★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97 > 140.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日テレ:強制起訴後、小沢元代表が初のインタビュー。ノーカット動画で配信。
http://www.asyura2.com/10/senkyo97/msg/140.html
投稿者 大二郎 日時 2010 年 10 月 07 日 16:30:41: .awpUTT4/7pQQ
 

強制起訴後、小沢元代表が初のインタビュー
http://www.news24.jp/articles/2010/10/07/04168213.html
 民主党・小沢元代表は、検察審査会の議決で、自らが強制起訴されることに関して、記者会見を開いた。小沢元代表のインタビューのもようをノーカット動画で配信。


小沢氏 離党・辞職の意思なし NHK  10月7日 15時26分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20101007/k10014448681000.html
民主党の小沢元代表は、みずからの政治資金をめぐる事件で強制的に起訴されることを受けて、国会内で記者団に対し「淡々と、わたしが必要とされるかぎり、政治活動は続けていく」などと述べ、離党や議員辞職する意思はないことを明らかにしました。また、検察審査会について「秘密のベールに閉ざされており、今回の議決には、まったく驚いているし残念だ」と述べたうえで、今後裁判で全面的に争う考えをあらためて示しました。

民主党の小沢元代表の政治資金をめぐる事件で、東京地検特捜部は小沢氏本人を2度不起訴処分としましたが、検察審査会は先月「起訴すべきだ」と2回目の議決をして、今月4日に公表し、小沢氏は強制的に起訴されることになりました。これを受けて小沢氏は、7日午後、国会内で記者団に対し「わたしの政治団体に関連することで、去年から多くの同志や国民にご心配をかけたことを、この機会にあらためておわび申し上げる」と述べました。そして小沢氏は、今回の検察審査会の議決について、「正式な捜査機関の検察当局で、不正がないことが明白になり、不起訴になったことについて十分な理解が得られなかったのかなと思い残念に思う」と述べました。また、小沢氏は「検察審査会は秘密のベールに閉ざされており、どういう議論がなされて結論が出されたのか、私にも国民にもわからない。その意味でも、今回の議決にはまったく驚いているし残念だ」と述べました。そのうえで、小沢氏は「議決がなされた以上、さきの代表選挙でも『自分としては逃げも隠れもしない、清々と対応する』と申し上げており、その姿勢や気持は今も変わっていない」と述べました。そして、記者団が「離党や議員辞職の考えはないということか」と質問したのに対し、小沢氏は「検察当局の1年余りの強制捜査で、起訴するような不正な事実はないということが明らかになったので、そのような意思は持っていない。淡々と、わたしが必要とされるかぎり、政治活動は続けていく」と述べ、離党や議員辞職する意思はないことを明らかにしました。さらに記者団が「党から離党勧告が出された場合はどう対応するか」と質問したのに対し、小沢氏は「もしそういうことになれば、そのときに判断する。ただ、検察で不起訴となっているので、同志にも党にも十分理解してもらえると信じている」と述べました。そして小沢氏は、野党側が証人喚問など小沢氏の国会招致を求めていることについて、「国会で決めた決定にはいつでも従う。ただ、検察審査会で、法廷で事実関係を明らかにせよということで、司法の場に移っているので、その場で何の不正もないという結論が出るよう全力を尽くしたい」と述べました。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年10月07日 16:33:00: hUihyM8GR2
12分のぶら下り会見。後でゆっくり見ることにする。

02. 2010年10月07日 17:05:53: LrOERLip2k
よく見えたし、聞こえた。
マスゴミの代表として名高い日テレがよくノーカット版を流したね。
なべ恒に怒られないか??!!

03. 2010年10月07日 17:27:39: DgUhnHdkXk
@bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
会見での小沢に覇気は全くなかった。徹底抗戦だと煽るのはマスコミ。あとは代表戦での小沢の政権公約を実行する後継者の育成か。原口がそれにもっとも近い。

@owljii
貴方は眼は開いているのか?どこに覇気が無かっただ。本当は反小沢で、スパイなのか?

@bilderberg54 アルルの男・ヒロシ
あなたこそ、耳が開いているのか。口調、そのほか涙声とも思える鼻のすすり、代表戦当時の決然とした勢いは無かった。議決文も全部読んではいないと正直に話してしまうあたりも正直私は驚いた。スパイ扱いするあなたは何者?


04. 2010年10月07日 17:30:53: gh3xXdhSX6
敵の中での堂々たる記者会見、流石です!

05. 2010年10月07日 19:49:00: 98DvMa6MPE
いやはや、、、先々言葉尻をとられても対応できるように言葉に慎重性がありました。重要な起訴相当の無効を勝ち取るために全力を尽くしましょう!
インチキ審査会に関わった11人+1を提訴しましょう!

06. 2010年10月07日 20:31:34: PyE2hDaY7E
審査会にのメンバーは今頃、すでに後悔しているのではないか、普通の人の大半はその場の雰囲気に逆らい反対意見を主張することをしないまたは出来ない。

僕ちゃん知らないよ、その時の補助弁護士の意見にみんなが何も言わなかったので賛成しただけだよ。だのになんで法を逸脱したなどと言われるの。

法を超えた決議をしたことは明白だ。審査員にも責任はある。責任のない権限があること自体が法違反だ。補助弁護士には民事面では10億円ぐらい請求すればよい。政治的影響を考えればこの十万倍ぐらいでもおかしくない。


07. 2010年10月07日 21:02:51: tNoeVNURyo
補助弁護士については弁護士会に何らかの対応を請求すべきです
明らかに弁護士として不適切な行いがあったと考えられます
以前にも問題を起こしている札付き弁護士なんですから

08. 2010年10月07日 21:15:04: tNoeVNURyo
>会見での小沢に覇気は全くなかった

小沢一郎も人間です
弱気に成る事だってあるでしょう
そんな時こそ我々が小沢一郎を守るべきでしょう
小沢一郎に一緒に戦うという私たちの決意を届けましょう

正直今回だけはさすがの小沢一郎も迷っているでしょう
せれが弱気になっている
裁判闘争を恐れているのではなく
離党についても相当迷っていると思います
自分の政治的影響力が一時的にしろ低下する事も覚悟しているでしょう
しかしそれでもなお日本のために今何をすべきなのか
何が出来るのか
それがまだはっきりと見えてこない
それで迷いが出ているのでしょう


09. 2010年10月07日 23:37:33: lrAYYPLbcg
しかし相変わらずマスコミは酷いもんだ!!

本日小沢氏が記者会見(インタビュー)に応じたが、あれほど「説明責任が果たされていない」とか「説明が足りない」と大批判を続けておいて、今日のテレビ報道での扱い方はなんなのか!!
ほとんどニュース枠で何行かのテロップで発言を二言三言紹介するだけで「議員辞職はしないとの考えを述べました」程度の紹介だけだ。
如何にも印象操作で“この悪は未だ往生際の悪さをさらけ出している”とのイメージしか視聴者に与えない様な手法に終始している。
説明が足りないと言ってきたのなら折角の説明をもっと十分な尺で扱えないのだろうか?
更に腹が立つのは今回の検察審査会の議決はあらぬ被疑事実を元にした議決であるという事実も全く問題にしない。一人の無実(と自分は信じている)の人間が罪人にされようとしている大問題なのだ。キャスター(そんな資質もないが)などは「裁判で明らかにして欲しいという庶民の声だ」などと無責任にしたり顔で解説するが、我が国の国民の感覚は逮捕或いは起訴された段階で=罪人との認識になってしまう。そんな社会環境の中では人生が大変な損失を受けてしまうのです。そして裁判が終わって白だった場合にも取り返しがつかないことなのに誰が責任を取るのでしょう。“裁判所が黒白を付ける場所でそれまでは一般の人である”という社会感覚が出来ていないこの国のこの時点では実にとんでもない主張を無責任にしているだけの愚民たち。
ノーベル賞も嬉しいニュースには違いないが、この国のあり方に関わるかも知れない重大な案件である小沢氏のこの問題をもっと掘り下げて伝える姿勢を何故持てないのか!!本当に恣意的なものを改めて感じた報道番組の数々でした。


10. HAYATE 2010年10月08日 11:38:11: LRmTgAqRwaYVA : rLGocLQdlw
同様の記事でこんなのも。
フリーランスライター畠山理仁のブログ
http://hatakezo.jugem.jp/?eid=4

小沢一郎元代表、検察審査会の「起訴相当」を受けてのぶら下がり会見<全文>
10月7日13:50から衆議院第二議員会館地下一階第一会議室で開かれた民主党・小沢一郎元代表のぶら下がり会見全文をアップします。

新聞・テレビなどでは、「編集されたもの」が報じられていたと思います。

「説明責任」と連呼する方々はおそらく全文を読んでみたいと思っているはずなので、一言一句、全文を起こしました。えー、とか、あー、とかも、現場の空気を伝えるために起こしてあります。読みにくいとは思いますが、どうぞ。


秘書:入りまーす。

小沢:おー、いっぱいいたね(50名以上の記者が取り囲むマイクの前へ)。

 えー、それでは最初に私から一言申し上げます。

 えー、この度の、私の政治団体に関連することにつきまして、昨年から、あー、多くの同志の皆さん、また、国民の皆さんに、大変、ご迷惑をお掛けし、ご心配をおかけいたしましたことを、この機会に改めてお詫びを申し上げます。ぐふん(咳払い)。

 昨年の、おー、三月ですか。えー、政治団体の担当の、おー、秘書に、から、強制捜査が、検察の強制捜査が始まりまして、えー、ほぼ、1年余にわたって、捜査が続けられた、と、おー、思います。

 えー、その、一年というのは、ま、担当の秘書にとっても、ま、私も含めても、おー、大変、んー、厳しい辛い一年でありましたけれども、それ以上に、善意の献金をしてくれたみなさんにも、捜査が及んだりしまして、本当に、皆さんにご迷惑をおかけしたと、いうことで、えー、申し訳なく思っております。

 ただ、結果として、えー、国の正式の、おー、捜査機関である、検察において、一年余にわたる、強制捜査、の、おー、においても、おー、私どもが、そして私自身が、起訴に値するような不正な行為はなかったと、いうことが、結果として、不起訴という形で、えー、明らかになりましたので。ま、その点から言えば、あー、みんなに迷惑はかけましたけれども、よかったなあと。こう、思っているところでございます。ううん(咳払い)。

 その後、検察審査会のほうで、えー、起訴という議決がなされました。んー、まあ私に取りましては、大変、んー、残念な決断でございますが、あー、正式の捜査機関である検察で、不正がないということ、明白になり、不起訴になった、あー、という、その、捜査の中身について、十分な理解が、あー、得られなかったのかなあ、と、まあ、そう思って、えー、残念に思います。

 んー、まあ、二度の、議決がありましたけれども、先日の、議決の中でも、たとえば、あー、最初の議決の起訴の理由に、そして、全くなかったものが、突然今回また、今回、新たに、いー、その、理由として、付け加えられて、議決書に、述べられていると、こう、聞いております。

 まあ、私も、詳しく議決書を全部読んだわけじゃありませんけれども、んー、例えば、土地の購入についての、私から政治団体への貸付、この借入等についての報告がないという、んー、ことが付け加えられておるそうですけれども、んー、この点につきましては、あー、担当者はもちろんきちんと主張しておると思いますけれども、私自身の事情聴取の場合も、ほとんど、この問題については、あー、事情を聞かれたということはなかったように記憶しておりまして、まあ、そういうことも、たとえばですが、今回の議決のなかに、突然、理由として挙げられておると。まあ、いうこと、等々、ありまして、大変、残念な決断でございますけれども。

 しかし、それはそれとして、えー、検察審査会という、制度の中で、決められたことでございます。

 もちろんこれは、11人の委員ということと、平均年齢30歳ということしかわかりませんで、まったくの秘密のベールの中に閉ざされておるものでございます。どういう議論がなされ、どういうことで、そういう結論がなされたのか、ということは、私にも、また、一般の国民のみなさんにも、まったくわからない、知り得ない。

 ま、いう、ことでございますが、んー、その意味でも、今回のような、起訴という方向の議決がなされたことについては、あー、まったく驚いておりますし、残念に思っております。

 ま、ただ、議決がなされた以上、これはあのー、代表選挙の時も申し上げました通り、代表選挙の結果がどうであれ、えー、自分としては逃げ隠れはしませんと。正々と対応します。ま、そう申し上げた、皆さんの前で、はずであります。

 ま、従いまして、その、姿勢は、また、気持ちは、今も変わっておりません。以上です。

記者:質問をさせていただきます。NHKの●●(判別不可能)と申します。今、残念だと議決についてはそういうお話しがありました。

小沢:うん。

NHK:ただこれまでの姿勢は変わらないというお話もありましたが、改めて今後の政治活動において、離党されるとか、議員辞職されるというお考えはないということでよろしいんでしょうか。

小沢:今、話した通り、国の正式な捜査機関である検察当局の一年余に及ぶ強制捜査の中で、えー、起訴するような不正な事実はないと、こう、いうことが明らかになったわけでありますので、私としては、そのような意思は持っておりません。淡々として政治活動は、私が必要とされる限り、続けてまいります。

NHK:党側のほうからですね、離党勧告というものが出された場合にはどう対応されるお考えですか?

小沢:それはまだ、事実として出ていませんので、もしそういうことがあったときには、その時にまた、どういう理由でどういうことで、ということで判断をいたしますが、今、言ったように、検察当局で不起訴となった、ことでありますので、えー、同志の皆さんも、党のみなさんも、そのことは十分、理解していただけると信じております。

NHK:菅総理は国会での証人喚問について、『小沢さん自身がご判断される問題だ』という趣旨のことを仰っておられますが、証人喚問や政倫審への出席については、どう対応を考えてらっしゃいますでしょうか?

小沢:それはあのー、国会の、という、ま、憲法上最高機関、んー、そして更に委員会とか政倫審は、その国会の中の機関ですから。国会で決めた決定に、私はいつでも従います。んー、ただ、あの、皆さんも、ちょっと考えていただければおわかりのとおり、いー、検察審査会で、裁判の場で、法廷で、法廷で、えー、事実関係を改めて明らかにしろということで、司法の場に移っておりますので、その意味では、あのー、その場で、えー、きちんと、おー、事実関係を明らかにして、えー、なんの不正な、問題もないと、いう結論を、おー、得るように、全力を尽くしたいと思います。

 ただ、最初に言ったように、あのー、国会で、もしそういう決定がなされれば、あのー、国会の決定には従います。

秘書:申し訳ありませんが、あと一問で。

記者:小沢さんはこれまで透明性だとか、そういったことをずっと主張されてきたと思うんですけれども、さきほどその検察審査会の話の中で、平均年齢30歳と。いうことだけで秘密のベールに包まれていると。いうふうにおっしゃいましたが、検察審査会のあり方も、もう少し考えなければならないということなんでしょうか。

小沢:いえ、そのことを言っているわけではありません。たんなる事実関係を申し上げた。あなたも知らんでしょ? 中身知ってる? 知らないでしょ? その事実関係を申し上げているだけです。それは、いずれにしても、あー、法廷で、ということで、趣旨ですので、法廷で、とにかく、んー、自分の身の潔白を、きちんと決めてもらいたいと、そう思っております。

秘書:どうもありがとうございましたー(小沢氏、会場を後にする)。

記者:検察審査会の議決に対して、無効の申し立てをするお考えはないですか。

小沢:(無言で会場を後にする)


以上


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧