★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97 > 521.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
検察3つの“公然の秘密”――「ストーリー捜査」 : 「虚偽の自白」「リーク」が、ついに白日の下へ  (週刊・上杉隆)
http://www.asyura2.com/10/senkyo97/msg/521.html
投稿者 純一 日時 2010 年 10 月 14 日 13:47:25: MazZZFZM0AbbM
 

http://diamond.jp/articles/-/9715


【第145回】 2010年10月14日(ダイアモンドオンライン)


皮肉なこともあるものだ。

 大阪地検特捜部の検事らによる証拠捏造事件は、これまで一貫して否定されてきた検察内部の「公然の秘密」を焙り出す結果になってしまった。

 郵便割引不正事件で証拠となるフロッピーディスクを改竄した前田恒彦検事の犯した事件は、現時点で、さらに上司二人の逮捕者を出すという組織的な犯行を疑わせる内容に発展している。

 皮肉というのは、現時点で逮捕された3人の検事が、揃って検察内部の矛盾を暴露し始めたことにある。それによって、これまで否定されてきた3つの事柄が、「事実」であることがわかってしまったのだ。

 語るに落ちた彼らの証言をいったいどう考えればいいのか。

 もはやそれはブラックジョークの域に達し、笑うしかないほどである。だが、記者クラブメディアが大きく報じないので一般には知られていない。

 今回、本コラムでは、ついに暴かれた3つの「公然の秘密」を改めて検証する。

■地検検事の逮捕は、最高検が作ったストーリー?


 まずは「検察ストーリー」の有無である。

 これまで、検察は「法と証拠」に照らして、起こった事件(事実)のみを捜査の対象にしてきたと豪語してきた。だが、その「嘘」はいとも簡単に破られた。

〈大坪前特捜部長と佐賀前副部長は、面会した弁護士に、「『意図的ではなく、誤って書き換えてしまった』と報告を受けた。自分たちは最高検の作ったストーリーによって逮捕された」などと話し、最高検と全面的に対決する姿勢を示しています〉(NHKニュース/10月12日)

 検察が、自作のストーリーを元に捜査してきたことを、この二人の検事が認めるどころか、そのストーリーの正当性を完全否定した上で、批判の対象としているのである。

 これを笑い話と言わずしてなんといえばいいのか。


この二人の検事の発言によって、きっと、これまで「検察ストーリー」の正当性を主張してきたメディアも、相当に困惑しているにちがいない。

 実際、評論家の立花隆氏などは、次のような苦し紛れの論を展開するほどである。

〈この事件の一番の背景として、検察の捜査が「初めにストーリーありき」になっていることを挙げる人もいるが、私はそうは思わない。

 初めに「ストーリーを作る」あるいは「筋を読む」ことは捜査の基本中の基本であり、そこを否定したらそもそも捜査は成り立たない。捜査だけではない。あらゆるサイエンスが、ストーリーを作ることから始まる。サイエンスは裸の事実観察をただ並べることではない。

 そこに、あるストーリーを持ち込む、すなわち仮説を作ることがサイエンスの最初の一歩である〉(信濃毎日新聞/10月3日付)


 サイエンスの話になってしまうと、もはや、何をかいわんやである。

■取り調べを受ける側になったら、急に録音・録画を要求!


 次に、捜査可視化の不要論が崩れ去った発言についてみてみよう。朝日新聞は次のように報じている。

〈大阪地検特捜部の主任検事による証拠改ざんを隠したとして犯人隠避容疑で逮捕された前副部長・佐賀元明容疑者(49)の弁護人が、取り調べの全過程 を録音・録画するよう求めていたのに対し、最高検は応じない方針を決めた。「この事件で録音・録画の予定はまったくない。これまでは取り調べる側にいた検事が、最初の適用例になるのもおかしい」としている。

 佐賀前副部長の弁護人は4日、「密室での違法・不当な取り調べによる虚偽の自白で、多くの冤罪が生み出されてきた」として、最高検に「全面可視化」を求めていた。
申し入れは佐賀前副部長の意向も踏まえたという〉(朝日新聞/10月6日ウェブ版)

 虚偽の自白強要を断固として否定してきた検察(検事)が、今度は虚偽の自白を恐れて可視化を求める。なんとシュールな構図だろう。

 だが、これは夢でもなんでもない。本当にこの世で起きている現象なのだ。

 不思議なことに、この驚くべき記事の扱いは小さい。どの新聞も社会面の端に載せている程度だ。

 おそらく、検事による可視化の要求は、検察のみならず、記者クラブメディアにとっても自己否定につながるからであろう。

 検察による虚偽の自白の存在を認めれば、発表に基づいた過去の新聞記事全体の信頼性も失ってしまう。それだけはなんとしても避けなければならない。きっと、そんな計算が働いたのだろう。

 そして、3つめのブラックジョークは、当のメディアに対して起きたことでもある。

■接見を禁止すると、新聞・テレビは「最高検リーク」記事で溢れかえる?


 これまで記者クラブメディアは一貫して、「検察リーク」の存在を否定してきた。
読売新聞や産経新聞などは、わざわざ社会部長名で記事にまでしている。

 だが、いよいよ、その欺瞞の隠蔽にも限界が近づいたようだ。

 各紙が小さく報じた次の記事は、見方を変えてみれば、検察リークの存在を裁判所が認定したということがいえるだろう。

〈郵便不正を巡る証拠品のフロッピーディスク(FD)改ざんに関連した犯人隠避事件で、最高検が大阪地検の前特捜部長・大坪弘道(57)、前副部長・佐賀元明(49)両容疑者の接見禁止を求めたところ、大阪地裁が却下したことがわかった。否認している容疑者について接見禁止の申し立てが退けられるのは異例。2人に対しての接見は弁護人以外も可能な状態となっている。

 刑事訴訟法では、接見禁止は容疑者に証拠隠滅の恐れがある場合、裁判所が検察官の請求や職権で処分することができる、と規定されている。弁護人は接見禁止の対象とならない〉(読売新聞関西版10月5日付)

つまり、接見禁止が続けば、「検察リーク」によって、一方的に偏った記事が世間に溢れることになる。それを恐れた被疑者と、不信に思った裁判所がこうした決定を下したといえるのではないか。

 実際、この二人の検事が接見禁止解除になった直後に面会したのは、共同通信と時事通信の記者である。その後も、各種メディアとの接見を続けている。

 こうした行為を「検察リーク」への対抗手段とみるのは穿ちすぎだろうか。

 いずれにしろ、これまで検察が否定してきた「公然の秘密」は、同僚の検事によって暴かれた。

 検察もマスコミも、このブラックジョークを真剣に受け止める時期にきていることを直視すべきではないか。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 純一 2010年10月14日 13:57:17: MazZZFZM0AbbM : pQGDoh3MtA
このところ連日、朝日などの一面トップで前田事件の上司らの犯罪事実が流されている。まさに最高検の「検察リーク」によって、一方的に偏った記事が国民に押し付けられている観がある。
被疑者個人による特殊な犯罪という印象を広く国民に植えつけようと、必死になっているのがよく分る。マスメディアとつるんだ検察のこのような陰謀をどうしたら覆がえせるか、悩ましいところだ。

02. 2010年10月14日 21:15:46: xtlWVCU5v6
蜥蜴の尻尾切りに終わらない事を切に願います。

それにしても、佐賀容疑者の教え子達が支援っていうのが気持ち悪いです。


03. 2010年10月14日 22:27:05: mp6fw9MOwA
村木さんの件も最高検がストリーを作り、前田が主任検事として最高検のストリーを証明する職務を負わせられたと思われる。
最高検の意向に報いたい前田はFDの改竄に手を染めてしまった。
良心の呵責に耐えられず、同僚に改竄の事実を話し、それが上司に伝わる事になったと思われる。
改竄が噂となれば、ストリーを書いた最高検察もこの事実を理解しており、冤罪である事を知りながら村木さん裁判を継続させたと考えるのが妥当だ。
見て見ぬふりをしていたが、裁判で無罪となり焦った最高検が、更なるストリーを作り3人を今度は迅速に逮捕したのだろう。
無罪になる確率が高いとの情報により、結果が出る前からストリーを考えていたかも知れない。
1年以上も小沢さんを追い続けるだけの余裕のある検察は、村木さんの件に関しても絶えず話をするだけの余裕があると思われる。
(他にする仕事が有るとも思われない)

04. 2010年10月15日 09:27:59: quuiPKaCOU
郵便割引不正事件、を言う場合、必ず、石井一、P献金、○△学会のことから、村木冤罪を、簡単でよいからストーリも書くこと。

口蹄疫問題もそうだが、発生源と言われる○△牧場のことを、スルーして公表しており、事件の本質が論議されず、結果だけでああだこうだ言って、本質が伝わっていない。

司法の変質は、検察審査会と国民目線の二点に問題があり、法と証拠の裁判原則に、素人の感情を取り入れたことに、原因があるのだ。

これを取り除かない限り、善良な国民も法と証拠が無くても、市民感情だけで起訴される恐れが常に存在していると言うことだ。
恐ろしいことではないか?。
与党代議士の法律変更を、強く求める。


05. 2010年10月15日 18:03:37: 9XZxRH6hNs
接見してほしいのはフリージャーナリリスト達である。

アポイントを取って速攻で接見すべきだ!

通信社の頭をすっぱ抜け!ネットに拡散!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧