★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97 > 127.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
菅、小沢封じ謀議3時間“自発的離党”への道筋相談!?(zakzak)ささやかれる野中広務元幹事長の影
http://www.asyura2.com/10/senkyo97/msg/127.html
投稿者 赤かぶ 日時 2010 年 10 月 07 日 11:27:28: igsppGRN/E9PQ
 

 菅直人首相(63)の所信表明演説に対する各党の代表質問が6日、開始。陸山会事件で強制起訴が決まった民主党の小沢一郎元幹事長(68)の問題や、沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件への対応などについて、野党側の厳しい追及は避けられない。こうした中、菅執行部と小沢グループ双方の緊急謀議が浮上した。小沢氏の処遇と、日中接近の背景。緊迫の永田町で、「政界のドン」と呼ばれた自民党の野中広務元幹事長(83)の影がささやかれている。 

 「明日の国会での答弁ぶりで相談しただけ」

 5日夜、首相公邸から出てきた枝野幸男幹事長代理(46)は、待ちかまえた記者団に対し、苦笑しながらこう語った。ただ、それをうのみにする記者はいない。

 アジア欧州会議(ASEM)から5日夕に帰国した菅首相は、午後6時半近くから岡田克也幹事長(57)、仙谷由人官房長官(64)、枝野氏ら「反小沢」執行部を次々と呼び寄せた。国会運営とともに、東京第5検察審査会で「起訴相当」の議決を受けた小沢氏の処遇を話し合ったのはほぼ間違いない。謀議は午後10時前まで約3時間半も続いた。

 公明党も含めた野党6党は5日、国会で小沢氏の証人喚問を要求することで一致。6日から衆院本会議で始まる代表質問では、野党がこぞって「菅首相は小沢氏を国会に差し出せるのか!」と迫る方針だ。

 「国民生活に直結する2010年度補正予算案を速やかに成立させるためには、小沢氏に最低でも離党してもらうしかない」(民主党関係者)

 しかし、正面から党執行部が離党勧告をしては、過激な小沢グループの議員らが騒ぎ出し、9月の民主党代表選のように党内が二分しかねない。「公邸の謀議は、誰が小沢氏に『自発的離党』を促しに行くのか、国会審議を前に話し合っていたはずだ」(別の民主党幹部)という。

 「鈴付け役」の一番手には党幹事長の岡田氏が浮上する。しかし、無実を訴え裁判での全面対決を唱える小沢氏が、おいそれと「反小沢」一派からの引導を受け入れる可能性は低い。

 小沢グループの緊急幹部会が6日夕行なわれるが、菅執行部を牽制する意見が噴出するのは間違いない。

 その小沢氏の処遇とともに、菅執行部の頭痛の種が尖閣問題だ。

 菅首相は日本時間5日未明、ASEMの首脳会合が開かれたブリュッセルの王宮内の廊下で、中国の温家宝首相と約25分間、会談した。

 「割と自然に、普通に話ができた。戦略的互恵関係を確認したわけだから、その原点に戻る話ができたことは良かった」と、菅首相は無邪気に喜んだが、背後では「影の宰相」仙谷氏が周到な根回しをしていた。

 先月末、密命を託した細野豪志前幹事長代理(38)を訪中させ、北京市内の釣魚台迎賓館で中国外務省幹部と長時間にわたり会談。これには中国外交を統括する戴秉国国務委員(副首相級)も加わった。

 この訪中劇の裏に、かつて「政界のドン」とも呼ばれた野中氏の存在がささやかれている。

 民主党関係者は「仙谷氏は尖閣問題の悪化を受け、中国に太いパイプを持つ野中氏に相談を持ちかけた。野中氏は、以前のカウンターパートナーだった曽慶紅元副主席に連絡を取り、日中の緊張緩和に向けて動いた。細野氏の訪中は、仙谷−野中−曽ラインで実現したようだ」と語る。

 曽氏は、江沢民前国家主席の側近として出世し、胡錦濤国家主席の下で副主席に就任した。野中氏をはじめ、自民党の古賀誠元幹事長(70)や二階俊博元経産相(71)とも親交が深い。2008年3月の全人代で引退したが、いまだに中国政界に隠然たる影響力を持つとされる。

 仙谷氏と野中氏の接近については、小沢氏の側近である平野貞夫元参院議員(74)もブログ「永田町漂流記」(8月29日)で、こう明かしている。

 ≪余談ではあるが、七月下旬、野中(広務)元官房長官と久しぶりに会う機会があり、その時に野中氏が、仙谷官房長官が『いろいろ』と相談に来ていることをふと漏らしたが、私はそれを聞いてたいへん驚いた≫

 野中氏といえば、小沢氏を「悪魔」と呼び、生きるか死ぬかの激烈な死闘を演じてきた政治的宿敵。小沢氏は昨年末、農業基盤整備のための土地改良事業費の半減を決定。全国土地改良事業団体連合会(全土連)の会長である野中氏が陳情に訪れようとしたが、小沢氏は面会を拒絶するなど、犬猿の仲は続いていた。

 その野中氏に、菅政権を仕切る仙谷氏が相談していたわけだ。

 政治評論家の小林吉弥氏は「何ら不思議ではない。仙谷氏と野中氏の接近はあり得ることだ」といい、こう続ける。

 「野中氏には政治的力量があり、政局に対する彗眼(=物事の本質を鋭く見抜く力)もある。両氏ともリベラルであり、仙谷氏が政権運営や政界再編の指南を受けていてもおかしくない。ただ、それだけ民主党内に人材がいないということ。希代のヒールだが、実力のあった小沢氏の強制起訴が決まったことで、民主党は今後漂流していく危険がある。政界は未曽有の混迷に突入しかねない」

 民主党はどこに行くのか。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20101006/plt1010061550001-n1.htm  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年10月07日 14:13:40: 1rwxPgqQVs
赤かぶ氏はやはりバカだ、二人はリベラルではなく、同和出身の繋がりです。

02. 2010年10月07日 15:04:22: CT471vKW8k
1>未だに化石のような人がいたんですね。いやはや驚いた。

03. 2010年10月07日 18:00:38: iRcIi8D0ak
おい01、同和批判はタブーとされていた慣行が破れたことは俺もいいことだと評価するが、一部の者たちの同和事業に絡む癒着利権を同和全体の話にして同和そのものを見下したり差別するような付和雷同はやめやがれ。
ハラワタが煮えくり返るんだよ。こういうことシレッと書くやつが。

04. 2010年10月08日 04:09:06: WABjt3xtMx
そう、01こそ馬鹿だ。仙谷は卑劣な政治屋であり、野中は大物ぶった卑しい小物。それだけで十分だろう。まっすぐに日本国の政治を語ろうというとき、くだらん差別をする阿呆は出て行け。ここで意見を述べる人のほとんどは、あってはならない差別や生活格差をなくそうとしているんだよ! 少なくともちゃんとした小沢支持者は、皆そうだ。

05. 2010年10月08日 14:12:55: FRONV22raU
野中の糞爺 何歳や ボチボチお迎えが 来る年齢

ほっといても 逝きよる 時間のもんだい 自然生滅


06. 2010年10月10日 10:22:23: kFC5TEBIb6
へぇ〜小沢氏がフジタの社員解放に動いたと思ったら小沢氏の宿敵野中氏が動いたとは、面白い。

民主党は与党であるにも関わらず自分たちの中で解決できない実力のなさが明白になった記事だな。

普通引退した議員でも民主党の元議員が動くだろう。平野貞夫氏なぞはそれができなかった訳だ。実力がないんだな。

ますます、民主はダメだってことだな。私は小沢支持者でも民主党支持者でもないし。

まあ、2度と民主党には票を入れないが。次はどこにしよう。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧