★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK96 > 358.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
三井環さんの事件から「村木さん無罪」を考える (保坂展人氏) 三井氏の「妻からのメッセージ」
http://www.asyura2.com/10/senkyo96/msg/358.html
投稿者 シマの住人 日時 2010 年 9 月 28 日 23:50:53: EmCzHByYjc4HE
 

たしか・・・、三井さんの奥さんは、旦那さんが塀の中にいらっしゃるとき、デパートで床掃除のアルバイトをしていらっしゃったと思います。深夜のドキュメンタリー番組で見た記憶があります・・・。ぼくもアルバイトでやっていましたので心に残っています。奥さんはとても愚直な方という印象を受けました。

************************************

三井環さんの事件から「村木さん無罪」を考える
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/7caecf14cc6bcdf240b082f151960d89政治 / 2010年09月28日

 今回の「村木さん無罪判決」と「証拠改竄事件」をあわせて考えていくと、2002年の三井環元大阪高検公安部長(現職の検察幹部)を逮捕した事件に突き当たる。調活費の使用実態について、三井氏かぬメディアに証言しようとしていた直前に同僚たちちめよって「口封じ逮捕」された。この時、検事総長以下、検察首脳は「当面の危機」を回避したつもりだったのかもしれない。しかし、「シロをクロと言いくるめる」お手本を検察トップが示した以上、今回の事態はいわば必然だったと言える。今日、私のところに三井環氏の妻からのメールが届いた。ここに紹介することにしたい。

〔引用開始〕

「この度の村木さんの事件で思うこと」

 私は元大阪高検公安部長検事 三井環の妻です。

 もう人々の記憶からは消えてしまっている事件かもしれない10年近く前に起きた「元大阪高等検察庁公安部長 三井環の事件」を思い出していただきたい。

 今、村木さんの事件は新聞等で三井事件以来の検察の不祥事といわれている。これは繋がっているのだ。あの時の検察のとった態度がこの事件を生み出している。「検察が作り出した事件」ということでこれは恐ろしい。

 三井の事件は国民には知らされていないが検察の利害とかかわっていた暴力団の利害が一致した「まさに検察が作った事件」なのである。

 国民が納得の行く形に検察は事件をまとめ上げ、三井一人を悪者に仕立て上げた。その検察組織を守るためにマスコミも最終的には裁判所までも協力した。その時の主任検事が村木さん事件の特捜部長なのである。(今の前田検事の立場)

 動物は生きていくために親から生き方を学ぶ、それを又子供に伝える、そうして生きていくためのDNAが体に残る。(科学に詳しくないのでこの言い方が正しいかどうかはわからないが)そうやって脈々と受け継がれていくものがある。

 検察は組織を守るため「三井事件」のところで大きく踏み外してしまった。三井の時の特捜部長は「責任は、俺が取る、やれ!」といったと思う。公判で「責任は一切私に」という言葉を当時の特捜部長から聞いた。検察組織を背負っているのだからこんなことがいえるのだ。

 三井は実刑を受け今年の1月に満期出所した。当時の幹部は三井事件の監督責任で自らも処分を受けたかたちを国民には取ってみせた。しかし、それはその時の国民へのポーズで、決して制裁を受けたわけではなくかかわった検事は皆栄進し、むしろご褒美があったのだ。(これは内部の者にしかわからない)

 このことを、皆に知ってもらわないと大変なことになる。三井も私もこのことを妬んでいるのではない。ひどい仕打ちを受けたが、三井は「検察を愛している、検察は変わらねばならない」と今も孤軍奮闘している。

 事件から10年近くたち三井事件の時の主任検事が村木事件の特捜部長として舵取りをした。今、舵取りを誤らないほうがおかしい。

 昔は特捜はよかったという検察OB も三井事件には自分自身の護身のため、あるいは愛する組織を守るため(と思ったのか)、きちんと向かい合うことができなかった。テレビでは昔のロッキード事件等のその輝かしい功績が放映され東京地検特捜部元検事達の誇らしげな顔も出たりしているがそんな過去のことに酔わないで頂きたい。

 三井一人を「限りなく悪い検事 」に仕立てあげ終わらせた検察の手法を学んだ優秀な検事が起こしたこの事件は検察改革のよいチャンスだと思う。主任検事も、特捜部長も悪いけれど二人だけが悪いのではない。

 三井は命を張って「私は捨石になる覚悟」といって検察と闘っているが誰にも理解されてなかった。マスコミもみんなの関心がなくなった事件は相手にもしないという感じであったが、計らずも検察は自ら事件を起こし「検察改革」に立ち向かわねばならなくなったし、検察官はその「良心」に立ち向かわなければならなくなった。

〔引用終了〕
誇り高き正義感を持った検察OBの方たちも含めて自分達が使った調査活動費の不正流用のことをあらためて考えてほしい。三井だけを悪者に仕立て上げて不正流用はなかったと終わらせたこの事件を考えてほしい。当時の検事総長の取った判断に胸をなでおろし終わりにしたことに、この事件の根幹があることの責任を感じてほしい。誰しも生活がかかっていて検察に矢を引くことのできない多くの庶民のことを考えてほしい。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年9月29日 00:02:22: kbjD6Oqr1Y
素晴らしい投稿です。
当時、三井氏が相談した民主の男は、空き缶でした。
三井さんが逮捕されてから、空き缶と
何らかの交流はあったのでしょうか?

不実で、権力欲だけの愚か者は、検察を利用して
小沢さんに冤罪を吹っかけて、首相になりました。

三井さん、保坂さん。
頑張ってください。
応援しています。



02. 2010年9月29日 05:20:59: nHF3qvdygs
阿修羅内関連記事

・古川利明の同時代ウォッチング :三井環(元大阪高検公安部長)告発状
http://www.asyura2.com/10/senkyo96/msg/340.html
投稿者 black9 日時 2010 年 9 月 28 日 20:13:42: gWkPHV3D8TzCo


03. 2010年9月29日 07:49:51: jfFAZGb6iI
三井氏、保坂氏、がんばってください。

04. 2010年9月29日 08:57:37: R5C2f0dHYg
 三井環さん、奥様、底なし沼の巨悪との戦い、察して余りあるものがございます。これからも大変な戦いが続くと思いますが、多くの国民は三井御夫妻の応援団です。心眼を持って事の成り行きを見守っております。小生も陰ながら応援を致しております。御健勝を祈念申し上げます。

05. 2010年9月29日 15:04:48: Jw8IaqJ65k
なんな情けない日本の為に闘う人たちがいる。
三井氏・保坂氏・ムネオ氏・小沢氏、その他大勢の人たちが、苦しい戦いを続けている。
そして、その戦いを支える家族の皆様がいる。

マスコミに面白おかしく取り上げられ、散々に踏みつけにされても闘う人たちに、心からの感謝と敬意を捧げる。

近頃分かってきたことは、戦後の長い間、国民は騙され続けたということだ。今もその状況は続いている。
しかし、日本の状況が深刻化する中で、目覚め始めている人たちもいるのだ。
頑張ろう、本当の我々のあるべき姿を取り戻すために。


06. 2010年9月29日 17:15:15: NKGBUbkb9A

三井さん、保坂さん応援しています。

検察は、通常政権が代われば、前政権の悪事を告発する。
韓国は、ものすごい。台湾もスゴイ。

日本は、65年も長きにわたり自民の支配があったのに。

郵政や新銀行東京、興銀、日債銀のどれも、
そのままです。

仙谷が、取引に利用しているのではないですか???


07. 2010年9月29日 20:04:38: s5uis36hXg
この阿修羅を通して今年三井環事件を知りました。
そこから関心がありずっと三井さんの動画を見たりしてます。本当にナサケナイ検察になってしまいました。
 こうして奥様の三井さんの裏方からの報告を読んでいて、ああこういう人間にならなければと思います。顔もお地蔵さんのようないい顔をしてます。検察のアクドサが今いろいろな人からの書き込みで明らかになってきてます。全てが驚きです。そして絶対に検察改革が必要だと思います。
 私も三井御夫妻の応援団になります。本もしっかりと買って読みます。
どうか三井さん倒れないようよろしくお願いいたします。


08. 2010年9月29日 22:24:53: n8t99pskXA
>「シロをクロと言いくるめる」お手本を検察トップが示した以上、今回の事態はいわば必然だったと言える。<

 これは、労働災害における経験則である「ハインリッヒの法則 (Heinrich's law)」でも明確に裏付けられる。

 「ハインリッヒの法則」は1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が
存在するというもの。言い換えると、1つの重大事件には、その組織に必ず土壌となる欠陥、腐敗、不正、
怠慢などが存在することを指摘しているといえる。

 FD改ざんの重大犯罪が発覚した村木裁判でも、検察側から申請された供述調書43通のうち34通が
裁判所によって証拠請求を却下された。34件の供述調書の捏造が犯罪として扱われてはいない
が、不正捜査があったことは裁判所によって認定されている。すなわち、村木裁判を通じて、特捜部組織、
検察組織の不正・腐敗にも「ハインリッヒの法則」が成立することが見事に証明されている。

 三井環さんの事件は最も検察の悪質性が顕在化した重大事件であるが、その後も多くの冤罪事件が発覚
している事態をみれば、それを生み出す腐敗、不正が検察組織全体に蔓延、常態化していると言える。
 また、今後も検察による同種の悪質な重大犯罪の発生が予測される。これが「ハインリッヒの法則」が教える
必然である。


09. 2010年9月29日 23:02:59: R0QLA01gIg

三井だけを悪者に仕立て上げて不正流用はなかったと終わらせたこの事件を考えてほしい。
ぼくは三井環さんの名前を、いつまでも覚えていました。罪をつくりあげて逮捕したんです。検察の不正は今回の、偽造とつづいていたのです。何も変えてなかったのです。検察を解散して、再生してほしい。3人逮捕ではなく。解散してリスタートからやり直してほしいです。

10. 2010年9月30日 03:00:16: J6wmjLVKsE
三井、保坂がんばれ!
(ただ「愚直」の使用法は間違っていると思います。「愚直」は人を評して言う言葉ではないと思います。ご修正を。諸説ありますが、「貴様」はほんとうは言い意味なのだ、とか「支那」や「三国人」は正しい使い方だ!というのと一緒なので。現代人の多くが「愚直に取り組んでいく」などと謙遜の意味で使っています。大多数の人がそうした解釈なので修正をされたほうがよいと「愚考」します)

11. 2010年10月03日 21:22:26: ax4FtihryA
三井夫人のメール、本当に深く刺さりました。保坂さんにこのメッセージが届くということは、保坂さんが信頼されているからですね。郷原さんとも力を合わせ、三井さんをサポートし、がんばって追及してください!

そういえば菅氏は、代表選演説で故石井紘基氏について言及していたが、実際民主党としては何もしてこなかった。あの演説は利用しただけ。あの刺殺事件でも、故石井氏のことを国会で唯一追及発言したのは保坂氏だけだったはず。
今の国会をみるにつけ、保坂氏落選は日本社会にとって非常に大きな損失となった。
私たち市民も、必要な議員を落とさぬよう努めなきゃと、改めて深く思う。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK96掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK96掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧