★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97 > 608.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢一郎へのアドバイス その4 (作家・宮崎学氏) 憲法論が重要
http://www.asyura2.com/10/senkyo97/msg/608.html
投稿者 シマの住人 日時 2010 年 10 月 15 日 20:07:50: EmCzHByYjc4HE
 

http://miyazakimanabu.com/

小沢一郎へのアドバイス その4

2010-10-15 (金)政治・経済

宮崎学である。

小沢は私のアドバイスに従って、行政訴訟を起こしたようだ。仙谷のコメントや大手メディアの報道を見ると、起訴議決の違法性は刑事裁判の中で主張するのが筋などと言っている。中には、どうせ「提訴は不適法」として門前払いされるという見通しもあるが、小沢に対するネガティブキャンペーンの一つとして、無視すればよい。

ただ、起訴議決が指摘する「犯罪事実」の中に、検察官が不起訴処分にしておらず、検察審査会の最初の「起訴相当」議決の対象にもなっていないことが含まれているという主張だけだと、刑事裁判で公訴棄却を求めればいいとか、訴因変更すればいいという考え方もありうる。だから、今回の行政訴訟は、市民だけで強制起訴できるようにした改正検察審査会法が憲法に違反しているかどうかを問う裁判にしたい。

訴状を見ていないので分からないが、違憲の主張を柱に据えていないなら、すぐ主張を追加しなさい。憲法裁判でないと、仙谷や大手メディアの思惑通りに終わる可能性がある。ヤメ検の弁護団では能力的に限界があるので、ちゃんとした弁護士に依頼しろと言ったのは、憲法論が重要だからだ。例えば「一票の格差」違憲訴訟というのは、企業弁護士として有名な升永英俊、久保利英明、伊藤塾の塾長の伊藤真らがやると、各地の高裁で勝った。それまで「一票の格差」訴訟をやってきた弁護士たちは手弁当で頑張ってきたが、升永たちのように高い報酬をもらい、ふんだんに金を使える弁護士たちにはかなわない(実は「一票の格差」で地方の意見が国会に反映されすぎている現状に不満な人たちが金主かもしれない)。行政訴訟では、主義・主張を支える論理の緻密さがものを言うのだ。

さて、どうして改正検察審査会法が違憲だという主張が大事かというと、裁判所は司法への国民参加が嫌いだからだ。

最高裁は政府の審議会で裁判員制度の導入が検討されているとき、裁判員は意見を述べるだけで有罪・無罪などを決める権限はない制度がいいと主張した。これが相手にされないと、御用学者を使って、1人以上の裁判官が支持しないと有罪にできない制度がいいと言い出した。裁判員だけで有罪にできる制度は憲法違反の疑いがあるとして脅し、裁判官がうんと言わないと有罪判決が言い渡せない制度ができ上がった。

この経緯を見れば分かる通り、裁判官たちは本心では、自分たちが常に正しく、市民はバカだと思っている。そのバカな市民だけで起訴を決める制度が合憲だとは言いにくいはずだ。もし改正検察審査会法が合憲なら、市民だけで有罪・無罪を決める陪審制度も合憲になってしまう。そこのところを踏まえて、改正検察審査会法が違憲であることを緻密な理論で主張しろ。勝機はあるはずだ。

あと繰り返しになるが、ヤメ検は早く首にしろよ。また小沢だけでなく、石川知裕もヤメ検に依頼しているそうだ。有罪になって議員を辞めたいのならいいが、無罪になりたいなら同様に首にした方がいい。どうして駄目かは、アドバイスその1やその2に書いた通りだ。

ワシは法解釈学などとは無縁な存在であると自認しているが、「何がヤバいか、ヤバくないか」は本能的に嗅ぎ分けるのが得意なのである。

気が向いたら、その5を書いてやろう。


************************************

また、以下のように宮崎氏の「吉田繁実弁護士への懲戒請求」の「有言実行」談も。

http://miyazakimanabu.com/
「吉田繁実弁護士への懲戒請求 その2」

2010-10-14 (木)政治・経済

宮崎学である。

たった今、吉田繁実弁護士への懲戒請求書を第二東京弁護士会に提出してきた。

都合同じ書類を5枚出した。コピーしてはんこをついただけだがな。

結果は追って報告する。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年10月15日 20:50:11: lQDLBsvyuo
改正検察審査会法が違憲だという主張では時間がかかりすぎるのではないかと思うが。

02. 2010年10月15日 21:27:09: Bfy14IO3uQ
政権闘争なのだから、可能な限り小・中・長距離攻撃訴訟し撒ってやらないと諸悪は断ち切れんわい。

03. 2010年10月15日 22:07:35: 5qcKuVZUj2
行政訴訟でやればいい。仙谷狸は知ったかでせせら笑っているが親分の言うように馬鹿の戯言だと無視すればいい。
憲法の観点からもこの提訴は面白い問題を含んでいるとは行政訴訟専門の桜井敦子女史の見解。

04. 2010年10月15日 23:29:38: k3sNTt83Vw
これでいいのだ〜〜

小沢さんも、気がついているのかもしれないし、
気がついていないかもしれない。
この宮崎学さんは、気がついているかな。
平野さんは、どうだろうか。

小沢さんが、検察、マスコミの攻撃に耐えて、がんばっている
この現実が、権力闘争であり、宣伝、煽動でもある。
いままで、関心がなかった人たちが、形だけかもしれないけど、
「民主主義」の危機感を感じ、マスコミに疑問を感じ、
発言、行動しはじめたこと。

憲法論議はすべきである。
裁判員制度も、憲法論議する必要がある。


05. 2010年10月16日 01:37:55: U6csgaUhpk
小沢氏がヤメ検に依頼している
石川氏もヤメ検に依頼している
自分たちの政治生命を抹殺しようとする検察組織にいた
元検事に自分たちの極秘事項を晒し裁判の弁護を任せる

いったいどういうことか

これはいったいどういうことなのかということを

宮崎学は国民に教えてくれているのか

。。。。。


06. 2010年10月16日 01:43:05: U6csgaUhpk
弁護団に依頼している全体の1部をヤメ検に依頼しているのだろうとは思うが

07. 2010年10月16日 02:52:07: jfFAZGb6iI
桜井敦子氏は憲法「31条」と「13条」に対する問題提起をされてますね。ただし「上級問題」ともおっしゃってます。

08. 2010年10月16日 09:09:18: GdTgIfCTaY
小沢さんは野党思考が身についていない?
弁護士の人選が元自民色が強く出ている。

検察に顔が利くだろう狙いのヤメ検弁護士を選んだ?
権力側と戦った経験が無い弁護士では勝てない様な気がする。

何か対策が後手後手で受け身に終始している。
明らかに攻撃的な弁護士じゃない

宮崎学さんの闘争感の鋭さに驚いています。


09. 2010年10月16日 09:33:01: O70yqRQHLM
新聞もTVも裁判所が門前払いする!という論調です。
本当に、このままでは門前払いかも(怒)

宮崎氏の言われる「改正検察審査会法が違憲」
というのは私たちが直接裁判所に意見し
小沢氏の提訴を受けるように言う事で
小沢氏の後押しが出来るのではないでしょうか?


10. 2010年10月16日 10:05:01: G7B5Cmo0XU
自分の考えでは公訴棄却を申し立てて、早々に消滅させるのが
最上策と思っていましたが、「憲法裁判でないと、仙谷や大手メディアの
思惑通りに終わる可能性がある。」との指摘はどういうことでしょうか?
仮に違法議決であることが確定しても、仙谷らは依然として
「小沢は国民感情を無視した」というネガキャンを続けるということか。

まあこれは戦争だし、どんな非情なことをしても
絶対勝たねばならないのですが
宮崎氏は単に勝つだけでなく、最上の勝ち方を見据えているようですね。
たしかに改正検察審査会法自体が違憲であるとなると
「仙谷+マスコミ」を完璧に潰せるかもしれない。


11. 2010年10月16日 11:37:03: cNsf1UUl7g
日本国民の、主権確立のために、ますます頑張ってください。
当に日本は分岐点に有るようで、自主独立か、何時までも思いやり予算を献上するか、第7艦隊で良しとするか、日本国民は選択を迫られているようだ。

12. 2010年10月16日 12:48:45: ivS0ALGNaI
これじゃ、別に小沢氏のためのアドバイスになっていない。

憲法判断を請求すれば、何年かかると思っているのでしょうかねえ。


13. 2010年10月16日 12:55:12: hr26UPttio
時間がかかりすぎだとか云々は、余り考えないほうが良いかも?兎に角、闘える手段があるならば、それを駆使し挑まなければならないときだ。小沢さんが高をくくって、安座してきたツケが、どっと来ている。弁護士の横のつながりを重んじ、ヤメ検を顧問弁護士に?(笑)然し、その横のつながりに、小沢さんは、嵌められ?(笑)宮崎氏のいうように、解任がいいかもしれないが?直裏で、情報漏えい?闘う弁護士を加入させなければ、ならないのでは、と考える次第。過日に小沢さんにメールで常に先手を?としたが。小沢さん・顧問さん、見ているのかな?マジ、甘いな〜、小沢さんは、なんてね。(笑)

14. Bird 2010年10月16日 13:21:25: XYr4EAEtV1X1E : voUcRD2Llg
この間ラジオを聴いていて、小沢遼子さんが言っている事にもっともだと思いました。不起訴にするのはおかしいとして検察審査会での審査を申請する権利は、「不起訴になることによって被害を被る人」にのみ与えられているそうですが、今回の申請に当たっては、「小沢一郎は国会議員なので、その不正については日本国民全員が被害者である」との理由で申請が受理されているとのこと。ところが、検察審査会の審査員を選出する際に、「審査対象の案件の被害者は除外する」というルールがあるそうです。つまり、日本国民全員が被害者であるのなら、日本国民は全員この件の審査員にはなれないことになります。これって、完全な矛盾じゃないでしょうか。やっぱり審査を始めた段階から小沢起訴の理由をでっち上げるつもりの猿芝居だったってことね。

15. 2010年10月16日 13:49:28: gU0fVwTHrk
検察審査会での11人の残忍な市民の正体や申立人の正体をひん剥き、ブラツクボツクスの中で、邪推と妄想で新たな疑惑までデツチあげて、「起訴相当」に議決したのが無効なのは当然だ。とにかく日本の国賊たち「官僚。大手メデイア11社。既得権益勢力。自民系。対米隷属勢力。など」にとり小澤さんなどの愛国者は、どんな汚い手を使つても追い落としたい相手なのだ。「検察が不起訴でも審査会の市民11人での「起訴相当」の議決と言う奥の手で「小澤の息の根を止めて殺処分にしてやる」9,30号週刊新潮など参照。以前から前期国賊一味が広言したり書いたりしてきた。だから計画的なのだ。人民裁判よりひどい話で、なんと残忍なシロウトの平均30余才のパラノイア的11人を借り集めて検察関係者が煽動。誘導して妄想と邪推で新たな疑惑までデツチあげて、訴相当へ議決させたのであろうが、そんなのは無効だ。村木厚子さんや小澤さんは悪党連中に嵌められている。小澤さんや同志議員たち。そして全国数千万人の小澤さん支持者は総反撃に出て、国賊たちと戦いましょう。自由と人権を守るために。「怪しい」「信用できない〉「市民感覚と目線ではクロだ」「人相も悪い〉と言う理由で関東大震災後、千葉県下で他県から薬の、行商に来ていた婦女子を含む10余人が完全に無実なのに、地元の市民に、なた。刃物。棍棒などで襲われて全員惨殺されました。これと小澤さんを起訴相当にした市民のリンチである今回の決議の動機は全く同じです。

16. 2010年10月16日 15:39:28: jQFNll6DzI
小沢サイドは手ぬるい。 宮崎氏は熱いが。
この際、憲法から省法令条例に至るまで総動員で戦え!!
ここの皆さんの一体何人が、吉田繁美に懲戒請求書を郵送したのか。僅か80円です。

言うだけなら何の援護にもならない。 被告人小沢と言わせてはならない。
断固公判阻止。 何としてもNHKに被告人呼ばわりさせてはならないんです。
出来る事はみんながやらなきゃ 言うだけじゃだめなんです。


17. 2010年10月16日 16:40:50: 1pgYuS2yOY
>>10
その両方を並行して進められないのでしょうか
申し立てで第5検審会の起訴を早々に消滅させ
最終的に憲法裁判で仙石マスコミを潰す

18. 大安寺 2010年10月16日 17:44:54: xZfNWf1U/kZmY : gzVU1T7N0c
宮崎様jのご意見に全面的に賛成です。「改正検察審査会法」自体が違憲であり、ここを訴追し徹底的に戦わねばなりません。その為に所要する日時は、所要経費と考えるべきです。これは戦いであり空中戦なので、相手を撃墜せねばならないのです。打てる手は全て打って!

19. 2010年10月16日 17:47:40: MDnAeM6k6Q
10へ、公訴棄却請求は公判でしか争えません。地裁も反小沢派で根回しされているので検審の議決執行停止仮処分も地蔡で却下の可能性大です。宮崎氏のいう憲法問題にしないと刑訴法の手続き処理でつぶされてしまうということです。そのあと準抗告してもあっというまに棄却の判断がでて、指定弁護士の選定、それによるデマキャンペーンで検審決議の違法性さえなかったような世論形成が行われます。そうすると裁判の進行より党内世論で「党内処分」が先行します。仙石らのねらいはここにあり、米国の意向にそうものとなります。これを阻止するには裁判所の指定弁護士の選任を停止させることですが、それには検審法にかかわる最高裁昭和41年の判例時の検審法にはなかった指定弁護士の捜査権行使が憲法違反になることに至る必要があるということです。おそらく仙石は今回の第五検審第1回決議とその後の経過に深くかかわっています。それは小沢氏がヤメ検体制で裁判にのぞむことを前提にしていたのでしょう。今回の小沢氏の提訴にはすでにヤメ検ではない意向が強く反映されています。ヤメ検の無力性を小沢氏も悟ったのではないでしょうか。
ヤメ検は小沢側近に強く支持されてきたと聞きます。側近も反省したのではないでしょうか。

20. 2010年10月16日 20:11:33: kFyPdez0NA
>>14さま
笑ってられないけれど笑ってしまいますね。平均年齢34.55の11人は『非国民』です。日本の国籍を有しない日本人!?前提が成り立たない法律など無効でしかない。国民を混乱に陥れる無法者達を排除しなければ。
かれらの論理矛盾を次々に暴いていきましょう。

21. 2010年10月16日 22:11:19: 8ojzefcyRQ
一国民としても看過できない問題。小沢氏が提訴した社会的意義は大変評価に値する。無効にすべきだね。国民からの信用が地の底まで失墜した検察制度を正す意味でも。放置すれば同様の事態が乱発して国家賠償の嵐だ。日本社会全体に及ぼす影響が憂慮され、刑事起訴により大きな社会的、経済的不利益を被る日本の現況を鑑みれば、極めて不合理な決議であることは憲法の精神においても明白だろう。
この決議を善良な市民感覚とはよく言えたものだ。無知蒙昧な人民感覚の記載ミスならば納得がいくがね。何か某官房長官が好みそうな文章だ。世に発表する前に取り寄せて添削したんじゃないのかな。これは常人の市民感覚としては、怒りに近い猛烈な違和感を覚えること申し添えておく。


22. 2010年10月16日 22:50:32: zGlOpZqlno
TVや新聞の影響は絶大です。その中で小沢氏の主張をもっと国民に聞かせることが必要だと思います。代表選で直に小沢氏が訴えたことはそれを聞いた人の心にまだ残っていると思います。そのためには、小沢さん自身がマスコミに露出する機会を増やすのがよいのではないでしょうか。また、検察審査会の事をマスコミが取り扱わざるをえないように、民主党の小沢さん支持の議員は積極的な動きをすべきだと思います。先入観を持たずに現在の検察審査会の制度や今回の決議の状況を聞けば普通の感覚で、これはおかしいと思うはず。時間を戻すことはできないが、早く進めないような策が必要だと思う。

23. 2010年10月16日 23:15:17: G7B5Cmo0XU
>>19
誰がみても違法議決であることは明白だが
地裁裁判官まで反小沢勢力(≒アメリカ)の息がかかってるとしたら
最悪だ。俄に信じられないが、そこまで想定しないと甘いか。
確かにそうした認識の上で、昨日の仙谷のコメントを読むと
必死さと支離滅裂さが滲み出てる。政治論? 司法過程論?
キチガイですかあんたは?(爆笑)

「刑事司法過程の処分は、行政訴訟法の処分に該当しないというの
が一般論だ。刑事裁判の中で争うしかない」
「道義的な政治家としての責任は(司法手続きとは)別の所にある」
*違法決議とかそんなことはどうでもいい、党内世論で
小沢を離党に追い込んでやるという恫喝ですな。

「起訴は起訴だ。『素人の入った判断は間違いが多い』との仮説に
立つか『かえって妥当性がある』という仮説に立つか。政治論とし
ては成り立つが、司法過程論から言うと意味がある話とは言えない」
*コラコラ、おっさん。違法議決で起訴しちゃいかんだろうが、
何を頓珍漢な仮説の話をしてるんだ。ヴォケ。


24. 2010年10月17日 01:16:18: m8KGEHfwZM
金曜日には、ヤワラちゃんの柔道選手引退会見に同席していましたが、できるだけマスコミに顔を出して、元気なところと、彼の優しさ・人間らしさをB層に見せることができたのではと思うが、それにも拘わらず、テレビのテロップには、谷議員を政治の世界への「張本人」という言葉が出ていた。ここでもメディアの厭らしい言葉使いが見られる。本当に辟易するね。
もうナベツネと表向き手を打って(クロスオーナーシップ存続、電波オークションなし、記者クラブ優先とそう見せかけて)、読売系だけでも味方につけて(読売グループをナベツネの指令で、親小澤に転向させて)、急に小澤擁護論を出させて、西松事件、陸山会事件のねつ造・虚構性を記事にさせ、検察審査会のイカサマ性を記事にするようにさせたほうが手っ取り早いのじゃないかね。馬鹿なメディアと、馬鹿なB層を味方につけて、全てをシロで決着付けてから、復権したあとで、政界、司法界、メディア界の大掃除に取り掛かっても遅くないのでは。今回だけは、嘘も方便の、そのぐらいの権謀術数がないと、ね。

25. 2010年10月17日 16:29:41: 4DBlPzeUik
>小沢さんが、検察、マスコミの攻撃に耐えて、がんばっている
この現実が、権力闘争であり、宣伝、煽動でもある。
いままで、関心がなかった人たちが、形だけかもしれないけど、
「民主主義」の危機感を感じ、マスコミに疑問を感じ、
発言、行動しはじめたこと。

いえいえ、これは単なる「権力闘争」ではありません。
小沢さんがかねてより主張して来た「我が国に民主主義を定着させる」ための戦いです。

そのための、全うな法廷闘争です。
小沢さんは、当然憲法問題として争うでしょう。
時間がかかるかどうかは問題にすべきではない。
この法廷闘争そのもが、我が国の民主化運動だからです。


26. 2010年10月17日 19:43:49: ggfbhKHFvY
しかしマスコミの背後に親米保守+電通+アメリカの対日既得権益派が
いるとしたら、戦後の日本が理想のユートピアのように考えていた
アメリカの民主主義って一体何なんだ? ってことになると思う。

「民主主義の危機」、「我が国に民主主義を定着させる」といっても
お手本にしてきたアメリカの現実がマスコミを通じて
文盲率50%の国民をマインド・コントロールしているに過ぎないとしたら、
理想のユートピアなんて何処にも無いということじゃないの?
私はヨーロッパみたいな階級社会を温存している方が
まだ健全だと思う。エリート階級は日本の朝日、読売レベルの新聞なんて
まず読まないからね。

「民主主義の危機」が問題じゃなくて、エリートがエリートでなくなって
しまった事が、日本の腐敗した衆愚民主主義を招いた原因ですよ。


27. 2010年10月17日 19:53:04: N33tpoyuCQ
宮崎さんの真摯なアドバイスは、小沢をいまのところ支援している一人として、うれしいが、いまは憲法論議など法廷でやっている場合ではないでしょう。

>起訴議決が指摘する「犯罪事実」の中に、検察官が不起訴処分にしておらず、検察審査会の最初の「起訴相当」議決の対象にもなっていないことが含まれているという主張だけだと、
>刑事裁判で公訴棄却を求めればいいとか、訴因変更すればいいという考え方もありうる。

それは法律論的におかしい。
だって「訴因変更」ができるのは検察官の起訴した事件に限るのであって、
起訴することにさまざまな制約やハードルがある検察審査会の強制起訴については、
あとで訴因を変更することなどできません。
なぜなら、

       検察審査会の起訴の場合は、訴因そのものが起訴の前提になっている

からです。
もし訴因を裁判後に変更するなら、検察審査会の起訴が、規定を踏み外した無効の決議であったことを自ら認めたことになります。
宮崎さんは、いったい何を寝とぼけたことを言っているのか。ちゃんとした法律専門家のアドバイスを受けているのか?
検察官役の弁護士が裁判が始まってから訴因を変更すれば済むと考えているのなら、またそれを裁判官が認めるのなら、
もはやこの国は法治国家とはいえない、暗黒国家です。

                    .


28. 2010年10月17日 20:56:58: ggfbhKHFvY
>>27
>訴因を裁判後に変更するなら、検察審査会の起訴が、
>規定を踏み外した無効の決議であったことを自ら認めたことになります。

仮に郷原弁護士が指摘するように、今回の議決が検察審査会法を逸脱した
内容であるとするならば、検察審査会は小沢氏側から公訴棄却請求を申し
立てられた場合、起訴を断念するか、または規定を踏み外した部分を省い
て、検察が不起訴にした容疑事実のみに限定して再審査〜起訴するしかな
いと思うが、後者の場合、農地法の規制により収支報告書の事務手続きが
遅れたという事が何の罪に問われるのか分からないという点が明白になる
だけで検察の不起訴は妥当だったという結論になると思うが。
これが法律論的にどこがおかしいの? 

ただ公訴棄却請求というのは、刑事裁判として実体審理以前に起訴そのも
のの棄却を確定させてしまう方法としては妥当だと思うが、あくまで公判
が始まってから手続きで、その間、小沢氏は刑事被告人扱いになってしま
うし、また裁判官が検察審査会の議決を違法とする確率が絶対100%とも
言えないし時間もかかりそうだからメリットばかりではない。

それで、今回、小沢弁護団がとった方法は行政事件訴訟法あるいはその準
用で、検察審査会から検察官役の指定弁護士への事件・証拠の移送の差し
止めを求める。差止訴訟・仮差止を申し立てるやり方で、宮崎氏もこちら
を支持している。その上で改正検察審査会法が違憲だという主張を骨子に
据えよアドヴァイスしているに過ぎない。証人喚問〜離党勧告の圧力がか
かっているの現状としては私もこれで良いと思うが。


29. 2010年10月18日 00:23:32: RnKSdiXRLc

まあ、福島の顔を立てて、政治倫理審査会には出るべきだ。

 


30. 2010年10月19日 22:42:33: L66dsQkzT2
地裁レベルに政治的法益の判断は無理じゃねえの。

そもそも、法曹自体が、劣化してるようだし。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK97掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧