★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK96 > 383.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
三井さん熱烈呼びかけ!あなたも検察処罰求める三井申立書の申し立て人に! 9/30正午までに氏名連絡う!
http://www.asyura2.com/10/senkyo96/msg/383.html
投稿者 ヒゲ-戸田 日時 2010 年 9 月 29 日 08:32:41: Nk87MbMkz45iQ
 

 今こそ腐敗検察を殲滅する大チャンス! 三井さんが燃えてます。
 昨日、三井さんから戸田に電話があって、「10/1に検察官適格審査会に対して
村木さん冤罪に関与した検察官に厳罰を求める『申立書』を出すので、それへの
共同の申立人を戸田さんからも募って欲しい」との事でした。
 ネット掲示板に自分の事務所の住所・電話・FAXだけでなく、携帯電話番号も
全部公開してくれ、との凄い決意でした。

 告発状全文を下に紹介しますので、必ず通読して下さい。(かなり長文)
 賛同人募集の要点を述べます。
  ■共同申立人になる申し込みにあたっては、氏名と職業・肩書きの通知のみでよい。
    ・「職業・肩書き」に関しては、「会社員、公務員、無職、学生、自営業、団体役員」等々、簡単な
     記述でよい。
    ・住所や電話については不要。
  ■申込は、三井事務所メール info@syowakikaku.com まで。
  ■事務処理上の必要上、提出前日の9/30(木)の正午までに必着とする。
    出来るだけ早く申し込みを願う。

  ※申立人の数が多いほど効果がある。数百人、千人規模での申立人を!
   この情報を大々的に拡げて欲しい。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★三井さん作成の<10/1検察官適格審査会・審査申立書>の全文(読みやすいよう戸田が一部改行)
     ↓↓↓
                           平成22年10月1日
検察官適格審査会 御中
            審 査 申 立 書

 本年9月10日、郵便不正をめぐる厚生労働省村木厚子元局長の事件で無罪判決が言い渡され、同月21
日に確定しました。
 本件につきまして、私たち審査申立人は、検察庁法第23条に基づき、審査対象者名簿記載の検察官につ
いて、職権によってその適格に関して審査に付し、その官を免ずるよう申し立てます。

一 審査申立人
   三井環(元大阪高検公安部長)
                  電話 03-3844-8722 Fax/ 03-5827-3132
                  携帯電話 080-3772-0932
                  e-mail;info@syowakikaku.com
   他は別紙審査申立人一覧表記載のとおり

二 被審査検察官名簿
(いずれも村木厚子厚生労働省局長逮捕・起訴当時の者、懲戒免職処分対象者)
最高検察庁 
 ・伊藤鉄男次長検事
 ・鈴木和弘刑事部長(現東京地検検事正)
   当時の桶渡利秋検事総長は退官しているので本件対象とはならない。
大阪高等検察庁
   当時の中尾功巧検事長は退官しているので本件対象とはならない。
 ・太田茂次席検事(現京都地検検事正)
 ・齊藤雄彦刑事部長(現釧路地検検事正)
大阪地方検察庁
 ・小林敬検事正
 ・玉井英章次席検事
 ・大坪弘道特捜部長(現京都地検次席検事)
 ・前田恒彦主任検事
 ・國井広樹特捜部検事

三 申し立ての理由

 検察庁法第4条は「検察官は、刑事について、公訴を行い、裁判所に法の正当な適用を請求し、且つ、
裁判の執行を監督し、又、裁判所の権限に属するその他の事項についても職務上必要と認めるときは、裁判
所に、通知を求め、又は意見を述べ、又、公益の代表者として他の法令がその権限に属させた事務を行う」
と規定する。
 本規定は、検察官は不偏不党、公平無私の立場から真実を究明し、事案の真相を解明することを職務とす
ると解されている。
 そして、検察官は職務の遂行に関して「その意思に反して、その官を失い、職務を停止され、又は俸給を
減額されることはない。但し、懲戒処分による場合は、この限りでない」(同法第25条)と身分が保障さ
れ、被疑者・関係者に対する捜索、証拠の差し押さえ、逮捕、勾留、接見禁止処分、起訴などが認められて
いる(刑事訴訟法第47条ほか)。
 これらは検察官が公平な捜査を行ない、真相を解明することを期待して定められたものである。

 しかし、障害者団体「凛の会」の郵便不正に関連して昨年逮捕された厚生労働省の村木厚子元局長の事件
(以下「村木事件」とする)においては、検察は「虚構のストーリー」を作り上げて特権を濫用したばかり
か、その虚構が明らかになって村木元局長の無罪が確定したにもかかわらず、検察官として責任を取ろうと
していない。
 審査申立人は、貴会の手続きにより、事件に関与した検察官に対する厳正な処分を求める。

四 村木事件の詳細

 村木事件における逮捕及び起訴に関係した検察内部の動きは以下のとおりと承知している。

@ 事前協議と処分協議の流れ
 検察の内規では、高級官僚を逮捕、起訴する場合には事前に上級庁と協議することになっている。
 事前協議とは、村木元局長を逮捕するか否かの検察内部の協議であり、処分協議とは、元局長を起訴する
かどうかの検察内部の協議のことである。

<大 阪 地 検> <大 阪 高 検>   <最 高 検>
小林敬検事正   @ 中尾巧検事長      A 樋渡利秋検事総長
玉井英章次席検事 → 太田茂次席検事    → 伊藤鉄男次席検事
大坪弘道特捜部長 齊藤雄彦刑事部長 鈴木和宏刑事部長
前田恒彦主任検事 ← 他刑事部検事全員 ← 他刑事部検事
他特捜部検事   C 前田恒彦主任検事 B  
                大坪弘道特捜部長  

 上のとおり大阪地検・小林検事正室において、玉井次席検事、大坪特捜部長、前田主任検事及び本件捜査
に関与した他の特捜検事らが出席し、事前協議を行なう。
 初めに前田主任検事が事前協議資料(過去の捜査資料と証拠物)に基づき、それまでの捜査の経過を説明
する。村木を逮捕できるか否か、あらゆる角度から協議され、この協議では「逮捕すべし」との結論に達す
る。
 この結論を踏まえ、小林検事正の名で大阪高検の中尾検事長宛てに「逮捕すべし」との意見を付して事前
協議資料を送付する(図@)。
 これを受けて大阪高検では、齊藤刑事部長室に刑事部の全検事と地検の前田主任検事、大坪特捜部長が集
まり、地検と同様の協議を行なう。
 まず前田主任検事が事前協議資料を持参して説明し、地検と同様にあらゆる角度から協議がなされる。
 やはり同様に「逮捕すべし」との結論に達する。
 協議の出席者全員がそのまま中尾検事長室に行き、太田次席検事も出席して同様の事前協議をする。
 同じく「逮捕すべし」との結論に達し、それを踏まえて中尾検事長名で樋渡総長宛てに「逮捕すべし」と
の意見を付して事前協議資料を送付する(図A)。

 最高検では、樋渡総長室に伊藤次席検事、鈴木刑事部長、その他刑事部の検事が出席し、送付された事前
協議資料などに基づいて処分協議を行なう。その結果、「逮捕すべし」との意見に達し、それを踏まえて樋
渡総長名で中尾検事長宛てに「逮捕すべし」との意見を付して捜査指揮がなされる(図B)。
 これを受けた中尾検事長が同人名で小林検事正宛てに「逮捕すべし」との捜査指揮がなされ(図C)、こ
れを受けた大阪地検では前田主任検事が逮捕状請求書を作成し、同人名で大阪地裁に請求して発布され、村
木元局長は逮捕されたのである。

 このように、「検察官一体の原則」により、村木元局長の逮捕に当たっては大阪地検、大阪高検、最高検
がそれぞれ事前協議を行ない、最終的には樋渡総長から逮捕の指示がなされたのである。
 被審査検察官は、いずれもこの事前協議及び処分協議に関与した中心的検察官である。これだけの協議を
重ねながら、捜査はきわめてずさんであった。無辜の人間を長期拘束した責任は重い。貴会により処分をな
されなければならない。

 処分に当たっては、その軽重が問題となる。「検察官一体の原則」を踏まえれば、検事総長が最も重い処
分を受けるべきだと断じざるを得ない。なお、大阪地検で捜査を統括したのは、大坪特捜部長、大阪高検で
捜査を統括したのは太田次席検事であるので、その両名の責任は重い。
 一部メディアは、逮捕起訴した大阪地検の小林検事正以下の検察官の厳正処分について報じていたが、そ
れは「検察官一体の原則」を正しく認識していない見解である。主任検事が失態を演じても、主任検事のみ
を処分することは「検察官一体の原則」からできないシステムになっている。
それゆえに、過去の冤罪事件において検察官の責任が問われ、処分されたことは一度もない。

A 虚偽の証明書作成の流れ

 村木元局長らが虚偽の証明書を作成したとされる検察の虚構のストーリーは、以下のとおりである。

凛の会元会員河野克史(一審有罪、被告控訴) @石井一民主党副代表に対して口利きの指示
                             を依頼
    ↓@
石井副代表元私設秘書で凛の会創設者の倉沢邦夫
 被告(一審一部無罪、検察控訴)          A倉沢邦夫元秘書が石井副代表に口利きを依頼
    ↓A
石井副代表                B石井議員が架空の証明書発行を電話で指示
    ↓B
厚生労働省・塩田幸雄元部長        C塩田元部長、村木元局長に証明書発行を指示
    ↓C↑F
村木厚子元局長(一審無罪確定)       D村木元局長、上村元係長に証明書発行を指示。
                        「ちょっと大変な案件だけどよろしくお願いします」
    ↓D↑E
上村勉元係長(公判中)              E上村元係長が虚偽の証明書を村木元局長に手渡し、
                        F村木元局長が塩田元部長に手渡す

 本件は、石井副代表による「議員案件」の事案であることを前提として捜査が進められた。かりに議員案
件でなければ、検察の上のストーリーは完全に崩壊する。
 これは、倉沢元秘書から押収した手帳に「04年2月25日に石井副代表と会っていた」かのようなメモ
があったからである。ところが、前田主任検事らは事前協議までにこのメモの裏付けを取っていなかった。
事前協議においても、議員案件であるのか否かの裏付け捜査の指揮がなされることはなく、結局、村木元局
長逮捕までに裏付けは取られていない。

 議員案件を前提として口利きの依頼や虚偽の証明書発行などの流れが作られ、保釈や逮捕をちらつかせな
がら倉沢元秘書、塩田元本部長、上村元係長に虚偽の供述をさせ、内容虚偽の検面調書が作成された。
 特に被審査申立人である國井広樹特捜部検事は、上村元係長の取り調べを担当し、保釈させないと脅迫し
て、村木元局長から指示があったと内容虚偽の検面調書を作成した。
 これは、虚偽公文書作成、同行使罪に該当する犯罪である。
 その大前提である議員案件の裏付けという重大な捜査の基本がなされていなかった。
 なぜ村木元局長の逮捕までに裏付け捜査をしなかったのかきわめて不可解である。いずれにしても検察側
の重大な過失である。
 この点だけでも、事前協議に関与した検察官は懲戒免職処分に値する。
 村木元局長逮捕の前に石井副代表の議員案件でないことが明らかになっておれば、村木元局長の逮捕はな
かったのだ。

 後に明らかになったことだが、倉沢元秘書と石井副代表が会って口利きについて話したとされる「04年
2月25日」は、石井副代表は千葉県内でゴルフをしており、倉沢元秘書と会うことは物理的に不可能であ
った。
 昨年9月10日には弁護人と検察官が出席して大阪地裁で公判準備手続きが行なわれているが、その翌日
である11日頃に前田主任検事が石井副代表の事情聴取を行なっている。
 この際、石井議員は自ら手帳を示したが、前田主任検事はぺらぺらとめくってみただけで、それ以上の事
情聴取はしなかった。前田主任検事は当日の石井副代表の行動を確認し、ゴルフの件など詳しく事情聴取し
て検面調書を作成すべきであった。これが検察官としての本来の仕事である。
 だが、前田主任検事は、この段階で石井副代表のアリバイが成立してしまうと議員案件でないことが確定
し、上記のストーリーが崩壊するため、あえて検面調書を作成しなかったと思われる。

 前田主任検事は、その結果を大坪特捜部張、玉井次席検事、小林検事正に報告したものとみられ、小林検
事正は上級庁である大阪高検に、大阪高検は最高検にそれぞれ報告したものと思われる。
 事前協議と処分協議に関与した検察官は、昨年9月11日頃に本件が議員案件ではないことを認識してい
たものと思われる。議員案件でなければ検察のストーリーは雪崩式に崩壊することはその段階で認識できた
のである。
 だが、検察内部でこの事実には緘口令が敷かれたのか、メディアに漏れることもなかった。
 まさに「検察一体」となって証拠隠しをしたのである。

 そして、検察は本年1月27日の村木元局長の初公判においても虚構のストーリーに沿った冒頭陳述を行
なっている。
 前年9月の事情聴取で議員案件でないことは明らかになっていたにも関わらず、その証拠を隠し、自作
のストーリーを守るべく暴走を続けたのである。
 なお、3月4日の公判に出廷した石井副代表は、その証言は手帳で確認しながら「04年2月25日には千
葉県内のゴルフ場にいた」旨を証言、ゴルフ場でのプレイの記録やスコアなどで裏付けられた。
以上のように、石井副代表による議員案件でないことは明らかだったにもかかわらず、村木元局長逮捕の前
に適正な捜査をしなかった検察の責任はきわめて重いと言わざるを得ない。

B 改竄された証拠

 事前協議において、上村元係長から押収したフロッピーディスク(FD)が証拠として十分に検討されな
かった点についても述べたい。
 このFDは裁判では証拠提出されていないが、重要な問題を含んでいた。偽造された証明書の原稿は、こ
のFDに入力されていたが、データの最終更新日時が改竄されていたことが本年9月21日に明らかになっ
たのである。
 FDは上村元係長の自宅から押収されたもので、データの最終的な更新日時は昨年5月26日の押収時点
では「04年6月1日午前1時20分」となっていたが、約1ヶ月半後の7月13日に「04年6月8日午後
9時10分56秒」と改竄されていた。この3日後の16日にディスクは元係長に返却されている。
 データの更新日時が6月8日だった場合には、村木元局長が虚偽の証明書の作成を指示したという「虚構
のストーリー」に合致する。前田主任検事はストーリーに沿った改竄を行なったのである。

 前田主任検事は、改竄が明らかになった9月21日のうちに逮捕されるという異例の事態になった。
 これは前田主任検事一人に責任を押し付けようとする検察の組織的な隠蔽工作であり、断じて看過するこ
とはできない。
 前田主任検事については証拠隠滅(刑法第104条)で本年9月22日付け大林宏検事総長宛、三井環名義
で刑事告発した。

五 検察による虚構のストーリーの完全崩壊

@ 厚労省・塩田幸雄元本部長らの証人尋問

 本年2月8日に行われた証人尋問で、塩田元本部長は議員案件であることとニセ証明書発行を村木元局
長に指示したことを否定し、検察の捜査は「壮大な虚構ではないかと思った」とまで証言した。
 その後は上村元係長の証人尋問も行なわれているが、元係長は単独でニセの証明書を作成したことを証言、
村木元局長の指示など検察のストーリーを完全否定した。
 さらに取り調べ中につけていた「被疑者ノート」を提出、裁判所はこれを重視した。このノートには虚偽
の証言を引き出そうと保釈をちらつかせる検事の言葉などが克明に記載され、また村木元局長の指示がなか
ったことも記載されていた。
 さらに取り調べを担当した検察官6名の証人尋問も実施された。
 すでに検察のストーリーが崩壊したにもかかわらず、検察官はあくまでもストーリーを維持するために検
面調書の特信性の証言をさせた。
 驚くべきことに、検察官らは6名とも取り調べの際に作成するメモを廃棄したとウソの証言している。
 検察官の取り調べのメモについては、最高裁が判例で「捜査上の公文書」と認定し、最高検も「適正な管
理」を全国の高検、地検に通達している。本件メモには村木元局長に有利なことも書かれていたはずだが、
こうしたメモは判決が確定するまで保管するのが検察官の義務である。

 この検察官6名については偽証罪(同第169条)が成立すると思われるので、本年9月22日付けで大林
宏検事総長宛てに三井環名義で刑事告発をした。
 なお、本年5月26日、大阪地裁は上村元係長の供述調書15通の証拠採用を却下した。その理由は上村
元係長の「被疑者ノート」の内容と同様であった。裁判所は検察側が虚偽の供述をさせていたことを認定し
たのだ。これにより村木元局長の無罪が事実上確定した。

A 論告求刑

 既にメディアも既に村木元局長の事実上無罪を報じていたにもかかわらず、検察は6月3日の論告求刑
公判で懲役1年6月を求刑した。
 上村元係長の検面調書は証拠採用されなかったのであるから、村木元局長の共謀を認定する証拠は存在し
ない。
 本来であれば、検察官として取るべき対応は論告求刑を放棄するか、無罪の論告を行なうかのいずれかし
かない。ところが、検察側は最後まで暴走をやめなかったのである。
 なお、村木元局長の公判経過については、公判の都度、小林検事正名義で中尾検事長、樋渡検事総長、
千葉法務大臣宛てに書面で公判における立証内容、反証、次回期日予定等が報告されている。これを三長官
報告という。
 したがって、事前協議及び処分協議に関与した検察官は、大阪地裁の公判経過については充分認識してい
た。
 然るに、上級庁からの公判対策等についてのチェック機能はまったく果たされていない。特に、6名の検
察官がメモを廃棄したとの証言についても、その前後に何らの対応もされていない。

B 無罪判決

 9月10日、当然ながら大阪地裁は村木元局長に無罪判決を言い渡した。同月21日に検察は控訴を断念、
めずらしくメディアも検察の捜査批判を展開した。
「暴走した特捜部」「裏付け捜査不足」「幹部のチェック不全」「検察の構図を全否定」「特捜捜査の見直し迫
る」「密室での取り調べに批判」「特捜捜査による冤罪」「検察捜査の徹底検証を」「完敗 検察に衝撃」「構
図優先 裏付けずさん」などと大々的に報じたのである。
 だが、検察が控訴を断念したのは「勇気ある決断」ではない。虚構のストーリーはあくまで虚構でしかな
く、控訴審で勝てる見込みがないからである。
 村木元局長は164日間も勾留され、4回目の保釈請求でようやく保釈された。既にその頃は石井副代表の
議員案件であることも崩れ去っていたのだが、検察は保釈に反対したのである。
 このような不正義があろうか。

 村木元局長は逮捕された昨年6月14日から今回の判決まで一年半近くも裁判闘争を続けざるを得なかっ
た。精神的、肉体的苦痛に加えて経済的な負担も大きかっただろう。元局長とその周囲の人間は検察の虚構
とメンツに振り回され続けたのである。
 この事件は、検察の前代未聞の不祥事といっても過言ではなく、検察全体の信用を失墜させた事件である、
と評することができるであろう。関与した検察官については、懲戒免職以外にないと思料される。

 貴会の機能と存在については、十分機能していないとの批判もあるが、今回は法務大臣も積極的に関与し
た検察官の処分を検討すべきではないか。
 勇断をもって厳正な処分勧告を行ない、ぜひ存在感を示してほしい。
 また、柳田稔法務大臣も関与した検察官の処分を検討すべきではなかったか。

六 まとめ

 被疑者や関係者の虚偽の供述で捏造された典型的な冤罪事件であることは一審判決で明らかとなった。
 本件捜査についての検察官の重大な落ち度は、@議員案件であるか否かを裏付け捜査しなかった、AFD
を十分検討しなかった、B石井副代表の事情聴取で議員案件でないことは明らかであったのにその証拠を隠
蔽した、C公判において6名の取り調べ担当検事が取り調べメモを廃棄したと証言したこと、D虚構のス
トーリーであることが明らかとなった後もなりふりかまわず公判が遂行されたこと、E論告求刑公判でも本
来であれば論告を放棄するか無罪論告すべきであるのに、懲役刑を求刑したこと、などが事前協議と処分協
議に関与した全検察官全員の重大な落ち度として認定されなければならない。

七 改革案

 現行の制度を見直し、検察審査会と同様の民意を反映する制度にすべきである。検察審査会は、検察官の
処分に対してそれが適正であるか否かを審査するのみであって、本件村木元局長の事案については審査の対
象外である。
 検察官による不当逮捕、勾留、起訴などについても審査できる制度を作るべきである。と言うのは、最近
の検察の暴走が批判されているが、その暴走をチェックする制度が日本には存在しないからである。
 選挙権を有する国民が委員となって、逮捕起訴の不当、冤罪事件を審査する、菅直人政権は政治主導で法
案の成立を期することを切に望みたい。
                                 以上。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎戸田ひさよしHP http://www.hige-toda.com/
  ・生コンスト記事を載せている「自由論争掲示板」
           http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=tre;id=01
■他では見れない動画が満載!「戸田のYUチューブコーナー」
          http://www.youtube.com/user/todajimusho
■在特会や三井さんほか動画各種はこちらでも
   「絶対面白い動画コーナー」 http://www.hige-toda.com/_mado05/movie/
■「中小企業の砦」=協同会館アソシエに関連する「アソシエ動画」
          http://www.youtube.com/user/ASSOCIE0911#p/u
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年9月29日 09:11:12: HlwakAuqPc
メール送りました。

ぜひこの犯罪集団に厳罰を与えてください!
彼らが平気で村木さんを陥れようとしたことに。


02. 2010年9月29日 10:07:30: DwvxdS8AZo

ヒゲ戸田=戸田ひさよしって、労組から不当な金を貰って議員をクビになったやつでしょ。

阿修羅にまで来て、売名行為をしているのか。
こういう汚職政治屋は、日本に要らない。



03. 2010年9月29日 10:56:07: PW71YJnE2Q
内容としてはうなずけるものだった。

日本の政治家は脱税や政治資金の操作等をしている者が多いが、政党助成金300億円を増額してもよいから、他から一切もらうな。


04. ヒゲ-戸田 2010年9月29日 12:15:53: Nk87MbMkz45iQ : tcozxRBQlA
 戸田を誹謗し、戸田の投稿内容を誹謗するために時々 >02. 2010年9月29日 10:07:30: DwvxdS8AZo のような輩が、「警察・検察・裁判所が決めた事は正義なんだ!」
というアホウな考えに基づいて誹謗中傷投稿を行なうが、戸田への弾圧は連帯ユニオン関
西地区生コン支部への05年から06年にかけての連続弾圧の第3弾として行なわれたもの。
 戸田に文句を付けたいのなら、最低限、戸田HP内の戸田弾圧問題特集:
  http://www.hige-toda.com/____1/toda_danatu/index.html
を精読してから文句をつけてみろ。

 そもそもこの手の輩は、戸田事件の内容さえ知っていないのが常だ。
 この「政治資金規正法違反」なるものは、
▲自分自身が所属する連帯ユニオンの仲間からの個人カンパ計90万円を「違法な団体寄
 付だ」と決め付け、
▲(03年秋から就任した)近畿地本委員長報酬の一部3年分360万円を全て「違法な政
 治献金」と決め付け、
▲「地本委員長報酬は戸田に対しては月10万しか認めない」、と裁判所が労組に介入命令
 しているに等しい決めつけをして戸田らを処断する材料に使い、
▲しかも05年12月の不当逮捕以降も(09年6月の退任・無給の顧問に移行まで)同じ
 報酬額を受けているのに、その事は全く問題にせず、

という、全く政治的な不当弾圧であり、冤罪弾圧である。
  実に、こんな冤罪で「門真市有権者から抜群の支持を受ける、連続トップ当選達成の異
色の左翼議員」たる戸田が、国家権力によって門真市議会から追放されたのである。
 「権力に睨まれたら民意無視で議員が議員でなくされる」という典型例だ。

 また、そもそも「政党助成金」を受ける政党の議員ならば団体献金もOKだが、いかな
る助成金も受けられない「無所属」の議員に対しては、非営利団体である労組、それも自
分自身が所属する労組からの献金でさえ禁止される(労組員の個人献金が違法な団体献金
にでっち上げられる危険が常にある)、という事の不条理も見逃せない。

>02. 2010年9月29日 10:07:30: DwvxdS8AZo のようなアホウ共は、そういう問題
は全く考えようともせずに、「逮捕起訴されたから悪」、「有罪判決を受けたから悪」、とい
う脊髄反射で誹謗宣伝を書き散らすのだろう。
 ま、考えてみる能力もない、というのが実態か。
 戸田に文句を付けたいならば、事実を多角的に調べた上でものを言え。戸田HPでの戸
田の主張や説明を精読しておく事は最低限の必要事項である。投稿したい事があれば、戸
田HPの「自由論争掲示板」
http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=tre;id=01
に投稿せよ。(ただし戸田の掲示板管理は厳しいぞ)

★この手のアホウにいちいち対応する事はしないが、今回は阿修羅の一般読者に戸田弾圧
 事件の概要を説明しておく事を兼ねて触れた次第です。
それでは、三井さんへの「申立人参加」メール送信をよろしく!


05. 2010年9月29日 12:50:19: DwvxdS8AZo
>>04

法を犯した上、司法による厳正な判断を罵倒する、そんな奴の一方的な言い分を鵜呑みにするほど、我々国民は馬鹿ではない。

ましてや「法が不条理」などと言うのは、法を犯した者の勝手な言い草である。
不条理と個人が判断すれば、勝手に法を犯してもいいとでも言うのだろうか。


06. 2010年9月29日 12:54:07: OGywzgQLac
メール文はこれでいいかい?

タイトル:10/1検察官適格審査会・審査申立共同申立人申し込み

本  文:

三井事務所 10/1検察官適格審査会・審査申立ご担当者様

 10/1検察官適格審査会・審査申立共同申立人として当メールにより申し込み致します。

 氏名:山田 太郎
 職業・肩書き:会社員

以上


07. 2010年9月29日 13:35:01: nHF3qvdygs
>>01
>>04
ID:DwvxdS8AZoは直近に発覚した大阪地検特捜部における証拠捏造によるでっち上げ事件も知らないのか?更に言えば、鹿児島の志布志事件、菅野さん事件、富山事件と相次いで発覚した重大な冤罪事件も知らないのか?

もし知っていれば、警察・検察といった捜査当局側の発言を一方的に鵜呑みにするような愚劣な発想ができるはずがない。 ID:DwvxdS8AZoは日本に住んでいない「なりすまし」の外国人工作員なのではないか、との疑いを拭えない。


08. 2010年9月29日 13:41:38: DwvxdS8AZo
>>07

厳正な裁判の結果、村木さんはちゃんと無罪になっている。
戸田は有罪確定だ。

また、警察・検察の主張を鵜呑みになどしていない。
検察側、弁護側双方の主張を基に行なわれた裁判の結果を尊重しているだけだ。


09. anne_0207 2010年9月29日 13:43:04: NV1OawnDLieNU : XmP9HLv5fw
メールを送信しました。


罪を憎んで人を憎まず!!


10. 2010年9月29日 15:36:09: cRexwstu4g
08様
ちゃんとおめめ開けて世間を見ないとマスコミに騙されてるB層って
思われますよ(笑)

検察は脚本家件俳優って大阪地検の件でお勉強させていただいた
でしょ?
検察のこんなことあんな事、今に始まった事ではない!
GHQがまだいた時代からの長〜い長〜い歴史ですよぅ〜!

村木氏は自ら日にちの改ざんを見つけられた、
しっかりした女性だったから無罪を獲得されたまで!
そこらへんのOLなら、確実に犯罪者に仕立て上げられていましたよ!

裁判結果の何割が信用できるか?(笑)


11. 2010年9月29日 15:53:39: dbqX3UamfQ
メールしました。

検察の実態が明らかになり、三井氏の冤罪も晴れることを祈ります。


12. 2010年9月29日 16:36:39: EX9ox3QBHY

先程、info@syowakikaku.com 宛てに、賛同し共同申立てに参加する旨「職業・氏名」をメールした。

もう、賛同・参加するのは、庶民の義務でしょう。


13. 2010年9月29日 17:37:04: vQUQNtBSgQ
メールしました。

ヒゲ-戸田さん、DwvxdS8AZo は、方々でタチの悪いことをやり皆無視してますので、気にされぬように。


14. 2010年9月29日 18:47:00: pQGDoh3MtA
メールしました。 今こそ天誅を下しましょう。

戦後65年間の長きに亘り、わが国民を欺き米国の実質占領を強いてきたこの売国奴たちを、徹底的に排除しよう。


15. 2010年9月29日 20:47:08: s5uis36hXg

三井環様の奥様の手紙を読みました。奥様と三井様の検察に対する情熱がとても感じられ正義を重んじる検察になって欲しい。改革を託します。微力ですがメールを送りました。


16. 2010年9月29日 21:19:38: n8t99pskXA
 メールをお送りしました。

 「明日は我が身。」決して他人事とは思えません。

 国民をこれほどの恐怖に陥れている検事および検察組織は、社会の癌です。

 我が国を思う三井さんの決意、確かに受け止めました。


17. 2010年9月29日 22:50:01: rl114U8UmI
メールで共同申立を申し込みました。

朝日新聞関西版で報じられていました。
「検察幹部ら罷免に」 検察官適格審査会へ申し立て 2010年9月24日
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201009240041.html

また、大阪市淀川区の文筆業、高野和郎さん(73)という方が、すでに同様の申し立てをされていたようです。 

産経新聞2010年9月22日【押収資料改竄】前特捜部長らの罷免求め 22日に検察官適格審査会申し立て 大阪市の文筆業者 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100922/crm1009220200000-n1.htm


18. 2010年9月29日 22:51:46: eFeER7gveA
2chに検察コピペ貼るだけでプロバイダから強制退会させられるってのに
こんなのに名前連ねて後でどうなるか知れたもんじゃない

三井さんには頑張って貰いたいけど、俺はごめん被るよ


19. 2010年9月29日 23:26:31: LoppctBm72
大坪弘道特捜部長(現京都地検次席検事)は検察の裏金の事をよく知っており、逮捕された場合、全て暴露されるのではと、検察サイドは戦々恐々としているようですね。

20. 2010年9月30日 01:07:43: HlwakAuqPc
逮捕された検事の皆様。
間違ってもオリの中で自殺など考えず、大いに反省して今までのでっち上げ事件を公表してください。
それが唯一の罪滅しになり、国民も見直すことでしょう。

21. つれづれ 2010年9月30日 06:51:28: hfRottt9VCOOU : UKihjuGeJs
本当は・・こんなことしたくない!(署名)

でも、あまりにも情けなくて・・


22. 2010年9月30日 07:11:45: n8t99pskXA
>18さん

 国民感情の率直な表現であると思います。国民をこれほどの恐怖に陥れている。
これが、今の検事および検察組織、更に裁判所を含めた司法制度の実態だと思います。

 しかし、この状況はいつか来た道。特高警察の恐怖にさらされ自由な意見が封殺され
た戦前、戦時中の状況を想起するのに難くない。
 
 今、声を出さなければ。


23. ジェダイの騎士 2010年9月30日 09:48:33: yjyIFUQjb.Q.A : LIOAVWijUI
ダークサイドに堕ちた輩の末路は明確にせねばなぬ!

この小さな石つぶてがフォースとともにあらんことを

微力ながらメールしました、頑張ってください。


24. 2010年9月30日 11:11:06: nIx2f5fDc6
申し込みました。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/2092/1285356562/25


25. 2010年9月30日 12:17:37: ObJAkHAXmk
有難うございます、私も申し込みのメール送付しました。
素文を、書いて下さってたので、スムーズに打てました、
たくさんの方の声が集まるはずです。絶対に許さない許してはいけない、ここからけもの道が始まり、菅の裏切りからすべては始まっていたと思います。
三井環さん、是非よろしくお永井します。

26. 2010年9月30日 12:31:52: 0ruzAX9hXM
同じ図式で小澤さんの第一秘書・大久保さんの逮捕も不当冤罪ということで、関係した検事の告発を行っていただけませんでしょうか。
 10月末にはでるという第5審査会の結果がどうであれ、冤罪は冤罪。小澤さんの陸山会事件も東京地検特捜部の狙い撃ちで、与党民主党の仙谷さんがらみの小澤落としは明白です。ここにもメスを入れ告発するべきかと思います。

27. 倉橋英樹 2010年9月30日 12:39:03: 0kLYNawnsRzxc : TSYTI5IXLg
検察に自浄能力を持たせる為にも、悪事に対する罰はしっかり行われたほうがいいですものね。

私も申し込みしました。

〜以下送信メールコピー〜

【件名】
三井事務所 検察官適格審査会・審査申立ご担当者様

【本文】
 検察官適格審査会・審査申立共同申立人として当メールにより申し込み致します。

 氏名:倉橋 英樹
 職業/肩書き:アルバイト/元愛知県御津町議会議員

以上ですが、よろしくお願い致しします。

豊川市民オンブズマン/倉橋英樹
豊川市御津町広石広国49-1
http://www.saturn.sannet.ne.jp/kura/


28. 2010年9月30日 22:28:08: QxoSh5xe9Y
三井さんも戸田さんもがんばれーーー! 

応援しております。(^^)


29. 2010年10月01日 07:40:30: HejJwkupBk
メールしました。
三井さんはじめ、すべての冤罪被害者の方々、気を強く持って、みんなで汚名を濯ぎましょう。応援しています。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK96掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK96掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧