く義務があると思います。
全く被疑者に不利な制度であり,民主国家の制度とは思えません。

04. 2010年9月23日 15:22:54: nk0lnGuDhI
前田恒彦(43)は今年1〜2月に東京に応援で呼ばれた小沢一郎氏の資金管理団体の事件では、元公設第1秘書の大久保隆規被告の取り調べを担当。前田恒彦は、関与を認める供述を引き出して調書にまとめたが、大久保被告は起訴後に否認に転じている。(勝手に筋書きをデッチ上げ調書とする)これが検察のやり方です。

狙った獲物は絶対に外さない。ライオンが兎狩りをするようなものです。足利の
菅家さんしかり、それを手柄にして出世する。冤罪を作っても減点にはならない。

佐久間元東京特捜班班長も冤罪作りの名人だが逆に出世栄転したそうだ。
正しい事を正しいと一人でも多くの方に認識していただきたいと思います。
NHKもテレビ局も東京に本社のある新聞はほとんどが腐っているので国民が
立ち上がらねばならない時期に来ているのだろう。

最後は正しい者が勝つ!



05. 2010年9月23日 15:35:41: FN1zC6nnJI
公判前整理手続きの報道を見ると検察は水谷建設からのウラ献金があったのにその事実を記載しなかったとして石川氏らを虚偽記載で公判請求したようだが、そうであるなら、起訴事実は、「記載すべき事項を記載しなかった」とする政治資金規正法25条1項2号の不実記載罪を適用すべきであって、25条1項3号の虚偽記載罪での起訴は適用罰条を間違えているということなのではないだろうか。

06. 2010年9月23日 15:37:15: SuXtUvy9xE
私も登記事項証明書を近くの法務局で取ってきました。
総務省で収支報告書(官報)ダウンロードしました。
そのほかオープンになっている情報や関係法令を見てみて、檀公善さんや真実をまっすぐに見れる者さんたちが言ってることが正しい、と遅まきながら判断します。
なので協力します。

数日前に「石川被告、一転して否認へ」と配信されましたが、このことは弁護団が檀さんたちと同様の主張を裁判で行なっていくと考えていいのでしょうか?
プロなんだから当然気づいているだろうと思いたいのですが・・・。それとも安田弁護士の事務所に電話してみた方がよいでしょうか?檀さんや真実・・・氏の投稿を見るようにと。やはり失礼でしょうか?

どちらにしても小沢氏の検察審査会までは時間がないですよね。顔無しの審査員に情報を伝えるのは至難の業ですが、なにもやらないわけにはいきません。ツイッターで拡散、チラシ配布、まだ間に合うとの希望を持って協力します。


07. 2010年9月23日 16:18:13: Peikh4qLWs
このままだと日本が腐っちゃいますね。
今こそ日本の国民一人一人が立ち上がり行動しないといけないですね!

08. 檀公善 2010年9月23日 16:23:20: 5ahbeaJAdnPAk : BBikcH7L1k
>>05さま
石川氏が記載したのは小沢氏からの借入金4億円ですが、これは銀行からの融資金4億円をそのまま転貸したものです。検察は4億円の一部は水谷からの裏献金であるはずなのに、そのように記載していないので虚偽記載だと主張いs手いるのではないでしょうか。いずれにしても石川、大久保、池田3氏はいずれも公判で否認するとしています。100%無罪確定は間違いないでしょう。それで小沢氏が共謀共同正犯で強制起訴されるとなり、政治生命を絶たれるとするなら、こんな理不尽はないでしょう。11分の1をなんとしても確保しなければなりません。
檀 公善

09. 2010年9月23日 16:24:01: DmCC9k6hHM
 僅か11人のド素人の審査会のメンバーが、数十万人の支持を受けて国会議員となった政治家の運命を左右する判断の基準が密室で調書を捏造した検察の説明で、それを基にして彼ら審査員が起訴かどうかの判断をすると言う、どす黒いシステムは廃止すべきだ。

10. 2010年9月23日 16:27:45: GYTDONjFgo
起訴になって取り調べ資料の一切合財が検察庁から出てきた方が今後の検察改革の為には良いのではないでしょうか?
特捜検察の憲法違反の出鱈目が明らかになれば、特捜検察の廃止への道が開ける、また、過去の特捜がらみの冤罪事件の再審の道も開ける。


11. 2010年9月23日 16:32:39: NBICMeCSK2
■村木厚子事件(特捜のデータ捏造事件)の広がりと仙石の狙い。

特捜データ捏造事件は特捜に止まらず検察全体の問題になりつつあります。

そのため、小沢さんに公平な見方をしている穏健派の大林検事総長の責任問題まで拡大しようという動きがあるのです。

実はこれは仙石の狙い通りの動きだと思います。

●仙石はまず大林検事総長の首を刈ります。

それは『小沢抹殺』の準備です。

仙石の狙いは、穏健派の大林検事総長の首をとり、検察のイメージを一新するとかなんとか理由をつけてネオコン派検事総長にすげ替える。

そして、ネオコン指令『小沢抹殺』の悲願を果たす。


12. 檀公善 2010年9月23日 17:08:57: 5ahbeaJAdnPAk : BBikcH7L1k
>>06さま
見えない世界ですが、正直弁護団構成と弁護方針に危惧の念をいだいています。
第五検察審査会に意見書を提出したようです。
弁護士は、「収支報告書へのウソの記載は元秘書らの判断で行われ、共謀は成立しない」「小沢氏は幹事長を辞任し、政治責任を取ったので、証拠を冷静に判断すべきだ」とする申入書だということです。どういう認識をしているのでしょうか?
よりによって、どうしてYなの? というのも不思議です。
檀 公善

13. 2010年9月23日 17:10:37: 34ExrMxWpE
@検察審査会の審査はメデイアや検察に洗脳され小澤さんに憎悪をもつ残忍な市民を利用した政敵「既得権益勢力や対米隷属派」ら国賊によるリンチです。A検察当局は「不起訴処分」にしてとうの昔におわつた件です。それに言いがかりをつけ審査会の議決で起訴相当の議決をさせ、「小澤の息の根をとめてやる」と言うのがクズ議員反小澤派の企みです。B過激派崩れか、左翼崩れの考えそうな作戦ではあるがそんな邪悪な謀略が通る筈が無い。Cシロウトにいきなりメス渡し患者を好きなように切り刻ますようなもので、法の正義に反する蛮行である。プロの検察が「不起訴処分」にしている案件にもかかわらず、政治謀略で残忍な市民を借り集めて、「怪しい」信用できない」「人相も悪い」などと悪意で誘導して「起訴相当」に議決させて「小澤の息の根を止めてやる」と言う計画を立てている反小澤派を厳しく糾弾する。D反小澤派の国賊たちと、邪悪な菅内閣は打倒すべきだ。

14. 2010年9月23日 17:20:57: lZRM9d2hjY
第1回の「小沢真っ白」メーリングリストのオフ会が開かれ,

オフ会ではMLとして取り組む当面の課題を決めた。

朝日新聞等、目に余る偏向報道をする新聞の不買運動や、
偏向テレビ番組のスポンサーへの働きかけ等・・・・・

上記取組、効果に期待。偏向番組の改善。
対立する意見があれば、両方扱うのが「公平」なはず。


15. 2010年9月23日 17:30:43: ZQlnlJLz3o
検察の捏造の疑いが晴れない限り、検察審査会の判断は、再捜査要求が最大限出来ることである。
検察の捏造の疑いが晴れない中で、強制起訴などありえないと思います。

16. 2010年9月23日 17:31:35: BADNg89Moc
検察審査会は、一般から100人ほどを選び出し、その中から、検察に都合のいい議決をしてくれる11人を選出します。もちろん身元調査は充分。検察のお手のものです。11人は小沢有罪の確信犯に近いでしょう。その点で、審査会は、他の省庁の諮問機関と同様です。「善良な市民感覚にしたがって絶対権力者を」有罪と起訴相当するでしょう。前田主任検事の証拠隠滅の犯罪はほとんど影響しないはずです。また阿修羅で論じられている検察の法的論点も彼らは無視するでしょう。日本が法治国家であるかどうかさえ問題でないでしょう。小沢事件の有罪の証拠はない、不起訴の結論に変わりないと断言している(9月1日記者会見)大林検事総長を更迭できれば一気に小沢起訴に持ち込むと思います。残念ながらこれが日本の今の実態です。

17. 2010年9月23日 17:33:29: CxkuW0zDd2
論点を整理する必要があると思います。
犯罪の成立はにはまず犯罪事実の存在ということが必要です。次にその犯罪を誰が行ったかということです。本件の場合政治資金規正法違反の不記載・虚偽記載があったかどうかという判定が第一、次にそれがあったときに実際にそれを実行した会計担当者が実行犯として罰せられ、それに小沢さんが共謀したと認定されれば小沢さんも罰せられることになります。
壇さんが尽力されたことは犯罪事実がなかったことを証明するものでありました。従ってそれが裁判で立証されれば石川さん達は無罪になります。
小沢さんの場合は共犯ですから、石川さん達が無罪になれば、仮に共謀の事実があったとしても無罪になります。従って時間的に石川さん達の裁判が先行して無罪の確定判決が出ておれば、検察審査会が議決することはない訳です。
ところが石川さん達については何も始まっていません。検察が小沢さんを嫌疑不十分で不起訴にしたのは共謀が立証できないからで、犯罪事実は立証できると思っているから石川さん達の公判を始めようとしている訳です。
そして検察審査会は検察の不起訴の判断を審査する場所ですから、検察が共謀の立証はできないという部分だけをとりあげて審査する訳です。検察は犯罪事実があると言っているが実はないのではないかという点は審査の対象ではないのです。
かつ検察審査会の起訴相当の判断は検察のように有罪率99%みたいなハードルはありませんから、結果的に無罪になるにしても起訴することに意味があるという認識で判断される。感情に基づくものにならざるを得ません。
このような検察審査会に強制起訴という刃物を渡してしまった立法の問題なのですが現にある以上はそれに対応せざるをえない訳です。
従って結局は11人がどういう感情で判断するかということですが、小沢=悪というイメージは第一回の議決のときとは変化し(特に代表戦での政策や演説など実際に顔を出したことが良かったと思います)、現在の内閣の余りの無策(組閣当日から立ち往生)振りに対する小沢待望論もありましょうし、今回の前田検事の事件は検察=正義を根底から崩すものですから、それらが11人に影響することは事実だと思います。マスコミの小沢=悪キャンペーンもしにくくなりました。
予断は出来ませんが、私は「不起訴不当」という議決になるのではないかと思っています(期待も込めて)。
理由の第一は第一検察審査会の議決との整合性です。
第二は検察の不起訴という判断に意義を唱えるという点で一回目の議決と大きく違わないことです。審査会の面子も保てる。
第三に検察の側の事情としてもし公判になって村木事件同様操作の杜撰さが露呈してしまうことを避けたいだろうと推測するからです。
第四にマスコミにしても「不起訴不当ならシロではない(灰色)」と今後とも小沢叩きのタネを残すことが出来ることです。
問題は仙谷官房長官の執念(この人は菅内閣が潰れようが、民主党が下野しようが、小沢排除の方が大事と思っている)で、どのような卑劣・下品なことでもやりそうなこと、これが一番心配です。

18. 2010年9月23日 17:48:41: jQFNll6DzI
檀公善さま。
あなたの危惧が現実とならないように 多くの皆さんが、また私も
それぞれの方法で対処していくのが最善です。
小沢さんをはじめ、志ある政治家の抹殺に執念を燃やす者達は、結局は
おのれのみを守り、血税を吸う そのうまみに狂った売国奴です。
汚い唾棄すべき守銭奴に過ぎません。いかにどう考えても他に理由は無い。

権力欲でも従米ポチでも組織防衛本能でも無い。
全ては我が金欲のみ こんな簡単な事に気付くのに、長い間かかりました。
今から 空メールを送信いたします。

8月18日よ 再び。 札幌も本当にご苦労様でした。
100%無実 守銭奴に負ける訳にはいかない。


19. 2010年9月23日 18:00:11: T7TgJWzPOE
仙谷のリコ−ル運動をしよう。自分でも辞めると言っている。
仙谷は、政治と金の問題がある。
仙谷は、即刻、議員辞職しなければならない。

>当時、・・仙石官房長官は、・・石川氏について「離党もあるんじゃないか。そういう判断をした方がいいと思う。私なら最低限、そうするだろう」・・。

仙谷は自分でここまで言って辞めないのならダニだ。
菅直人は、なぜ、更迭駆除しないのだ。


20. 2010年9月23日 18:14:21: T7TgJWzPOE
検察審査会とは、被疑者を感情的に憎んで陥れようとするものなのですか?
検察審査会とは、以下の1.の場合に、検察を審査するものではないのですか?

2.の場合には犯罪でっち上げだ。
検察審査会とは、犯罪でっち上げのための機関なのですか?

1.検察がサボって、被疑者を捜査しようとしない場合
(明石歩道橋事件、JR脱線事故など)

2.検察が必死になって捜査・捜索を行っても、被疑者には疑いがない場合
(足利事件の菅谷さん、志布志選挙違反でっちあげ事件、小沢さんの件など)

こんなことが白昼堂々と政府で行われるのであれば、日本は司法国家ではないとを宣言したことになりますよね。

菅直人、仙谷は、国家反逆者ということですか?


21. 2010年9月23日 18:22:14: KJr5Tw7d9k
敗戦後に検察審査会制度が造られた経緯から考えないと
判断を間違える。

GHQが司法制度の民主化を提言して
裁判官や検事の公選制を持ち出した。

慌てた法務官僚が考え出した物
公選制防止策=検察審査会制度

司法の民主化を阻止する目的で造られた
検察審査会制度は早々に廃止して、裁判官や検事を
公選制で選べば良い



22. 2010年9月23日 19:02:22: nk0lnGuDhI
仙極悪人(仙石由人)はかなり悪い事(息子を含め)をしているでしょう。
良い名前を付けましたね。
こいつ何とか成りませんか?
これがいたのでは日本の民主主義が開花しません。いつまでも戦国時代です。
戦国時代から脱出する方法を教えて下さい。

23. 2010年9月23日 19:30:35: QSjOxQMRt6
檀さんの様に私利私欲で無く、真実を求めて、自費で調査活動し正義を訴えている。檀さんの様な人が報われる社会になれば日本も良い国戻れる。しかしメンツだとか筋だとか建前だとか又陥れる今の悪管内閣・新聞・テレビも、一国の総理を決めるにインチキ選挙を行う発展途上国の様な事を行えば、共産党一党の中国にも舐められるのも当然の事であると思う。

24. 2010年9月23日 19:43:31: FN1zC6nnJI
檀 公善様

4億円の借入金は、小沢氏のいわゆるタンス預金であったのであって、銀行からの融資は、小沢氏の個人資金を陸山会の政治資金とするための政治資金規正法の要請に従った処理だったのを検察がヤミ献金のロンダリングと邪推したということではないのですか。
だからこそ検察は、虚偽記載と断定する証拠を提示できないことを隠蔽するために公判前整理でグタグタと言っているのでしょう。
そして、この4億円のタンス預金は、国会議員の資産公開法によって、流動性の高い預貯金及び現金は公開の対象とされてないところから、小沢氏は、資産公開法制定当時から利息の高い預貯金を解約して、事務所の不意の出費に備えていたということではないのかと私は推察しています。
このことは法律上何の問題もないことであるからこそ、銀行からの融資について石川氏は借入金との認識はなかった、という弁護団の主張となるのではないかと思います。


25. 2010年9月23日 19:44:15: P7YL0lLN5I
国家権力を甘く見てはいけない。
有罪無罪などは関係ない。
現政権にとって邪魔になる人間を排斥しようとする勢力がいる。
仙谷、前原、野田、玄葉、そしてそれらの勢力に取り込まれた菅。
これらは国家権力のあらゆる手段を使い政敵である小沢を
つぶそうとしている。
誰が日本のことを真剣に考えているか?
仙谷軍団は権力闘争に勝つことしか頭にない。
アメリカCIAに日本人を売り渡した人間たちである。
日本国民は真の愛国者である小沢一郎を守るための
国民戦線を構築しなくてはならない。

26. 2010年9月23日 19:44:56: soFCmwrdmA

 そもそも任意で無い審査会メンバーの結論などは最初から恣意の結果ありきだ。前回「起訴相当」のメンバーリストの公表を待ちます。
 

27. 2010年9月23日 20:36:25: RCN6qZWkMs
それと今回検察第5審議会に就任した助弁護士は宇都宮という弁護士で、仙石氏の友人だと、別の阿修羅のコメントで読みました。

中国が、管政府を指して”詐欺.ペテン政府”と呼んだにもかかわらず、何にも反論していませんね。中国は不正代表選挙についても周知しているのですね。


28. 2010年9月23日 20:37:53: RCN6qZWkMs
>27

訂正  助ー> 補助 です。


29. 檀公善 2010年9月23日 20:43:46: 5ahbeaJAdnPAk : BBikcH7L1k
>>27さん
別の阿修羅のコメント。URL教えてくれませんか?
檀 公善

30. 2010年9月23日 20:49:21: j5vjuodqc6
檀公善氏は、いわば21世紀日本のジョン・コナー
(人気シリーズSF映画「ターミネーター」で人類の抵抗軍を指揮する主人公)
を懸命に守ろうと奮戦する兵士みたいな存在だと思います。
いや冗談でなく、マジで。

例えて言うなら20世紀の日本は、官僚とマスコミが結託した「機械」によって、
彼らに従順な人間だけが飼い慣らされ、彼らに疑いを抱く人間を次々と、
検察権力という名の「ハンターキラー」(同シリーズに登場する人間狩り兵器)
が拘束して犯罪者にしてきたわけですよ。

小沢一郎氏は「官僚支配を打破すべし!」と言い続けてきた。
だから官僚とマスコミは何が何でも小沢氏を(政治的に)抹殺する必要があった。

映画では機械社会の中枢頭脳コンピュータ「スカイネット」が、
人類を抹殺するための兵隊として、
外見が人間そっくりの殺人サイボーグ「ターミネーター」を量産し、
執拗に抵抗軍司令官・コナーの命を狙う。
最初は過去に派遣してコナーが生まれる前に母親サラを抹殺しようとし、
失敗すると次は少年になったコナーを抹殺しようと新型を送り込む。
…このパターンで映画は新作が次々と作られ、来年はパート5公開予定。
(米国じゃスピンオフTVドラマもできた。)

小沢氏をありとあらゆる手段で葬り去ろうとする官僚やマスコミや、
それに荷担する民主党の「親菅勢力」議員達は、
「外見だけ人間のターミネーターと立場や性格が類似してる」と感じる時があります。
なぜなら彼らは「標的抹殺のためには手段を選ばない」。
「命令に絶対服従の機械」という「薄気味の悪さ」もね。

現カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツネッガー氏は、
この「ターミネーター」で悪役サイボーグを演じて大ブレイクした俳優。
映画パート1では最後にサラによって破壊される悪役でしたが、
映画パート2では、コナーに「過去の自分を守れ」とプログラムされ過去に飛び、
新型ターミネーターと戦う中で、機械でありながら少年コナーとの友情を学び、
ラストではコナーの涙に触れて自らの意志で消滅する。
「無限にものを学ぶターミネーターのコンピュータが、
 最後に学んだものは人間が流す涙の意味であった」
…このストーリーが日本人に受けて、えらくロング公開されてたと記憶します。

さて、大阪地検はご承知のとおり内部告発で大激震に見舞われています。
「これまで官僚&マスコミに絶対服従だったターミネーター達が、
 何がきっかけだったのか、人間的な感情に目覚めて反乱を始めた」
ようにも感じられるのですよ(微笑)。

もしかするとそれは、大逆風の中でも毅然として代表選に出馬し、
「国家とはどうあるべきか、政治家とはどうあるべきか」
を懸命に訴えた「抵抗軍のリーダー」こと小沢一郎氏に、
何かを感じたためではなかったのか、とね。

私は9月9日、札幌大通公園で小沢氏の訴えに聞き入りました。
小沢氏が熱弁を振るっている最中でさえ、
その横でヘラヘラ笑って手を振っていた現首相は、
「この男、マジで感情を持ち合わせない機械じゃねぇのか?」
と一瞬思ったくらいでしたね。
(その場で「小沢真っ白」チラシ8000枚を配った壇氏の活躍は本当に凄い!)

東京第5検察審査会がマスコミに操られて、
再び「起訴相当」議決を出す可能性は確かに高いと思います。
ですがおそらく、小沢氏はそれも織り込み済みで、
今後どう戦うかを綿密に計算していると思いますよ。
離党勧告?除籍?望むところじゃないですか。
ならば新党を結成してでも戦うまでですよ。法廷でも選挙でも。

「ターミネーター3」のラストでは、主人公コナーがこう呟く。
自分を守るために敵サイボーグと相打ち自爆した味方ターミネーターの言葉。
『戦い続けろ』。

檀氏の「小沢真っ白」チラシ配布活動、メーリングリスト、
私も助太刀させていただきます。


31. 2010年9月23日 20:59:59: tz1Pm8xfoQ
>大林宏検事総長が9月7日、日本記者クラブで「小沢氏を有罪にする証拠はない」と断言

マスゴミが無視して報道しなかった検事総長のコメントのチラシを作成してNETで拡散しては?

なんならプリントアウトして一般に配布しても効果的だと思います。

どなたか原稿を作ってもらえませんでしょうか。


32. 2010年9月23日 21:43:54: 43PT2w1y8E
私は今でも「まっすぐ・・・・」の方の主張している

「検察官が、まさか、『出金もないのに、支出(土地代金)が不記載である』などと、ウソを逮捕理由にしているとは、誰も、『思いもしなかった』と、言う訳です

『現金の出金が無いのに、支出を記載しなかったとして、虚偽記載?』

『検察とマスコミに、じっくり、説明責任を果たしてもらいましょう。』(激怒)

今後は、検察に、土地代金3億4千万円の、「現金出納帳」若しくは、「普通預金通帳」の出金記録を提示するように、要求しましょう。

検察は、この要求をされたならば、「グウの音も出ない」ことでしょう。

提示出来ないならば、即刻、石川氏等3名の起訴取り下げを要求しましょう。」

が正しいのでは無いかと思っています。皆さんが一斉に、検察に要求したら、はたして出金記録を提示できるでしょうか?できません。何故 小澤前幹事長、石川氏
大久保氏、池田氏は要求しないのでしょうか?私には解りません。
裁判をすれば莫大な費用が要求されます。無実に成ってもその費用は返ってこないとテレビで言ってました。それなのに、簡単な方法が有るのに、何故行動に移さないのか?私には理解できないのです。「まっすぐに・・・・・」さんの詳しい投稿をもう一度載せておきます。

http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/610.html


33. 2010年9月23日 21:44:55: nk0lnGuDhI
>27.
それと今回検察第5審議会に就任した助弁護士は宇都宮という弁護士で、仙石氏の友人だと、別の阿修羅のコメントで読みました。

仙極悪人の友人ではどうしようもないでしょう。11人を洗脳してしまいます。
仙極悪人が決めているんでしょうか。推薦していることは間違いないですね。
この極悪人が。

大切なのは今後の日本をまともな方向へ導くことができる唯一の政治家
小沢さんを日本国民が守らねばならないということです。
なぜならNHK,TV局、新聞社、検察、官僚が良識なく腐っているからです。
それが出来るのは正しい判断ができる皆さんです。

大林宏検事総長もまともな検察でしょう。
×仙極、×偽メール舞原、×スーパーや岡田、×枝野田、×フクスマ肛門、×市川房枝さん裏切りスガに乗っ取られてはいけませんね。

日本をあるべき方向に!


34. 檀公善 2010年9月23日 22:07:18: 5ahbeaJAdnPAk : BBikcH7L1k
>>32さま
「まっすぐ・・・」さまと私の間に矛盾は何一つないと認識しています。>>12に書いたとおり、弁護団に疑問を感じているとも書いています。で、どうすると言われれば、「小沢真っ白」チラシを一人でも多くの人に届けることだと思っているわけです。検察審査会に手紙を送ることもありだと思いますが、全国民が真実を知るようになる方向で情報を発信していくことが正道であると思っています。マスメディアとの闘いです。「まっすぐ・・・」さまがメーリングリストに参加してくださればと願っています。
檀 公善

35. 2010年9月24日 00:06:47: 0DHUcRjoZ2
私も阿修羅のコメントの中で宇都宮健児氏と読みました。
多分、彼は弁護士会の会長かなにかで社民党の福島瑞穂さんのご主人のはずです。
仙谷氏と懇意だというのは、旧社会党関係でしょうか?

36. 2010年9月24日 00:19:21: 0DHUcRjoZ2
35です
間違っていました!
福島瑞穂さんは関係ありませんでした!申し訳ありません

宇都宮氏は日弁連の会長でした。

メーリングリストに参加致します。


37. 檀公善 2010年9月24日 00:27:57: 5ahbeaJAdnPAk : BBikcH7L1k
>>35さま
「米澤氏の後任の審査補助員が、東京第二弁護士会所属のA弁護士であるとの情報がある。日本弁護士連合会会長に就任した宇都宮健児氏は仙谷由人官房長官との関係が深く、仙谷氏が小沢一郎氏攻撃のために弁護士会を通じて恣意的な人選を行ったとの疑いも浮上している。 :知られざる真実」
というツイートが見つかった程度です。
檀 公善

38. 2010年9月24日 00:32:55: PZMCUFxEH6
壇様

 フリーメールにもご返信くださいね。

 


39. 2010年9月24日 01:22:00: G1HUH3XQ9g
>仙谷のリコ−ル運動をしよう。自分でも辞めると言っている。
仙谷は、政治と金の問題がある。

 建設国保への偽装加入問題で、徳島県では、無資格であることを知りながら「掛け金が安いので・・・」という理由で大量に加入した。ここで、仙谷がこの偽装加入を教唆した証拠、録音、証言、新聞報道等があれば直ちにアップして下さい。

 刑法264条と刑法61条を読んで下さい。


40. 檀公善 2010年9月24日 01:26:24: 5ahbeaJAdnPAk : BBikcH7L1k
>>38さま
MLの参加については、フリーメールからの空メールも受け付けております。
檀 公善

41. 2010年9月24日 02:20:03: G1HUH3XQ9g
【管直人名言集】
・「天皇は逮捕されるべきだった」


・「(北朝鮮のテポドン発射に)何発か飛んできたら考える」(テポドンの時)
・「自衛隊派遣は憲法違反だが、この私の発言は気にしないで欲しい」
・「不審船に対する海保の射撃は法的に問題」
・「公選法違反はケアレスミスのようなもの」
・「靖国参拝は憲法違反だ。総辞職しろ」 (小泉が1/1に参拝すると)「8/15に参拝しないのは公約違反だ。総辞職しろ」
・「二世議員の存在は絶対に良くない!」(といって息子が出馬すると)「源太郎に選挙区を譲ったわけではなく弊害はない」 「優秀な人材を探したら、たまたま息子だった」 ・「最近の人はルートも知らない。3.141592…」それは円周率
・「(戸野本優子との不倫報道は)一夜を共にしたが男女の関係は無い!こんなことに説明責任は無い」
・「(諫早湾の干拓工事を)誰の許可でやっているんだ!」自分が大臣時代に了承
・「深く考えずに署名した」(シン・ガンスの無罪釈放嘆願書)
などなど。

http://akiran1969.iza.ne.jp/blog/entry/1681260/


42. 2010年9月24日 05:25:14: P7YL0lLN5I
昨年の小沢一郎秘書逮捕からの一連の動きは
検察権力を使った政敵つぶしの一語に尽きる。
仙石=検察=アメリカCIAは
手先であるマスごみを使い
小沢つぶしに走っている。
日本国民は愛国政治家=小沢一郎を守らなければならない。
さもなければ日本は永久にアメリカの植民地となる。
植民地の住民は宗主国にすべての富と自由を奪われる。
これはアメリカからの独立戦争なのである。

43. 2010年9月24日 06:38:01: NBICMeCSK2
■仙石・管・前原の国賊トリオの役回り
この3人『トリオ・ロス・ジャパン(日本売国トリオ)』のそれぞれの役回りを明かす。

・仙谷:小沢の政治生命を抹殺する。「国民本位」「自立国家」の芽を摘む。
・管:民主党の単独過半数阻止し米国に国民の財産の献上を続ける
・前原:中国と緊張関係を作り日本の自立を阻む

●管の「消費税増税」発言は意図的だった。
管が突如「消費税増税」をもちだしたのは、参院での民主党単独過半数を阻止するための、意図的な発言だったというわけだ。

実に恐れ入った。

このような反逆行為でこの国賊トリオの得られる利益は、単に個人的な欲望を満たすことだ。そのために国民の『民意』を売った。

●仙石・管・前原はネオコンが送り込んだ『トロイの木馬』だった。


44. 2010年9月24日 07:37:22: i37fD8kRRc
>和歌山の事件も自白調書もなしで有罪確定しているけれど、証拠でるまで刑の執行はしないほうがよいと思うよ。
>ごめんなさい、間違いでしたではすまない話で、冤罪で死刑にしたら、その裁判官は殺人者ということになるのだから。生きていれば冤罪だったとしても本人に謝罪できるのだから。
>殺した後ではできません。

>>01さんのご指摘のとおりです。
冤罪である可能性が高いにもかかわらず一昨年末に死刑が執行された飯塚事件の再調査をすべきでしょう。
死刑執行の署名をした元法務大臣森英介は、指揮権発動して小沢献金疑惑を丁稚上げたと言われる人物でもある。
いずれにせよ、今回の捏造事件以上の大事件になる可能性が高いため、司法関係者は絶対に開けたくないパンドラの箱なんでしょうが、それでは駄目だ。


 ⇒http://ameblo.jp/aobadai0301/entry-10317384480.html
 ⇒http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E5%A1%9A%E4%BA%8B%E4%BB%B6
 ⇒http://www.google.co.jp/search?q=冤罪 飯塚事件&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&hl=ja&client=firefox-a&rlz=1R1MOZA_ja___JP347


45. 2010年9月24日 07:41:19: i37fD8kRRc
44です。最後のURLがおかしかったので、訂正します。

 ⇒http://esquire.air-nifty.com/blog/2009/06/post-a67c.html


46. 2010年9月24日 08:21:18: vjaZQXgl7A
今の「世論」は簡単に表現しますと、「推定有罪」ではなかろうかと
思います。法律家は推定無罪を使い、さらに証拠主義でありますが
 素人は推定有罪で状況証拠主義だといえます
これを『市民感覚』で絶対権力者を「犯罪者」として断罪すると
ぜん議決文で明らかに書いてあったことを重く考えるのが
『法律家』でありまして、市民は世論の推定有罪の元、市民感覚で
起訴ができることが明らかであります。
検察審査会の採用した『証拠』はこの大久保秘書の西松建設の案件や
水谷建設のなぞの『紙袋』『新幹線の切符』『喫茶店の領収書』などが
証拠だと素人でもおかしいと普通は感じるはずです。
つまり、証拠ではなく推定有罪の市民感覚でさらに検察のでっち上げの
可能性が充分ある証拠で公判を維持できると判断したのが
起訴相当の議決文であります

問題はすでにあるのです。世論は法律を無視してよい
これがメディアの論調です。大問題ではないでしょうか

検察が危ない、メディアが危ない、世論が危ない
これがまかり通れば、法律はメディアが作る世論によって
簡単に捻じ曲げられ、
メディアは日本の議会より力を持つことになります


47. 2010年9月24日 09:04:33: EMhIN0a6xs
なるほどね…
阿修羅の小沢さん支援者の人たちが「冤罪だ!」って叫んでた意味がようやくB層のオレにも分かってきたような気がする。
だけどこれこのまま放置してたらとんでもない事になっちゃうぞ。
何とかしなきゃね。
しかし検察って平気でこういう事やるんだ…
これ、関心あるとかないとかで済まされる次元の問題じゃないね。
オレにも何か出来ないか真剣に考えてみます。

            B層の一人より


48. 2010年9月24日 09:47:40: tb80TpBt9M
檀公善様 仙谷由人と宇都宮健児日弁連会長との関係について
ブログ「地獄への階段」様に掲載
宇都宮氏が仙谷・枝野幸男・小宮山洋子に政治献金とあります。
なお、宇都宮弁護士は長いことサラ金問題に取り組んでこられた
実直そうな人で、仙谷のような陰湿な人間との関係は信じがたいのですが。

49. 2010年9月24日 11:11:05: IblNpKu27Z
>30様 全く同感です大阪地方検察庁の中にも小沢氏の代表選挙当日の人間味あふれる政治家の演説を聞いて感銘を受けた人物が居たと思われます。 朝日のスクープのソースはそのような処からではないでしょうか。

50. 2010年9月24日 11:40:25: fymVQnT97k
除名になる前に民主党を脱党すべし。もうすでに時限爆弾はセットされている。
小沢氏ご本人がいちばん」よくわかっていることだから、もう着々とと引き連れていく子分、公明との将来の連携、自民党内にも転ぶ議員のめぼしをつけて工作中だろう。
雨後のたけののこやみんなの党にも数あわせのために政権獲得というえさをちらつかせて一本釣りをやっているだろう。理念の違いなどはこの際どうでもよい。
あとでおとしまえをつければよい。
10月の審査会の発表前に飛び出したらよい
後のシナリオは、3月に内閣不信任案を自民と連携して通して総選挙に持ち込み菅や仙谷の首をとればよい。
選挙の後は大連立を組み陰で実権を確保し傀儡総理に谷垣か渡辺をつけ公判での無罪判決を待ってその後また総選挙をやり堂々総理になればよい。
2年か3年はかかるだろう。それまで耐え忍ばねばならないか。

51. 蔦 2010年9月24日 11:46:46: TYIQ1FZsKVr1w : QnCoXbqIzY
メーリングリストへの参加を是非。

52. 2010年9月24日 13:22:34: EMhIN0a6xs
今、遅ればせながらMLに空メールを送った、B層の一人です。
事態に気付いた今、民主党の今後だとか、離党だとか、新党だとかその後のシナリオだとか、オレには今はそんなのどうでもいい。
ただ、オザワに対する検察・マスコミ等の筋の通らん企みを、何が何でも阻止したい。
それには、信頼のおける司法の専門家にオザワへの訴状等を吟味してもらい、協力を仰ぐ必要があると思う(人数は多ければ多いほどいいだろう、また著名人ならなおよし)。
あと、オザワ真っ白チラシをDL したが、はっきり言って分かりずらい(実はある程度の期間-10年以上-広告代理店で働いていた)と思う。
この問題は関心がある人だけでなく、関心の薄い人達にも訴えかけていかなければいけない。
できる事は何でもやろう。
まぞはこのオザワに対する企みをオレたちでぶっ潰せ!!

53. 2010年9月24日 13:29:59: EMhIN0a6xs
52です。
あまりに興奮し、思わず恥ずかしい誤植をやらかしてしまった。
誤>まぞはこのオザワに対する企みをオレたちでぶっ潰せ!!
正>まずはこのオザワに対する企みをオレたちでぶっ潰せ!!

言っとくがオレは絶対マゾじゃねーぞ…


54. 2010年9月24日 16:42:48: NKGBUbkb9A
過去の国賊=岸信介、佐藤栄作。
もっと、叩くべきです。
国賊としての社会認知を与えるべきです。

近く、空き缶と仙谷が、仲間入りします。


55. 2010年9月24日 17:11:47: 3OPXPm2KIY
検察審議会、検察、弁護士、政治家、朝日新聞などマスコミ、なによりもすべての国民の中には、正義感のあるものはいないのか。若者よ、これからは君らの世の中ではないのか。ぜひ、壇公善氏のチラシを読んで立ち上がってほしい。
こんな腐れた社会を改革し、君らのための明るい正義あふれる国にしてくれ!
これでは、死ねない。老人より。

56. 2010年9月24日 17:15:10: Ze58lTfU6Y
いや〜〜犯罪組織が犯罪取り締まんすかあ〜〜〜

こわ〜〜いニッポンこわ〜〜〜い

法律も糞もあったもんじゃな〜〜い こわ〜〜い 

ま〜〜B層はそれでも今日もヘラヘラ〜〜〜〜 もっとこわ〜〜いキモ〜〜い

こんな奴等のために石井こうき氏も殺されたのか

そりゃあ浮ばれないぜ


57. 2010年9月24日 18:24:01: o6lzoFC5EY
前田一人で終わらすつもりなんでしょう。
過去の作家さんも出てきたみたいだし、全部ひっくるめて大岡裁き、一網打尽だ。
夜明けは近いが嵐も来るんだろうな。小沢頑張れ!石川・池田・大久保負けるな!
宗男さんの再審請求というのは出せないものか?

58. 2010年9月24日 18:28:36: V9YErVbXSc
宇都宮弁護士に幻想を抱く人間が多いのに驚く、これが小泉純一郎と同じマスコミマジックというものか。日本の「人権派弁護士」ほど胡散臭い存在は無い。とくに彼らの実績とやらはひとえに朝日新聞の報道に支えられている。自分で過去の事件を調べてみれば良い、最近の菅家さんの事件も含めほとんどが朝日新聞だ。

そのいわゆる人権派弁護士と呼ばれる政治勢力から昔から絶大な支持を集めてきたのが仙谷弁護士センセイ。ウソだと思うならこれも彼らに直接聞いてみれば良い。人権派弁護士とはクリーンでオープンなイメージを売りものにする偽善利権集団。警察の実態が酷ければ酷いほど、人権派の看板はべらぼうにカネになるビジネスモデルだという事実を、彼らは熟知している。

朝日新聞が中心に作り上げた日本の「人権派イメージ」そのものが、弱者をダシに莫大な司法利権の独占を目的としたフィクション。謀略弁護士の仙谷と宇都宮弁護士は同じ穴のムジナ、つるむと絶対に良いことなどない。


59. 2010年9月24日 18:48:08: XIGnO9gsCA

皆さん、「ポチの告白』というdvdみましたか?是非見てください。

http://www.youtube.com/watch?v=ng6iOZK55wY


http://www.youtube.com/watch?v=i6_bvHyOttU&feature=related

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100408_pochi_movie/


60. 2010年9月24日 19:18:14: F5mCZsCqdn

57さん、

>前田一人で終わらすつもりなんでしょう。

まだ流動的ですが一連の報道から推測すると前田と高検に事情聴取された2人の
3人が処罰されるだろう。それと大阪地検の特捜が解体される?かも、奴らは東京地検の特捜部まで解体されるのを恐れているのでは?


61. 2010年9月24日 21:36:33: O80eRTIYjM
小沢氏を「起訴相当」とした検察審査会議決の要旨は次の通り。

 【容疑内容】

 小沢氏は陸山会の代表者。真実は陸山会が、平成16年10月に代金約3億4千万円を支払い、東京都世田谷区の土地を取得したのに、

 (1)会計責任者の元公設秘書大久保隆規、元私設秘書の衆院議員石川知裕の2被告と共謀の上、17年3月ごろ、16年分の収支報告書に、土地代金の支払いや土地を記載しないまま、総務大臣に提出した

 (2)大久保、元私設秘書池田光智の2被告と共謀の上、18年3月ごろ、17年分の収支報告書に、土地代金分を含む約4億1500万円を事務所費として支出し、土地を17年1月7日に取得したと虚偽記入し、提出した−ものである。

 【審査会の判断】

 石川、池田両被告の、収支報告書を提出する前に、小沢氏に報告・相談したとする供述がある。小沢氏は、いずれの年の収支報告書についても、提出前に確認せず、担当者が真実ありのままを記載したと信じて了承していたと供述しているが、きわめて不合理・不自然で信用できない。

 小沢氏が否認していても、以下の状況証拠が認められる。

 (1)小沢氏からの4億円を原資として土地を購入した事実を隠ぺいするため、銀行への融資申込書などに小沢氏自らが署名、押印し、陸山会の定期預金を担保に金利(年額約450万円)を支払ってまで銀行融資を受けるなど、執拗な偽装工作をした。

 (2)土地代金を全額支払っているのに、売り主との間で、17年度分の固定資産税などを陸山会で負担するとの合意書を取り交わしてまで本登記を翌年にずらした。

 (3)工作は、小沢氏が多額の資金を持っていると周囲に疑われ、マスコミに騒がれないための手段と推測される。

 (4)絶対権力者である小沢氏に無断で、大久保被告らが資金の流れの隠ぺい工作をする必要も理由もない。

  -------------------------------------------------------------

 

 報告書を作成した秘書たちは既に起訴されているのですから、

 検察審査会が小沢氏を「起訴相当」か「不当」かを判断する条件は、

小沢氏がこの件に関与していたかどうか、

 つまり、報告書の内容について秘書らと謀議した上で認識を共有をしていたか、というだけの話であり、

 虚偽記載があったなかったかについて、検察審査会が判断する必要は全くありません。


 この件で小沢氏を起訴するためには、
 小沢氏本人から事情を聞いて、小沢氏にそのような認識があったどうかを聞き、
 具体的に、何年何月何日何時にその謀議が行われたかについても確定しなければなりません。
 単に報告を受けていたとか、内容を読んで知っていただけでは、共謀とは言えません。

 検察は小沢氏本人から事情聴取した結果、共謀は無かったと判断したから、不起訴としたのです。

 検察審査会の介助弁護士は、素人相手にまともな説明が出来なかったのでしょう。
 暴力団の組長の例を挙げて、子分の犯罪はすべて親分の指示と見なす、ということで、「起訴相当」の議決を出してしまったと言います。
 暴対法で反社会的組織と認定された団体と、正規に登録された政治団体が同じだと言うのでしょうか。
 
 また、もし三人の秘書たちが、具体的に共同謀議があったと供述したのなら、小沢氏の事情聴取は必要なく、国会に関係なく逮捕状をとったことでしょう。

 つまり、検察は共同謀議があったことの証拠を何も持っていないのです。

 小沢氏は、この件について、出金がいつあったとか、登記がどうだったとか、農地がどうとか、一切説明する必要はありません。

 もし、後から聞いた知識で説明しても、最初から知っていたと言う「邪推」が成り立ち、関与していたことにされてしまうでしょう。
 裁判では、そのような「邪推」だけで有罪になることは、あまりありませんが、
また、素人の審査員がマスコミに騙され、多くの国民もまたマスコミに騙されてしまいます。

 つまり、説明責任がどうだこうだと言うのは、説明させて陥れるのが目的ということになります。

 


62. 2010年9月24日 22:11:57: O80eRTIYjM
素直にまっすぐに物事が見れる者氏の投稿について

>検察審査会が問題としているのは、現金主義会計下で作成される収支報告書への記載ルールとして、この支払を、「立替金」として捉えるか、「仮払金」として捉えるか、ということです。


違います。検察審査会は、小沢氏が虚偽記載の共同謀議に参加していたことの「状況証拠」として、(2)で、小沢氏の資金を隠すために、故意に登記を翌年にずらした、と言っています。
つまり、農地転用手続きのために、登記が翌年にずれこんだという事実は、「状況証拠」すら成り立たなくさせる、大きな要素と言えます。
ただ、小沢氏がこれを説明してはいけない、というだけで、秘書らの裁判では、非常に有利な証拠になるはずです。


「立替金」として捉えるか、「仮払金」として捉えるか、については、もともと誰も問題としていません。


>。ヨ立替金」として捉えるのならば、登記通りで良い事となりますが、「仮払金」として捉えた場合には、「土地(利用権)」の計上時期は、2004年10月29日が正しいこととなります。
理由は、「仮払金」は、将来において、「土地(利用権)」と成るべき「勘定科目」であることから、年末において、たとえ取得原価が確定していなくても、当該金額をもって、収支報告書に記載することが、妥当であると考えられるからです。
もし、記載しないと、使途不明金との誤解を生じることとなります。


これも間違いです。
「仮払い金」というのは、個人勘定であったり、「勘定科目」がまだ未定の支払いを言うものです。
しかも、この土地は農地であり、農転の条件に不備があれば、転用も登記もできません。取得額も未定ですし、売買契約解除の可能性もあります。
「仮払い金」は未確定だから「仮払金」なのであって、勘定科目を特定する必要はありません。
問題は、「仮払金」(資産の部)としても記載がない、つまり出金の記録が無いところにあります。

>。ヨ立替金」として捉えるのならば、登記通りで良い事となります

 と、言っていますが、「立替金」があれば「負債の部」に記載するべきであり、記載しなくても良いなどという理屈にはなりません。
小沢氏が勝手に立て替えたから、というなら、そう言えないこともありませんが、秘書らが小沢氏に立替を頼んだのは、小沢氏も認めています。

 ところが、企業の決算書とは違って、政治資金収支報告書の項目には、「仮払金」や「立替金」「仮受金」などというものはありません。
つまり「科目」や金額が未確定の収入や支出については、もともと記載する方法がありませんから、確定するまでは記載しない、という方法しか無いのです。

 記載する方法がないのに、不記載だの虚偽記載だのと言うのは、単なる言いがかりであり、ヤクザに因縁をつけられているようなものです。

 しかし、「仮払い」だ「立替」だと言えるのも、登記されたのが翌年であり、そうなったのは故意に遅らせたものではなく、農転の手続きに通常通り3ヶ月近く費やした、という誰でも理解できる事情があったのです。
もし、年内に登記していたら、当然2004年度の報告書に記載されたものと、客観的に推定できるのは当然です。
 
 それでも、裁判官は検察に協力しないと、退官後に、公証人役場など、法務省関連の美味しい役職につけなくなる可能性があるため、常に検察側の主張に沿った判決を出す恐れがあります。

 そうやって冤罪事件は起きるのです。


63. 2010年9月24日 22:32:25: FN1zC6nnJI
検察審査会法41条の10は、検察審査会の2回目の議決があった場合に指定弁護人に対して起訴を義務付けるとともに、起訴議決後に生じた理由により、当該事件について公訴を提起したときは刑事訴訟法第337条第4号又は第338条第1号若しくは第4号に掲げる場合に該当することとなることが明らかであるとき、すなわち@時効が成立したときA被告人に対して裁判権を有しないときB公訴手続きがその規定に違反したため無効であるとき、の三つの場合を強制起訴の例外としている。
つまり、この例外規定によれば、検察審査会が小沢氏の起訴相当を議決したとしても、その議決は、@小沢氏を訴追できる罪状ではないA検察が立件できなかった小沢氏の犯罪を捜査機関ではない検察審査会が、認定できるはずもないところから「検察審査会は、起訴議決をしたときは、議決書にその認定した事実を記載しなければならない。この場合において、検察審査会は、できる限り日時、場所及び方法をもって犯罪を構成する事実を特定しなければならない」とする検察審査会法第41条の7の規定を満たせない、といういずれかの理由によって、検察官役の指定弁護人は、公訴を提起できないこととならざるを得ない。
そこから、検察審査会が小沢氏に関する起訴議決をする余地はない。

64. 2010年9月24日 23:52:29: FN1zC6nnJI
61様

「(1)小沢氏からの4億円を原資として土地を購入した事実を隠ぺいするため、銀行への融資申込書などに小沢氏自らが署名、押印し、陸山会の定期預金を担保に金利(年額約450万円)を支払ってまで銀行融資を受けるなど、執拗な偽装工作をした。」とする第5検察審査会の断定がどうしようもないトンチキなのです。そしてそのどうしようもなさはメディアも同様なのですが。
つまり、政治家個人としての小沢氏から借り入れた4億円をそのまま使って陸山会代表の小沢氏が土地を購入しては、年間二千万円という個人の寄附の限度額違反となってしまうために、小沢氏から借り入れた4億円を一端銀行に預金し、その預金を担保にして小沢氏が融資を受けるという奇妙で複雑な会計処理を政治資金規正法は求めており、その会計処理の中で小沢氏は、政治家個人としての貸し手と陸山会代表としての借り手という二つの人格を持つために素人集団の検察審査会メンバーは混乱からのとんでもない見当違いを引きおこし、そこから、法律上会計責任者の監督責任を負わされている政治団体代表の小沢氏を会計責任者の身分犯罪である虚偽記載の共謀共同正犯として訴追せよなどという支離滅裂なことをいっているのです。
この素人集団の暴走も、元はと言えば、収支報告書の記載にヤミ献金のロンダリングを疑った検察の下司の勘繰りに端を発するものである故に大林検事総長も手を焼いているのではないのでしょうか。
余談となりますが、鳩山氏は、この面倒な手続きをせずに仮名寄附として自分の金を政治資金としたために会計責任者が有罪となったのです。


65. 2010年9月25日 00:24:07: pRr3gwPGfQ
檀公善さんの理屈だと以下3点の書類と食い違いがあるような気がする。
ただし、私は専門家ではないので議論する気はない。

http://deisui.sakura.ne.jp/data439.gif

http://deisui.sakura.ne.jp/data438.gif

http://blog-imgs-26-origin.fc2.com/s/p/e/specialnotes/ozawakakunishoh17.jpg

会計処理については公認会計士細野祐二氏の論文
http://www.comp-c.co.jp/pdf/report20103.pdf



66. 檀公善 2010年9月25日 02:07:43: 5ahbeaJAdnPAk : BBikcH7L1k
>>65さま
3点目が見れないのですが、何か方法はありませんか?
1点目、2点目の私文書があるために、事の本質が見えにくくなっているのです。
公的にエビデンスとなる書面は、公文書である登記簿謄本しかありません。登記簿謄本には、私が説明しているとおりに、すなわち権利者は個人、小澤一郎と書いてありますから、土地を買ったのは、個人、小澤一郎であり、取引ですから、お金を支払ったのも、個人小澤一郎ということになり、10月5日、29日の取引に、実は陸山会は関与しておらず、したがって陸山会の収支報告書には何も記載することはありません。もちろん細野先生の論文とも矛盾するものではありません。
また収支報告書をもとに計算をしてみれば、陸山会には10月29日において、33264万円のお金を支払う能力はありません。支払いに充当されたのは、あくまでも小澤一郎個人から出たものです。
なおこれは、石川氏がどのように意識していたかとは関係ありません。石川氏は陸山会が買ったと思い込んでおり、そこから嘘の供述が生まれたのかもしれません。しかし、ものを言うのは公文書である登記簿謄本なのです。
登記簿謄本をエビデンスとして物事を見れば、本質が見えるのですが、検察官もマスコミの記者も、誰一人として登記簿謄本をチェックしていないために、ことの本質が見抜けないでいるのです。推測ですが、弁護団ですら登記簿謄本をエビデンスとして闘っていないように思われます。だからこそ「小澤真っ白」の指摘を広めていくことが重要なのです。
檀 公善

67. 檀公善 2010年9月25日 03:19:49: 5ahbeaJAdnPAk : BBikcH7L1k
>>65さんが提供された書類のうち、1点目のhttp://deisui.sakura.ne.jp/data439.gifは、新たな事実を私に教えてくれました。本件土地の売買は、不動産会社である東洋アレックスを売主とし、小澤一郎氏を買主とするものですが、その間に仲介者として株式会社ミブコーポレーションが存在していたということです。これまで私は、本件土地の売買に関する実務、すなわち所有権移転請求権仮登記、農業委員会への届出、所有権移転登記の実務を行ったのは、売主の側であろうと推認していましたが、多分それは違っていて、ほぼ間違いなく仲介者である株式会社ミブコーポレーションの側であろうと認識を訂正します。
いずれにしても、これらの実務を行ったのが、買主である小澤一郎氏側の石川氏等でないことは、断言できると思っています。
もしも検察がいうように、石川氏が意図的、恣意的に期ずれを諮ったというのであれば、株式会社ミブコーポレーションは、石川氏の「犯罪」の幇助者ということになってしまいます。しかしこの仲介業者が、石川氏の「犯罪」の片棒を担いだなどという話は、聞いたことはありません。したがって石川氏に犯意があって、意図的、恣意的に登記を1月7日に越年させたなどというのは、100%犯罪の捏造でしかないことが立証されていると思わざるをえません。
檀 公善

68. 2010年9月25日 03:44:02: O80eRTIYjM
報道によると、

>検察側は、虚偽記載の動機を「土地購入費の原資に、公表できない資金が含まれていた点にある」と指摘し、購入時期(04年10月)の前後に2回、石川議員らが中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)から計1億円を受領したことを立証する方針を示している。


と言うことは、

土地代の出金がいつあったかについては、検察は問題にしていません。

小沢氏からの4億円借り入れが記載されていないことを問題にしているのです。

つまり、4億円の中に、水谷からの裏金が含まれているから、記載できなかった、と言いたいのです。

ところが、小沢氏の資金には全く問題が無く、裏金問題でも起訴できなかったし、
検察審査会も、その問題で「起訴相当」とは言っていません。

最初検察は、「故意に」登記を翌年にずらして04年度分の記載を免れようとした、などと言っており、審査会の弁護士も、それを真に受けて、「起訴相当」議決を誘導したのです。

今や検察は支離滅裂であり、既に小沢氏が受け取っていないことを認定した水谷からの裏金を、小沢氏が知らない間に秘書らが受け取り、さらに小沢氏からの借入金と一緒にして、会の資金に入れた、というのです。

水谷からの裏金が1億円と言っていますから、小沢氏からの借入金は3億円だったとでも言うのでしょうか。

もしそうなら、小沢氏が知らなかったという事は有り得ないのに、どうして小沢氏を起訴しなかったのでしょう。

>これに対し、一貫して受け取りを否定している被告側は、整理手続きで立証予定から外すよう求めた。登石裁判長は、検察側に対し立証の必要性を尋ね、次回以降の整理手続きで立証目的をより明確に示すよう求めたという。立証可否の結論は先送りされた。

 
水谷建設の件が、立証予定から外された場合、仮に不記載があったとしても、その悪質性は非常に低いものになり、せいぜい記載ミスで罰金刑とかその程度のことになってしまいます。
しかも、小沢氏は被告ではありませんから、今さら共謀があったとは言えません。
それどころか、秘書ら3人の共謀も立証できないかも知れません。

結局、石川氏単独の記載ミスということになる可能性も十分にあります。


また、検察が「期ズレ」を言わなくなったとすれば、土地が農地だったことが影響している可能性は十分にあります。


69. 2010年9月25日 06:35:18: FN1zC6nnJI
68様


報道を総合すると、検察のいう虚偽記載とは、記載された事実に偽りがあるということではなく、記載されるべき事実が記載されないない、ということであるようです。
そこから「検察側は、虚偽記載の動機を『土地購入費の原資に、公表できない資金が含まれていた点にある』と指摘し、購入時期(04年10月)の前後に2回、石川議員らが中堅ゼネコン『水谷建設』(三重県桑名市)から計1億円を受領したことを立証する方針を示している」という法廷戦術をとろうとしているのだと思いますが、こんなことが立証できるなら、水谷建設からのヤミ献金授受で小沢氏を立件すべきであり、即刻これを却下しなかった東京地裁の仕切りはおかしいと思います。

さらに、収支報告書に記載されるべき事実が記載されてないことが立証できるのであれば、その起訴事実は、政治資金規正法25条1項2号の不実記載罪であるべきで同条同項3号の虚偽記載罪を適用するのは間違いであると思います。
にもかかわらず、虚偽記載罪で起訴したのは、不実記載とするには、水谷検察からの献金の事実を挙証しなければならないにもかかわらず、虚偽記載であれば、検察が嫌疑をかけたことを疎明できさえすれぱ、形式上は起訴状が書けるからにほかならないと思います。


70. 2010年9月25日 07:07:22: ahzWlcZvZA
 
>>59
 
『オウム信者の救出にたずさわった人は語っています。
「(信者を)家につれ帰ると、すぐカルトのメンバーが連れもどしにやって来るため、
 
マインドコントロールを解く作業は、実家から離れたアパートなどで行われるのが普通だ。
家族が付きそって同居。短くて半年、一年以上かかるケースもある。(中略)
 
生半可(なまはんか)な気持ちではマインドコントロールは解けない」と』
 
http://www.at-do.jp/pages/souka01-05.html
 
http://www.at-do.jp/pages/souka01-04.html
 

71. 2010年9月25日 09:11:23: EMhIN0a6xs
今日の新聞報道での元秘書3人の起訴内容で、
小沢さんからの4億円の借入およびその返済を収支報告書に記載しなかったのは
故意ではないと被告側が主張する予定だとありましたが
阿修羅サイトへの「素直にまっすぐ…」さんの投稿によれば、
収支報告書には借入およびその返済について全て正しく記載されているとありました。
もしも「素直にまっすぐ…」さんの投稿内容が事実ならなぜ元秘書3人は
全て事実のとおり記載していると主張しないんでしょうか。
オレの頭が悪いせいか、そこんとこがよく理解できません。
どなたか教えてください。

          オザワを信じる事に決めたB層


72. 2010年9月25日 09:55:35: FMBHaPJyb2
 そもそも、秘書たち(会計責任者)の判決も出ていない(未確定)のに、小沢氏を「共同正犯」で、検察審査会(素人)が、同時並行して裁くというのは筋としてもおかしいではないか。
 「共同正犯」云々を言うなら、秘書たちの裁判で「有罪」との結論が出てからだろ、と考えるが。

73. 2010年9月25日 10:12:10: O80eRTIYjM

>小沢さんからの4億円の借入およびその返済を収支報告書に記載しなかったのは
故意ではないと被告側が主張する予定だとありましたが


違います。小沢氏からの4億円の借り入れは記載されている、と言う主張です。

記載されていないのは、銀行からの借り入れ分で、これは陸山会の預金を担保にした借り入れだったために、負債という認識がなかったためであり、故意に記載しなかったわけではない、ということです。
つまり「記載ミス」なら認めるが、「虚偽記載」は認めない、ということです。


>もしも「素直にまっすぐ…」さんの投稿内容が事実ならなぜ元秘書3人は
全て事実のとおり記載していると主張しないんでしょうか。


専門家の目から見て、それでは通らないからです。
つまり、厳密に言えば「記載漏れ」はある、ということですが、
あくまでも「ミス」であり、「故意」ではないという主張です。

借り入れがあるのに、実際には支払った土地代金の記載がないのは、登記が翌年にずれこんだためですが、これも農転手続き上の問題で「故意」ではありません。
「仮払金」という処理をしておければ良かったのですが、それは企業の決算の場合であり、政治資金収支報告書には、そのような処理はありません。

逆に、04年10月の時点で「土地代金」として計上していれば、小沢氏個人の支出を政治資金で立替えた資金流用といいがかりをつけ、「虚偽記載」どころか「横領罪」などと言い出しかねません。

検察の言いがかりは、それほど理不尽なものですが、
裁判官は、出世と老後の保障のため、99%は検察の言いなりであり、
どんな理不尽でも通ってしまうのが実状です。

残念ながら、「素直にまっすぐ…」さんの主張では、全然勝てる見込みがありません。


74. 2010年9月25日 10:45:00: EMhIN0a6xs
>>73さん

ご説明有難うございます。

>違います。小沢氏からの4億円の借り入れは記載されている、と言う主張です

これはつまりマスコミの報道が正確ではないということですね?

それと、「素直にまっすぐ…」さんの主張は、訴訟で争えるほどの根拠がないと
いうとらえ方でよいのでしょうか。
ご教授お願いします。

         またまたオザワを信じる事に決めたB層  


75. 2010年9月25日 12:49:18: QXUF9mxSIE
私は検察審査会そのものに法の正義から見ての正当性は無いと断定しています。@検察審査会は解体すべきです。審査対象は殺人事件などに限定すべきです。A検察審査会は「検察権力を使い政敵を追い落とす謀略」に悪用されています。B審査対象から政治関係は外すべきです。東大法科に席を置いたことのある仙谷官房長官は此の制度に疑問を呈すべきなのに、クズの集まる反小澤派の「過激派崩れの頭目」らしく何と、審査会の市民11人〈起訴相当」の議決してくれる事に期待して、小澤を〈殺処分」にしてしまう計画だと週刊誌が伝えている。まさに小澤さんはその辺の野犬狩り並に扱われている。C検察審査会の市民による審査は「リンチ」です。プロの法務当局が〈不起訴処分」にした。のに言いがかりをつけて〈起訴相当」にする。ワルの藤田検事より余ほど残忍で悪質な市民です。議決した残忍な市民の.住所。氏名。は公開すべきです。D総裁選で小澤さんは敵からの風評被害を受け反小澤派は最大限利用し既得権益勢力〈官僚や大手メデイア11社」やアメリカに隷属する勢力や自民系。の1000メガトン級の援護射撃と言うイカサマバクチの手口で辛勝〈議員票を見よ」したが、われわれはこれを拒否する。反小澤派と巣が内閣は打倒だ。

76. 2010年9月25日 15:55:44: O80eRTIYjM

>それと、「素直にまっすぐ…」さんの主張は、訴訟で争えるほどの根拠がないと
いうとらえ方でよいのでしょうか。


根拠が無いとまでは言えませんが、
裁判官が理解しなければ、何の意味もありません。

もともと、入出金として記載されていないことが問題なのに、
預金・現金の入出金記録がないから、不記載は無い、と言うのです。

「素直にまっすぐ…」さんのような天才的な人には理解できても、
我々同様に凡庸な頭の裁判官には到底理解できません。


77. 2010年9月25日 21:35:16: EMhIN0a6xs
>>76さん

>>74です。

頭の悪い私の愚かな質問に何度もご返答頂き、

有難うございました。


78. 2010年9月25日 22:37:00: eDNh319jvI
皆さんが、一生懸命に理論付けを考えているのに中国尖閣問題は何ですか?

前原などが火をおこして、国際問題にしておきながら船長をいとも簡単に釈放するとは?

それも一官僚が(サラリーマン)政治問題としたことを独断で決定したことと説明がありました、判断は政治家がする仕事ですよ、おかしいじゃないですか?

これからも政治問題となった場合でも官僚で解決するのか? 悪い前例を作ったな。

もうこの内閣じゃ持たないことを証明した、1カ月も立たないうちに馬脚を現した。

まだまだ大変だ、中国の怒涛の攻めでどうすればよいのか分からない状態だ。

小沢氏を攻めるようにはいかないな?法律でごまかして攻めることは弁護士さんかもしれないが、国際問題では弁護士の頭じゃ通用しないことが分かったか、

これは政治家の仕事なんだぞ。真の政治家じゃないとダメなんだ。


79. 2010年9月26日 01:06:06: V9YErVbXSc
>>78
> 小沢氏を攻めるようにはいかないな?法律でごまかして攻めることは弁護士さんかもしれないが、国際問題では弁護士の頭じゃ通用しないことが分かったか、

そのとおり。日本の腐敗しきった司法限定で通用する、法律論を装ったペテンとコネを使った誤魔化しで金を巻きあげるテクニックはきかない。強い相手ほどこちらの実力を見抜いてくる。口先ではない二手三手先の戦略、利害の駆け引き、現場のインテリジェンスが物を言う。つまり弁護士の詐欺師脳ではなく、本物の知能が要求される。


80. 2010年9月26日 11:43:16: yQmBOEfmgs
●特に地方の皆さんに真実を周知するため10万人の力を結集できないでしょうか。

民主党首選で小沢さんの得票総数は約10万票(10万人)でした。
この方たちを通じて真実を周知することはできないでしょうか。

地方の隅々までマスゴミ(新聞、テレビ)が配られているのに対抗する手段のアイデアを出し合いましょう。


81. 2010年9月26日 12:55:18: EMhIN0a6xs
壇 公善様

>>65さんの教えてくれた売買契約書http://deisui.sakura.ne.jp/data439.gif
の内容、これって結構まずくないですか?
   1.買主が「陸山会代表小沢一郎」となっている
   2.その日付が「平成16年10月5日」となっている
これだけ見たら、小沢さん個人じゃなく陸山会で買ったんじゃないんじゃないの?
それも16年に、って思われそうなきが…
心配しすぎでしょうか


82. 檀公善 2010年9月26日 13:24:51: 5ahbeaJAdnPAk : BBikcH7L1k
>>81さま
まもなく、この投稿の続編をあげます。その中で見解を述べておりますので、ご期待ください。10月5日は売買予約の日で、手付金1千万円を支払っています。これらの売買契約書や権利証の存在は、検察が付け込んでくる根拠になっているわけですが、あくまでも私文書です。契約の事実を客観的にものがたるのは、公文書である登記簿謄本しかありません。弁護団が最初から登記簿謄本を武器に反撃しておれば、3氏の逮捕も起訴もなかったでしょうし、小沢氏が落選することもなかったと思っています。弁護団の弁護方針については、いろいろ申し上げたいのですが、今はそのときではないと、・・・・ぐっと我慢の子でいます。
檀 公善

83. 2010年9月26日 13:39:29: EMhIN0a6xs
壇 公善さま

>>81です。
期待して待っております。頑張ってください。


84. 2010年9月26日 19:38:13: T8Ewc6RFC6
檀公善氏の続きの投稿です。
「檀公善:続:第五検察審査会の審査は着々と進んでいる。捏造犯罪集団=検察の小沢起訴のたくらみを打ち破らなくてはならない。」
http://www.asyura2.com/10/senkyo96/msg/145.html

85. kybestpartner@gmail.com 2010年10月27日 13:32:13: gy/9TD69pZVF2 : 9giuwb9usA
>>65. pRr3gwPGfQ 様、
不動産売買契約書(http://deisui.sakura.ne.jp/data439.gif)の全文をご提供頂けないでしょうか?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK95掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK95掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧