★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97 > 168.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
このときから、小沢一郎元代表の「アメリカとの戦い」が始まった (板垣英憲ブログ) 
http://www.asyura2.com/10/senkyo97/msg/168.html
投稿者 玄米 日時 2010 年 10 月 08 日 00:14:56: 2d9ai05XDFDx6
 

板垣英憲「マスコミにでない政治経済の裏話」

小沢一郎元代表は、最大の敵「ディビッド・ロックフェラー」との「最終戦争」に突入、徹底抗戦宣言!

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/0b93aeb4dbc7a49eec4479d01d131518


*** 引用開始

◆米国の歴代政権は、獰猛なディビッド・ロックフェラーのマリオネット(操り人形)として、その意向のままに対日政策を強引に推し進めてきた。その本質は、日本民族を家畜扱いし、太りきったとき、「生き血=資産」を吸い上げることにある。
 日本の政治家のなかで、そのことにただ一人気づいたのが、まだ自民党の若手ホープ、竹下登内閣の官房副長官だった。

 このときから、小沢一郎元代表の「アメリカとの戦い」が始まった。つまりは、最大の敵「獰猛なディビッド・ロックフェラー」との22年に亘る長期戦である。年齢で言えば、46歳から68歳。小沢一郎代表にとり、いままさに「最後の戦い」に突入している。東京第5検察審査会が10月4日、「起訴すべきである」と議決したため、「強制起訴」に追い込まれて、土壇場で窮地に立たされてはいるけれど、要するに、 この最終戦争は、まだ決着がついているわけではないのである。

 小沢一郎元代表は10月7日、国会内で記者会見し、「正式の捜査機関が捜査が不起訴とされたことが理解されなかったのは、残念である。検察審査会は、ベールに包まれている。離党も国会辞職も考えていない」と徹底抗戦を宣言したのである。
 それは、東京第5検察審査会の議決自体に、数々の疑義が指摘されているからである。何しろ、検察審査会が政治家を「強制起訴」に追い詰める議決をしたのは、検察審査会法が改正されて、「強制起訴」を求めた初めてのケースである。

 今回、小沢一郎元代表について、検察審査会に審査を求めた申立人の資格が曖昧なことや、議決が対象とした犯罪事実に齟齬あることとか、議決文書に添付された書類に不備があることなど、議決が粗雑に行われた可能性があり、これらの疑義が、司法専門家から指摘されているため、すんなりと起訴手続きに入れるか否か、仮に起訴できたとしても、審理に入れず、訴え棄却という事態も起こり得る。

◆小沢一郎元代表が、米国の理不尽さを痛感したのは、昭和63年9月3日、東京と大阪の証券取引所に新しい取引「TOPIX日経平均株価の先物取引」(日本初のデリバティブ=金融派生商品)が導入されたときであった。そのころ、東京証券取引所の日経株価は当時、2万6000円水準で推移していた。

 それが新制度導入を境に、株価が急上昇、平成元年12月29日には、史上最高値の3万8915円まで駆け上がった。この取引は、「裁定取引」といいプロ中プロが中心のマネーゲームであった。
 この新商品を開発したソロモン・ブラザーズと、これに追随したメリルリンチ(ディビッド・ロックフェラーがオーナーのシティグループ傘下)が、手馴れた取引を駆使して大商いを展開し、巨利を手にした。野村、日興、大和、山一、新日本、国際、三洋などの大手、準大手の証券は、経験が浅く、やられっぱなしだった。この取引のスタートから日経株価が史上最高値(ピーク)をつけるまでの間に、日本の株式市場から「約40兆円」が米国に流出し、このマネーゲームによって相場は、総崩れとなった。

◆日本民族にとつて、大問題だったのは、この新制度に取引をストップさせる「サーキットブレーカー」という装置がセットされていなかったことであった。大商いに収拾がつかなくなった際、取引を一時ストップさせる装置である。
 ところが、竹下登首相は、蔵相時代にこの新制度導入の準備をし、首相に就任して導入させた最高責任者だったにもかかわらず、なぜか、「サーキットブレーカー」という装置がセットさせていなかったのである。このため、資金が市場から米国に向けてどんどん流出しているのを知りながら、取引をストップさせようともしない。

 これに対して、小沢一郎官房副長官は、「取引をストップをさせてください」と竹下首相に進言した。だが、竹下首相は、「米国との窓口役」を担っていたので、これにまったく応えようとしなかった。「米国の意向に反すれば、殺されるかも知れない」と恐れていたからである。

 しかし、ついに小沢一郎官房副長官は「あんたは、国賊だ」と言い放った。それでも竹下首相が聞き入れようとしなかったため、小沢一郎官房副長官は、新党をつくってでも、「サーキットブレーカー」をセットする決意を固めたというのである。つまり、米国政府、その背後にいる獰猛なディビッド・ロックフェラーと徹底的に戦うということである。小沢一郎官房副長官は、政治の師匠・田中角栄元首相が、米国の仕掛けたロッキード事件によって失脚させられたという事実を田中元首相の裁判をすべて傍聴しているなかで悟った。そして、背後にいる「黒幕」(ディビッド・ロックフェラー)を知ったと言われている。

◆ところが、新党立ち上げに必要な資金づくりを担当していた金丸信副総裁が、佐川急便事件で東京地検特捜部に逮捕されて、失脚という予期せぬことに遭遇する。その果てに、竹下派の後継者をめぐって、自民党の小沢一郎前幹事長(当時)は、橋本龍太郎前幹事長に敗れる。この結果、小沢一郎前幹事長をはじめ44人が、離党。その直後の総選挙により、自民党が下野し、新生党など8党派が細川護熙政権を樹立した。その翌年、平成6年2月14日、細川政権の下で、ようやく「サーキットブレーカー」のセットを実現し、株式市場から資金がタレ流しされるのを食い止めたのである。米国の言いなりになっていた竹下元首相に一矢報いたのだった。だが、竹下元首相も反撃に出た。いかに親戚関係にあるとはいえ、「許せない」と激怒したのである。        (つづく)

*** 引用終了


*** 投稿者コメント


投稿記事の件名に上げた

“このときから、小沢一郎元代表の「アメリカとの戦い」が始まった”

は、2010年10月07日 23時14分45秒の記事

小沢一郎元代表は、最大の敵「ディビッド・ロックフェラー」との「最終戦争」に突入、徹底抗戦宣言!

の本文からの抜粋になります。

この文の意味を皆様に知っていただきたく、板垣氏の記事タイトルでなく、

敢えてこちらを使いました。


板垣氏が書かれた背景があったとは思いもよらず、これほど前から小沢氏が

日本を守るためにアメリカと戦っていたことを初めて知り、今更ながらに

小沢氏のすごさが分かりました。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年10月08日 00:38:44: VRyvFoA8WM

知らなかった。小沢さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
なのに、酷い。 どうしてもみんなで小沢を潰すんだ。
情報有り難うございます。

02. 2010年10月08日 01:18:35: B1ZhhZMSbM
今始ったことだとは思わないが、小沢が菅に買ったら$/\は90を超えたでしょうね
菅が勝ったことが、日銀の介入とか緩和とかよりも大きい要素なんだな
fxやてるとそういうことが分かるようになるね。理由は説明しにくいが

03. 2010年10月08日 01:33:22: X5DLjZHM2Y
>ついに小沢一郎官房副長官は「あんたは、国賊だ」と言い放った。

かっこええ! 国士だ!


04. 2010年10月08日 07:56:13: 4mNS6r97lo
私のような庶民は応援したくてもどうしたらいいのかわかりません。
小沢さんを支持する政治家の皆さん、国民を奮い立たせ、
国民運動となるよう今すぐ活動を始めてください。

05. GM 2010年10月08日 08:00:18: 5V73fogPrYxxM : t2sLGJSxmc
本当に日本かは米国に全てをあやつられているのですね。早くからこの事実を知り、日本のために闘っている小沢さんを、今こそみんなで応援することが必要ですが、地方にいる我々は具体的にどうすればいいのでしょうか?

06. 2010年10月08日 10:08:21: bbN5U6UIQo
まずは、小沢一郎のウェブサイトにいって、

小沢一郎応援団に入ろう。

陸山会に資金をカンパしよう。
できれば、定期的に献金 一口1000円・月(年12000円)



07. 2010年10月08日 11:48:46: lXAtg2yXKc
小沢さん、そんなに前から一人(同じ志を持った方たちも)で戦ってきたのですね。
日本の為に、正義の為に。
小沢さん、本当にありがとうございます。心から感謝いたします。
心の底から小沢さんの行動に感動しています。
これから私は、このブログを一人でも多くの回りの人たちに伝えていこうと思います。

08. 2010年10月08日 13:11:38: DZRqzsCII2
私も心から小沢氏を尊敬しています。
感謝しています。

陸山会に入って献金しましょう。
それぐらいし市井のものには応援するすべがありません。


09. 2010年10月12日 01:33:06: choTLVgknU
>検察審査会に審査を求めた申立人の資格が曖昧なことや、議決が対象とした
>犯罪事実に齟齬あることとか、議決文書に添付された書類に不備があること
>など、議決が粗雑に行われた可能性があり、これらの疑義が、司法専門家から
>指摘されているため、すんなりと起訴手続きに入れるか否か、仮に起訴でき
>たとしても、審理に入れず、訴え棄却という事態も起こり得る。

そうか!審理に入れない場合「訴え棄却」になる可能性があるのか。
この点がよくわからなかった。


10. 2010年10月14日 17:11:41: 9kMSboacTk
え〜でも小沢氏は自民党幹事長時代、金丸氏に強く推薦されてたにも関わらず、自民党総裁になることを固辞したというではありませんか。

アメリカと対峙するのに自民党時代からアメリカに対して心情的に反旗を翻していたらその時総理になるのを受けたのでは?

小沢氏の自民党離党は二大政党制の実現だったような(うろ覚えですいませんが。)

なんか板垣氏の書いていることはつじつまが合わないような。

書いていることは痛快で気持ちいいんだけどね。裏とってんの?


11. 2012年10月19日 00:42:23 : 8nEEaJsXRY
サーキット・ブレーカーって言うんですね。
株価でストップ安とかストップ高というのがありますが、株価が乱高下して株主が大損しないように防ぐ防波堤の役をしていますね。
そして円滑な株取引が行われるように乱高下を防いでいますが、あれは小沢氏がやった事なのですね。
何もやっていないとか言う人がいますが、これは日本にとって大変素晴らしい事でした。
小沢氏は自分がやった自分がやったとは宣伝しないから、みんな知らないんですね。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧