★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97 > 256.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
古ぼけた、独善的、教条主義的な論説しかできぬ「朝日」は、この地上から消えてなくなれ!(世に噛む日日)
http://www.asyura2.com/10/senkyo97/msg/256.html
投稿者 判官びいき 日時 2010 年 10 月 09 日 09:29:12: wiJQFJOyM8OJo
 

http://eiji008.blog19.fc2.com/
ひとつの政治的イデオロギーなり、宗教的教説に固執する集団や個人が、いわゆる「思考停止」状態に陥ってしまう例は、枚挙にいとまがない。原理主義は、思想や教説の純化を極限にまで進め、集団を構成する個々人の思考から柔軟さを奪い、硬直させ、またそれを他者への攻撃に転化させる。

思想政党や宗教教団が、そのような傾向を示しがちなのに対しては、是非はともかく、「当たり前」のことであるから、格別な不自然さは感じない。ところが、「公正・中立」を標榜しているはずの「大新聞」が、そんな原理主義的硬直性を、臆面もなく曝け出しているわが国の現状は、憂うべき事態と言わざるを得ない。

*******
菅直人首相と民主党は小沢一郎元代表に対し、政治的なけじめを強く求めなければならない。証人喚問に応じるなど国会での説明を促し、離党勧告か除名をする。最低限、それが必要だ。小沢氏はきのう「政治活動は淡々と続ける」と述べ、離党も議員辞職もしないことを明言した。真相解明は「司法の場に移っている」とし、国会での説明にも前向きと言えなかった。 検察審査会の議決で強制起訴は決まったが、公判の行方は予断を許さない。しかしながら小沢氏には、自らの政治資金をめぐる問題で元秘書ら3人が逮捕・起訴された時点で、すでに極めて重い政治的な責任が生じている。鳩山由紀夫前首相とともにダブル辞任に追い込まれたのに、わずか3カ月後に党代表選に立ち、多くの国民を驚かせもした。一連の政治行動に、選良としての節度を見ることはできない。有権者の期待を裏切らず、歴史的な政権交代の意義をこれ以上傷つけないためにも、強制起訴決定の機会に議員辞職を決断すべきだった。 今後、法廷で闘うということだが、そのかたわら国会議員の重責を果たせるとは到底考えられない。(後略)2010年10月8日(金)付 朝日新聞社説
***********

この国には、起訴された時点で、その人物が社会的に抹殺されてしまうという、実に理不尽な慣行が存在する。「起訴=有罪」という誤った認識の底にあるのは、99%という異常な「有罪率」と、それに立脚した、マスコミの「検察無謬論」的な報道姿勢だ。

しかし、大阪地検特捜部の主任検事が、証拠を自らの有利になるように改竄したことが明らかになり、その「無謬論」が大きく崩壊してしまった後でも、いまだにこうした「起訴=有罪」論を振りかざし、「起訴された時点で政治家はけじめとして離党・辞職しなければならない」という、十年一日のごとき主張を念仏のように繰り返す朝日の言動は、教条主義的ドグマに取り憑かれたカルト集団と、寸分も違うところはない。

有罪と決まったわけでもない政治家の身分を、軽々にああしろ、こうしろという、一種の傲慢な僭越さは、その政治家に負託した有権者の思いを踏みにじるものであり、民主主義を否定する、実に許されざるべきものでもある。自らがデッチあげた怪しき「世論」「民意」を絶対とし、唯一、正当な民意の表出である選挙結果を体現した国会議員を軽んじる朝日新聞は、国民、民衆の敵である。

それと、小沢氏は、まだ、現時点で起訴されているわけではない。まだ、検察審査会が二度の「起訴相当」の議決をしたという段階である。これから、検事役の弁護士が裁判所から選任されて、「強制起訴」ということになる「流れ」であるというに過ぎない。しかし、検察審査会議決文には、その稚拙な内容もさることながら、周知のごとく、重大な欠陥が存することが指摘されている。

*********
民主党の小沢一郎元幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる事件で、小沢元幹事長の弁護団が、検察審査会の起訴議決について、無効確認などを求める訴訟を起こすことを検討していることがわかった。小沢元幹事長の弁護士によると、東京第5検察審査会の起訴議決について対応を協議してきたが、対応策の1つとして、議決の無効確認などを求める訴訟を東京地方裁判所に起こす方向で検討しているという。弁護団は、議決の犯罪事実に、告発には含まれていなかった「資金管理団体が小沢元幹事長から借りた4億円の不記載」との内容が加えられていることについて、「重大な欠陥がある」としていて、来週行われる弁護団会議で法的な対応を最終決定するとしている。 (10/08 13:23 FNN) ******

一度目の議決文になかった「事実」とされるものが、二度目の議決文に付け加えられている。ということは、一度目の議決と二度目の議決は異質のものであるということだ。さらに言えば、「二度目の議決」は「二度目」にあらず、「一度目」でしかない、したがって、「強制起訴とはならない」という可能性も浮上してくる。

こういう要素がありながら、まったくそれを報道せず、(検索したところ、記者クラブメディアでは、FNNと共同しかこの件に触れていない)「起訴だ」「離党だ」「除名だ」とアジるその軽率さはいかばかりか。もし、「起訴」とならなかったら、どういう責任をとるつもりだろうか。

古ぼけた、独善的、教条主義的な論説しかできぬ朝日は、無用の長物、いや、国民にとって有害な存在と成り果てている。少しでも、森林資源を守るためにも、このわがニッポン国の地上から、跡形も無く消えてなくなることを、切に望む。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年10月09日 09:41:32: Bfy14IO3uQ
浅蛭貧聞の戯言に付き合ってられねえ!

02. お蔭様で半世紀 2010年10月09日 09:52:03: jq0clbyxz4tyI : K1NA9ZN4GE
浅卑新聞も「推定無罪」など知りません。
浅く卑しい発狂プロパガンダな新聞です。

徹底したイジメなどの社会病理現象はこうした糞新聞・糞メディアの発狂ぶりから伝染したのでしょう。

「大新聞」?・・・過去の事です。「大馬鹿新聞」「大便新聞」の名が相応しい。

誰も読まなくなる事を祈ります。


@新聞不買、A視聴率ゼロ、B犬HK受信解約、徹底的にやり遂げましょう!


03. 2010年10月09日 10:04:06: jQFNll6DzI
公判 断固阻止。 小沢氏を被告人と呼ばせるな。 これに尽きる。

04. 2010年10月09日 10:06:20: vsIiqaXtXw
船橋洋一が中米大使に就任なんていう噂があったが
あれは朝日の倒産を確信した船橋が
沈没船から自分だけ逃げようとしたんじゃないかな

05. 2010年10月09日 11:32:12: X5DLjZHM2Y
大手マスコミ、電通全部解体しないと同じこと。
朝日がたとえ潰れても、生き残った新聞やテレビ局を通じてまた悪さをするだろう。
全部潰すしかない。

06. 2010年10月09日 11:42:45: E5UBHtDlN6
こんなことって有りですか。
本日(10/9)の中日新聞5面「編集局デスク」欄において、編集局長志村精一氏は小沢一郎元代表の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件の東京地検特捜部の捜査に関して、こう言明しています。
>
この内容について以下の重要な吐き違い、すり替えなどの疑問が考えられます。
1)特捜が有罪か無罪かを判断したのではなく、裁判で有罪(勝手にそう思った)にできる証拠など、事実関係がなかった。だから不起訴としたのではなかったのか。
2)特捜が「手持ちの資料」をだして、起訴すべきとのことであるが、手持ちの資料であれば自信のない、不確かで、最近では強引な調書や、証拠品改竄などの問題を含むものである可能性のある手持ち資料で、起訴すべきと、それが「常識」と、どうして言えるのか。
3)これでは、疑わしきものはすべて、起訴して裁判にかけることを主張していて、これはまともな法治国家の在り方に違反する。
4)もう一つ、いたずらにジャーナリズムが「最強の捜査集団」を期待されていることにも不安が感じられる。

 以上から、「編集局デスク」欄に述べられている考え方はとても常軌を逸するとともに、明らかの違法行為とみなされることに対して、社説に準ずる形で主張、流布すること、これこそ法治国家の「常識」から判断して提訴されるべき重大な問題が含まれると思われます。
皆様の議論を期待しています。


07. 2010年10月09日 11:54:28: DzVUMfYCKo
06さん言及の中日新聞元記事はこれか?

http://www.chunichi.co.jp/article/column/desk/CK2010100902000014.html

常軌を逸したコラムですね。自分たちはさんざん検察のリークを流し続けたのに、同じ口からこのような言葉をはくのですね。
これが編集局長か。劣化著しい。中日はまともなほうだと思っていたけど。
蛇足だけど「サムライ精神」というステレオタイプな表現は慎まないと。知性が疑われる。


08. 2010年10月09日 12:04:54: Qmr742hN4I
中日は、まともだと思ってましたが、残念です。

犯罪でもない(検察が、そう判断した)案件を、検察は、挙げて裁判をおこなえと?

志村って、機密費まみれの、機密費催促記事ですかね(笑)


09. 2010年10月09日 15:18:41: h0F1qIPtv2
「この期に及んでなお開き直るのか」
 
「あいた口がふさがらない」に続く同じやつが書いている。

人権蹂躙そのものだ。


10. 2010年10月09日 15:39:43: h0F1qIPtv2
そして「下品」、「厚顔無恥」で「ザ ン コ ク」だ。

決して忘れないぞ!!!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧