★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97 > 438.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
裁判官が誰になるか、厳しい監視の目を
http://www.asyura2.com/10/senkyo97/msg/438.html
投稿者 巨悪は検察にあり 日時 2010 年 10 月 12 日 19:20:32: 8wEVMR18S.Dgw
 

http://hatanaka-kennji.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-0ac5.html

まったく見返りを期待せず企業献金を行えば、背任罪となってしまうから、
そもそも贈賄と企業献金は紙一重だ。
ほとんどの政治家は、この紙一重の企業献金を手にしているから、ひとたび司法官僚に睨まれたら、ほぼ確実に収賄罪で逮捕されてしまう。
司法官僚に睨まれたら、もう政治生命は終わったに等しい。
したがって政治家は、司法官僚を腫れ物にさわるように扱わざるをえない。
これが官僚たちの力の源泉の一つとなっている。

明治維新以来、官僚支配は延々と続いてきた。
敗戦によって、軍人という官僚は権力を大きく失ったが、
その他の官僚は、行政が複雑化肥大化したこともあって、焼け太りとなった。
『権力は腐敗する』という言葉どうり、いまや官僚たちは腐敗の極みに達している。
これを打ち壊そうと果敢に立ち上がったのが、小沢一郎であり、鈴木宗男であった。
鈴木宗男は、司法官僚に睨まれ、あえなく収賄で有罪となった。
同じく、いやそれ以上に睨まれ敵視された小沢一郎は手ごわかった。

小沢一郎を潰すため、司法官僚は暴走した。
小沢氏の秘書3人を強引に逮捕した。
この時点では、マスゴミでさえ、この逮捕の強引さを認めていた。
この逮捕は、確かに強引だが、いずれ収賄の証拠を掴むだろうと、言っていた。
数十人の秘書軍団を抱え、多くの軍資金を必要とする小沢氏の収賄など、
確実にでっち上げることができるとたかをくくっていたに違いない。
ところがそれができなかった。
本来ならばこの時点で大失態である。
検察にもわずかに残っていた良識が、小沢氏の不起訴を決めた。

ところが官僚支配体制を何がなんでも継続したい勢力は、この時点で特捜を見限った。
彼らは検察審査会に支配の手を及ぼし、強制起訴を勝ち取った。
検察審査会は、特捜の暴走を肯定し、特捜の良識を否定した。

検察審査会の審査員はくじびきで選ばれることになっているが、それは明らかに違う。
くじびきのあと、検察審査会が面接で適任者を選定しているのだ。
その証拠に、以下の記事がある。

J-CASTニュース (10月12日)
『検審のメンバーは11人だが、平均年齢は30・9歳で、有権者の平均年齢約52歳とかけ離れている。ポストが、そのような偏りが生じる確率を多摩大学経営情報学部・統計分析グループに助力を求めて計算すると、結果は、0・005%。さらに驚くのは、1回目の議決をした審査員の平均年齢も34・3歳だから、両方が起こる確率は0・00067%で、100万回くじを実施すれば7回しか起こらない、極めて珍しいことなのだ。』

100万回に7回が今回たまたま起こったかもしれない、と思う人もいるであろう。
しかし我々はこのような奇跡的な不可解な現象を、もう飽き飽きするほど見てきているのだ。
これも検察審査会に選ばれた補助弁護士が、膨大な難解な資料を前において、選びぬかれたアホな審査員を騙すのは、赤子の手をひねるより簡単であったであろう。

おまけに、検察審査会はその議決を9月14日に行い、それを20日後の10月4日に発表している。
なぜ、すぐ発表せず20日も待ったのだろう。
発表のタイミングを図っていたとしか考えられない。
それにしても絶妙なタイミングだった。
これから国会の論戦が始まり、主任検事の逮捕、尖閣諸島での失政等に議論が集中するはずだった。
それが再び小沢氏の『政治と金』攻撃一色になってしまった。

そして、マスゴミは検察審査会の議決を一斉に賛美した。
特捜の検事が証拠改ざんの罪で逮捕されたことは、暴走した特捜の被害者である小沢氏に有利に働くはずである。ところが、
煮ても焼いても食えないマスゴミは、これを巧みに逆用し、
『有罪となる可能性のある犯罪を、腐敗した特捜が不起訴としたため、良識ある市民がこれを起訴した』、と報道している。
このため、マスゴミが一番腐敗していることを知らない多くの国民は、強制起訴は妥当だと誤信するに至っている。

もはや、裁判で無罪を勝ち取るしかないが、
検察審査会も、官僚支配を維持したい勢力、アメリカ傀儡(かいらい)政権を維持したい勢力のコントロール下に入っている。
裁判所だけ、この支配下にないという保証はない。
裁判の結果など、どの裁判官が担当するかによって大きく支配される。
小沢氏に対して、悪の勢力は選りすぐりの裁判官を選任してくる可能性が高い。
検事役が誰になるか、弁護士が誰になるかと、マスゴミが騒いでいるが、
我々は裁判官が誰になるかについて、厳しい監視の目を向けなければならない。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年10月12日 19:29:06: KCsvGAOQ4g
草加や統一の裁判官なら、暴きましょう。

02. 2010年10月12日 20:06:46: B1ZhhZMSbM
裁判員は弁護側・検察側ともに数人の拒否枠があるわけだが、検察審査員には
この枠はない。せめて審査員選定を監視する人を弁護側から派遣できる仕組みが
必要だと思う。
審査員はくじ引きで選ぶことになったいるが、同時に除外する職業や拒否できる
人も定めているわけだから、完全にくじびきで選定できない。実際はどういう人が
何人で選定しているのかを国政調査権で調べるべきじゃろ

03. 2010年10月12日 20:10:12: btBcDam8Cg
律令制、院政、天皇親政、武家政治など、日本の政治の歴史には、さまざまな時代がありましたが、将来、歴史の教科書では、明治以降の時代について、「官僚政治」時代と教えられるようになるのではないでしょうか。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧